どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ
カテゴリ
全体
*ご挨拶*
*ゑず研(リンク)*
+ミルニング+
+cool down run+
+ハナモゲスト ゲリライブ+
+in much guy+
+談合料亭『千徒馬亭』+
+in the sky?+
+丁猫犬堂+
+YOU WIN!!+
+開楽館+
+knowing+
+朝臣寺+
+mender!+
+武道便所 グレージー+
+難℃ set key+
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
最新の記事
変わらないなんて、もったいない。
at 2018-04-21 16:31
そんな春なのね
at 2018-04-18 02:37
なにも言葉をかけない代わりに..
at 2018-04-10 22:58
この花の 一節のうちに 百種..
at 2018-04-02 04:19
腰が重い文屋の花見がてらの組紐
at 2018-03-30 03:48
外部リンク

チン坊主
「今日の夕食はブルーギルの唐揚げやでっ!!」
と息巻いて宣言し、ほんまに釣り上げたブルーギルを食卓に並べてビックリさしたんねんと意気込んでチンに行った手前、どうしてもこの噴飯モノのジョークをかっ飛ばしたかったのであるが、なんせこの寒さときたら。
そんな私の釣果を見透かしてか、「楽しい?釣れとる?」とイッサン(旧洋々サン:「ようようさん」では長いので「おおイずみ」からの渾名でイッサンに改名)はメールで探りを入れてくる。ここはどういったカエシでゆこうか。「困ったことに釣れて釣れて釣れちゃってだはは。唐揚げのみならずお造りもどうかね石ちゃん」と大嘘ぶっこくか「残念ながら本日の夕食、我が大日本帝國の危機でございます」と日の丸夕食を匂わせるか。ううむ、くだらない問題だ。すぐには返信せずに瀕死の演出でいった「釣れない…さむい…帰る…」帰る余力が残っとるやないか。一応、もう一度トライ。
「も~ウソエサつけてもっかい沈めるか~。イチャ、アレつけてぇ。ルアー、ルアー。ルアー千切って。」
「え?千切るん?ルアー?」
「赤色の、もうないん?」
「何、千切る気?」
「ルアー。」
「ルアーって、コレやで?」
「かたっ!」
ルアーって、ウソエサはウソエサだけど、カタイほうのウソエサのことなんや。絶対にいないような配色でずんぐりむっくりした魚の形の。これを小魚と間違ってパクっといくわけね。大物、目、悪いな。私、記憶力、悪いな。
「ウニョウニョしてるやつ、あれ、ナニ?」
「ワーム。」
「アーム?」
「アーム…て…」
「…ワーム…ワームねワーム…もう…なんかめんどくっさ~むいぃ~…」
と、私はすっかり釣る気も失せてしまった。♪さむいさむいからかえりたぁ~い♪という「即効曲第一番変ホ長調~寒さぶり返した春の訪れ~」を繰り返し繰り返し13分も歌っていたら、また一本、釣竿の下準備を終えたイチャがとうとう釣りを始めてしまった。ち、つまんね。ブラブラしてこよっと…と聞こえよがしにデカい声でひとりごちると、イチャは、ブルーギルの唐揚げはどうしたっ!と私を叱咤激励。「旬じゃない。」と対抗。「イッサンに夕食釣れたか?て言われてるやろっ!」とさっきまた届いたメールをイチャは反芻。「麻婆豆腐が釣れたことにする。」と予定通りの献立を発表。あったま~るぞ~、はふはふゆぅて、マーボー豆腐。

私は有り余っている体力を消耗すべく、その場をウロついた。

そして大量のどんぐりを発見した。どんぐり丼が50人前は作れそうなほどのどんぐりである。その50人の内「食べたいっ!」と言うグルメが何人いるかリサーチしたいところだ。こんなんじゃどんぐり、コロコロは出来ないね。
d0137326_217497.jpg


その昔何かの本で読んだことがある。泥棒業界では、庭にツバキが植えてある家は好まれない。「好まれない」という表現を使った時、好まれなかった側では、あ~あ…という気持になるものだが、ここでは多いに喜ばしいことである。是非、好まれたくはない。好まれない理由とは、ツバキの花はポトっと落ちるから。ハラハラと花ビラが一枚また一枚と落ちゆくのではなく、クビからボットリ落ちるから。クビが落ちる、ゆぅて縁起でもないから、なそうな。お縄になっては元も子もないというわけで、ツバキが植えてある家は狙わない。悠長なこと言っていられる切羽詰っていない泥棒がいたもんだ、と私は感動した。無道生業で、縁起もへったくれもなかろうに。
d0137326_2181028.jpg


d0137326_2182232.jpg

[PR]
# by yoyo4697ru980gw | 2008-03-31 21:12 | +ミルニング+ | Comments(0)
活かせるモノはトコトン
ショートという髪型の同士ならおわかりいただけることだろうが、ショートの寝癖っつーのは強情である。就寝中に打ったかもしんない寝返りの副作用で「ロッケンロぅ~っベイベ~っ」といった髪型になっていることもしばしば。とくに逆立った後頭部つむじ近辺の寝癖は我が強くて、引っ張ろうが捻ろうがどうしょうがこうしょうがああしょうが紅生姜。ソエモンにしては目立ちすぎる紅生姜の如く、主張しやがってけつかる。休日はそのままでも支障はないが、こと平日となると接客業ゆえ身なりを小奇麗にしとかねば、あきまへん。それなので私は致し方なく、後頭部の逆立ちをボリュームという「セット」に見せかけている。

女性であり50代である我が職場のオーナーは、私が勤め始めた当初(当時私29)から、「まぅちゃんの…その…それは…何てゆぅん?」と、いろいろな私の身なりについてお訊きあそばした。バッシュの靴紐をレースにしていれば「それは、そうやって売ってるん?」とかTシャツの中にシャツを着ていれば「それは、そうやって着るもんなん?」。「それは…下着じゃぁ、ないねんね?」「キャミソールです、たぶん下着では…ないです。」このような感じで。ほんで最終的には「やっぱり、30近くも歳の差があると…理解出来ないことが多いわ…」と落ち着くのが常である。
化粧や髪型についてもオーナーには見始めのことがいっぱいあるらしく、「それはどうやってやってるの?」といった質問が度々ある。もう髪を切ったのでこれといってアレンジも出来なくなり、どうにもやれない髪型だからと私は油断していたな。オーナーにまだまだ訊かれる要素があったのだ。
「まぅちゃんその、後ろのボリュームを出すのは…何でやってるの?」
「…な、何で??ですか??」
「ムースとか…そうゆうの?」
私は正直に答えた次第だ。
「あ、そうですね。ヘアガムとかワックス使ってます。寝癖を最大限に活かして固定してるんスけどね。」
[PR]
# by yoyo4697ru980gw | 2008-03-31 17:35 | +cool down run+ | Comments(0)
やれるもんだなぁ
昨日の夕方に「30%ウチの子」てなことになっている近所の中学生、みずおが「ききたいことあんね~ん」とやって来て、な~にきかれたんだったかそれはもう記憶にはないけど、なんしか彼女とインターネットの話題になった。(彼女がやってる)「ホムペに来てる??」「いや?行ってない。つーかやぁ…携帯モードちゅうの?アレ、ようわからんねん。」てな世代間温度差をかなり感じ、「まぅちゃんのも、ようわからん」「でしょうな。」と、私たちは【もう互いにわからんでええやん協定】を結んだ。ホムペにしろブログにしろ、ドコのを使ってるかみたいなことで、ソコ此処での「クセ」みたいなもんが、たぶんあるんだな。携帯電話の機種によってクセが違うのと似たような感じで。おおかたの機能が一緒でも、操作するボタンや画面操作の仕様が違うとかね、そんな「慣れればしまい」の違いなんだろうけど、ドコまでいったら「使いこなした」って段階なんや?と考えるともうキリがないわけで、「何かひとつ」の追求だけで手一杯ってのが私なんだろな、ということで決着した。

みずおは、いつものように私の持ち物を勝手にアレコレ探り(時にはバッグの中を漁り財布の中身までチェックしてはそのあまりの所持金の少なさに鯛を一匹、くれる)【ビオレ毛穴すっきりパック こばな小町 華の香】を見つけ、豆知識を披露。
「まぅちゃんコレあかんねんでっ!コレやったらもっと鼻の穴、広がるねんでっ!!」
「はぁ?広がるん、鼻の穴のほうかいっ。なんの合併症やねんっ。」
「あ~はっは…間違った間違った。毛穴毛穴。毛穴がもっと広がるらしい、ってことやん、うふ~きゃっきゃっきゃっ~」
箸が転んでも犬が屁ぇこいてもおかしい年頃のみずおは、「あ~もう~ムカつくぅ~も~」とクサってるか、「うふ~きゃっきゃっきゃっ~」と落第した悪魔のように笑っているかのどっちかだ。
「まぁ…間違いじゃぁ、ないけどな?それ、香りすんねんやんかぁ?やからやってる間は、鼻の穴広げて『しだれ桜って、こんな香りするかぁ?』とか思うしな。広げるもんなぁ、何回か。いや…ずっと広げてんなぁ。」
「じゃぁ、広がるの鼻の穴で、ええやん。」
「ええよ。」
正解者には、赤く熟れたイッパチ農園の無農薬イチゴあきひめ一粒、プレゼント。
「あま~い」とみずおはパクっと完食。

そして私は今しがた、このエキサイトのブログの設定のメニュー管理で、「何かひとつ」を追求してみるかと思いついた。やるからには、どうでもいいことに手を出すべきである。「メモ帳」だな。「メモ」というくらいだから「走り書き」程度のもんだという認識である。A3サイズを「メモ帳」とは呼ばんだろうからな。B5で既に「ノート」だ。この「メモ帳」、どんだけ書けんの?てコトを追求。カテゴリひとつ分、まるまる入れたろか。結果、ご覧の通り、入ったねぇ。ひとつまるまる入るもんだなぁ。おかげでカテゴリがひとつ減ったな…にぎやかしを失った…。
はぁ~追求したなぁ~あ~したした。もう満足。「たくさん書ける」それでいいや。んで、「タイトル」が長すぎると入らない。予想12文字以下。あ~もう満足。結構、結構。
[PR]
# by yoyo4697ru980gw | 2008-03-29 12:02 | +ミルニング+ | Comments(0)