どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ
カテゴリ
全体
*ご挨拶*
*ゑず研(リンク)*
+ミルニング+
+cool down run+
+ハナモゲスト ゲリライブ+
+in much guy+
+談合料亭『千徒馬亭』+
+in the sky?+
+丁猫犬堂+
+YOU WIN!!+
+開楽館+
+knowing+
+朝臣寺+
+mender!+
+武道便所 グレージー+
+難℃ set key+
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
サクっと一言で済ませまし..
by yoyo4697ru980gw at 21:43
あー、なんか色々すまない..
by はうはず at 12:10
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
ブログジャンル
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
最新の記事
自由人
at 2018-12-13 03:09
【野菜ジュース快飲法】カゴメ..
at 2018-12-10 04:02
【野菜ジュース快飲法】カゴメ..
at 2018-12-06 03:11
病院に行かずに足の指の骨折を..
at 2018-12-03 02:21
弾丸ツアーin滋賀:芸術の秋
at 2018-11-28 02:34
外部リンク

カテゴリ:+cool down run+( 70 )
病院に行かずに足の指の骨折を治すコツ

もっと足をあげたつもりだったのに予想に反しあがっていなくて階段で派手にこけどうやら中指の骨を折ったらしい。
自分の足の長さが思ったより長くタンスの角に派手にぶつけてどうやら小指の骨を折ったらしい。


そんなあなたに足指骨折プロの私から朗報がございます。
足の指の骨折は、痛いのさえ我慢出来るなら病院に行かなくても一応は治せる、という事実です。


40有余年の人生で骨をアホほど折り折れていない足の指が1本もない私はすでに足指骨折に関してはプロの域に達しており、折った足の指のうち病院に行き何かしらの処置を施したのは1回のみで、あとは全て自宅で日常を送りながら治してきたので、医療費節約のプロでもあります。
先々月も右足薬指を骨折し、今もって病院を受診することなく治療の真っ最中。

d0137326_02024693.jpg
足の指の骨が、痛くないくらいにまでくっつく期間は約6週間。
皮膚の色が赤紫になっていて腫れている状態でなら6週間、明らかに見ただけで指が曲がっているとわかる骨折の場合は最低でも10週間はかかります。
その場合は痛さにあえぎながら添え木をして包帯で固定しておくのがおすすめ。
普通の生活をしながら治そうと思えば痛む期間が長いし骨も曲がったまま固まってしまうことが多いので、痛さも曲がりもマシで治りも若干早い固定をおすすめします。
そうとわかっているんだけど私は固定をせずに普通の生活をしてしまうので、4本の指が曲がったまま固まっています。
これが『慣れ』というやつですね、慣れって怖い。

年間骨折回数が覚えていられないほどのレベルであれば、負傷した時の見た目で折れているかどうかはわかりますが、あまり骨折をしない人は見慣れていないからきっと判断に困るでしょう。
「骨折したかな~」という負傷を受けて病院で診断を仰がない場合の自己判断ポイントは、部位にもよるけれど目安としては、強い痛みが5日程度、だんだん弱くなっていく痛みが6週間、そういった痛み方で続かなければ『折れていない可能性がある』と覚えておきましょう。
単なる打撲だった場合は5日もすれば痛みは引いていきます、よって強い痛みが5日間続くのであれば骨にヒビくらいは入っていると考えます。
骨折は負傷した夜か翌朝が最も痛く、その時間帯に折った指のほうで片足立ちが出来ないなら、まァ折ってますね。
私はプロなので折っていても片足立ちは出来ますが斜めにしか立てません、痛いから。
パンプスを履くことも出来ますが異常なまでの屈伸を繰り出し上下動の激しい歩き方をします、痛いから。

「骨が折れているのに病院に行かなくて大丈夫?!」と思うひとがあると思いますが、動かないのであれば大丈夫か大丈夫じゃないかで言ったら大丈夫です、ただ痛いだけだから。
骨はほっといても戻ります。
医者がくっつけているわけじゃないんです、骨はあなた自身の治癒力で治っていくんですから。
なので、痛いこと以外の支障はないんですよ。


私が毎年、足指の骨を折りそれを自力で治していると「病院行かんでもいけんねや~」と言うひとが多いので「足の指の骨はいけるで」と返事していますが、それには理由があるんです。
気を付けて欲しいのは6週間経っても骨は不完全という点。
完全に元に戻ったわけではないので、過激な運動や無理な圧力がかかれば骨はまた折れるし、そうなったら真っ直ぐには接げないと思ったほうがいいでしょう。
どうしてもいびつになってしまうんですね、不完全な足指を再度折ることを3回くらい繰り返すと指は本来曲がるはずのない方向にも曲がるようになり、そうすると1年くらいはちょっとした運動でも痛いので、激しい運動ともなればいよいよテーピングが必要になってきます。
そんな1年を過ごしていますと、ちょっと痛みがマシになるとテーピングをサボり「あ゛」グニ「ぅあ゛」グニ…と、だいたい曲がったまま固まることになります。

足の指が固定無しでいける理由は、手の指と違って個別に動くことが無いも同然だからです。
手の指はペンを回せるくらいそれぞれの指が独自に動きますが、足の指は下駄を履いた時に小指が台の縁をつかむ程度のことしかやりません。
どれか1本だけを独立して動かそうと意識しても、出来るのは親指くらいでそれも他の4本がつられまくり。
かように足の指は個別には動きません。
固定なんてしなくても全部の指が常に寄り添っているのが足の指。
なんなら隣の指を添え木代わりにして固定しても問題がないくらい、いつもあなたのおそばに。


赤紫に腫れあがっていた右薬指も6週間経つと、

d0137326_02024773.jpg
ここまで治ります。
痛くてネイルを落とすことも出来ない有様でしたが、無事に除光液で拭きとれて何よりです。

まだこの状態が万全でない証拠に、皮膚がうっすらとめくれています。

d0137326_02024965.jpg
どういった現象なのかはわかりませんが、骨折した指はうす~く皮膚が一枚剥けることになっています。
激痛期間中の5日程度のうち、思い出したように湿布を2日間ほどし仕事中の3時間テーピングした以外は素足で6週間を過ごしました。
ギプスやシーネを装着していると蒸れるので皮膚が剥けるという意見もあるでしょうが、通気性がよろしい状態で過ごしても骨折をすると皮膚はどうやら剥がれます。
私の場合は、折れた指の皮膚は100%剥がれてきました。
部分的にうす~くめくれてきて、無理に剥がしたりせず自然に一枚剥がれ落ちると元に戻ったサイン(※個人的見解です)ここまできたらこっちのモンです。
「あ゛」グニ…ということは起こらないので、激しい運動も思いっきりやれます。
痛いような気がしてちょっと怖くて最初はかばうけど。

アナタが今、タンスの角に小指をぶつけて、赤紫色になって腫れ上がり「あ~コレ折れてるな~…」と思っていて、明日の朝に病院に行くかどうかをちょっとでも迷っているのであれば、私は声を大にして言いたいことがあります。


足の指ならいけるで!痛いけど。








[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2018-12-03 02:21 | +cool down run+ | Comments(0)
そして、夏。

2018年の天気がおかしいからか、夏、来ないんじゃないかと思ったけど、ちゃんと来ました、いよいよ楽しいダケの夏。
…なんだけど、何故か弾丸ツアーが夏でも開催される見通し。
夏はボンブーで手一杯なのに。

いま、私の頭に生えている髪の毛は、私のものではなくてドネーションするための髪の毛なので、ひとのものです。
がん治療で髪の毛がなくなった子供たちにウィッグを作る団体があって、ロングヘアを希望するコたちのための長い髪の毛が不足しているみたいなので、50センチで寄付するため、ここ3年くらいショートの私がロングヘアなんだけど、皆さんのイメージの中に私のロングヘアが無いらしく、仮装ボンブーに参加したら、95%気付いてもらえませんでした。

「いや~~~ちょっと、誰かと思ったわ!」
「だからさっきから『踊らないの?』て話しかけてたのに」
「知らない人がしゃべってるけど、私じゃないと思ってた!」
何がスゴいって見た目で私とわかってないのに、踊ったら私だと気付く点ね。
さすが、にぎやかし。

第1回目から参加していて今回で3回目の仮装ですが、とうとう大人で仮装している人間は私しかいなくなってしまいました。
子供中心のイベントだから仕方ないんだけど、踊ってる大人たちが仮装したくなるイベントにすればいいのに。

仮装ボンブーくらいしか着る機会がないので、ちょいちょい着ているホルダーネックチャイナ服で参加したんだけど、今回、60代後半か70がらみくらいのおばさんが「いいね~」「いいよ~」「お~」つって、脱がせるカメラマンみたいなセリフを浴びせながら、すんごい至近距離でおさわり全開よ。
背中がざっくりあいてる露出狂チャイナ服だからって、同性でもおさわりはアカンよ。
それから、踊りの邪魔になるほど距離を詰めてくるのもアカン。

ギャラリーも踊り子も、年々マナー違反が過激になってきているから気を付けましょうね。
連絡先を聞き出したいなら連絡先を知る必要があるような関係性をまずは築きましょう。
連絡先を交換したなら、相手の都合を考えずに一方的にメッセージを送りその返信を要求してもあきません。
返信が無いということは、相手が「返したくないな」という気持ちになっています。
つまり、アナタが相手にそう思わせている、ということです。

私のように皆さんが「ヤだ。私アナタのこと好きじゃないから連絡先交換したくない」とハッキリ言うわけじゃありませんのでね、相手との距離感、これをちゃんと保てないひとはね、しっかりと相手の反応を見ましょう。
私が近くにいる場合は聞いていただいてかまいませんよ、ハッキリと言って差し上げます「距離詰めすぎやねん、迷惑になってんで」
その時は傷付くかもわかりませんが事実ですのでね、アナタが受け入れて良く変わっていってください。
そして私も良く変わっていきたいと思います、キライってハッキリ言うのとは違う表現で本人に伝えるということは回りくどいのでしませんが、アフターフォローを出来る人間になっていきたいと思います。

仮装の協賛特別賞でレゴもらいました。

d0137326_12163503.jpg
レゴの説明書には、言語が一切ありません。
レゴは言葉に頼らない。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2018-07-17 12:18 | +cool down run+ | Comments(0)
母の日の

「母の日に、花瓶になるチロルと造花1本プレゼントするから、楽しみにしといてな?花瓶になるチロル200円。造花は100均の1本な、あげるから」
「もらう日も、もらう物も、もらう商品の価格も、それらのクオリティも十分予想できるだけの情報をありがとう。そこまで事細かに説明しといてなお毎日、楽しみにしとけって?要求することがプレゼントを超えとんじゃ!何もこーていらんから、感謝の言葉をクチにして。それだけでいいから」
「いや。プレゼントする。」
そう…もう決めたのね。
「花瓶になるチロル、ミルクやで。まぅ、好きやろ?」
「うん、好きやな」
「造花もどんなのやろう、て楽しみにしといてな?」
「撮影の小道具として使いたいから、こないだ一緒にダイソー行った時、コレにしてってゆーた造花にしてよ」
「いや。ボクがいいな~て思う造花を選ぶから、ボクのセンスで。だからそれを楽しみにして」
そう…もう決めたのね。
楽しみにする内容まで…決めたのね。
オカン、頑張る。
母の日当日、何も知らなかったように振る舞って、激しく感動していきたいと思います。
そしてむーのオカンに感謝の言葉を述べてプレゼントを渡しに行こうか、孫よ。

私は、実母と絶縁しているので、母の日にプレゼントをすることはない。
絶縁していない時にもプレゼントは意味がないものだった。
宗教にトチ狂っている母親は、誕生日もクリスマスも正月も母の日も父の日も敬老の日も、宗教上その何もかもを祝わないひとだったから。
世間一般的に誕生日を祝ったりクリスマスを祝ったりすることや、祝う人たちのことを何かの記念日や誰かの誕生日が来るたびに軽蔑し半狂乱になってまくし立てるので、私たちはそれを耳にするのがイヤになり何も祝わなくなっていった。

そんな年を重ねたある日、小学生の弟が「まぅちゃん、クリスマスにサンタさんが来たことある?プレゼントもらったことある?」と私に聞いてきた。
私にはサンタさんが来たことがある、ごくごく小さい時に。
しかし弟が産まれる前から母は宗教巡りに没頭していて、そうしていると精神が安定しているので私たちも止めなくて、小学一年生の私がとにかく溺愛の弟をこねくりまわしてお世話した結果、母親が私に弟を任せて宗教書を読みふける毎日を過ごすようになり、弟の記憶には宗教に洗脳された姿の母親しかいない。

こうはなりたくない、なってはいけない、という反面教師でしかない母親。
子供優先で料理が得意で自然に笑うひとだったんだよ、ずっと前は。
子供が欲しいものを探ってクリスマスには枕元に置くサンタクロース任務もやってたよ、ずっと前は。

高校生だった私は父親に、弟にクリスマスプレゼントを買うからという理由でお金を要求した。
ウチはおこづかい制ではなくて都度申告制で「何に使うからいくら必要」というプレゼンで父を納得させられなかったら、現金が手に入ることはない。
それで私は、弟にされた質問を教え、今年はサンタクロースになると父にプレゼンをした。
すると父は「オレがやる」と言って当日、弟の枕元にプレゼントを置いた。
サンタは私の枕元にもスヌーピーのマグカップを置いていった、かわいいなオトン。


里の家族は今い~ろいろあって、結果、父が家出をしている。
おそらく当分の間、父は家出を続けるだろう。
そうか、タイミング的には今なんだろうな。
いずれ私は父と母については話さなきゃいけないと思っていたので、切り出してみた。
母親について父と会話をするのは、今までしてきたようでその実さほど深くなかったように思う。

「私たち、ああなるまでにオカンにしてあげられることとか、言ってあげられたこととかが、あったのかもしれないね家族として」
「お母さんは自分の意思でやり始めたことだよ」
確かに母は自分の意思で決めた。
その結果、間違い続けていまも間違っている。
昔から母は終始、精神が落ち着かないのだ、自分の間違いを正当化する子供みたいに。
どこかのポイントで、それを母に気付かせてあげることは出来たのかもしれない。
私たちは、家族として未熟すぎたのだろう。

「で?どう?」
「ん、ダメだな。」
「だろうね。」
「オマエ、時間作って帰って来い。お父さん、オマエに会いてぇ」
「だろうね。そうだろうと思って電話してるんだよ」
「身体の調子は?」
「良くも悪くもないけど、精密検査する」
「悪いのか?」
「念のためね」
「オマエ何ていう病名て?」
「何回聞くねんっそろそろ覚え~や、サルコイドーシスてば」
「サルチンパンジー?」
ジジィ、ダメじゃねぇな。
弱ってるんじゃないかと心配してやって損した。
私に会いたいなんて言う演出までやりやがったなテメー。

「オマエ、お父さんより先に死ぬなよ?」
「サルコイドーシスで死ぬ確率は10%未満」
「お父さんとどっちが生きるか勝負しよや」
死ぬ病気ちゃう、ゆーてるやろ。
還暦過ぎてて胃が半分無いのによくも勝負を挑んできたな。
私の方が長く生きるに決まっとるがな。
負ける気マンマンやのにメンタルだけは強気。
だがしかし確実に老いてきているぞジジィ。
話すたびに素直になっていくのは、さすがやな。

今年の母の日をきっかけにして、父と母親のことを話そうかなと考えていたので、そのタイミングがちょっと早めには来たけれど、こうして話せてよかったと思う。
このことは、母と私の関係性に変化をもたらすことではない。
宗教に洗脳されている自覚のない人間が家族の中に居るということは、そうそう単純なことではないから、変化が望める関係性にはないと思う。
けれども私は、もっと早い段階で家族として母に対して、してやれたことがあったと思う。
そのことを気付かせてくれたひとたちに感謝しているし、父親と話さないといけないと自覚させてくれたこともありがたい。

そして実際に父と話してみて、私が父から感じ取ったことも、話しをすることがなかったら感じ取れなかったままだろうなと思うと、丁寧さに欠けていたんだな、私も。

ゆっくり丁寧に感じていこうかな、すべてを。
せかせかしすぎているのかも。
ひとまず、母の日に花瓶になるミルクチロルとダイソーの造花1本がプレゼントされることは忘れて、母の日を楽しみにしようかな。

ダメだ~…ヒー坊が私に宣言しすぎてて脳が忘れない。
得意なエピソード記憶だから忘れられない。
人間が素晴らしいのは忘れる能力があることちゃうんか~。

d0137326_02273305.jpg

熊野・・・薄くないか?
でもこれもきっと、忘れたほうがいいことなんやろうな。
あ~~~~~忘れられない。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2018-04-27 02:47 | +cool down run+ | Comments(0)
そんな春なのね

「あまりにコナンが楽しみ過ぎて2時に目が覚めた、くっくっくっく…」
コナンの映画を観るのに良い席が取れたからすごく楽しみにしていたヒー坊は、丑の刻参りの時間にお目覚め。

ゆっくり身支度をしていただいたらよろしいよ。
白装束に身を包み、その爆発した寝癖はそのままで頭に五徳を逆さにかぶってね、鬼の角に見立てた3本のローソクをぶっ刺し高下駄を履いたらクシをくわえて…も、まだ時間に余裕があるな。
こうなったらフル装備でいくか。
帯にするのは一反の木綿、首から魔除けの鏡をぶら下げ、小道具は金槌・藁人形・五寸釘のオーソドックスな3点セット。
おしろいをはたき、おはぐろを塗って、赤い紅をさす呪術メイクまで施してもまだまだ間に合うぞ、コナンは昼だから。

「子供の遠足か、やろ?くっくっくっく…」
まァ子供がいくら遠足が楽しみっつったって2時には目覚めんやろけどな、せいぜい6時がええとこやで。
2時って調子がええ時に私が眠る時間や。
調子がええと5時間の睡眠を貪れる。
それが恵まれた環境だったってこと、最近知ったの。
当たり前のことが当たり前じゃなかったんだな~ということに、最近すごく気付かされてる。
テキトーに生きすぎたのだな。
丁寧に生きよう。
さっきからネット接続の回線がちょいちょい切れてて、こうなるとモデムのリセットをしないといけないんだけど、この文章をタイピングしている今は丑三つ時で、あんなに期待して早起きをしたのにいざコナンの映画を観たら内容が難しすぎてわからなかったヒー坊はもうぐっすりと眠ってしまっているし、モデムのある居間まで歩きたいと思うほど私の左脇腹は無痛とはいかないので、オフラインにしてタイピング。
これも、テキトーに生きた報いなのか。
いちいち下書きをして推敲してブログの記事を投稿する、ココだけ丁寧にしていたのが功を奏して、書きかけの文章が飛ぶことがなかったのはラッキー。
オフラインでも支障ないからね、txtファイル。

ネット回線が不安定になるのも、春の訪れね。
春になるとブスブス切れるよね解約しようかなていうクレームをまた入れないと。
コナンの映画が公開されると春を感じると言うヒー坊の春はいつも楽しいけど、私の春はどうしてこうも面倒なことに満ち満ちているのかしら、イヤんなっちゃう。
こうして記事のネタになるってところが不幸中の幸いかしら。
でも私、全くネタには困っていないわ。
書いても書いてもネタがたまっていって書けなくて困っているのに増やさないで。
あぁそれから、Microsoftアカウントの不審なサインインのメールがしつこく届く、春。

d0137326_02272339.png

あっちゃにもこっちゃにも届く、現在進行形。

d0137326_02272575.png
暇やな、マイクロソフト。
いつもと違う場所、デバイス、アプリからのサインインだからアクセスを禁止したと言っているが、問題なくすっかり見れる。
私の安全のためにアクセス禁止にしたゆーて復元のためのURLに飛ばさせ、サインインを求めて情報を盗む手口だな、さては。
銀行を名乗ってもあるよね似たようなやつ。
不正なアクセスが確認されました、ゆーて口座へのログインを一時的に禁止しているから本人によるログインであることを証明しろっつってログイン情報や口座番号やパスワードを入力させて情報を簡単に盗む手口ね。

まずは確認をしよう。
アクセスを禁止しました、ならアクセスが出来ないかどうかを。
アクセス禁止したと言っているのにアクセス出来るのなら、言っている内容にすでに嘘が含まれている。
ウイルスに感染しました、ならスキャンをする。
急に重くなってサイトがことごとく表示されないとか、マウスポインタがゆーこときかないとか、明らかな変化がない場合は感染はしていない。
脅威にさらされています!とか、最新の状態に今すぐ更新してください!とか、たったひとつのボタンをクリックするだけで、詳細がなにひとつわからないままさらされた脅威から守ってくれるほど、アップデートを怠りまくってるのに都合よく最新の状態に更新してくれるほど、パソコンっちゅう機械は親切じゃないで。
そんなことしてくれるんやったら、ハウツー本なんか売ってるわけないからね。

今年は冬の寒さも厳しかったし寒の戻りまで厳しくてだいぶ根性使ったけど、いよいよ春やなァ。
精神的タフさには自信があるとはいえ『イターーーーーーーイ』とクチに出せない静まり返った本社勤務は非常に辛かった。
クチにしたからと言って痛みがなくなるわけではないけど、気力の問題なんだよね。
クチに出せないと痛みに勝つ気力が続かないの、そんなもんなのさ。
黙って耐え忍んだ武士ってすごいな、ひとりも知らんけど武士。
私はヘーキなフリが出来てるつもりだったけど、とうとう上司に「まだつらそうやねぇ。明日、休む?」と提案された。
笑える、フリすら出来てなかったんか~い。
憑依女優の演技がウソくさいって感じでバレてんのかな、なりきりが過剰で。
カラダよじりながらすました顔で歩いてるコントか。
プライベートならアジ出てるけど会社はマズいな。
運のいいことに届くはずの紙が届かない状況で、その紙がないと何も次が出来ないから私の仕事が半分無いも同然。
ココはひとつ、甘えて休もう。
そして根性の蓄えをしよう。

まず、とりあえず、とにかく笑っとこう。

d0137326_02272856.png
コントだね。

雨の日にわざわざ公道でこれをやった、てことだよね。
商品の自転車用レインウェアをアピールするために。
このために派手に自転車でコケてくれるモデル。
スタントマンかな、こんなに自転車をころがせるなんて。
サドル刺さってるもんね、芸が細かい。
素早く鮮やかにコケてるよね、バスがまだフレーム内に残ってる間にやってのけてるもん、お見事。
そして何よりコケかたが、わかりやすい。
プロの仕事だね。
通販業界も大変だな。
よし、私も頑張ろうっと。

d0137326_02273190.png
でもこれを思い出して、本社で笑ったらどうしよう。
シーーーーンと静まり返った本社で爆笑しちゃダメなんだってば。







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2018-04-18 02:37 | +cool down run+ | Comments(0)
見えない透明マント

地元で踊りのイベントがあって、普段着で行ってきた。
夏の櫓で10年以上踊っていることもそうだし、地元でもあるし、イベント会場にいるひとの中には顔見知りも多いんだけど、なんしか夏の派手な私しか見ていないひとたちなので、普段着だと気付いてもらえない。
声を掛けてもちっとも気付いてもらえないのだ。
腕をつかんで「気付いてないやんな?」て言わないと。

夏にあれほどいろんな櫓で「おいちゃんな~アンタのファンやで~!」つって飲み物を買ってくれたおいちゃんの目の前に5分以上立っていたけど、全然目が合わなかった。
ホンマにファンか、おいちゃん?という恨みを込めまくっておいちゃんの目の前で手をヒラヒラさせたら30秒くらいの時差があってやっと気付いてもらえたが、第一声は「別人やな・・・わからんわ」であった。テンションひくっ

そんなわけで、会場をウロチョロしたけどたったひとりにしか気付いてもらえなかった私は、心を新たにしてボンブー道に精進致します、という低姿勢で参加したんだけど、踊り始めたら「誰かとおもったわ~」ゆぅて、急に存在感が増し増しました。

踊り子は、顔じゃなくて踊りなのね。
結局みんな、踊りしか見てないんかい。

知らない人に「夏に短い浴衣で踊ってる人ですよね?」と声をかけられて「え~~~~誰~~~ドコでおーたひと?ごめーん顔で思い出されへ~~~ん」と返事。
おまえもやないかい。
結局、私もでしたね。
でも踊ってもわからなかったんだよね、もっとヒドいやんけ。
ごめんね、夏に会ってるのに。

「子供が小っちゃいからここ2年くらいは櫓に行ってないんで」とご本人にフォローしていただくも「おねーさんのことは、踊りを見てすぐわかりました!」と付け足され、フォローが水の泡と化す。
言いわけをするなら、マスクしてるからわからなかったのかな~。
でもマスク取ってとは決して言わない、わかんない自信があるから。

その人が属しているであろうグループのことも聞いたんだけど、私は一匹狼でどこにも属していないので、グループだったり会だったりお教室だったり、ということで派閥別に踊り子を見たりはしない。
一個人として、踊り子としてのその人を知っているかどうか。
私はそこにしか基準がない。
「ごめんな、グループとかそうゆう区別で認識せーへんねん私」

よくよく考えたら、私は自分自身をカテゴライズする基準がない。
大きな区別でよければ、女・既婚くらいのふるいにはかけられるけど、まだだいぶ目が粗いか。
宮崎生まれ、でも宮崎育ちと言うには関西で育った時間のほうが長くなってしまったし、たまに宮崎人に会って「宮崎のどこ?」と詳細を問われることがあるんだけど、ドコと言われても・・・私はドコなのだろう。
宮崎で育っている間、2年に1回は引っ越していたのだから答えようがない。
なので「実家は日向にあります」と答えているが、その日向にある実家には住んだことがない。
だって私が関西に出てからオトンと弟が引っ越した家なんだもの。


私には、自分について「こうです」と言える背景がほとんどないことにいま気が付いた。
遅いな、気付くのが。
なんてフラフラと浮き草のように生きてきたことだろう。
状況に身を任せて生きてもとりあえず43年は無事にいけるみたい。
43年無事にいけたらあと43年もいけそう。
それ以上は生きてないかもしんないしな。


寒の戻りで今日、風がキンキンに冷えていた。
風が鋭すぎて頬が切れるんじゃないかと思ったけど、切れないよね風では。
季節の変わり目の風の温度変化ってすごく好き、身体には障るけど。


「年寄りになってさ、もう働くこともなくなって、いよいよ隠居生活となった時には寒いの堪えるから宮崎で暮らすのもアリやな。2月の寒さでアレやからな」
「それな。寒くはないよな」
「ただ、盆踊りがな・・・今の櫓みてたらさ、80でもバリバリ毎晩踊るやん。いけんねやな、ておもたら隠居て何歳やねん」
「おばーちゃんなんて70過ぎてからめっちゃ働いてるもんな。むちゃくちゃ元気やん」
「それな。50までにはサルコイドーシスも治ってるつもりやから・・・あとは元気しか取り柄がなくなるし、盆踊りない土地に行ってもなァ」

隠居生活に思いを馳せる43歳。
早いか、思いを馳せるのが。


私は最近、何者でもない透明マントを着ている状態なの。
踊り子として行動したら踊り子として踊り関係者の目に留まり、パートさんとして行動したら会社のひとたちの目に留まる。

私を知らない誰かにとってはまったく見えないの、だって透明マント着てるからね。
視界の邪魔にならない代わりに、見ようと思って見ないと見えないの。
だって透明マント、着てるから。


見ようと思って見てほしい。


だって見えないから。


d0137326_03182472.jpg
確かにインパクトはある。

d0137326_03182687.jpg
でも、このマークが目印だと言われても、思い出せるかな、てトコね。
d0137326_03182962.jpg

ゼロから詳細を思い出せはしないんじゃないかな、雰囲気なら漠然と思い出せるけど。

d0137326_03193461.jpg
いやぁ、目印としては思い出せないんじゃないかなコレ。







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2018-03-23 03:20 | +cool down run+ | Comments(0)
むしゃくしゃ

「中学生が女子高生を刺した事件、知ってる?」
「中学生が?」
「そう。」
「なんで?」
「誰でもよかったんちゃう?」
「は?中学生が?」
「ムシャクシャして、とかちゃう?ニュース見たけどそんな感じやったで」
「中学生が?」
ムシャクシャして誰でもええから刺すとかいうのは社会に出て己の不甲斐なさを知ったくらいの年齢という印象だけどな、20代半ばあたり。世間の理不尽さばかりに目を向けてそれに不満しか抱かないような。視野が狭くてそれ以外が見えてないそんな頃。大人になり切れていないお子ちゃま思考の、年齢が自動的に大人になっただけの社会人が誰でもいいからむしゃくしゃして他人を刺したくなるから、5月6月あたりは新卒新入社員に声と肩に手とを、かけてあげないとな~と思っているのだよ先輩たちは。

それにしても中学生がむしゃくしゃするって、早いな。
広い人間関係を作らせすぎてるんじゃないだろうか。
塾に、学校に、習い事に、と。

中学生なんてまだまだ子供で、限定的な範囲でしっかりと失敗もして人間関係を育むべき年齢である。
スマホでいろんな人と繋がれる環境も善し悪しだろうし、そこは親がその環境を今は取り上げるという判断をするのも必要だと思う、我が子のために。
周りのコたちと同じ世界に居て、同じ時間を共有していないといけないような感情に囚われる年齢のうちに、孤立に耐えることを経験させると精神的にタフになると思う。
たった今の自分を取り巻いているココの世界だけではないことを、クラスメイトと時間を共有しないというだけのことで知ることが出来るのだから、易いもんじゃないかな~と思うけど、今の中学生はスマホがないとダメだろうか。
個性を伸ばせと言われて育ってきたのなら、手っ取り早くスマホを捨てるとイマドキかなり個性的だけど。

齢40を過ぎている私は、多趣味だし職場も住居もたくさん変わったしボランティアもしているので交友関係は広いほうではあるけれど、それでも知らない世界がわんさかある。
生きているうちにその全てを知ることは不可能だな、と思う。
出来るだけ多く触れてみたいとは思うけど、時間的に限界があるのだから知るための取捨選択が必要なのだな、ということが自分に課されているとわかる。
自分で選び自分で知ったことをどう理解するのかも自分に課されているのだ。

中学生なんて市内に知らない場所があってもいいくらい。
あまり賢くならんでええんちゃうか中学生、勉強が出来なくたって日本から追い出されることなんてないんだから。
急いでオトナになる必要もないで、ほっといてもイヤでも君たちは大人にならざるを得んからな。
進まずに立ち止まっておくことも、時には必要なんだよ。
大人たちはそれを知ってるはずなのに、中学生に教えることを怠けてるのかもしれないね。
だから大人の私は言う。
中学生よ、いたずらに進むな。

見ているはずのものを見落としていないかの確認をせよ。

「チロルチョコミルクいる?」
「あ~いるいる、好き好き~乳牛のヤツな」
「乳牛?」
「ミルクやろ?乳牛の模様やん」
「乳牛の模様かな?」
「乳牛やん、黒と白の。」
「いや・・・黒と白やけど・・・そんなに乳牛感はないんちゃう?」
「あるよ。バッチリ乳牛感あるし、乳牛感どころかそもそも乳牛が描いてある」
「えーーーーーー?乳牛は描いてないやろ?」
「描いてる。目にしてないわけがない」


主張する乳牛感ではないか。

d0137326_11393662.jpg
チロルを食べる時に、必ず目にしているはずだ。

開け口に描かれているのだからな、乳牛は。

d0137326_11393954.jpg
むしゃくしゃしていると見落とすから気を付けなさい。









ほっとフォトコンテスト





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2018-03-05 11:44 | +cool down run+ | Comments(0)
ペコペコ

「まぅ、起きや~?おじーちゃんの買い物行くんやろ~?」
「う゛ぅ・・おぞろじぐイダイィ・・・雨降るで。
「もうとっくに降ってるで」
「どうりで。私の脾臓はウソつかんな。」
いつまでも、あると思うな、健康体。
定期健診は半年ごとに受けましょうね。
一年に1回受けていた健診を、忙しさを理由に受けなくなって3年目で難病を発症した結果がこのザマですよ、慢性化する病気には根治がありません、寛解を維持し続けるのみなのです。
私は肉体的な弱さを精神的な強さでカバー出来るので寛解認識の幅が広く、多少痛かろうが苦しかろうが『こんなもんやな』と元気な部類の人間として過ごせておりますが、これは特別な指導を受け厳しい訓練を積んできた私だからですからね。
中年だったら皆出来るという芸当ではございませんので、身体に不調を感じないうちに早期発見で済むようにしましょう。
健康を失ってから健康のありがたさを知るなんて愚の骨頂ですよ。


ペコ・ペコペコペコ・ペコ・・・ペコペコペコペコペコッ
「それ、そやってペコペコして遊ぶモンやったん?」

d0137326_03370162.jpg
「いいや?ただのマグネットやで?」
「ペコて出来るねんな」
「出来ないよ」
「何してんねん、じゃぁ。」
「単につぶしてる」
d0137326_03374227.jpg
「・・・・・・・・・・・、怖い。」

中学生の時に天井に空いている穴の数を授業中に数えていて先生に何をしているのかと聞かれ「天井の穴の数を掛け算を使わずに数えています」と答えたら、すんごく間があって「怖い。」と言われた。
あの時の理科の先生って、こんな気持ちやってんな。








[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2018-02-11 03:47 | +cool down run+ | Comments(0)
ボツリマス菌

すっかり梅雨の前兆が脾臓にキておりますが、皆さまいかがお過ごしですか。
梅雨はいろんなモノが腐りますので気を付けましょうね。菌も繁殖しまくりますので注意が必要です。人間もナマモノですからね、梅雨の時季というのは健康な人間でも体調を崩しがちになります。健康体でもそうなんですから病弱体なんてさもありなん、いってぇ・いてぇ。

もう痛いとねぇ、しょーもない文章を時間をかけてタイピングするなんて気が起こりません。それでも気力だけを振り絞って気合のみで綴っております。すごいよなァ私ったら…何がすごいって気力だけを振り絞って気合のみで書いているこの文章がしょーもないていう自覚があるところです。なかなかのモンですよ、しょーもないとわかっている文章に何日間もかけて、しかも寝かしてコクまで出してクドくした上に推敲して長くするっつー無駄の上塗りをしているのが、ぜ~んぶ自覚あっての所業なんだから。
ところで「きあい」とタイプして変換すると真っ先に「喜愛」てなるんだけど、私そんなに「気愛と喜愛でノリノリノリカ」てタイプしてんのかな無意識に。喜愛←こっちが出てくるんだな…のりか効果。ま、気愛←こっちが出てきてもそれはそれで「こっちなのか」て思うんだけど。どっちにしろ、のりか効果。ついでだから「きあい」で「気愛と喜愛でノリノリノリカ」が一発変換できるように単語登録をしておきました。使う機会があるとは思えないけど。

ブログの更新が滞っていると投稿の季節が過去に遡って遡ってしゃーあらへんことになります。現在の私のブログ滞りスケジュールによると、2011年11月まで遡る羽目になるわけですが、これはもうさすがに画像を見てもいったい何のための画像なのか皆目見当がつきません、自分で撮影したんだけどね。自分でわけがわかる範囲でとなりますと2017年2月。ここが何かしら過去の糸口を発見できるポイントになります。私の記憶の保持は最大3ヶ月ですな。3ヶ月…もっと無いと思ってたのに意外です。

そんなわけで、2月と3月分を時系列などとくに考えずに文章にしていきたいと思います。使用期限切れとなったために画像を見てもその意味がサッパリわからない時は気前よくボツリヌスして進めてまいりたいと思います。人間、諦めと思い切りは肝心ですからね、執着しない執着しない・ボツリヌスボツリヌス。


d0137326_11380974.jpg

「7年ぶりの本格長編やて。7年も何しとったんや」

d0137326_11381276.jpg

「7年かけて長編を書いとったんやろ」
「7年も?長くない?そんなにかけたら生活できひんやん」
「長編一本で生活してるわけじゃないんちゃう?7年かけて長編を書きながら、生活出来るくらいのエッセイと短編で食いつなぐ。村上春樹ともなれば」
「そんな片手間に長編って書けるん?」
「書けるんちゃう?村上春樹ともなれば」
「村上春樹ってそんなに有名な作家なん?」
「世界の村上春樹や。知らんけど」
「出た~知らんけど~関西人お得意の知らんけど~」
「村上春樹やったと思うけどなァ…エッセイで、いろんなトコに散歩がてら寄ってソコで『僕はだいたいヒマなので』とか『とくにすることもなくヒマだったので』て書いてて、しょっちゅう時間つぶしみたいなことしてる人やなおもたけど。外国のフラ~と立ち寄った古書店とか骨董屋とか。村上春樹て外国に住んでるみたいやし、村上春樹の本やったと思うけどなァ…。世界中で翻訳されてるような作家やのに、おおかたヒマやねんてよ」
「そんなわけないやん。7年もかけて長編書いてるのに」
「7年間24時間ずっと書いてるわけじゃないやろ。実は日曜日の午前中だけ書いてる、とかかもよ」
「それやったら7年かかるのもわかるな…」
「6年11ヶ月頭の中で構想を練っておいて、最後の1ヶ月で書き上げたのかもしらんしな、村上春樹ともなれば」
「それやったらもうちょっと早くに書けたような気がしーひん?7年もかけなくても3年くらいでいけたカンジがするけどな」
「構想を6年11ヶ月も練ってるからたった1ヶ月で書けてるんや。構想が3年やったら書くのに4年かかんねんて」
「どっちにしたって7年かかるんやなァ…」
我が家ではすっかり7年間かけて長編を書いたことになっていますが、ホンマは何年をおかけあそばしましたでしょうかね村上春樹さん。ヒマだったらでいいのでお答えいただきたい限りです。


お手頃価格のおしゃぶりこんぶをいろんな店舗で食べ比べしてみたいので、散歩に行ってこんぶ屋が出て来たらとりあえず寄ってみるんだけど、こんぶやかつお、煮干しなどの出汁素材を扱うお店というのは、試食をガッツリと出してくれるのよ。ごはんが出てきてスープが出てきて、漬物・佃煮も試食してくださいねとすすめられるの。腰を落ち着けてごはんを食べていると次々に出汁が運ばれてきてナベでも出来そうな勢いなのです。だからお腹がチャプンチャプンになる前にごちそうさまと言いましょうね。

d0137326_11400452.jpg

耳こんぶ、という、こんぶの切れ端ばっかりを寄せ集めた出汁用こんぶを買ったら、初めて行った店なのに「いつもありがとうございます!」と言われました。ちょっと長居しすぎたんじゃないでしょうかね、ゆっくり食べちゃいましたからね、食事は落ち着いて食べるほうなんでね、アゴ強いから食べるスピードは速いけど。


「オイシイヨー」「ヤスイネー」という売り文句で焼き芋を売っている日本人じゃない女性から安納いもの焼き芋を買って、半分ずっこして食べるから2つに割って別々にちょうだい、とノージェスチャー日本語オンリーでお願いしたら「アゥケ」と言って、注文通りの半分別々安納いもをくれました。

d0137326_11400684.jpg

アメリカ系OKの「オゥケィ」とジャパニーズ系OKの「オッケー」に加え、新たなる「アゥケ」の登場です。チャイニーズ系OKかな。TPOによって使い分けたいと思います。



文字がアスファルトに浮かび上がる光の装置。

d0137326_11400943.jpg
ニワトリ。シュール。
焼き鳥屋だからかなコケコッコー。


「ん?あれ…?これ…」

d0137326_11410985.jpg
「あー…反対に入れたんやな」

「横も上も間違わへんかったのにな」

d0137326_11411373.jpg
「油断したな、メイン。」

d0137326_11411671.jpg
「いいや。わざとにか?フツーだったらたばこ買いにきた人の目にしか触れないけど、間違ってることで喫煙者以外の人の目にも止まる巧妙な宣伝」
「ま、でもたばこ吸わない人が見たって売上にはならんから早いこと直してたばこ買いにきた人にわかりやすく宣伝したほうがええで」
ごもっとも。


全国各地、果ては世界のどこそこまで、富士という山は存在します。
もちろん日本のシンボル富士山は1つですが「〇〇富士」はあまたある山の中でも多くがその形が似ていることにより富士と呼称された山々のことで、これらを郷土富士と呼びます。
海外に存在する富士は移民や日本兵などが故郷ニッポンを想い名付けたもので、海外ご当地富士は23の国と地域に50以上あるらしいですよ。Mt.Fujiどえらいグローバルな活躍。
世界各国400超あるSoul of Fujiの中から本日は「有馬富士」をご覧いただきたいと思います。

d0137326_11420369.jpg

はい。
パノラマ撮影が可能なカメラでも何でもなかったんで2枚の写真を繋げてみました。
だからちょっとわかりにくい感じになってますかね。

d0137326_11420575.jpg

はい。

d0137326_11420862.jpg
一枚一枚にしてみましたよ。

ま、こんだけ山があると「これかなァ…」くらいにしかわからないもんなんですねぇ、見立て富士。木を隠すなら森へ方式で山を隠すなら山の横に持ってきたらいいことがよくわかりますね。

d0137326_11421135.jpg
ただそんなに簡単に山が動かないってトコが難点ですけど。



香炉峰に積もった雪は御簾を上げて眺めますが、有馬富士公園から見える有馬富士は何かしら越しに眺めます。

かまくら的な人工建造物の中に入ります。

d0137326_11432644.jpg

その鉄格子越しに。

d0137326_11433022.jpg
d0137326_11433352.jpg
御簾を上げてお眺めあそばせ。

d0137326_11433604.jpg

この丸い穴からわざわざ有馬富士を眺めるのが正解なのかどうかはわからないけど、見える位置に有馬富士があるという事実をお伝えするためにこの画像を載せております。



「鬼おるで」
「ああ~鬼の食卓とか書いてたもんなァ…鬼の足跡ってマンホールに残るねんな」

d0137326_11433975.jpg
「鬼の足って人間とあんま変わらんねんな」
「大きいけどな」
「指も5本やし、大きさの違いだけやな」
「そやな」
「爪切ったほうがええな。生爪おこすで」
「足跡に爪まで残るって相当切ってないで」
「爪切りっていう文明の利器は鬼界にはまだ入ってきてないんやな」
「靴も入ってきてないやん」
「人間てすすんでるな」


有馬富士公園にはミニチュアの国も建国されております。

d0137326_11444854.jpg

一見、普通。

でもすべてのサイズがちーーーーーーーーさい。

d0137326_11445023.jpg

この右端の階段。

23.5㎝の足の私が登る際には、こう。

d0137326_11445338.jpg

「あはァ~登りにくい登りにくい~内モモにクるぅ~っ」

d0137326_11445624.jpg

幼児は宝塚音楽学校の生徒なみに機敏に下る。

この休憩処も普通に見えるんだけど、

d0137326_11445983.jpg

注意を促されるほどやっぱミニチュア。

d0137326_11450239.jpg

さほどミニチュアちゃうやろ~と思うようなサイズで造られてるんだけど、

d0137326_11461068.jpg

やっぱミニチュア。

d0137326_11461927.jpg
標準よりもややヤセの体型である私が横に座らないと休憩出来ない幅のベンチ。もしかしてすんごく足が長いんじゃないかと思うほど、足余る。膝から下が鋭角に曲がり、足首もまた鋭角に曲がる。Zだゼ~~~~~~ット!!!

d0137326_11462256.jpg

滑り台のステップも案の定、小寸法。

d0137326_11462594.jpg
もはやつま先しか乗らない。
「ふくらはぎに、クるぅ~」
ジムに行くよりハードかもしんない。

d0137326_11462801.jpg

階段は基本的にガニ股。

d0137326_11473261.jpg

敵の侵入がないか窓から確認します、キング!

d0137326_11473574.jpg
よいしょ!

d0137326_11473856.jpg
身を乗り出しているわけではございません。

d0137326_11474147.jpg
私が巨人なわけでもございません。
塀が、窓が、ミニチュアなだけなのです。
敵に気付かれて撃たれちゃうな。

d0137326_11474950.jpg

ミニチュア迷路も完備。

d0137326_11475213.jpg
案の定、入口ギリギリ。



『くそオヤジ最後のひとふり』という名のラーメン屋さんに行ったんだけど、くそオヤジに渾身の最期のひとふり湯切りを繰り出していただいて『ザ・ラーメン』たるラーメンを食べる気でいたもんだから、ちょっぴり残念。

d0137326_11485977.jpg

こんなこじゃれたラーメンなの。
これ、くそオヤジが作ってるかなァ…ひとふってないような気がすんねけどなァ…。


丁寧なのはわかる…わかるんだけど、

d0137326_11490294.jpg
くそオヤジは単純にならび順でいいと思うの。

夕食こそ落ち着いた食事タイムとしたい私たちは「カウンターなら」という言葉には決してなびかず「テーブル席が空くまで待ちます」と宣言して寒空の下で待つ。すると、くそオヤジじゃなくて背の高いイケメンの兄ちゃんがあっつあつのお茶を出してくれる。

d0137326_11490595.jpg

でも、ご覧のような熱伝導率の良すぎるコップに注いでくれているので、あつくてあつくてフチしか持てないの。

d0137326_11490843.jpg
よかった~外が寒くて。

店内に入りテーブル席に案内されると、くそオヤジじゃなくてオードリー若林似の、でも若林から不満感を抜いた人あたりの良さが顔つきにプラスされている兄ちゃんが、美容院でシャンプーする時のサイズのひざ掛けをくれる。

d0137326_11491158.jpg

薄くて、長めね。

そしてラーメンが運ばれてくるとまたまた骨抜き若林兄ちゃんが登場。
無印良品テイストのピルケース的な物体をやや中腰でパカ、と開けて曰く。
「よかったら、どうぞ。」
片膝ついてプロポーズされたのかと思った。
そんな風に開けて見せるからさ。
ダイヤの指輪が入ってるのかな~てまじまじと見たけど、ケースにはヘアゴム&ヘアピン。
そうね、ちょうどラーメンを食べるには邪魔そうなボブだものね。

d0137326_11491452.jpg

ヘアゴム…いただこうかしら。

至れり尽くせりでオシャレなラーメン屋なんだけどね、これは好みの問題だね、判断基準は。

私は小汚くてもええからくそオヤジがひとふりかましてるような、そんなとんこつ醤油のラーメン屋が好みです。白濁したスープがいいの、私。マズいってわけじゃないんだけどね、魚介だしのクリアなスープのシメのラーメンってカンジだね、くそオヤジ最後のひとふり。白ワインをしこたま呑んだ後のラーメン。私が好むのは胃腸の調子を整えて挑むラーメン。テーブルは拭いても拭いてもベットベトでラーメン鉢の内側には喜喜って書いてる、それが私のザ・ラーメンなの。

十三のくそオヤジ最後のひとふりにはくそオヤジがひとりもおらず、イケメン揃いでしたのでね、最近ストレスがたまりがちだから胃が重いおひとりさま女子は癒されに行くのもいいのではないでしょうか。まるでカフェのようなおしゃれ感があるので、スタバみたいに略して呼ぶといいかもしれませんね、オヤジ







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2017-05-12 11:58 | +cool down run+ | Comments(0)
今年のラッキーカラーのキーパーソン

「今年のラッキーカラーは赤と黄色やって」
「へぇ… …?今年?」
「今年やねんて。一年間も続くんやで赤と黄色。何かと赤と黄色の組み合わせにしたらええねん、一年間。長いよな~」
「赤と黄色を組み合わせると、運が逃げて行きそうなくらいダサくなるねんけどなァ…私の記憶では。」

d0137326_10270401.jpg

だみだこりゃ!





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2017-02-15 10:28 | +cool down run+ | Comments(0)
聞えない

住宅街を歩いていたら、私の前を闊歩していた19歳のヒー坊が急にダメージを受けた。
「ねぇ?うるさくない?なんか…すごく大きな音鳴ってるやんな?キーーーーーーンていう音」
三歩下がって慎ましく歩いていた私は何のダメージも受けはしない。
「へ?今?」
「ほら!また鳴ってる!コレよ!」
「どれ?」
「まぅ、聞こえへんの?コレよ!」
「何のハナシ?」

d0137326_11302395.jpg
キーーーーンの音は鳴ったり鳴らなかったりするようで、41の私には何も聞こえない。
「アレか…若い耳にだけ聞こえる音か。もはやその音は中年の私の耳には届かんな」
「あぁ…あるなぁ…モスキート音な。わーーーーむっちゃうるさい!」
「お。一瞬だけ聞こえるな、ヒュンて。この音?」
「そんなちっちゃな音じゃないで。むっちゃ長く聞こえてる」

「コレかなぁ?」

d0137326_11302653.jpg
赤いランプが点く時にヒュンて鳴いてるけど、その音のみが41の私には聞こえ、ランプ点灯中に発せられているであろう長いキーーーーーーンという音は19歳の耳にのみ届く。
「で?この機械は何のために設置してるわけ?」
「モスキート音で蚊を寄せ付けへんとか、そうゆうヤツやろ?」
「10代もオマケに寄せ付けへんこと出来るやん」
「ほんまやな~コンビニとかコレ置いたらええねん、駐車場に。」

駐車場がヤンキーの溜り場になっているコンビニのオーナーさま、おひとついかがですか。
ヤンキー除けにモスキート!





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-11-15 11:41 | +cool down run+ | Comments(0)