どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ
カテゴリ
全体
*ご挨拶*
*ゑず研(リンク)*
+ミルニング+
+cool down run+
+ハナモゲスト ゲリライブ+
+in much guy+
+談合料亭『千徒馬亭』+
+in the sky?+
+丁猫犬堂+
+YOU WIN!!+
+開楽館+
+knowing+
+朝臣寺+
+mender!+
+武道便所 グレージー+
+難℃ set key+
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
サクっと一言で済ませまし..
by yoyo4697ru980gw at 21:43
あー、なんか色々すまない..
by はうはず at 12:10
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
ブログジャンル
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
最新の記事
そうよわたしはサソリ座のオンナ
at 2018-08-15 15:22
厄日
at 2018-08-12 01:58
プロのお仕事
at 2018-07-27 02:41
喉越しのイイすだち麺は別腹♡
at 2018-07-21 16:33
弾丸ツアーin伊賀:にんにん
at 2018-07-19 01:06
外部リンク

そうよわたしはサソリ座のオンナ

朝のテレビ番組がそれぞれ毎朝、占いを発表する。
私はチャンネルをつけたり変えたりしないので、ついているチャンネルをそのまま見ることになるんだけど、もうかれこれ20年以上、見ても見なくてもいいという気持ちで見ている。
その中でもとくに見なくていいかな~と思っているのが占いの発表で、この発表をするくらいなら私の知らないニュースをひとつしてくれるほうがいいと常々思っているが、こんなに毎朝1位を決めたりラッキーアイテムを発表していることを思うと、これがないと一日が始まんないくらいの必要性なのだろうか。

ヒー坊も小学生の頃に占いで一日が始まっていた時期があり、一緒に見ていた私がいつも1位の発表があるタイミングで「やったー!」と言っていたらさすがにおかしいことに気付いたようで「昨日も1位じゃなかった?毎日『やったー!』てゆってない?」との疑惑をクチにした。
「アンタ星座が決まってるタイプ?私は毎日変わるけど」
「決まってるで。みんな決まってる。何月何日生まれかで決まってるねんから」
「アンタ何座?」
「え?知らんの?子供の星座、知らんの?」
「星座知ってる必要ある?公的な書類に星座を書く欄なんてないよ?血液型も滅多にない。国が情報としていらんと決めてるってことはさしていらんのやろ」
「自分の星座も覚えてへんの?」
「生まれた月日で決まってるやつ?」
「そう」
「聞かれたら言えるで」
「何座なん?」
「え~?知らんの~?親の星座、知らんの~ぅ?」
「星座知ってる必要ある~ぅ?」
なぜだろう、ひとは誰かのマネをする時、口調がちょっとバカになる。
「知っている必要はさしてないけど、そうよ、わ・た・し、は~さそり座の女ぁ~♪」
「ボクは、ふたご座の男~」

最近ではホーム画面でも星座別の発表があるらしい。

d0137326_14084861.jpg
昔からあったのかも、単に目にしなかっただけで。
しかしネットではちょっとひねってるねぇ、彼とのデートを実現させる方法が星座別にあるみたいですよみなさん。
最大12回までテがあるとお考えいただいて結構です。
実現させる方法として一応は12星座分あるはずですからね。
何座であっても切羽詰まってる心情ならば、星座に関係なくあのテこのテで実現させてみてはいかがでしょうか。


でもその前に。

もっと気になる記事を発見。

d0137326_14085160.jpg
ひとりでできる、浴衣の着付け動画♡だそうです。

和服・浴衣・袴、私の着付けはすべて独学ですが、その全てが文献です。
静止画と文章で覚えて、経験でコツを足しました。
そして何が一番『ひとりでできる』ことに大事かと言えば、基礎と着付けの回数です。
着慣れている、ということに勝る着付けのコツはありません。

そんなわけで、夏にはみっちり浴衣を着ている私の、ひとりですべき着付けのコツを伝授いたしましょう。

浴衣のキレイな着付けは『おはしょり』で決まります。
どんなにデザイン性に優れた高価な浴衣でも、おはしょりがグチャグチャであればそれはだらしないパジャマ、湯帷子です。
湯上りの帷子、ユ・カタビラ。
江戸時代に庶民に普及していった浴衣の語源です、覚えておきましょう。
カタビラとは裏がついていない、単衣の着物のことをいいます。


和服を着る時には補正をする、と説明されるでしょう。
寸胴の体型を作るのです、胸とウエストにタオルを入れて。
暑い、つーのね。
タダでさえ浴衣は見ている人が涼しげに見えるだけの帷子です、襟を重ねて帯までしめてるんだから、暑いに決まってるでしょ。
補正なんてせず『涼しげ』でなく『涼しい』浴衣を着ましょうね、コツさえつかんでいたら着崩れなんてしないから。

浴衣で激しく飛び跳ねて3時間盆踊りをしている私でも、着崩れすることはありません。
帯なんて挟んでるだけですが解けません。

身八ツ口から手を入れてスッキリとおはしょりになる部分を整えましょう。

d0137326_14141134.jpg
これはみなさんこうやっていることでしょう、だって指南書にもそう書いているだろうから。
コツはここから先にあるんですよ。


和服の身幅はたいてい自分より大きめですのでシワがよることになります、補正もしていませんからウエストもクビレていればいるほど布は余ります。
その余っている布を、左右の脇の下に均等に寄せます、これがコツ。

d0137326_14141734.jpg
腰ひもで縛ったあとで左右の人差し指を下からひもにぶっ挿し、真ん中から左右にズラし背中のシワをとるようにして両サイドに集めます。

d0137326_14141422.jpg
シワを集めたら脇にある身頃の線を基準にしてシワになって余っている部分を内側に入れ込んで折り曲げてしまいます。

身頃の線とは、コレです。

d0137326_14160200.jpg
この線を端としてこの内側にシワを隠す、ということ。
d0137326_14160563.jpg
このように。

d0137326_14160734.jpg
下から見るとこう。


折り曲げたら、上にちょっとだけ引っ張りましょう。

d0137326_14182096.jpg
これで腕の動きが自由になります。
おはしょりをキレイにして背中のシワも胸のシワもなくして、超合金浴衣に身を包み、若いのに五十肩かと思うほど腕が上がらなくなっているひとをまぁまぁ見ますが、生身の人間は動きますからね、布にはたゆみが必要です。
背中や帯の上にたゆみがあってもかっちり感のある着付けが出来ることを知っておきましょう。

d0137326_14182300.jpg
こんなにたゆんでいても、問題ないんですよ。


背中側のおはしょりをちょっと下げて衣文を抜きます。

d0137326_14182670.jpg
色っぽく首の後ろの襟が下がっている、アレです。
やりすぎると着崩れの原因になるので、色っぽさは控えめに。


下げたあとはキチンと平らになるように指を入れて左右のシワの部分まで流してきます。

d0137326_14182894.jpg
これは数をこなすとわかってくる感覚なので、着る機会を増やしましょう。


反対側も同じように。

d0137326_14195223.jpg
襟が重なる右脇部分は内側に隠れてしまうので整えることを意識せずに折り込んでしまいましょう。

d0137326_14195426.jpg
ほら、かっちり感。

d0137326_14200528.jpg
折り込んでいることはパッと見ではわかりません。


自然に手を下すと隠れる位置なので目立つこともありません。

d0137326_14212099.jpg
おはしょり、かっちり感。

d0137326_14215317.jpg
おはしょりがグチャグチャだと、いくら背中や胸元がかっちりしていてもだらしない着こなしになってしまうのです。
だらしない浴衣で腕も上がらない、そんな超合金浴衣に身を包み続けているお嬢さんがたは、ちょっと勇気を出して着崩れていない浴衣をお召しの年配女性たちに声を掛けてみてください。
そのひとそのひとの身体のラインによってつかんだコツは千差万別。
細身の私はこの方法が自分に合っている裏技ですが、もっと簡単でもっとかっちりと着れる裏技をお持ちの媼がおられるかもわかりません。
聞かれれば喜んで自分の裏技を伝授すると思いますよ、だって若い世代が頑張って自分で浴衣を着たいと思っていることが日本人として嬉しいから。

背中にも身八ツ口にもふんだんにシワがよってたゆんでいますね。

d0137326_14230546.jpg
しかし、おはしょりがかっちりしているので『だらしない印象』は受けないのではないでしょうか。

さぁあなたも今日から、ひとりでできるコツをつかんだ浴衣の着付け♡

例の如く脱線が長すぎましたが、星座別彼とのデートを実現させる方法でしたね本題は。

d0137326_14245269.jpg
へ?
あぁ・・・星座って・・・自分じゃないんだ。
デートを実現させたい相手の星座なんだ。
・・・知ってるのか?
デートしたいくらいだから、誕生日も知っていて星座も勿論わかるのかな。
逆にゆぅたら、誕生日も知らないのにデートしようとすな、てことか?
デートをしようとしている相手の誕生日を知っていたことがないけどな、私。
星座ってそんなに浸透してるの?
私かなりのズレっぷり、はじくはじく。
耐水・防水・撥水もびっくりの、星座ガンガンはじく加工。


それにしても、添える画像が間違っちゃおらんか?
ネットライターに求められる記事では画像を付けることを必須としているサイトが多いが、便利なフリー画像の素材ばかり扱っているサイトがあって、ライターはそこから拝借することが出来るんだけど、ネットフリー画像専門のモデルがいるようで、フリー画像を提供するサイトはあまたあるのに、とくに人物画像は同じ人物の同じ表情、同じ雰囲気が多く提供されている。
みなさんも経験がおありじゃないでしょうかね。
「またコイツか」というアメリカンな表情をかます日本人男性の写真が使い回されている違うネット記事をいくつか読む、というデジャヴ。

どんな記事内容と見積もってこの画像を撮ったのかと思うような画像がたくさんあるので、私は時々、訓練に使ってる。
自分で書く記事には自分で撮影した画像を使っているけれど、自分では絶対に撮らないであろう雰囲気やアングルが多いので、その画像を添付するための記事を書くのに使うの。
自分らしさを抜いた記事が出来上がり、それに後から自分らしさをプラスするという面倒臭いことをやり、自由度が奪われた場合の記事の書き方の訓練をしているのである。

d0137326_14254173.jpg

私がこの画像を使う記事を書くとしたらタイトルは『あなたも気付かない間に陥る非定型うつ病』である。


d0137326_14423123.jpg
文章の書き方がわかりにくいことこの上ないな。
何か小さなことでも迷っている風を表現するのは、どっちなんだ?
女のほうか?
強調で色濃くしているということは、小見出しか?
何か小さなことでも迷っている風を表現する牡羊座の彼、てことか?
タグや効果の、文章への取り入れ方もわかりにくいライターだと思うのは私だけだろうか。
読み解くに、

自分が何かを決めかねており、もうわけがわからない!風を装い、面倒見が良く時間的に余裕ある彼に「良かったら話を聞こうか?」と言わせることに成功しろ、と言ってるようだ。
透明感のあるヘアアクセサリーがラッキーアイテムだから、この夏のデートに成功したほうが良さそうだ。
彼の余裕もこの時期のものだけらしいし、長いスパンでデートを視野に入れているアナタは、牡羊座の彼へのアプローチは急いたほうが良い。
しかし9月に引退する安室ちゃんがインタビューで言っていたぞ、無理をして作ったものは無理をしたものにしか出来上がらない、と。
星座に関係なく、アナタが急くほど、急いただけのデートになる可能性はあるということだ。


d0137326_14442464.jpg
牡牛座の彼はなかなか女々しいようだ。
新しいお店ができて楽しみ!と思っている彼とデートをしても、同じように新しいお店を楽しむことが出来ないだろうな、と思っている私は牡牛座の男をデートに誘うのはよそうと思う。
デートは彼からのお誘いを誘導するカタチでしかダメなのか、回りくどいな。
「デートしてみませんか」と女が言ってはダメなのか。
単刀直入に「会いたい」て言われたらダメかね、男は。
そんなことないと思うけどな、誰に言われたか、てトコが重要なだけで。
ラッキーアイテムのトートバックを持つためには、自分の服装がカジュアルになってしまう率が高い。
キレイめカジュアルに合うデザインと色のトートバッグを探しておいたほうが良いだろう。
デートで行く場所は服装と深く関係しているので、彼の前で自分が小奇麗でいたいならラッキーアイテムのトートは捨てよう。

d0137326_14454769.jpg

ミステリアスな会話とはどんな会話だ、と思ったら「ねぇ?知っている?」で始まるらしい、多くの人々がこの世で一番聞きたくない会話への導入フレーズではないだろうか。女がクチにする噂話で、会話が盛り上がるのは女子会だけ。
双子座の彼へのデートも、やはり促さねばならんようだ。
携帯用歯ブラシが本当にラッキーアイテムなんだろうな、双子座の彼の前で食後におもむろにバッグから出すぞ?
レストランのテーブルに置かれた携帯用歯ブラシに、何のラッキーが降り注ぐのか乞うご期待である。


d0137326_14474697.jpg
もの選びの自信があるか否かは、星座によって決まるのか。
蟹座の彼とのデートも、彼にさせる系。
ブレないな。
もの選びに自信のある彼とのデートで、せっかくだからとラッキーアイテムのフレーバーティーを注文する時には最新の注意を払ったほうがいい。
ブレーバーティーなんてな難しいアイテムを効果的に使うのは難易度が高すぎる。
何のフレーバーを選択するかで大怪我をしかねない、それがもの選びに自信がある彼の前でのフレーバーティーだ。


d0137326_14483149.jpg
ストレートな言葉で彼のプライドをくすぐれるというのに、獅子座の彼とのデートも『彼からの言葉を引き出す』のか。
ブレることのない、受け身への誘導。
デートの段階から、男は女の掌の上で転がされているのだ。
結婚後は掌ごときではスペースは足らず、ドッグランくらいの広さをコロコロ転がされるのだと覚悟を決めて、諸兄よ転がされても良い相手にプロポーズをされたし。
カラフルなスマホカバーですって、ラッキーアイテム。
スマホであることは当然の認識でアイテムが選ばれているではないか。
ま、でもたぶん、ガラケー支持派はデートに星座を取り入れない思考の持ち主だろうな。
んじゃ、問題ないか。

d0137326_14494920.jpg

改めて尋ねられることがないような質問とは何ぞや。
一人の時間に何をしたい?と聞かれるようなことのない時間を過ごすよね、一人の時間なんだから。
ボーっとできる時間があれば何も考えずにボーっとしとくよね、それがボーっと出来る時間の正しい使い方だと思う。
ボーっとしていてはいけない時間なのについボーっとしちゃう時だってな~んにも考えていないんだから、ボーっとできる時間があるならなおさらボーっとしか、してないと思うけど。
アニマルモチーフのマグネットって、海外旅行に行った会社の人が同じ部署の人たちに配るお土産の、あのカンジでいいのかな。
冷蔵庫の左端にくっつけて3年は微動だにしないアレを、どうデートがうまくいくように活用したらいいのかまで教えて欲しい。

d0137326_14513738.jpg

職人気質だな、天秤座。
自分の意志を貫く彼にならこっちの意志も貫けるのではと期待したが、天秤座もやっぱり『思わせる』受け身への誘導でいくそうな。
ブレねぇブレねぇ。
頑固な彼は私と一緒に過ごしてみたいと思っても、なかなかそれを言葉に出してくれないだろう。
しまいには態度でわかれとばかりに不機嫌になるのがオチである。
そんな彼には沈香を焚いて嗅がせ、まずは煩悩を消し去り心の清浄をさせたほうがよろしい。
職人だと思っていたけど天秤座は、頑固な坊主だな。
仏の話で盛り上がるのがよかろう。


d0137326_14525398.jpg
蠍座の彼を、デートに誘いたくなるように仕向けるには、話力が必要のようである。
「ねぇねぇ聞いて」「私こないだね」だいたいこのように始まる妻の会話を夫は片手間に聞き流してちっとも聞いていないが、夫というポジションに蠍座はいないのか。
いや、いるだろういるに決まってる。
ラッキーアイテムのピンキーリングであるが、これは引くタイプのドアを勢いよく開ける時にカチン!と鳴るので、注意しよう。

d0137326_14551238.jpg

射手座の彼は、好奇心旺盛。
蠍座の彼は単なる話力だけでよかったが、射手座は話力以上のチカラが必要になってきそうだ。
もうフィクションでも何でもいいから、とにかくネタを作らねば。
彼とのデートが実現しなかったらそのネタを引っ提げて、女芸人という道があることをお忘れなく。
ラッキーアイテムのカフェオレボウルって物が何かわからなかったので画像検索してみたら、抹茶碗が出て来た。
抹茶を入れれば抹茶碗、カフェオレを入れればカフェオレボウル。

d0137326_14555869.jpg

山羊座は自由人だから、同じ自由人をアピール。
そんなことをしたら、収拾のつかないデートになりはしないか。
行き当たりばったりを楽しむデートがしたいひと向きだな。
スローペースorマイペースな印象を表現して二人でのんびりできそうだと連想させることが出来るだろうか。
家でのんびりしてても充実できる一人の時間を大事にしちゃうぞ、山羊座の彼。
ラッキーアイテムの有馬サイダーてっぽう水ではやく彼のペースをかき乱さなきゃ。


d0137326_14565871.jpg
水瓶座の彼は繊細。
デートに気を遣う相手のようだ。
いちいち「どうする?」と彼の意見を聞き出す必要があるみたいだが、デートでは彼のほうから「こうする」という彼主導の態度は期待できないのだろうか。
水瓶座の彼に関心を持たれたら少々疲れそうな気がする。
コスメポーチの中には、自分なりのストレス発散グッズを入れておいたほうがいいだろう。


d0137326_14575269.jpg
水瓶座よりも気を遣わねばならない魚座。
最強の面倒臭さを醸し出しているが、ここへきて女からのアプローチが唯一出来る相手である。
寂しがり屋の魚座を甘えさせまくるデートにするようだ。
そんな内容でお送りするデートは、私の中ではデートではなく餌付けだけど。
ヌードカラーとは肌色ですが、肌色って今は言わないんだってね。
ペールオレンジ、だそうです。
私たちの肌の色って、ペールオレンジなのか。
バタフライイエローじゃダメかね。


どうやら、星座は関係ないですね。

d0137326_14594044.jpg
とにかく、聞く姿勢に徹すること。
彼とのデートを実現する方法でした。
聞く姿勢に徹すの一手しかなかったですね。



占い出典:https://laurier.press/i/E1529889392398








[PR]
# by yoyo4697ru980gw | 2018-08-15 15:22 | +in the sky?+ | Comments(0)
厄日

ブラック企業へお勤めの皆さん、ごきげんよう。
世間は11日からちゃっかり盆休みですよ、知らなかったでしょう?
山の日っていう祝日がね、アナタの知らない間に出現していたのです2016年から。
だからお盆に大型連休が取りやすくなりました、有休消化を促してくれるような会社なら。
ブラック企業へお勤めの皆さんにおかれましては、きっかり13・14・15しかお盆と認めてもらっていないこととお察し申し上げます。
2018年は11日が土曜日でカレンダーに恵まれています。
それなのに休日出勤とかあるんでしょうねぇ・・・なんせブラックだから。
私はホワイト企業でちょっとだけパートをかじっているので9連休中です、ごめんあ~さ~せ。


「懇談の後でこないだ行列出来てたラーメン屋に行けってむーがすすめてくるねんけど、ボンブー行きたいからボンブーの後でなか卯でよくない?」
「ボンブーあきらめてなかったんや?」
「だって間に合うやん余裕で」
「そうやけど、懇談の後は麺類食べるていうのが恒例やん?」
「いいや、この時期の恒例はボンブーしかない」
懇談よりはるかにボンブーのほうが恒例行事や、10年以上前から。
でもな~行列出来てたラーメン屋も確かに気にはなる。
「懇談の後すぐさまラーメン食べてすぐさまボンブーでもいいで。今日はすっごくおなかすいてるから」
「じゃ、そうする?」
「あ~~~でもコロッケもいいな。あのコロッケ。なにコロッケ?オニの」
「鬼平コロッケな、やめとき。すっごくおなかすいてる、てゆってやっと一人前やねんからラーメン入らんようになるで」
「そうやな、やめる。めちゃめちゃおなかすいてて完食出来ない一人前が存在するからな」
店によって一人前って量が違うよね。

「あれ?なんか暗くない?」

d0137326_01300055.jpg
「まじか~」
d0137326_01300478.jpg
「どうする?ほか探す?」
「もうラーメンのクチになってるからなぁ」
「ラーメン激戦区やし、テキトーなラーメン屋に入ってみる?とりあえず歩くか~」
「とりあえず、鬼コロ行くか」
「そやな」
鬼平まで歩きながら、ふと考えた。
鬼平が定休日って可能性はないか、と。
「ちょっと、鬼平て商店街抜けて渡ったとこやったよな。あっこまで歩いて定休日とかやったらイヤやから検索して、定休日」
「あんな小さい店、検索で出てくるわけないって」
行くしかないのか。


「まじか~」
ええ開いてましたとも、店はね。
「コロッケないの?1コも?」
「すいません、今日はもう全部出てしまいました」
「・・・こっちのコロッケ1コだけあるから、これ半分ずっこする?」
「・・・そうしよか。今日、厄日やな」
こうゆうパターンもあるのね、売り切れっていう。

「ねぇ、ここのラーメンにしてみーひん?客ひとりもおーへんやん」
九州味覚の私のクチでは関西の人気店のラーメン屋はイマイチなので、あえて不人気店を攻める。
箸やレンゲやお手拭きが祀られております。

d0137326_01300629.jpg

荒神さんか。
醤油やゴマに紛れてヘアゴム。

d0137326_01300866.jpg

ニンニクの横にヘアゴム。
ヤだ、未使用品だけどなんかヤだ。

お。さすが博多とんこつラーメン、博多スタイル。

麺の硬さ、選べます。

d0137326_01301070.jpg
私はもちろん麺類にコシなんてこれっぽっちもいらないので、やわ。


「量も食べきりサイズでちょうど良さそう」

d0137326_01301399.jpg
「わからんで。食べきりサイズに見えて実はむっちゃ麺が入ってる、とかかもよ」
「ありえるな」

時々あるんだよね、とくに細麺使ってる店のラーメンで、食べても食べても麺湧いてる店が。

「食べきれそうにない・・・あんなにお腹すいてたのに」
「鬼平コロッケの分やな」
「あれかーーー」
半分のコロッケがひびく。

「スープおいしい。この店のラーメン好き」
「うん、おいしいな」
「たまご麺にして正解。もちもち。コシなくてやわも正解や」
「まじか~元祖麺の普通にしたら麺ってこんなカンジなんや~」

d0137326_01301648.jpg
「いいや?それ普通じゃないで。麺の硬さに粉おとしってあったっけ?」

d0137326_01301993.jpg
ないな。
最上級がバリカタやな。
粉おとしでも麺はさばくからな、これは粉おとしの上『ドボン』やな。
極上マニアしか頼まない麺をさばかずにそのまま湯にドボンと入れてあげた斬新な、束感のある新感覚麺。
そんなのあるかどうかしらんけど。

「すいませーん、コレ麺が束のままですけどー」
「申しわけないです!すぐに作り直します!」
失敗作だったみたいですね、そうじゃないかと思って報告しましたけど。
「さすが。今日ホンマに厄日やな」
「おもしろいほど厄日やな」

「んじゃ、さっさとボンブーに寄って帰ろ」
「まだあきらめてなかったん?」
「最後の数曲くらい踊れるで」
「がんばるな~いってらっしゃい」
「いてきまーす」


会場に着き、知っている顔すべてに踊りながら手を振るも、信じられないほど誰も気付いてくれないという出来事が発生してしまう。
目の前で手を振ること2周3周しても、全く私にピント合ってない。
私・・・今日、透明なんじゃないか?
15分くらい経っても一向に気付かれる気配もなく、もしかして最後まで気付いてもらえないんじゃ・・・と半ばあきらめる、なんせ厄日だから。
はぁ・・・ダメ元でもっかい手を振ってみるか~。
すると手を振った相手のAサンが私に向かって柏手を打つ。

「も~~~~っ!息子来てるのに見当たらないから今、お母さんは来てないのかって聞こうと思ってたところよ!」
「来た時から何回も手を振ってたってば。これもう5~6回目やから」
「いや~~~~~も~~~~!」
こっちが、いや~も~!やっちゅうねん。

「まぅさんいつ来たんですか?息子だけおるのにいないからー」
「息子より私のほうが先に到着しとるわ」
「足出してないしこの格好でメガネまでかけられたら気付きませんわー」

「まぅちゃん、いつ来とったん?息子おるのに~と思ってヒー坊に『お母さんは?』てきーたら指さすんやけどさ~“まぅちゃん”ていうイメージがあるからさ、服装が違ったら見えんのよ」
「私はずーーーーーっと手を振り続けててんで?ぜ~~~んぜん目が合わなかったけど」
「わからーーーーーん」
いいのよ、保護者の格好をしている私なんて誰も知らないでしょうから。

前にも気付いてもらえなかったことあったなァ、会社の飲み会の帰りに最後の1曲だけ踊った時。
話しかけてるのが私だとわかった瞬間『ひぇぇえぇぇええ~~~~っ』て言ったよね、赤クン。
オバケか私は。


派手な衣装で派手なメイクをしていることがもはやフツーで、普通の格好をしているとボンブー界で私は私でなくなるのです。

そんな地味という隠れ蓑、ボンブー界での私の透明マントの一例がこちらとなります。

d0137326_01522007.jpg
プルオーバーのドレープシャツは古着屋の捨て値セール300円、仕事用のワイドパンツはサイズが小さいからかドンキホーテで100円、インナーのキャミソールが780円、サンダルは1000円くらいだったかな。
透明人間になれるコーディネート合計2180円です。
意外とお手軽に姿が消せるなァ。

今年は櫓で出くわす変態の数が多くて、とてもひとりじゃ捌ききれないと身の危険を感じていたけど、透明マントがあるから大丈夫だね☆




[PR]
# by yoyo4697ru980gw | 2018-08-12 01:58 | +朝臣寺+ | Comments(0)
プロのお仕事

「さっき『熱中症を防ぐプロの技』てのがやっててんけど、クーラーを25℃で24時間つける、やって。」
「おのれの熱中症だけ防いで地球のオゾン層を破壊する人間をプロと呼んでるのか?」
「やろ?何がプロの技やねん。そんなん素人が考えることやんかプロでもなんでもないわ」
「素人の私でさえクーラーは28℃や。室内でじっとしてれば28℃でも熱中症にはかからん。扇風機を併用すればいける、つートコがプロの技や。プロっつーのはその道を極めた人やけど、人間が極まってたらもっとスゴい技で凌げるで。28℃で暑いと感じたら一旦キッチンに行け、2分キッチンで食べ物を物色して戻ったら28℃の部屋のほうがよっぽど涼しいことに気付くから。そのことに気付かせることが出来るんが、人間のプロ」
「熱中症から身を守りながら地球も守るのがプロやんな~」
「そうや。同じことをやってるように見えてしっかりその先を想定出来てるんがプロや。その場凌ぎなのが素人。プロの仕事は段取りに90%の時間をかける、素人の仕事は段取りに10%」
磨かねばならんのは、人間力だよね。

色盲・色弱のひとがフルカラーで見ることの出来る魔法のメガネがあるんだけど、それをかけた時のひとたちの反応を動画に撮ったものがYouTubeにアがってるの。
この動画を見ると、フルカラーで見える世界がなんて感動的で美しいかということを知る。
そして総天然色がとても細かい色のグラデーションであることを、彼らの反応から学ぶ。
私にはきっと見えないのだろう、そのとても細かい色のグラデーションが。
見えていない彼らには鮮明に見えている、たくさんの色と細かい色の違い。
そしてこの色のある世界のあまりの美しさに、彼らは言葉を失い涙する。

戦争体験のある恩師が中学生の私たちに、空の本当の美しさが見えない事それが平和だと言ったけれど、本当に見えないのだな、と感じた。
それと同じ感覚を持つんだよね、この動画を見ると。
経験を持たない人間には絶対に見えないモノがある。
経験者でないと見えてこないモノ。
そしてその多くは経験しないほうが良い場合が多いので、同じ時代を生きている経験者から『見えない』という感覚だけを学ぶことになる。
なんとも表現しようのない、切なくてでも前向きな、そんなため息が漏れることのひとつである。


「帰ったら篆刻しよ~っと」
「建国?」
「てんこく」
帰って数時間で建国できたら世界が大変なことになるぞ。

視力は良いほうなので篆刻をこれまでは裸眼もしくは細かい文字になる場合は老眼鏡を使って掘っていたのだけど、いただきもののルーペを使って掘ってみたら、これが使い易いったらないの。
TV番組で手彫りの判子屋で現役で職人をしている90歳くらいのおじーちゃんがデカいルーペで掘っていたけど、老眼鏡をかけるのとルーペを使うのは明らかに違うんだな、てことを学んだ。
拡大する媒体が目に近いのか印材に近いのかでは、手彫りする時の見え方が全然違うの。
そして印材に近いルーペのほうが、目が疲れない。
職人が使う道具には、必ず根拠があるのだな。
それが、プロのお仕事。


「帰ったら染めしよ~と」
「サメ?」
「そめ」
サメする、て何をするんだろう。
サメを使って私が何を。
ジョーズごっこをする時には今後は『サメする』とでも言ってみようかな。

盆踊りで地下足袋を履くんだけども、これが自分が思うような色が無いので染めてみることにしました。
数々の趣味の中でじつは染めの経験は長くて、最初に染め物の楽しさを知ったのが幼稚園の時。
まさかココまで遡るとは思わなかったでしょ、渋めの5歳児。
なーんかムカつく。
ずっと染め物をやり続けて夢中になって…というカンジではなく細々と、小学生になっても中学生になっても高校生になっても社会人になっても、思い出し時にたまに染める程度なので、その腕はいつもアジしかキかせらんないレベルです。
いいの、アジで勝負の職人だから。

d0137326_02343621.jpg
染めるための白い足袋。

d0137326_02345236.jpg
お祭り足袋なのでコハゼに小さな『祭』の文字。
この写真を撮った時に・・・コハゼのサイズ表記を確認しておきさえすれば・・・と思うも後の祭り。


まずは白いままでボンブースタンプ。

d0137326_02352555.jpg
これはこれでかわいいので1回はこれで履こうかな。


自分の思うような色を作るのは、想像だけでやる。
実際に色を混ぜて作って試しに染めて、とかじゃなくて。
色を作る比率とかも感覚だから、同じ色は二度と作れません。
芸術肌なもんで。

今回作りたい色は、ビンテージ風デニムカラー。
きちんとしたインディゴブルーのほうじゃなくて、ちょっとくすんだ感じ。

ストーンウォッシュとまではいかないけどムラが出来るように染める前の処置を施します、ココは企業秘密。
カラーの調合は、ライトグレーにネイビーブルーを足すカンジでいこうかな、グレーよりもネイビーのほうが少な目で。
ネイビーは色自体は濃いけど、染め物として最も色が入りにくいの。
それを考えて丁度よくなるかどうかは、職人のカンね。
ま、アジ職人だからカンもへったくれもないんだけど。


ゴミ袋2重・染色液2種類・塩・みょうばん・熱湯・40℃のシャワー、を駆使して5時間かかるけどほぼ放置で染めた地下足袋がこちらになります。

d0137326_02361415.jpg
どんな手順て染めるかも、企業秘密です。

期待してたムラの出具合ではないけれど、それもアジ。

d0137326_02365249.jpg
もっとモヤモヤ~っとムラになってて欲しかったんだけどな。

d0137326_02370187.jpg
染めた後でも意外にスタンプが残りました、スタンプの発色がもっと染色液につぶれちゃうと思ったけど。
d0137326_02371087.jpg
ちなみにこのスタンプは消しゴムを彫ったものに、ペンテルの『布描きえのぐ』を水で薄めて筆で塗りたくってスタンプしております。


ゴム底と間の接着剤の塗り方のザツさはそのまま『染まらない』というカタチで出ます。

d0137326_02375728.jpg
まさか白足袋を染められるとは思っていなかったでしょうが、いけませんねぇ。
d0137326_02380697.jpg
こんなにも仕事がザツだったなんて。

どんだけ塗り広げているんだ、接着剤。


染めて洗って乾かして、それからでした悲劇が起こったのは。

「なぬ?」

d0137326_02383752.jpg
内側のタグのサイズが・・・違うじゃないか!
一番上のコハゼにもサイズが書いてあるので、確認するとココも違う。
そう、後の祭りだったのは、このことだったのです。


商品が到着した時に、染めるまでしばらく日にちがあるので、サイズ確認はもちろんしました。ゴム底をね。

d0137326_02384663.jpg
ゴム底はサイズ、一緒なのよ。
そんなんまさか、中のサイズ表記は左右バラバラ、とは思わないよね。
だいたい左右のサイズが違う履物を手にしたのは、人生でこれが2度目の出来事だもの。
それくらいなんだって、20年に1度の珍しい現象よ。

ううむ・・・私は丸々1日かけて思い悩んだすえ、地下足袋を購入したショップへの問い合わせフォームから、そのまま正直な気持ちを送信しました。
以下がその文面。

内容:商品について:左右のサイズ違い

注文番号の『【荘快堂】【地下足袋】祭たびテクノクッション 小馳7枚 M-26-7』についてです。
夏祭りに使用するのに、オリジナルで染める目的で白色の足袋を購入しました。
昨日、足袋を洗って干した後で、左右のサイズが違うことに気付きました。

商品が到着したあとでしっかりとサイズ確認をすべきでしたが、底のゴムの表示は23.5だったので同じだと思っていました。
昨日気付いたのは、内側のタグの表示が違ったためです。
コハゼのサイズを見たらここも左右で違います。

0.5の差ですし、ゴム底を比べてみると違いはないように思います。
表示タグやコハゼの付け間違いかと思いますが、左右のサイズがもしかして違うのかな、と思い連絡をしました。
既に染めた後で、1回着用もしております。
購入したのも4月とだいぶ日にちが経っているので、どうしたものかと悩んでいるのが現状です。
添付ファイルをご参照いただき、商品に対する何らかのご回答を返信いただければと思います。

ショップからの返信は何もなく、23.5の地下足袋と納品書だけが送られてきました。

d0137326_02385433.jpg
何て誠意のない対応。
私は商品に対する何らかの回答を返信して欲しいと言っているのに。

誠意のある対応とは、まず返信をすることである。
「同じ商品を送ったからこれでいいでしょ」
と言わんばかりの対応に、私はショップと同等の態度を取ることに決めた。
本来の私の行動であれば、商品が届いた旨のメールをすぐに送信しているが、一切しない。
このショップで買い物をするのは二度目で、カッパの機能性とデザイン性が高いから気に入ってひとにもすすめていたし、地下足袋の中敷のテクノクッションてヤツの履き心地がよければ踊り仲間にもおすすめしようと思ったけれど、このような対応をするショップと知ったからには全然おすすめは出来ないな。
同じ商品を取り扱っている別のショップを探すことにしよう。
はぁ…残念。

ガッカリすることが増えてきていると感じるということは、自分の目がイヤな事柄を追っているのかもしれない。

そんな時の打開策はただひとつ。
楽しむ。
何もかもを。
それがプロの人間ってもんよ。







[PR]
# by yoyo4697ru980gw | 2018-07-27 02:41 | +mender!+ | Comments(0)