人気ブログランキング | 話題のタグを見る

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ
カテゴリ
全体
*ご挨拶*
*ゑず研(リンク)*
+ミルニング+
+cool down run+
+ハナモゲスト ゲリライブ+
+in much guy+
+談合料亭『千徒馬亭』+
+in the sky?+
+丁猫犬堂+
+開楽館+
+YOU WIN!!+
+knowing+
+朝臣寺+
+mender!+
+武道便所 グレージー+
+難℃ set key+
笑道:サルコイドーシスのススメ
骨折:プロオレラー手引書
RSS登録【Feedly】
follow us in feedly
最新のコメント
> あみさん はじめま..
by yoyo4697ru980gw at 15:57
はじめまして! 「小指..
by あみ at 20:27
> るび子さん 整形外..
by yoyo4697ru980gw at 01:32
初めまして! 昨日、中..
by るび子 at 14:55
> とりあたまさん 日..
by yoyo4697ru980gw at 08:02
ブログジャンル
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
more...
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
最新の記事
マシンガントークの申し子【カ..
at 2021-11-05 08:45
帰ってきたハロウィンウィン2..
at 2021-11-01 00:01
めでたしめでたし記者会見
at 2021-10-28 01:56
ワクチン接種の洗礼を受ける ..
at 2021-10-09 02:31
中傷の名月
at 2021-09-23 23:34
外部リンク

難病人と障害者と
「まぅ、大丈夫?」
「ダメかもしんない」
「アイス食べる?」
「あるん?」
「あるで。まぅが体調悪そうやったから買ってきてん。しかもピノやで。ファミリーパックやからアーモンドあるで」
「わ~い…うれしい…ありがとう、アーモンド食べたい」
「何個?」
「5個」
「アーモンド7個くらいしか入ってないで?」
病人に厳しい選択をさせるんだな、ピノよ。
「…3個にするわ」
「わかった~持ってくるから待っときや」
どこにも行かないさ寝込んでるんだから。
つーか、起き上がる気力もないよ。
夕食の鍋、硬い野菜を煮ているところでもう限界がきてやめているから、本日の晩御飯は野菜の芯鍋です。
た~んとお飲み、ほぼスープ。

病床に伏す私の食べ物ピノを買ってきてくれるなんて、相変わらず思いやりが溢れるなァさすが発達障害児。
22歳だからもう児じゃないか。
いいや、親の私にとってはいつまでも児だな、死ぬまで我が子なんだから。
発達障害児に共通するのは「誰かのためになろう」という思いやりの心の強さである。
困っているひとを見た時にそれは発揮され、そのひとのためになろうと焦るあまりそのひとの邪魔になってしまうケースが多い。
それは親の私から見れば微笑ましい空回りだが、他人にとっては「不可解な行動」に映る。
私には(困ってるひとのためになろうと必死やなぁ~それが邪魔になってるとも気付かずププ)である。

他人様の目には、邪魔になっているようにしか映らないであろう。
私も健常児しか育てた経験がなければ「このひと、なんか行動が怪しいな、大丈夫なひとかな?」と危害を加えられる可能性を考えて警戒するに違いない。
しかしヒー坊を育てた私には見える。
コケている人を見て、そのひとのためになろうとしている気持ちからコケている人の周りをグルグル回ってパニックに陥っているのが。
発達障害の脳は、たくさんの選択肢からひとつを選ぶことが出来ない。
どれが最優先かを考えて順番を付け始めると、順番が前後してパニックになる。
一度に複数の指示が聞けない。
それが経験で見えるので私は言う。
「ありがとう、コレに水を汲んできて。トイレの手洗い場で半分くらい汲んできてね」
彼は一目散にトイレに走って行く。
コケた人を助けるため。
メロスより走る。

ヒー坊も度々パニックに陥る。
そして発狂して、何も聞けなくなる。
「あれ?ヒー坊なんかゆーてんで?」
「ああ。あれ発狂中。ああなったら何ゆ~てもアカンねん、ほっといたらええわ。話しかけるとよけい発狂するから何もせんでええねん、自己解決を待つのみ」
「ん、そ、そうなんや?」
自立訓練で感情をコントロールし整理することを培っているので、しばらく放っておくと元に戻る。
軽度発達障害は訓練次第で、ここまで順応できる存在である。
適材適所に配置すれば、彼らの集中力の高さや思いやりは仕事にも活かせるということを企業のひとたちに知ってもらえたらな、と思う。

ヒー坊を育てなかったら私にこういうことが見えただろうか、と思うことがよくある。
見てはいるけど、理解はしなかったのではないか。
当事者の親としての説得力は、ヒー坊がいなければ成立しない。
ヒー坊の存在が私に忍耐力をつけてきたし、ヒー坊が抱える問題が私を考える親にしてきたと思う。
障害福祉や支援事業を垣間見れた子育ても興味深くて面白かった。
違う世界を見せてくれてありがとう、ヒー坊。
おまえももう大人だ、君なりの立志をしなくてはならない。

これだけは強く警告しておく。
発狂して暴力を振るってはいけない、モノに当たってもいけない。
私は親だから手や足が出て来ても受け止めるが、鬼のように叱るぞ、次はないと思え。
おまえの暴力のたった1回が「障害者はこれだから」という偏見を生む。
おまえが耐えてきたたくさんの訓練や努力の数々を知っている親だから、言うのだ。
こんなことで積み上げた信頼が崩れるのが、惜しい。
おまえには思いやりの心がある、そっちを使え。

期待しています。










by yoyo4697ru980gw | 2019-10-30 23:59 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)
<< 航空騒音地区の騒音の基準はジェ... 弾丸ツアーin愛知:名古屋まつり >>