人気ブログランキング |

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ
カテゴリ
全体
*ご挨拶*
*ゑず研(リンク)*
+ミルニング+
+cool down run+
+ハナモゲスト ゲリライブ+
+in much guy+
+談合料亭『千徒馬亭』+
+in the sky?+
+丁猫犬堂+
+YOU WIN!!+
+開楽館+
+knowing+
+朝臣寺+
+mender!+
+武道便所 グレージー+
+難℃ set key+
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>zac19390さん ..
by yoyo4697ru980gw at 14:07
どうも初めまして。 当..
by zac19390 at 11:36
> taconjyaku..
by yoyo4697ru980gw at 18:08
まさに自分です笑 薬指..
by taconjyaku_s00 at 10:57
コメントを残してくださり..
by yoyo4697ru980gw at 04:23
ブログジャンル
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
最新の記事
アツの戻り ~どこでも浦島編~
at 2019-09-22 14:42
アツの戻り ~無駄かもしれな..
at 2019-09-20 18:24
アツの戻り ~お互い支え合っ..
at 2019-09-16 23:47
アツの戻り ~てげてげ編~
at 2019-09-16 01:23
アツの戻り ~ボンボヤージュ..
at 2019-09-12 13:25
外部リンク

【ヒヤリハットする前に】飛行機内への持ち込みができない手荷物の中には耳かきも含まれる場合があります
飛行機に乗るのに空港で、最先端の保安検査機『スマートレーン』により30%時短で手荷物検査を受ける。
はずだった。

老舗旅館の乱れ箱から高級感を抜いたようなプラスチックトレイにセルフで手荷物を置いていくシステムのスマートレーンでは、飲み物や金属類や精密機械、あとは化粧ポーチなど、自主的にバッグから出して置くのがポイント。
X線検査装置を通ったトレイは2つに分かれているレーンのどちらかに仕分けられる。
この時、トレイが奥のレーンへと仕分けられれば再検査になるわけだが、この時のトレイのはじかれ方といったら閻魔様に地獄行きを言い渡された瞬間の脳内イメージを可視化したらこうなるのだろうな~てな衝撃で奥へ『ザッ!!』と耳障りの悪い音と共にはじかれてしまう。
犯罪者発見センサー搭載かと思うほど容赦なくはじかれ、係員からは質問ばかりが飛んでくる。


「こちらのペットボトルの中身を調べさせていただきます」
「はい」
「こちらは問題ございませんでした。ご協力ありがとうございます」
問題ないのに、係員が私の手荷物を返してくれない。
「バッグの中に、金属製の物はございませんか?」
「金属製?…なにもないと思いますけど」
「金属製の刃物のようなものはございませんでしょうか?」
「刃物?いいえ?」
「ハサミかカッターなどはお持ちでしょうか?」
「あぁ~はいはいはい」
最初からハサミって言えばいいのに。
金属製の物、刃物のような物、という言い方から絞っていくと時間がかかるからハサミありませんか?でいいのに。

ペン型の小さなハサミをバッグの中に常に入れているので、それを出す。
刃先なんて2センチくらいなのでこれを持ち込ませないという判定は出来まい、規定内の刃渡りだもの。
係員がハサミの長さを定規で測る。
「こちら、刃の長さは問題ございません」
「はい」
それなのに、係員が私の手荷物を返してくれない。

「ハサミとは別に金属製の物がございませんか?」
「え~…まだあったっけ…ハサミくらいしか持っていないはずですけど…」
「金属製の細い物はございますか?」
「細い物?金属で?え~…金属製、細い…」
ハリガネか?持ってないけど。
「メイクポーチなどはお持ちですか?」
係員がX戦検査装置の画像をチラチラ見ながら質問をしてくる。
「ここに出してるのがメイクポーチですが」
「中身を確認させていただいてもよろしいでしょうか」
「どうぞ」
がま口を開けるやいなや底まで4指突っ込みペンシルっちゅうペンシル、ライナーっちゅうライナーをシャッフルして確認する係員。
ああ~…メイクポーチの中の序列が崩れゆく…手前の一番上は漆黒のジェルライナーなんですけど~私の都合上そのように乗せてきたんですけど~明日までその状態をキープでしたけど~。
「こちらの中身は大丈夫です。この他にもメイクポーチはございますか?」
どんだけ厚化粧なんだよ、1時間のフライトでメイクポーチが1つじゃ足りないって。
いま見たメイクポーチもなかなかカスカスだったでしょうに。
ゆーてすまんがあたくし、汗をダラダラ流して4時間踊っても崩れないメイクをする腕ありますねん、だからデイリーメイクでも化粧直しはほとんど致しません!アタシ失敗しないので。カスカスに余裕もって入れたポーチを2コ持つほどの、こだわりぬいたメイクじゃないでしょ見ての通り。
メイクポーチの数、それは女子力の高さか何かだろうか。
「メイクポーチはひとつです」
低き女子力、かたじけない。
メイクポーチと指定されたのでメイクポーチについて正しく回答すると、係員はさらに掘り下げた質問をしてきた。
「それでは、別の袋かなにかに入った細長い、金属製の刀のような形の物をお持ちではないでしょうか」
かなり具体的に言えるやないか。
えらい具体的に見えとんのぅ。
最初からそうゆーたらええのになんで序盤は常に抽象的な聞き方から入んねん。
「はいはいはい、は~い~」
心当たりがやっとヒットしてイクラちゃんのハ~イィ~!に近い返事を繰り出す43歳。
イクラちゃんの声を担当している声優、桂玲子女史78歳。

拙者、忘れておったぞなもし。

d0137326_02444630.jpg
これね、引っかかってしまったのは。

d0137326_02444711.jpg
日本刀を模したミニマムな耳かき(金属製)である。
模している元の殺傷能力が高いと、先端が耳かきでもこれは武器扱いということになるのだろうか。
「耳かきです」
鞘に入ったままの耳かきを係員に渡しながら耳かきだと申告する、だって耳かきなんだから。
「確認させていただいてもよろしいでしょうか」
「どうぞ」
確認したら耳かきということが判明するので、どうぞどうぞ。
係員は鞘からスポと日本刀のような形の耳かきを抜き出した。
そして、おもむろに定規で測る。
「こちらは機内持ち込みが可能な長さを超えていますので、お持ち込みいただくことが出来ません」
「へ?耳かきですよ?」
「既定の長さを超えますとお持ち込みいただけない決まりとなっておりますので、申し訳ございません」
耳かきかどうかということは関係なく、刃渡りらしい。
危険物という扱いで刃渡りを考えた時、刃先の形状は考慮されないのだろうか。
耳かきは耳にすらやさしい形状をしているのに。
でも6㎝以上の耳かきを根本まで耳に突っ込んだ場合これは鼓膜が破ける以上の長さだろうな、そう思うと危険だ。


「出発時刻までまだ時間がございますので、一度わたくしと一緒に出ていただき、一階のカウンターにてこちらをお預けいただくことは可能でしょうか」
耳かきを取り上げたままで、係員が提案をする。
「はぁ…まぁ…可能は可能ですけども…」
私は耳かきをストレス解消グッズとして持ち歩いている。
何も良い考えが浮かばなくなってきたら耳をかき、気分転換に耳をかき、思い出したように意味もなく耳をかく。
危険とは対照的な位置づけの耳かきが危険物扱いされていることは心外だが、反抗する気はないので係員について行くことにした。
「では、ご案内致します」
係員が私の耳かき1本を両手で持ち、やや掲げてゲートへ誘う。
強烈に恥ずかしいフォーメーション。


厳密に『危険物』の境目をバシっと決めているのか疑問に思ったので、調べてみた。
形状で言えば似ているのはアイスピックだろうか。

d0137326_02472929.jpg

出典:ANA機内持ち込み・お預かりできないもの[国内線]
https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/prepare/baggage/limit/caution-restriction.html

耳かきは凶器なのか。

d0137326_02500245.jpg
『棒状のもの』いうカテゴリに、木刀竹刀が入っていることを思うと、耳かきが金属製でなければOKということにもならなさそうである。使用用途で言えば耳かきは私にとってマッサージ棒に匹敵するので、これでもアウトか。


『先端が著しく尖っている物』カテゴリで当てはめていこう。

d0137326_02523931.jpg
沖縄かんざし(ジーファー)とは、コレ。
d0137326_02530667.jpg

出典:http://kanesirohosyoku.com/syasinnkan.html

耳かきチック。

サムライアンブレラが駄目ならネーミング的に駄目な気もしてきたな、サムライテイストな耳かきだから。

d0137326_02542908.jpg
手裏剣は、キーホルダーでも持ち込み不可になる可能性がある。
しかしその基準は「おもちゃ感」なのだ。
ここでは素材が判断基準となり、木製・プラスチック製だと手裏剣はおもちゃなのだ。
金属で作れば途端に「おもちゃ感」がなくなるというのも横暴ではないだろうか。
思いっきりおもちゃ感丸出しの紙で手裏剣を作ったとして、まっさらの模造紙を使用し切れ味がシャープなええほうのカッターで作ればどれだけ指があっさり切れることか。
切れて流血する、おもちゃにしか見えないけど。
航空会社は素材によっては手裏剣を凶器と捉え持込不可とするわけだが、いつの時代の凶器だと思っているんだというハナシである。
忍者アイテムなので戦国時代と見積もっても450年前の武器が凶器として通用することになる。
どうりでロングセラーを誇るわけだ、手裏剣。

忍者やサムライのアイテムを模して作られた物が平成の世でも凶器として認識されているのだから、忍者やサムライは最先端の武器を装備していたということなのだ。
それをX線で見抜かれる、ご先祖様に忍者もサムライもいない私。


手荷物検査ゲートを出ると、取り上げられていた耳かきは無事に手元へ戻って来た。ダイの大人がダイの大人から耳かき1本を渡されるのもそれはそれで恥ずかしい。鞘に入っているのが不幸中の幸いだろうか。鞘に入る形状をしていたことがそもそもの原因だが。
手荷物として機内への持ち込みが出来ない物に『耳かき』があるということを肝に銘じ、耳かきは預ける荷物の中へ入れるようにしよう。

機内持ち込み禁止の金属を単品で預ける時、航空会社が小物専用の箱を用意してくれる。
よって、手荷物受取所ではテイクアウトのドーナツのような耳かきがケースに守られて流れてくる。

d0137326_02563485.jpg
この中には金属製の日本刀を模した耳かきが1本だけ入っている。
d0137326_02563704.jpg
それを知っている私だけが恥ずかしい。

d0137326_02564099.jpg
この箱は出口にて要返却。
お持ち帰りは出来ないので、ご注意を。







by yoyo4697ru980gw | 2018-12-18 03:13 | +in the sky?+ | Comments(0)
<< ティッシュはいりませんか?お願... 自由人 >>