御心配   

2018年 01月 23日
「体調、どう?」
「喉が真っ赤のただの風邪やった」
「なんや~心配して損した~」
「あら?心配なんてしてくれたの?」
「うん、したで。」
インフルエンザが家族の中にいると濃厚接触者という扱いで、キャリアかもしれない可能性があるから自分は元気なのに堂々と施設を休めるという、大変条件の良い長期休暇が与えられる。
おまえがしたのは心配じゃない、期待だ。

ただの風邪だったけどかかりつけの院長の人柄に触れて、2時間待ちするだけの価値があるなァと再認識した。
院長のように年を取りたいな、と思う。

「今日はどうしたん?」
「昨日の夕方からノドが痛くて。寝たら治るかな~て思ったけど起きても痛かったから今日は初期症状で来たで。こないだは末期やったから」
「昨日の夕方からか~はい、ノド診して~。うわ~まっかっかや」
「やろうな。痛いもん」
「あとは?」
「熱はなし、頭痛、悪寒、背中が痛い」
「背中が痛いのはおかしいな、背中向けて」
「背中ってゆーか、肩甲骨のちょっと下くらい」
「それ、神経やで。アカンアカン、診よ診よ。神経な、ブツブツできんねんヘルペス。よっしゃ、大丈夫や出来てへん」
「よっしゃ風邪か」
「ココやな?痛いの?」
「イターーーーーーーイ!」
「はははは、ごめんごめん、ここやな?」
「先生いたーーーーーーーい!指の先までいたーーーーーーーい!」
「ボク大丈夫やねん、他人が痛いのは我慢できるほうやねん」
「先生はなんも痛ないもんな」
「そうやねん、やからいくらでも我慢できんねん。もうちょっと早かったら葛根湯が効いてんけどな~」
「十分、早いて」
しんどくなってから眠って起きて会社に休む電話してココ来てるっちゅーねん。
この病院が閑古鳥啼いてたら2時間前に診察室入れてたわ。

神経の痛みを緩和させるシップにまっかっかのノドの炎症を抑える薬をたった5日間だけくれる院長。
愛も変わらず流石やな。
必要最低限しか処方しない院長。
隣の調剤薬局が『余っているお薬はありませんか?』というポスターを壁にデカデカと掲げているけど、余りようがないからな院長の処方だと。
逆に足らん、せめてあと2日分くれれば病み上がりがラクやのにな。
自然治癒力に絶大なる信頼を寄せすぎやろ、院長。

「ねぇ、カプは?」
「何よ、カプて?」
「カプリコよ」
「なんでよ?あるわけないやん」
「心配したんやろ?御心配カプは?」
カプリコかジャガビーでそこそこ元気になるのに。
ま・ブログ書いてる時点でかなり元気は取り戻したけど。
「はい。」
「お?御心配カプ?」
「御心配クコや」
「クコ?」
「こないだの」
d0137326_18103315.jpg
ああ、サンプル品な。
1日2粒を目安に水またはぬるま湯でお飲みください。
だそうで、2粒を賞味期限が昨日までのグリコカフェオーレで飲んだので、この記事を第二回プラチナブロガーコンテスト自由部門に応募し、これからぐっすり眠ってあっつー間にただの風邪を治したいと思います。
あたくし、たいがいのことは気合いという根拠のない精神熱量4.2ジュールでカタのつく世代ですのでね、本気を出せば7分の睡眠で復活です。本気と書いて、マジです。


第2回プラチナブロガーコンテスト








[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2018-01-23 18:11 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)