ながらスマホにご用心   

2018年 01月 21日

「ジジィ、そんなことじゃ一生つり革はつかまれへんぞ。」
「くくくく・・・つり革を確認する時間がそんなにも惜しいか、やな」

私は息子たちのながらスマホと自撮り棒購入を絶対に認めない。
出先では立ち止まってでないとスマホ画面を見ることを許可しないので、息子らは赤信号で止まったのをこれチャンスとみて、野生動物でもそこまでの素早さはねぇぞと感心するほどの早さでスマホの画面を見つめる。
しかし、この信号待ちのスマホは落とし穴があり、止まっている間に見ているつもりでいて青信号になると十中八九そのままナチュラルにながらスマホに移行する。
そうなると、ながらスマホを絶対に認めない私からの回し蹴りが尻にヒットする。
「いっっっった!ちゃうちゃうちゃう、ちゃうやん。ちゃうやーん」
ながらやな」
「いやいやいやいや、今のは~今のは~ちゃうて~」
これがかの有名な立ち止まっていたつもりのながらスマホである。


本日ヒー坊は、電車に乗り込みつり革の前に立ったと思えばもうからスマホを取り出して画面に夢中であった。そしてそのまま画面から目を離さず、つり革をつかもうとしてつり革とつり革の間に我が手を伸ばし、その手の高さはグングンとつり革を越した。荷物棚にでも用事があるかのように。

「あのままならいつまでたっても空を掴むやろな。位置も違うし高さも違う。スマホ画面しか見てへんから行動がアホの極みや。つり革に一瞥もくれられへんほど画面から目を逸らすわずかばかりの時間がそんなにも惜しいか」

その時、私の近辺にいたひとのほとんどがスマホ画面を見ていたが、私のこの発言が耳に入りスマホ画面から目を離したのは、私の前に座っていた中年女性ただひとりだけであった。しかもその女性はスマホをバッグにしまい、顔を上げて私と目を合わせ大変に好意的な笑顔を向けてくれたのである。
なんて美しい笑顔であろう、他人の会話に耳を傾け自分を省みてすぐその場で自分を変えられるひとなのだ。あまりの即座っぷりに膝がガクガクした。ま、それは休憩もせずに散歩し過ぎたせいだと思うけど。

生涯、私は息子たちのながらスマホと自撮り棒購入を絶対に認めない。
便利が原因で自分本位になってほしくはないからである。
そして何よりも、文明に慣れることで本能を鈍らせてはならないからである。
本能的に他を思いやる心を忘れてほしくないからである。
自分も含めひとは簡単に自分本位になれるから、しょっちゅう自分を省みて戒めていかなきゃいけないのだ。
それを親として子に教える手段が、ながらスマホをしたら回し蹴り炸裂の儀自撮り棒を購入したら端末カカト落としの刑である。

ながらスマホに夢中になって歩いて向かいから来たひとによけてもらってる皆さん。

d0137326_01284931.jpg
くれぐれもながらスマホにはご用心あそばせ。

d0137326_01285223.jpg
画面しか見ていないと、いつかビチョビチョになりますよ。


それでは、自撮り棒購入&ながらスマホ反対派を貫く私は、この記事を第二回プラチナブロガーコンテスト自由部門に応募し、スマホの充電をせずに今日も動画を観たいと思います。薄々お気付きかとは思いますがなかなか動画が終わらないなとお感じのことでしょう。じつは日本語字幕の韓流ドラマなのに、画像編集をしながら観ているので、1時間見ても10分くらいしか内容がわかっていないのです。一応は1日に3時間垂れ流しているんですが、サッパリです。
しかし、観ているドラマの内容を把握していなきゃいけないってわけじゃないですからね。音として楽しんでいるわけで。画面を見ずに韓流ドラマの音声を聴いたことがありますか。すんごく深刻な人生相談をされているように聞こえるのです。時々ヒステリックになる彼女に、温めた牛乳を飲み爆睡かますようにアドバイスするか・・・とか明け方に思ったりしますが、私は日本語以外の言語を話すことが出来ません、不甲斐ないですね。
今日も垂れ流し3時間で15人くらいの人生相談を聴きます。
言ってごらん言ってごらん、吐いてラクになるなら私が聴こうじゃないか、58円で買ったゆず塩ら~めん風味せんべいを食べながら片手間に聴こう。
ほれ、言え。



第2回プラチナブロガーコンテスト








[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2018-01-21 01:37 | +ミルニング+ | Comments(0)