銀杏並木の坂道を

木枯らしがピープー吹いて、おおさむこさむと山から小僧さんが泣いてきた日、私は銀杏並木の坂道を登っていた。両手に紙袋を提げて、ボーっとはしているが黙々と歩いていた。確かに寒いがこうして坂道を歩くことで寒さというのは感じなくなるもんだな、いや既に麻痺してるんじゃねぇのか?違う、これも運動だから体が温まってるってことだろさ、しかし足の指先がいつまでも温まらないのはなにゆえ?もしかして気付いてないだけで私の足は凍傷になってんじゃねぇの?なに?!今日はそんな危機的な寒さか?それはねぇだろ、太陽あんじゃねぇか。と思っているが実はありゃ太陽じゃなくて月だぴょ~ん、ええー?!んじゃ、今は夜じゃねぇか!!明る~いっ!!!こんな夜は、ハ・ジ・メ・テ(うふ)。と、思考回路があらぬ展開をみせていた。

散歩なら意外とスタミナのある私は、この坂道を休むことなく歩き続けた。なだらかだけれどテラテラ徒歩で30分くらいは続く坂道。強い風でミゾに集められた銀杏の落ち葉が、溢れんばかりにてんこ盛り。
枯葉の季節、我が職場は落ち葉をすぐさまかき集め常に落ち葉が落ちていない状況を作れという掃除命令が各店舗に出され、オーナーは朝も昼も、お客さんが居なくなった隙を狙って「落ち葉掃いていくるから、よろしくね。」と裏口から出ていく。最初は小さな塵取でかき集めていたのだが、埒が明かないってんでとうとう鉄製の取っ手のついた大きな塵取に変わった。ガンデキとダンボールも加わって、落ち葉三点セットである。
なぜそんなに落ち葉を目の仇にしているのだろう、偉いさん。タバコの吸殻やコンビニの袋が落ちているのとは違うのだ。落葉樹は落葉するから落葉樹なのだ。落葉樹は迷惑行為はやっちゃいない。ゴミを落としたわけじゃない。私、好きだけどな、落ち葉が風で舞ってるの。私は断固、戦うぞ!庶民の風流を、市民の季節感を守るため!『落ち葉は落ちたそばからかき集めて捨ててしまわなくてもイインジャー(ショッキングピンク)』として、戦うぞ!地味に戦うぞ!!裏口を開けて、落ち葉が入り込んで来たら「いらっしゃいませ~」と言い、レジのそばのカウンターに常連のお客さんが座れば、わざとたらしく裏口を開けて舞っている落ち葉を見せて言うのだ。「いや~ん、倉さん見て~。すてきぃ~!落ち葉が舞ってるぅ~風流ぅ~!」と。

この日も私は落葉派のイインジャー(サーモンピンク:洗濯で色落ちした)であった。てんこ盛りの落葉が風で巻き上げられ、すごい勢いでブァ~っと坂道を下って来たのである。遥か坂のテッペンから下ってきた銀杏の葉っぱは勢力を弱めながら、でも確実にカタマリで下ってきた。私は歩幅を変えることなく、思った。

「おぅ…このままだと落ち葉まみれは免れない…」

そしてイインジャーたる瞬時の判断を下すため、自分自身の全身をチェックした。髪の毛、そういや昨日トリートメントしなかったな・化粧、かなり崩れてるだろこの時間・ブーツ、かれこれ3年履いてるな・ジーンズ、サイズが合ってないヤツだな、これいつから洗ってないんだっけ・インナー、う…これはちょっと高いぞ…まぁでもキャミ重ねてるし・キャミ、そろそろ手を出してはいけない歳になってきたしな・羽織、呉服屋のワゴンでみっけたリサイクル品、1000円だったな十分着た・マフラー、何本でもあんぞもってけぬすっとぉおぉおぉぉおお!!よっしゃぁあぁあああぁぁ!!来いっ銀杏よ!私の全身を撫でてゆけぇ~っ!!

受身300%でウエルカムだったのに、落ち葉は私のつま先の手前から「モーゼの十戒」の如く左右に割れた。お殿様でも「おな~り~」か?私は振り向いたがそこには殿様も何様もなく、ミゾに落ちゆく葉っぱの姿があるばかり。

いとのきて さうにわかれり 銀杏や 怪しうはあらず 花鳥風月

詠んでみた。

なにが起こってもとことんまでもってゆく心、それこそが風流。
風流も、ラクじゃぁないのだ。 
[PR]
# by yoyo4697ru980gw | 2007-12-24 00:31 | +ミルニング+ | Comments(0)
わたくし、十目一ハ研究所所長のMAと申します。
「ま、いっか~」やら「ま、そのうち・そのうち」やらの「ま」です。
ちなみに上から下へと順番に「十」「目」「一」「ハ」と書いてゆくと「真」になります。
まっこと漢字はバラしてみるもんですな。

多趣味な諸賢各位、我が研究所に属してみませんか。
器用貧乏と言われなんだか大成しないような気がしているアナタ、
中途半端に諦めた趣味の残骸が押し入れのアチコチで化石になっているアナタ、
ああやって~こうやって~と沢山の楽しいことを思いついている間に結局どうでもよくなってしまっているアナタ、
我が研究所ではそんなアナタの肩を鷲掴みにいたします。
そして、言います。

「ほ~ら、案の定~っ」

ただ、それだけなんです。
「やっぱりね」とか「だと思った」とか「なんつって~」とかいった自己納得が出れば御の字なんです。
そんなアナタとは、そう…私。そんなトホホな研究所、それが当『十目一ハ研究所』です。
なお参考までに、十目一ハ研究所は実在せず、よって何も研究していません。
たいしたことしてないってのにどうして「研究所」にしたかとゆ~と、だって…「ブログタイトル」と「ブログ説明」を何かしら記入しないと、開設さしてくんないの。「ま、後で考えたらいっか~」なんてな後手後手な感じでは、次に進むことすらままならないということをわたくし、学ばせていただきやした。…トホホ。

そんなこんなで、趣味が増えた。1円の費用もかからないチープな趣味だがゆえに頭をめちゃ使う。でも、それは「考えてみる」だけでいいのでお手軽。どこでも出来るけど、どこでもやっちゃうと時々途中で口に出してしまうので要注意である。こないだなんか、午前中めいっぱい使って「考えてみる」をやっていて、とりあえずの結論を、スーパーで豚肉を選んでいる時に出した。最後の感想が「よくもそんだけ難しく考えて途中でイヤにならんかったもんや」と、つい口から出てしまった。私の選んでいた豚肉はバラのブロックでこれをグリルで焼くのでなるべく厚みのないものを選っていた。隣で50代くらいのおばさんも選っていた。私が豚肉売場に到着する前から両手にブロック肉をお持ちだったようだ。タイミングが悪く、おばさんはかなりの分数その二つを見比べておられたのである。

私は、最近気になっていた「わり算をする時の我の計算能力」について考えていた。3割引と30%引きと、結局は同じコトを言ってるわけだよなぁ…といった具合に考え始めていたのが朝だった。それからも引き続き考えていたのである。「20%引」などのシールが貼ってあった場合、その商品が162円とかゆう値段だった時、私は20%引いた値段をどう計算しているのだろうか、と考えていた。いつも「おぉ、20%も引いてくれるんかっ」と思って買う気になるのにいざレジへ行くと自分が思っている程の割引率ではないんである。「20%引」を過大評価している節があるので、つらつら考えていたのである。162円、てのがなんかややこいから160円で考えたとしてぇ…なんかきりが悪いなぁ150円でいっとこかぁ…これが100%引やったら無料になるわけやから、50%で半額つーことは…それよりは多く払うわけやろ…と考えながらスーパーに到着。まだまだ私の「考えてみる」は続いていた。100円と60円でわけようかなぁ…、100円の20%引、80円ちゃうの。ほなら60円余ったなぁ…でも100円の中に60円はないわけで…それは60円からも20%を引いて足すとゆうことか?…いや、本当は162円なんやから2回20%引いたらそれは40%引に勝手にしちゃわないか?…うぅむ、我のことであるくせして私の手には負えなくなってきたな…ほー…お店が20%引いた値段をつけてくれることが一番の策だけど、それがない場合は自分が思っているよりそんなに安くはないのだと肝に命じよう、その方法でいこうこれから。結局、計算出来なかったわけか…もうこりゃ一生出来んな…しっかし(までを頭の中で考えていた)、「よくもそんだけ難しく考えて途中でイヤにならんかったもんや」と、ソコの部分が口から出たわけである。

独り言にしては割合ハッキリと言ってしまったので、隣のおばちゃんは私のほうを見てしまった。そして私は、はっ!あたしゃ、今、何ゆぅたんや?!と思ったが後の祭り。ち、ち、ち、ちがうんです…おばちゃんにゆーたんやないんです…話せば長くなるんですが…自分に…自分に対して呆れたんです…。しかし、私の気持ちはおばちゃんには通じなかった…。おばちゃんは、豚肉を2パック持って去って行かれた…。ちゃうんです…ほんまに…。

この「考えてみるに…」と考えてみる趣味のことを「ミルニング」と命名し、只今普及に努めている。ネーミングはカーデニングからヒントを得て。草木を育て花を育てるガーデニング。考えを育むミルニング。哲学者のことを密かに「ミルニンガー」と呼んぢゃおかな~。しかし、哲学者はミルニンガーとは呼んではいけないんある。だって「ミルニング」は、出来るだけどうでもいいことを真剣にうだうだ考える、完全に趣味の域を出ない行為であるから。それに答えが出たとて、納得するのは自分だけ。んでもって、9割、答えは出ない。答えを出そうとするなら無理から結論を出して「納得~納得~」とひとり思っておかなくてはならない孤独な趣味。考えっぱなし。今のところ「ミルニング部」には研究員がいない。道のりは、険しい。がしかし、ちょっとでも何かど~でもえぇことを考えてしまった瞬間、アナタはもうこの研究所ミルニング部の一員なのである。

ご、ご、ご、ご愁傷様です…。共に楽しんですすんでまいりましょうっ!いよっ!!
[PR]
# by yoyo4697ru980gw | 2007-12-23 23:31 | *ご挨拶* | Comments(3)
ある初夏の休日自転車で、まだそんなに暑くもないのに私はプールへと溺れに行った。満水にしたばかりのプールで体は冷えに冷え、ガタガタ震えながら溺れること5時間。水着の上に服を着ていただけの格好で自転車を走らせた私は、帰る時の状況にまで考えが及ばなかった。初夏のプールあがりの寒さを大人になって忘れてしまっていたようだ。着替えるのめんどいから水着で行って水着で帰ってくりゃえぇわいな~、と真夏のプールあがりのイメージしか持っていなかったのである。…寒い…寒いなんて…夏なのに…。私は帰宅途中のコンビニが掲げるのぼりにすがった。「おでん」の文字が私を手招く。「夏に『おでん』って~喰うひと、おんねやろかぁ??」とほざいていた私である。喰うひと、それは今の私だが。
ガンガンに冷房が効いた店内で、店長らしきおっちゃんに震えながら言う。
「だ、だ、だいこんとぉ…」
「はいっ、大根とっ!?」
おっちゃんは威勢のよい声でもって味のしゅんだ命の大根を選ってくれた。
「し、しら…しらたきぃ…」
「しらたきサンっ!はいっ、あと?!」
命のしらたきサン、40歳、生保レディ。
「…がんも…」
「ほいっ!がんもクンっ!」
命のがんもクン、元気だけが取り得だぜ。
「ほな…それで。」
「はいはいっ、汁、どうする?ちょっとだけでも入れとこか?」
「山ほどナミナミ入れといてぇ~…」
「へいへいっ~たっぷりね~っ」
私はおでんの出汁をこぼしつつ、コンビニの真裏のお花見広場的公園のベンチまで移動した。命のおでんは私を芯から温めた。おっちゃんがたっぷり入れてくれた汁を飲み干し、満足した私の目に映ったのは、便所標示であった。左に行くと、公衆便所があるようだ。私にはもよおしたい気持は微塵もなかったが、便所標示に近づいた。気になる…気になるのだ。便所標示に描かれてある紳士と淑女が。これは…普段着ではなかろう。もう私の目には紳士はタキシードを淑女はドレスを着ているようにしか見えない。そんな貴族御用達公衆便所標示を前に、私は我の姿を再確認した。濡れた水着の上から羽織ったパーカーが、残念な具合で濡れている…。踵を返してそそくさと自転車まで戻る道中、古いビーサンがキュキュっフギョフギョっと鳴いた。
嗚呼、私は気軽に公衆便所に立ち寄れないような大人になってしまったのか。
[PR]
# by yoyo4697ru980gw | 2007-12-22 14:03 | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA