妄想中骨折

元日、詣でた。3ヵ所。ひとつは後厄を除けるために門戸厄神、ひとつは今年出産を控えた友人のため中山寺、門戸厄神から中山寺への道中に清荒神が出てくるので、ここはついでに。まぁ電車を使ったわけだけれど、ついでだった清荒神の初詣限定参道がグルリグルリと回りまわってえらく遠い道のりになっていた。おかげで最後の中山寺に着いた頃にはすっかり夜。

ヘトヘトになって帰宅したが翌朝は悲劇。
うおぉぉぉぉっ!と、ベッドから気合を入れて起き上がらなくてはならないほどの筋肉痛。後厄を迎えた私に、アップダウン激しき初詣参道は堪えたようだ。ダメダメ、今日はよい初夢にありつかなきゃなんないんだからぁっ、富士山に鷹と茄子が刺さってる夢みなきゃなんないのっ、とあんまり見たい気持ちはないけれど縁起のよい初夢のため、全身の疲れを癒す目的で温泉へ出掛ける。やっぱ縁起のよい夢みよおもたら万全の身体を維持しなアカンでぇ~っ!と、身体を洗い清めるのに裸で15分待つ。サウナに座るのにお膝送り。シャワー浴びるのに2列に並ぶ。…疲れる…疲れるぞ…。ぬる湯の露天風呂につかっていると、私の左足首はほのかに痛んだ。…い、痛いなぁ…昨日歩きっぱなし…今日立ちっぱなし…そらな…痛くもなるわいて…

疲れた身体にさらに鞭打ってベトベトになって帰宅したが翌朝は平凡。
昼近くまで眠って、夢ひとつもなし。こんなにこんなに睡眠時間長かったのに、ひとつもかい。とくに何もない一年だな…とひとり納得。そして副福でも買ってこよ…と福袋の恩恵に預かることにした。
駐車場入り口は超渋滞。ショッピング時間3時間、うち駐車場滞在時間2時間。…疲れる…疲れるでしかし。

ペトペトになって帰宅したが、コーヒーでもいれようと台所に立って思い出した。あ…スリッパ買えばよかった…。スリッパの右だけが破けているのだ。履けないことはないのだけど、買い替えてもいいんじゃないかと思いつつ、かれこれ半年以上買い忘れている。ま、なにかのついでに…と思うくらいの破け具合なので今日も忘れた。あと2年くらいは忘れそうだ。所詮、そんなもんよ、私の日常なんて…と結論を出し、買ってきた福袋を開けてみたら、ルームシューズが入っていた。「これでいいやん、ラッキー」。さすが福袋。手近な福が舞い込んできた。

気をよくしてそのルームシューズを履き、台所を歩き回っていたら突如、私の左足に激痛が。あ…たたたた…と私はその場にヘタりこんだ。見ると内くるぶしが腫れ上がり赤く変色している。…打撲?…捻挫??…骨折か???いやぁ、身に覚えがないなぁ…。まだかかりつけもやってないだろうなぁ…センセーもヤだよなぁ…新年早々レントゲンで骨…折れてるのみるやなんて…。応急処置でなんとか一週間は凌ごう…。

私は一年を通し、春から秋にかけてそれはそれは見事なまでに足を負傷する。アキレスは何度も切れかかってるし、伸びていない靭帯はもうない、足の指は10本殆ど骨折を経験しているし、骨が出たまんま固まっている箇所もある。しかし冬という期間はそないに負傷した記憶がないのだ。冬は。一月、迎春とは言えどまだまだ冬であるのに、早々に骨折だ…もう私の中では名誉ある骨折で処理してみた。今年はハイペースで負傷。こいつぁ幸先いいなぁっ!記録更新!自己ベスト!!d0137326_13112732.jpgd0137326_13115654.jpg
[PR]
# by yoyo4697ru980gw | 2008-01-04 13:13 | +ミルニング+ | Comments(4)

迎春

妄想に妄想を重ね重ね
本年も宜しくお願い申し上げます
d0137326_0202028.jpg

[PR]
# by yoyo4697ru980gw | 2008-01-02 00:20 | +ミルニング+ | Comments(4)

妄想上「講習代」

さて、2007年もとうとう最後の一日を残すのみとなりました。この一年、私には毎日何かしらいろいろなことがありました。どんないろんなことがあったかを書いていくと365日かかり、ただでさえ長い文章が今度は終わらないことになってしまうので書きませんが、とにかく一言で言えば「決断をし、行動をした」一年にございました。たしか2年前、占術に興味のある職場のオーナーが、私の運勢なるものをみてくだすった時には「3年間、何もしたらアカンで。」との助言をいただき、なんてラクチンな3年間なんだ!と、占いに明るいことは全くない私でありながら瞬時にその運勢を信じました。あたしぃ~今後3年間、何もしたらアカン運勢やね~ん♪と方々で言っては、やらない言いワケにすることができました。「自分から何かをしたらアカンよ3年間は。誰かの意見で動くことやね。」というのがオーナー曰くの「私の今後3年間のよいはからい」であったのにもかかわらず、本厄だった2007年、私は様々な決断と様々な行動を取らざるを得ない状況下にばかり居りました。下した判断が間違っていることも多く、ゆえにこの2007年、私は様々な失敗やら挫折やらを味わいました。しかし2007年、失敗したや挫折したやゆぅて明日がなくなったことはただの一度もござ~せんでしたねぇ。
「ダメだ…もう私の明日はない…」て、失敗するたんびに申しておりましたが、必ず明日はやってきました。イヤでもやってきましたねぇ…よぉできたもんで絶対に「明日」ってあるんです。もしかしてご存知ないかたあるかもわかりませんから、ゆぅときまっせ。生きている限り「明日」はなくなりません。その「明日」が生き地獄なのかリベンジのチャンスなのかの違いはありましょうが、人生の貼紙はいつだって手書きで貼り出されるわけです。

「明日」入荷いたしました!

くらいの待望感を抱けるほど確実に

「明日」あり☒。

だから私はこの2007年の失敗をどう受け取ってどう処理したかというと「ま、厄だから。」と流してまいりました。「厄」出したらあーた、オールオーケーだわさ。

ところで。
関西のおばちゃんというのは、日本のおばちゃんの中でもその図々しさが秀でていることで有名です。関西のおばちゃんの代表的な口癖は「よぉゆわんわ~」と「まけてぇな~」です。活用法は以下の通り。

「えっ?!コレ、こんなんが5000円もすんのっ?!こんなんアンタ、なんぼほどぼりよんねんっ!こんっなペラペラで5000円?よぉゆわんわ~。ワタシ、3000円しか出せへんで?まけてぇな~。」

なんぼほどマケさしよんねんっ!でも、大丈夫。商人もマケちゃぁおりやせん。関西のおばちゃんを熟知しとるから、はなっから設定金額が高いんですわ。商人の代表的な売り台詞は「かなんなぁ~」と「マカらんねんでっ!」です。活用法は以下の通り。

「え~…も~…吉田さんはホンマかなんなぁ~。ほなワシも勉強するさかいあと500は出してぇな~!吉田さんやなかったらマカらんねんでっ!3500でどないでっか?!」

原価2000円の品、アナタも得、ワタシも得。めでたし・めでたし。

図々しさでは右に出る者のいない関西のおばちゃんの「図々し口癖」の中に、メジャー級ではないのだけれどとっても好きな台詞があります。それが「講習代はろたおもて」です。主に金銭が絡む失敗の時、そのお慰みの言葉として用います。

ドライブ中に左右確認を怠って、左ドアをブロック塀でガリガリとやって修理代10万円で凹んでいると、関西のおばちゃんはこう言って慰めます。

「まぁ、10万の講習代はろたおもて。もう当たることはないやろから。」

しかし、払った10万の甲斐も虚しく、今度は後ろをブロックに当ててしまうひとってのはいるもんで、更に高い修理代に凹んでしまうアホがいます。…それは私ですが。

「これでもうブロックには当たらへんわ、25万の講習代はろたんやから。」

この「講習代」とは「同じ失敗を繰り返さないために受けた講習やおもて払ったことにしとき」という趣旨のものであるらしいことがわかります。とにかく金銭に換算して得をしとかなアカンのがポリシーの関西のおばちゃんですが、この「講習代」に関しては自分の腹が痛む金銭が絡んでいなくても、活用するおばちゃんが時々いたりします。

例えば仕事で失敗したとしましょう。それは謝って済むような失敗ではない大きい失敗です。会社を辞めるか辞めないかというくらいの。週末、辞表を出すか出さないかモンモンと悩んでいる所へ、近所のお節介大好き小野さん(関西のおばちゃん)が家にやってきました。
「はい、こんにちは~。あら?おかーさんおってやないの?今日3時に行くでて、ゆぅてあんのにから…どこ行きはってんや?まぁまぁ、ま、まだ3時ちゃうけどな、おばちゃんちょっと早く来たさかいな。」
「あぁ、こんにちは。いや…ちょっと出るゆぅて…すぐ帰ってくる思うわ「小野さん来るからな~」ゆいもって出て行きよったで?」
「まぁ~アンタ、えらい痩せたんちがうの、ショーちゃん?!どないなん、仕事忙しいんかいな?」
小野さんは、自分からオカンがどこ行ったかを訊いておきながらショーちゃんの答えには一切耳を貸さずに、言いたいことだけ、言うでしょう。
「うーん…忙しいっていうか…辞めようかと思ってるとこやねんけど…」
「あーら、まーたアンタそんなんゆぅて~。なんぞあったんか?おばちゃんにゆぅてみい?おばちゃんショーちゃんの味方やねんから、ゆいんか。アンタ、産まれた時から知ってんねからっもうおばちゃんが産んだみたいなもんやでっ!ゆーて?産んではないねけどな~あっはっは~、ゆーて?」
ショーちゃんは、その事の重大さをあんまりわかっちゃいないおばちゃんの雰囲気につい「実は…」と本音を言ってしまいます。どうせ、たいして聞きゃぁせんわい、おもて。…オレ…失敗してもたんや…会社にえらい損させてもた…一千万やで一千万…こんなん謝って済むこととちゃう…辞めたほうがええやろておもてんねん…
小野さんによる証人喚問が始まります。
「上司に怒られたん?」
「かなりや…」
「そら怒るわ。ほんで、クビになるん?」
「クビになる前に辞めたいわ…」
「アンタ~っ!!ちっちゃい時からヘタレやヘタレやおもてたけど、ショーちゃん大人になってもヘタレのままやったんか?!よぉゆわんわっ!失敗したんは失敗してんから、その辛いんを講習代はろたと思いんか。今度失敗せなんだらええねん。会社はショーちゃんの講習代をはろたんや。一千万はろてんねで?アンタ、辞めたくても辞められへんがな。せぇだい、仕事で返しなさいんか。」
なんぼほど払わすねん小野さん!凹む気持ちまで講習代に換算してしまうこの図々しさ。会社の損失までショーちゃんの講習代に充ててしまうこの図々しさ。でも、下手に慰められるよりこのほうが目は覚めるかな。パンチ効きすぎてるで、小野さん!
[PR]
# by yoyo4697ru980gw | 2007-12-30 22:46 | +ミルニング+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA