梅雨に用水路を確認に行くなジジィ

雨降って ジジィ固まる 用水路の前


一句ひねってみました。


梅雨で雨が続くと、水深10センチの我が家の前のお堀には水があふれ、すわ床上浸水かとヒヤヒヤするのですが、去年まではなんとか無事でした。
夏の台風の時に、もうダメだと思いましたが無事でした。
もう8年もこうして無事なのできっと今年も無事なんじゃないかと思います。
しかし油断は禁物です、8年間無事だったからといって9年目も無事とは限らないのですから。

雨が降ると増水してとても危険だから用水路付近には行くな、つってんのに何故かジジィは用水路の確認に行きますな。私はすぐ目の前がお堀なので増水するスピードの速さが自分の予想をはるかに超えることを見て知ってんねんけど、ありゃぁ人間なんてのまれても文句が言えへん速さやでの。
ジジィともなればそれだけ長く生きてて水場の危険さ加減は経験で知ってるやろうに、それでもジジィは用水路の確認に行かはんなァ。市の職員でも水道局の人間でも政府関係者でもないけど、ジジィは豪雨の中、傘一本で用水路の前で固まるのが仕事。

言うてすまんが、増水ってジジィが思ってるほど悠長ちゃうでな。大変に危険やねんで。ジジィは反応も鈍ってんねんから、見に行ったらダメやって。なんべんゆぅたらわかんのんな。確認したい気持ちは危険行為そのものやで、ジジィは雨が降っても家でおとなしくしとき、て。

そんな危険な梅雨の時季には、お出かけしたくても天気の悪さゆえ家にこもりがちになりますね。ですのでジジィの魔が差して用水路を確認に行ってしまうのです。そんなことにならぬよう、家にこもって作れる、毎日作ってもかまわないほど減る、食べ出したら止まらないレシピを梅雨前のこの時期にクックパッドにあげておきました。


ジジィよ、今年の梅雨は用水路に行くな。




[PR]

# by yoyo4697ru980gw | 2017-04-15 22:11 | +knowing+ | Comments(0)  

レタス1個分の食物繊維が摂れる!

なんとこれ1本で
レタス4個分の食物繊維が摂れるんです!!

と言うと、さも大量の食物繊維が摂れるような気がしますが、レタスって野菜の中でも食物繊維が少ないほうなんです。食物繊維含有量の多い野菜ベスト5にも、いいえ、ベスト10にもサラサラ入りません。含有量で言えばね。含有量ってだいたい100gあたりなの。それがポイントよね。

食物繊維の代表と思ってるごぼうで含有量は3位。
それを上回る2位はパセリ。
パセリ100gとごぼう100gでは食べるしんどさがだいぶ違ってまいりますので、おいしく食物繊維をいただくために3位のごぼうを代表に据えているんじゃないですかね。
しかしそれにしたってレタスが肩を並べてくるのはいただけませんねぇ。

気になる第1位は、意外や意外、しそですってよ奥さん。
おいしくもいただけて食物繊維はレタスの7倍ですから、むしゃむしゃ食べてください。
葉よりも実のほうをとくにね。


食物繊維含有量で言えば16位のレタスを使った食物繊維なんてこれっぽっちも強調しない小鉢を、今日は一品足しておきましょう。

食物繊維はほとんど摂れないと思っていただいて結構です。







[PR]

# by yoyo4697ru980gw | 2017-04-06 10:02 | +knowing+ | Comments(0)  

まれによくある

「稀」それは、実現・存在することが非常に少ないさま。
また、数少なくて珍しいさま。

なのに「よくある」とはどういう意味なのだろうか、まれによくある。

形容矛盾だけれど、ネットスラングとしては「特定のひとにはよくあることだけど、他の人にとってはまったく稀」といったニュアンスで使われている。
「まれにある」では言葉の持つ伝播力が弱く面白がって使ってみたくはならないんだけど、「よく」をつけるだけのたったコレだけのことで感染力がより強くなっていることに着目したい。
伝播力とはすなわちインパクトなのかもしれない。
言葉遣いの誤りで「ん?」と引っかかる、そのインパクトで興味を引く。
言葉の正しさとは別に圧倒的多数に使われている意味で生モノの言葉の意味が決まっていく。

言葉足らず、思い足らず。
言葉が足りれば思いが足らず、思いが足りれば言葉が足らない、そんなものなのかもしれないな。
そしてインパクトだけが残る、そんなものなのかもしれない。


これからの世の中はインパクト!
そんなわけで、インパクトをご紹介します。

着飾りすぎだろう、ぬいぐるみなのに。

d0137326_23215046.jpg
ショーケースに入るだけで、ぬいぐるみは爪まで金色になるらしい。

東公民館に向かう親子に

d0137326_23222361.jpg
d0137326_23225045.jpg

セレブ感が漂うのなんのって。
いったい公民館に何の用事があるんだろう。

アナタは開封がままならぬ封筒をご存知だろうか。

d0137326_23253523.jpg

たいがい開封は買った人の自由だと思うけど。

d0137326_23253679.jpg
ポイ捨てはよく聞くけど
d0137326_23254028.jpg

ポポイ捨てがまぎれている西宮市。


犬のポーズをどうしてこうしたのだろう、西宮市。

d0137326_23261433.jpg
オイラの背中が泣いてるゼ☆…だよね?


ん~~~~

d0137326_23261879.jpg
あ。

d0137326_23263585.jpg

朝の散歩は自転車で。
d0137326_23480855.jpg

うん、それ、散歩じゃなくてサイクリング。

d0137326_23481143.jpg
一応年中無休、たぶん日没までやってます。


天ぷらまサクサクまかせて粉…まかせていこう!みたいなコトかもしれないが、もはや駄洒落商品でもなんでもない。

d0137326_23481667.jpg
べんりで酢とか、つけてみそかけてみそとか、酢やみそは語尾として成立するけど、粉はしぃひんみたいやな。

そして天ぷら粉は天ぷら専用の粉なので、他の粉として使ってはならないと注意喚起。

d0137326_23481785.jpg
しっかし挙げも挙げたりな具体的メニュー名に紛れている、わけのわからない異国のお菓子スペイン風揚げ菓子。なんなんだこの最後に付け加えられた漠然としたスペインぽい食べ物は。スペインのお菓子ではなく、スペイン風というのがわけわからん。天ぷら粉で天ぷらするような家庭にスペイン風の揚げ菓子を作る習慣はないと思うが、もしかすると我が家でスペイン風の揚げ菓子とも知らずこれまで作ってきたかもしれないので、検索してスペイン風揚げ菓子に辿り着いてみたら、どうやら「チュロス」のことのようだ。

チュロスはスペイン風ではなく確実にスペインの揚げ菓子になるが、これを天ぷら粉で作った場合にスペイン風になるわけであって、作ることを未然に防げたら風にはならないわけだ。しかしパッケージのご注意にちっとも耳を貸さずに天ぷら粉で作った場合、そのチュロスはスペイン風揚げ菓子となってしまう。
つーことは天ぷらサクサクまかせて粉で作られた場合にスペイン風揚げ菓子が出来上がり、ここにメニュー名として「チュロス」と載せられないどうやらチュロスのことを言っているらしいそのチュロスは、天ぷらサクサクまかせて粉で作られたチュロスである可能性がだいぶ高い、ということになる。
未然に防ぎたいのであれば、何故にチュロスと書かんのだ。


忍者にまったりという枕詞が付く不思議。

d0137326_23482030.jpg
忍者は誰よりもまったりとしていてはいけない。
常に神経と研ぎ澄ませ息を潜め、慎重に事に当たっていなければならない。
忍者はまったりとは出来ないのである。

忍者に「まったり」が許されるなら、弁護士に「無知」が許される。
ペットショップの最速カメが大人気になる世の中になるのも近い。
本格インスタントが発売され、こだわりの大量生産で食卓へ並ぶだろう。

近い将来、まれによくあるかもね。






[PR]

# by yoyo4697ru980gw | 2017-03-15 00:13 | +in the sky?+ | Comments(2)