どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

<   2017年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

それでもいいんです。それだから、いいんです。

世の中は、おもしろい。
昔から、おもしろい。
今なお、おもしろい。
今後も、おもしろいだろう。


ココだけ昭和臭ただよう異空間。

d0137326_02233298.jpg
エイジング塗装なのか本当の風化なのかがわからないほど。
d0137326_02233514.jpg

バーモントカレーにヒデキがカンゲキするようなスポーツと、とにかくスパルタのかほりが強くカラダをいじめたおすトレーニングの数々。



「横断中の旗がこっちにありすぎひん?」

d0137326_02234180.jpg
「向こうに渡して来たらええねん」
d0137326_02234510.jpg

「コレでも渡しておくわ、意味ないけど。」


これは本当は穴があいたデザインのベンチってだけなんだと思うけど、

d0137326_02234853.jpg

誰かが隙間からゴミを入れてしまったがために連鎖的にゴミ箱となってしまったんだと思う。
ゴミ箱だと思われてしまう、ゴミ箱にちょうどいい、ゴミ箱にもってこいのデザインということになる。

審査員賞は虫まみれ。

d0137326_02253851.jpg

セミバッタコオロギトンボ苫小牧の意味がまったくわからないけど、とにかくリズムで審査員賞といった感じ。
きっと地元の北海道苫小牧の昆虫をアピールしてるんだな、と思いきやこの句をひねったのは愛知県の16歳。
16歳じゃ北海道の昆虫に詳しくなるほど現地に足を運んでいないだろうし。
それにしたって、セミとバッタとコオロギとトンボまで出してきてこんなに虫でいっぱいにして苫小牧で結ぶとはどんな意味があるのだろうか。
意味があるにしろないにしろ、とにかく耳に残る句であることは確かである。
Now, repeat after me!

セミバッタコオロギトンボ苫小牧



「維持?記憶力をつけてくれるんちゃうんや?維持するだけなんや?」

d0137326_02254132.jpg
「おおもとである記憶力自体は自分でどうにかつけるねんけど、その維持はちょっと手伝うよ、てことやな。」
だから記憶力がそもそもなかったら何も維持してくんない。


一蘭というラーメン屋をご存知だろうか。
神戸にあるラーメン激戦区でよそのラーメン屋が「一蘭さんが有名ですけどね」とご紹介する一蘭。そんな有名なラーメン屋に、ラーメンが好きなのに一度も行ったことがないので行ってみたら、そのシステムに驚いた。私はそのドライっぷりに敬意を表して一蘭のシステムを【独房システム】と命名する。

d0137326_02254439.jpg

「ここは…まったく人とコミュニケーションを取りたくないけど出来ることなら接客業に携わってみたいと思って勇気を振り絞ってるスタッフと、人と関わりは持ちたくないんだけど家でぼっち食事をする毎日にちょっと嫌気がさしはじめここらで意を決してひとりで外食を!と家を飛び出してみた、てな人たちが互いにあまり負担を感じることなくでもちょっと自分の殻を破りたて、ていうコンセプトでやってるんやろか」
「そんな細かく設定してるかな、ラーメン屋で?」
「それだけの細かい設定が無かったら誰がこのシステムを思いつくっちゅうねん。あんた発達障害やから、こうゆうの助かる?もしひとりで食事に来るとしたら。しゃべらんでもいけるみたいやで?」
場面寡黙症のヒー坊は、質問には答えるが自分からフリートークをあまりしないので、何もしゃべらなくても追加注文できるらしい一蘭の独房システムは大助かりではなかろうか。

d0137326_02294732.jpg

〇をつけて渡すだけでいいみたいだから。
「でも、この箸の紙に〇つけてしゃべらんと渡してねぎを追加したあとでやっぱチャーシューも追加したいな~ておもたら、スタッフ呼んで『すいませんさっきの箸の紙ください』てゆーて、チャーシューに〇するんかな?」
だったら呼んだスタッフにチャーシューの追加を言え。
場面寡黙の人間をもってしても大助かりとはいかない独房システム。

隣の人とは壁を作る、完全個室的独房システム。

d0137326_02304467.jpg

はらかずもピントが合っていない写真が撮れたというだけであって、あまりの孤独に涙がにじんでいるわけではない。

隣にいるのは息子のヒー坊なので、この壁は折りたたむ。

d0137326_02304741.jpg

コップと書かれたコップ置き場がこれまた独房システムの孤独感を演出するためにいい味を出す。

d0137326_02305029.jpg

でも折りたたんでもこれが限界。壁は完全には取っ払えない独房システム。

独房の簾がロールアップされて、スタッフが姿を現し来店の御挨拶。

d0137326_02322081.jpg

しかし以下のようにスタッフは横を向いてしゃべるのである。

d0137326_02322383.jpg
目は合わないし、顔も完全には見えない。
最初はなかなかの違和感だけど何回か来れば慣れるものなのか。おひとり様デビューにはもってこいかもしれない独房システム一蘭。勇気を振り絞って、行ってみられたし。



「なんや、あの真っ黒い液体」

d0137326_02331289.jpg
「だし・・・」
「神戸には焼肉のタレの自販機もあんねんから、だしがあっても不思議ではないよな」
その神戸の焼肉のタレは洗濯機で作っているから、だしが乾燥機で作られていたとしてもビックリはしないが、ダシの素であろう魚が丸々入っているのには驚きである。

「たかっっ!!700円もするやん」

d0137326_02331509.jpg
「なんでコレだけ50円高いんやろ?」
d0137326_02331821.jpg
「上の表示は750円やけど下は700円やなァ。てコトは50円はチップやな」
寄附金付年賀はがきに、チップ付和風だし。
年末年始のご挨拶に。

卵かけごはんのタレが薄めるとうどんだしになるということは、このトレイに乗っているセットはどちらも同じ味ということでよろしいか。

d0137326_02332080.jpg

味変のためか割りばしの周りに群がるしょうゆや七味のありがたみが増すこと増すこと。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2017-11-26 02:59 | +in the sky?+ | Comments(0)

安全安心カメラ1000台

日本一安全・安心なまち伊丹市は、防犯カメラの設置台数が全国最大規模の1000台もあるのをご存知ですか。

d0137326_19233433.jpg
26年度補正予算案に防犯カメラ設置費用を6400万円も計上し、2~3年かかけて徐々に徐々に台数を増やしていき、平成29年現在、とうとう1000台になりました。

d0137326_19233822.jpg
私は思うのです。
伊丹市は、防犯カメラの設置が犯罪の抑止力となり、自然災害への素早い対応を可能にすると考えているようですが、マンパワーのほうがよっぽど有能でコストもかからないのではありませんか。

伊丹市には盆踊りというすんばらしい自治力があります。
盆踊りの盛り上がりは年追うごとに増し増しており、盆踊りが騒音問題となり時間縮小や廃止の傾向にある他府県が多い中、伊丹市は雨が降っても踊りを続行し地域によっては22時を過ぎても曲が鳴り止まずアンコールに応え、盆踊りが庶民の生活の中にしっかりと根付き、地域全体で先祖供養の伝統を継続しているのです。

毎夏、盆踊りを通じて世代を超えた交流がされることで、赤の他人なのに親戚のコくらいの近しさになるのです。櫓の周りをワーキャーゆぅて騒いで走り回っていた子供たちがそのうち思春期を迎え、やがて結婚し、いずれ我が子を盆踊りに連れて来る、そんな時の流れを共有するうちに、知らないコではなくなる感情が芽生えているものなのです。
感情に裏付けされるマンパワーの強さたるや、これに勝る心強さがありましょうか。
防犯カメラ1000台以上の見守られっぷりよな。

他人と他人の関係性が稀薄になっているところから歪が生じ、犯罪となっている場合が多いのをみれば一目瞭然。犯罪の抑止効果が得られるのはヒト。他の誰かと関わらずに生きていくことなんて不可能で、ひとを病ますのも癒すのも、結局はヒト。ひとなのですよ。







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2017-11-19 19:36 | +ミルニング+ | Comments(0)

人間味あふれまくる

「チョモ、来たみたいやで?」
祖父母宅にて、冷凍庫から勝手にアイスを取り出して頬張るヒー坊が、私に紙切れを渡しながら、言う。

d0137326_16194520.jpg
「ほら。チョモ」

遊び呆けるのに忙しくちっとも顔を見せにも来やがらないそんなかわいい孫に誕生日にもお盆にもおこづかいをくれるおばあちゃんへの置手紙らしいが、内容は泥棒である。

d0137326_16194959.jpg
「説教泥棒の他にも置手紙泥棒ってのがいるんやな」
長男は置手紙泥棒、二男はアイス泥棒。
親の顔が見てみたいわ。


d0137326_16195362.jpg

「アルコール類の類って何のコト言ってんねんやろ?アルコールじゃアカンのかな?類ってコトは正式にはアルコールじゃないけどアルコールみたいな飲み物ってコト?ノンアルコールビールとか?それが類?」

d0137326_16195690.jpg
「甘酒とウイスキーボンボンや」
「あれってアルコール類になるん?」
「ひとによったら立派な酒になるな」


「なくすのは女性に対する暴力だけなんやろか?男性に対する暴力はなくさんでもええんかな?」

d0137326_16195890.jpg
「中には女性から暴力を受けてる男性もいるやろうけどなア。でも男性は女性の暴力に太刀打ち出来るけど、女性はチカラでは男性に負けるからな」
暴力を振るわれている男性諸君よ、勇気を振り絞ってチカラで女性の暴力を防御してみられたし。チカラは諸君のほうが勝っているはずである。


どっちに叫んでいるのだろうか。

d0137326_16200104.jpg
飛び出した子供に「あぶない!!」なのか、とびだした子供をひきそうになっている車に「あぶない!!」なのか。
簡潔な言葉こそ、なかなか考えさせられるものである。


見守るのは人そのものではなく、歩く幅。
育てるのは青少年そのものではなく、かがやく目。

d0137326_16215737.jpg
ポイント集中型。



平成の世にして、おにごっこで帰宅時間が延びるほど子供たちが夢中になるのだろうか。

d0137326_16220193.jpg
そうは思えないが標語としての正しい表現を踏まえたら正解なんだろうな、と納得もする。
かくれんぼやあっち向いてホイとまだまだやりたい気がそんなに持続しそうにないし、靴飛ばしだとブランコに乗れる人数の子供しか残らない、アスレチックだと体力的に楽しさの限界を早く迎え、ケンケンパや一輪車だとシュールすぎ、ザリガニ釣り、トンボ取り、雪合戦、福笑い、盆踊り、だと時節もんなので通年使用に支障が出る。
ピンポンダッシュは確かにまだまだやりたいが、やればやるだけ後々親と一緒に頭を下げてまわらねばならず、帰宅時間が大幅に遅れてしまう悪ふざけなので標語には出来ないだろう。

楽しいな まだまだやりたい 3DS

なら今の時代にピンと来るし納得もするが、宣伝要素がありすぎてこれも標語には向かなさそう。そう思うとおにごっこが最も無難なのかもしれない。



d0137326_16220455.jpg
なぜにこの位置に貼ろうと思ったのか。

d0137326_16220723.jpg
読みにくい。



d0137326_16221095.jpg
二度見三度見あたりまえ。


文面を効果的に読ませる挿入イラスト。
貼り紙の内容を最大限に活かすタッチのサラリーマンとそのポージング。

d0137326_16221297.jpg
完璧。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2017-11-19 16:47 | +in the sky?+ | Comments(0)

ギリ女の深津絵里とギリ男の菅田将暉、の目。

菅田将暉が深津絵里に見える。
深津絵里が菅田将暉に見えてるのかな。
まァどっちゃでも言いたいことは同じことのような気がするけど。

深津絵里が雄々しいのか、菅田将暉が女々しいのか。
深津ラインと菅田ラインがあって、このふたりには確かに境界線があるんだけども、ふとしたことでその境界線が交叉する。その交わる点でふたりはじっとしているのだ、騒がす焦らず歩を進めもしない。どちらかがどちらかに似ていても、それがどっち寄りなのかはハッキリしなくて、深津絵里が菅田将暉に似てるでも正解だし、菅田将暉が深津絵里に似てるでも正解だし、丁度中間のどっちでもなくどっちでもある位置に寄っていっているのだ、ふと似ている瞬間のふたりというのが。

目鼻立ちが似ているのは基本的にそうなのだろうが、このどちらでもなくどちらでもある似の決め手は、目。落ち着きっぷりが初老と言おうか、肝の据わりっぷりが老年期に突入していると言おうか、精神性の成熟度が高いのだろうそういう、目。

目線の使い方が、ふたりはもの凄く似ているのだ。
奥底に流れる静寂さが感じ取れる目線。
動か静かで言えば完全に『静』なんだけど、躍動感のためにある静である。
存在感のある無なのである、このふたりは。
台風の目。その、目。

場面場面に応じての表情の使い方が台風の目を中心に周りをかき乱して仕方のないふたり。

d0137326_18165842.jpg

性別が違うのにもかかわらず髪形が似ているだけでこうも雰囲気が似てしまうのは、目線の使い方が似ているからなのだ。
d0137326_18165472.jpg

d0137326_18184402.jpg
目のそばに手を持って来た時の目のチカラの抜きかげん。
d0137326_18184168.jpg
d0137326_18232834.jpg
遠くを見る場合
d0137326_18231274.jpg
d0137326_18241198.jpg
二次元に入る場合
d0137326_18240787.jpg
d0137326_18243340.jpg
正面を見ているようで見ていない視線
d0137326_18243013.jpg
d0137326_18251850.jpg
視点が定まっているのに、なぜかそれを通り越す目をする。
d0137326_18251451.jpg
d0137326_18252469.jpg
若干、視線が上の場合。
d0137326_18252121.jpg

d0137326_18253178.jpg
ガッツリ上目使い
d0137326_18252856.jpg
いかがだろうか。
目線に注目するとふたりが同一人物にさえ見えてくる。
d0137326_18315295.jpg
このふたりはもう性別を超えた人間なんじゃないだろうかと思い、深津絵里の男装と菅田将暉の女装を画像検索で探してみた。
d0137326_18320050.jpg
深津絵里の男装(15歳)

d0137326_18315610.jpg
菅田将暉の女装(21歳)

・・・とくに性別は超えていなかったようである。







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2017-11-17 18:40 | +難℃ set key+ | Comments(0)

タイやヒラメが、バナナがウシが。

d0137326_11234965.jpg
「なに?タイてなによ?トイレのタイてなに?国名?タイのトイレてこと?そんなに違うのタイのトイレ?日本におってもタイ人はタイのトイレじゃないと入れないくらいの違い?」
「日本のトイレもまぁまぁイケてると思うけど・・・タイ人が日本に来て一番トイレに困る、てほどのトイレでもないと思うけどなァ」
「タイ人が絶対に自分の国のトイレじゃないと嫌って全員ゆーてるとしたら、それ日本人にも使わせて欲しいよな」
d0137326_11235735.jpg

「ん?ちゃうな。トイレがタイじゃなくて、エレベーターのほうやな、タイ」

d0137326_11240051.jpg

「エレベーター、魚の名前が付いてるんや」


d0137326_11263677.jpg
「いいや?ウシ出てきたで?」

「動物全般かな」

d0137326_11264021.jpg

「さっきはウシやったのに手書きのうしになったな」

d0137326_11264418.jpg

「ウシって名前が付いてるかと思いきや、ウシのマークやったんやな」

d0137326_11264718.jpg

「へ?バナナまで・・・なんか統一性ないな。食肉用のウシやったんかな。食べ物カテゴリ?」

「とりあえず、ウシのマークのエレベーター」

d0137326_11320275.jpg

「ウシカラーとかでもなく、てカンジでウシか・・・」
「ウシカラーて?」
「モーモーよ」

d0137326_11480570.jpg
「あ?そっち?乳牛のほう?」
「へ?そっち?闘牛のほうでイメージしてた?」
「・・・いやとくにこのウシっていうウシはなかったけど・・・」
ウシと聞いて一番ビュジュアル的に派手なウシである乳牛の柄をイメージしそうだけど、しないのかな。

「ウシもなかなか見つからへんかったけど、バナナも遠っ」
d0137326_11320685.jpg

「知る人ぞ知る場所にあるやん・・・使う人も限定されてそうやな、あっこ」

d0137326_11515289.jpg

「うぉおおぉぉぉぉぉぉお!バナナなんてどうでもよくなってきたーーーーー!」
「なによ?」

d0137326_11524239.jpg

「なんだこれは。見ようによっちゃぁ『F』に見えんこともない、でもうろ覚え感たっぷりの・・・」

d0137326_11524674.jpg
「いやァ・・・いくらなんでもこれで『F』ってことはないで。何かの記号とかちゃう?」
「何の記号よ?」
「ん~・・・地図かな?ええっと~・・・向こうは行き止まりです、行き止まりまでに細い路地が2本アリ」
「どの情報も全くありがたくない地図になってるな」
「なんやろなァ」
「タイやウシには無い何かがバナナにはある」
「さっぱりわからんなァ」
「でも、わからんからと言ってべつに気にはならんけどな」
「そやな」

さすがバナナ。
遠足でおやつに入らないだけのことはあるね。
バナナはおやつに入りますか?て質問が必ず出るけど、バナナはおやつに入らないのに、誰も遠足にバナナを持って来ていたためしがない。

そんなわけでね、遠足におやつを持っていくことそのものがされていない昨今の学校では、バナナはおやつなのか問題がこれっぽっちも勃発していないとは思いますが、遠足を語る時の質問事項として真っ先に挙がってくるバナナについては、さきに先生から過去データによる事実を子供達に伝えてあげましょうね。

バナナはおやつに入りませんが、おやつにバナナも入りません。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2017-11-12 12:25 | Comments(0)

昭和の名器

昭和にたくさんの時間を過ごして来た昭和世代のみなさんごきげんよう。
昭和は63年間ございましたので、それはそれはたくさんの発明品が世に出まくりました。
そしてその多くが今もって「発売当初」のままのデザイン。
そんな昭和の名器の中から今回はとくに優秀な『マインコック』をご紹介します。


プロ仕様より思いっきり使い勝手良くてダンゼン安い道具って、昭和の名器の中にありますよ。

キッチン用品なんてこじゃれてるウチはまだまだ甘ぅございます。



d0137326_20022198.png
確実に洗いにくいで。

d0137326_20022479.png
いがむん時間の問題やね。

d0137326_20022774.png
手ぇ疲れるて。


d0137326_20022960.jpg
疲れず素早く泡立ち洗いやすい

レトロモダンでもございません、時代はハイカラやからね。

d0137326_20023373.jpg
千日前道具屋筋で探せば簡単に見つかる304円。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2017-11-07 20:06 | +mender!+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク