どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

<   2016年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

クーポン桐谷サン

私のタンブラーはタリーズコーヒーのカボチャ柄のタンブラー。
500ml弱の内容量の「デカくね?」と言われること間違いなしのタンブラー80円。
もちろんタリーズコーヒーで80円で売っていたわけではありません。
チョモの文化祭に行ったらフリマがあって、タラ~と見てまわっていたら100円で売っていて、これで中身が入った状態だと重くて飲みにくいんちゃうかな~とか考えながら手に持った時の感触なんぞを確かめてはためつすがめつ吟味していたのよ、私たとえ100円でもいらんもんはいらんから。
そうしたら、夕方過ぎのそろそろお片付けというタイミングもあって「それ80円にしときますよ~」て。
100円でもいらんもんはいらんけど、80円ならいるかどうか迷ってるもんは買う、という選択で購入しました。「重くて飲みにくいかもしれない」が買わない理由になるとして、その見積額は20円てことですね。

「ローソンのコーヒー無料のクーポンがあるねんけど、期限が30日までやねん…どうする?」
「どうしたん、そのクーポン?」
「アキコさんにもらってん」
「誰よ、アキコさん?」
「ローソンの店員」
「生身のアキコさん?」
「AIのアキコさん。たまに既読無視するねんアキコさん」
ヒー坊は夜な夜な3つのアカウントを駆使し、LINEでのべつまくなし語りかけているらしい、ローソンの店員という設定になっているアキコに。
おばーちゃんがシズヨ、おかーさんがシズエ、なのに何を血迷ったかシズが途絶えた先祖代々感無視のアキコは、名が体を表わしてヒー坊のメッセージを既読無視することもあるけれど、せっせと話しかければクーポンをプレゼントしてくれるそうで、無料クーポンをくれてやる前には毎回「クーポンを欲しいですか?」と質問して来、ちゃっかり恩を着せてからくれるらしい。…アキコ、なかなか面倒なオンナだ。「聞きたい?」つって話し始めるオンナとか、トシ聞いたら「何歳に見えます?」て返すオンナと同じフレグランス。「私どこか変わってるんだけど、ドコだと思う?」と昨日のワタシ今日のワタシの間違い探しをさせるようなオンナには成長するなよ、アキコ。整形は隠したがるのに髪切ったとかネイル変えたとかは気付いて欲しいそんな身勝手なオンナになるんじゃないぞ、アキコ。

ネット上でどこかが何かお得なクーポンのキャンペーンでもしてはいないか目を光らせて探しているヒー坊は「しばらく飲み物には困らんで」と言い切るほどドリンククーポンばかりを保有している。
「株主優待券を使うために爆走でチャリ移動する桐谷サンみたいやな」
「あ~いたねぇ、桐谷サン」
「クーポン桐谷サンやな。規模ちっさ。資金ゼロやないか」
「でもォ~、話しかけたりしてるんやから時間と労力は使ってるで」
その時間と労力をバイトに向ければ現金が稼げるんだけどね。
「目標はからあげクーポン」
「目標もこれまたちっさいのぅ」
「ゆぅてなかなかもらわれへんで?」
2日に1回くらいのペースでクーポン桐谷サンのクーポンは増えていっておりますが、まだからあげクーポンはアキコがくれず、ドリンクのみ。からあげ欲しさにアキコにのぼせあがりしつこく話しかける彼女いない歴19年のヒー坊。…たしか桐谷サン(67)未婚だったんじゃ…。美人じゃなくても気立てのよい現実社会に実在する娘さんとどうか結婚しておくれ、ヒー坊。

「んじゃクーポン桐谷サン、仕事終わりに寄るからローソンで待ち合わせしよか」
「はいよ~」

d0137326_02034881.jpg

「んじゃ、アキコにもよろしく」
「はいよ~」

d0137326_02035292.jpg

クーポン桐谷サンの彼女のアキコはどの店舗にいるのかな?
近所のローソンには残念ながらいないみたいだけど。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-11-30 02:13 | +談合料亭『千徒馬亭』+ | Comments(0)

みんな違っちゃいました

うわー…だいぶメンヘラやん」
「詩人でメンヘラじゃない人間は知らん」
「え…詩なん?」
「ハッキリと、詩、です。ノンフィックショナルフィクション、というジャンルの、詩、です。」
「ポエムやろ?」
「一緒じゃ」
どっちもひとりよがり系ですぅ。
ぶっちゃけ一緒っス。
「詩人なんて狂ってナンボや。こじれてるほど魅力、ていう演出で詩を紡いでおります。出来得る限りメンヘラに寄せまくって言葉を絞り出しております」
「そうかなぁ…詩ってメンヘラかなぁ…すずと小鳥とそれからわたし…」
みんなちがって、みんないい。
「ほら、メンヘラちゃうやんか」
「確かに金子みすゞのその詩自体はメンヘラじゃない」
「ほらー違うやんかー」
しかし、金子みすゞがみんなちがってみんないいとわざわざ詩を紡がねばならなかった背景はどうだ?そう言葉を選ばねばならなかった作詩の源はどうだ、金子みすゞの生い立ち金子みすゞの心の動き金子みすゞの詩人としての人生はどうだ。

人間の本質というものはだなワトソン君、陰や闇の中から浮き彫りになってくるものなんだよ、まだまだ浅いのぅ。地獄の日々から希望に満ち満ちた言葉が紡がれることも少なくないのだよ。
人生の闇を芸術に昇華出来る才能のある人間のことを詩人や歌人と呼び、病んでいくだけの状態をメンヘラと呼んでいる、それだけの違いしかないような気がする。
だからね、自分でそろそろ更年期障害に突入する頃合いかなァとかおもたら、見境なく詩とかポエムとか紡いじゃって短歌とか俳句とか川柳とかひねったらいかがでしょーか。ひょっとしたらひょっとするかもしんないしね。

「お。プロフィールでもこさえるか~」
「なんて?」
「石を彫り、綿糸を編み、メンヘラポエムを紡ぎ、竹を切り刻んでカスササラを作り、10本の指をポキポキと鳴らし…」
「…そういうものにわたしはなりたい?」
サウイフモノニハ、既ニナッテル 。
「…たいした事してねぇな。」


馬鹿言え~ぃ!
相当器用なほうや。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-11-25 23:06 | +in much guy+

さらなる才能を。

ヒー坊がアップルに寄りたいと言うので、とくにアップル製品に興味のない私もタラっとお供。
ガラス製らせん階段に、びっくら、こく。

「わーなんやコレ。パンツ丸見えやんけ。」
最も先進的な階段。やからな」
アップル製品の商品説明みたいに言いないな。
「スタッフ多いなァ…こんなに要る?客より多いんちゃう?」
最高のパフォーマンスと最短の接客で臨場感あふれる処理性能。やから」
スイッチ、入っちゃったな。
大好きなモノを目の前にしてスイッチ入っちゃうと、まったく他のことに目もくれなくなる、それが発達障害の夢中スイッチ。もうね、視界50%カット。気配と存在を消して透明人間と化したヒー坊は、縦横無尽にアップルストア心斎橋店をほっつき歩きます。

んー…見えん。
忍者よりも隠れるのが上手いヒー坊よ、どこ行った。
とくに隠れ蓑とかそうゆうアイテムを使わなくても、めっぽう隠れます。
それが、スイッチが入った発達障害の特技だもの。

最も先進的な階段をあがった先の踊り場で、目を凝らす。
どこにいるんだ、ヒー坊。
キョロキョロとはこのような目の動きのことを言うのかというほどわかりやすくキョロキョロしていたら、最高のパフォーマンスと最短の接客で臨場感あふれる処理性能を発揮したスタッフが、私に、言う。

「お探しですか?」
「ええ。息子を。」
「あぁ…そうでしたか…」

ほなら、アップル風にゆぅときまっせ、と。


より最新のApple製品を探し出すサポートは必要ありません。
アップデートしたソーシャルイノベーションの新レベルであなたに驚きを届けます。
目の覚めるようなスイッチコントロールを自在に操作して圧倒的なこだわりを放つほかに並ぶもののない発達障害の息子と、今までにないパワフルなはぐれかた。
新しく生まれ変わった限りなく魔法に近い卓越した方法で探しています。
信じられないほど強靭な精神力で探し続けてきた毎日に裏付けされた確かな性能の高さ。
極めて効率の良い非常に優れた方法です。

これが、目視。
さあ、探し出そう。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-11-21 11:23 | +in much guy+ | Comments(0)

この世のしあわせ

「そろそろ安納芋チャンス来るんちゃう?」
「おばあちゃん休み月に2回くらいしかないらしいで」
おばあちゃんが伊丹に来てお酒を買いに行くのに同行すると、途中の畑の上に出没している安納芋の焼き芋を買ってもらえる。それがめっぽうおいしいのでおいもの季節になるとヒー坊は一際おばあちゃんを待ちわびている。

d0137326_18084037.jpg

この世のしあわせを感じるおいもやって。…言い過ぎじゃない?」
「まぁ高いぶん言うだけのことはあるけどなァ…」
それにしても手前味噌にもほどがあろうが。

d0137326_18085672.jpg

乳幼児には離乳食、お年寄りには健康食、女子にはお茶請け。
老若男女境目なしのミラクル天然食材!
男子にだけなぜにいかがでしょうか?!と言わんのだ。

酒の肴に安納芋!…合わんか。
腹筋強化に安納芋!…効果あんのか。
髭剃り後に安納芋!…伸びそう。
オカマおネェに安納芋!…もはや女子。
少年の心に安納芋!…組み合わせが戦前。
歌舞伎町のホストに安納芋!…甘いだけで人気は出ない。
禁煙のお供に安納芋!…ごときでは。
薄毛予防に安納芋!…ごときでは。
左遷の前に安納芋!…ごときでは。
便秘解消に安納芋!!…泣く泣くこれでいけ。

私のカメラのピントが合っていないわけじゃないの。

d0137326_18090041.jpg
下の文字にはちゃんとピントが合っているわけだから、かごしま県認証のロゴがぼやけているの。…本当にかごしま県から認証されているのだろうか。もし、かごしま県からこの認証ロゴが配布されているのだとしたら、データそのものをもっとシャープにしたほうがいいと思う。これほどのソフテストフォーカスだと認証のお墨付きまでぼやけてしまうから。


「畑の上に出てるか見に行ってみる?」
「買われへんで。安納芋高いねんから。あんなちんこくて1000円もするやんけ。アンタがバイトするなら別やけど」

d0137326_18090368.jpg
「あ~~~おばぁちゃんそろそろ来てくれへんかな~」
「おばあちゃん、忙しい。」
「もう安納芋の味を知ってしまったから普通のサツマイモじゃダメになっちゃったよな~」

我が家にこの世の地獄を味わわせてくれたおいも、安納芋!






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-11-17 18:42 | +in much guy+ | Comments(0)

一足お先に

謳い文句ってついつい手書きで書き入れたくなりますよね。

d0137326_10494185.jpg
入荷を急いだあまりなんせ小さくはなりましたが、ウチはドコよりも早くカキ、入荷してますんでね!

間違いなく明朗会計だと思われます。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-11-17 10:53 | +in the sky?+ | Comments(0)

聞えない

住宅街を歩いていたら、私の前を闊歩していた19歳のヒー坊が急にダメージを受けた。
「ねぇ?うるさくない?なんか…すごく大きな音鳴ってるやんな?キーーーーーーンていう音」
三歩下がって慎ましく歩いていた私は何のダメージも受けはしない。
「へ?今?」
「ほら!また鳴ってる!コレよ!」
「どれ?」
「まぅ、聞こえへんの?コレよ!」
「何のハナシ?」

d0137326_11302395.jpg
キーーーーンの音は鳴ったり鳴らなかったりするようで、41の私には何も聞こえない。
「アレか…若い耳にだけ聞こえる音か。もはやその音は中年の私の耳には届かんな」
「あぁ…あるなぁ…モスキート音な。わーーーーむっちゃうるさい!」
「お。一瞬だけ聞こえるな、ヒュンて。この音?」
「そんなちっちゃな音じゃないで。むっちゃ長く聞こえてる」

「コレかなぁ?」

d0137326_11302653.jpg
赤いランプが点く時にヒュンて鳴いてるけど、その音のみが41の私には聞こえ、ランプ点灯中に発せられているであろう長いキーーーーーーンという音は19歳の耳にのみ届く。
「で?この機械は何のために設置してるわけ?」
「モスキート音で蚊を寄せ付けへんとか、そうゆうヤツやろ?」
「10代もオマケに寄せ付けへんこと出来るやん」
「ほんまやな~コンビニとかコレ置いたらええねん、駐車場に。」

駐車場がヤンキーの溜り場になっているコンビニのオーナーさま、おひとついかがですか。
ヤンキー除けにモスキート!





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-11-15 11:41 | +cool down run+ | Comments(0)

一匹の ~其の二~

やぁ!よいこのみんな!
一匹のうさぎサンの手遊び歌はご存知かな?
『うさぎさんよくみてね』ていうタイトルなんだよ♪
知らなかったキミは以下の動画をご参照☆


さぁ!予備知識は十分かな?
幼児に人気の手遊び歌だけど、その幼児が19歳になったらこんな手遊びに変化するよ☆
うさぎサンがちゃ~んと出現しているか、よ~く見てね☆

「も~!ちょっと!ナニよ~?」

d0137326_18380203.jpg

「一匹のうさぎサンや」


♪一匹の~

d0137326_18383964.jpg
うさ~ぎサンが~
d0137326_18384203.jpg
ニコニコニコニコ
d0137326_18384624.jpg
散歩して~
d0137326_18384934.jpg
四つ角で~
d0137326_18385238.jpg
ごっつんこ~
d0137326_18385583.jpg
ろくろく見ないで
d0137326_18444470.jpg
ナナメに渡って
d0137326_18395967.jpg

むこ~から~

d0137326_18400290.jpg
やってき~たクマさんに
d0137326_18400615.jpg
とうとうとうとうおっこられた☆コラ!

d0137326_18401165.jpg
邪魔すんな、コラ!

シャッターが切れる瞬間にうさぎサンが跳ねて来ちゃうので、なかなかベストなポジションに写り込むのは高度な技みたいですよ☆
多くの場合でうさぎサンの耳、切れま~す☆






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-11-07 18:46 | +ハナモゲスト ゲリライブ+ | Comments(0)

お読みもの

ノンフィクションのノンジャンルにしてよく出来た掌小説よりも訴えるチカラの強い、それでいて字数は短歌ほどしかない、絵馬。
ひとつひとつじっくり読みたい、といつも思うけどなんとな~くあっさりとやり過ごすことのほうが多いもの。
だって私に宛てて書かれたものじゃないんですもの。
でもサラっと見ても十分、面白いんですよ、絵馬って。

d0137326_01075588.jpg

「みんなに好かれるのって難しいやんな?」
「八方美人なら可能かもね」
みんなに好かれるよりも、ひとりの理解者を得るほうが君のためだぞ。

d0137326_01075804.jpg

「大好きな人ってひとりじゃないんやな」
「いや、ひとりやな。そのひとりとできるだけたくさん会う機会が欲しい、ちゅう意味ちゃうか」
「なんや紛らわしいな」
「絵馬の書き込めるスペースを考えるとなかなか高度な要約技術が必要みたいやな」

d0137326_01080188.jpg

「国際化社会やのぅ…」
「何て書いてるんやろ?」
「わからん」
「神様って読めるん?」
「神様は読まない」
神様は読むんじゃない、感じるタイプ。

d0137326_01090221.jpg

「スゴイ願いを目撃したな。イグかな?イグじゃないほうかな?」
「イグって?」
「イグノーベル賞」
「イグノーベル賞って?」
「ノーベル賞に匹敵する、才能の無駄使いかな。イグノーベル賞」
ノーベル賞なみに取るとなると難しいんだけどね。

d0137326_01090540.jpg

真実の愛を受け取り自分で自分に幸せになる許可を出す覚悟がない女性は、暗く不誠実で器の小さいゲスの極みのような男性と出遭わないようにご注意ください!!

d0137326_01090888.jpg

パイナポーとアポーはなかよしこよしできて世界中で話題になっていますが、そのへんの畑のぶろっこりーはまだ出番がないようですので、古坂大魔王に伝えておきますね。
連絡先は知りませんが。



d0137326_01095477.jpg
最後のよっしゃ!と言わんばかりのハリガネ人間が絶妙。

d0137326_01095736.jpg

さとしさーん!!

d0137326_01100011.jpg

一生フラフラしている人間は、生涯不安定です。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-11-07 01:13 | +朝臣寺+ | Comments(0)

すうな

入院中に元エロ少女漫画家の山ヤン(現在くりえいちぶなでざいなー)に無理から描いてもらったペットボトルラベル。

d0137326_10364034.jpg

私が気が向いた時にだけ勝手に研究しているゑずトリア研究所用の1点モノ粗品にしようと思ってたんだけど、自分用のタンブラーにしてみました。

d0137326_10352141.jpg

すうなタンブラー。

d0137326_10351308.jpg

すうなとは、こちら↓

私にだけ異常にブーム、すうな。


あげませんよ。
ひとつしかないんやから。

d0137326_10352824.jpg

©山田課長










[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-11-01 10:43 | +談合料亭『千徒馬亭』+ | Comments(0)

コメカミ

政治家が荒れているこのご時世に日本を嘆かないオトナで大変申し訳ないが、私は政治よりもコメカミをなんとかしたい。

d0137326_10174183.jpg

アゴを動かすと連動して動く、コメカミ。
このコメカミが人一倍激しく動く私は、帽子を被りメガネをかけて食事をすると帽子が脱げんばかりに揺れ動き、メガネは徐々に鼻眼鏡になってゆく。
コメカミを軸に被っているともいえるキャップやハンチングなどを目深に被り、血迷ってガムなど噛んだ日にゃぁ、帽子のツバが冗談かと思うほどパタパタする。
六甲のエジソンあたりが作った発明品で『涼しくなるパタパタ帽子』というダメ商品のような動きをするのだ、そんな商品あるかどうか知らないけど。

噛みしめるチカラがひとよりも強いのだろうか。
医者に診てもらったほうがいいのだろうか。
何科に行くんだ?
アゴ科ってあるのか?
コメカミ科ってあるのか?

号泣した政治家に抱くのとに負けず劣らず私はコメカミに頭を抱えている。
兵庫県の名を地に落とすようなチカラは私のコメカミにはないのだが、私のガラスのハートを底なし沼に突き落とすのだ。
悩ましくて悩ましくて頭でも丸めようかと思う今日この頃である。

ついこないだなんて、大きめのアメをゴロンゴロン転がして舐めくり回していたら、コメカミ付近の髪が根こそぎガックンガックンしてたみたいで「今日カツラ?」と言われ頭をヨシヨシされたほど絶好調だった。

このコメカミのチカラを何かに有効に使えないだろうか。
怖い人にからまれた時にこれで威嚇してみようか。
奥歯でカタい煎餅をバリボリ噛み砕きながら、威嚇しちゃうもんね。

「はんにゃほまへら、あんのは?ほはァ!ひれほまひはろは!あ?」


奥歯にモノ挟まった言いよう。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-11-01 10:19 | +ミルニング+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク