どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

退会出来ないシリーズ⑭

私がWoofoo.netに退会届を提出するようになってから、かれこれ一年半が過ぎようとしている。
と、いうハナシを友人知人にするとほとんどの人が、正式に退会しようとするのではなく『フリーの捨てアドレスをひとつ作って登録アドレスをそれに変更し一生放置しておく』という方法を熱心にすすめる。

友人知人たちよ、ゆぅてすまんが私はひとことも退会出来なくて困っているとは言っていない。捨てアドレスならひとつどころかみっつもよっつも作っている。なんならそれらの捨てアドレスを一括管理してドコにどれほどの迷惑メールが届いているのかも一目瞭然なのだ。

退会届に現を抜かしているのでブログの更新がままならんかったり、退会届の文章を考えるのに忙しいからフェイスブックとかツイッターとかやんないて言うと、数少ない私のブログファンや現代文明を巧みに操るひとたちが、一所懸命に私の退会届からの解放を手伝ってくれようと、事実上の退会の方法を伝授してくれようとするんだけど、ここで懺悔しておきたいと思う。

私はWoofoo.netを隠れ蓑にしているのだ。
義父の介護を隠れ蓑にして薬物に溺れた高知東生のように。

ブログの更新がままならないのにWoofoo.netは関係ありません、最初からブログはサボる気マンマンでした。
フェイスブックやツイッターをしないのにWoofoo.netは関係ありません、一生やるつもりがないんです。

私はWoofoo.netに溺れている。
退会届を出し続けることがストレス解消なんである。
ここんとこあんまりストレスはないけど。

出し続けた退会届も一向に受理されないままとうとう3ケタに突入。
この退会出来ないシリーズの記事としてケタが飛んでいる部分は、ココのブログの過去の記事から抜いたからで、わざわざ改めて記事にするこたぁないなとの判断から飛ばし、110回目のプロポーズから再放送。

d0137326_15380032.jpg
軟膏は、アルミのチューブに入っている。
このチューブは、最後まで使い切るまでに裂けてくる。
早いと軟膏を半分ほど使ったあたりでチューブに切れ目が出来て、ソコから花火のヘビ玉のようにニュルニュルと軟膏がトグロを巻くのだ。
d0137326_15380227.jpg

次々と新薬が開発され、これだけ技術も進歩し、医療は日進月歩だというのに、なぜにこのアルミチューブだけ昔ながらなのか。
変質しないような軟膏が開発されるか、空気が入らないような仕掛けのキャップが『酸化させま栓』とかいうネーミングでそろそろ発明されてもいいのに。ここはひとつ小林製薬あたりがなんとか手がけてくれないだろうか。


d0137326_15383465.jpg
箱型の物から出ているアンテナ2本間の電磁場ゾーンで、手をウニウニと動かし音階を探って奏でるというつかみどころのない「テルミン」なる電子楽器をご存知だろうか。
どうやら静電気を帯びている人間の手を電磁場ゾーンにかざすことで音が鳴るという仕組みらしいが、演者の体格や着ている服、装飾品などによって綿密なチューニングが必要なようで「演奏に向いているのか?」との疑問が浮かぶ楽器なのである。

演奏はメインではなく、副産物のほうがいいのではなかろうか。
テルミンに内臓されているのは高周波発振器なので、これを低周波に変えて患者が演奏を試みる。
あくまでも演奏は副産物であり、目的は治療だ。
治療を重ねているうちについには演奏できるようになった、ということなので、演奏がうまいひとほど患いっぷりもヒドい。
テルミンは演奏する人間の高い技術が必要となってくる電子楽器なので、とても外来では演奏出来るレベルには達しないだろう。
テルミン療法を受けられるのは入院患者の特典である。
症状の悪化によりチューニングがズレる時もある。
その音で主治医が「あ、折れてますね」とキプス。
なかなか軽快な入院ライフが送れるはずである。


d0137326_15384229.jpg
平成の子供たちから盲腸が消えているという都市伝説を聞いたことはないだろうか。
人間からとうとう盲腸が消えたか…と盲腸を持っている私は憂えた。
本当に人間には不必要な臓器が備わっていて、まだ進化していない時代のカラダの私は無駄に不必要な臓器「盲腸」を持っていて、いまも虫垂炎にかかるかもしれないという大きなリスクを負っているのだ。
あぁ…進化しているカラダの人間に、産まれたかった!産まれる時代を間違ったぜ!
が、しかし、盲腸を持たない子供など私の周りには一匹もいないことが判明した。世界中を探せばなかには盲腸を持たない子供がいるかもしれないが、私の周りにはいない。人間には、漏れなく盲腸がついている。

いいか子供たちよ、よく聞きなさい。
人間に、不必要な臓器はついていない。
不必要に思えるだけで、必要があってついているのだ。
でも人間は、必要があってついている臓器をもし失くしても、なんとか生きていけたりする。
自分のカラダを大切にすることを前提として話すが、もし何らかの病気で臓器を失くさねばならないのだとしたら、真っ先に盲腸を失くせ。
失くした盲腸から、臓器の大切さを学び大事にすることを覚えよ。
それが、盲腸が人間の身体から消えない理由だ。

d0137326_15384434.jpg

昨今のネコブームに便乗して、そんなにネコが人気なら、農家の嫁に来ないか大作戦で『ネコ科農家婚活プロジェクト』などいかがだろうか。
農具置き場にある一輪車は通称『ネコぐるま』
倉庫にはたくさんの『トラロープ』を常備
ネコ好きのアナタのために耕運機の爪は『タイガー爪』です!

d0137326_15384684.jpg
企業がお菓子にこっそりハートを紛らせている。
ハートの形をしているというだけで中年の女がそう簡単にシアワセな気分になんかなってたまるか、という気合でお菓子を食べている。
そのヘンのキャピキャピした生娘の一緒にするな、オトナのオンナつーのはハートのカタチに心揺らしたりなど、せんのだ。

そう思って、食べている時はいい。
ハートに対する心構えを持ってのハートの出現には動じない。
シアワセの感情の到達点がそんなに低いわけがなかろう。
さんざっぱら人生の辛酸をなめてきた40女は、たかだかハートのお菓子ひとつで翻弄されたりはせん。

「…あ。」
いかん…不意打ちのハートはいかんだろう。
会社で「ちょっと休憩しようか」と5分やそこらのブレイクタイムにみんなでつまんだスナック菓子に手を伸ばした時、その1個がハートだった時、手を止めている自分がいる。たまたまお菓子を食べている後輩に出くわし「どうぞ」とすすめられた流れでつかんだ1個がハートだった時、止まる、手が。
この時に「ほら、ハート」と40オンナが見せても、とくに周りからの拍手喝采による祝福があるわけでもないことはわかっているので、ただ手が止まるだけのことだ。
そして私はじっと手を見る。
厳密には指を見る。
指でつまんだハート型のお菓子を見る。
「ううむ…企業はドコまでお菓子にハート型を紛れ込ませるつもりだ」
スナック菓子やアイス、チョコレートにまで。
ハートによる「ちょっとしたシアワセ感の押し売り」の闇が、瞬く間に広がっている今日この頃である。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-06-29 15:42 | +in the sky?+ | Comments(0)

ディスカウント

「これさぁ…999円に見えへん?」

d0137326_01491966.jpg
「見える。」
「108円やってん」
「なんで?!」
「やろ?税込1078円やから1000円出して小銭のスタンバイしてたのに『108円です』て」
d0137326_01492154.jpg
「ドンキホーテて100均やったっけ?」
「Amazonでも480円すんねんで、それに送料が要るし。これによく似たノーブランドの商品でも120円プラス送料やのに」
「レジの人にゆぅた?」
「さすがにゆぅたよ」
1078円だな~と思っていたら108円だもんね、ケタが違う。
ソコは場面寡黙でも言葉を発すのか。
YDKやな、やればできる子。
まァそもそもヒー坊の場面寡黙は学校が対象だから、晴れて学校を卒業した今のヒー坊は必要最低限はしゃべる気配を消した男になっている。居るんだけど、気配を消してるんだよねぇヒー坊。時々、真後ろに居るヒー坊を探す時がある。

「どやってゆぅたん?」
「これ、値段間違ってないですか?て」
「通じた?」
「うん、通じた。でもレジの人が『108円で合ってます』て」
「合ってんねや…」
「合ってるらしいねん。カッパ着てわざわざドンキホーテ行って野口英世の一人を亡くす覚悟やったのに無事やったわ」
「あの土砂降りの中わざわざ行ったん?」
「そやで」
「あとちょっと出るの遅かったら雨止んだのにな」
「そうやねん」
「でもよかったやん、雨の日セールで安く買えたんやから」
「そんなセールちゃうわ」
「それしか考えられへんやん。急な雨やったから値札の付け替え間に合ってへん」
「セールするにも限度があるわ。10分の1やで?」

雨も上がったもんで、ドンキホーテも商売あがったり。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-06-28 01:52 | +cool down run+ | Comments(0)

笑道入門サル治療:サルまみれ

「お!バカボン!」
入院中にやることなくて話し相手の輪を広げてたんだけど、その話し相手のひとりバカボンと1年ぶりくらいに偶然会った。
「お~~~!どうしてるのかと思ってたよ」
「全然会わなかったねぇ」
相変わらず毎日、病院に来ているらしいバカボンとは、ちっともタイミングが合わなかったダケみたい。

久々に会ったので、いろいろ話したんだけど、とにかくバカボンはアクティブ。
「天王寺の動物園に行ってさぁ、サル見て。」
「行動範囲広いな」
「有馬温泉でもショーやってるって言うからさ、サル見て。」
「サルばっか見てるやん」
「だってそんなことでもしてないと一日が長いんだからさ」
バカボンは千葉の人やから、標準語。
「じゃ、箕面も行かなアカンやん、サル見に。」
「いや。野生はダメだね、怖いもん」
「確かにな、箕面のサルは攻撃してくるからな」
バカボン、おとなしいサルだけ、見ます。

駐車場までお見送りしてくれるというバカボン。

d0137326_01135326.jpg
「ちょっとバカボン、速いよ」
「うん、速いよ」
「歩くより速いやん、それ」
「そうだよ、速いよ」
先に行くバカボン。
いやいやいや、私の車がドコにあるか知らんがなっ。

モザイクふんだんのアヤシイ画像になっておりますが、もうねぇ…病院側が情報流失にうるさいんだよね。画像とかとくにうるさくて、病院からの削除要請がされたら速やかに記事を削除するようにと、きつく言われているの。
自分の病状を書くのはいいんだけど、一緒にいるひとの病状とか画像とかはダメって場合が多い。
だからバカボンにも「いろいろうるさいから目ぇ隠してよ」て言ったんだけど「本人が公開の許可してんだから病院が削除しろってのがおかしいんだよ」つって丸見え。

d0137326_01135183.jpg
「だって悪い事してるわけでもなんでもねぇのに顔なんか隠さねぇよ」つって、丸見え。
d0137326_01134984.jpg
本人がいいっつってるんで、丸見え。



同じ大学病院内でいつくもの科をハシゴするのは珍しくない。
私も3つもハシゴ。
同じ日にまとめられなかった場合は、悪化してはいないけど病状が悪いのかと思うほど「ちょいちょい行ってる」というカンジにはなる。

今日の外来は、ペインと漢方。
この季節は辛いと訴える。
でも去年も辛かったからもう痛んでも仕方ないから耐えると宣言する。

頑なに「痛みに季節は関係ない・天気は関係ない」を貫くオニマツ。
ペインは西洋医学だからね。
医学的根拠というデータに基づいた診断をする。
因果関係がはっきりと示せないことは、「あるかもしれない」じゃなくて「ない」の。
でもウチのおばーちゃん言ってたよ、梅雨の時期は切り傷を作るなって。船酔いにはリンゴだって。不安神経症的な動悸がしてきたらカタいせんべいを奥歯でバリボリ喰えって。
私は、科学が全てでも医学が全てでも迷信が全てでもないけど、おばーちゃんの言う事ってなんか一理あんなァと思う。
そして自分の身体に起こっていることは、受け入れるタイプだ。
梅雨がツラい、私の身体は。
「今の時季だけでいいから、働いてる時に痛みを止める薬が欲しい」
「そうゆう薬は、ないよね」
笑顔で答えるオニマツ。鬼。
「やっぱりね。いいの、今の会社は好きなだけ休んでいい会社だから、痛かったら休む」
「ダメだめダメ!そんなコトしたら!」
「なんでよ」
「そんなコトしても痛くなるだけ!」
「ヤだ。休む。痛いとツラいんやから」
「痛くても、ちゃんと休まずに働いて。休んだらアカン」
私の病気のことを知ってる直属の上司が、長く働いて欲しいから絶対に無理はしないで遠慮なく休んで、て言ってくれてるけど、どんなに痛んでも痛みを理由に仕事を休んだことは一度もないわい、薬くれへん腹いせにゆーてみただけじゃっ。痛みで休むくらいなら最初から働いてないし。

「どうですか?痛みは?」
「痛い。この時季は辛い。でも去年も辛かったから耐えるしかない。」
漢方でも同じことを宣言。
「ジメっとしてるからどうしてもねぇ…」
「でも季節は痛むことと関係ないゆぅてたで」
「誰が?」
「ペイン」
同じチームで診療連携してんだよね、先生たち?
東洋医学と西洋医学では考え方が違うから、違うアプローチしてみてもいいね、つってペインが漢方をすすめたんだけど。互いの違いを認め合って連携することの出来るマトモな病院がかかりつけでよかった、て思ったのに。
「ま、それはそれで別に置いといたらいいとして…」
これは事実上の『確執があります』宣言なのか。
「この時季だけ一時的に漢方変えてみようかな。それでマシになると思うよ」
「この時季は痛いもんとして耐えんとしゃーないって思ってるからええねん。幸いにも好きなだけ休める会社やから、痛かったら休むし」
「それはアカンよ!そんなことしたって痛いのはマシにはならへんから、働いとき!」
確執あるくせに同じコト言いやがって…。
痛みも日々蓄積してるしで、ちょっとイラっとしてたのもあるし、そりゃ私に辛抱が無いのも悪いと思う。ペインのオニマツだって漢方医だって、それぞれの専門分野からの疼痛緩和に取り組んでくれいろいろと薬を考えてもくれ、ありがたいと思う気持ちがあるのも本当なんだけど、今日の私はダメだった。
西洋医学も東洋医学も、痛んでも働けと言う。
劇薬を使って痛みを取っていた日々や、激痛に耐えた入院生活を経験した私にとって、今の痛みはそりゃ働ける程度のモノだろう。痛みの頻度や強さがさほどじゃないんだから休むなとそうゆうことだろう。あぁ、出来るさ。実際やってるさ。
原因が何とも言えない痛みがくすぶっていると感じるこの梅雨の時季に、痛みながらもちゃんと働いてて、それでも「今だけはもう本当に嫌だ」と思った瞬間にふと休むことを考える、つってんの。それを頭ごなしにアカンと言うか。たまになら休むのも仕方ないかもしらんね本当に辛い時は、と医者が理解を示さんで誰が示すんだろう、痛みは誰にも見えないのに。

いつでも休めるという会社がいいのかわるいのか…と言いながら脈を取る漢方医に、私はとても静かにキレた。
「先生、そやって言うけどな?それは先生が痛まへんから言うねん。ペインの先生も同じこと言うよ、痛くても休むな、て。痛いことに意識向けるだけになってアカンから違うことに意識向けて、て。言うのは簡単やで。でも痛かったら痛いことにしか意識は向けられへんて。痛かったら辛いもん、休みたくもなるし。それでも働いとかなアカンて、痛くないから言えんねん」
「それは…そうやなぁ…痛かったら辛いわなぁ」
「辛いよ。」
誰が悪いわけでもないことはわかってる。誰のせいでもないことも。私が患者で医者が言うべきことを言っている、それだけのこと。それもわかってる。こうするのがベスト、という対処法として医者は正解を言っているというのもわかってる。
でも、私は思うの。正解しか言わない医者が患者の心に寄り添って気休めを言う事の大きさって、患者にとってはプラスになることがある。いつもじゃなくてええねん。いつもは正解を言ってたらいい。でもココって時にタイミングを逃さずに気休めのほうを言ったほうがいいと思う。それが気休めだってことは患者が一番良くわかってることだから、ただ何も説明せずに気休めを言ったらいいと思う。




[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-06-22 01:24 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)

心しか健康じゃないもんで

長らく更新がないので、健康な皆さまにおかれましては「病人は倒れとんな」とお思いのことでしょう。ええ、この梅雨の時季のちょっと前くらいから、全国の病人はおおかた伏せってる模様です。私も病人の端クレなのでね、立派に痛んでおります。

そんな体調不良の中、京都のイベントに参加しておりましたらみるみる体調が悪くなりまして、別行動をしていたヒー坊に「お茶買ってきて~死ぬ~」とメールしたところ「いま五条大橋だからたぶん死ぬのに間に合わない」と返信が来ました。う~ん確かに誰しもの人生、最終目的は死ぬことになるんだろうけれど、どちらかというと私は生きるつもりでお茶ねだってるわけで、この場合はアレかな、お茶飲んだ後に「あ~生き返るわ~」て言ったほうがいいのかな。

去る4月か5月くらい、ざっと見積もって10年以上のお付き合いとなっている、知ってるひとだけ知っている音楽屋はうはず氏から、一族をあげての年貢が届きました。

d0137326_18054116.jpg

なんでしょう、この、隠し切れないイヤな予感(よい意味です)

d0137326_18054380.jpg
明らかにサラではないめんたい

d0137326_18054584.jpg
折れている箱

d0137326_18054775.jpg
セロテープ止めの箱

d0137326_18055095.jpg
やっぱりリユースか!

d0137326_18064362.jpg
たった3行で一年経過

d0137326_18064694.jpg
箱に手紙書くから中身ぜ~んぶ出さなきゃ読めない

d0137326_18064810.jpg
読みにくいのもそうなんだけども、いや、書きにくいでしょ、そもそも。

使い捨ての時代に、手間暇をかけてもったいない精神を魅せつけてくる粋なご家族です。

d0137326_18072063.jpg
ノックを押すことになっている

d0137326_18072285.jpg
火消ペン

ノックを押す
※マスコットではノックできません

と書いてあるがマスコットと表現されているマトイをノックしようとすると、こうなる。

d0137326_18072434.jpg

私はなかなか手がデカいほうでこの状態でだいたい20㎝あるんだけど、マトイのてっぺんまでいかない。そうゆう長さです。ちなみにですが、ノックを押すとマトイが激しく上下して馬簾がブルンブルン回ります。

はとサブレ?

d0137326_18072643.jpg

コースターやメンコに、という使用例が添えられているけれど、たいがいメンコ遊びというものは、自分の欲しい絵柄のメンコを必死になって取ろうとする。

d0137326_18072855.jpg
これをメンコとして使った場合、どれを取ろうかの決め手に欠ける。
そんなわけで申し訳ないが私は、シオリに使う。

う~ん、北島三郎。

d0137326_18090714.jpg
を見に、関西から鹿児島に行くほどのファンじゃないな。
サブちゃんのコンサート8000円もするのかァ…芸能人にハマると破産するな、私。あぁ…もぅテレビ観んとこ。週に1回くらい見てしまうけどもしそこで芸能人に惚れたら困ることになるから、観ないという選択にしよう。

原子力発電所のパンフレット

d0137326_18091118.jpg

の下から覗き込む三郎。
見んとこ。

d0137326_18093771.jpg

原子炉は安全か確保されるしくみになっているそうです。


なんだなんだこのパラダイスは!

d0137326_18093967.jpg
こんな島があるのか!

悪石島とは、奄美大島に行くまでにあるトカラ列島のひとつみたい。
はじめて聞いた、トカラ列島。
鹿児島にこんなに島がたくさんあったこともはじめて知った。
私の視野ってどんだけ狭いんだろう。
義務教育からサボリ続けた報いだね。

d0137326_18094125.jpg

なぜ保険証にだけ一言が添えられていないのだろう。

とんでもなくシュールなカード

d0137326_18103421.jpg
宇宙通信所のアンテナが日の出に映える。
私はアンテナマニアとかではないのでよくわからないけど、見る人が見れば萌えるアングルだったりするのかな、これ。
d0137326_18103626.jpg

裏のデータに挿入されている「ついせキリン」というゆるキャラみたいなキャラクター。周回衛星を追跡しているので、追跡にキリンを被せてきたのだろうと思わるる。そこに地球とアンテナをプラスしたら、こんなにフザけたフォルムになるんだな。何でもかんでもキャラクターがついてなきゃダメかな?活字だけでいいジャンルってないのだろうか…ないかもな。追跡リン、実は有名だったりして、私が知らないってだけで。

ゆるキャラをダメ押しするかのように、都道府県を犬に見立てたシールも。

d0137326_18104020.jpg

長崎犬のカステラも、広島犬のもみじまんじゅうも、鹿児島犬の桜島もわかるけど、我が故郷である宮崎犬のピーマンってわかんない。ピーマンかな?マンゴーかキンカンかチキン南蛮あたりだと思うんだけど。

 と書いてあるカルタ調のハガキ。

d0137326_18114439.jpg

う~ん…鹿児島に  から始まるこのような施設って何があるんだろう。

d0137326_18114693.jpg
種子島のロケット発射場に見えるけど違うのかな。あ、地元の人はロケットのことルケットって呼んでる?ルーマニアの雰囲気たっぷりの種子島ルケット発射場
d0137326_18114888.jpg
いやァ…海の瑠璃色は種子島に限ったことじゃァないと思うんだけどなァ。

d0137326_18123542.jpg

せい喜・つわぶ喜・ゆう喜・やる喜・ひまわり・げん喜

d0137326_18123832.jpg

西郷どんになり喜って、ノリノリノリカ☆

d0137326_18124100.jpg

何かしらの節目にはうはず氏は、CDを作るという音楽屋なのですが、CDが出来ているということは何かしらありましたな。

d0137326_18124388.jpg
「お義父さんと呼ばせて」CDがリリースされ、私に無料配布されるほどのおめでたい先輩のご結婚です。ま・ゆぅても、はうはず氏と私は生まれた時代も場所も違い、接点はないので、ジュンジュン先輩のことは何ひとつ知らない分際ですが、ご結婚おめでとうございます!!

斬新な加工が施されている鹿児島の法則

d0137326_18140578.jpg

d0137326_18140600.jpg
修正テープにこんな使い方があったなんて。

ガチャガチャシリーズが入っており、スマホのおパンツとバスローブが入っておりましたが、一生ガラケーユーザーなのでこんな感じになりました。

d0137326_18140916.jpg
シゲルも添えといたよ。

d0137326_18141161.jpg
ケロリンの洗面器じゃなくて湯桶にするトコロがグッチョイス☆

d0137326_18141461.jpg
なんかコレ、漏れ出てました。


サヴァ

d0137326_18141720.jpg
はい、下唇を噛んで、リピートアフターミー。
サヴァ!
d0137326_18141926.jpg
サバのオリーブオイル漬けという何となくこじゃれた缶詰が入ってて、でも私にこじゃれた料理の腕がないので、酒の肴になるんじゃないかと、むーに「はうはずさんの荷物の中に缶詰入ってたから食べてみて?」とサバが苦手な私が促したところ「この缶詰はこのまま食べるモンじゃねぇな」てゆってました。

無知って時々すんごいチカラを発揮することもあるけど、たいてい失敗してから無知だったことに気付きますよね。
それを繰り返すのが人生と思えばバカは死ななきゃ治らないってうまいことゆぅたなァと関心しますよね。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-06-08 18:17 | +談合料亭『千徒馬亭』+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク