<   2015年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

田中家学級新聞

KAT-TUNの田口淳之介が脱退してしかもジャニーズまで辞めちゃうということで、ネットニュースがザワザワしています。
私は田口淳之介というひとをあんまり知らないので、…ちょっと今思い余ってエエかっこしました。もとい、田口淳之介というひとをまったく知らないので、ジャニーズ辞めるのも大変やのぅ~私なんてジャニーズ以外11回も辞めたのに誰にも報告したり詫びたりしたことない、と思っているだけでした。
しかし、急に興味が湧きましたね。
勝手に私の中で衝撃がハシったので模造紙一枚分に相当する学級新聞らいくにまとめていきたいと思います。


田口がジャニーズを辞めるにあたって、たぶんKAT-TUNを先に脱退しおそらくジャニーズを先に解雇になった田中聖という男がコメントをしました「僕自身は応援してるんで」と。
まずは田口と田中の認識調査をしたいと思います。(※当てはまる番号を答えましょう)

【アンケート】
1田口淳之介を知っている
2田中聖を知っている
3どちらも知っている
4どちらも知らない

知っているとはどのくらい知っていたら知っていると言い切っていいのか…と迷っているひとのために、田口のことはまったく知らないんだけど田中のことなら知っている私の基準で知っているの度合いを決めたいと思います。私の田中は素行が悪いジャニーズという認識。その程度でもう知ってると言い切っても構いません。(※このブログ版学級新聞上では知っているのレベルをめっきり下げています)

田口はきっと優等生寄りなんだなァだから私の網にかかってこないのです。一方田中は網の目の粗い私の網から腕も足も出ちゃうくらいに突っ込んでキちゃうのです。勢いがあるということはクセが強い、てことなんだけど。

では、注目の田中をもっと知っていきましょう。
きっかけは田口なんですけど、注目は田中のほうでお願いします。
文字でみると大変にややこしいですが、脱退が話題になっているのが田口でこの記事の話題は田中です。

田中聖はタナカコウキと読む、ということまで知っていたアナタは田中職人レベルです。もう田中と友達だと言いふらかしてもよいでしょう。田中に訴えられても知りませんが。けれども安心してください、田中の姓は多いのでどの田中かは特定出来ないでしょうから胸を張って田中とは友達と言ってください。

さて、田中が5人兄弟だということまで知っていたアナタは田中一族レベルです。もう自分が田中だと言いふらかしてもよいでしょう。友人は「結婚したのかな?」くらいに思ってくれるかもしれませんね。

d0137326_11262681.jpg

5人兄弟はこうなっております。
長男・三男・四男が同系、二男と五男が同系の顔立ちのようですね。
兄弟の中で長男だけが唯一、読もうと思えば頑張って読める名前になっています。
そんなことまで知っていたアナタは田中マイスター
田中兄弟のことはすべてアナタに任せてもよいレベルです。

今後も田中から目が離せませんね!







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-29 11:31 | +難℃ set key+ | Comments(0)

おなじみの ~其の二~

「…どうしよう?始発で京都に行こうかな…」
滝汲みが恥ずかしいので人気のない早朝に行くと言い出すヒー坊。何もそこまでして音羽の滝を汲まなくても、と言うと、この機会に一日中京都満喫コースにすると言う。
そうね…交通費支給だからね。
自分でそうだ京都へ行こうとなると交通費も自分で出さないといけないが、学校行事の遠足だと親が出す。そこに個人的な観光をプラスする便乗遠足としけこむわけである。
大阪研修は交通費会社持ちやから帰りにお茶して夕食も済ませて帰るか~ていう感覚と一緒やな。大阪よりも京都のほうがより得した感あるしね。

そんなわけで集合場所である円山公園には10:30に到着すればいいのに始発に乗るヒー坊。
「始発に乗るって何時に起きるわけ?」
「4時かなァ」
「どうぞご勝手に。誰も起きてないから自分だけでこっそり起きてこっそり出て行ってね」
「はいよー」

d0137326_11040207.jpg

本気の京都旅行。もう遠足なんて楽しいもんじゃない、なにかの修行のよう。補導されないだろうか、ウチのコ結構見た目に悲壮感が漂ってるタイプだけど。死に場所を求めて京都ってのは自殺志願者にしてはミスチョイスか…でも湯けむり殺人事件って京都とか湯布院とか多くないか…でもそれは他殺体か…でも身体の2分の1を占めるあのリュックを背負って歩いていたらちょっとは怪しまれそうである、時間が時間だしね。
始発で出て行き終電で帰宅する家出少年。

「あいつ、えらい朝早くに出て行ったで?」
「そうや。始発で京都行ってん」
むーちん、起きたのね。
誰も起こさずにこっそり行けって言ったのにゴソゴソしてたんだな。
「学校の遠足てそんなに早いんか?」
「いいや?学校に行くくらいの時間に出てゆぅゆぅ間に合うで?」
「あいつ何で始発で行ってん?」
「水汲みのため」
「なに考えとん?!」
たいして何も考えてないと思うけど。

帰宅して「すごいやろ?始発で清水寺に行くとこんなに空いてるねんで~」と言っていたヒー坊。

d0137326_11051903.jpg

確かに。
こんなに閑古鳥が鳴いている清水寺は見たことない。

d0137326_11052114.jpg

こんなんじゃ例の盗撮とかバレバレやね。

d0137326_11052677.jpg

あんなに行列を作っている音羽の滝もすっきすき。

d0137326_11062608.jpg

私は夜更かしをしていてそのままついつい夢中になり朝を迎えてしまうことがたまにあるが、うっすらと明けゆく空を眺めるといつも思うことがある「あぁ…何も悪いことなんて起こらない気がする…」実際には悪い事も良い事も起こる。でも良い事しか起こってないような気になる、それが早朝なのだ。健全な精神ってダンゼン早朝だと思う。とくに信仰深いわけでもない私でも神社仏閣へ行くと正しく生きようとする。シャバに出た途端に信号無視とかしてドコのダレが正しく生きるじゃ…と頭に過るが、神社仏閣内では正しく生きてみたいという人間の本質が自分の悪事を抑え込む。そんな場所でよくも悪事をはたらこうと思ったよね。

d0137326_11075892.jpg

見よ、清く落つるは音羽の滝、心洗わる澄んだ水、目的の汚れた輩に物申す。
ニッポン人としての恥を知れ。



なんだろう、この違和感。

d0137326_11081747.jpg
音羽の滝、不特定多数のひとたちがひとくち飲むし、理由はわかるけど、でもなんだろう…ご利益と結びつかないこの違和感。


「はい、おみやげ。」

d0137326_11085000.jpg

d0137326_11085801.jpg
d0137326_11085631.jpg
「なんでサザエさん?」

「かわいいやん」
選ぶ理由が女子高生みたいだな。

「アンタさぁ…人形焼はさくらたまごじゃないとイヤ!とかいう思いがある?」
「とくに?」

さくらたまごだと普通の卵よりも人形焼に付加価値が付くのかな?」
私はケーキが嫌いなので、人形焼も好きではない。生クリームが付いていないから絶対に食べられないということではないが、それでも我慢して食べるカンジになる。我慢するくらいなら食べなきゃいいんだけど、人付き合いの中では女ならケーキはなんでも好きと信じて疑わないひとが多数で、もらう人よりも嬉しそうにケーキをひとにあげる人という人種が存在する。こんなに嬉しそうにくれるんだからそれ以上に嬉しがらないといけないというプレッシャーがのしかかる。人形焼とマドレーヌとカントリーマアムは、嬉しそうにくれる人のマストアイテムなのだ。これらどのアイテムが渡されても私は我慢して食べている。

「わざわざ言うくらいやからさァ、さくらたまご使用って。普通の卵とは違う何かがあるってことやんな?」
私にはサッパリわからない。だって味比べ出来るわけでもないんだもの、我慢して食べるくらいなのに。だから人形焼やカステラをおいしくいただいているヒー坊に意見を求めた。するとヒー坊からはこう返事が返ってきた。
「でもさくらたまごって15%やで?」
「なぬ?」

d0137326_11090047.jpg

さくらたまご使用と謳うほど入ってへんやん」
85%も普通の卵じゃないか。
謳うべきは普通の卵使用のほうじゃないか。

d0137326_11121952.jpg

「タラオかァ…あんま似てないなァ」

d0137326_11122253.jpg
「ん?こっちか?タラオ。じゃぁさっきのはワカメか」
d0137326_11133903.jpg

「コレだけ出てきてカツオってわかるほどは似てないな。状況証拠的にカツオと断定してるだけで」

d0137326_11134119.jpg

「これは、単体でもサザエやな」

d0137326_11134372.jpg

「これも単体マスオでいけるな」

d0137326_11134517.jpg

「んー…絶対に波平かと言われると…。おじいちゃんて書いてる湯呑みのイラストにこんなおじいちゃん描かれてる時あるしな」

d0137326_11134748.jpg

「フネか…性別がきわどいなァ」

d0137326_11134991.jpg

「タマって…こんなだっけ」
タマを正確に思い出せるひとっているのかな。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-29 11:19 | +朝臣寺+ | Comments(0)

おなじみの

急性上気道炎で今日という一日の6割を寝て過ごしました。
平たくゆぅたら風邪なんですけどね。
病状が深刻っぽいでしょ、急性上気道炎て言うと。
ま、ただの風邪なんだけど。

健康なひとが普通に体調悪かったりしんどかったりすると風邪っぽいなァで済むけどね、慢性化する難病だと「悪化かなァ」てことも思わなきゃなんないんだよね、そこが難点だよね。

かかりつけならとくに日時を指定しなくても自分の都合で行けるけど、大学病院ってのは担当医の診る曜日が決まってて予約もいるから、自分の体調のほうを先生に合わせなきゃなんないんだよね、そんなのコントロール出来るわけないけどね。うまく火曜日に痛めばええけど水曜日に痛んだりなんかした日にゃぁ翌火曜日まで1週間も耐えないと診てもらえないんだから。そうなるとホンマにどもこもならん状態の一歩手前くらいで予約を取っとかなきゃなんないし、でも今日は痛いけど明日はマシになってるかもしれない可能性もあるわけでね。いつもは左脇腹だけが痛いけど今日は背中も痛いからどうしようかなァと迷う、でも我慢しろと言われたら我慢出来るし。迷う、おおいに迷う。

コンビニ受診ちゅうて、救急外来を受けるほどでもない軽症の患者が日中は仕事があるとかぬかしてけつかりワレの都合で夜遅くに救急外来を受診しモンスターペイシェントと化すことが問題となっているけど、私は室内で救急車を呼ぶための電話に辿り着けなくなるまで救急外来を利用しない優秀な患者である、これを私はカラチャイ受診と呼ぼう。世界一気軽に行けない場所のひとつであるカラチャイ湖から取った。

これがもし風邪ならサルの悪化ではないから寝て治すという方法になるんだけど、試しに寝てみようかな…。
そんなわけで。
今日という一日の殆どを寝て過ごしました。
思い出したように洗濯をして干す前に眠り、ヌモーと起き上がって洗濯物を干してまた眠り、ひとの気配を察知してハッと起きて枕元にやって来たみかん泥棒にカカト落としをお見舞いしてまた眠り、電話の着信音で目覚めてその後で眠り、そのようにして今日という日を過ごした甲斐あって、元気が30%ほど回復しました。
やっぱ風邪だったんだな、急性上気道炎ね。


元気になったので京都ゆぅ日を書いていきたいと思います。
事前の会話と実際の結果とを、時間軸を超えてお送りしたいと思います。

京都キョウトゆぅてね、ヒー坊の高校は京都遠足が好き。

「また遠足どうも京都っぽいねん」
「また?3年間遠足は京都でお決まりやな。お馴染みの、てカンジ」
「現地集合・現地解散やからな、手頃なんちゃう?東山やねんけどさァ」
「東山って何あるとこ?」
「シミズデラ」
「キヨミズデラやな。小学生の時から事あるごとに行ってんのに読み方くらいピンと来たらええのになかわいそうな清水寺」
「シミズヤキていうのの絵付けするらしい」
「それもキヨミズヤキとお読みください」
「お土産なにか買ってこーか?」
「いらんでべつに」
「手拭いとかは?」
「そうやなァ…オシャレな手拭いやったらいらんで」
「じゃぁどんなヤツ?」
「誰がこんな手拭い欲しいねん、て思うヤツ」
「例えば?」
「清水寺とだけ書いてるヤツなら是非欲しい」
「清水寺に失礼やろ」
「じゃぁアンタ清水寺とだけ書いてる手拭い欲しいと思う?」
「いらんな」
「ほら。アンタのほうが失礼極まりないわ。私は欲しいゆぅてんねから」
誰がこんな手拭い欲しいねんて思うヤツってゆっちゃってるやん」
「続きがあるやろその後が。誰がこんな手拭い欲しいねんて思うヤツ、その誰かは私だが。アンタはハッキリいらんてゆぅた」
「どっちもどっちやな」
「ま、そやな」


「ほかは?100円ピンズ?」
「見つけられるモンなら見つけておいでや。昨今の消費税値上げでもはやピンズは100円ではやっていけんらしく200円が主流になってるから100円のピンズはもうないで」


結果

d0137326_23053540.jpg
普通にあったらしい


ご当地ピンズは100円バージョンと200円バージョンがあって、私は100円バージョンのほうをお土産としてガチャしてきてと頼むことが多い。200円より100円のほうが断然ハズレ感がスゴいんだけど、その100円の中にもハズレ界のアタリみたいなややこしいランクがあって、まんべんなくどれも欲しくないんだけどコレが出たらマシと思えるてのがハズレ界のアタリなの、わかりにくいんだけど。


で、結果。

d0137326_23071549.jpg
このピンズはハズレ界のどハズレ



「清水寺に音羽の滝っていうのがあってな」
「あぁ、あるなァ」
「そこの滝って3本流れてて」
「そういや3本あったあった。でもアレって人工的に3本に枝分かれさしてるだけでオオモトは1本に決まってるねんけどな」
「いいや。ちゃんと3つにわかれてんねん」
「まァ…そう思うんやったらそうゆうことにしといたら」


結果

d0137326_23082175.jpg
ほれみたことか、オオモト1本チオビタドリンク。
※チオビタは音羽の滝とは関係ございません



「ほんでな?3つな、学業・恋愛・健康なんやけど、どれかひとつだけ、一口だけ飲むねんて。二口飲んだらご利益が2分の1で三口飲んだら3分の1に減るねん」
「まァ…そうゆうことになってるんやろう」
「ほんでその音羽の滝の水を瓶に入れたものが500円で売ってんねん」
「一口説どこいったんや」
「500mlで500円やで、高くない?タダで汲めるのに」
「汲めんの?!」
「朝6時の開門と共に汲みに来てるひとがいるみたいやで」
「そんな早朝からいる?水?まァ…年寄りは朝が早いし苦にはならんか…拝観料いらんとこ?音羽の滝」
「いるで、300円」
「へ?300円払っても欲しい水ってこと?」
「おいしいらしいで。音羽の滝で入れたコーヒーとか」
「…欲しい。お土産音羽の滝でええわ、4リットル
4リットル?!
「あの家出かと思うようなリュックあるやん?あれに2リットルのペットボトル忍ばせて行って汲めるようなら汲んできてよ。現地解散した後で汲みに行ったらええやん、帰り夜遅くなってもええで。特別に許可する」
「えー…ボク解散したあとでアニメイトとか行きたいトコいろいろあるんやけど…」
「やれるやれる、アンタならやれるで。日課やん、水汲み」
「いや…京都に行ってまで水汲みって…」
「絶対ウケるで。音羽の滝の前でどう見ても中学生のアンタが4リットルの水汲み始めたら。しかも2リットルのペットボトル2本て、すごく本気やからな。やってよ」
「まァ考えとく…。音羽の滝を汲んでる名物おじさんがおってな、柄杓使わずに直接イってるらしいわ」
「直接って…どやって?」
「手ぇ伸ばして」
「手ぇ伸ばして届くようなトコに落ちてたかなァ滝…いいや、届かんて。」
「でも直接汲めてるらしいで」
「すんげぇ頑張って手ぇ伸ばしても無理やって」

結果

d0137326_23114204.jpg
こんなカンジで可能






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-24 23:13 | +朝臣寺+ | Comments(0)

鶏もも肉を頬張れないくらいの一口大に切り、カツとも天ぷらともカラアゲとも違う衣を付けて揚げたあと、アツアツのまま南蛮酢にくぐらせ手作りの具入りタルタルソースを乗せたモノ。
それが、宮崎のチキン南蛮である。

各家庭のタルタルがあるほど、チキン南蛮はタルタルがオリジナルのものでなければならない食べ物であるが、我が家に限ってはチキン南蛮を家庭で作ることがなかった。私しか鶏肉を食べる人間がいないので、カラアゲもチキン南蛮も外食のメニューである。


宮崎中どこで食べてもチキン南蛮はおいしい、ハズレがない。
ひとつとして同じタルタルには当たらない。
さすがに朝からチキン南蛮は食べられないけれども仮に朝にお弁当屋さんのチキン南蛮弁当を食べ、昼に食堂でチキン南蛮定食を食べ、夜にレストランでチキン南蛮御膳を食べたとしても、すべてタルタルの味が違うので飽きることはないと思う。
しかし、関西の『チキン南蛮』は高確率でハズレる(→チキン南蛮のハズレっぷり


こうなったら自分で作るしかない。
しかし我が家ではチキン南蛮を作ったことがない。
私が食べて来た宮崎のチキン南蛮は、プロが作ったものばかりなんである。

養鶏場を営む我が家でチキンナゲットなど食べていると「オマエはよぉこの環境で鶏肉が食べれるなァ…」と前科者かのように感想を吐かれたものである。

私が鶏肉を食べられなかったのはただ一度きり。シめかたを教わった時のみである。目の前を歩いているニワトリの足をつかんで逆さにし首の骨を折ってシめた。首の骨が折れるミシミシという感覚が指に伝わりニワトリは羽をバタつかせて激しく暴れた。その日はさすがの私も新鮮な目の前の鶏肉を食べる事は出来なかった。しかしそれも最初の一回だけ。私は女子高生にして生きたニワトリをシめて食卓に並べることが出来たので、精神的にタフなんだな、と自覚した。

かように鶏肉をさばける私であるが、料理はからきしダメである。絶対舌感もなし。けれども宮崎人としてこれまで食べてきた『チキン南蛮』がどのようなモノだったかの記憶はある。関西の『チキン南蛮』がチキン南蛮ではないこともわかる。
そして私は、研究が好き。
料理は嫌いだけど、研究が好き。
だから作っちゃいました→【宮崎人が作る】なんちゃって本場宮崎チキン南蛮





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-22 22:56 | +knowing+ | Comments(0)

幻のソース

子供達が小学生の時分に【中利】という喫茶店でお昼のランチ時だけのバイトを3年間していた。

オーナーは『家庭を優先にするひとはココの仕事もちゃんと出来る』という考えをお持ちの女性で、当時、ヒー坊が原因不明の病状で起き上がることが出来ず完全介護状態となってさまざまな病院を渡り歩いていた状況の時も、ギリギリのスタッフ数でまわしている喫茶店にもかかわらず「お店のことは心配せんでええから」と1ヶ月近い私の欠勤を許してくれた。
今でこそ企業のママ需要は増え、働くママをサポートする体制が組まれて女性のチカラが事業にも発揮されているが、10年前に既にオーナーのサポートのチカラは今の企業を超えていたのである。

その中利で、私はさまざまな門外不出のオリジナルレシピを教えてもらった。「一緒に働いているひとには全部教えるよ」と言ってオーナーはコレが作れたらコレが作れるようになる、というスキルを積んだタイミングで様々な喫茶店レシピを教えてくれた。
手作りにこだわっていた中利はソースも手作り。

最初は皿洗いから始め長らくレジ係だった私も日々のまかないでスキルを積んで、ソース作りとパン系メニューを担当するようになった。多い時にはランチ時の2時間半で200人くらいのメニューを提供するので、ソースも毎日大量に作る。

決まった業者の原材料で、決まったグラム数を守り、違わぬ味を作るのに、最初はグラムを量るのも小分けに小分けに足しながら量る時間もかかっていたが、毎日しているとえらいもんで手がグラム数を覚え1回でピタと量れるようになる。職人ってこうやってつくられていくんだなァと思ったね。しかし、職人というものはつくづく感覚で仕事をする生き物なんである。
中利を去り職を変え今では事務員となった私は、たった3名分しか消費しない我が家でたまにしかソースを作らなくなってしまったので、ピタと量れずにいつも「あ。しまった」と言ってはしまったソースを作っている。
中利ではソースもドレッシングも特大マヨネーズボトル1本分で約1キロを3本作っていたが、さすがに家庭でそれを作っても消費できないので比率を研究して家庭用サイズとして再現させた。

中利は店をたたんだので、もうこのソースを使ったバーガーもこのドレッシングを使った豚しゃぶランチもおまかせサラダも食べられない。
だからソース担当だった私が家庭サイズにしたソースをネットで公開するにあたりオーナーに許可を取ったら、ずっと私がソースを作っていることを喜んでくれ「まぅちゃんのレシピとして載せたらいいよ」と言ってくだすった。

中利に足繁く通っていただいた皆様におかれましては、あの味が再現できるソースとなっておりますので、ぜひ懐かしんでご賞味くださいませ。

我が家のなんちゃってチキン南蛮を作る時に大変活躍するソース→【しまった版】中利ソース&中利ドレッシング





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-22 22:22 | +knowing+ | Comments(0)

一匹の

「最近それよくするよなァ…なによ?」
一匹のうさぎサンや」

私はブログを書いたりする時によく写真を付けるので、しょっちゅう写真を撮っているが、最近、ヒー坊がシャッターチャンスにピースを繰り出して来て邪魔をする、というシチュエーションが増えた。

「マクロで撮ってる時にうさぎサンしてるけど、うさぎサン見切れてるからな」

「へ?そうなん?」
「見てみ?おおかた失敗しとんねで、アンタはうさぎサンのつもりかもしらんけど」

d0137326_16242646.jpg

「あらぁ…」
「反応がおばちゃんやな」

d0137326_16253277.jpg
「なかなか位置が難しいねんなァ」
「シャッター押した瞬間にもってきてるから成功率は低いよねやっぱ」

よいこのみんな!
一匹のうさぎさんの手遊び歌はご存知かな。
たぶん幼児に大人気なんだけど、その幼児が高校生になったらこんな手遊びに変化するんだぞ☆

一匹の~うさ~ぎサンが~

d0137326_16271839.jpg
ニコニコニコニコ散歩して~

d0137326_16272768.jpg
四つ角で~ごっつんこ~ろくろく見ないでナナメに渡って
d0137326_16273984.jpg

むこ~から~やってき~たクマさんに

d0137326_16280614.jpg
とうとうとうとうおっこられた☆

d0137326_16274758.jpg
コラ!
邪魔すんな、コラ!





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-20 16:34 | +ハナモゲスト ゲリライブ+ | Comments(0)

お弁当作りから解放された今、我が家には大量のアルミカップが余っている。

まだ高校生のヒー坊がいるからお弁当を作りそうなもんだけど、ソコはヒー坊の通っている高校が単位制の多部制定時制高校であることと、ヒー坊が何が楽しいのかグレもせず真面目に2年間学校に通ったことの結果で、3年目には午前中の授業の曜日と午後からの授業の曜日にわけて単位を取ればめでたく卒業確定となるんである。

本当は午後の授業で単位は取りたくなかったらしく、時間割作成の時に午前中にある授業だけを選択していこうと考え『国語入門』なる授業を取る申告をしたら、先生に簡単すぎるからやめたほうがいいと言われ致し方なく週に2回午後から授業に出ることになる時間割作成となった。

勉強に関する教育者のアドバイスを参考にする機会というのは、受験の時がピークかと思うが、学校でも塾でも『難しいからやめろ』と言われて志望校を考え直した生徒は多かろう。合格率をあげたい教育者はとにかく釘を刺す。それなのに我が子は先生から『簡単すぎるからやめたほうがいい』と言われて考え直した。やめたほうがいい理由が素晴らしいではないか。教育者たちがレベルを下げろ下げろとアドバイスするこのご時世に、レベルを上げろと要求されたのだ。しかしそのおかげで登校時間が昼からになったので規則正しい生活のレベルは下がってしまった。

週2回の午後登校の曜日をどうも覚えられない私にヒー坊が「火曜日と金曜日や!何回ゆぅたら覚えるん?」と言うので「カーカキンキンカーキンキンか…」と覚えていたら、午後登校ではない曜日のことを「午前の曜日はゲッスイモクモクゲッスイモクや」と言ってきた。

「なんでそんな事になったの?」
「何が?」
「ゲッスイモクモクゲッスイモク」
「まぅ午後からの曜日のことカーカキンキンカーキンキンてゆってたやんか」
「カーカキンキンカーキンキンはそうゆうのがあるの。火火金金火金金はあるけど、月水木木月水木はない」
カーキン音頭は河内家菊水丸やないか。
火曜日と金曜日の週2回、バイト探しはフロムエーや。

大学生のチョモが独り暮らしを始めたら、急に我が家のマーガリンの減りが途絶えた。同じペースでマーガリンを買っていたらマガーリンだけで一番上の棚が埋まってしまった。アイツ…夜中にスィーツ作るクセがあったからな。知らない間にマーガリンが消費されてたから買っても買ってもいつの間にか無いってインプットされてたみたいだ。

d0137326_23572654.jpg

そんなわけで、減らないアルミカップと減らないマーガリンを減らすスィーツを作ってみた→【本格派こだわり風】三角アハタルト





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-15 00:01 | +knowing+ | Comments(0)

「お。ミネストローネあるやん、食べよっか」
「食べよっか」

チョモの学園際で売っていた、ミネストローネ1杯150円。


「で?どう?私が作るのとどっちがおいしい?」
「ん~…まァ…まぅかな。」
「ふぉ~っふぉっふぉっふぉ~。だろうともそうだろうとも。どんだけ極めたミネストローネだと思ってんだ、そんじょそこらの学生になんか、ま~~~けるわきゃねぇ!ひぃ~ひっひっひ~つーわけで私のミネストローネは一杯150円以上ということやな。それが無料で飲めてるんやからアンタ得やなァ」


私は原価15円でこれを作れるので、50円で売ってイタリアン原価率目安の30%なわけだ。150円で売った場合だと原価率は10%なんで、スーパー玉出よりも派手なネオン輝く店内でお召し上がりいただいても赤字になんないと思う。LEDて電気代安いからな、ドコの店よりも煌びやかに出来るよ、落ち着かないとは思うけどね。

「アレ、結構大事よなァ…マカロニ」
「極小パスタな、アレ専用やから」
「専用なん?」
「そうや。ミネストローネのためだけにわざわざ買ってる。ミネストローネにしか使わない」
「専用やったんや…」
「ウチではな。他のひとは違う料理にも使ってるかもしれんけど、ウチは専用。昔はあのパスタが普及してなくて400円くらいしててんけど、昨今のパスタブームで今じゃ業務スーパーで88円で売ってる」
「むちゃ安くなってるやん」
「だから最近のミネストローネにはケチらずガバガバ入ってるやろ?」
「確かにな」
ミネストローネのための極小パスタではなく、極小パスタのためのミネストローネ作りになってきたカンジだ。

私のミネストローネは、トマト嫌いの私がケチャップの苦手な私がウマイと思って食べられるように研究し尽くしたミネストローネなので、同士よ、トマト克服にさぁおたべ。→トマジュー・ミネストローネ






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-14 18:14 | +knowing+ | Comments(0)

平成の迷宮入り

「たぶん3部のひとやねんけどさぁ、学校のトイレで70万をなくしたひとがおんねん」
「ん?何を言っているのかな?」
この衝撃的な告白に、私が話そうとしていた衝撃の事実がぶっ飛んだ。
会社で私に起こった衝撃の事実が何だったか、もはや思い出せもしない。

「70万?!相当やで70万」
「そうやねん」
「額がひどいな」
「そうやろ?」
「だからそのひと、死ぬわ~!てゆってた」
「そら、死ぬわなァ。1万円でもしばらく立ち直れへんのに」
「70倍やもんな」

多部制定時制高校の3部(夜間)の生徒が知り合いの1部の(普通の高校生のように朝に登校し授業を受ける)生徒に会うために朝から学校に居たのが、そもそもの事の発端であるらしい。
封筒に70万を忍ばせて朝に登校していた3部の生徒は1部の教室で眠っていて、そのまま寝ぼけてトイレへ行き、70万入りの封筒をトイレに置き忘れたということらしい。

「疑問がありすぎて何から聞いていいかわからんわ」
「やろ?」
「70万てゆう大金を学校に持って来るのが間違いやけどな」
「やんなぁ」
「何のお金やろ?封筒で持って来たってことはおろしたてホヤホヤってことやろ?」
「バイトでコツコツ貯めた70万ちゃう?」
「18歳がガッツリ1ヶ月バイトしても10万程度や。7ヶ月分をキャッシュで持ってる意味がわからん」

それから毎日ヒー坊が帰宅したらまず70万の新情報があるかと「どうやった?」と聞くも、いつも返事はおーなーじー♪
「なにが?」
「アンタ!70万に決まってるやろ!」
「あぁ…なんや70万か…知らんで?」
「アンタ!これだけ衝撃的な70万事件をお伝えしておいて続報はないんか!」
昭和の3億円事件を彷彿とさせる平成の70万事件である。
「だって知らんひとやのに」
「私だって知らんわ!けどその知らんコの70万が気になってそっちのほうが重大やから仕事の愚痴とかどうでもよくなってんのに!ホンマやったら毎日出てるねんからな愚痴が!」
「よかったやん仕事の愚痴が止まって」
「ふざけんなっ!続報を持ってこいっ!」
昭和50年の警察の気持ちがちょっぴりわかるような気がする。
未解決ってこんなカンジなのか。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-09 09:06 | +cool down run+ | Comments(0)

「問題出していい?」
「どうぞ」
昼ご飯を食べている最中にヒー坊が急に問題を出すと言う。

「エーコさんがいました~」
「そのエーコさんて…栄子さん?漢字かな?それともA子かな?アルファベット?」
「まぁソコ重要じゃないけど、ABCのA子さん」
「そっちかァ」
「A子さんの彼氏がDV男だったから別れました~」
「よかったね、別れられて。」
DV男っつーのはなかなか虐げてる女を手放さないモンやで。
ハネムーン期っつーのがあってやなァ暴力のあとに優しくされるもんやから“このひとは本当は暴力を振るうようなひとじゃないんだわ、本当は優しいひとなのね”と許してしまう。許しては殴られ、許しては蹴られ、許しては叩かれ…とね、女のほうも冷静な判断を欠くような精神状態が続き負のスパイラルに陥りやすいもんなんや。

「A子にはお友達のB子がいました~そしてそのB子がDV彼氏と付き合っていることがわかりました~そしてA子はC子を殺しました~なんででしょう?」
「さっぱりわからん。なぜ何の関係もないC子が現れて脈略もなく殺される羽目になったかまったくわからん」
「あ~~~ちがうちがうちがう、B子B子。A子が殺したのB子~」
すいぶんとカジュアルに言うのねぇ、殺人事件なのに。
オマエの登場人物はどないなっとんねや、オマエの匙加減で無事やったり殺されたりしとんのやぞ。
「B子が殺されました、なんででしょう」
「包丁で?絞殺?銃殺?」
「いや…殺し方とかはどうでもいいねん。殺した理由」
「あぁ…ひっかけ問題ってわけじゃないのね。うぅむ…嫉妬か?」
「て、考えるのが普通のひとやねん」
「て、どうゆう意味?」
「これな、サイコパステストってゆってな?これが酒鬼薔薇とか元少年Aやと答えが違うねん」
「異常犯罪者2名みたいにゆぅたけど、その2名は同一人物やからサイコパス1名やな」
「サイコパスはな、B子を守るために殺したて答えるねん」
「うわー…異常…」
「やろ?」
「同じ殺すんならDV男のほうを殺したらええのに」
「て、考えるのも普通のひとやねん。サイコパスはB子を守るためにB子を殺す」
「どうりで異常やわ」

それからもサイコパステストは、続く。

「ひとんちに強盗に入って、その家の主人に見つかりました」
「マヌケやな」
「ま、テストやから」
「見つかったから殺すんだけど~」
「なんだその軽々しい殺人の流れは」
「ま、テストやから」
「殺すのは前提やねんけどな、家の主人が押し入れに逃げてん、襖しめてるんやけど、どうする?」
「どうする、て言われても…」
「どうやって殺すか~てことなんやけど~」
「やめてぇ…そんな軽々しく言うのやめてぇ…ウチで楽しい殺人計画がなされてるみたいで人様に誤解されたら大変…」
「まぁ、襖開けて殺すとか?呼ぶとかさ」
「でもそれだとサイコパスじゃないから不正解やろ?」
「正解とかないからな、それがサイコパスの答え方、ていうだけで」
「どうやったらサイコパスかってことを考えないと…」
「…て、思って考えるやんか~?」
「…て、どうゆう意味?」

「開けないんじゃないの?襖もろともなが~い日本刀みたいなヤツで貫通するまでブスーーーーーーーーと刺すんじゃないの?無残に。」
「まァ普通のひとやな」
「普通か…ひとつピンときたサイコパスあんねん。自分の手ぇを直接使ってじゃなくてな、家ごと燃やすねん。どう?異常じゃない?」
「まァ…まだ普通のひと」
「普通?これが普通か?何?普通ってナニ?家に火ぃつけるねんで?押し入れの中に生きた人間おんの知ってて燃やして普通って何よ?…サイコパスって相当のバカモノやな…そら誰にも相手にされんわな…」
「サイコパスはな、待つて答えるねん」
「何を?何を待つの?」
押し入れの中の主人が出て来るのを待つ
「ぃやぁあぁああぁあ~怖い…狂ってる…狂ってるで…」
「やろぉ?サイコパスが考えそうな異常な答えを考えても、サイコパスの答えのほうがはるかに異常やから、そんなモンじゃないねん」
「サイコパステストの中でコレが一番怖いわ、ホンマに異常」
「だから酒鬼薔薇とか元少年Aは異常やねん」
「うん、ひとりだね。精神病質者1名」

昼ごはん中のサイコパステストは、夕食になっても鳴り止まない。
ナムルを作りながら、サイコパスに寄せた回答を考えまくる。

「男の子がクリスマスにプレゼントをもらいました。サッカーボールと自転車でした。でも男の子は嬉しくありません。なぜでしょう」
「ふたつももろといて…」
「普通のひとだと、既に持っていたからとか、欲しいモノと違ったとかやねん」
「そうだろうとも。でも私はサイコパスになりきってるからな、答えはわかってるで」
「なに?」
男の子に足がないねん
「そう!それがサイコパス」
サイコパスのコツつかんだ。

「友人を殺しました~」
「いきなりやな」
「テストやからな」
「殺したところをバイクに乗った宅配のひとに見られました。宅配のひとを殺しましたがなぜでしょうか」
「見られたからやろ?」
「て、答えるのがフツーのひと」
「口封じ」
「そもそも殺した理由が違うねん」
「えー…もぅ…ヤだそんなの…人間としての根本が違うとよけいに怖い…」
「それがサイコパスやから」
「サイコパスは何てゆぅてんの?」
そのバイクで逃げるために殺したて答えるねん」
「ぃやぁあああ~…人間じゃない…人間じゃないよ…」
悲鳴と恐怖が止まらない。


「連続殺人犯がいます。今日ちょうど5人目を殺しに行ったら、殺したひとの部屋が散らかっていたから、殺したあとで片づけました。なぜでしょう」
ぼくがキレイに片付けてあげたから感謝するんだよぉうひひひひー…
「うん、違う。」
死後の世界で部屋に戻った時のためにキレイにしといてあげるからねぇひーひひひひ…
「違う。」
「なんでよ、異常やんか」
「サイコパスはもっと異常やねん」
「はっ…わかってしまった…!記念すべき5人目の殺人やのに部屋が散らかってるのはふさわしくないからやっ!!」
「うぁ~…そう!まさにそう!本当にその通りに答えるねん!記念すべき5人目に散らかってるのがふさわしくないて言うねん!」
「ぃやぁあぁああ!!!どうしよう…サイコパスの素質がある…」
「いやいやいや、この答えを最初に『ペ』て答えるからサイコパスやねん。違う・違う、ゆぅて『ん~…サイコパスだったら~…』て考えて答えたらサイコパスじゃないねん」
「あぁ…よかった…凡人で。普通、サイコー!」

そんなこんなでフツーすぎる凡人がサイコパスに寄せてる片手間に作ったナムル→サイコパス・ナムル





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-05 23:34 | +knowing+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA