<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

なんて破廉恥な

さっちゃんが鹿に餌をやるためにわざわざ奈良に行くという朝、私はいただきものの宮崎産完熟マンゴーを食べました。

さっちゃんとは、ここ10年くらい年々栄養状態が良くなる一方の盆踊り仲間で、31歳だから本気でダイエットを考えないと踊れないカラダになると40歳難病の私が密かに心配をしている人物です。
踊れるデブを目指したらいいと励ますと、パパイヤ鈴木ではなく芋洗坂係長を選ぶ、そんな心優しいふくよかなひと、それがさっちゃんです。


鹿餌付の朝、シックスパック腹筋の話題になり、さっちゃんが食べる前のマンゴーみたいにねと表現するので、今朝食べたマンゴーを6つ以上に割ったったと技術の高さを自慢したら、鹿を育てる気マンマンのさっちゃんがこう言いました。

「オシャレな朝食やな」

そう。
ブルジョアジーな我が家の朝食は、もらった完熟マンゴーとハレンチトースト。
ハレンチトーストは一人前29.5円。
サンドイッチをした時に捨てられる運命にあるパンの耳は食パン一袋分2円で計算いたしました。

では、作り方です。
↓もちろん最近お気に入りのクックパッドですよ。

ハレンチトーストができるまで


恥を恥とも思わない、こっちが見ていて恥ずかしい、そんな破廉恥な御仁に是非とも食べていただきたい逸品です。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-06-25 14:04 | +knowing+ | Comments(0)
「お。なんやこの高級そうなチョコレートは」
「もろてん。食べてええで誰も食べへんから」
「なんで誰も食べへんねや?」
「ミントやからや」
「ううむ…そうか…」

自分が買った覚えもない食べ物を何の遠慮もなく食べくさるチョモと、おばーちゃんが買ったおばーちゃんちにあるプリンを勝手に食べおばーちゃんが買ったジュースを堂々と自分のバッグへ入れくさるヒー坊をもってしても、一口も食されなかった海外製ミントチョコレート。
「うわっ…ガムやなコレは」
ものの試しに食べてみた、むー。
そうだろうとも。ガムか歯磨き粉かそのあたりのフレーバーだから。
食えたモンじゃないから食われずに残ってる、そういう理由です。
私もひとつだけ興味本位に食べてみてそれ以降は近寄りもしなかったが、捨ててしまうのも忍びなく常温保存していた。
それがここ最近の気温上昇に伴い生意気にも溶け始めたのである。
「そうか…溶けるかァ…」
研究心が頭をもたげた。
脳炎長、復活。
人生の8割くすぶってるんだけど脳炎長ね、ごくたま~に復活するね。
脳炎長ね、自分のコト脳炎長て言うの。
自分のことなのにまるで他人みたいな言いぶり。
クセが強いってカンジが出ていいかな~と思ってね。

もらいものの海外製ミントチョコレートをチョコミントアイスに昇格させる手順→まだましチョコミントアイス

これまではサルレシピを+knowing+のカテゴリで書いてきましたが、脳炎長このオノマトペのレシピを本気のレシピの中に紛れ込ませようと思いつきましてクックパッドへアップすることにしました。
そうするとますます+knowing+の記事が減る一方ですが、レシピの体裁を整えられないような記事をココで書くからなんとかなります。
もしなんとかならなくても、とくに支障もないんですけどね。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-06-22 11:28 | +knowing+ | Comments(0)

スパソックス

三宮に行って歩き疲れると、阪急三宮駅から北野坂方面にチョーと歩いてジャンカラの前をシュと左折して右にピと曲がると出て来る足湯につかるんだけど、ココの足湯がアツアツなんだよね。

d0137326_23563807.jpg

足を入れてベンチに座ったらとりあえず足を一旦上げるんだけど、ウと我慢して足を入れておくとじきに慣れる。

なかなかのハイソックスよ、温泉靴下。

d0137326_23564232.jpg

日焼けしてるわけじゃなくて、熱湯の。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-06-11 00:06 | +朝臣寺+ | Comments(0)

TO YOU

ねぇ奥さん、梅雨入りですってよ。
まぁ大変、洗濯モノが乾かなくって困っちゃう。
コインランドリーが遅くまでやってるじゃないの。
あらヤだウチのドラム式洗濯機ったら乾燥機能付いてたわ、アハハハハ。
そんな主婦たちのざわめきが聞こえてきそうな梅雨入りが発表された今日をいかがお過ごしでしょうか。

「結局さ、ゆうべ何が食べたいか言わへんかったやん。買い物とかあるからギリギリじゃダメだっつったろ?」
「あぁ…そう言えば忘れてたなァ…」
「で?何すんの?どれリクエスト?」
「んん~…ん~…」
末子ヒー坊の18歳の誕生日。
満18歳。とうとう結婚出来る年齢になったのだ。
明日にでも結婚していいぞ、同意書なら書く書く。
ヒー坊はもう児童福祉法の定める児童ではなくなったので、今後の手帳の更新やその他のサポートの窓口が変更されることだろう。
児童ではないが未成年なので親の管理下にありまだまだ私のやることはありそうだが、ひとまずは自立の一歩が始まったというところだろうか。

「あれかな。コーンを卵で巻いた、みたいなヤツ」
「…何それ?」
「えー?アレやんか。卵とコーンの。マヨネーズの。」
「そんな料理、作ったことないけど?マヨネーズがかかってるん?」
「卵ひいてーそこにコーン乗せてマヨネーズやって、パタン、て」
「へ?!マヨネーズ、中なん?!出来上がってマヨネーズかけるんじゃないん?!」
なんなんだ、その私の記憶にないメニュー。
作ったとしても1回しか作ってないな、ソレ。
どうしてそんな馴染みのないヤツをリクエストするのだろう。

「ベーコン入ってた?」
「いやぁ…入ってなかったと思うけど…」
「えー…何か塩っ気のあるモンが入ってないと味しひんと思うねんけど…」
「塩入れたらええやん」
「塩そのものを入れるのとベーコンの塩っ気では味が違ってきますけど」
「ええー…じゃぁ…入れる?」
新メニューちゃうねん、食べたいモノのリクエストや。
ないんか、日頃私が作っててコレおいしいなァ~ていう、そうゆう逸品はよ、ないんか?あ?

ないみたいで、どんな食べ物だったのかを聞きながら『コーン卵巻き巻き』を作ろうと試みたが、ヒー坊本人が思い出せず「バターコーンでいいや」とメニューを変えた。よかったよ、お前の希望を無視してビビンバとミネストローネを作っておいて。急にサイドメニューに変更になるとは思わなかったけど。

去年から同じケーキ屋さんで同じ誕生日ケーキを買っているのだけど、4月のチョモの誕生日にはそんなこと訊かれなかったのに、今回はお店の女性が「おたんじょうびおめでとう」をひらがなにしますか漢字にしますか、と言う。漢字なんて書けるのか?15画だけど『誕』いけるのか?と思って、漢字でお願いする。

d0137326_00180835.jpg

私の腕をもってすれば40本でも50本でも4号(12㎝)のケーキに挿せるで、ロウソク。

d0137326_00181109.jpg

漢字だけど、お誕生日と読めるように脳内変換するタイプ。
読めるけど書けない漢字ってのがあるけど、新ジャンル『雰囲気で読む漢字』






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-06-04 00:22 | +ミルニング+ | Comments(0)

じゃんけん、ピョコ。

ショッピングモールの子供向けおあそびひろばの中のゲーセンに私の心を捉えて離さないマシンがある。

本家本元はジャンケンマンフィーバーというマシンなんだけど、今となってはそんな初期のマシンはどこにも置いていないので、譲ってジャンケンマンマックスアタックなのだが、それもとうとう世代交代が行われたようで、最近ではじゃんけん・ピョコだそうだ。

d0137326_13445187.jpg
ネーミングが悪いな。どうして可愛い寄りにしてしまったのか。


このどんなにやってもジャンケンしかしないマシンの兄弟分に匹敵するマシンを発見した。それがてるてるぼうずである。

d0137326_13452445.jpg
はれあめしかないのだ。
d0137326_13454672.jpg
天気にはくもりもあるのに。
d0137326_13462314.jpg
d0137326_13470726.jpg
d0137326_13470420.jpg
ボタンを選択してスタートを押すと日和下駄がクルクルと激しく回り出し、歯が上になって止まる。
d0137326_13462662.jpg
あめである。
これが、履いている下駄を飛ばして天気を予想する子供のお遊びだということを平成キッズは理解しているだろうか。飛ばした下駄を拾いに行くのに自動的に片足でケンケンをすることになり、それが結果的に身体能力の基礎訓練になっているという事実を理解するのはいつだろう。…いつまでもなさそうだが。

じゃんけん・ピョコはネーミングこそ変わったが、ゲーム内容は変わらない。
変わりようがないんだけどね、ジャンケンするだけだから。

d0137326_13485385.jpg

3つのボタンに安心感すら覚える。
本気でジャンケンしかしないことが伝わってくるというものだ。

d0137326_13492197.jpg

この注意書きはどんなマシンにも書いてあるようだが、指を奥まで入れたら何か危険なのだろうか。

d0137326_13492446.jpg

試してみたが、これといって危険はなかった。大人だからだろうか。

d0137326_13501592.jpg

ちょきを選んでジャンケンをすると、マシンからぐーピョコと出てきた。
初期モデルからデジタル表示だったのにここへきてマイナーチェンシをしてきた意図はなんだ。

d0137326_13503798.jpg

思った通り、じゃんじゃん負ける。

d0137326_13503301.jpg
負けても「ずこー」と言うあの腹の立つ効果音が無い。
これではダメだ、あの可愛らしい声で抑揚なく「ずこー」と言うことでこちらが負けたことを示してこそ、ジャンケンマシンは勝ち誇る権利があるというのに。
d0137326_13511158.jpg

メダル9枚まで連続して入れられる仕様になっている。
これまでは一枚一枚入れて、当たったらいちいちメダルが払い出されていた。
機械が壊れたのかと思うほどの音でメダルが払い出されていたので、このマシンで勝つと途端に子供が寄って来ていたものだ。それがメダルの保留機能が付いたなんて。

d0137326_13511897.jpg

おっと!勝利!

d0137326_13511486.jpg

ん?


ええっと…連続で4枚入れて…ジャンケンに勝って4枚のコインを獲得。

払い戻しが8枚。

d0137326_13512012.jpg
保留、出来ないのね。
入れた分もいちいち払い出されるのね。
勝ったらイチからなんだ。
負ける者にのみ便利な機能だったのね。
可愛くないぞ、じゃんけん・ピョコ!!






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-06-03 13:56 | +朝臣寺+ | Comments(0)

退会出来ないシリーズ⑨

ちょっと前に選挙カーが『あなたの一票が ものを言う』と七五調で訴えていたけれど、私の39年間の経験上では、たったひとりの言葉やたったの一票では、この国は変わらない。たったひとりの異なる意見は掻き消されるのが常である。それが、民主主義なのだから。
ただ、そのたったひとりが声を上げ続けるのを怠らなかったら、やがて理解者が現れ多数の声となって届く。そうやって積年の小さな声から耳に届いた現状を、政治家は平等な目で見るだろうか。末端の人間の声を聴き洩らさない耳を持っているだろうか。我々が受けた痛みを感じる心があるだろうか。

私が公平な目で見、両方の耳で聞き、何を感じるかをアナタの一票で判断してください。

そう言って選挙活動をする政治家がいたら、私はそのひとに注目すると思う。そんなことを言う人間が宗教家ではなければね。


地道にたったひとりの小さな声をお届けしている私は、まったく政治に興味はないけれど、穿った目で見、面白い情報だけを聞き、フザけゴコロを全面に出して活動していきますので、どうぞアナタの一票で評価してください。


d0137326_13533644.jpg
うんぬん、は「うん、うん。」がそのうちなまって「うんぬん」に変化した云(うん)である。その後に付け足した強調の言葉にはたいていこれといった意味はない。リズムや語感が決め手である。「うんぬん」だけよりも「うんぬんかんぬん」のほうがオシャレでインパクトがあるのだ。『ウンナナクール』と聞こえんこともないくらいオシャレではないか、ほら。退会の云々かんぬんもやっぱりオシャレでないとこれからはいかんのだろう。退会にもオシャレが求められる時代なのだ。

d0137326_13534997.jpg

時代がエコにモード感をプラスして、最近では古着屋のセレクトショップ化が進んでいる。
私は古着屋を20年以上愛し続けているが、20年前の古着屋は『臨終前の衣料の墓場』といった有様だった。どこで仕入れているのか品揃えのクオリティは低く『捨てる前の服』がズラリと並びそれらの衣料は雑多に置かれ、商品感がまるでなかった。
しかし今の古着屋は見違えるほどの脱皮を遂げた。
古着屋と言わなければファストファッションの新店舗かと見紛うほどの外観、ブランド別・サイズ別・色別・アイテム別とわかりやすく陳列された商品、若いスタッフたちは雑誌の後ろのほうにサムネイル掲載されている『街角のオシャレな人々』のようなカンジで、どのスタッフも読者モデルのよう。
あたたかく古着屋の行く末を見守って来た人間としては、昨今の古着屋がオシャレに傾いている現状を嬉しく思う。思う、思うさ、思うが、USEDという言葉に片足を突っ込んでいるこの抜けたオシャレ感を、少し寂しくも思うのだ。

20年前のビフォーな古着屋。
ジーンズくらいしか購買意欲が湧かなかった品揃えに、閑古鳥も鳴く気力を失っただろう人の気配の薄い店内、ギャンブルが本業じゃないかと思える風貌の店主は「いらっしゃい」の一言を発すわけでもなく、たまに釣銭がなくて端数切捨ての値段になる“抜け感”なんかじゃなくて本気で抜けてるそんなビフォーな古着屋。あの雰囲気も捨て難いモノだと思う。
そんな哀愁を胸に秘め、行きつけの中でもとびきりアフターなUSEDショップでオシャレな風に吹かれていると、その風に乗ってスタッフの声が聞こえてきた。

「いらっしゃいやせぇ~」
「どうぞごらんくだせぇ~」


江戸か?
大江戸か?
だいぶビフォーに遡っているスタッフ。
そこまでのビフォーを求めたわけではないが、もしかすると『鎖国セール』や『士農工商キャンペーン』を始めるのかもしれない。
ビフォーが注目される日も近い。
ビフォーの決め手は「なんじゃこら」感。
なにかひとつでもいいので疑問が浮かぶと、立派なビフォー。

今まさにこのサイトではビフォーがアツいのか?先取りビフォーか?
退会してもしてもしてもしても受理されない、輝かしいまでのビフォーが今まさに展開中なのかもしれない。


去る5月18日、ルポを書く事とうとう3ヶ月の月日が流れた。
ちょっとした正社員なら試用期間が終わったくらいの月日である。
辞めるなら今だ、というタイミングでもある。
試用期間ならたった一枚の退職願で辞められるだろう。
もしくは本契約前の口頭意思表示でもいいかもしれない。
そうか、私はきっと優秀な人材なんだな。
60回も無視というカタチで引き留められるなんて。
そんなわけで、記念祝ルポをわざわざ書いてみた次第である。

退会出来ない【祝☆記録3ヶ月記念日】

woofoo.netに退会届を送信すること60回、送信し続けること約5ヶ月。
ルポとして投稿をし退会届の受理を本格的に指折り数えること、今日でちょうど3ヶ月を迎えました。月日の過ぎるのは早いものですね、退会しようと思い立った時には12回目の転職先でペーペーの新人だった私も、3日間の講習を受けステップアップしてスーパー新人になりました。

5ヶ月も退会届を送信し続けているのに、ルポのほうが今日でちょうど3ヶ月と差があるのは、退会届を出し始めたのは2014年の12月下旬ですが、ルポとして書き始めたのは2015年2月18日だからです。
退会に手間を取られる生活も、冬から春をまたぎとうとう梅雨に入ろうかという事態で、いまも雨がシトシトと降っています。
一体いつになったら、はたまたどうしたら、何を渡したら、ドコへ行けば、何を書き何を訴え何時に何回どのように送信をすれば私は退会出来るというのでしょうか。最近では回線種別が原因ではないかとネット環境の見直しを考えるようになりました。大変に、迷える子羊です。

この3ヶ月間に送り続けた60回の退会届の1回分のルポ執筆にかかる平均時間は40分。退会理由を考え、解説を作り、送信をするのに短い時には10分、長い時には2時間以上かかっています。とてもそんな時間をかけているとは思えない文章に仕上げるのは本当に苦労の連続で、空港が近いのをいいことに海外逃亡を謀ろうかと思うことも184回ありました。しかし、私は逃げませんでした。パスポートがないからです。私の人生に於いてパスポート申請をするような出来事が起こらなかったのが原因で、私には悲しいかな旅券がありません。

そんなわけで私は旅立ちませんから、時間がわりと余っていて、こうして退会届の文章を書くのに本日も3時間20分を無駄に消費しました。この文章に3時間以上もかけているとは信じられないでしょうが、紛れもない事実です。とてもそんな時間をかけているとは思えない文章に仕上げるのに苦労して、コンビニが近いのをいいことにコンビニ強盗でもやって憂さを晴らそうかと過りましたが、そんなことをしたら退会届が出せなくなるなァと思って踏み止まりました。継続はチカラなりですね。どうかしているとしか言いようがございません。



d0137326_13555830.jpg

九死に一生を得る人がいる。危機一髪で助かる人がいる。そうやって命拾いをすると考え方に変化が生まれるという話をよく耳にする。物欲がなくなり出家するひとまでいるというから、死を感じる体験が人間の心理に及ぼす影響の強さとは計り知れない。
2年前、突然の激痛に救急車で運ばれては家に戻り運ばれてはまた家に戻り、激痛が止まず「こりゃ下手したら死ぬなァ」と覚悟した病名不明の8ヶ月間を経て、無事に難病の診断が付いて病気を飼い馴らしながら生きていくことが決定したが、これが私にとっての九死に一生を得た経験だとしたら、私は助かってなおも物欲があり出家など滅相もない気持ちでいっぱいだ。考え方の変化と言ったらより死が身近になったくらい。人間の死亡率はなんせ100%で、早いか遅いかの違いがあるだけだな、ということがわかり、残念ながら私は早いタイプだと悟った。こんな悟りを開いたので、せっかくだから退会したいと思う。

d0137326_13561792.jpg

お蔵に入ってしまうと、それはそれはなかなか出てこない。
人間がお蔵に入るということは、要は拗ねているのだ。
私はお蔵入りします。
なかなか出て来ませんので、そのおつもりで。

d0137326_13563633.jpg

つゆだくの丼物をかっこむと、ごはん1粒が、目の奥とも鼻の奥とも口の奥とも言い難い、目と鼻と口の奥の交わった箇所その1点のスポットにはまり込み、咳をしようが鼻をかもうが口を開けて喉を鳴らそうが、ごはん1粒はウンともスンとも言わない。いつまでも違和感があるのだけど、何をしても頑固にごはん1粒がビクともしないので、あのスポットから出すのを諦めて素知らぬ顔をしていると、お風呂やトイレで急に自ら出て来る。なぜこのタイミングで出て来た、と思うがこれをコントロールする術はないという話を知人としていたら、このポイントに何か名称はあるのだろうかという疑問が浮かび上がった。知人Aは「鼻の奥」と言っており、知人Bは「鼻の奥の下」と言っているそうだ。私は先出の通り「目と鼻と口の奥の交わった箇所」なので、3人とも位置的には同じ場所を指しているようだ。こんなに皆が身体の内部の特定の場所を指しているのに、そこに名称はない。あるのだとしても聞いたことがないのだから知名度は低い。そろそろあのスポットに名前を付けてはどうだろうか。例えば『イン』とか。入るという意味のINでもイイし、INに入ったら気分的に陰に入るので陰でもイイというなかなか韻を踏んだネーミングである。







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-06-02 14:06 | +in the sky?+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA