<   2014年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

福袋

朝の8:30になったら何をしていても私は朝ごはんの準備をすると決めている。
それは『Hook Book Row』という15分間の幼児番組を視聴するためである。
なんせ15分しかないので何も見逃したくないのだが、油断していると何かを見落としてしまう。
老舗の本屋『日々はんせい堂』で起こる日常のあれやこれやの出来事に絡めた歌を口ずさみ、言葉遊びが主体となっているショートコーナーがある。15分間しかないのに『Hook Book Row』という様々なパターンのジングルまで入れ込んでくるのでもう忙しくって仕方がない。

今日なんて『日々はんせい堂』で働く平積傑作クンが雑誌のページに昔好きだった女のひとの写真を挟んでいてそれを見つけられるというハプニングが起こったが、その写真を見落とした。

「アンタ、平積傑作が隠し持ってた女の写真見た?どんな人やった?」
「ボクも見てなかった」

この後のワンチャンス、本に挟んだ写真の端っこが見えるという演出で見た女のひとの写真とはもちろん本当の写真ではなく、幼稚園のおたよりに添えられているイラストカット集のようなタッチの『おんなのひと』だった。
…ま、そうだよな。幼児番組なんだから。

「写真の女のひと、なんか髪の毛がまるまってたな?」
「三つ編みやろ?おさげ髪ってことやんか」

大学時代の軽音部の先輩で、傑作クンが一方的に片想いをしていた女のひとなんだけど、大学生でおさげ髪をしているほど傑作クンの年齢に時代を感じ取れないのだが…調べてみたら傑作クンこと谷本賢一郎氏は40歳。しかも兵庫県出身で、しかもしかもブログがエキサイト!こりゃ応援しないと!傑作クンがんばれ!あ・頑張ってください(私のほうが年下でした)
1つ年下だけども私、まぁほぼほぼ同世代ってコトでいいのではないでしょうか。

私たちの世代ではもうおさげ髪は中学で終わっていたと思う。高校で編み込みでおさげにしてないこともなかったカンジはあるが、なんせその時分というのはもぅバブル絶頂期。日本全体の浮かれっぷりは尋常じゃなく、それは女性の服装や髪形に如実に表れていた。ワンレンボディコンというのが流行るほどだったので、地味なおさげ髪が日の目を見ることはなかったんである。そして大学に入学する頃にはバブルがアッサリとはじけ飛んだ。今日にまで至る長い長い就職氷河期をあの頃の女の子たちはおさげ髪で乗り越えたのだろうか。ティファニーのオープンハートを質に入れ、エルメスのバーキンやヴィトンのモノグラム各種を売ってバブル崩壊後の生活スタイルを整理してゆく女の子たちの順応性の素晴らしさよ。

そんな環境下で傑作クンの憧れの君は、おさげ髪。
『古き良き日本』てのがベースなんだね『Hook Book Row』

しかーし!
今日の最後に歌ってた曲の『ぱ~っとパーティー!』なんだけどもね、歌詞でこんなんあったわけ。

スマホもPCもオフにして

ガラケーは?
古き良きガラケーは?
私のガラケーは現役なんだけどな☆
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-10-31 23:12 | +in the sky?+ | Comments(0)  

ハロウィンウィン♪

「何あれ~?」
「ご自由に写真どうぞーていうヤツちゃう?ハロウィンの」

それは、雑貨屋さんの立体宣伝。
風船でアーチを作りおばけをあしらい、かぼちゃキャラクターを配置した撮影コーナー。
ハロウィングッス絶賛発売中!

小さな小さな子供たちがワ~キャ~ゆぅて群がる中にちゃっかり混じり、ご自由に試着出来る仮装グッスのカゴを漁る。
「これって小さい子供しかアカンのかなぁ?」
「えんちゃう?大人がやっても。ただこんなんするような大人はおらんやろけど」
「おるやんココに。」
d0137326_1744128.jpg

やったモン勝ちですからね、こうゆうことは。

恥ずかしいコトなどない。
恥ずかしいと思う自分がいるだけ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-10-31 17:55 | +in much guy+ | Comments(0)  

ネグセット

「アンタぁ寝癖くらい直していきなさいよー」
「もー時間ないからー」
「iPodいらう時間があるやないかー」
「行ってきまーす」

というやりとりをヒー坊とやり続けることそろそろ2年である。
この2年間、一度もヒー坊は身なりを整えずに学校へ行く。

「今日も寝癖ットがキまってるねぇ…ちょっと写真撮らせてよ」
「もー時間ないからー」
「すぐ終わるからすぐ終わるから」
「もー早くしてー」

いいかーよく聞けよーオマエの兄はこの2年間、髪を立てるのに必死だ。
誰も見ちゃいないのに、髪を立てるのに命をかけている。
風呂上りにドライヤーをかけ、冷蔵庫を開けたついでにドライヤーをかけ、思い出したように夜中にドライヤーをかけるその頻度に「髪…燃えてへんか?」と心配の声が上がるほどである。
朝になるとまた念入りにドライヤーをかけ、ヘアワックスを使い、自然なカンジのナチュラル束感を作るのにトータル1時間は超えようかという明らかに不自然な時間を割いて髪型をキめている。

しかし弟のヘアスタイルは睡眠中に勝手にキまる。
d0137326_2133720.jpg

「チョモが40分も50分もかけてセットしていく髪型をアンタは寝癖で実現して行くんやな…」
なんて恵まれたヤツなんだ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-10-29 21:37 | +in much guy+ | Comments(0)  

再就職だョ!原因集合~♪

ずっと女の職場にばかり就いていたので、ここらで男社会を垣間見たいと思っているが、むーがどうも男の職場に行くことをすすめない。

「オマエ3mて知ってる?一緒に観たっけテレビ?」
「何が?」
「知らんの?人との距離よ、3m。それ以上近づいたら好きになるねんて~~」

きいて驚け男の職場をすすめない理由が、私の不倫だ。
私は結婚する前もした後も宣言している通り、何があっても不倫だけはしない。なぜなら、それが夫婦間の信頼関係を修復不可能なまでに崩す行為であることを知っているからである。
高価な化粧品を売りつけられ (→詳細)たり、クオリティの薄いポエムを売りつけられ (→詳細) たり、噴飯価格の下着を売りつけられ (→詳細) たりして、魔がさして買ってしまい借金をこさえる事態は招くかもしれないが、私が不倫をすることは断じて無い。

「あんなぁ…もぅなぁ…誰かを好きになるとかなぁ…そうゆうトシちゃうねん。それに今まで3m以内に近づいた人なんてアホほどおったけど、誰のことも好きになってないし」
「オマエになくても、向こうが!」
「そうかー…中年でも恋愛するひとはするかー…じゃぁ会社にいる男全員が既婚者で定年間近のおっちゃん、ちゅうトコにするわ」
でもワタシ、おっちゃんにこそモテるんやでー。

19歳で結婚したのでむーの中で私は19歳の世間知らずなんである。
たしかに家庭に入りのんびりと守られて20年を過ごしていれば、たまに働いたとて社会の荒波に揉まれたとまでは言えないことだろう。
しかし私も39歳で、たくさんの人とそれなりに関わって生きてきた。
当然だが自分の好む人だけではなくやりにくい人物とも接して仕事をしてきた次第である。
働く中では辛いことも納得のいかないこともあり、ストレスも勿論あった。
しかし私のストレスは、難病発症の原因になりこそすれ、不倫をしようと思う動機にはならない。

矢口っちゃんが軽率だったために『妻が不倫する』というイメージがどんな妻にもついたらしいむーは、矢口っちゃんの動向に大変ご注目であるようだ。
「矢口出てんで~」
とわざわざ、ミヤネ屋に矢口っちゃんが出ているのを観るよう促したくらいである。私はとくに矢口真里というひとの動向に注目はしていなかったが、むーが見て欲しいみたいなので観てみた。
その結果わかったことは「夫以外の人を好きになったのに離婚せずにいた」ということだ。

矢口真里と私の考え方は最終判断が違う。
心変わりがすることもあろう、それを責めることは誰にも出来ない。結婚をしてからの生活で好きだったひとのアラも目につくようになる。愛想を尽かすような場面なんていくらでもあるし、夫婦喧嘩もすることだろう。結婚生活とは忍耐の連続でもあるのだ、別々の暮らしをしていた他人が一つ屋根の下で暮らすということは互いに許し合うことが肝心である。
結婚生活に疲れきったまさにその時に優しくされたら魅かれることもあるだろう。だったら何も事が起こっていない時に、正直に夫に話して離婚し、それぞれの人生の再スタートを切るべきで、それが夫に対する礼儀だと思う。不倫現場を目撃されてバレたから別れましょう、というのは順序が間違っているんじゃないか矢口っちゃん。私が同じ状況であれば、夫に正直に話したい。心変わりは致し方ないのだ。好きになる気持ちは本人にも止められやしない。しかし、ちゃんとした大人なら理性というもがあるし、最低限の『ひととしての在り方』だけは間違ってはならんと思わんか。卑怯な選択をしないというのがひととしての基本だとは思わんか。

結婚していて夫がいる以上、私は不倫をしない。
なのに、私とはまったく関係ない矢口っちゃんが、私の宣言の信憑性をなぜか欠いているようだ。
ミヤネはんは関係者等々には迷惑をかけたかもしれないけど、世間様には何も迷惑をかけてない、と言っていた。
おは朝のミヤネはんやったのにフリーにならはってちょっと痩せたんちゃいますの、ミヤネはん。体重しぼりはったん?贅肉とかいろんなモン落としはってんやね。

間接的にこんなカタチで世間の中に居るひとりは御免被っております。
矢口っちゃんが世間に対して真摯に向き合い信頼回復をしてくれないと、就職活動にすら疑惑の目を向けられるキビシイ状況に置かれてるんですよ。

ひとつよろしく頼みますよ、私ホンマは何にも関係ないねけど。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-10-28 16:19 | +難℃ set key+ | Comments(0)  

大ニッポン帝国むーツーリストの週末チープ観光

ひとは人生の折り返し地点を迎えると急に『いつ死ぬかわからん』という心持ちになるものであろうか。
風邪ひとつひきやしないむーがこの頃、無性に健康的な外出をしたがる。
酒を呑むかギャンブルに走るかほぼその二択しかない不健康な趣味で休日をまわしていたむーが、生きているウチにいろんな場所に行くのだと言い始めた。
どうやら『死期が近い』という迷夢に落ちたようである。

そう。健康なひとほどローコストで死を迎える傾向にあることを、これまでの経験でいくつ見てきただろう。昨日まで元気だったひとが、あっさりとウソみたいにポックリと逝く。大往生すぎて、あんな風に死ねたらイイなと皆に思わせる。
私のように難病を患い月に2回せっせと大学病院まで通っているようなヤツほど、金を使ってズルズルと生き延びてしまう。日々進歩しちゃってる医療ってね、費用が嵩むよね。
そう。どう考えても死にそうになっているのは私のほうなのに、健康なむーのお出掛けが週末の度に発表され、私は痛みと戦いながら参加するのである。

というのも、大ニッポン帝国むーツーリストの週末チープ観光は、非常にハードな弾丸ツアーなんである。
見どころがありすぎて時間がないのよ、いつもいつも。むー添乗員は必ずこの言葉を吐く。
「ココでそんなんしてるヒマないでー」
あぁ忙しない忙しない。
だからホンマはいろんな段階を踏んで最終目的地に到着、みたいなことなんだけど、ゆっくりしてるヒマないから、いろいろ飛ばしてる。

目的地は五月山動物園。
に、行くまでには等身大ナイチンゲール像を拝んだり、ビリケンさんを撫でたりもする。
d0137326_16521589.jpg

そして、ちょっと見ても知識がないとわからないカンジの石も見る。
d0137326_16521991.jpg

これが後の世で井戸の研究をするひとによって必要不可欠な資料となることはないと思うけれど、平成18年の工事中に発見された井戸の石と写真を撮ろうと思った一般人が居た事を忘れてはならないと思います。池田市民ではなく伊丹市民だけども、この石の硬さは乗って確かめました。

「50円やで~自販機」
d0137326_16522353.jpg

「どうせ飲みたい種類のジュースなんかナイんやって~…あ。あった。私このコーヒーと~あとお茶~」
「・・・」
「?買ってよ?」
「あ、俺?」
「小銭入れ重いって言ってたやんか、買ってよ」
「ふたつも?」
「弾丸ツアー過ぎて疲れた~あと団子も買って~コーヒーはいま飲む用~お茶は団子食べる時用~」
「しゃ~ないなぁ~」
…言ってみるもんやな。『弾丸ツアー過ぎて疲れた』を繰り出せば何でも買ってもらえんちゃうか。
「あとブーツも買ってよ~弾丸ツアー過ぎて疲れた~足いた~い」
「ブーツ?いくらすんの?」
「5000円くらいかな」
「そら無理やな」
「ちっ」
弾丸ツアー、ジュースと団子は無料で付いてきますが、ブーツはオプションです。

いろいろ飛ばして五月山動物園に到着。
d0137326_16522635.jpg

アーチの字体からもわかるようにチビッコ対象の動物園という雰囲気がしています。
むーツーリストの目玉はチープなツアーなので旅費をグっと抑えて行動力と参加者本人の体力でカバー。
五月山動物園は家計に優しい入場無料。
d0137326_1655185.jpg

イベントはスージーのマジック。
d0137326_1655585.jpg

これが、スージー。
若いお姉さんだよ、アイドルみたい。
d0137326_1655738.jpg

ちなみにこれは、山崎パンのスージーちゃん。

『ミニブタ♡ヤギショ~』という抜け感のあるショ~にわくわくするー
d0137326_16573067.jpg

ブタは飛ばしてヤギのショ~
d0137326_16573658.jpg

背中に乗るのが得意やの~

d0137326_16574010.jpg

「オークン、て何だろう?きーたことないなぁオークンていう動物?アレが?」
d0137326_16581931.jpg

「いやいやいや、思いっきりアルパカやないか」
「アルパカなん?アレ?じゃこのオークンて何よ?」
「オークンていう名前やないか」
「名前付いてんのっ???いちいち???」
「そりゃぁ…付けとるやろぉ…」
だって動物園やで?ペットはあるまいしさぁ…。王子動物園なんて国賓級のパンダと王子公園で生まれたゾウにこそ名前が付いてたくらいで、マンドリルとかエミューとかキリンとかシマウマにはいちいち付いてなかったと思うけどなァ…。フラミンゴに名前付いてたって識別出来るわけないし、あんなに群れてて。

どうやら五月山動物園は、全ての動物に名前を付けられる規模のようです。
d0137326_16582346.jpg

ううむ…顔で見分けるのだろうか…ツノかな…性格か?
d0137326_16582773.jpg

パ…パンチ?

自分で予告をするポニー。
d0137326_16591819.jpg

注意というより、宣言に読める。
d0137326_1701962.jpg

しかも噛むことへの因果関係もちゃんと宣言。
甘噛みとかじゃないよ。
エサと間違ってんだからね、気持ちは咀嚼だよ、噛み砕くよ。

ふれあいコーナーではチビッコたちがいろんな動物に触る。
その中でダイの大人である私も、陸ガメを触ったりうさぎを触ったりするのだけど、ワンフロアの中でニワトリだけスルーするってのもどうかと思い、致し方なく柵ごしにチロっと触る。
d0137326_171469.jpg

我が里の父親の職業はブロイラー業ですんでね、ニワトリはもぅイヤってほど触ったつーかなんつーか。ちみたちには衝撃が強かろうとて文字には出来ないけど、生きた状態からつぶせるっつーかなんつーか。

d0137326_1712264.jpg

いかにも作りモンの岩のトンネル、何だろう。
d0137326_1715153.jpg

さんびきやぎのがらがらどん…ううむ、きーたことある。
d0137326_1721477.jpg

でも、ヤギになってどう遊ぶかは記憶にない。
調べたら北欧のお話で「がらがらどん」という名前の3匹のヤギがいる。
3匹もいるのに名前が全部「がらがらどん」なのよ。
五月山動物園のヒツジは4頭すべてに違う名前を付けて個体識別をしていたというのに、北欧は3匹とも名前は一緒。おおらかっつーかなんつーか。個体識別は大きさでするみたい。大中小のがらがらどん。大きくなるだろう、やがて。識別が難しくなってくるだろう、のちのち。

「弾丸ツアーやから疲れた~パン買って~」
「どれ?」
イけるもんやな。弾丸ツアー無料でパンも付いてきます。
d0137326_1723170.jpg

ビルの窓に反射している空が、素晴らしく空なこと。
昔、まだカメラがフィルムだった頃インスタントカメラの残り数枚の使い道に困って青空を撮りそれを栞にしていたんだけどその時に『雲一つない青空』というのは写真にした時には何が何だかわかんない写真になる、ということを知った。
空を写真にする時ってね、雲の分量が決め手。

d0137326_1724798.jpg

池田市のゆるキャラは、ファミリーです。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-10-20 17:21 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

返してケロ

ケロちゃんはコルゲンコーワのキャラクター。

d0137326_1415646.jpg


コレを「ケロヨン」だと思っている人が多いと思うけどケロヨンは『カエルのぼうけん』の主人公のカエルの着ぐるみ。「バハハーイ!」が口癖のキャラクター、それがケロヨンです。

ついでだから言っておくけど銭湯のプラスチック湯桶の底に書いているのは「ケロリン」内外薬品株式会社の広告で鎮痛薬のケロリンです。

ケロちゃんにケロヨンにケロリン。
間違えやすいので、復唱しましょうか。
コルゲンコーワがケロちゃん。
バハハーイ!がケロヨン。
湯桶の底がケロリン。

コルゲンコーワのケロちゃんが、先日の山登りの最中に地面で転がっているのを見つけて「拾ってきてー」とヒー坊に頼んだら、拾ったのだけどこれは自分の物であると主張する。ヒー坊は、落ちているケロちゃんを見たけれど全く拾う意思はなかった。私は拾う意思が最初からあったのだけど、なんせ体調不良のカラダで山道をさらにゆかねばならず、余計な体力消耗は控えたかったので、拾うという行為を若きヒー坊に依頼したのである。「お手伝い」の一環やね。それやのに、自分の物だと、自分が拾ったのだと主張する。

「ちょっとーちょーだいよー」
「じゃぁ1000円であげる」
「高いわっ!」
「じゃ500円」

ものの2秒で50%OFF潔い。
しかしお前は絶対に事業を起こすな、確実に倒産する。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-10-20 14:04 | +談合料亭『千徒馬亭』+ | Comments(0)  

日傘衣替え

半年ほどかけて、日傘の衣替えをした。
本気で取り組んで日傘に全てを捧げて作成したら1ヶ月で完成するとは思うけど、遊び半分で作成したので半年もかかった。
それでも入院中の暇つぶしとしてラストスパートをかけたので、出来上がりは早いほう。
陽射しが強くなる5月に完成さしとこうおもたら、遊び半分に作る気なら前の年のハロウィン終わったくらいからぼちぼち始めましょう。

「日傘なんて作れるのぉ~?」
と、私がベッドの上で日傘を作っていたら、掃除のおばちゃんから看護師さんから患者さんからいろんな人がお聞きになりましたが、ハイ作れますよー。
フツーに晴雨兼用の折り畳み傘を買って、その骨組みだけを再利用して日傘をこさえるのもこれで2度目です。雨傘の骨組みを再利用してもいいですが、サイズが大きくなりますのでね、重くなってしまいます。純粋に布で兼用ではなく晴れている時にしかささない日傘を作るおつもりなら、折り畳みにすることをオススメします。折り畳み傘の骨組みだけも売っていますので手芸店でお求めください。

前回は縮緬の羽織を再利用して桜の模様(→詳細)でしたが、今回は道行を再利用しての水玉模様です。
地模様が施されたレトロな水玉に、薄い緋色の裏布を足してみました。
大正ロマン感を強調するために。
d0137326_1026427.jpg

骨組みと繋げる部分のバイアスも大正ロマンありありの布で仕上げます。
d0137326_1026987.jpg

傘作り、細かい部分は全てチマチマ手作業です。

このように所々にちいさく穴をこさえます。
d0137326_10261320.jpg

これで強風が吹いても大丈夫。

縁取りのレースももちろん手作業です。
d0137326_1037462.jpg

編み図があるわけでもなく「こんなんかな~」て感覚でやります。
d0137326_1037965.jpg

失敗した時には「あじ」て言っときゃイイから。

骨組みと合体させます。
d0137326_10371294.jpg

これも、完全手作業。

日傘のお帽子。
d0137326_1037455.jpg

この部品が意外とカナメだったりします。
d0137326_10375015.jpg

ココで可愛らしさがグっとシまるのね。

刺し子糸とレースでリボンをこさえます。
d0137326_10375656.jpg

クリンとなってしまったけど、それもアジ。

グルリと一周さして結ぶための、リボン。
d0137326_1038057.jpg

傘をさしてる時までちゃんとリボンという可愛らしさ。

これで6年くらい使用できますのでね、経済的でしょう?
d0137326_1038350.jpg

それに何といってもこの世に一点モノの完全オリジナルという付加価値が付いてますからね。
モノを大事にする極意とは、手間をかけるということです。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-10-19 10:45 | +mender!+ | Comments(0)  

サルレシピ *7分ホワイトソース*

「うぉおおお~~今日のホワイトソースは劇的においしいっ!とてもレンジ7分チンで作ったとは思えないねぇ」

そのレンジでチンして7分で作ったホワイトソースに、冷凍ハッシュドポテト・冷凍ほうれんそう・冷凍コーン・冷凍ベーコンと、これでもかと冷凍食品の恩恵に与った具材を足し算して18分で作ったとてもカロリーの高いポテトグラタンがこちらになります。

d0137326_21173724.jpg


ホワイトソースのレシピを知りたいかたは、電話をかけてきてくださいね。
早口2分で説明しますので。



本日のサルコイドーシス豆知識

無症状のサルコイドーシスは2~5年で自然寛解します。
この「しぜんかんかい」という状態は、完治じゃないんですよ。
病気による症状が好転するか、ほぼ消失している状態が続いていて、永続的であっても一時的であってもその期間に関係なく臨床的にコントロールされた状態を指すんです。
症状が出でしまった場合は、10年ほど明るい闘病を!
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-10-17 21:38 | +knowing+ | Comments(0)  

これ幸いな名前という

「山のあなたの空遠く 幸い住むと人のいう ああわれ人ととめゆきて…」
「へ?なんでその詩をアンタが知ってんの?」
だってその詩は落語の調べなのに。
「知ってるで。だって学校で習ったから」
「へぇー」
学校教育が教える詩人って、世代で違うのか。
私たちの世代では知っていて当然の中原中也という詩人の詩を我が子は知らなかったのに、私の祖父母世代が知っているレベルの『山のあなた』を諳んじるんだねぇ。詩人は隔世遺伝か。

山のあなたの空遠く 幸い住むと人のいう
ああ われ人ととめゆきて 涙さしぐみかえりきぬ
山のあなたになお遠く 幸い住むとひとの言う

「誰やっけ?島崎藤村やっけ?」
「ちがーーーーうっ!島崎藤村の詩はもっと女々しい。ええっと…外人・外人。誰だったっけ…ヘルマンヘッセじゃなくて…ブッセブッセ、なんとかブッセ」
「カール・ブッセ?」
「おーーーそうそう。カール・カール」
「覚えてるもんやな~名前って」
「よくブッセでカールが出て来たよな?ブッセゆぅたら、こじゃれた神戸の金持ちの家でおやつに出て来る洋菓子しか出て来んで。真ん中にクリーム挟まってるヤツな」
「カールもおやつやんか。よくさぁ…年末に『うカール』とか名前変わってさ」

うカール・高原ブッセ。
おいしい名前となっております。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-10-17 20:58 | +in much guy+ | Comments(0)  

ファイト!一発

キッチンで茶碗を洗っていたら右の引き戸が開き、居間からむーが出て来て冷蔵庫を開けコップに麦茶を注ぎ調理台の上にポン、と置いた。
そして何かを思い出したように居間へ戻って行った。
その隙に真後ろの扉が開き、風呂上りのチョモが近付いてきて調理台の麦茶を飲み干し二階へ去って行った。
居間からゆっくりとした足取りでキッチンへやって来たむーがカラのコップを持ち上げて言う。

「わ~~~麦茶がない~~~!オマエ飲んだ?」
「私じゃありません。」

この家ではうっかりしていられないな、と思った。
ここは静かなる戦場じゃないか。
ウチには長男という名の泥棒がいる。
うっかりしていると食べようと思っていま焼いたトーストが齧られていたりするのだ。
私が就職活動を頑張るために用意した栄養ドリンクも気付けばもう、ない。
おかーさんね、アナタの学費捻出のために、痛いの我慢して働くんですよー。

はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢつと手を見る

じーーーーーーーーと手を見る。
うぅむ…ビンタをお見舞いしてやろうかしら。
愛を入魂しないとわっかんねぇんだなバカだから。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-10-14 09:30 | +開楽館+ | Comments(0)