<   2014年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

伸ばしかけの髪を箸でゆるく結わえて、図書館へ行く。
アゴにかかるこぼれ髪の先が、風に吹かれてクチに入る。
ハシ…?と思った皆さん、一言一句を丁寧に読んでいただいているんですね。
そう、箸です。ごはんを食べる、あの、箸。
簪と箸。カンザシとハシ。
漢字も似ているけど、使い方もほぼ同様。
d0137326_1131203.jpg

アクセサリー店で売っているキラキラしたビーズなんかがふんだんにあしらわれた簪は一本600円。いっぽうこの箸ですと、まだ消費税が5%の時に一膳80円で購入したので84円、一本換算にすれば42円です。箸先を小刀で斜めに削ってヤスリをかけマニキュアを塗るという小細工をしておけば、言わなきゃ箸だとはわかりません。いかがでしょうか、ボンビー簪。

ノーメイクで箸で髪の毛を結わえ、しかも髪の先を食べている女が「すいませーん予約していた本がきてると思うんですけどー」と言う。司書さんの前のPCからピコーンという音がして「返却されてない本があと一冊ありますが…」と言われる。あぁそういえばあったなァ一冊なァと思いながら「あーすいません、明日、返しますー」とウソをつく。ごめんなさい、次は、あさって来ます。

家からほど近い図書館なのでこんなナリで知り合いに遭ったら災難だと思い、うつむいてグングン歩く。
だったら身なりをちゃんとして行けよってモンだけど、そんな気力は今の私にはない。
なぜならば、私は『半年に一度の造影CT検査』を控えているからである。

あの、カラダの穴とゆう穴から揮発性の液体がダラダラと漏れているような感覚に襲われる造影CT検査。イヤだ。きっぱりとイヤだ。造影CTのことを思うともうそれだけでやる気がない。朝から絶食というのもイヤ。こんな思いまでして検査結果が悪かったりなんかしたらイイことなんてひとつもない。そんなイヤなことだらけの検査をお金を払ってまでしなきゃなんない状況がヤだ。

この状況を少しでも楽しくしようと、E・Tごっこをする。
人差し指と人差し指をゆっくりと近づけてゆきやがて指先同士をくっつける、アレ。
トモダチ…トモダチ…





「C・T~」

おかしいな。
ちっとも楽しくないぞ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-09-29 11:39 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)

君の名は

人の名前にはふりがなが付いていないことが多い。
だから勝手な読み方で呼んでいる。
しかしふとした機会に本当の名前を知ってしまう。

開高健がカイコウケンではないことを。
武者小路実篤がムシャノコウジジットクではないことを。
穂村弘がホムラヒロムではないことを。
小日向文世がコヒナタブンセではないことを。

名前だしこればっかりは正解を呼ばなきゃいけないのだろうけど、昔の名前のほうが好きだ、私は。
昔の名前っつったって、私が勝手に間違えていた過去による昔なんだけど。

ダメですかケンさん、いけませんかジットクさん、どうでしょうかヒロムさん、問題ですかねブンセさん。

唯一カイコウケンだけが「そうとも言う」と返してくれるだろう。
あとは全滅かな。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-09-24 13:40 | +in much guy+ | Comments(0)

栗落とし2014

「今日暑くない?」
「暑いね。じゃぁ履物は下駄でいいや」
「えっ?!栗落としに行くのに?!」
「そうやな、下駄はやめよう」
しかし去年は下駄で行ったみたいだが↓
http://jimeichiha.exblog.jp/19819099/

「ハイじゃ~私が叩き落とすね~写真撮って~」
d0137326_19553247.jpg

「なんか去年も同じようなことしてなかった?」
「うん、してた。」

今年も私は叩き落とし係で
d0137326_19553460.jpg

ヒー坊はウニ係
d0137326_19553761.jpg

どうしてかというと、今年もヒー坊の身長が私を超えなかったからだ。

喜ぶがいい、明日は栗ごはんだ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-09-23 20:01 | +朝臣寺+ | Comments(0)

めっきり布引の滝

「朝晩めっきり冷え込むね」
「アンタ…じじむさい。」
17才高校生のクチから、朝晩めっきり冷え込むねという感想が出るとはね。
めっきり私も老け込むはずだわ。

めっきり冷え込むと、私の痛みは増す。
寒くなって来たのでこのところの痛みがどうも限界を迎えつつあると思っていたけども、まァ土曜日6時半の痛みなんてここ数日の比じゃぁなかったね、死ぬかと思った。ビックリしちゃった、久々のレベルにまで達してて。
三大神滝のひとつ多くの歌人に詠まれた『布引の滝』へ行く予定の朝に痛くて動けないのを、とりあえず二度寝で凌いだ。
よっぽど予定を取りやめようかとも思ったけど、むーが行く気マンマンで私の代わりに洗濯までするので、行く。私の体調不良は行かない理由に入っていないようだけど「元気そうな見た目」てのも考えモンやな。私が痛みに強いのも考えモノでね。

新神戸付近にこれほどの森が存在するのを、アナタはご存知ですか。
d0137326_16464123.jpg

新神戸から森を抜けて神戸の観光地、異国情緒あふれる北野異人館まで行けるんですよ。途中、これ以上もう道が無いのではないかと思うトコロがちょいちょい出て来て不安になるほどのめっきりな森です。
『港町こうべ』というイメージがありましょうが、山もしっかりとあるのです。
それが証拠に神戸っ子に道をきーてごらんさい。
東西南北ではなく「海側に」「山側に」と言って教えるから。

壁のコケを石で削っておえかき。懐かしいですね。
d0137326_1647292.jpg

宝船なぜに宝船。

ご当地らくがき。
d0137326_16473324.jpg

神戸市街地の背後となる六甲連山の電飾サインのイカリだね。
d0137326_16473674.jpg

ん?なんか有名な電車が走ってたっけ??
d0137326_16474146.jpg

ん…とにかくガンバロー。
d0137326_1647444.jpg

この「さんずい」は「けかざり」ではないでしょうか。
形・影・彩・彫…つくりのほうでは見てもへんのほうでは見ない漢字。
そうはそうなんだけど『誰かが書くとこうなる』ていうクセの問題で、読めないことはない文字ってのは案外と世の中にあります。
「シ」「ツ」のクセもそう。
このチョン・チョンの二本が縦なのに横・横なのに縦ていうクセで書くひとの「シ」と「ツ」は単体で書かれると判読に迷いが生じます。

「えーーーーーーこれを行くわけーーーー…」
d0137326_16484435.jpg

病人なのに。
布引の滝、新神戸駅から徒歩10分程度ではあるけれども、ナメちゃいかんよ。

江戸の歌人小沢蘆庵は詠みました。
主なしと誰かいひけむおりたちてきて見る人の布引のたき
では、昭和の難病人もめっきり詠みましょう。
難病の申請をする病人にとてもハードな布引の滝

10月になったら難病申請の更新をするようにと、手続き用の書類が届きました。
アイスバケツチャレンジだけが注目されて、難病に対するいろいろな制度や補助のシステムが見過ごされておりますが、我が国ニッポンでは平成27年1月1日から新たな難病制度が始まりますよ。『広く薄く』支援する制度に変わるため、これまで56疾患だった対象が約300疾患に拡大されます。ご自分のちょっと珍しい持病が重症化している人は国や都道府県から医療費の補助が受けられる可能性がありますので、市役所もしくは保健所にご相談あれ。

異国文化のかほりを貯水池でも受けていたのか、人口建造物のカンジがめっきり異国的。
d0137326_16494977.jpg

ラピュタのパズーが住んでる家みたい。

これが布引の滝。
d0137326_1650529.jpg

の、おまけの滝。
d0137326_1650139.jpg

この小規模っぷりでめっきり滝が身近になりましたね。
あ~~~滝壺で泳ぎたい。
d0137326_1650911.jpg

残念なお知らせですが、布引の滝がジャージャー流れてない時は、その迫力を足してるそうです。
d0137326_1654483.jpg

楽しんでいただくことが何よりと考えてのことみたいですよ。

ツルや木切れで飾り付けられためっきり雰囲気の良い橋。
d0137326_16541780.jpg
d0137326_16542073.jpg

これも残念なお知らせですが
d0137326_16542365.jpg

似せ物なんだそうです。

今日は流れてるかな???
d0137326_16562283.jpg

かろうじて流れてますね、ダムがめっきりオーバーフローしてますね。
d0137326_16564414.jpg

ダムめっきり満杯でありがとう。
d0137326_1657260.jpg

おかげで五本松かくれ滝が見れました。

ハイキングの足ごしらえがなかったので
d0137326_16573113.jpg

ハイキングはめっきり断念してハーブ園へ。

これは普通のススキ。
d0137326_16575029.jpg

葉っぱもよく見るこんなカンジ。
d0137326_1658586.jpg


これは古典ススキ(勝手に命名)
d0137326_16582479.jpg

まるで着物の古典柄『矢絣』を描いたような葉っぱ。
d0137326_16583597.jpg

d0137326_16585326.jpg

調べたら矢筈芒(ヤハズススキ)という珍しい種みたい。

「おぉ~~~ウチの農園の小屋リアル版や~」
d0137326_16591178.jpg

このブログのブログパーツとしてアバターを貼りつけるために作ったアカウントのつもりが、すっかりそっちのほうが主流になってしまい、かわりにmixiがめっきり手薄になってしまった『ニコっとタウン』略してニコタ。まァmixiは盆踊り用だから今やシーズンオフ。ココは新たにニコタにて開拓だな。何の開拓かはわからんが。
d0137326_16592216.jpg

私いま『お庭先生』なの。

ハーブ園でも足湯。ラベンダー湯。
d0137326_16593836.jpg

どこもかしこもめっきり足湯パラダイスになってきましたね、最近。

『誓いの鐘』を鳴らす。
d0137326_16595484.jpg

「コレさぁ…この位置まで持って来ないと鳴らないんやで?」
カップルたちの共同作業の振り幅がスゴいよね、ムードに欠ける。
ハート型の絵馬があったからきっと本当は愛を誓うのだろうけれど、私の誓いはそんなつかみどころのない愛を証明したりだとか愛の深さを示したりなど、しない。

「病気に負けません!」

愛や夢でメシが喰えるか、て誰かが言ってた。
病気に負けてもメシが喰えなくなるの。
だからメシが喰えるっていう「生きてる」誓いは、病気に負けないことなのよ。
それには愛で支えるひとが必要なんだけどね。

ロープウェーに乗っている人たちに、地上から手を振る。
d0137326_1703680.jpg

明石のたこフェリーに乗っている人たちに陸から手を振った時にも思ったけど、みんなどうして手を振っている人に手を振り返さないのだろうか。
「オマエもう振り返してもらえるまでソコおれば?」
とむーが呆れるほど無反応のロープウェー(の中の人)。
ひとりで乗っていたおばちゃん(写真を撮っていて手を振る私を認め振り返してくれた)と、ふたりで乗っているおいちゃん(両手を大きく振っている私に対し同じように両手を大きく振って応えてくれた)のみが、この『お手振り』に付き合ってくれた。
年々、この遊びにノってくれる見知らぬ人もめっきり少なくなってきている。
子供時分に車の後部座席に乗ったら後ろの車の人と『あっち向いてホイ』をジェスチャーだけでやるという遊びをしていたが、コレにノってくれる見知らぬ人が果たして平成の世にいるのだろうか。

めっきりめっきり世知辛い世の中になったもんですね。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-09-21 17:13 | +朝臣寺+ | Comments(0)
「じゃぁ、これからが本来の痛みに対するアクションになるね」
「…へ?」
やっと麻薬断ちが完了した8月、ペイン先生が事もなげに言った。

私は、麻薬断ちをするためだけにペインクリニックに足繁く通っているのだと勘違いをしていた。そもそも意志の強さには自信があったので私は麻薬を断つことを目的に「8月は麻薬に手を出さない」と決め、オキノームをポケットに所持していても服用をしない日々を過ごしてみた。痛みの見極めをしていたのである、どのくらいの痛みまで耐えれられると自分が感じるものかどうかと。結果は、大半の痛みを自分は耐えるだろう、と感じた。要するに、救急車を呼ぶほどの痛みではない、ということだ。

「7月28日に服用したのを最後に麻薬は使っていません、そして今後も。」
そう脱麻薬宣言をすると、おお素晴らしいね、とペイン先生は声に出した。そしてこれからが本来の私がするはずであった鎮痛への薬剤の処方になる、と言った。
これが私のスタートラインだったのだ。
今までなかなか心理的に苦しみながら麻薬を抜いたのに、この日々はまだスタートラインにも立っていない鎮痛下準備だったことに愕然としたね。

本来の痛みに戻すのに、3ヶ月もかけたのだ。
ペイン先生は私の場合は麻薬断ちがスムーズにいったと言っていたが、もし私が自分に負けてグズグズしていたら、下準備の下準備期間がプラスされて半年かかっていたかもしれない恐れがあるのだ。

私の日常はいつ戻るのだろうか。
もう麻薬を断った時点でゴールだったよ、私にとっては。
そうか、健康な人間は左脇腹に激痛が走ったりしないんだな。
バラエティ番組を観ていて大笑いした時に「いてーーー」て言ったり、しないんだな。

本来の鎮痛薬として一回に9錠も飲むという錠剤を危うく処方されそうになった時「きゅーーーーーーじょぅうう???あっはははは、めっちゃ飲みますやん、ナイナイナイ、9錠なんて無理ムリ飲まない飲まない」と、これまでがあまりに薬漬けの日々だったのでイヤになって断固拒否していたのだが、これがいよいよ本来の効果ある量まで大量投入される見込みである。一粒がバファリンよりもデカいカロナールとりあえず12錠二週間。一日4回もせっせと飲む。薬をやめてみたい、と持ち掛けたのに逆に増やされたサ。
とにかく薬を一個でも減らしたい私と、効果が見込める処方をやりたいペイン先生の攻防戦である。

「例えば薬はもらっとくんだけど、飲まないで、やっぱ痛いなぁ~って思ったらもらってたヤツを飲む、ていう飲み方は?」
「そうゆう飲み方はよくないね。もう飲まないのなら飲まない、飲むのならちゃんと飲む。痛くなったら飲むというやり方ではちゃんとした効き目が出ないからね」
「ん~…そうかァ…じゃぁ…飲む」
「ん、飲むね。では続けよう」
負けた…負けたよ完敗だ。
あぁ笑いたくば笑え。
アンタらにはわからんだろうがねぇ、内臓が痛いってのはねぇ、どんだけの苦痛か~ゆぅことや。
いいんだ…私はしばらく薬物に漬かってでも痛みとおさらばするんだ…。
自然に治っていっていることをひたすら信じて、今は痛みを散らすんだ…。

痛む回数が減っているような気がするから治ってると思うと、意気揚々と宣言したのに病院から帰宅後さっそく痛い。
気持ちが完全に痛みに負けている。
昨日の夜からびっくりするくらいイタイイタイの絶不調。
おかしいな、一日2回だった痛み止めを倍に増やして一日4回も飲んでんのに。

おかしいとは思わんか。
たいがい内服薬の服用は食後と相場は決まっている。
一日三食毎食後で一日3回である。
私の鎮痛薬は4回。
薬のほうが1回多い。
余った1回の服用タイミングは「就寝前」である。
ほほー。
あたしゃ日により就寝時間が違ってくるし、毎日毎日0時を過ぎなきゃ就寝しないし、そうなると今日の4回目の鎮痛薬は今日中には服用しないことになってしまう。たまに絶不調の頂点を極めた時などは、薬を飲むためだけに起き薬をのむためだけに食事をする、服用に魂を売ったような闘病っぷりであるが、そんな時はほとんどが就寝前であって、夕食後の服用をしてすぐに眠る場合に「就寝前」の分の薬は途中で一回起きてまた飲むのだろうか。
眠ってるひとを「お薬のお時間ですよー」ゆぅて起こして睡眠薬飲ます、みたいな「なんじゃそら」感をたっぷりと感じながら、私はいま病床に伏しつつある。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-09-17 14:57 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)

そうだ、京都へ行こう。

急に。
前日に。
むーが京都へ行こうと言う。
私には1ヶ月も前から予定が入っているというのに。

まァその予定のほうが、行くのを迷っていた気持ちもあったので、そうか、京都へ行くか。
と、いうわけでいいなり京都へはんなり。

ハイではこれから、まったく目的も行先もわからない、むーの頭の中でだけプランが進んでいる京都観光を行います。
d0137326_9382184.jpg

嵐山スタートでーす。

川を眺めながら台風の影響について語らっているとむー添乗員から命が下る。
d0137326_9384254.jpg

「こんなとこでのんびりしてる暇ないで」
なんか、いろいろハイスピードで観光するみたい。
怒涛のごとき弾丸ツアー。
d0137326_939634.jpg

渡月橋をとっとと渡る。

なんだろね、これは。
d0137326_9403646.jpg

電気・電波のまもり神らしいよ。
d0137326_9405480.jpg

「私、それちょっと飛ばすからさ。ヒー坊、うちの無線LANがよく飛ぶように拝んどいて~」
弾丸ツアーだからさ、いろいろ合理的に進めないとさ。
d0137326_955502.jpg

この御手洗いの文字は部分的な箇所を知識で補ってください。

はい金閣寺こと鹿苑寺ねー何回も見てるよねー。
d0137326_9362372.jpg

はい池の水は金閣寺が反射するようにわざと汚いねよーわかってるよねー。
こんなにウソくさい金ピカな建物なのに何事もないように飛ばしてスイスイ進む。
「コレやぁ城やからまだ金ピカやな~てなモンで済むけど、普通の家やと考えたらえらい悪趣味やで」
「それなー」
感想も飛ばし気味。

元気そうに見えるけれども、かなりお疲れ弾丸ツアー。
d0137326_934629.jpg

どうしてこのようなポーズで座るのか。
d0137326_9333668.jpg

それは、この岩が高貴な人のための腰掛け石だから。
d0137326_1025950.jpg

貴人だろうが飛ばす飛ばす。
ハイ、次行くで~。
あ、その前に。
この写真にある私の履物をよ~く覚えておいてください。
サンダルね、サンダル。

願い事がかなう石。
神社仏閣は何かっつっちゃー石や岩。
巨木ってのも、あるよね。
d0137326_9311211.jpg

願い事がはっきりあるって、いいよね。
d0137326_9311612.jpg

身近な目標とか達成すべき何かがあるって、恵まれてる。
「私…とくにこれといって願い事ないんやけど…」
と石を撫でていると、むーが私の代わりに言う。
d0137326_931897.jpg

「お腹イタが治りますようにー」
「そんなくだらん事なんか祈ってないわい」
d0137326_931422.jpg

「あー…お腹イタって、脾臓の事ね」
それは、それは。
難病サルコイドーシスをまるで昨日喰ったゆでたまごがあたった腹痛みたいに言うのね、お腹イタ。10年は持病として飼い慣らす覚悟をもうしてるから、治ることなんて期待せずにゆっくりやるわ。いいのよ、悪化さえしなければ。

「はい、次、どっち行きたい?」
「あーあっこに銅像あるやん、アレと同じポーズやろ~っと」
「あんな銅像なんか見るんか?」
「見る見るーあの人だって見てるやーん。何やろな、あの侍の群れ」
d0137326_9301270.jpg

ほぼ知らない侍。
『西向く侍』は2.4.6.9.11月が30日までの月ってコトを表しますが、『見知らぬ侍』はそんな事、知ったこっちゃぁございません。
ちなみに、写真の侍の立っている人物は坂本龍馬です。
「コレ、坂本龍馬やねんてー」
♪さ~かもと、りょーまっ♪
「残念なフレーズに乗せなさんな」
わかる人にはわかると思いますが♪ニ~コニコ動画♪に乗せて歌うと、坂本龍馬がとても軽いです、歌わないようにしましょう。

学問の神様、天満宮。
d0137326_9292464.jpg

えまをかくところ。
何だろうな…学問の神様なのにこの学の無い場所紹介。
d0137326_9293535.jpg

「うわっヤバい間違うとこやった…」
京都大学合格祈願という画数の多い文字が書けて、それよりも画数の少ない氏名が書けて、小学生レベルの3画、18才の『才』を書き損じそうになる京都大学受験志望者。
「この絵馬を見た人がさ~『バカと天才は紙一重って言うけどさ~この京都大学を受験するヤツ、バカのほうやな~』とか言うで」
失敗しそうになったのをなんとかリカバーして失敗と思わせないように誤魔化すチョモ。どっちなんだろう、天才だろうか。センター試験や京大模試が全然ダメだって言ってたのに、それでも頑なに京大受験をしたいと思い続けるバカなんだろうか。その結果は、春に出る。

どう協力したらいいのだろうか。
d0137326_9271917.jpg

すがすがしくすることに協力するなんて、斜に構えている私に出来ることなのだろうか。
…前向きに検討さしていただくことにして…まァ
d0137326_9272873.jpg

清めの社か…うん、これはすがすがしい。
これにしよう。
d0137326_927247.jpg

すがすがしくない情報が出回っているような気もするけど、本来の参拝の目的はすがすがしいから、まァいっか。
d0137326_9273237.jpg

待ち受け画面にしたい方はご一報ください。
このブログの画像は勝手に名前を付けて保存することは出来ませんので、メールに添付して差し上げます。

最後の到着地もまた嵐山。
d0137326_9263726.jpg

嵐山の駅構内には癒しのスポットがございますが、それは何でしょうか。
d0137326_9263381.jpg

ちょっとぬるめです。

嵐山には『嵐』と書かれたリストバンドが売っていて、そのPOPに嵐カラーが揃っているから嵐ファンは必見だと書かれてあったけど、この嵐は、ジャニーズの嵐ではなくて嵐山の嵐だと思うのですが、いかがでしょうか。嵐ファンはそれでもいいのでしょうか。ファン心理とはそうゆうものでしょうか。
でも、芸能神社で芸能人の名前が書かれた朱塗りの玉垣と一緒に写真を撮っていたお嬢さんがいたもんなぁ…きっとファンなんだよ、EXILEの。
これかファン心理!と思ったものね。だって名前だけなのに、だもんね。それも書いたのは神主さんだし、その玉垣は奉納料一万円を払ったという証なだけで、コレが歌ったり踊ったりという芸は見せてくれない。
それを知らないわけでないのに、それでも玉垣の名前と写真を撮るということは、もぅその人の全てが好きなんだと思う。そんな風にそこまで夢中になれるのっていいなァと思う。愛が深いっつーか一途な想いっつーか。私はどっかで何かを踏み外しているような気がするなァ。

そんな私は、京都の石畳も踏み外す。
「わ~滑った~」
「アンタ受験生やのに真っ先にスベったとかよく言えるよな~…わーっ滑ったぁあああ~」
「な?滑るやろ?」
その後もバンバン滑った私たちは、とても足が疲れました。
私なんてサンダルの鼻緒が切れてしまうまでつまづきまくり。
しかし運の良いことに途中で激安の下駄980円を購入していたので、下駄に履き替え万事オーケー。
行きと帰りで履物を変えるというハリウッド女優顔負けのチェンジっぷりです。
覚えていますか、貴人の腰掛け岩のトコではサンダルだったのを。
4時間前とは違うわ、違うのよ。
d0137326_926628.jpg

芸能関係の仕事に就いてはいませんが、芸能神社に参った効果がこうも早くに出るなんて、しかもそれが足元だけだなんて、寺で雅楽の演奏をやってた曾じぃちゃんがきーたら泣いて喜ぶと思います。運しかないなオマエは、ちゅうて。
d0137326_923506.jpg

ビバ・嵐山。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-09-16 10:12 | +朝臣寺+ | Comments(0)

せつこぉお~

ここ3日…ぅち…うんちビチビチやねーん…。

下痢は、体力とやる気を奪う。
『火垂るの墓』でセツコがうんちビチビチになったあと、あれよあれよと気怠くなっていってしまったが、下痢って本当にそんなカンジ。
1日目は「悪い物でも食べたかなぁ」くらいにしか考えてなかったが、3日も続くとさすがに何か悪い病気に罹っているのではないかと心配になる。
私の場合は持病のサルコイドーシスがまた悪化し、前回はのたうちまわるほどの痛みであったが今回は下痢か、と疑った。
前回は脾臓に病変で今回は腸か…腸サルコイドーシスなんてきーたことねぇよ。

もしかして天気予報士の予言が当たっていたのだろうか。
ちょうど3日前、テレビで天気予報士がこう言った。
「今夜は網戸にして眠るとお腹を壊しますので注意してください」
いやいやいや、みんながみんなお腹を壊すわけじゃないだろうよ言い切っちゃいかんよ、と私は突っ込んだ。
「そんなの個人の問題やんか、なぁ?網戸にして眠って冷えてもお腹壊さへんひとは壊さへんし、網戸閉めてても壊すひとは壊すやんか、なぁ?」
と一緒にテレビを観ていたヒー坊に同意を求めると、肯定も否定もせずに笑っていた。

あの天気予報士は私の未来を言い当てた。
網戸にして眠ったバチが当たり、下痢に苦しんでいる。
しかし下痢の恩恵にも与り入院して5キロ増えていた体重が1キロ減った。
服用しているステロイドのお陰で食欲旺盛な私は、食事の量が増え順調に体重を増やしているが、それでもまだ標準体重内である。
それなのにむーは私に痩せろと言い、ダイエット食を強いる。
このむーの痩せていることを良しとする思いは身勝手で、私の病気が悪化して食べられず日に日に痩せていけば肉を喰わせ、治療薬の副作用で体重増加が顕著になると蒟蒻を喰わせる。栄養のバランスを考えんかいっ。

下痢3日で1キロ減るわけだから、あと12日の下痢で私は元の体重に戻る。
しかし15日間も下痢が続いたというハナシは聞かない。
聞かないだけで、ひっそりと下痢が続いた人はいるのではないだろうか。
だって「私いま下痢が一週間も続いてる状態なの」と立ち話のネタにぶっこんでくる人なんかいないだろうし。

下痢が続けば痩せるのか

という実況を今から試みてみようと思う。
まずはトイレに行ってきます。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-09-12 15:31 | +武道便所 グレージー+ | Comments(0)

スーパームーン

「スーパームーンちゅうて今日が一番、月がキレイに見えるらしいで」
「じゃ、団子作って」
「なんでそんなことゆーの?」
「団子作ってよ、どうせヒマなんやろ?」
「ヒマだけどヤだよ団子めんどくせー小学生の時にイヤってほど団子作ったったやんか」
「団子作ってネー」
「イヤや」
「♪楽っしみに待ってるよ~♪」
「ヤーーーーーそんな歌いらーーーーーん」
朝食中、ヒー坊が理不尽にも私に団子を要求してきた。
ウチにはお月見の習慣はないのに、団子を作れと言う。

昼過ぎ、買い物に行き『だんご粉』を手にし、私は急にひらめいた。
受けて立とうやないか、団子。
耳たぶほどに練った団子粉を捏ねくりまわしてまんまるにして、沸騰した湯にポトンと入れてぬけぬけとプカプカ浮いてきたところをすくって水の中に入れてやろうではないか。
そしてその団子をタッパーにギュウギュウと詰め、ついでにゆかりごはんで作ったいなりと、九州仕込みのビックリするほどだんだら甘い卵焼きと、キャラ弁の登場で今どきの子供では喜びもしないだろうタコにしては足の本数が少ないウィンナーを、ピクニックの時に昔から使っているミスド景品のお重に詰め、これら食糧を抱え、バドミントン一式を手に、花も既に散ったであろうバラ公園へ行く。

私は、決めた。
『お月見バミトントン2014』の開催である。

そうとなったら準備に忙しい。
学校から帰宅したヒー坊にアンタが団子団子ゆぅからやと急かせて『お月見バミトントン2014』の開催を告げた。

「月みれば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身一つの 秋にはあらねど」
「カラダが覚えとんなぁ~」
伊丹の小学校には『ことば科』という授業があって、国語とはまた違う言語感覚習得のお時間がある。その『ことば科』の宿題で冬休みに百人一首を覚える、というものがある。もののついでに覚えてもいいし、遊び呆けてて覚えなくてもいい。強制力はない宿題で、6年生なら60首、5年生なら50首、覚えましょう!という、学年×100円のおこづかいのような計算で目標が掲げられている。
我が家は夏休みだ冬休みだという機会にとくにこれといって楽しいイベントを用意しているわけではないので、寒さで引きこもる冬休みなんかはとくにすることがなく、我が息子たちは目標以上に覚えてしまった。
なので「さぁ、月見に行こうっ!」と言うと、自然と上記の句がクチをついて出て来るのである。
うぅむ、風流。

我が家の残る2名の晩御飯を作り、自転車をかっ飛ばす。

19時前に到着。
d0137326_12592777.jpg

お弁当もバッチシ。
d0137326_12592393.jpg

明るいうちにバミトントン。
公園の芝生にシートを広げてスーパームーンを見ようとしているのは、我々のみ。
d0137326_12591489.jpg

フラッシュたいてるからこの明るさだけど、ホンマはこの暗さ。
d0137326_12592030.jpg

お弁当を食べて、
d0137326_12591086.jpg

だんごを食べる。
d0137326_1259628.jpg

分厚い雲の切れ間から、月を眺めてだんごを食べる。
d0137326_1259156.jpg

暗さ、このくらい。
d0137326_12585617.jpg


「すんげぇ、弾力やなこの団子」
「そやねんなー…お月見の団子やからちょっと大きめに作ったらだいぶコシあんねん。少量でお腹いっぱいになる」
桃太郎のきびだんごも、おばあさんは大きめに作ったのだろうか。
そしたら、犬・猿・キジで各1個、計3個で家来を手に入れられ、人件費の面からみてかなりのコストパフォーマンスが実現されたことだろう。

雲がくれにし 夜半の月かな
d0137326_12584486.jpg

うぅむ風流、スーパームーン。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-09-10 13:06 | +朝臣寺+ | Comments(0)

秋の息抜き遠足

きゃりーぱみゅぱみゅとFukaseがデートを楽しんだらしいUSJユニバーサルスタジオジャパンに、チョモが遠足に行く。きゃりーぱみゅぱみゅとFukaseがデートを楽しんでなかったとしても、チョモの遠足先はUSJである。

それで、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターのCMが流れる度に「来週、遠足でココ行くからな、お金ちょーだい」と言う。
このところチョモとの間に業務連絡以外の会話はとくになく、チョモがクチを開けば私から金をせびるので、呼ばれると反射的に無視してしまっていた。悪気はないのだが、我が家の経済状況を熟考した上で無視すれば1回くらい凌げるんじゃないかと思って。ま、凌げたためしはないが。

このUSJであるが、高校3年生、大学受験をひかえたこの学年の遠足で、USJなんてファンタジー溢れる別世界へお連れするなどワタクシが許しません、と、大変生真面目である校長が、工場見学にしたらどうかと異議を唱えたらしいのだ。
それを担任の先生たちが、この夏休みも大学受験のための勉強を頑張った生徒たちのせめてもの息抜きと遠足先をUSJにすべく、『遠足先をUSJにしたらこんなに生徒たちに有益である』という御託を並べたレポートを提出したのだそうだ。
なんという生徒愛であろうか。工場見学にしておけば丸くおさまるものを、USJと天秤にかけたら圧倒的大多数でUSJを選ぶだろう生徒たちを思いやり、USJ得を論じてそれを校長に提出しようやっと実現したUSJなのだと、夕食前に「ちょっと遊びに行ってくるわー」と走って行ったチョモが言うではないか。

以前に仕事で裁判に関する書類を作った事がある。
普段使いもしないような言葉を駆使しそれはそれは無機質なまでに事実だけを淡々と書き連ねて、感情の一切を排除した、こんなんで裁判が出来るものかと思うような血も涙もない書類が出来上がった。
私は、これまでした仕事の中でこの書類を作る仕事がダントツ一位で苦痛だった。

それとは全く真逆の書類を、先生たちがいろんな表現方法を駆使してさもさもUSJへの遠足が工場見学に匹敵するかのように書いて、作ってくれたのである。

将来、映画関連の職に就く生徒にとっては、今回のUSJ見学は大変に有益でありかつ良い刺激になることは明白で…云々。

エンターテイメントの世界で活躍する人材となるためには、USJ見学は必要不可欠であり、この経験が必ずや視野を広げるきっかけになるであろう。これは物づくりに携わることを目指す生徒にとっても大きな発見となり…云々。

とか何とか書いて校長先生からのゴーサインを勝ち取った。
次は生徒たちが大学合格を勝ち取って、先生たちへの恩を返す番であろう。

電子工学を学ぶ予定であるチョモには、最新技術4K映像に触れる機会を得られるウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターを見学させることで、将来のヴィジョンを具体的に描く手助となること、間違いございません。
ホグワーツ城の一角にあるフィルチの没収品店で校則違反の生徒から没収したお宝を発見することは今後の自信に繋がります。
帰宅後はファンタジーの世界なんてキッパリと忘れ、受験生としての自覚を持ち、現実逃避などといったことは考えもせず、LINEやゲームに現を抜かさず、電車を乗り継いで遊びにも行かず、さぞかし勉強に励むことと思います。その努力は実を結び、必ずや国公立大学に合格すると断言致しましょう。

なので、USJでワーキャーゆぅてだいぶオープンに遊んできたらイイと思いまーす。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-09-08 07:28 | +朝臣寺+ | Comments(0)

白黒揃え

2012年4月発行の本の文字が深緑色をしていた。
読みにくいなァと思いながら読んでいると、途中で何の前触れもなく赤茶色に変わった。
いったい何なんだと思いながら読んでいると、予告もなくまた深緑に戻り、また赤茶色になった。

最近の本はそれ以外にも、全ページ背景がカラフルなイラストだったり、文章が行の途中から始まっていたり上半分にしか印字されないほど一行の文字数が少なかったり、デザイン化された文章になっている本がある。
そんな工夫をされても読みにくいだけで、文字の背景に絵を描かなくても、文字の並びが視覚的に面白くなくても、内容に唸れる箇所がいくつあるかのほうがよっぽど大事やんか。デザイン化がそれを多分に邪魔していると思う。

読者は奇抜を求めてはいないと思うけどな。
真っ白ではないアイボリーくらいの色合いのページに黒いインクで印字された、これまで通りの一行文字数一頁行数の本に意識を戻そうじゃないか。
文字を揃えることは言うまでもなくさ。

特典付CDみたいなカンジで、デザイン化書籍が重宝がられてんのかな。
装丁にだけ凝ったらええやんもぉ~読みにくぅてかなんなァ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-09-02 10:10 | +in the sky?+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA