どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ユトリから漂うホステス臭

「アンタから妙な匂いがする。クサイで。何や?何なんやろうこの匂い…汗臭いねんけどそれとは別に…場末のスナックの常連客が3人しかいない店のママみたいな匂いがする…しかもその3人のうちひとりは76のジジィや」
「いいかげんなことを言うなっ!」
夏休みなのに補習を受けに電車に1時間乗って高校へと行っている受験生のチョモが、昼に帰って来て田舎のスナックのママみたいな匂いを放っているので、口喧嘩になった。
「だってアンタからほんまにそうゆう匂いがしてんねんもんっ!」
「オレちゃうわっ!外からやろっ!外からそうゆう匂いがしてんねんっ!」
私は窓に鼻を近づけた。言われてみれば窓から吹き込んでいる風にそんな匂いが乗ってきているような気もする。クンクンと嗅いでいる横にチョモもやって来て、懸命に窓の外を嗅ぐ。
「オーマーエーじゃー!オマエが横に来た途端クサイやないかっ!」
「オレちゃうわ~~~~~!」
「いいや確実にオマエからホステスの匂いがするんじゃ~っ!ビンに入った香水の匂いがする!髪に何かつけてるか、カラダに何かふりかけたか、そうゆうことしたやろっ!この匂いはアカン、これはアカンぞ!」
健全な少年の匂いとはかけ離れたこの夜の蝶フレグランスに私は待ったをかけた。
全国の場末のスナックのママに言っておきたいが、この匂いがアカンと言っているわけではない、そう聞こえるかもしれないが夜の蝶から漂ってくる香りが夜の蝶から漂っているのならば、それは正解である。
ユトリ教育にどっぷりつかっている我が息子から夜の蝶の香りが漂っていることが、アカンのである。

「何?どれ?オレちゃうし。今日はワックスも何も付けてへんわっ絶対オレの横に座ってたオバサンやわ、電車で横に座っとったひとの匂いや、オレじゃない」
「いいや。アンタからする匂いやコレは。アンタか、アンタの持ち物から匂ってる」
移り香などでは決してない。
それは長男発信であり、匂いの根源は長男にある、という芳香だった。

私はついこの間、年子で二人いる息子の二人ともが正真正銘のゆとり教育世代であることを知った。それで憂えていたのだ。この世代であるユトリたちは社会に出ても何かと危険視され生き難い思いをするはずである。誰でもしそうなちょっとしたミスを犯しても「どうせユトリだからな」という指摘を受けるであろう。
何もしちゃいないのにうっすらと世間から後ろ指をさされている、ユトリ。
親心である。
ユトリなんだから誰からも指摘されることのない『相応な香り』を身にまとわせてあげたい。
そうだなァ『18歳で補習を終えた昼下がり』というシチュエーションなら、たこ焼きの匂いをプンプンさせとくのがいいだろう。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-08-23 14:01 | +in much guy+ | Comments(0)

ロマンチック

先ほどロマンチック広場にお立ち寄りのお客様、お伝えしたい事がございます。今一度ロマンチック広場までお越しくださいませ。

「なぬ?ロマンチック広場だと?」
何度となく足を運んでいるショッピングモールで『何回ゆぅねんロマンチック広場』と突っ込むほど連呼されていたロマンチック広場を、私は知らない。そんな広場があるとは知らずに、まさかロマンチック広場のベンチでジュースを飲んだりした事があったろうか。しかし、私にロマンチック広場に居るという自覚がないので、これはロマンチック広場に居たというカウントには出来ないと思う。だから何回ゆぅねん、ロマンチック広場。

どうも私の足はロマンチックに向くようである。
以前にも私はロマンティック街道というロマンチックな街道を通ったことがあった。その時にロマンティック街道のロマンチックさをつかめたかと言ったら、いささが怪しいが、今回はロマンチック広場についてなので、ロマンティック街道の詳細は右記にお飛びいただきたい。→http://jimeichiha.exblog.jp/7698306/

さて、私の出くわす『ロマンチック』だが、そもそも『ロマンチック』とはどういうカンジなのだろうか。コトバンクにはこうある。
現実を離れ、情緒的で甘美なさま。また、そのような事柄を好むさま。空想的。「―な夢にひたる」
つまり、現実的ではない様子である。使用例『ロマンチックな夢にひたる』とあるくらい、ロマンチックはつかみどころのない空想、それは思い描く夢。そんな広場があったら『突然』すぎやしないだろうか。情緒的で甘美な広場はそこだけ空間がおかしかァなかろうか。それなのに十数年も気付かないなんてことがあるだろうか。

私は持病サルコイドーシスの鎮痛に失敗して、医療用麻薬中毒になっていた。
その麻薬断ちのために麻薬を断ち切れるような麻薬の服用というのを3ヶ月に渡りやっていて、最終的には『自分で麻薬を服用しないと決める』という事をやらねばならなかった。麻薬の服用をやめて一週間たつと自分の生活に現実味を感じられるようになった。めまいや吐き気のない日常と便秘のない身体がこんなにも私に現実味をくれるとは思わなかった。それまでの私は、現実を離れていたに違いない。
要するにトリップしちゃってる状態とは、勝手にロマンチックなのだ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-08-23 12:03 | +in the sky?+ | Comments(0)

笑道入門サル治療:完全麻薬断ち

覚せい剤使用者になってしまったら、使用する前の自分には戻れない。
一度やってしまったら、あとは「やめつづけている」という状態の自分になる。
何かにつまづいたり苦しんだりする度に、覚せい剤のことが頭に浮かび再び手を出しそうになる。それを強い意志で「もう二度と手を出さない」と自分に言い聞かせ続けることを一生やるのである。そんなに強い意志があるなら、最初から手を出していないはずである。だから覚せい剤の再犯率は高い。

医療用麻薬を完全に断って一週間が過ぎた頃、私の頭は急にハッキリした。
それまでは週に2回、医療用麻薬オキノームを定時に服用し、それでも毎日服用している時より眠気が少ないと感じていた。そして頭もハッキリしている自覚があった。しかし、完全にやめた時の頭のハッキリさと言ったら『自分の住んでいる世界が自分の住んでいるように感じる』のだ、苦も楽もなく、とても現実的に。
ペイン先生が、麻薬を服用している人でやめた人は全員がやめてよかったと言っていると私に前もって告げたのは、これを痛感させるためであったか、と思った。

私が入院中どっぷりと麻薬中毒者だった時にペイン先生は『何もそんな言い方しなくたって』と皆が思うほど、麻薬に侵されている私を叱責した。私は担当医に「とっても怖い先生だからもうあの先生に会うのはイヤだ」と泣きついた。すると担当医は、もうひとり違う麻酔科の先生に診てもらうことになっている、という安心材料を私に与えた。事実、2回目の診察では違う先生だったが、結局は私の麻薬断ちに取り組む医師は怖い怖いあのペイン先生だった。「何故かあの先生やねん…」と言って落胆している私を見て、一緒に入院していた仲間たちは私を気の毒がった。「違う先生にかえてもらうこと出来ひんのん?」とミッキーが言うくらいのヒドい第一印象だったのである。ミッキーは人見知りの激しい平和主義者であるから、私のように病院から問題視されるような言動をするひとではない。そんな性格のミッキーをして「先生をかえてもらう」という選択肢が頭をよぎるほどの悪い第一印象、ペイン先生。

しかしペイン先生は、私の麻薬が抜けていくとどうゆうわけか物腰が優しくなっていった。薬の量とか種類なんか関係なく『薬を飲む』という行為自体にうんざりしている、と訴えると私のリクエストに応え毎食後に飲んでいた薬の昼食後だけを抜き、朝晩で調節するという処方技を披露した。

「やっぱりなぁ、いくら医療用ゆぅても麻薬は中毒になるらしいわ。やからあの先生がキツいこと言うたんも、自分のためをおもてゆぅてくれてんねん。せやけど麻薬、断ち切れてよかったやん」
タルセバが効き自転車でブイブイいわせている腹の出たツッチーがマクドをおごってくれて曰く、あの怖い怖いペイン先生が怖いのは私を思ってのことだと。
オモチャを辞退してハッピーセットを食べながら病状を報告し合う私たちは互いに、自分が病人のような気がしないと思っているオメデタイ人間である。頭がハッピーなんだな。

ペインの先生は怖く、サルコイドーシスの担当医は冷たい。
治療も何もしていなかった時のただ鎮痛をするためだけの投薬調整に通っていたあの頃の、人間味のある密売先生が恋しいが、今の私とは無関係の先生になってしまった。
そんなわけですっかり病院に行くのが楽しくなくなっていたのだが、改めて考えてみると怖い怖いと言っているペイン先生は今ではさほどには思われない。
冷たいと思っている担当医はもともとこうゆう淡泊な対応なんだと思うことにしよう。血液検査の数値が安定しているからといってクラッカーを鳴らされても、それはそれで反応に困るしね。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-08-21 16:54 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)

笑道入門サル治療:痛みの数値化

「神経痛って一生モンらしいで」
「ウソや~ん、2~3年で治るつもりやで?」
「神経を傷つけたらもう治らんらしいわ、やからお前のその痛みは一生モンや」
「やってられんな…あと3年やったら我慢出来るけどなぁ一生はキツいなぁ…少しマシになるとかないんかな」
「ない。一生モンや」
長年培ってきた技術はカラダが覚えてますそれが職人です、みたいな言い方『一生モン』私の痛みは消えないのだろうか。消えないと思っているむーは、神経痛には温泉が良いとか、漢方はどうかとすすめてくる。どちらもずっと続けなければその効果が得られない『一生モン』タイプ。

「先生、運動って…」
「したらいいんじゃないか?」
「運動していいの?私?」
「止める理由はなにもないよね、順調に治ってるわけだし」
早く言ってくれよ。激しく動いちゃダメなんだと思ってたよ。まァ…痛い時に動けるかっつったら動けないわけで、じーっと固まっちゃうんだけど。
だけどペイン先生は、痛い時にじーっとしていたら痛いことにしか意識が向かないから、うまく気を紛らせる何かを見つけろと言う。
簡単に言うけどやなぁ…動けんぞな、もし。
痛むと手が止まってしまう。
カッターナイフで指をちょっと切って痛い、というのと痛みのレベルが違うのである内臓が痛むというのは。調理中に痛みが走ると、その時に箸で何かを掴んでいたら十中八九、落とすのだ。ビックリするほど痛い。

患者が「そんなコト言われても」と思っているのが、医師から要求される『痛みの数値化』である。「一番痛い時を10として今の痛みはどれくらいですか?」と聞かれる。痛い時に何人もの医師に聞かれるので「10です10ですもぅ10ですよ」と思わず答えたことが何度かあった。私は我慢強いほうなので10の痛みで意識があるわけがない。痛みの許容範囲なんてひとそれぞれの感覚だし、痛みの基準すらないのにそれを10段階評価せよと言われても、そりゃ無理ってもんよ。痛い時はいつでもその時が10の感覚、最高に痛い今である。後で冷静に考えた時、救急車で運ばれた時の痛みと比べたら痛くなかった、と比較する痛みがあるからこそ、数値化できんこともないわけでね。だからってね、そもそもじゃぁ6と言ったところで、医師は私の痛みを正確につかめるかそれも怪しいやんけ。
10が失神で0が無痛、じゃぁ1は小指をタンスの角にぶつけたくらい、としよう。しかもあまりに痛むので数日後に病院に行ったら骨折れてたみたいだね、というレベル。夜通し痛くて涙がチョチョ切れるハズである。1にして相当痛いんだけど、10の痛みが失神するなら1でそれくらいなきゃね。

私は痛みのピーク時には救急車を呼んで泣くほどだったが、それでもまだ意識はあった。人間はかなりの痛みでもなかなか失神まではしないもんである。
退院後、脾臓の腫れもひいて順調に治癒している私の痛みは、2をベースに時々6痛み、たまに8の激痛が走る。が、すでに痛みに耐えて2年目なので今では2くらいの痛みなど涼しい顔である。6の痛みでも「ぅうっ…」でやり過ごせる。
私の場合、数値化してこれはイカンと思う痛みは7からであるが、これが他の患者の7と同等とは限らない。
私の7が、10年も闘病している人の5かもしれないし、たったいま救急車で搬送中の患者の10かもしれないのだ。
人間は、慣れる。
痛みの数値化は患者年数を経るほど、信用度が薄くなるのだ。
結局のところどんな数値で表そうが、患者は痛みに耐え得るのである。

痛みの数値化を要求するのは、もうやめないか。
痛みを数値で表して処方する薬剤を決めるのではなく、医師はただ「その痛みに耐えられると思いますか?」と患者に聞いてみるだけでいいと思う。
患者は「耐えなしゃぁあらへんがな」と答えるだろうから。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-08-19 11:16 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)

商品にいちいち鈴付けといたらどうでしょうかね

下着売り場で下着を手に取り品定めをし、元の場所に戻す。
そんな事をアッチの列、コッチの列で4~5回繰り返して次の列へと移動した時、向こうの商品棚の影にかくれ、商品の下着と下着の間からこちらを上目づかいに伺っている店員サンと目が合い、ハッとした。
私は『万引き犯』だと疑われ、その一挙手一投足を監視されていたのだ。

まんだらけが防犯カメラに映った万引き犯の顔を公開すると宣言した件は物議を醸した。結局、公開されることはなかったが、誰もが思うことは『公開されれば万引きは減る』という効果である。

それをせずして万引きを減らすには、店員サンをもぅね、時給150円UPで万引きGメンのように教育するしかないと思うな。
だって下着売り場の店員サンったら凄い迫力だったもん。
三白眼でこっちを睨んで完全に私をロックオンするんだもん、びっくりしちゃった。
万引きする気なんてこれっぽっちも無いのにサ。
買うつもりもサラサラないけど。
たまたま時間を持て余していて、たまたま下着売り場が目の前にあったから、買う気はサラサラ無いんだけど、ちょっと触ってみたの。
それを察知した店員サンが凄いってハナシなんだけどね。
無実の私を見る目が、犯罪者を見るようだった。
世も末だね。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-08-17 01:21 | +in the sky?+ | Comments(0)

乱読

ノンフィクション4冊を同時に読んでいると、すごく疲れる。
そんな読み方しなきゃイイんだけど、最近の読書はずっとこんなカンジ。
一冊を半分まで読んだら、あっち一冊の2ページだけ読んで、次はこっち一冊を後ろから20ページ目あたりを読んで、最後の一冊はなんとなくあとがきだけ読む、ていう乱読も乱読。なんかこう…集中力が続かないのねきっとね。

その4冊の中のひとり、宮本輝。
伊丹市の北のはずれに住んでいる作家。
田辺聖子と並ぶ伊丹の郷土作家なので思い出したように読んでみるけど、このひとのエッセイがまァとんでもなく暗い。内容は面白いのに私には暗く重く読めてしまう。読むなら宮本輝→田辺聖子の順番にしないと、何かの手違いで逆の順番にした日にゃぁ、私には明日などやって来ないような気になってしまう。何なのだろう…おもしろい内容であってもどことなく重い。文章の端々が暗い。根底の何かが暗い。私は終始フザけているような人間なのでこのあまりの暗さにこれまで最後まで読み切ったことがなかったが、今回の本は正解、おもしろくて。
いぃや暗いは暗い、相変わらず暗いのだけど、これまで暗くてとても読み切れなかったというベースと私の闘病と無駄買いしたチェストがなかったら『宮本輝を最後まで読む』という体験はしなかったように思う。やっぱ途中で挫折していたと思うな、重くて。

その本の中で、タイをひとりで旅行した時になんだかいやに気に入り重い壺を買ってしまい、汗みずくになって旅を続け苦労して壺を持ち帰った寿司屋の店主のエピソードが出て来る。寿司屋に訪れた美術品や骨董品を扱う人たちが店主をひやかすに、「あれは小便の壺だよ」ヘトヘトになって持って帰って来たなんてご苦労様としか言いようがないな。
この会話を聞いた宮本輝は「しかし気に入ったのなら、それはその人にとって、かけがえのない壺であり皿であるのだ。」と書いている。
氏自身、百万円もする薄茶茶碗を気に入らないまま仕事机の上に置いていたら、ある日それを灰皿と思い込みタバコの吸い殻を何本も入れすっかり灰皿にしてしまった。すると茶碗だったらあんなに気に入らなかったのに灰皿にした途端「いい灰皿だなぁ」と思うようになったという。灰皿として気に入ったのだから氏にとっては百万円の灰皿なのである。

この説に私はいたく感じ入った。
気に入ったらそれはその人にとって価値のある物。

我が家には、10年以上前に行った旅行先でわざわざ買った、何の価値もないチェストがある。おそらく大量生産品で、買った時の状態も悪く、はずれてしまう取っ手を私は木工用ボンドで修繕した。
そんな代物だったので、私が買うと言うと夫のむーは「あんなん何の価値もないで?」と反対した。
旅行中に観光スポットに歩いて行くため駐車場に車を停めて、そこから徒歩で向かっている途中、骨董屋ともリサイクルショップともつかない怪しげな店先を通り過ぎた時、私の目にそのチェストが入りなかなか良いサイズだな、と思った。その一瞥を見逃さなかった店の親父は、私の足を止めるべくこう言った。
「1500円でいいよ」
まんまと私は足を止め、そのチェストのやらためったらある抽斗を次々と引き出して状態の確認をした。
「1000円なら買う」
「しゃ~ないなァじゃぁ1000円にしとこ」
「1000円ね。帰りに寄るわ」
即決だった。
徒歩で観光スポットに向かいながら「ところでアレ車に積める?」とむーに確認すると「積めるんは積めるけどやなぁ…あんなん要るか?1000円の価値もあらへんで?」しかし私は買うと決めていた。ピンと来たものはピンと来たのである。コレを世の中は衝動買いと言う。

その無駄な衝動で買ったチェストがコレである。
d0137326_14391159.jpg

あまりに抽斗が多いのでドコにナニが入っているかが書いてある。
d0137326_14391354.jpg

泥棒に優しい迷わない抽斗だが、残念ながら盗られて困る物は入っていない。

引っ越した先の居間のテレビと、私の番台の間にちょうど収まる無駄チェスト。
d0137326_1439718.jpg

実に良いチェストである。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-08-15 15:28 | +ミルニング+ | Comments(0)

高岡早紀、瞬間を生きる。

女にはわからないフェロモンが溢れている魔性の女、高岡早紀。
ラブロマンスが嘘くさく見える女優、高岡早紀。
自由奔放な女、高岡早紀。
を、高岡早紀は演じているのではないか。
本人すらも演じているとはわからないほど、本能がそれを演じているってカンジでね。

d0137326_15382674.jpg


この人、何をやっても女から反感を買うと同時に憧れにも似た溜息を漏れさせはしないか。「あぁ高岡早紀のように自分の気持ちだけを優先してみたい」でも犠牲にするものがあまりにも多すぎる。
妻であり母である女たちは大なり小なり、自分の感情を殺して生活しているものだ。家庭の平和を守るため、ある女は更年期障害の夫の感情の起伏をうまくなだめ、ある女は連日飲み歩く夫が食べもしない夕食を毎日作るという不毛の日々を過ごす。反抗期の子供に腹を立てながらも家事をこなす母あれば、兄弟3人の塾や習い事の分刻み送迎に追われる母もある。パートをいくつか掛け持ちしママ友とのランチを断り続ける母もいる。「あぁもぅや~~~~めたっ」そう言ってやめたらどうなるのかしら、ワタシ。そんな事をチラと考えても実際問題は何もやめはしない。それが妻であり母であるということである。

しかし、妻であっても母であっても高岡早紀はあっさりとやめ、あっさりと始め、あっさりと飽き、あっさりと次へゆく。終始、自分の気持ちに正直だ。自分の気持ちにだけ素直。妻が尊重すべき夫の気持ちや母親が守るべき子供の気持ちは二の次。高岡早紀本人はそんなことはないと思っているだろうが『そう見える女』としてはダントツそう見える。
だから、保険のCMで走っている高岡早紀が、家庭を捨てて男の元へ走っているように見えてしょうがない。まるでそんなドラマのはまり役。
海老フライか何かを揚げていて悪い癖が出ちゃう高岡早紀。
だってワタシあのひとのコトが好きなんだもーん♪
夫を愛していることも子供を愛していることもその時ばかりは忘れてしまう癖があるんだよね、瞬間を生きる女、高岡早紀。思ったら即行動である高岡早紀は、海老フライを揚げるのを即座にやめ、まだ衣さえ付いていない海老が腐るのもおかまいなしに、トチ狂った一途な思いを瞬時に抱きエプロンをしたまま男の元へ全力疾走。どうでもいいことだけど、ツッカケを履いて早く走ろうとすると肩が上がるが、高岡早紀の履物はツッカケだろうか。それとも単にこの人は走ると肩が上がるのだろうか。

瞬間を大切にするあまり取り返しのつかないことを繰り返し多くを失っても、その評価もろとも全く意に介さない女、高岡早紀。
グラビアフェロモン全開の高岡早紀かもしれないが、実に男っぽい性格をしておいでだ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-08-06 15:42 | +難℃ set key+ | Comments(0)

上には上が

チョモの全国大会の応援のついでに山梨観光。



3着でも予選敗退というレベル。
上には上がいるもんだね~
こうして己の実力ってのを思い知るわけやね。

間欠泉『源泉がゴーゴー湧き出る』みたいな観光スポットに行ったんだけど、ゴーゴーって言うよりシュポシュポーってカンジ。それも、コンプレッサーを使って人工的に吹き上げているらしく、裏を知るとちょっと残念なシステム。しかもその施設がもともとは温泉プールのような場所だったのをそのまま利用しているようで、浴槽だったんだなーという見た目。
d0137326_10414289.jpg

ソコに椅子やテーブルをはめ込んぢゃうのね。

浴槽は観葉植物置き場です。
d0137326_10414792.jpg

沖縄の浴槽でもここまでふんだんに観葉植物は置いてないよね。
上には上がいるもんだよ~

足湯があるというのでせっかくだからつかろう…
d0137326_10434927.jpg

つかろう…
d0137326_10435335.jpg

気合いを入れて熱湯足湯につかること5分。
d0137326_10435711.jpg

真っ赤になる。
d0137326_1042155.jpg

足湯の温度にも上には上がおったもんやで。

「コレかわいいやーん、ちょきんぎょ?」
d0137326_10445836.jpg

「あ、コレ?ちょきんぎょちゃうで。手作りのきんぎょ巾着。投げヤンにもーてん、かわいいやろ~かわいいのがぶら下がってるやろ~」
d0137326_10445548.jpg

「んで~このキャワイイのに麻薬が入ってんねん可愛く無いやろ~」
d0137326_1045267.jpg

「ギャップがスゴいな…」
ギャップの激しさ超ド級。

「わ~~~~でか~~~~いっ!踊りた~い!」
d0137326_1045866.jpg

上には上があるもんだね~
こんな太鼓で盆踊りした日にゃぁアータ。

レトロな「すわん」に乗る。
d0137326_10454667.jpg

「蝶ネクタイしておめかししとんでー」とおばあちゃんが言う。
昭和ちっくな、蝶ネクタイ。

救命胴衣着用法も昭和ちっく。
d0137326_10454966.jpg

船舶用救命器具協同組合には、東京と大阪があるみたい。

座席からの景色は「すわん」の首ねっこ。
d0137326_10455762.jpg



すごいつけまつげ。
d0137326_1046055.jpg

こんなに盛ってるのはなかなかないよ。

バランスの良い五枚葉クローバー。
d0137326_10473943.jpg

何にでもね、上には上がございますですよ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-08-04 10:58 | +ミルニング+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク