<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

滅亡ジャーナリズム

人類滅亡を今か今かと何十年も待っている皆さん、お待たせ致しました。
ウィーンで開催された国連の科学技術部会のセッション中、噂によると緊急議題があがったらしい、小惑星が地球に激突する可能性。
これにより激突の衝撃で地球が吹っ飛ぶという地球滅亡説がまことしやかに囁かれたのが、2013年3月のことでした。
すでにお気付きかとは思いますが、滅亡に至っておりません。

私が手掛けるゑずトリア研究所では、滅亡へのカウントダウンのブログパーツをリニューアル致しました。
たまにしか更新しないから設定が簡単なものがよかったんですけど、これまでの簡単便利なカウントダウンタイマーがサービスを停止してしまったんです。
なんせ無料ですからね。
こうゆうことって想定内ではあるものの『え~…』て思いますよね。
皆さんが、滅亡するするするする言われてて滅亡しなかった時の『え~…』に比べましたらたいしたことナイんで、頑張りますけどね。

さて、今回の新たなる滅亡日は2017年5月15日。
この日であることの解説をするのに、この日を滅亡日の根拠とする旧約聖書のダニエル書なるものがあるわけですが、これをいちいち引用して解説していたら滅亡日を迎えてしまいそうなので、なるべく滅亡日を待っている間に読み切れるよう、そしてまた暇つぶしくらいにはなる程度そこそこ長いダニエル書の滅亡解説を、『これを根拠にしちゃって本当にイイのか?!』ということにポイントを絞って説明していきたいと思います。
ですので、ちょっとずつほんとうにちょっとずつ読んで、2017年5月15日までゆったりとした気分で読みすすめていただき、2017年5月10日あたりで、そろそろ最後まで読んで終わりにしようかな~とかいった微調整を各自でやってください。
皆さんもぅええ大人でしょうから、そのヘンはあれこれ手解きしませんのでね、くれぐれも滅亡日以降でいいや、という“夏休みのしくだいは冬休みまでに出せばいいや”的なお考えはお持ちになりませんよう。義務教育やないねから。

まずこのダニエル書は、紀元前6世紀に、不思議な霊力を持っていたために宮殿で王の助言者として仕えていたとされる頭脳明晰な美少年ダニエルについて書かれているそうな、ということを頭に置いてください。
とんでもなく昔のイケメンについての書、ということです。
平成の今となってはもうどう解釈しても不正解ではないということでいいと思います。『イケメン』はいつの世もあらゆる困った事態を収拾する免罪符ですからね。

イケメンダニエルは王ネブカドネザルに仕えていたみたいですが、ネブカドネザルって名前が長くて覚えにくいので、便宜上ここではザル王と表記します。
ザル王は気にしぃやったんでしょうねぇ、悪夢にうなされて不眠症になりました。
なかなか眠れないもんだからこの悪夢の意味を解き明かせとキたもんだ。誰に?
ザル、国中の「占い師」「魔術師」「祈祷師」「賢者」を集めたそうな。
まともなの「賢者」くらいかな。
でも「賢者」ってピンからキリまでいそうだな、スキル的に。
賢者になろうと修行中のレベルでまだ凡人、とかもいそうだし。

この夢解きチームの中に、ひときわイケメンのダニエルもいたわけです。
ドコのポジションだったかは不明だけど「イケメン占い師ダニエル」て超アヤシくない?「イケメン賢者ダニエル」てのは頭悪そうだしね。

しかしこのチーム、いずれもザルの夢を明らかにすることができなかったようで、怒ったザルは国中の術師・賢者を抹殺するように命じるわけ。
昔々の王ってさ、横暴だよね。
自分の気に入らないことが起こればすぐにひとを殺してた。
だから、昔のほうが今よりもよっぽど人類滅亡の危機に晒されていたわけだ。
ワガママの度が越しているイカレた王が、反抗期の子供みたいに毎日『なんかムカつく~』という態度でバッカバカ抹殺してたら、賢い民はそのうち気付く「王様をひとりぼっちにして差し上げよう」そこまでしないと事の重大さに気付けなかった王はたったひとりで、人類滅亡という偉業を成し遂げたわけだね。ワガママ王バッカバカ抹殺でひとりモノ。大・馬鹿・者。

イケメンダニエルも暴君ザルが命じた処刑の対象に入っていたんだけど『謁見を乞い王の前に出た』そうな。
どうだろうか?
計算か苦し紛れかの二つに一つだろうことが察せられる、イケメンダニエルの謁見は。これが計算ならダニエルは頭脳明晰だったんだな。
王が不眠症で寝付けずにそれが悪夢にうなされてるからやゆぅて、その悪夢の呪縛を解明しろと、その意味を読み解けと言った時には明確な夢の謎を解けなかったからこそ、国中の術師・賢者は抹殺される羽目になっているのである。
いざ殺される段になってうやうやしく謁見を申し出る。
そうだろう、ダニエル。不眠症に悩まされ、不眠の原因が悪夢だと言っている王に夢解きをしたところで聞きゃぁしないさ、王は。
聞く耳持ってんなら不眠症に陥る前になんからの手立てを打っただろう側近たちの言うことを聞いただろう。
ザルは日中の活動量が足りなかったんだよ、不眠の原因はソコにある。
「帝よ日がな一日それはもう激しく馬術をエンジョイなさいませ」てなことも側近は具申お差し上げたさ。
不眠症にまでなっちゃったらね、緊張と緩和にほどよく安心出来るリラックスと本人が気付かないストレス発散を加えた、日常の自分にはない刺激ってのが必要なのさ。
聞かなかっただろうよ、帝はよ。
なんたって夢のせいにしてるくらいだからな。

これは負のスパイラルだね。要するにカモテちゃんスパイラル。
眠れないんでイライラする→気持ちが高ぶるからリラックス出来ずに眠れない→疲れきって眠れば悪い夢を見る→すぐに起きる→ナルコレプシー状態になる→不安や恐怖から悪夢を見る→やっぱ怖い→眠りが浅くなる→入眠時幻覚+睡眠麻痺→悪夢が原因じゃ~!国中の術師・賢者を呼べ~ぃ!
と、まァこんなカンジかな。
つまりはね、王はかまってほしいのよ。
自分の症状を「わかるわかる」と言ってほしいし、自分が思うように納得したいわけ。アナタの言う通りよ、思う通りよ、という同意が欲しいだけなのよ。
よく身の回りにいるでしょう?カモテちゃん。
かもてほしいから自分に注目が集まるように仕向けるんだけど、そうやって仕向けていることがすぐに周りにバレるわけ。当然イヤがられてひとは離れてく。それで淋しくなってどんどん仕向ける範囲を広くする。どんどんどんどん嫌われてひとりぼっちになる。だからますます手を広げる、広範囲にひとりぼっちになって気がつけば周りに誰もいない。
カモテちゃんは絶対に自分は変わらない。
周りを変えようとすることに苦心して自分が見えなくなってるから、方法が間違っていることには気付かないの。
負のスパイラルなんだよね、決して好転はしない。
何かや誰かを変えようとしてるから上手くいかなくてすればするほどドツボにハマる。
自分が変われば、何もしなくても好転するのは早いってコトを知らないんだね。
そのことをイケメンダニエルは知っていて、招集がかかった時には王を納得させなかった、わざと。
だってどんな答えでも、きっと王は納得しなかったよ、その段階ではね。
心情はなだめてほしかっただけだから。
でも王としてのプライドがあって頭をなでて「よしよしザルちゃん。わかる、わかるよぉ~」なんて、やってもらうわけにもいかないじゃん。
と、すれば、ダニエルのほうが一枚うわてだったね。

イライラが最高潮のザルは何が何でも「皆殺しぢゃ~~~っ!!!」ていうボルテージだったから、ダニエルはあえて抹殺されるひとりになったんだね。
八つ当たりで腹ワタが煮えくり返っているザルの怒りが、沈静化されるのを待って絶妙なタイミングでイケメンダニエルが謁見を乞う。
「死の前に何ぞ言いたいことのひとつもあろう、申してみい」
「王様がごらんになった夢ですが、金の頭は諸国を支配するこの国バビロンのこと。その下にできた、銀、青銅、鉄はバビロンの後に代わって興る国のことを示しております」
「なぬ?」
夢解きに信憑性があるかとか、真実かどうかなんてのは関係ないの。
王が納得するかどうか。王が聞き耳を立てるような内容で、王が聞く耳を持つタイミングかどうかが全て。
ダニエルはザル王が聞く耳を持つように誘導したのさ。
不眠症にイラついていたあの時ではなく、死を前にした者が命乞いとして何か言いたげたから言わせてやろう、と、暴君の悪趣味が戯言に耳をそば立てそうなシチュエーションをあえて作ったのだよ。
そこでダニエルは、暴君が期待したであろう「涙ながらに命乞い」をやったのではなく、ザルの悪夢の夢解きを行った。
完璧だ、ダニエル。
これがもし、ダニエルの殺さる前の咄嗟の苦し紛れだったとしても、苦し紛れでこんなとんだ嘘八百の夢解きが出来るなんて、やっぱりダニエルは頭脳明晰なイケメンだ。ダニエルを見たことは一度もないが世渡りの巧さがいかにも美少年っぽい。
どっちに転んでも、ダニエルは頭脳明晰なイケメンってことで。

ダニエルの見事な夢解きに感服したザル王は、ダニエルに高い位を授けたらしい。
それからザル王は安眠を貪るかと思いきやまたも不吉な夢を見てしまう。

天に達するほどの1本の巨木が天使の命令で切り倒される夢だった

…不吉、か?
悪魔の命令で切り倒されたらなんか不吉だけど、命令したの天使でしょ?
巨木が切り倒されて光でも射しそうじゃないか。

頭脳明晰イケメンダニエルの夢分析はこちら。

長年の奢りの報いで王が権力を失いバビロンが滅びる

ザルの夢のどのポイントにこんな解釈が?
平安時代の和歌なみに解釈が裏に隠れてんだな。
返歌が大変だザル王。
早く次の悪夢を見ないと結末がわかんないよ。

この夢は、人類がこのまま驕り高ぶっていると見張りの天使により生命の源である木を切り取ってしまうという警告で、つまりそれは人類滅亡を指す、という人類の行く末を暗示した説ってのもあるみたい。
重要なのはね、その説の続き。
生命の源である巨木は切り倒されてしまい、人類は滅亡するん『だけど』根と切り株は残されるので、人類が悔い改めれば再び芽を吹き出し生き残る術はある、と。
いかにも聖書っぽいね。

悔い改めよさらば与えられん

の精神ってことで。
何かの宗教を信仰する時に一般人が陥りやすい心境に、『自分を神だと勘違いする』というものがある。
その宗教の『教え』を偉い・凄い・素晴らしい、と信じるあまり『自分が偉い』『自分が凄い』『自分が素晴らしい』とすり替えてしまうのである。
そう信じてしまった人というのは、揺るがなく『自分が正しい』ので、無宗教だと言っている私にその宗教をすすめてくる。
ひとりひとりの人間は信仰の自由というのが保証されていて、よって私は誰が何を信仰してもそれを尊重する。だからそのかわりに私の無宗教にも敬意を払ってほしい。信仰を持たないという自由もあるはずなのに、ひとはフリーだと自分の神様を私に植え付けようとするのだ。
私は気が向いた時に気が向いた場所へ参拝する。
近い中山寺の時もあるし門戸厄神まで行く時もある。
何かに迷った時には問いかけたりもする。
この選択は間違ってはいまいか、自分の判断は正しいのか。
賽銭を投げてご本尊に問いかけるわけではなく、私は自分の良心に問いかけている。
拝んで心を無にしたような気になっといて、良心だけに問いかけることをする。
神社仏閣に行くのはそのきっかけ作り。ポーズなだけなの。
答えは心の赴くままに。自分の胸が痛まない決断をせめてしようと私は思う。
宗教を持たない私の考えや、救いの求め方って今のところこんなカンジ。
それでも幸せを感じてる。いま死んじゃってもそれはそれでよしと出来るほど。
だからもし滅亡するとしても、滅亡のその日までちゃんとしっかり精一杯、生きていた、と言えると思う。

ダニエルの書が、滅亡するかもって、言っている。
滅亡はするけども、チャンスはあります、いつだって。とも言っている。
そうだろうね。
だって今までそのチャンスをちゃんとモノにして、地球も人類も滅亡してはいないわけだから。
驕り高ぶってはいけないという警告。
だけど私の知っている神様はみな寛大でよく人間を許す。
許されたことを恥じなければならん生き方だけはしたくないもんだな。

ダニエルによる『警告の報告』ののち、ザル王は徐々に頭がおかしくなり狂死。
ザルJr.が王となりバビロンを治めるようになると、モラルは低下し人々の生活は乱れ拝金主義と、虚飾にまみれた国家は堕落の限りを尽くす。

医者の息子や金持ちの息子など、親の金で遊ぶお坊ちゃんは例外なくパーチーが好きだが、ザルJr.もご多分に漏れず好きだったようで、ある日、配下の大臣やその愛人たちなどと一緒に盛大な酒宴を思いつき『ベルシャザルの1000人宴会』なる聞くだに呆れる宴を開いた。ベルシャザルというのがザルJr.の名前です。

贅沢に揃えたありとあらゆる美酒や料理、低俗な娯楽と淫らなショー。
大勢の男女が入り乱れての大乱交が始まったその瞬間、突然、空中に白い手だけがスーッと現れて指で壁に血文字を描いた。

ここでもイケメンダニエルは大活躍。
壁に描かれた謎の文字の意味を解く。

「現れた手は、バビロンに下された裁きの手です。文字は“メネメネ・テケル・ウパルシン”。メネメネは「数える」の意。神があなたの悪業を数えた。テケルは「測る」の意。神があなたの中身を測ったところ人間としての量が足りなかった。ウパルシンは「分ける」の意。この都もあなたも滅ぼされ分割されてしまうだろう。つまり神からの終わりの宣告です」

ダニエルの予言通り、その夜のうちにバビロンはペルシャに滅ぼされ、ベルシャザルも殺害された。
予言者なのだろうか、ダニエルは。イケメン予言者ダニエル…胡散臭いな。
ダニエルは相当、信じられていたに違いない。
信じ切っていると、その人の言葉の暗示にかかりやすい。
催眠術師か、ダニエル?イケメン催眠術師ダニエル…世が世なら持て囃されそう。
こんなにダニエルを語ってきたのに私は、いまいちダニエルのポジションがわからない。
ダニエルの持つ不思議な力とはこうゆうトコロかもしんない。
何者なのか?ってバシっとはわかんないトコロ。
洗脳に近い状態を生み出す言葉巧みな誘導者だったということが、彼の才能だと思う。世が世ならDaiGoの代わりが出来たと思う、イケメンだし。紀元前6世紀のイケメンが平成25年にどう評価されるかはわかんないけど。

DaiGoに匹敵する不思議な力を持つイケメン予言者ダニエルが、とうとう人類の未来に関わる預言をしているという内容が以下の言。

「……エルサレムを建て直せという命令が出てから、メシアなるひとりの君が来るまで、7週と62週あることを知り、かつ悟りなさい。その間に、しかも不安な時代に、エルサレムは広場と街路とをもって、建て直されるでしょう……」

1948年5月15日は、世界中に散らばっていたユダヤ人が中東にある大昔の祖国に帰って来たイスラエル建国の日。メシアが来るまで7週と62週、つまり「69週」があるとなっている。ユダヤ密教では「神の1週間を1年」と象徴することがある。すると、週を年と換算すれば、69年ということになる。つまり、エルサレムの回復(イスラエル建国)1948年5月15日+69年=2017年5月15日とは考えられないだろうか。メシア(救世主)は「終わりの日」から救うために来るのだから、そのとき同時に、何か人類に破局的なできごとが起こる可能性があるのでは……という解釈がある。人類は神から“メネメネ・テケル・ウパルシン”と最終宣告を受ける日が近づいているのかもしれない。

↑というのが、この記事を書いたライターの言。

これって人類の未来に関わる予言かな?
人間の知恵を総動員させてエルサレムを立て直せ、って意味じゃなくて?

疑問に思わなかったのだろうか。
イケメン予言者ダニエルはなぜに『メシアなるひとりの君が来るまで7週と62週ある』という言い方をしたのか。足して69週だとライターは書いているがそうだろうか。それならイケメン予言者ダニエルだって69週と言ったはず。区切りがあるから7週と62週に分けていると解釈も出来る可能性があるではないか。つまりメシアは2回来る。

私はそう解釈する。

7週は7年後の1955年5月15日。
この日に、救世者がやって来て何かのきっかけをくれたようだ。
さて、何が起こっただろうか。
1955年5月15日のこの日、オーストリアと米英仏ソがウィーンのベルヴェデーレ宮殿で「オーストリア国家条約」に調印。オーストリアは完全な独立を取り戻した。
この時の調印の儀を行った人々がメシアだったのかな。
ソ連のモロトフ外相、アメリカのダレス国務長官、イギリスのマクミラン外相、フランスのピネー外相、オーストリアのフィーグル外相。

さてあと62週62年後の2017年5月15日。
大きな志をお持ちの、政治家の皆様、外交官の皆様、はたまたジャーナリストの皆様、次回のメシアはアナタかもしれません。
世界を突き動かすような、民を思う誘導を、何卒よろしくお願い致します。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-11-28 00:29 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

満腹大作戦

こないだ髪をカットしている時にシオさんと、私がいま満腹になれないことについて話していて、胃の中の出来事は普通に考えていたらダメなんだ!ちゅう人知を超えるストマックの怪についてアツく語った。

「それさァ、ここまでならOKていう量はつかめてへんの?」
「つかめへんねんて~やからさ~オトンが胃が半分ないからさ~胃を切った時に痛くなかった食べ物聞いてさ~。煮物やねんて。水を吸うだけ吸った食べ物ってコトね。だから基本的にビシャビシャしたモンを食べてるけど、それでも痛い時は痛い。食べた物によって違うねん、やからさぁ…フツーに考えたらさぁ『痛くならない一定の量』みたいなのが一緒やと思うやんか~?それがちゃうねんやん。コレならこんぐらいまで全然食べられたけど、アレだとたったこんだけでアウト、みたいなね。食べ物の種類でちゃうねんやん、やから困ってんねん」

胃の膨れ具合は計算通りにいかないのよ。
食べたものが胃の中で膨れてね、その胃が脾臓を押すから痛いのよ、その現象は納得できてもね、胃の中のことは私ごときが考えて対処できることではないらしいのよ。
同じように胃は膨れるでしょうに、と思うでしょうに。
いやいや、ちゃいまんねがな。

例えばガブガブとコーヒーを飲む。
これって同じように胃に溜まるわけだから痛いと思うやんか。
まったく痛くないのよ。
コーヒーをひっきりなしに飲んでるんだけど、痛くない。
水もお茶も痛くない。
しかし味噌汁は痛い。なんでやねん、や。具が入ってるからか?
違うのさ、具は入れんと汁だけをしかもお湯で薄めて飲んでも、痛いんだよ。
どうやら液体だったらOKということでも、ないらしい。
じゃぁ塩分がアカンのかと思うやんか、したら糖分ならOKか思うやんか、作ったさ『ぜんざい』小豆から煮て作ったよ一昼夜。一昼夜やで一昼夜、わかるか?24時間やで。
24時間も水を吸うだけ吸わせた小豆だよ、もう小豆じゃねぇよ、アンコだよ。
アンコにまでなっただろうこれ以上に水を吸う余地のないぜんざいを、2杯。
味噌汁碗で、2杯。激痛。ハナシがちゃうやないかーい!
塩分ちゃうんかーい!糖分もなんかーい!
味噌汁碗に2杯のせんざいは食べ過ぎって量ではないと思う。
フツーにデザートとしてどんぶり一杯くらい余裕で元気なご時分にはお喰えになれましたしね、ワタクシ。

脾腫を患って半年。
私はとうとう空腹に耐えられず、いっそのこと食後何時間かをのたうちまわるのを覚悟で納得するまで食べちゃったらどうかと思うようになった。
ちょこっと食べては休み、またちょこっと食べては休む、一日7回くらいの食事で7回とも食べても50%空腹。食べる意味あるんけ?
それで食事の中でも特に満腹になるまで食べたいと思う夕食を「このヘンでやめとかなきゃ」と思う量よりもちょっとだけ余計目に食べてみた。30%空腹くらいまで。
速攻で痛かったよ。二口目くらいで即、痛かった。それから2時間半、私は10分おきに「失敗した~…ダメな事した~…もぅしません~…絶対にしません~…」とどっかの誰かに謝った。

私が今『つかめた』のは、おかずよりもごはんのほうがダメ、ということのみである。“水を吸うだけ吸ったもの”セオリーの観点から言えば、ごはんは米が水を吸うだけ吸ったものであるが、茶碗半分以上を食べると痛い。思えば、ごはんをお粥にする時、ごはんはもっと水を吸うではないか。つーことは、ごはんの段階ではまだ吸うだけ吸ってないのかもしんない。
何なんだ、私は何ならお腹いっぱい食べても痛くないのだろうか。
痛い、満腹に喰えない、と書いていると、大半の女性がダイエット出来てよいと考えることだろうと思う。
この状況で痩せでいくのは、せいぜい3ヶ月目までである。
常に空腹感があるために、常に『何かをちょっと』食べていて、トータル一日中なにかしら喰っている。
チョコレート3粒を食べて、薄い食パン一枚食べて、おにぎり1個食べてクッキー箱半分食べてスナック菓子を半袋サンドイッチ1個ちくわ2~3本、これらを駆使して空腹を凌ぐ。
こんだけ食べればもう凌いでは、いない。
しかしこれらを一度に食べられるわけではなくて、チョコレート3粒と食パンの間が40分、食パンとおにぎりの間が1時間半、といった具合。
私としては立派な凌ぎのおにぎり、凌ぎの凌ぎのチョコレート、凌ぎの凌ぎの凌ぎのちくわなんである。

あぁ可能性は小指の先ほどもないけれど、どなたか、食物の研究をなさっているかたがこのブログをたまたまご覧になって、魔が差してココまで読み進めたとかないですかねぇ。
そのかたがたまたま、また偶然にも、えらいこっちゃ運のエエことに、胃の中における食物の水分吸収率を研究されていて、『夕食メニュー別による胃の中での水分吸収スピードと、最大膨張時の周辺臓器への圧迫率が及ぼす影響』というレポートを学会で発表しようとしてませんかねぇ。
そのかたにだけ折り入ってご相談がございますねんけど、膨張率の低い食べ物で吸水スピードが早い食べ物と遅い食べ物をリストにして教えてもらえないですかねぇ。
組み合わせで腹持ちと満腹感をコントロール出来るようにうまいことリストにしていただけたら、非常に助かります。
ひとつ人助けとおもて…つーか根本的なコトを知りたいな。
病気にならない臓器『脾臓』を何かのきっかけで専門的に研究しているかた、おられましたら、小さくする方法をお教えくださいませ、ひとつ人助けやおもて。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-11-25 11:35 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)  

新章:笑道入門脾臓篇

これまでの私の脾臓っ子病状報告を第一章とするなれば、ここからは新章の始まり始まりである。

まだまだネタとしてイけるから乗り越えろ!との励ましをはうはず氏にいただいたので、せっかくだからはうはず氏コミュニティから授かった『冗フラ』の称号に恥じぬよう【笑道入門脾臓編】として、新たなる章で書き綴ることにした。
かと言って内容が充実するとか、専門的になるとか、そういった変化は何もなく、今まで通りの病気ネタなんだけどネ☆
より無駄な脚色を加えて突っ込みドコロ満載でお届けします、なんせ新章だから。

さて、これまでは私の脾臓が4倍に腫れていることにのみスポットを当ててまいりましたが、この脾臓が腫れていることを『脾腫』て言うねんて。
これは病名ではなく、症状ね。
ほんでこの脾臓にいくつかの影が映ってるの、これがガンなのか悪性なのか良性なのか、てのは脾臓を取ってみなくちゃ本当のところはわからない、そうゆう影があることはある。これも症状。
そして、あっちゃこっちゃのリンパが微妙に腫れている。これも、症状。

私は症状だけが出ていて病名が特定出来ずに、ドコが悪いのかがわからないまま、『何をすべきか』の選択肢に悩んでいる。と、このような状況に置かれているわけ。

脾臓を丸ごと摘出してしまえば、たぶん私の病名は特定されるわけだけど、ここまで治療も何もなしに生きていられるということは、ガンだったら有り得ない事なのでひとまず脾臓を丸ごと取ってしまうのではなく、別のアプローチで病名を探っていくことにしよう、てなわけで、私はズルズルと痛い痛くない・やっぱ痛い・あぁマシ・いや痛い、を繰り返す毎日なんである。そのせいか私は最近『ヘビの生殺し』という言葉がよく頭に浮かぶ。

兎にも角にもリリカの副作用に悩まされている。
服用して最初の3日間くらいの副作用に比べればだいぶ体が慣れて薄れてきてはいるものの、やっぱり眠いし目眩でフワフワ、ボーーーっとしてしまう。こんな状態で12月から働こうとしているが大丈夫だろうか、私を雇う会社が。まさかとは思うが潰れないよね?だって私を雇うったって週一だしな…使えないと思えばクビにするだろうし。会社の判断に任せよう。
病気にしても仕事にしても今の私は生殺し。
生きようが死のうが、クビになろうがなるまいが、その時々の己に従うしかない『只今』を生きております、とってもヘビー。

先月の病院の紙の私の年齢は37歳11ヶ月だった。
そして今月の病院の紙は38歳0ヶ月。
d0137326_0363898.jpg

まさに再診に行った日が私の誕生日だから0ヶ月の中のキッチリ0ヶ月。

ひー坊と朝食を食べている時に「なんか私に言うことない?」と聞いてみたら「誕生日やなおめでとう」と言う。
「知ってんなら『何が欲しい?』とかきーてくれたってええやん、何かくれへんの?」
「えー欲しい物にもよるやんか。何が欲しいかゆーてみて?」
「健康」
「健康やんか、病人の割には」
「私が欲しいのは『疑いのない健康』や。この健康は疑わしい」

何が悲しゅうて誕生日に落ち葉掃除のための大渋滞に見舞われて、めまいや眠気と戦いながら運転して病院まで行かんならんのや。

「どうだ?痛みは?」
「効いてるんだと思うんだけど…寝起きなんてすんごく痛いからそれを思えば効いてるけど、快適ではないくらい痛い」
「痛いかぁ…やっぱりダメだな…麻薬を使おう」
「あとどうしても副作用が…日中にずっと起きていたい」
「じゃぁ副作用を和らげる薬を追加しよう」
脾臓が更に腫れていないかどうかの触診をするためベッドに横になりながら、主治医にプレゼントを要求する。
「先生、今日が誕生日やねん、私。病名ちょーだい」
「そうだなぁ…お祝いに病名があげられたらよかったんだけどなぁ」
なるべく簡単ですぐ治るような病名をちょーだい。
「まぁ、大きくなってないからな。悪いものではないと思う、もどかしいだろうけど、気長に頑張っていこう」

気長にトロトロ帰ったら、頭がボーーーーっとしてて2回も道を間違っちまったよ。

「どうやった?結果?」
夕食後の薬を並べているとひー坊が聞く。
「病院のことゆぅてんのか?今日は検査じゃなくて薬物の微調整だから、何も結果はないで。薬は結果的に2種類追加になって2週間分の薬代が2000円もする」
「健康になるんやったら2000円って安いって思うけど、まぅの場合は2000円で痛みを止めてるだけやから高いよな」
「そうや…高いで。何の治療にもなってなくて副作用に苦しみながら2週間、痛みを散らして誤魔化すのに2000円かかってんだよ…だから面接行ってくるわ。働くことにした」
「働くんなら病気を治さないと」
「もう半年も治ってないから、先に働かないと治すお金がないの」
「フッフッフッ…ヘッヘヘヘ…治すお金…ヒッヒッヒ…」
なにツボにハマってんだよ。

ささやかなサプライズプレゼントで
d0137326_0364351.jpg

花束をくれた夫に2枚ほど紙を渡す。
「検査の同意書に署名しといてね」
「チョモに書かせといてもバレへんやろ」

半年も病むとこんな扱いですのでね、皆さん健康は大事ですよ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-11-23 00:45 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)  

非秘密主義者の手間好事家

「わ~~~~まぅ思いっきり顔出しちゃってるやーん」
私のブログをiPodで閲覧しているらしいひー坊が私の横で感想を述べた。
「あぁ…歌劇のね。…まァ…そうやなぁ…歌劇に感化されて出しちゃった、てコトにするわ。最近おなじような感想をシオさんからも聞いたな、ブログに顔出してたやん、て。そんなに顔隠してることもないねんけどなぁ、チラ見せのセンを狙ってるダケで」
「今の今までいろいろやって顔隠してきてたのに、丸出しにしちゃってるやんか~悪用されんで~」
「悪用されるほどの知名度がないわ、残念やけど。まァそれを見たトコロで私ってカンジがするか?私はあんましないケド」
「すごくまぅってカンジがしてるで」
「そう?」
ひー坊にとって私のイメージってこうなんだな。
この、なんと表現すべきかわからないロングジャケット…ソフトゴシックパンクなロングジャケットコートだから『シェゲナベイベー』略して『シェゲナ』とでも言おうか。このシェゲナを着ているのって、年に数回あるかなしかくらいの頻度。コート着るほどじゃないけどマフラーは要る、短い丈のジャケットじゃ薄ら寒くてショーパン穿く、みたいな限定的な季節の時に着るシェゲナ。ソフトにパンク調だから場所も選ぶしサ。それなのに私ってカンジがするなんて、私ってもしやハード系なのかな。
そう言えば前の職場のひとにも『ドラゴン・タトゥーの女』に似てると言われて、知らなかったので画像検索をしたら、自分の想像を超えるほどのハードなモヒカン女優がヒットした。自分自身でそんなイメージはこれっぽちもないが、死神系統であるらしい。

タネ明かしをすれば、最後の最後で面倒になって『もぉこれぐらいええやろ』てコトだったのだ。
画像は、読んでいるひとにしてみたら最初の一枚かもしれないが、この画像は結構な後半でやった処理である。
歌劇の文では33枚の写真と1枚のスニッピング画像を使用しているが、これらほぼ全ての写真は画像処理をしたうえでアップしている。
ブログに使用している画像は今回に限らず、カメラで撮影したそのままを載せているわけではなく、影が出来ていれば修正し色合いを微調節したりモザイクかけたりトリミングしたりサイズ変更をしたり、数々の編集をしてようやくアップしている。
しかも1つの写真が1枚ってことはまァ稀で、真正面・斜め・立て・マクロといった具合で別アングルなんかを予備で撮っておく。
その中から使えるモノを取捨選択するところから始まっていて、じつはおっそろしく時間のかかることをしているのである。画像をアップしなくてもすむ文章表現力があれば問題ないのだけど、それがないからこんなしちめんどくせぇことをしてるわけなのねー。

私はブログに顔を出さないという秘密主義者でもなんでもないのだけど、文字で顔が隠れるようにはしている、これはわざとね。
モザイクかけるほうが手っ取り早いし、もっと処理を簡単にしてペイントで塗りつぶせばそれでええわけ。顔にスタンプ乗すだけでも、それはそれで「顔を隠す」ていう目的は果たすわけでね。
でも、よそのブログとかで、ペイントで塗りつぶしていたりスタンプを乗せていたりするのを見ると、文章の匿名性がすんごく強調されてしまうのを感じるんだよね。私だけかもしんないんだけど。
それってね、どうゆう負の効果があるかと言うと、せっかく文章が面白くて内容も充実しているのに、それをわかりやすく伝えるはずの補足の写真で、文章を書いたひと本人の顔がペイントで塗りつぶされていると、途端に「自分の書いた文章に責任を持ちたくない」という印象を与えてしまう。
これをどうにか出来ないモンかなぁ~と思ってチャレンジした結果が、画像の説明テキストを写真の中に入れてその隙間から顔や全体的な雰囲気をチラ見せする、という方法だったというわけ。
ペイントで塗りつぶしたりモザイクかけるよりも、私はこっちのほうが文章を邪魔しないし、写真はあくまでも補足っていうポジションを守れると思うんだけど、コレって私感なのかな?
どうすか?
律儀にこの文章を読んでいるソコのアナタ。
アナタにはこの方法はどう感じられてますか?

私はプロとしてこのブログを書いているわけでないので、記名原稿にする必要もないし、責任を取んなきゃなんないような立場にいる人間でもないんだけど、自分が読んでいてガッカリする文章のポイントってのがいくつかあって、それがたとえ素人の文章であってもガッカリするもんはガッカリしちゃうもん。プロの文章であればなおさらガッカリするし。
だからココにわざわざアクセスしてもらい、こうやってわざわざ読んでもらうからには、せめて自分がガッカリするようなポイントでガッカリさせるような文章は書くまいぞ、とそれだけは心に留めて、書く努力はしています。そうは、思えないことでしょうがね☆
私の二大『ガッカリするポイント』が、補足であるハズの写真でガッカリすることと「某○○」の文章。
その二大ガッカリポイントの轍を私が踏んでなきゃイイんだけど。
踏んではいないつもりでおりますが、もし踏んでいる場合はどうぞご叱責くださいまし。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-11-21 23:26 | +ミルニング+ | Comments(0)  

過激な歌劇 タカラヅカ

「今さァ飲んでる薬の副作用が眠気強くてさァ…もし開演中に眠ってたら起こしてくれる?」
「さすがに本気でエルボー喰らわすわっ!マジでこうゆうの初めてなん?コンサートとかライブとかは?」
「ないない。芸能関係のこうゆうのに気持ちが向かないから」
「安心して。歌劇で眠れるようなタイミングは、ない」
「あ・そなの?これさ~席まで案内してもらえんの?」
「席は自分で探すのよー」
「あ・そなの?こんなにたくさん席あんのにわかるかなぁ…」
「大丈夫やですぐ見つかるでイスに書いてあるから」
「番号で探すの?覚えてないよ?」
「チケットに書いてるやろっ!てか、8列目のめっちゃイイ席やでって教えたやんかっ!まぅちゃんが抽選で引いてきた席やでっ!」
「あ・そなの?だって8列目とか言われてもピンときてないもん初めてやのに」
「ちょっと~~~~~」

まっちゃんが万代貸切公演の宝塚歌劇のペアチケットを友人にもらって、その日にたまたま出会った私に「まぅちゃん一緒に行かへん?」と声を掛け、この偶然がなければ行くこともなかっただろう宝塚歌劇を観に行ってきた。
d0137326_20562073.jpg


ロビーから既に煌びやか。
d0137326_20554360.jpg


以前からヅカファンであったまっちゃんは歌劇観覧経験者なので『本当に私は何ひとつわかってないからね?いちいち教えてくんなきゃ』と脅しておく。
本来ならば、座席によって値段の違うチケットは座席指定で購入するようだが、11倍の倍率で観覧当選をした皆さんは、さらに座席抽選という運試しをやる。
クジ運がなくてこれまでこの座席抽選タイプのチケットでは双眼鏡なしでは見えないような席しか当たったことがないから、ここはひとつ私が引けとの仰せである。
「責任重大やんか」
「そやで。ええトコ引いてや」
「わかった。で?何っていうのを引いたらええの?何が当たれって念じたら?てかそもそも何ていう席があんの?」
「ん~~~SS席とS席とA席とB席と二階の…」
「よぉーーーけあんねなぁ…何席もピンとこねぇ…」
「ん~~そうかぁ…じゃぁとりあえず1階の前のほうで」
「わかった。唱えるのに微妙に長いな…1階の前のほう1階の前のほう1階の前のほう1階の前のほう…はぁ~…1階の前のほう」
こちらからどれでも一枚どうぞ、と言われたので人差し指でピヤ~となぞって真ん中くらいから抜く。万代プレゼンツ歌劇は万代からのおやつ付き。
「まっちゃん見て見て~パンとお茶くれた~」
「まぅちゃん、ほんで席は?ドコ?」
「へ?もう席決まったん?」
「チケットは?」
「これ?これで席わかんの?」
「ココに席の番号が書いてんのっ!」
「見てもわかんなかった」
「ちょっとー…」
まっちゃんにチケットを渡し、ねぇパンどっちする?私こっちがいい~♪パンってどこでも食べていいの?席とかで?と、言っていたらチケットで席を確認したまっちゃんが遮る。
「まぅちゃ~~~んっ!むっちゃエエ席っ!」
「まーぢーでー?」
「うん、むっちゃええよっ!1階8列やでっ!」
d0137326_20553561.jpg

「…と、言われましても。やけどな」
「も~…こっち来てー」
d0137326_20555290.jpg

「見て。SS席って1万円以上してるやろ?」
「たかっ!タダでよかった…」
「それだけエエ席ってことやねんね。でもSSだと全体が見にくいっていうか~近いからピンポイントで見るにはええねんけど、全体をって思えばもうちょっと後ろからのS席のほうがええかな、てカンジ。S席で8000円やんか?まぅちゃんが当てたのはそのS席の一番前でしかも真ん中の部分やねん。これはめっちゃエエよ」
「で?私たちの席はどこ?まっちゃんドコか指してみて?」
「ココやで」
d0137326_20554980.jpg

「まぁまぁ近いねー」
「めちゃめちゃ近いよっ!」
「あ・そなの?」
この座席表で距離感までは掴めないよ私、なんせ初めてだから。

広~い宝塚大劇場は2550席。
SS席ド真ん中ブロックは最前列から4列くらいまでスーツをお召の関係者とおぼしき面々が着席していたので、一般当選者は実質SS席5列目からだね。

ちなみに、抽選で引き当てた席がココ。
d0137326_20565063.jpg

「うおぉ~~~っコレで運また使ったな」
まだ残ってたのかよ運。こんなに年の瀬やのに。
「いやいやこれを機にこれからどんどん運が向いてくんねん」
いやいやいや、もうそろそろ終わりだよ今年も。
私、運は一年更新型って考えるほうだから。

始まる前ならカメラ撮影はOKと言うので、大劇場自体をいろいろと観る&撮る。
私の心を捉えたのは、緞帳である。写真ではそのスケールや技術がわからないと思うが、この緞帳はタダモノではない緞帳である。ワコールのロゴが入っているのだが、このロゴすらもそれなりのモノである。
d0137326_20564269.jpg

調べてみると、宝塚大劇場には数年おきにスポンサーから寄贈される3枚もの緞帳が吊られており、天地9メートル間口24メートル重量は約1トンの西陣本綴錦織。
d0137326_20564670.jpg

はぁ~…とうてい値段に換算なんか出来ないな…職人が何人携わっていることか。
d0137326_20574844.jpg

まさかココで加美乃素に出逢うとは。


タダでなければもう来ることもないだろうから、入場前の時間にはまっちゃんにいろいろと案内してもらう。
私たちが観る公演は『Shall we ダンス?』

「ここがお土産屋さんで宝塚っぽいお土産が買えるねんで~」というお店で、まっちゃんがお友達に出会って話している間に、『Shall we ダンス?』特製洋菓子の特設コーナーで知らないオバちゃんと会話する。
「Shall we ダンス?やて。こんなん作るねんね、わざわざ」
「ほんまやねぇ…」
オバちゃん、カスタードクリーム入り蒸しケーキみたいな生菓子を手に取って、ちょっと迷う。
「ほら。クッキーもあんで。こっちのほうがよくない?日持ちするやん?」
「そうやなぁ…こっちやったらあんまり日持ちしぃひんかもわからんなぁ」
「乾いてるお菓子のほうがええよ、軽いしさ」
「ほんまやなぁ」
「こっち・こっち。こっちがオススメやで」
「そうやねぇ。私こっちするわ」
売店スタッフでもなんでもないけど、つい働いてしまった。
どうだろうか売り子として週一くらいで雇ってみませんか。
ただ、私はお客様に対して100%タメグチでなければ、売る自信はございませんが。

「コレ・コレ!私のタカラヅカのイメージこれ~~~!」
d0137326_20561774.jpg

まっちゃんに『ザ・タカラヅカ』だと伝えると、このラインダンスと言うのは、新入生がお披露目するものらしく、だから新入生が練習してさて最初に何をやるかと言えば『ラインダンス』てコトみたい。
なので、ま・そうゆう時期に観るもの、という狙って観るステージみたいね。

『ラインダンス』をご覧あそばしたい皆様のために、生徒募集情報を。
d0137326_20562412.jpg

入試がこのあたりなんでラインダンスはこのくらいかな、とご自分で予想してくださいね。

グッズが買える、というショップはヅカビギナーにとっては異空間だった。
歴代トップの壁。
d0137326_20563420.jpg

私が知っている壁なんて『居留地の壁』くらい。フーケのおいしいラスク。

「ねぇ…まっちゃん?この人とこの人って、同じ人?」
パンフレットの表紙のタカラジェンヌの、違いが私にはわからない。
ヅカファンのまっちゃんには違いがわかるだろうが、私にはヅカアイがないので同じメイクをしている同じ人が違う衣装を着ているように見えるのだ。
「違う人よ」
「じゃぁ、コレとコレが同じ人?」
「それも違う人」
「これがこの人?」
「…でも、ないよ。違う人」
基本的に標準語の発音で関西の言葉をしゃべっているまっちゃんのトーンが、だんだんと面倒臭さを帯びてきている。
「トップの人がいろんな主役をしてんじゃないの?」
「トップって言っても…コレは星組だし、こっちは月で、それが花ね。これが、雪組のトップで壮ちゃん。今から観るトップのひと、壮ちゃん」
「ソーちゃん…」
近所の小学生のように呼ぶ。
ソーちゃんドコ行くん?え?塾?アンタも忙しいなァ。
d0137326_20561083.jpg


「コレがソーちゃん?」
「だから違うってば」
生写真がズラリと並ぶ中から、ソーちゃん探し。
これから観るわけだし、トップくらいわかっておかないと。
「コレか、ソーちゃん」
「だから違うって。コレだってば」
「お~コレがソーちゃんか。で、コレもソーちゃん?」
「だから違うってば~」
ヅカファンのまっちゃん、私といるとダカラジェンヌ。

グッズショップで何も買うことなく出てはみたが、先導するまっちゃんに付いて行きながら、よくよく…とてもよくよく考える。私の直感が私の理性を超えてゆく。
どうしよう…ビョーキがデそう。

「まっちゃん、待って。ちょっと気になることがあって。やっぱあっこ戻ってイイ?時間ある?」
「時間なら余裕であるよ」
なかなか混みはじめた店内に戻りながら、とっくに終わっている公演のプログラムと言おうかパンフレットと言おうか、ヅカ冊子についてまっちゃんに語る。
「あのさぁ…さっき見てたさぁ…『相棒』のパンフレット…買わずに帰ったら後悔しそうな気がする」
「えぇっっ?!『相棒』?!なんで?!」
うん、正しい反応だと思う。だってこれから観るのは『Shall we ダンス?』なのに。
とくに私はテレビドラマ『相棒』のハードウォッチャーてわけでもない。
私はもっぱら、ラジオですから。
「まぅちゃん、ああいうパンフレットって1000円くらいするよ?」
「うん…するんやろなぁ…」
私の経済状況をよく知るまっちゃんが忠告してくれる。
だが私はパンフレットコーナーに着くや『相棒』の見本誌を繰っていた。
コート紙10枚足らずで製本されているパンフレット、税込600円。
600円かぁ…なんて微妙で複雑な値段をしているんだ。
1500円だったら買えない、所持金が足らないから。
600円は確かに高いが、買える値段ではある。
d0137326_2161723.jpg

理性に従えばいらない。
d0137326_2172688.jpg

とっくに公演が終わったパンフなんて。
でも私は、理性でいらないと判断出来る物を600円で買うという発作が起きる。
d0137326_2182390.jpg

桜塚やっくんがヅカ系美女ビジュアルであったことの確認と、
d0137326_2184119.jpg

米沢守がこんなに美化されているのに“なんだか伝わる六角精児の何か”みたいな事を感じられる表現の技術、そのことを教えてくれたこのパンフをスルー出来なかった私のビョーキの治療費だと思えば、決して高くないはずだ。

右京を演じる真飛聖という人が、ドラマ『相棒』で成宮クンの彼女役をしている、とまっちゃんが言っていた。
d0137326_2191724.jpg

念のために言っておくけれど、この格好で彼女役をしているわけではなく、ちゃんと女っぽいのだそうだ。だけどタカラヅカで男役を演じているということは高身長であると思うのだけど、成宮クンという人は真飛サンよりも背が高いのだろうか。そんなコト、私が気にすることではないが、気になったので書いてみた。

ちなみにこれが私が観た『Shall we ダンス?』の主演男役のソーちゃん
d0137326_2110514.jpg

壮一帆

いない…こんなおじさんは確実にいない。
d0137326_21102570.jpg
d0137326_21101677.jpg

いないに決まっているが、不思議に伝わる美化された“おじさん感”を察しはしまいか。

いねぇだ…こげな婦人警官はどごにもいねぇだ。
d0137326_21105086.jpg
d0137326_21104199.jpg

いねぇけんども、わがんどー。

教祖(女)
d0137326_2111792.jpg

最高に胡散臭い。


宝塚歌劇の公演は二部制。
お芝居のあとが歌と踊りのショー。
このショーで、タカラジェンヌたちが舞台の銀橋から客席の通路に降りて来る、という演出があるんだけども、ヅカファンのまっちゃんによると、毎回の公演で客席に降りてくるわけじゃないんだって。客席に降りるような演出になっているヤツだけ、てことみたい。

私はショービジネスの世界を観るのはこれが初めてだけど、舞台装置があって幅と奥行のある舞台に於いて、演者が見劣りしないためには、そりゃ不自然なまでのアイラインやドーランが要るわいな、と思ったね。
スクリーンを使った場面転換だったり、舞台自体が回ったりね。スポットライトもピンポイントに当たって絞られていくような正確さ。光の強さも半端じゃない。
舞台映えするようなスケールで人間をメイクするとああなるんだな、てコトがよくわかった。
タカラヅカだからこその『なりきり度』がそこにプラスされる。発声とか姿勢とか、足の長さを活かした動き方とか、すべてが舞台用ってカンジで、それは皆が一様にそう練習するからそうなんだろうけども、舞台ソウルとでも言うべき『なりきり度』に、個々の違いがあるの。

例えば数々いる男役の中で、ショーの間、客席に向かってウインクをかます男役が数名いる。
これは技術と余裕がないとなかなかできないのではないか。
踊りながらその振り付けを崩すことなくウマいと思うタイミングでウインクを繰り出せるなんて、余裕だ。去り際や腕を振り下ろすタイミング、ターンして下を向き顔を上げたタイミング、走り出す前、これらのウインクポイントにコンマ何秒しか目視できないウインクを挟んでくるなんて、余裕じゃないとしたらかなりのセンス。
振り付けを間違えずに完璧に覚えるリズム感があり、ハードに踊り続けるスタミナがあって、なおタイミングを外さないウインク。

トップがウインクする、というわけではない。
余裕があり場数を踏んでいそうなトップやそれに準ずる群がウインクをしているわけではなかった。
見た感じでは、する人はする、だ。
ナンパな男役になりきっている人が、する。
ショーなのでとくに役柄があるわけではないが、自分でナンパな男の自覚を持ってウインクを挟んでいるカンジがした。
あとはアメリカンな感じの演出としてウインクしてる人もいたと思う。
アメリカ人は男女を問わず、よく他人にウインクを投げかける。
ハーイ!と言いながら近づいて来てウィンク、コップを渡せばウインク、お金があと100円足らないよと教えたらウインク、ジュースはあっちと指さしたら反応はウインク、ちょっとまってねウィンク、これは何ウインク、一緒に行こうウインク、またあとでウインク。
こんなにちょいちょいウインクを入れたら一重が二重になるんじゃないかと思って、私もウインクをたくさん入れるようにしたら、メバチコを患って瞼が腫れ上がり殆ど開かなくなってしまった。
そんな日本人に馴染みの薄いウインクを、惜しげもなく振りまく男役。
私の踊りは盆踊りだからジャンルがだいぶ違うけど、それでもウインクを取り入れてアメリカンスタイルを確立しようかと思う。
【伊丹】Wasshoi Mobは、アメリカンスタイルでゲリラを始めたいと思います。
『ワッショイいたみ』を踊れる方々はウインク持参でふるってご参加くださいね。

宝塚大劇場にはオーケストラピットという穴が、舞台と観客席の間にある。
d0137326_2057171.jpg

ここで生でオーケストラが演奏をしているのだけど、一切見えない。
指揮者紹介がなされて最初に胸から上だけの指揮者が見えているけど、いつの間にか姿を消している。ピットの中にいるのだろう。
お芝居が終わりショーが始まるまでの休憩時間にオーケストラピットを覗き込んでいたら、階段に登ってはならないと叱られた。
d0137326_20565473.jpg

その穴と客席と隔て、左右の袖花道をつなぐエプロンステージが銀橋である。
主演男役や主演女役がより客席に近づくステージ。
ココから男役が投げkissなんかした日にゃぁ、おばちゃんがキャーキャー言う、と、私よりおばちゃんのまっちゃんが言っていた。
「そのキャーキャー言ってるおばちゃんってさ、投げkissした男役のひとが本当は女だってこと知ってるよね?」
「知ってるよ。当たり前やん」
「ホンマかなぁ…?ホンマにキャーキャーゆぅんかなぁ…」
「言うって」

ショーでタカラジェンヌが、私が登って約2000人の前で堂々と注意をされた銀橋の階段を下り、客席通路へと来た時、前の席のおばちゃんが立ち上がり通路に身を乗り出してタカラジェンヌに手を伸ばしキャーキャー言っていた。
通路との距離で言うと、まっちゃんの席の前のおばちゃんなので、通路から数えて3番目の席なのだが、見ていたら一番通路側の席にいるくらい位置移動をしている。どうしよう…前の席の一番通路側のひとと二番目のひとが押しつぶされていたら…。揺らめくスポットライトが照らす客席を見ると、一番通路側のひとと二番目のひとも漏れなく身を乗り出し手を伸ばしていたので、無事だった。
横を見るとまっちゃんも乗り出していた。私は「いただきます」と言えば食事が出来そうな合掌をしてただただ通路のタカラジェンヌと客席の一体感に見入った。
まっちゃん…私は、通路に来たタカラジェンヌがひとりとして、誰がどのひとかわからない。わからないが、目が合ったから手を振ってみた…正解だったのだろうか。
ここまで細かく指南されていなかったので、本能に従ってみた。

「めっちゃ楽しかった~!まぅちゃんはどう?楽しめた?」
「うん…いろんな角度からね。くね男、いいね」
「よかったよね~!あれ『Shall we ダンス?』の竹中直人やろぉ?」
「竹中直人か~それでコミカルな役だったんだ」
「え?!まぅちゃん『Shall we ダンス?』の映画観てないの?」
「うん、観てない」
「じゃぁストーリーも知らないんや…」
「そう。だから私の『Shall we ダンス?』はタカラヅカが全て。つーか、くね男が全て」

長い足を活かしてクネクネして観客を沸かせた『くね男』こと夢乃聖夏が私の『Shall we ダンス?』の全世界。
d0137326_2113198.jpg

ショーでくね男の衣装でなくなったらドコにいるか全くわかんなかったよ、と帰りに嘆いたら、まっちゃんが客席に降りて来た時に私たちの目の前に居たやん、と言っていた。ヅカアイがなければ見分けることはできないようだ。(※ヅカアイとは…タカラジェンヌひとりひとりを見抜くことの出来る目…と勝手に命名)

「これでハマったんならいつでも連絡してね~飽きるほどDVDあるからさ~」
ウチまで送ってくれたまっちゃんはそう言って去って行った。
長年ハマっている盆踊りでさえ私は、ハマるまでに2年もかかっている。
盆踊りキチガイの代表選手のように言われているのにすぐにハマったわけではない。
宝塚歌劇にハマるためには、DVDではダメなような気がする。
大劇場のあの臨場感と空気感にハマらないと。
そのためには1回に8000円が必要だ。
私にはハマる資格がない。

時間がなくてハマれないまっちゃんと、稼ぎがなくてハマれない私だけど、宝塚歌劇スタッフを呼び止めると、快くシャッターを押してくれた。
d0137326_20563984.jpg

世の中はすっかりクリスマスムードなんですね。
我が家のクリスマスは長男は合宿、2万円もかかります。
私は病院で検査結果が出ている頃かしら、造影CT検査は1回約1万円。
パーティに現を抜かしてはいられないんだけど… Shall we ダンス?
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-11-18 21:44 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

危険予知グリーンブレッド

「アンタさぁ…あの緑色のパン、食べた?」
「ぉん。」
「ビックリしなかった?」
「何が?」
「味よ」
「べつにー」
沢尻返事をしてチョモが去ってゆく。

「なぁなぁなぁひー坊、あの緑色のパン、食べた?」
「食べたよ」
「味にビックリしひんかった?」
「あぁ…確かにな。豆入ってたよな?」
「入ってた」

おばあちゃんからの救援物資の中に入っていた小さな緑色のパン。
深緑色をしていたので、てっきり抹茶かヨモギかホウレンソウあたりが練り込んであり、まァそうでないにしても何か葉っぱか草かの苦味走ったオトナ味の朝食だと思っていた。
その思い込みで小さなパンを2枚トーストし、食べてみたら想像もしないほど甘かったので、反射的に吐き出した。
苦いと思い込んで食べて甘い時『腐ってる』と咄嗟に人間は思うものらしい。
甘いと思って食べた物が苦い時には『腐ってる』と思っても当然って感じはするけど、逆の時も『腐ってる』と思って吐き出すのかと思ったら、これはすごい発見だよね。
甘味は旨みの象徴で、甘い食べ物が食べられないなんてこれまで思ったことないもの。
でも、見た目コレなの。
d0137326_0561198.jpg

苦っぽい味がするような気がする見た目をしてるよねぇ。
d0137326_057560.jpg

でも、甘いの。
ほんのり甘いとかじゃないの。
咄嗟に危険と思うほど、甘いのよ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-11-16 00:59 | +in much guy+ | Comments(0)  

ZIPロックオン させていただく

関西在住の皆さんおはようございます

おはよう朝日です 略して おは朝 みてますか

おはようと言う時間帯ではないけれども、おは朝を出したので朝っぽい始まりで書いてみました。

私はココんとこ薬の副作用でとっても眠いので、おは朝どころか朝日を拝むこともなかったのですが、つい先日、辞職した事務所のサイト管理のことで電話をしなければならない事情があって、いくら副作用がキツくてもさすがにストレスで眠っていられませんでした。
ストレスとはかように精神的な安定と安静を奪いますので 適切に発散してくださいね。
ところで、起きていたついでなんで『おは朝』をみるつもりだったんですが、その日に限ってチャンネルがどっか違うトコロでした。
私はTVに対して『電源を消す』以外の行為はあんまりやらないので、そのチャンネルをみることにしたんですがね、それZIPいいまんねん。

関西の皆さんZIPみたことある???むっさ違和感ない???
番組全体が『誉めそやし』やねんで~関西ではありえへんオーラ全開やから、30分くらい観ちゃったよ。
何が最大の違和感ってサ、週刊女性の芸能スクープネタの記者が芸能コーナーで解説するのが前代未聞の過剰敬語。『調べさせていただき』『書かせていただいた』そうである。
何回“いらっしゃいまして”と言うことか。誰もいらっしゃてないねで?
「たいへん仲がよくていらっしゃいまして」
「ビンテージジーンズが好きでいらっしゃいまして」
「京都のご実家にいらっしゃいまして」
「されていらっしゃいまして」
「みていらっしゃいまして」
「聞いていらっしゃいまして」
魚屋でもこんなにらっしゃいらっしゃいゆぅてぇへんで。

私がみるに『ZIP!』のコンセプトは『自分をオシコロス』だと思う。
こんだけ独創性や個性や斬新さが注目されている現代で、こんなにも自分を無にし、ZIPカラーに向かってみんなで好意的に染まっていこうとしている番組は、少なくとも関西にはないと思うな。
たまに20分程度、見てるか見てないかわからないくらいにしか見ない『おは朝』が、TV視聴の全てと言ってもいい生活である私にしてみたら、11月11日ポッキー&プリッツの日のZIP!は、カルチャーショックと言ってもよかった。
いいや、足りないな。
カルチャーショックショックでトルネードスピンスピンと言っていい。

ここで、皆さんが誤解されているので念のために主張しておきたいことがある。
私は今現在、TVで毎週決まって放送されているようなドラマに関しては全く何もついていけない。じぇじぇじぇ、とか、倍返しだっ!とか使ってはいたけれど、一度もドラマを観たことがないので、魂のレベルで使いこなしていたわけではない。ただ単に流行っているらしいフレーズを口にしていただけ。意味もなんとなくでしか知らない。それは『テレビ』という機械に電源を入れてドラマを観る、ということをしないからである。
それで「TVはほとんど観ることがない」と言うと、どうゆうわけか皆さんが、仙人のような生活でもしているようにお思いになる。たまたま電話をしてきた相手にたまたま「何してるん?」と聞かれ「散歩してたら100円野菜の農家直売所が出てきたから買おうかどうか迷い中」と答える。するともう私は『TVも観ずに山菜などを獲りに行き粥でも喰って20時には寝てる』生活をしていることになっている。
それで最近流行りの歌なんかを口ずさんでいると、なぜにその歌を知っているのかと犯罪でも犯したかのように問われるんである。ラジオだよ。私はラジオで歌を聴き、それを口ずさんでみたりするよ。そしてyoutubeで夜な夜なモノマネ番組や芸人のネタを観たり報道番組の一部分を観たりもする。無料動画視聴などで韓流や華流ドラマを観、リアルタイムではない日本のドラマを観ることもあれば、各国の興味ある映画を観たりもしている。テレビという媒体ではないという意味であって、みんなと何ら変わらない日常なんだよ。スマホを持っていないのはガラケーで事足りるからであって、PCで検索とかLINEとかやってるんだよ、アプリじゃないだけだよ。テレビを観ないけれども、PCでちゃんと動く映像を観るような生活してんだよ、みんな。夜更ししてるからみんなより電気使ってると思うよ~アリの行列を追って日が暮れてるような生活じゃないんだよ~!あ、それから、肉とか天ぷらも喰ってます。


我が家の朝はテレビ朝日率が高いのにたまたまついていた日テレ。
教育テレビかと思った。なんかみんな誉めそやしのお見知り置きで。なんてゆぅたらええんやろ、アットホームなよそいき、つーのかなぁ。教会の庭に集まったそれぞれがお友達のお知り合いのご親戚、ていうメンバーみたいな雰囲気の会話。譲り合ってる…いいや違うか。認め合ってる…違うな。うっすらと目をそらし合う…でもないし…私には適切な言葉が選べないな。私の語彙の中にピッタリとくるものはないと思う。

「にわみきほ」とドコで切っていいかわからない平仮名100%の名前表示がされたお姉さんが、白いAラインのコートをキッチリ第一ボタンまで留めて、お天気を紹介していた。お天気の情報なんか何も聞こえなかったよ、あたしゃ。とくに女に興味がない私が天気予報を聞き漏らすくらいなので、出勤準備をしているサラリーマンはひらがな表示されている文字すら目に入ってなかろう。
それほど、このお姉さんに白を着せるなんてジャストミート!なチョイスであるし、前髪ふんわりにセットさすのも、風が吹いたらサイドの髪が、控えめなグロスを塗った唇に若干かかっちゃうのも、計算・演出・プロデュース・ズームイン!てカンジ。
お気づきかもしれませんが知ってる決め台詞をちょいちょい入れてみました。長いことTVを観てないってのがバレそうで心配です。
この『きほ』ちゃん。『みきほ』ちゃんかな、私が入れた決め台詞くらいの頻度でちょいちょい入って来るの。お天気情報は1回でも2回でも3回でもなく、ちょいちょい。無料動画視聴をしている時に何の前触れもなく突然に挟み込まれるCMくらい、ちょいちょい挟み込まれるけど、動画無料視聴と違って前フリがあってちゃんと呼ばれる『にわみ』さん。あぁ『にわ』さんか。

ZIP!webの「出演者」をご覧いただいたらわかるように、ターゲットは朝の出勤に時間的な余裕があるサラリーマンである。フレッシュマンではないね。
上司と部下の板挟みでうまく立ち回れなくてストレスを感じ始めた、そんなサラリーマン。頑張って1時間早く出勤するような下積みの時期はとうに終わり、直行直帰で営業に出る曜日なんかもあって、その翌日の出勤はフレックスタイム。ちょっと遅めに出社して、後輩が帰ったあとのデスクでひとりポツンと参考資料の整理をしていると、自分の出世についてチラと考えたりなんかする、そんなサラリーマンがターゲットなので、さわやかな外見の出演者ばかりである。むさ苦しいのはひとりもいない。間違ってもココにマツコ・デラックスや岩井志麻子は導入されないと思う。
即ち、錆び錆びナイフなのに鋭い切り口とか、下から見上げるガンくれ角度とかでコメントを野放しにするような場面はない、ということである。
しかし外見の雰囲気的には若林史江なら混入出来そう。でも5時に夢中テイストなコメントは採用されないな。けれども若林史江ならZIPカラーのコメントが言えると私は思う、職業も申し分ないし。どうでしょうか若林史江を。私しか切望してないと思うけどさ。

そんなこんなでガッツリ30分ほど観ていたZIP!
大注目は週刊女性のアラーキーこと荒木田範文記者、たしか38歳、同い年。
今週発売の週刊女性の記事をフライング解説するというコーナー『(裏)ネタありMONDAY!』ありまんでぇ~…コテコテ風関西弁やないか、なーぜーにー。
アラーキー最初から最後までスタンディングオーベーション級の過剰敬語の嵐・アラシ・ARASHI!!

芸能リポーターはいつから事務所のお抱え記者になったのか、と思えるリポートをTVで見かけるようになってから私は芸能情報はたまにネット記事を読むくらいだけれども、『芸能リポーターと言えば』の最後の符号と言われている井上公造のリポートに、ギブ&テイク感を察しているひとは多いと思う。
とくにハワイかどっかであゆを囲んでの取材をゲリラでやる、といった演出のリポートでの井上公造の仕切り方には、確実にあゆと繋がってる感とあゆを高みにアげるためのエクスキューズを受け取らずにはいられず、私はその後の井上公造もチェックしてみたが、まだギター侍波田陽区のほうが芸能人を斬っている。
井上公造よりも氏が代表のKOZOクリエイターズに所属している駒井千佳子のほうが、まだ芸能リポーターとして正当だと思った。不意をついて答えにくい質問をわざとしたりするから駒井千佳子は。

芸能リポーターや芸能記者は、芸能人の下世話をネタに仕立てて食っている。
惚れた晴れたを記事にして、熱愛報道をスクープし、不倫現場を押さえて、それで稼いでいるわけで、ほんならせめてプロ意識で視聴者のために芸能界の誰からもイヤがられるくらい、突かれたくない下世話を突いててくんないとな、と思う。
芸能人に嫌われてナンボの商売だということを売れ、それこそがプロ根性だろう、と思うんだけども、今は『仲良しこよし』で売ってるよね。イベントで手厳しい質問をうまく浴びせる芸能リポーターなんか皆無。イベント主催者からの阻止が入るからって諦めてしまってる感じがあるけど、同じ状況に立たされても、梨元なら聞けるよ、質問出来る、絶妙なタイミングで。梨元が恐縮ですって言いながらやわらかい物腰で、答えにくいことを数打ちゃアたるかとでも言いたげに後ろ姿にまで聞き続けているのに、無視に無視を重ねられる姿。あの姿に、芸能リポーターのジャーナリズム根性を感じた。私にとって最後の芸能リポーターは梨元勝だ。答えは得られなくても、数打つね梨元なら。その行動力が視聴者を打つ。

下衆やねん、人のアラを探してんねんから。ソコにね、例えば俳優のやアイドルのや歌手の、所属事務所から圧力があったりする。そのへんは大人の事情も色々と加味されて業界以外の人間にはわからん動きがあることでしょう。
でもね、芸能リポーターてジャンルで食ってんなら、視聴者が興味を持ってる部分を伝えることを重視するのがプロ根性ってもんでしょう、ていうコトなんだよね。ソレってジャーナリズム精神がそのリポーターにあるかないかでしょうよ。
何かの権力とか圧力に負けて、自分の分野のジャーナリズム精神を捨てるなら、下衆の誇りはないんかい、て意味ね。
好かれてたい、ニラまれたくない、孤立したくない、てんなら、仲良しこよしで、芸能人のアラをうまくベールに包んでカバーして、次には何か驚くようなネタを回してくださいね、とでも確約取ったかのようなオチつけといたらええがな。下衆に躊躇して、徹底して下衆を極めんと中途半端なトコにおったらよろしいがな。
覚悟して腹くくって下衆、てむちゃカッコイイけど、下衆のフリして八方美人って情けない。情けなさってリポートとか記事に出ちゃうものですよね。

視聴者が知りたいのも、興味を持つのも、下衆な部分やねん。
私、下衆な記事とかリポートとか、ほっといたったらええのに~とか言いながらも面白そうな話題やったらクリックして見ちゃうもんね。ファンはそうゆう興味本位で茶化して眺めてるのをカンジ悪いな~って思うかもしんないけども、まァそれは有名税だよね。それくらい、日常が興味の対象になるほどの魅力がその芸能人にあるんだからさ。それこそが追われる理由なわけでね、芸能人の方々には一般人とは違うその自身の華やかなオーラと芸能リポーターを恨んでいただきたい。
芸能リポーターたるもの視聴者が興味を持ち知りたいポイントを伝えてやね、嫌われてこそ本望やろうに、アラーキーの過剰敬語はスゴかった。芸能人は全て「さん」付け。
マイケル・ジャクソンさん、て言う?矢沢永吉さん、て言う?叶恭子さん、て言う?
言わないよね~。そう、カリスマ性があるひとはみんな呼び捨て。『吉田さ~ん、コレ回覧板ね』みたいな『さん』は付かないの。

「吉田ホレ回覧板だ、とっとけよ」
て言わないよね。そんなことしたら、お隣の吉田さんとの関係がギクシャクしてしまって、年末の地区のドブさらいの時に大層なストレスがかかっちゃうから。
そうゆう、向こう三軒両隣といった繋がりのある相手に対して、ひとは「さん」付けをするものなの。
だからね、芸能記者ならあえて「さん」を抜いて、声にしない訴えを表現するんだよ。『私はアナタをスター扱い・大物扱いしてますよ』ていうね。コレ、わざとらしくても芸能人にとって悪い気はしないでしょ?
でも世間一般的な認識では呼び捨てって、嫌いな相手か、仲のいい友人かのどっちかだよね。だからソコも計算なのよ。嫌われてナンボの芸能記者だから芸能人のことを自分の稼ぎ種と思ってて『呼び捨てなんてひど~い』的に思われてもいいし、ひょっとして呼び捨てにするような仲で、直接本人から聞き出したんじゃないの???て匂わせてもいい。どっちにしろ呼び捨てのほうが、記事やリポートに対する情熱や信憑性が加算されるってワケ。そんな情熱が実際はなかったとしても、あるように見せる表現方法は身に付けた、という努力を私は買う。

らっしゃいアラーキーは、させていただきました精神の強い38歳である。取材させていただいて書かせていただいている。なんなんだろうな、このあたりの年齢のこの精神の流行は。
私と同じ年代であるが、私は普段の日常的なアレやコレやをこんなにも、させてもらっては、いないぞ。多くのことを自分の意思で選択し、行動してその結果が自分に返ってきているが。
しかしだいたい40前後と思わるる営業のひとたちは、男も女も決まってこの口調である。インターホン越しに「こんには~すいませんワタクシ○○(会社名)と言いまして、本日はこのあたりにお住まいの地区の方々に、我々のご紹介をさせていただきたいと思いましておうかがいさせていただきました。少々お話をさせていただいてもよろしいでしょうか~?」と、聞かされてごらん。
サ行てね、インターホン越しに聞くとね、騒音なんだよ音が割れて。

「同じ事務所ということでとても仲良しでいらっしゃいまして」
「お二人ともビンテージジーンズが好きでらっしゃいまして」
「京都にご実家がおありなんですけれども、そこに住んでいらっしゃいまして」
何かい?国賓かい?
芸能リポーターに「させいただいている精神」は必要ない。「勝手にやっとれ」ていうのが必要で、それこそがとても重要。こんなちっぽけなあやふやな情報を鬼の首取ったとでも言うように大袈裟に披露するとかね、そうゆうことで面白く出来るよね、やり方次第だと思うけど。下衆に的を絞って下衆に伝える、というのが基本。ちょっぴり悪意をキかせてみるんだよ、アラーキーさん。クチは悪いくらいで丁度イイよ、アラーキー。

芸能人でも一般人でも、アラの出ない人間なんかいない。
だから芸能人のアラに共感出来て親近感を抱くひともいれば、人間的倫理観を芸能人のアラを通して見るひともいるわけだ。何を感じてどういった感想を持つのかなんて視聴者に任せといたらいいんちゃいますのー。
テレビマンが思うほど視聴者もアホとちゃいマンデー。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-11-15 13:17 | +in the sky?+ | Comments(0)  

イタい女

病気とうまく付き合うということは即ち、私の現状で言えば当面、痛みと向き合うということである。
悲しいかな、ガマン出来る痛みで麻薬に頼らなくても生活していられた奇跡キャンペーンが終わってしまったようだ。
それもこれもひとえにボンブーシーズンが終わったからである。
これ私感でモノをゆぅてんのと違うねで、ホンマにそうやねんで。
盆部族の人々は実際に私の健康状態を、方々で踊る都度その櫓で判定出来たので、客観的に証言が出来ることと思う。証人ならアホほどおる!みんな…キチガイだけどね☆

パッチアダムスも言ってたでしょう?「楽しい事をしている時、君の病気は痛まない」って。そうなんだよね、痛みってあるの、ずっと。病んでいて、完治していなければ痛みは伴う病状なわけ。それを本人が感じるか感じないか、という違いがあるだけでね。でもこの違いって大きいよね。パッチ方式で「感じない」ように出来るならおおいに結構だと思う、私は。何の副作用もなくて、痛みを感じない方法なら願ったり叶ったり。自分の好きなコトや楽しめるコトをいくつもいくつも抱えて、病気の身体を楽しませるの、ソレ賛成。

ハッキリゆぅて私は6月まで、人間に脾臓という臓器が備わっていることすら知らなかった。「脾臓がね、デカいんですわ」と女医に教わった時、ヒゾウ?て言いました?state of ナニソレオイシイノ。
昨日まで自分にそんな臓器がついていることを知らなかったのに、今では脾臓がドコにあるか場所がわかり、脾臓が腫れるとどんだけ痛いかまでわかるのだから、経験とはかくも貴重なものかと思う。
脾臓の痛みのクセもわかってきた。
激痛は、寝起き時と食後。痛みが出やすいのは、アスファルトの上を歩いた時と雨の日。
これまでに二度だけであるが、脾臓が一瞬熱くなる、という症状が出た。
いずれも座った状態でくつろいでいる時に、ビックリして固まってしまうほど内臓が熱くなった。脇腹から流血しているかと勘違いしたほど生々しく一瞬熱くなり、その時に「脾臓か?!」と己の脾臓を自覚した。おそらくその熱くなった部分が腫れている脾臓だったのだろう。自分の予想よりも、熱い内臓の大きさが広範囲だったんでバビった。ゆるく握った拳ぐらいを想像していたがもっと奥行きがあり、背中側まで熱かった。4倍って拳ふたつ分は悠々あるね。そんなにとは思わなかったからこりゃ誤算だった。

脾臓は古くなった血液を壊している臓器であるらしいが、この働きを脾臓が通常の4倍でやってしまう、というのが私の脾腫。デカい機械がそれだけ燃費くうのと同じ感覚だね。
まだ古くなっていない壊す必要のない血液を脾臓が取っていってしまうので、体内の血が足りないことになってしまうのだ、私は。
しかも困ったことに脾臓が血を余計に取り込めば取り込むほど肥大がすすみ、大きくなればなるほど取り込む量が増えてしまうという悪循環に陥る。大きくなれば破裂の危険性があるので激しく動けない状況になってしまう。つまり、踊ることを奪われる。これはゆゆしき問題やな、私の楽しみがひとつ減るわけだからね。

しかし普段の行いが良いことが功を奏し、私の脾腫は4倍で止まった。
が、最近のワガママが祟ってか、痛みのぶり返し。
「センセ、痛いのってさぁ…天気って関係あったりする?」
医師は、私が『天気』というワードを出した時点で既にコックリと頷いていた。
「うん、あるだろうな」
「あるんだー…やっぱりそうじゃないかと思って。それって低気圧が関係してんの?」
「そうだな。じゃぁ…最近は辛かっただろう?」
「うん、雨続きやったからね。でもね、雨・雨・晴れ・雨・雨みたいな時はね、その晴れの日も痛いねん」
「そうだろうなぁ…コレは?痛い?」
「いたーーーーーーーいっ!!!」
触診で圧痛を感じるまでに痛みは悪化していた。
「こりゃ厄介だなぁ…大きくなってはいない。いないが…痛みがまた出始めたんだなぁ…これはなかなか一筋縄ではいかないぞ」
薄々そうじゃないかとは思った。
三田から枝にビッシリ成った状態でもらった枝豆を、パッチンパッチンとハサミで切り取っていたら、激痛に見舞われて黒豆に当たり散らした日があったからな。
その当り散らした黒豆は宮崎の叔母と弟に送った。アたらなきゃいいが。

「前の状態にまたなってしまう前に、早めに痛みをなくしておこう」
また麻薬が必要なほど痛み始めたら、効果を得るのに時間がかかる可能性がある。
そこまで痛みが悪化すると点滴をしても病床に伏す羽目になるので、先手を打って疼痛コントロール。
継続服用のリリカはとても高価なカプセル錠。ポピュラーな鎮痛薬ロキソニンの価格の6倍もする懐にイタい鎮痛剤。効き目に即効性はないものの計画的に飲み続けることで長期間に渡り痛みを緩和し続けることが出来る。
私のようにだんだんと痛みが激しくなりとうとう麻薬で鎮痛し、それでも救急車で運ばれるような痛みの症状だと踏めば、このリリカが効けば事前に麻薬レベルになる痛みを防げるわけである。効けば、のハナシだが。
リリカ、と名前だけは可愛らしいが副作用が可愛くない。吐き気とめまいに耐えつつずっと傾眠と戦う。その戦いにしばしば破れ、眠ってしまう。
リリカは朝晩の服用であるが、ほぼ寝てる。途切れ途切れに起きているような状態で、これはなかなかの忍耐が必要である。
そんな最中、辞職した事務所からサイト管理でわからない部分を電話で教えなくてはならない事態が発生した。出来れば出社して欲しいとの要求である。なぜ辞職している私がしなければならないのかと言えば、サイト管理をしていたのは私のみだったから。サイトのシステム自体を理解していないであろう新人に、操作方法や処理のいろいろを教えるということは骨が折れる。
私の人生とはなぜに、最悪なタイミングで最悪なトラブルにこうも見舞われるのだろうか。しんどい時に更にしんどいことが起こる。根性というものがもし貯蔵出来る量に限界があるものであったなら、私の貯蔵庫にある根性は片隅にほんのひとかけらしか残っていないことだろう。それほど頻繁に使っている。リユース・リサイクルもやりまくって私の根性は摩耗し擦り切れ、ボロボロだ。そんなボロボロのたいして使えない根性がひとかけらだけ、残っているのだ。

もういいだろうよ、神様。
自分で言うのもナンだが、大事に大事に最後まで使い切ったじゃないか。
ボロボロでも使えるところをうまく駆使して使ってきたの見てたでしょ?
頼むから新しいのと交換して。
根性を使わないなんて言わないよ、だから交換して。
ここまで根性をボロボロにした原因がわかんないくらいのキレイな根性と交換してよ。そしたら磨き上げて今回よりも長く使うからさ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-11-13 17:00 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)  

サトラレ救出作戦DEしっぺ返しだっ!

d0137326_16473621.jpg

博報堂ブランドデザイン若者生活研究所リーダーの原田曜平氏は、著書『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』(角川oneテーマ21)の中でこう記している。

「彼ら本当はさとっちゃないのに、さとることなんてできるはずもないのに、とにかく自分たちだけは落ち着こうと、何だかさとったようなクールな態度をとり、平静を装って生活してきたのである。<中略> 日本が沈みゆく『失われた20年』に、彼らは人生の大半を過ごしてきた。だから彼らは消費には極めて慎重な体質になっている。常にコスパを意識し(ブランド物でさえコスパの良い物を選ぶ)、かつての若者のように、消費意欲が旺盛で新商品にビビッドに反応を示したり、見栄を張るために豪快な消費をしたりはしない。」

●ムダな消費もムダな努力も拒否! 「さとり世代」の特徴5

さとり世代は、モノより思い出
さとり世代は、コスパが何より大切
さとり世代は、「デフレ商品」の申し子
さとり世代は、「面倒臭い」が最上位概念
さとり世代は、「イタイやつ」と思われたくない

※著書『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』(角川oneテーマ21))から引用

どちらかというと「ゆとり世代」は、ゆとり教育を受けて育った若者たちを大人が見下げて使う言葉だった。逆に「さとり世代」は、若者から生まれてきた開き直りとも言える言葉。「いつまでもバブル時代を忘れられない大人のほうがおかしい!」。そんな若者たちのクールなツッコミが聞こえてきそうだ。



↑だ、そうだ。
mixiのKNIGHT師のつぶやきから後追いをしてみたら、「ゆとり」もヒドいが「さとり」もヒドいことが判明した。こりゃ「つめこみ」世代がなんとかしてやらにゃ、ならん。人生とは助け合いなんである。私は若年層からはトウが立った若者育成世代であるからして、サポートせねばな。

ちなみにKNIGHT師とは私の太鼓の大師匠である太鼓同好会会長のご子息で、私が勝手に太鼓の師匠と仰いているひとであるが、私が踊りキチガイなために大師匠の家に太鼓を二度ほど打ちに行ったきり今日までサボっている体たらくでも、夏になって櫓で会えば太鼓打ちと踊り子という関係で良好なフザけ合いが出来る師である。
前々から誰かに似てるなァと思っていたけど、このほどハッキリした。
歌舞伎役者の片岡愛之助に似ている。だから師を遠くから呼び止める時には「松嶋や!」と呼ぼうと思う。気付いてはくれないだろうけど。

師は呼び止めなくても何の問題もないが、呼び止めて誘き寄せるべきは『さとり世代』の御仁である。
若者よ、その若さで何を悟る必要があろう。
若いという事は即ち無謀ということである。


盗んだバイクで走り出さない『さとり世代』の皆様へ

“サトラレ救出作戦DEしっぺ返しだっ!”と題しました[ゑずトリア研究所]イベントを、宮崎県日向市鶴町本店の美容室『private salon esora』にて11月3日(日)より開催致します。
さとり世代の皆様はどうぞガメってくださいネ♪

[ゑずトリア研究所]企画*エソラック11月号*【詳細説明】

フォトアルバム冊子に格納致しております『ためになるような気がするポストカード』は非売品ですが、これを今だけ盗むことが出来ます! 
d0137326_1635939.jpg

『private salon esora』にカットのご予約をいただき来店されましたら「エソラックどれですか?」とオーナーに言いましょう。
リリーフランキーによく似たオーナーは快くエソラックを手渡してくれます。
カットをされている間に50枚ほどあるポストカードの中から、ご自分の直感でためになるような気がする1枚をお選びいただき、オーナーの目を盗んで抜き取りましょう。
こっそりと盗んだことがバレますと、リリーフランキーに似た男がアナタを追ってまいりますが、その男のタッパは見せかけだけで足はさほど速くありませんので逃げ切れます。

走れ!

振り返ることなく!


※『private salon esora』と[ゑずトリア研究所]は地域のオトナとして、サトられた皆さまの意識改革と行動力の起爆剤となるべく、健全な若者の育成とサポートに取り組んでいます。協賛企業は随時募集中ですので我こそはとお思いの企業様はご一報ください。なお[ゑずトリア研究所]は週休5日制を導入しておりますのでなかなか連絡がつきかねます。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-11-01 16:41 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)  

ビッグマック麻薬

私が自分で微調整をやって服用を好きに選んでよいことになっている鎮痛薬の種類はこのくらいである。
d0137326_15484547.jpg

積むとビッグマックくらいだと覚えていただいたらよい。
d0137326_15485013.jpg

非オピオイド鎮痛薬をベースにレスキューと呼ばれるオピオイドの頓服、という組み合わせに落ち着き、今ではごくごく軽度のオピオイドをたまに飲むくらいで疼痛コントロール出来ているという、身体に優しい病状である。

この薬物による痛みのコントロールは、そのひとによって効き方が違うので、オピオイドはいろいろな種類を試す。オピオイドとは医療用麻薬のことである。
ちなみにこの貼るタイプもオピオイド。
d0137326_1549584.jpg

貼る麻薬だね。
一日中貼り続けることで長時間痛みを取ってくれるので、日常生活に支障がない。
…はずだが、私の場合は貼付後2時間でものすごい吐き気とめまいで立ち上がることが出来ず、日常生活どころか呼吸がままならんので医師に「貼るヤツは嫌だ」と訴えた。この体調が悪いくせに訴える、というのはとても大事なことである。
看護士は私の貼る麻薬の使用方法が間違っていることを指摘し、それで効果が得られなかった可能性があると言った。
「一日中貼り続けるものだったんですけど、先生から説明されませんでした?」
「一日中貼りっぱなしというのは聞いてないですけども、聞いていたとしても一日中貼っておくのはとても出来ないですね、貼って1時間ですぐに気分が悪くなってもう貼っていられません。頑張って貼っておこうとは思ったけども、あまりの吐き気とめまいで、起き上がれないほどひどいのでたまらず剥がしてしまいました。それくらいとっても嫌です」
ひとの味覚がそれぞれ違うように、投薬の効き目もひとそれぞれ違うように思う。
同じように同じ部分が痛いからといって、万人に同じ薬が効くとは限らないようだ。
同一人物でもその時の体調によって効き目が変化する。

昨夜はレスキューの麻薬を2回服用して痛さを凌いだが、今日はバファリンで半日イけた、みたいな時もある。
しかし、効き目に変化があろうとも、ダメな薬物は最初からダメだ。
「効かないか効くか」という変化はあっても「効くか気分悪いか」という変化はない。気分が悪くなるような副作用だけが常に出てしまうような薬は、いつまでたっても副作用しか現れてこないのである。
これは自分の身体にこの薬が合っていないわけで、勇気を持って「私との相性が悪い」と訴えなくてはならない。
医者はたくさんの種類の中から、効果があった組み合わせのデータで薬を処方している。それは、総合的なデータであってカスタマイズの余地が毎回、ひとりひとりの患者ごとにあると言っても過言ではなかろう。
私の脾腫の原因が数々の患者を診て来たであろう医師にわからないのと同じように、わからないからいろいろな検査をしてあたってみるしかないように、そのひとの身体にどの薬物が合うのかは数々試してみないとわからない。
データがあるから医師は見当をつけて処方してくれるが、ダメな薬物をダメと言って消していくのは患者本人の役割である。服用した本人が言わねばならない。
効くと思って処方している医師に対し、副作用のほうが強くてダメだと、私の場合はコレはダメだと言わなくては。

「パッチはどうだった?」
「アカンわセンセ、気分悪すぎて貼りたない」
「そっかぁ…じゃぁパッチはやめような。オキノームはどうだ?」
「10分か15分くらいですぐに効いて痛みは取れるんだけど、長くもたないから夜中に2回くらい起きてまた飲む、ていうカンジ」
「そっか。じゃぁ、前回はオキノーム1包て言ったけど、2包にしてみよう。それで多目にオキノームを出しておくからどのくらいの効き目かを試してみて」

これが効き目に即効性があり持続性に欠けるレスキューオピオイドのオキノーム。
d0137326_1549193.jpg

カジュアルパッケージのオキノームはビッグマックらいくな10包単位。
d0137326_1548548.jpg


ここでひとつオピオイドが処方される病状の方々へ注意点がある。
医療用麻薬はドコの調剤薬局でもある、という薬ではない。
だから麻薬が処方されたら、その病院の近くにある調剤薬局で薬を手に入れることをおすすめする。

私は調剤薬局ならばドコにでもあるのだろうと軽く考え、処方箋を持ち帰り、近所の調剤薬局へ行った。
すると「これは麻薬やねぇ…ウチでは取り扱ってないわ」と言われたのである。
薬剤師にはその処方箋で、私が麻薬を処方されるほどの激痛に見舞われていることがわかったらしく、親切にも他の薬局に電話をかけてくれた。
その電話での会話は、激痛の私の忍耐時間を極力短くしてあげようと努めた話しぶりで、電話口に出たひとが「麻薬ですかぁ…」とか何とか戸惑ったのであろう、ピシャリとその余韻をカットして言い放った。
「ええか、今から名前言っていくからな、在庫があるかないかを答えてくれたらええねん、1コでもない種類があったら次の薬局あたるから」

麻薬を置いている薬局へ行き、処方箋を渡すも「在庫数が足りないからあとで家まで届けます」ということになり、ありったけの麻薬を持って帰った。
あとでわかった事であるが、薬局でも麻薬の管理はとくにしっかりしていて、鍵付きの金庫に保管されて一回ごとに麻薬帳簿というのをつけているらしい。だからか、薬をもらうのにおそろしく時間がかかるのは。
これほどまで厳重な手続きを踏んで処方される医療用麻薬を、私は60包処方されていた。うち30包を後日届けてくれるらしい。ということは、30包単位でしか在庫がない、ということになる。
オキノーム散1包2.5㎎。私の致死量は140㎎といったトコロか。つーことは私の致死量56包。60包いっぺんに渡して万に一つイッキされた日にゃぁご臨終。そんな懸念もあったのだろうか。しかし30包をいっぺんにもらっても私は6包しかイッキ出来なかった。どんなに耐えがたい激痛であっても6包服用した時点で救急車で運ばれるということになる。胃液すらアがってこないほど吐いても何も出なくなる嘔吐を繰り返す苦しみを味わいたくないのなら、同士よ、オキノーム散はバカバカ飲んではいけない。そんな手軽な飲み方をしたらアカンで、100円マックぢゃナイんやから。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-11-01 16:02 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)