<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

卒の儀

3月某日4時50分、起床。
チョモの朝ごはん一人前と弁当大・弁当中・弁当小を作る。

シンクにたまっている洗い物を片づけて、なんやかややっても6時までには終わらせて、部屋に戻ってPCをいらったり、二度寝をこいたりするのが、チョモが高校生になってからの私の平日リズム。

チョモが6時ちょっと過ぎくらいに家を出て、私は7時20分になったら今度はヒー坊の朝ごはんと自分のを作り、二人で食べる。
それがこの頃の我が家の朝。
朝ごはんを食べない夫むーちんは知らない間に起きて、7時に家を出る。

このように、子供が大きくなってくると朝や夜に家庭内時差が生じる。
そんな中でもオカンの順応性は高く、洗濯を朝と晩の2回コースに変更したり、わざわざもう一回の炊飯をするまでではないけど軽く一杯くらいのごはんが足らないなぁと思えば、自分の一食を抜いたりする。
オカンという生物はちょっとやそっとぢゃ死なんな。

7時10分、誰もいないはずの階下に降り、ドアを開けるとチョモが居た。

「わぁああぁあぁあぁああ~びっくりしたっっ!!!なんでおんのっ?!」
「今日は学校ない」
「潰れた?」
「卒業式」
最近の卒業式は、卒業生だけでやるみたい。
「休みなら昨日ゆいぃや…弁当作ったっちゅーねん」
「ええねん。昼から呼ばれてるから持って行って食べる」
「あ・そう?で、何してんの?」
「アップルタルト焼いとんのやないかい」
「なんでこんな朝もはよからそんなことしとんのんな」
「リンゴ使って何か作りゆぅたやん、たくさん使えってゆぅたやん」
「ゆぅたけど…そんな本格的なモン作るとは思ってなかったから…」
「ええで、これ食べて」
「いらない。私リンゴ苦手ってずっと言ってるやん、やからアンタに何か作ってゆぅてん。私にすすめないで、きらーい。ヒー坊、アレ、食べたら?」
「いらない。あったかいリンゴはきらーい」
「そんなわけなんでね、どうぞご自分で食べてください。私たちはどちらも焼いたリンゴはキライですので」
「オレが作ったのは他のと違ってウマいから!食べてみーって!!」
「他のを食べたこともございませんし、チョモが作ったから食べるということもございません、とくに。チョモが作ったということでリンゴの味に変化があるとも思えません」
「食べてもへんやないかーーーー!これなら食べられるかもしれへんやないかーーー!」
「…一理ある」
私はアップルタルトを小指の先ほどちぎってみた。
「そんだけで味がわかるかーーーーーいっ!」
「わかります」
パク。
「キライだなァもういらない」
「いいや!今のじゃわからんっ!もっと食べんかーーーーいっ!」
私は無理矢理食べさせようとするチョモから逃げ惑う。

「ねぇチョモひつこい…ひつこいやろ?ヒー坊?」
「うん、ひつこいな。ちゃんと食べてそれでもいらんって言ってるのにな」
「ケーキ好きぢゃなくて、リンゴもいまひとつなんやで?それやのにアップルタルトやで?どこにも『好き』がナイんやで?」
「キライな物にキライな物が乗ってるなぁ…」
「そうやろ?ドコにおいしいと思える要素があんねん。見てもわかるわ。それがわからんねんアイツ。本気のアホやから」

一番寒い玄関ホールでタルトを冷ましているチョモをまたいで私は出勤した。
お別れ会で先輩に渡すのであろうアップルタルトを個包装。
…女かよ。

その日、16時に帰宅すると、調理台には置きタルト。
d0137326_23402259.jpg

…ひつけぇ。
d0137326_23403741.jpg


パチシェのプライドをかけたのか、リンゴをトッピングしたことで見向きもされなかったことへのリベンジ。
d0137326_23413380.jpg

…ひつけぇ。
d0137326_23414550.jpg

[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-03-19 23:46 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)  

よしもと様に舌でも抜いてもらいなさいな

数日前、事務所に向かっていた朝8時40分過ぎ頃のこと、一心不乱に自転車をこぐ私を一台のバイクが追い抜かして行った。
そのバイクに乗っていた、ビミョーにおっさんに差し掛かっているとおぼしき年齢の男性は、喉をつぶしながら大声で気持ち良くシャウト。
ヘイ・ベイベー・ロケンロー!
幼稚園児が赤信号でもないのに一旦停止するほどの歌声をまき散らして去って行ったバイクのおっさんの声は、だいぶ早くから私には聞こえていたのだが、まさかバイクの排気音よりも大音量でバイクに乗っているひとが歌っているとは思ってもいなかったので、頭をフリフリ蛇行運転をしているおっさんの背中を見て「コイツか…」と小さく呟くのがせいぜいであった。

春やなぁ…。

人はいさ心もしらす古郷は 花そむかしの香ににほひける

あなたのおっしゃることはさあ本心なんでしょうかわからないものですね
なじみのこの土地の花の香りは昔と同じでなにも変わらないというのに


私は相変わらず、春を人々の奇行と変質者の出没で感じています。
あ・それと、春のキャンペーンをウリにしている、しつこい電話勧誘や訪問販売も、私に春を運んでくれます。

「もしもしぃ~?こちら、かり・せい・やく(仮名)と、申します、こんにちわ~♪」
フリーダイアルから自宅にかかってきた電話を取ると、歌のおねぇさんがそう言った。
「ハイ・こん・にち・は~♪」
私は別にこの“かり・せい・やく”の歌のおねぇさんからの電話を待っていたわけではないのだが、勧誘電話にはめっぽう強いので余裕を持ってノる。
とくにこのような“いかにもマニュアル読んでますぅ”みたいな教育を受けそれをまるまる実践しちゃう世代の電話勧誘には、人生の先輩として絡みのなんたるかを厳しく指導する意味合いにおいて「まったくもって脈なし」と感じていただくため、騙されるフリもしてあげない。
若者よ、悔しかったらオリジナリティ溢れるツカミを考えな。
電話勧誘の話術を磨かずして、客を騙せる…もといもとい、商品を売りつけられる…もといもといもとい、営業が成功すると、思うなよ。
マニュアルはもう聞き飽きた。
アンタは知らんだろうがね、私は勧誘業界にメスを入れる『ひやかし』で知られて早や10年。
業界の要注意人物リストに名前と引越前の住所が載っているソノ道のプロなんだよ、覚えとけ。



悪徳業者が吐き捨てていった暴言のほうは低俗すぎますので割愛いたしますけれども、あくどい勧誘業者というのは法に触れないギリギリのところをツいて営業していますので、消費者センターに通報しちゃいそうな客の目星をリストにしている業者もあるようですから心してかかってくださいね。

悪質な訪問販売や勧誘電話を撃退する方法等、チョチョ~イと調べますと簡単にあーするこーする、と色々レクチャーがアがってくることとは思いますが、電話なら何も言わずに切ること、訪問なら玄関を開けないこと、それが一番です。
しか~しプロぢゃあるまいし最初の一言だけで悪質業者だとは見抜けませんよね。
それに悪質業者は本題に入るまでは物腰優しく低姿勢です。
本題に入ってからは脅しですから、今度は抜け出せなくなるというパターン。
この二段階のプロセスで騙しにかかるので、ひとのいい人ばかりが引っ掛かります。
敵も騙されやすいひとのよさを見極めるためにこの2ステップを踏むわけですから、先に見極めて行動を起こしたほうが勝ちです。
この『勝つ』ための方法を伝授することが、撃退法をレクチャーするよりも重要であることを、どうぞひとのよい友人・知人の方々へ意識してもらってください。

では、間違って悪質業者を玄関先に入れた場合の勝ち星のアげかたです。

消費者ホットラインは全国共通『ゼロゴーナナゼロ守ろうよみんなを』の0570-064-370となっております。
ちょっと覚えにくいですが、頑張って覚えてみてくださいネ☆
音声ガイダンスに従い郵便番号を入力しますと、最寄りのセンターへ接続されます。
土日祝は国民生活センターへ接続されますが、かかりにくいですので、出来れば平日に悪質業者に出遭うことをおすすめします。

しつこい訪問販売の営業のひとの目の前で、電話口に出たかたにこう伝えてください。
「すいません、今ですね古着を買い取りに来たという業者のひとが居てて~、金とかプラチナとかはないかって聞いてくるんですけど、怪しくて印象が悪いひとなんで電話を代わってもらえますかね?今すぐに我が家からお引き取り願うよう、説得していただきたいんです、じゃぁ代わりますのでよろしくどうぞ~」
そして、しつこい営業のひとに子機を渡しながら言いましょう。
「はい、消費者ホットラインのひとです。円滑な相談処理を実施するために、氏名、住所、電話番号、性別、年齢、職業をまず訊かれますのでね、よろしくどうぞ~」
実際は“すいません、今ですね古着を買い取りに来たという業者のひとが”くらいで業者は玄関先から姿を消しますので、子機を渡しながら言うセリフのほうは覚えていただかなくて結構です。
「あれ?今、出ていきました…この電話だけでお引き取り願えたみたいですね~お騒がせしました」とホットラインのかたに伝えてください。
消費者センターは騙されてから相談するところではありません。
事前に活用してこそ、善良な市民の明るい生活を守る窓口の役割を果たしたと言えるのです。
皆さん、騙される前にホットラインを!

次に、いつまでも電話を切ろうとせず話し続ける勧誘電話への勝ち星のアげかたです。

電話がかかってきて「勧誘かぁ~…」とわかっても、相手が明るい声で馴れ馴れしく世間話を絡めるのでついついズルズルとイケナイ関係を引き延ばしてしまうこと、よくありますよね。
これは電話勧誘業界のひとつの手法『まるで友達』戦法です。
この戦法の相槌の代表的なフレーズに「あ~わかる~~~」「あるある~~~まさにソレですよね~~~」というのがありますが、相手は一切共感なんかせずに、電話勧誘者リストに記号を書き込んでいます、上から順に。
このひとは電話を切るタイプ・このひとは留守・このひとは押せばイける脈アリ・このひとは完全にカモ・という風にね。
今回で騙せなくても…もとい、今回で営業が成功しなくても、日を置いて「留守」「脈アリ」はアタックします。
その再アタックのために、ズルズルとイケナイ関係を引き延ばされたアナタは、アナタ自身の情報を聞き出されているのです。
休日は何をしているかとか、美容にはどれほど関心があるかとか、普段は何時まで働いているんデスか~、とか。
そして再アタックの際にはその情報をもとに、確実に家に居る時間帯に電話をかけ、「以前にお電話させていただいた時にはたしか、休日には趣味のショッピングに出掛けてらっしゃると言っておられましたよねぇ~~~最近なにかイイもの見つけましたぁ???」かなんかゆぅて、“そんなコトまで覚えてんねや~”という印象を与えてから、気持ち良くアナタのこだわりポイントの話からアナタのアイデンティティを根掘り葉掘り聞いてくれるのです。
人間ね、自分のこだわりを話してそれに感心してもらえたり認められると気持ちいいもんでしょう?
電話口のネェちゃんは「へぇ~変わってますねぇ~~~~よく変わってるって言われません?そうゆうヘンな意味ぢゃないですよ、個性的、いい意味で」という言いまわしで“アナタって特別なのよね”の認識を植え付けてきます、気を付けましょう。
この手法の代表的な相槌には「すご~い!さすが~!」というフレーズがありますが、よぉ考えてくださいね。
おーたこともない人間がたった2回の電話で「さすが」と言えるほどアナタの何を知ってんねん、ちゅうことですよね。

この世の中に普遍的な個人はひとりもいません。
個性的な個人が集まって普遍性というルールを作っているのが社会なのです。
自分ひとりで世界が成り立っていたら、普遍性とかいらんねんから。
自分感覚で動いて摩擦が起こるからこそ、人々は普遍性を身に付けるわけやね。
それをひとは「常識」と呼ぶ。

常識的な敬語を使い、電話口の敵にこう言いましょう。
「あのぅ、すいませんねぇ。これから出掛ける用事があってこれ以上お話ししていられないのよ、ゴメンなさいね。とりあえず、こういった電話の場合はわたくし、いつもまずは消費者センターへ企業名なんかをお伝えしてクレームとしての相談がこれまでにあったかどうかをお聞きしすることにしてますの、ほほほ」
少しもひるんではなりません。
とても丁寧な言葉使いで、過剰にならないマダムの敬語を使いこなして続きをどうぞ。
「ええーっと…ごめんなさい、最初におっしゃってたそちらの会社名、忘れてしまったわ。正式名称はなんでしたでしょう?マエカブ?アトカブかしら?有限会社でしたでしょうかねぇ?あら、このペン…インクがつかないわ、ちょっとごめんなさいね、そのままお待ちになって。別のペンを取ってきますから」
電話はたいがいこの時点でプープープーと鳴いていますが、バカ正直に…もとい、素直にお待ちになっておられたら、企業の正式名称・電話番号・本社所在地・電話口に出ている営業のひとのフルネームを聞き出し、書き留めましょう。
ソコまで正直に答えるのであれば、悪質業者ではない可能性も出てきます。

電話勧誘の場合は相手の顔が見えませんので、こちらが横暴な口のききかたをすると、相手も横暴になってきます。
だから、最初から丁寧なマダムの敬語で話すという小技を使いますが、中にはこの対応を逆恨みして小バカにされていると得意になって、ここぞとスゴみをご披露される御仁が、稀に現れます。
そんな時は左の耳に固定電話の受話器を当てている状況で、携帯電話で110番。
右耳に携帯電話を当ててください。

事件ですか事故ですか、と訊かれたら「相談です」と答えて、今の現状を伝えてください。
そして、珠玉の脅しをご披露されている御仁に「今、警察に電話してこっちに向かってもらうことにしますから、電話を切らずにそのままお待ちください」と言って、仕方がないから保留音の代わりに「Let It Be」をアカペラで歌ってあげてはいかがでしょうか。

なるようになるさ~ あるがまま~
Whisper words of wisdom Let it be
構わないで~ ほっとけや~
There will be an answer Let it be

最近はケータイなんかにも0120から始まる番号から着信があったりすることが多いかと思いますが、こっちがかけてもいないのにかかってくるフリーダイアルはまず怪しいと思っておいて構いません。
『フリーダイアルだから掛け直してもタダだし~』という心理をついてリターンを待つやり口だということは、容易に察しがつきますね。

ナンバーディスプレイ電話機の普及により、発信者通知システムや着信拒否、非通知発信拒否設定がすすみました。電話勧誘業界もね、いろいろ手を尽くしています。「フリーダイヤル番号通知サービス」を利用すると電話番号を通知しているので非通知設定は働かないよね。
フリーダイヤルの電話番号が表示されてるから「何だろう?」とつい電話を受けちゃうの。
一昔前の訪問販売で一度は耳にしたろうフレーズ『わたくしどもの会社にはフリーダイアルがあるんですよ。NTTさんのフリーダイアルはちゃんとしている企業でないと取得出来ないんですから、それだけの信用があるということなんです」
ウソですよ。
NTTと契約して金払ったひとがフリーダイアルを取得出来ます。
つまり、金を払えばフリーダイアルを使えるってコトね。
だってそうゆうサービスやねんから、着信課金サービスな。
電話受けたほうが電話料金を払う、ていう契約なダケやで?
IP電話でも利用可能。
信頼があるんやのぅて、金があったらええねん。
大企業のフリーダイアルで通話料が億いくねんて、億。
それやのに見たこともきーたこともない企業名やのに信頼でフリーダイアルあるって言い張んねんから、そりゃひとから金でも騙し取ってなきゃ契約なんて無理ちゃうか。

フリーダイアルにリダイアルした時の、だいたいの接続先はこんなトコです、参考まで。

・あなたがおかけになった電話番号は…
・(エステサロンの)ネット懸賞のご応募ありがとうございます!当選チケットはもう届きましたか?来店予定日をご予約ください。
・どっかのコールセンターにかかる
・宝石店が応募してもいない抽選に当選したから、電話番号の入力をしろとアナウンス。
・光回線をお得に契約できます!よくよく内容を聞いていると接続環境とか工事内容とかの説明は超テキトー。



「季節の変わり目となりましたがお肌の調子はいかがですか~?」
「すこぶる絶好調です」
「あ・そうですか~よかったです~」
私の肌の調子の良さが“かり・せい・やく”のちみに何の幸福感をもたらしているかがわからない。
売りつけようとしている化粧品を肌の調子がすこぶる良い私が買うと思っているのだとしたら、ちみの認識はとても甘くて、ちゃんちゃらオカシイね。

今回春のキャンペーンとしまして、4点セット。
化粧水・乳液…うんぬんかんぬん。
こちら、しっかりお使いいただくとしっとりもっちりなめらかな肌が実感できると大変な好評をいただいておりますセットとなってお~ります。
通常19400円のところが今回12600円と、6800円もお得にお買い求めいただけるんです~!

「わ~高いからいりませんわ~ほなね」
「この春の…」
ガチャ

いいか、電話勧誘の若者よ。
こちらがハッキリと断っているのに、それを無視無視スルーして自分の話しを続ける『なかったことに』戦法でいつまで凌ぐ気だ。
誰に教わったんだその戦法は。
電話勧誘業界の最近の悪しき習慣やな、ソレ。
ちっとも魅力がないからやめたほうがよろしいで。
とにかく話術を磨け、おハナシにならん。
ふた昔前の電話勧誘の話術のように、借金にまみれた生活の中この商品を100セット売らないことにはもぅ首を吊るしか他に生きていく道がないのだと、電話口でこちらが引くほど嗚咽号泣をしてみる根性を見せてみろ。
その演技力はもはや継承すべき芸の域だと、私は思っているので、草葉の陰からだって応援するぞ。
なんだったら生きてるうちに私がその芸の脚本を書き、電話口のちみをスカウトしてオーディションに臨んでもいい。
私には勧誘フレーズのストックが多種多様にあるので、リアルかつ文字数微調整のキくシナリオが書けると思う。
これまでの集大成、最高傑作をお届けするので、演技力と表現力の基礎が出来ている電話勧誘業界に身売り…もとい、就職したそこのちみ、我が家に電話をかけてきてくれたまえ。

次の生贄先…もとい、転職先は給料が激安との噂が絶えないヨシモトにしよう。
「アンタぁ~ウソちゃうやろなぁ?もしウソやったらヨシモトに売り飛ばすからなぁ?わかってんねやろなぁ?ぁあ??」
と関西では閻魔様と同等に扱われる、怖い怖いヨシモト様。
地獄の一歩手前、それだけは堪忍してと子供がオカンの足元にすがるヨシモト。
そんなヨシモトが責任を持って、ラクして手にする金は一円たりともないのだということを、ちみに教えてくれるだろう。

つぅわけでヨシモトはん、あとは、あんじょぉ頼んまっせホンマ!
ひとつ人助けやおもて、な?
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-03-17 15:35 | +in the sky?+ | Comments(0)  

完感 義務教育

2013年3月末日をもってめでたく、ヒー坊が9年間の義務教育を終える。
なんのかんのゆぅて守られぬるま湯に漬かり続けた集団生活の義務教育9年間。
それをこの伊丹の地で過ごせたことは、私たち親子にとって最良だったという感が否めない。

卒業式を終えてから4月の入学までに、ヒー坊にはやることがいっぱい。
訓練施設を探し、高校生活と学校緘黙症を克服するプログラムを並行させるための準備をする。

頑張れば3年で卒業出来るかもしれないし、途中どっかでつまづいて4年かかるかもしれないし、もしかして5年かけるかもしれないけど、ヒー坊本人も会話をしたりして高校では友達を作るって言ってるし、今までより意気込みも感じる。
それはやはり『高校を受験して合格した』という経験で得た自信によるところが大きいと思う。
これからの高校生活でたくさんの自信をつけてから、次のステップを踏ませたい。

卒業証書授与の個名返答で、この9年間で一番のボリュームちゃうかくらいの「ハイ」を言ったヒー坊を見て、幼稚園から一緒のオカンまっちゃんが「めっちゃデカい声で返事しとったや~ん!カッコイイやん、やるや~ん!」と褒めてたぞ、ヒー坊。
d0137326_0254599.jpg

そやねん、ウチのコ、やる時はやるねん。
やる時が9年間、なかったダケやねん。
長いコトなかったわ~~~びっくりするわ~~~。

アレ中のナニがびっくりって、国家合唱やし校歌合唱やってコトね。
しかも伴奏なしのアカペラやねん。
ゴスペル・オブ・君が代、ハモるハモる。
d0137326_0245217.jpg

そして去年もびっくりしたが、私が学校よりトシ喰ってる事実が少々切ない。

みんな大きくなったねぇ。
とくにマックス。
ヒー坊と変わらない大きさしてたのに、随分と裏切って。
d0137326_025593.jpg

私はココのブログ用に「借金撮り」というあまり聞こえのよろしくない撮影方法を採用している。
それは「シャキーン!」と自分で目を隠す、という、後で画像処理を加えなくてもよい便利なアナログ撮影法。
その後、右クリック禁止パーツという技術をこのブログに搭載したので、よりいっそう画像悪用抑制効果を発揮している。

「コレ、いる?」
と身長裏切り者マックスに言われるまで、ブログのコトに気が付かなかった。
いかんせん、夏のボンブーの情報源であるmixiに手を出しているために、このブログの更新が疎かになっていた。
ブログ用借金撮りをこれから広めていかないとな。
誰が使うかは知らんけど。
d0137326_0262299.jpg

幼稚園の時から一緒で何かとヒー坊が困ってる時にさりげなく手助けしてくれたキャリンちゃんは、ずーーーーっとしっかりしたコのまま大きくなったなぁ。


借金撮りの意味をわかっていないヤツらが約三名ほどいるので、結局、画像処理をしなきゃ…もぅ。
d0137326_0263625.jpg

長い付き合い、ピロム。
ミリ単位で身長を競うチビ男たちのひとり。
しかしピロムはチビ界のエースで、運動神経が抜群。

小学校の時からずっとムードメーカーのモミィ。
発言がいつもツボ。

天才と呼ばれる天才は、背丈も顔もなんとなく天才。
私はプライベートでこの天才とよくすれ違う。
けれども「天才」という苗字なわけではなく、本名を知らないので呼びかけることがいつも出来ない。
一度、バッチリと目が合ったので「こんにちは~」と言ってみたが、明らかに「誰?この人?」という顔をしていた。
小学校から一緒の私の顔を覚えてナイとは、どこが天才なんぢゃコラ。

生徒会長は中学から一緒になったのだけど、誰がどうみても運動神経がドンくさすぎるヒー坊と組体操でペアとなった時、「自分を信じろ」と励ましてサポートしてくれた心優しい男なんである。
ヒー坊は言葉と同等に運動面でも遅れがみられ、なんせ運動をする前にくじけてしまう、怖くて。
階段を片足一歩ずつで降りるように言われているのだが、怖くて両足で安全を確保してしまう。
そんなヒー坊が組体操の本番では、絶対に立てないと言っていた肩の上で立っていた。
練習で生徒会長が大丈夫やでと言い続けてくれたから、本番では頑張ってやってみようと思ったようだ。
出来ないと思った人間は出来ない、やろうと思った人間はやれる、ということを生徒会長はヒー坊に教えてくれた貴重な友人である。

このブログは、URLを教えるのに、私のコーヒーを3回以上作りに来ないと教えないという鉄の掟があるのだけど、そうするとマックスしかココを見られないことになる。
だって、ヒー坊はいくら私が連れておいでと言っても、クラスメイトを我が家に連れてこないのである。
最近よく話題になるウリュもさんざっぱら連れてきてとお願いしたのに、とうとう連れて来なかった。
マックスは陸上でチョモとつながってたからチョモ経由でウチに来たけど、プライベートで交流のあるナーマッツァンでさえ、我が家に連れて来ることがないのである。
なので、今回は特別にこの記事で写真に載っているメンバーで、連絡先を知っている卒業生がいるなら、そのコたちにココを教えてあげて、マックス。

ほんで、ココで使っている画像は加工して文字が入っているけど、文字抜きのちゃんとした写真をいつでもプリントアウトして差し上げます、ということを伝えといて。
ただ連絡先は知らんから、代表で取りにきてねマックス。
くれぐれも、ココのコメント欄で個人情報を書かないように。

私たち親子の間で、その雑談が語り継がれるほどおもろいハタティ。
d0137326_0271596.jpg

ヒー坊のクラスの授業がハタティではなくなった時には、ヒー坊が悲しんでいた。私だって悲しんだし。
しかし、パトロール要員であるハタティは、夏にボンブー会場を見回っている。
夏にこれからも、櫓でお遭いしましょう!
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-03-13 00:30 | Comments(6)