<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ポルコ・ロッソの法則

私のデイリーコンサイス英和辞典が戻って来ない。
とくに日常生活で英和辞典が必要なわけではないし、ここ数年ほど英単語に関しては辞書をひくのではなくネット翻訳機能を利用しているので、なくて困っているわけではないが、返さないのはチョモだ。
高校で英語の辞書がいるというから『引きやすいんであげる』と言って渡した。
そしたら『いらん』とゆぅたので『じゃぁ3年間貸す』と貸した。

最初の授業で英語教師にその辞書では授業で使う単語数を補えないから買い替えをすすめられたと言ってきて、辞書代を要求してきた。
みんな電子辞書を使っているからそれでもいいけど、ちゅうて。
私は“みんなが持っているから”という理由で欲しい物を買い与えることはしない。
自分が欲しい理由を自分の“欲しい思い”として言えない物品は自分にとって必要だとは思えない。
「勉強するのにまだ“覚える”ていう段階の時に電子辞書は向かない。電子辞書は自分の知識を補ったり活用したりするツールやから。紙の辞書を繰りなさい。ひとつの単語を引いたら、その前後の単語もついでに見なさい、それが勉強というものです」
「…てゆぅけど、自分はやったんか?」
「いいえ。しておりません。だから未だに辞書を引かないといけない人生やで?しないと、こうなんねん。なりたなかったらせぇだぃ勉強しよし~」
デイリーだから単語数が少ないと見積もられたらしいコンサイス。
高校の時からこの辞書を私はかれこれ20年ばかし引いてきたが、収録単語の全部をまだ引き切っていない。
「私が何十年とかかって全部の単語を引いてないのに、それでも足らんとな?そんなに単語使うんか?英語って?ネイティブな外人同士の会話って短いけどなぁ?ァウ、ンフ?オイェー、アハ?てなカンジや」
「それ会話ちゃうやろっ!載ってない単語があんねんて~この辞書。古いから。」
「古さぢゃねぇよ…言葉に旬があるからやろ…残る単語はどんなに古くてもちゃんと残る。それを見越して編んでるんが辞書やないか。博識者がよってたかって編んどんねん、要る単語はちゃんと載せとるわい」

辞書ってのは不思議なものでねぇ…語彙が豊富に載っているから用をなすというその考え方が正しいのは間違いないんだろうけどねぇ…『辞書を引く』という行為に関しては収録語数ではなくて『引きやすさ』なんだよねぇ…収録語数が豊富でわかりやすい解説がしてあってカラーで見やすい、そんな優秀な辞書でも、結局は引きやすくなかったら引かないのが辞書なんだよねぇ。
よく引く辞書で載ってない単語がたまにあるのと、載っていない単語はないんだけど滅多に引かない辞書と、どっちが学習に向いてるって言えると思う?
引きやすいこの辞書の引きやすさのクセを覚えてから、収録語数が十分な辞書を買う、というのが賢い選択だと思うけど。

そう言ったら、チョモの認識で私は『どケチばばぁ』で通っているので、こう言ってきたのである。
「授業で使うモンやねんから辞書くらい買ってやぁっっ!相変わらずケチやなぁっ!」
使える辞書の買い方を私は経験から教えてやってんのに…わかんねぇヤツだな。

「アンタが今、必要と思うなら買ったらええけど、私が言ったこと覚えといてな?引きやすい辞書を選ばないと、辞書は引かないよ?引かない辞書って無駄やで?引く辞書を買えよ?わかってんねやろな?」
「オレは収録語数が多くて引きやすい辞書を買うから心配すんなっ」
私も学生の時はそうした。
学校がすすめる辞書を、先生が買い替えろと言うタイミングで買った。
でも結局は国語辞書も英和辞典も、買い替えたヤツは引かなかった。
引きやすい祖母が使っていた岩波の国語辞書を今でも引いているし、引きやすいデイリーコンサイスの英和辞典を傍に置いている。
確かに引いても載っていない単語はあるが、載っている単語だけでは不十分かと言うと、これまでの人生では十分だったように思う。
私の辞書に載っていなかったばっかりに警察の世話になるような間違いを犯したことはないし、私の辞書の語彙が足らなかったことで単位が取れずに留年したという事実もなく当たり前に卒業した。

理数系の私学なんておっそろしく金がかかるから、理数系を選択した生徒には国公立大学を受験させること前提で授業が進んでいくという説明を、高校からは受けた。
チョモは理数系を選択したと言っていたので、そこそこ難しい勉強をすることだろう。
そりゃ語彙の足らんデイリーコンサイス英和辞典なんぞ、さぞかし無用の長物であろう。
だかしかしbutけどけれどyetチョモの机の本棚スペースでは、見覚えのない英和辞典が函に入ったままホコリをかぶって鎮座ましましており、この英和辞典がその定位置から移動しているのを見るのは皆無で、私のコンサイスは見当たらない。

だから私はゆぅただろう?

「引かない辞書はただの紙」

飛ばねぇ豚は、ただの豚だ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2012-10-28 23:42 | +ミルニング+ | Comments(0)

便所愛好家

私がこよなく愛す『武道便所』の三原則は「狭い・小汚い・情深い」である。

和式便所のスペースにムリから洋式便器を設置したようなアジのある、狭さ。
キレイに掃除をしてもまんべんなく薄ら汚れているベールに包まれたような、くすみ。
そして人間味あふれる、突っ込まずにはいられないほどの雰囲気を醸し出す…別の意味で深すぎる、情が溢れすぎてる無情感。

この三拍子が揃う便所に、ハズレはない。
清潔感を何よりも大事にする潔癖なアナタにとってはハズレかもしれないけれど、私にとってはハズレていない。
とくに大当たりということでもないが。

「いつもキレイに使っていただきありがとうございます」というステッカーがボロボロでどうみても早速、汚い。
いつもキレイに使っていただいてる…という暗示をかけてでないと、とても排泄できたもんぢゃない。
このありふれたフレーズが、そんな便所に限ってはまるで呪文のようでもある。

「備え付けの紙以外のものを便器に流さないでください」と書いてあるの横のペーパーホルダーがブチ壊れてる。
トイレットペーパーを備え付ける気がサラサラないから、備え付けの紙以外のものを便器に流されてしまうということに、いつ気が付くのだろうか。
質の良いサービスとは“おのずと次に必要になるものは何か”を前もって用意出来ていることである。
用を足す前に念のために前もって言っておきたいことがある。
備え付けの紙以外のものを便器に流さないでと書いていても、小便と大便は流すように。

便所はネタに尽きることがないパラダイスである。
海外旅行に行ったというご友人がおられたら『どんな便所に入った?』と土産話を引き出してみたんさい、おもろいから。

ところで、アナタはドンキホーテの便所に入ったことがございますか。
入ったことはございませんか。
では入ることを強くおすすめします。
いろんな店舗をハシゴする『ドン便ツアー』などいかがですか。

d0137326_22504286.png
d0137326_2251251.jpg


一発でドアが開けられたら、レジェンド。

振袖や留袖、訪問着などにつけられている模様は絵羽といって広げた時に一枚の絵のようになる。
これは格の高い着物であることの証で、礼装および盛装に多く用いられる模様つけのひとつである。
これと同じ格付けであるドンキホーテの『絵羽トイレ』は、第一礼装の振袖よろしく絵羽の継ぎ目がわからないような高い技術で施されているために、間違って清掃用具入れのドアを開けたとしても、品格を持って音もなくそっと閉めていただきたい限りである。

ちなみにピンクのほうは『小紋トイレ』
上下の方向に関係なく全体に模様が入っているのが小紋で、礼装・正装としての着用は出来ません。
しか~し、これが江戸小紋の中の定め小紋と呼ばれる模様だった場合は、一つ紋の色無地よりも格上になるので礼装として着られる着物になります。

ドンキホーテの便所は和服の格のように、深いのであります。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2012-10-28 22:52 | +武道便所 グレージー+ | Comments(0)
遠足で京都に行ったその記憶がまだまだ新鮮なタイミングで、中学時代の同級生でよきライバルのキディが久々に実家に戻ってきたということで週末に、中学時代の友人らと連れ立ってチョモは京都観光へと出掛けた。
すると京都のオバはんがはんなりとチョモたちに何処から来たかを問うた。
チョモが「兵庫県です」と答えると、そのはんなりオバはんはこう言った。

「滋賀でもあんなんあったし、川西でもあんな事件あったし、これで関西の評判が悪くなったわぁ…」

この一言で京都のオバはんの印象が最悪になったが、私は個人の言動はその個人のものとしてしか判断材料にしないことにしているから、これはこのオバはんに対してだけの感情として処理したいが、どうも京都に悪い印象を抱く理由がいつもいつもいつも一緒だ。
いつも同じパターンで京都をちょっぴり残念に思う。

私は京都が好きだ。
京ことばを使う文化も好きだ。
が、京都のイケズ根性だけは好きになれん。
このオバはんとは別の女性が同じように遠回しに厭味を言っているのを京都では度々、聞く。
バスの中や電車の中での京女同士の会話には、老いも若きもひっそりとイケズ根性が見え隠れする。
なぜにいらんことをゆぅて『楽しんでいる気分』にわざわざ水を差すんやろ。
双方にとって得になることなんてひとつもないのに。

いぢめを苦に死を選んでしまう若人たちに、『転校生』という理由で目立ったがためにいぢめ抜かれてきた私は、今の世界が一部にすぎないことを切に訴えたい。
世の中にはいろんな考えを持つ人間がいる。
君を理解しないひともいれば、理解するひともいる。
君をいぢめるひともいれば、いぢめないひともいる。
そしてプラスになる人物に目を向けるだけで、君は必ずそのひとに出会えるのだということも付け加えたい。
君の目は悪い所だけを見ていないかい?
イヤなコトだけを見ていないかい?
だったらソコからは目を背けよう。
本当に一部なんだよ、今はそうは思えないかもしれないけど。
その一部から逃げてでも避けてでも、先にある全体を見てほしい。
心配いらないからピューーーーって走って行きな、味方がいるから。
君の歩幅は、君が思っているよりもずっと大きい。
だから君が本気で逃げたら、ヤなコトは君には決して追いつけない。
そのかわり逃げると決めたからには、中途半端に逃げてはいけない。
ほんの少しも振り返らずにゆけ。
逃げる時は逸走入魂!!

いぢめを撲滅するのは実はムリだと、私は思っている。
鬱憤は何をしても晴れないもので、鬱憤を晴らしているような気分だけを味わっているものである。だって鬱憤だから。
外へ出さないで心の中に抑えている怒りや恨みというものは、その根源を見つめることでしか晴らせない。
根源を消化できないと自分でわかっているから八つ当たりをしてスッキリしたような気分になっている。
けれどもそれはやっぱり気分だけなので、いずれまた消化しきれない気持ちが積もる。
根源を見つめる根性もなく、気分だけで耐えた気になっているヘタレのやることがいぢめなのだから、カタチをかえて品かえていろんなバリエーションで、いぢめは続く。
いぢめは被害者の連鎖で続いてしまう。
問題を抱える被害者がいぢめをして被害者をこさえてしまうのだ。
たったひとりの理解者さえいれば、それだけでいいのに。
誰も被害者になってはいけない。
じゃぁどうすれば被害者にならないかっていうと『なんだそんなちっぽけなコト』と思えれば、誰も被害者にならないかもしれない。
つーわけでいぢめにはユーモアで対抗するのがベスト。
いぢめていることがアホらしく感じられるように。
アホくさくてやってらんなくなるように。

…という結論を前提に、いぢめをテーマにパロってみましょう。



いぢめ撲滅パロディ童話

『パシれメロス』

「おぃメロスぅ~…ショートケーキ買ってこいやっ」
メロスは激怒した。
アゴでひとを使うヤツらを。
カツアゲという非人道的な行為を上乗せしているこのパシりという命令行為を。

「わかった。三日間だけ待ってくれ。ショートケーキは今日、買うには買うがのっぴきならない事情があって三日後に届ける。もし三日経ってオレが帰って来なかったらこの真鯛を刺身にして食べるがよい」

どっちにしろ三日後が楽しみだ。
真鯛は内臓が入った状態で預けておくからねー。
コンディションの悪い道ばっか選んで走れメロス。
上に乗ってるイチゴなんかコケといたらええねん。

生モノはお早めにお召し上がりください
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2012-10-22 02:46 | +ミルニング+ | Comments(0)

RADと中也とダダイズム

RADWIMPSというバンドの『おしゃかしゃま』という曲を聴いていると、中原中也の顔が浮かぶ。
中原中也の詩に音つけてんじゃないかとさえ思えてくるのである。
しかし今の子供たちは中原中也という詩人の詩に触れる機会がないようだ。
授業でやんないの?中也。
授業でやったけどな、汚れっちまった悲しみに。
中学高校という年齢の子供たちの情緒教育の教材としてとくにキくと思うけど、チューヤ。

PCからRADの曲が流れているのを聴いてチョモが言う。
「なんでRADなん???オレRAD好きちゃうねよなぁ…」
「好き嫌いぢゃないんだよなぁ…最近非常に気になる…このひとたちの曲て中也と同じニオイがすんだよねぇ…」
「チューヤ?」
「中原中也。サーカスぢゃん、有名やろ?耳にしたコトあるやろ?…幾時代かがありまして茶色い戦争ありました」
「知らんっ」
まぁ冒頭は…あんま有名ぢゃないかもな。

『サーカス』中原中也(抜粋)

頭倒さに手を垂れて
汚れ木綿の屋根のもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

それの近くの白い灯が
安いリボンと息を吐き

観客様はみな鰯
咽喉が鳴ります牡蠣殻と
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

ほら、RADの歌詞にありそうな言葉のチョイス。
もぅこの詩を知ったら、空中ブランコのあのブランブランに『ゆあーん ゆよーん ゆやゆよーん』以外の擬音つけらんないほどにバッチシだよね。
ゆあーん・ゆよーん・ゆやゆよーん。


『盲目の秋』中原中也(抜粋)

それはしづかで きらびやかで なみなみと湛え
去りゆく女が最後にくれる笑ひのやうに
厳かで ゆたかで それでいて侘しく
異様で 温かで きらめいて胸に残る
ああ 胸に残る
風が立ち 浪が騒ぎ 無限のまへに腕を振る
これがどうならうと あれがどうならうと
そんなことはどうでもいいのだ
これがどういふことであらうと
それがどういふことであらうと
そんなことはなほさらどうだっていいのだ

ね、RADっぽい。

RADが歌いそうな歌詞がリンクする詩を、大正・昭和と綴った中原中也。
どんな時代であろうとも、青年の中にはダダイズムが佇むものかと思う。

この詩人を語る時に必ず引き合いに出される高森文夫という御仁がおられるが、この高森文夫というキーマンは中原中也の精神を短い期間で濃くえぐった人物で、我が故郷、宮崎県東郷町の詩人である。
若山牧水が有名なばっかりに取り沙汰されることの少ない人物であるが、牧水記念館には高森文夫コーナーがあり、そこには中原中也が高森宅を訪れた際に撮られた写真が展示されている。
藁の山の上で孤独の塊のような中原中也が死んだように眠っている。
この異様さとゆぅたらないというほどの目を離せない一枚ったらない、と私は思う。中原中也をかじったひとなら同じ感情が湧くだろうから、検索して是非みられたい。「中原中也 高森文夫」で画像検索したら出てくるのでね。
中原中也とは思えない生身っぷりに、高森文夫に興味が湧いてくること請け合い。

お釜帽を被ったあのいかにも神経質そうな中也は今にも死んでしまいそうだが、死んだように昼寝をする写真の中也は確実に生きている。

どうしようもない男だなぁ~という勝手気ままな男は、酒豪の文人に多いが御多分に漏れず中原中也もそうだったようで、日がな一日呑みまくっては年少の友人高森文夫に毒づいた。
この写真を撮っている高森文夫の「やれやれまったくしょうがないなぁ」が聞こえるほどにしょうがない男、中原中也。
精神を病んでしまうまで、どうして自分を解放しないでいるのだろう。
昔の作家は気前よく死んだり精神を病んだりするけれど、そうでもしないと良い文章が書けないのなら、作家なんてとてもやってらんない。
だって日常生活に支障がある職業で喰ってかなきゃなんないとは、しんどすぎるではないか。
独り身ならその因果を恨めば済むが、家族を養うとなるとハナシは別。
そう思うのはきっと私が女だからなんだろうな。
作家の女房でなくて本当に良かった。

人間がダダイストでいる期間はとても短いと思う。
思春期の終わる頃から大人へと移行するその途中のギュッとした濃い期間の少年少女は傷つき易く壊れやすい。
その期間とそれから脱した病み上がりの1年ほどがせいぜい。
少年少女たちはいずれは大人にならざるを得ない。
イヤでもなってしまうのだ。
それを拒む根性があると精神的に長くはモたない。
ダダイズムを持ち続けて死に急ぐか、飼い馴らして芸術に昇華させるのか、その選択が自由で、自分次第なのだということを、中原中也から私は強く感じる。
だから中原中也に魅かれるのだろうと、思う。
同じ理由で、RADの曲にも魅かれているような気がする。

そしてこのダダイズムに長く没頭するのが決まって男で、そうゆう男の多くがど~~~~~しょ~~~~もナイってトコに、女の私は強く惹かれたりなんかするんである。
これまで『をぐら百人一首』以上に女々しく詠まれたウタなんかないと思っていたが、RADの『me me she』という歌の歌詞がどんだけ女々しいか。終始、女々しい。いちいち女々しい。百人一首を上回るまわりくどさで、遠回しに遠回しに含みに含ませ、一周グルリとまわっちゃって、最高のウタに聴こえてくるからハマりそうでコワい。
RADWIMPS…侮れん…文章には関係ないがこのバンドのボーカルのひとが着ているニットがどれもセンスが良い。ニットデザインの参考として『おしゃかしゃま』のPVを見たのがきっかけで、私はRADWIMPSのその他の曲も知った。ほかの曲のPVも見てみたらこのボーカルのひとはファッションアイテムにニット率が高いのだ。そしてそのどれもがセンスが良い。
私は決して悪口のつもりでこの文章を綴っているわけではないのだが、きっとRADWIMPSファンにしてみたら思いっきり悪口に読めるだろうから、明らかに悪口じゃないことも書いておきたかったので、もっかいゆぅけど、RADWIMPSのボーカルのひとのニットのセンスがすごく良い。

私が男ならダダイズムに長く没頭してみたい。
んで女に面倒がられて邪険にされて、あげく恋愛に失敗して、ますます悲観的になってとうとうダダから抜けられなくなってみたい。
ほんで精神的にボロボロになって、人間失格の生き方をする期間を経て、ある日ふと思い出したように人生を立て直す。
60歳を前に並々ならぬ包容力を身に付けて急にモテるの。
この包容力の魅力ってのはアラフォーくらいの女が嗅ぎ取るから、ワシは自分よりも20も若い女をはべらすのさ、うひひひひ。
土地はミカにやろう。
マンションはヒトミにやろう。
ユキエとアキとアイコには高級車を買ってやろう。
一番のお気に入りチエには店を持たせてやるかな。
なに?プラダ?エルメス?ヴィトン?
買いなさい、買いなさい。
ラーメンが食べたい?
自家用ジェットを飛ばそうじゃないか、ちょっくら博多まで。

包容力をつけすぎて相変わらずど~~~しょ~~~もナイねん、ワシ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2012-10-08 21:20 | +難℃ set key+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA