どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

にゃんしー特集号

にゃんしーにフレンドリーな片手を挙げさせた後輩ニカの情報によると、にゃんしーが無料配布するCDは先着5名という。
「5枚???少なっ!」
クリアランスセールとかタイムセールとか初売り福袋とかね、そうゆう『奪い合い系先着』ね、苦手なんだよねぇ…奪い合う自信がナイ…ソコまでの情熱が持てないのも正直な気持ちである。
昨日今日の付き合い(しかもチョモに一方的にCDを聴かされただけ)のにゃんしーにはまだ情も移らないではないか。情に厚いとは言えいくらなんでもまだおーてもない人を…そんなあきらめモードで構えている時に、にゃんしーが取り巻きと思える熱烈なファンらしきメイド系少女を二人従えて登場したのである。ここで計算の早い人ならばおわかりだろう。取り巻き二人を従えて来たということは、5枚の無料CDは実質3枚である。
d0137326_18162334.jpg

がしかし、真っ先ににゃんしーCDを受け取りに行ったニカに続き、急かなくとも私は先着5名の中にちゃっかりと入った。
d0137326_18163711.jpg

しかも全く奪い合いはなく。
d0137326_18165723.jpg

というのも、にゃんしーは「遠巻きに見られる」というスタイルの芸人(パフォーマー)のようで、私にはびっちりとマークしているように見えたメイド風のファン2人でさえ、ひとりは早々にどっか行っちゃって、ひとりは遠巻きに失笑しているのである。
私は何かとクセのある人間に魅力を感じるが、一方で「勝手に分析する」というイヤミな方向に興味の矛先が向いている厄介な性格をしている。興味を持ってこんなに素直に本能のまま近づいているのに、当の本人に嫌われるとても可哀想な人間なんである。
私のイヤミな分析やいぢりが愛情表現だということを理解してもらえる日が、今世紀中には来るかなぁ。こねぇか。
d0137326_18172055.jpg

情報通り腰につけた機械からリズムが流れ、それにのせてにゃんしーが踊る。
d0137326_18173634.jpg

踊るというか、曲の振り付けかな。歌詞に全部、振りがついてるってカンジ。
d0137326_1818469.jpg
d0137326_18181974.jpg

私がにゃんしーにタメグチで話しかけると、腰に機械をつけたにゃんしーはとても腰が低い。
d0137326_18191957.jpg

なぜか私にだけ丁寧に敬語を使う。
d0137326_18193437.jpg
d0137326_18195461.jpg

集ったギャラリーの中から私が最年長だということを瞬時に見抜いたな、にゃんしー。
…侮れん!

「み~んなちょと引いて見てんのに、オレがCD取りに行ったらぶぁあああ~~~って一気に群がるねん」
にゃんしーに群がるには誰かひとりのきっかけが要る、と説くニカ。
d0137326_18202240.jpg

私きっかけでテイクフリーのプロフィールが飛ぶようにハケる。

にゃんしーが作ったにゃんしーデータを見てみよう。
にゃんしー発信のにゃんしーデータなので、にゃんしー目線である。
d0137326_18204252.jpg

夏のカエルのようだということは「うっとうしい」ということになるので、にゃんしーの性格は自虐的だということが言える。
d0137326_18205583.jpg

和製ジャイアン。
ジャイアンそもそも日本製。
d0137326_18211017.jpg

まずはプリンタのインクが豊富にある時に、ヘッドクリーニングをしとくべきだな。
プロフィールにいらん線が入ってる。
d0137326_18212129.jpg

頻繁に骨折していることになるが、よろしいか。
にゃんしーが骨の音だと思っているその音は、関節の中を液体が移動する時に出る気泡の破裂音だと思う。参考まで。
d0137326_18213575.jpg
d0137326_18214921.jpg

平日に仕事をしているにゃんしーをイベントに呼びたいなら、土日祝限定ということになりますことをご了承ください。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2011-05-29 18:28 | +ミルニング+ | Comments(2)

尼と記録会と時々にゃんしー

「…まぅちゃん?」
尼崎の記念公園の体育館前の広場の、木陰の石垣みたいなベンチみたいなスペースで仮眠を取っていたら、チュアブルに見つかった。
「何してんスか?」
「ぅあ~…ん~…にゃんしー待ち」
「いつから?」
「朝から」
「え?!ずっと?!チョモ先輩、走ったの知ってます??見ました??」
「あぁ、見た・見た」
「また走りますよ?」
「知ってるよ。でも今はにゃんしー待ってるからなぁ…」
「え?!まぅちゃんまさかの…。チョモ先輩のほうが、にゃんしーのついでですか??」
「アホなこと言いな、にゃんしーがチョモのついでじゃい」
チョモが走る時間の予定はプログラムに出てる目安ってのがある。
しかしにゃんしーの出没に目安はない。
空いている時間をにゃんしーに費やすほかないのである。
私は5月21日の土曜日にかけた。
翌日22日も尼の記録会はあるけれど、私にはボンブーの予定があるからね。
ボンブーの予定を潰してまでにゃんしーを取材するほど、私もネタに困っているわけではない。
と言うより逆にネタが溜まり過ぎてて困っているくらいだ。
画像もたまる一方で全く編集する時間が足りていないのだが、どうしても「にゃんしー」に時間を割かねばならない心境に陥ってしまい、にっちもさっちもどうにもブルドック。
それにはこんないきさつがあったんである。

4月の尼崎記念公園での試合でチョモが路上ライブをしている「にゃんしー」という怪しげな男が居たらしい、と言う。実際にナマで観たわけではなく、ナマで観たカイAを介して聞いた情報なので、私の耳に届く頃にはかなり怪しさが増していた。カイA情報のチョモ伝達で私に届いた「にゃんしー」情報は知りたいことが何一つはっきりしないカンジだったのだ。

唐突にやってきた「にゃんしー」はいきなり踊り歌い始めた。
イヤホンをして。
「へ?その…音楽はにゃんしー自身がイヤホンで聴いているのかな?ギャラリーに音は届いていないわけかな?」
「さぁ?ちょっとは漏れてんちゃう?」
漏れた程度の音源で出来る路上ライブって、何がウリなんだ?
「とにかく、ヘンやねんて。ほんで無料でCDを配ってたらしくって、そのCDを後輩がもらったみたいやから、貸してってゆぅてあんねん。」

その、にゃんしーCDがこれだ。ワン・ツー・パンチ。
d0137326_2257985.jpg

クセになるオンチでポエムをそのままラップにしたようなひとりよがりジャンル。
そして曲調はとっても中島美嘉テイスト。
どの歌も同じに聞こえる不思議な現象。
歌詞も、歌の長さも違うのに、ひとつの歌の続きを聴いてる気分になってくるあの感覚。
CDには5曲入っているのだが、区切る必要があるのかと思うほどリンクする。

学校ではランチ時にリクエスト曲をかけるというシステムになっているので、チョモはにゃんしーCDを放送室へ届けた。するとCDは一曲も流されることなく戻って来たそうだ。
「どして?」
私が疑問を抱くとその答えをチョモはこう説明した。
「ふさわしくない、て。」
この答えは、私にガツンとヒットした。

私は、この男に遭わねばならない。

今まで36年間、わりと自由に生きた中で私には「~せねばならない」という感情的束縛を受けることがさほどなかった。
この機微がわかるであろうか。
「…ねばならない」思い。
「除霊せねばならない」とか「お祓いせねばならない」とかソッチ系。

チョモたっての希望で、借りたにゃんしーCDをコピー。
d0137326_22582264.jpg
d0137326_22583612.jpg

驚くほど情報が何も出てこない。
CDを無料配布するって事はオリジナル曲をアピールしたいんぢゃないのか、にゃんしー。
ラベルプリントをする手間をかけるより曲目を入れたほうがいいぞ。
世話がやけるゼ…にゃんしー。
d0137326_22585987.jpg

アルバムとアーティスト名を入力してコピーしといたぞ。
ジャンルは率直な気持ちをそのまま入力したぞ。
まったく…世話がやけちゃうわ。
d0137326_22591794.jpg

各曲目もわからないので歌詞から「ココかなー」てトコを切り取って曲目にしておいたぞ。
流れ星が流れている間に願いコト3回復唱するくらいのムズさだったわ。

中学校のランチ時にふさわしくない「にゃんしー」を二度に渡り目撃しているニカが、にゃんしーの出没待ちをしている私にかなり有力な情報をくれる。
「にゃんしー15時に来ると思いますよ?」
「15時半からチョモ走るのに…ギリギリまでにゃんしーか…あ・あれにゃんしー?」
「あっ!!」
ニカがにゃんしーに駆け寄ると、にゃんしーはニカに片手をあげてフレンドリーに応えていた。
…やるな…ニカ。

ギリギリまでにゃんしーのパフォーマンスを静かに取材。デジカメ撮影。
そして急いでチョモの記録挑戦のフォーム担当。ビデオカメラ撮影。
忙しい…撮る係てごっつぃ忙しい。

On your mark! Get set! Go!
d0137326_2301436.jpg
d0137326_2304885.jpg

d0137326_233928.jpg
d0137326_2331794.jpg


さすがは記録に挑戦する場に生き残った選手たち、横一線!
d0137326_2313124.jpg
d0137326_2315472.jpg


キャプテンの威厳を見せつける攻めの走り!
d0137326_2323042.jpg

ねばっちゃうもんねー
d0137326_2335280.jpg
d0137326_234547.jpg

だけど決まって「がんばったやん」の2位
d0137326_23418100.jpg

みんなもうかける言葉のレパートリーもなくなってきてるからそろそろ優勝してみないか

時々にゃんしーを散りばめて「走る男」をお送りしました
次回「にゃんしー特集号」でもしつこいくらいにお目に罹りましょう
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2011-05-22 23:11 | +ミルニング+ | Comments(4)

参考にならん

仕事で使う「ビジネス」的な文例、言い回しのレパートリーを増やそうと、図書館でクレーム文例集を借りてきた。
d0137326_10242070.jpg

しかしこれが、参考書ではなくネタ元であった。
まったく私の仕事の参考にはならないが、趣味の資料にはなる。
もちろん、そうゆう意味で。

いっとくけどね~もぅ…図書館で参考資料を探すほど私は仕事モードなのだから、突っ込んでいる状況ではないのっ!

あまり深くは掘り下げず、さらりといっとこ。
さまざまなページに突っ込みドコロがた~んとあるが、1ページにだけ突っ込んでおくぞ。
d0137326_10244075.jpg

尾行販売へのクレーム対応
d0137326_10244858.jpg

「自由」ということの意味を履き違えているなぁこの社長は。
やり手の若き社長かな?自分のビジョンしか思い描けないようだ。
「自由」と「責任」は必ずセットであるということを誰か教えてあげよう。
無責任にやりたいようにやることが「自由」ではない。
縛られることを避け自由に可能性を求めるのなら、しっかりと教育をしろ。
代表取締役という肩書を使う以上、秋山自由夫にはその責任がある。
d0137326_1025541.jpg

自由さが仇となってるんを痛感すんの、遅くね?
電話でクレームきてんの知ってて、とうとう手紙が届いてから、やっと?
凝りねぇ会社だなぁ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2011-05-22 10:26 | +in the sky?+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク