<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

だからゆぅたのにぃ

小学校6年間ずっと背の順がダントツのチビだったヒー坊は、中学生になって自分よりも小さな男子を初めて目にして、しばらくチュアブルのことを可愛い・可愛いと言っていた。
しかしまだまだチビのほうである。

背の低いヒー坊は声も低い。
あまりしゃべらないから気が付かなかったが、いつの間にやら声変わりをしてとっても低くなった。
相も変わらず学校寡黙であるヒー坊はやっぱり学校ではしゃべらないようで、小ぶりな外見からはその低さが想像しにくいようである。しかしヒー坊本人には低い自覚がある。

「音楽でな?声で分かれて歌うやろぉ?それの分かれるのって自分で選ぶねんな?」
ソプラノ・アルト・テナー・バス。
アレ中の音楽の先生はプロ志向が高いので、校歌も国歌もハモっちゃう。
それぞれの声の高さに合わせて自分でパートに分かれよとの命に、ヒー坊は迷わずバスに属した。
そしたら音楽教師Mr.Xがヒー坊に異議を申し立てたらしい。
「君はバスかなぁ…?その体格でバスでいけるかぁ…?」
ヒー坊は自分が声を出さない引け目があって、Mr.Xの疑惑の目を受け入れ致し方なくテナーに属した。
そしてパートごとの音合わせ。

「ひとりずつな?先生が声を聞いていくんやんかぁ…そしたらテナーのひとはほとんど先生に『もっと低く!』てゆわれてんのに、ボクだけ『もっと高く!まだ高く!もうちょっと高く!』やねん。…キツいねん。だからバスにいったのに。先生…ボクが小さいからってテナーにするから…」

大人は見た目で判断する悪いクセがあるのサ、それはおおかた子供が覆すということは出来ない。
このことを必ず覚えておいてヒー坊は、そうじゃない大人になることで変えていきな。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2011-03-30 23:11 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)

ホワイトデーに

シュークリームを

d0137326_22473985.jpg


カスタードから作るチョモ

d0137326_22481135.jpg



おかーさんアナタをそんな風に育てた覚えは…

…だいぶある。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2011-03-22 22:50 | +mender!+ | Comments(0)

ヒントぢゃナイよね

d0137326_1322372.jpg


わからないひとのためにヒントがちゃんとあるからね

d0137326_133558.jpg


…ぅうむ…こたえだね。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2011-03-15 01:34 | +in the sky?+ | Comments(0)

心奪われるそれがロマン

ダヴィンチ・コードの二番煎じで「ガビ~ンチ・コード」というのを制作中。
すでにシーズンはエンドレス。四季は、廻るよね。
「ガビ~ンチ」とはガビ~ンとビンタとパンチをひと言にしちゃった造語で、この三つの単語が一挙に口から出ちゃうくらいのショーゲキ的事実に遭った時に、思わず叫んでしまうという形で使用される。

体重は変わっていないのに昔のジーンズがウエスト閉まらん「ガビ~ンチ!!」
自分の感覚では全力疾走の一歩手前なのに足がからまる「ガビ~ンチ!!」

使い方は、おわかりのこととお察し申し上げます。

私は偶然にも同じ時期に「ダヴィンチ・コード」をススメられた女である。
友人から本を読むようススメられ、前職場の常連客のおっちゃんからいろんなDVDを借りその中に「ダヴィンチ・コード」があった。
しかし、どちらもみていない。手元にあるのに見ない理由、それはひとつしかない。興味が湧かないからである。
興味が無いものに反応をみせない、この本能とも言うべき現象を我々は侮ってはならない。
「心のままに」それは時として他人を傷つけてしまうこともある。
「心が向いているほうを」それは時として世間の興味から外れてしまうこともある。
それを、この歌で証明しよう。
ハナモゲストが替え歌で。

My Sweet Darlin'
ダーリンダーリンここに来て見えるでしょう私が
ダリダリあの日のキッス忘れたふりするなら
ダリダリ横顔はもうあきたこっち向いて


ダーリンは心のままにアナタを見ていない。
というか、最初からアナタを見ていない可能性が高い。
男心とは時に理性が飛ぶこともあるが、そのことすら男は忘れがちである。
男ってロマンに心もってかれちゃうこと多いよね。

ハナモゲストが心の叫びを歌にします、利いてください。

邁進とダーウィン
ダーウィンダーウィン 海に来て視てたでしょうフジツボ
ダーウィンダーウィン 珊瑚とハト忘れたふりするなら
ダーウィンダーウィン 進化論はもうあきたミミズ向いて


ダーウィンは、フジツボの分類、珊瑚礁の形成と分化、ハトの飼育品種の改良、ミミズによる土壌形成の研究などでも業績を残している。特筆すべきはダーウィンは晩年になってミミズに戻っている。最後の本ではミミズが土壌形成に果たす役割を論じたと、ウィキペディアにある。
皆さん間違った認識を持っちゃいないか?
ダーウィンと言ったら「進化論」ではない「種の起源」ではない。
「ミミズ」だ。
ダーウィンが突き詰めたのはミミズだが、世間の興味はダーウィンの進化論「種の起源」にあった。
私はダーウィンのロマンはミミズだったと思いたい。
ロマンのポイントとは「もってかれちゃった」というニュアンスである。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2011-03-06 02:51 | +ハナモゲスト ゲリライブ+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA