どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

テレアポたちよ!合言葉は温故知新だ!!

一年前にフルハウスに引越してからというもの「通りに面していない奥の家」という立地条件が仇となり、訪問販売が来なくなった。電話番号は変えていないのに、勧誘電話も鳴りが悪い。また法律が変わったのか?『しつこく勧めたらダメ』みたいな法律になったのが1~2年前ではなかったか…しかしそのように法律が定めても、手を変え品を変え曖昧表現で煙に巻く話術と、どっちとも取れる微妙なラインで法の隙間をぬって進むのが、訪問販売員・電話勧誘スタッフである。ソコこそが彼らの腕の魅せドコロ。その技は継承されるべき「もはや芸のようなモン」だと私は豪語しているが、情報化社会の前にひれ伏している印象を受ける。不況も手伝って「共働き核家族」は増え「訪問」という方法がキかなくなってきたのだろう、ツールが電話へと移っている。訪問販売を受け入れるタイプである私とて、仕事をして家に留守がちになると新聞の勧誘でさえ付き合うのが億劫だ。訪問販売員と違って新聞の勧誘はまだ会話が成り立つだけ楽しい時間であるが、それさえも時間がないという物理的な問題の前には諦めざるを得ない状況がある。時間に余裕があると自然と精神的にも余裕が生まれるものであるが、なによりしつこい勧誘に負けないようなバトルを繰り広げるためには、こちらとて口八丁手八丁の熟練の話術は必要で、それを遺憾なく発揮するためには一にも二にも精神的余裕である。

たくさんの電話勧誘にノってきた私は、その業界では「カモリスト」に電話番号が登録されているので、苦労しなくて勧誘電話は定期的にかかってくるが、憂えているのは電話勧誘の話術が継承されていないことである。マニュアルがあるだろうマニュアルはどうした?先輩テレアポは掴みのテッパン【褒めちぎり方式】を教えてくれなかったのか?

ひとつだけ言う。
これだけは、どのテレアポにも最近とても頻繁にみられる傾向なので言っておく!
「必要ないですからいりません」
と返された時の返事は
「どうして必要ないと思われますか?」
だ。
いらないと言っている人間の「いらない」意志にまったく耳を貸さず強引に「自社製品について」の説明をし続けることでメリットが得られたことが一度でもあるのか?無理矢理こちらが電話を切るまでロボットのように一方的に話し続けるというそのたたみかけには、どんなテレアポにでも質問を投げかけてきた私ですらもさすがにな~~~~にも聞きたくなくなってウンザリするよ?一刻も早く切っちゃう。人間味ゼロ。
もうその手法はやめようよ、完全に失敗してるって。
かなり完成度の低い人生を歩んでいる私が失敗してると断言するなんて、よっぽどの状態だよ!
私はあなたの会社からモノは買わないけど、販売方法の言葉巧みさは高く買ってんだよ!
目を覚ませ!!
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2011-02-22 23:54 | +in the sky?+ | Comments(2)

郷土料理のハズレ

「ぅわ~また騙された~これチキン南蛮ちゃう~!」
「また騙されたん?まぅ、もうチキン南蛮を選ぶのやめたら?」
「ぅん…なんか最近ではもう『また騙されるんやろうなぁ』と思いながらチキン南蛮食べるようになってるからなぁ…『チキン南蛮ぢゃナイんやろうなぁ』と思いながら買ってるからなぁ…今度こそホンマもうやめよう。別のメニューにしよう。」
「て、こないだも同じことゆぅてたで?」
「そやねーーーーーーん。どうしてもどうしてもどうしても『チキン南蛮』っていうメニューがあると『これこそ当たりちゃうか』と思って淡い期待にすがってしまうのよ…わかってるんだけどねぇ…『今日のチキン南蛮に当たるための今までだったのねぇ~オヨヨ』みたいなね、そうゆう自分勝手な三流寸劇が出来てしまうのよぉ『チキン南蛮』ていう文字を見るだけでね。はぁ…でもこいつはヒドイなぁ、今までの歴代『チキン南蛮』の中でワースト一位に躍り出た不正解や。」
「今回の『チキン南蛮』はどうなん?」
「これはねぇ…鶏むね肉のチキンカツにマヨネーズをかけて千切り玉ねぎを乗せた食べ物やね。正解は『チキン』しかない。『南蛮』詐欺やで。罪を犯してるくらいに間違い過ぎてる。南蛮酢はドコいったんだよ…おもいっきり関西テイストや…関西でしか通用せんで。」
「残念やったなぁ…」
「もぅ見捨てようかなぁ…チキン南蛮。いいや…これを捨てたらもう他に無いからな…」
私は、故郷宮崎の郷土料理っちゅう郷土料理が、とことん苦手だ。今よりも偏食だった子供の時に、給食で出る郷土料理メニューは苦痛も苦痛であった。私たちの年代の子供時分は学校側が給食のルールとして【昼休みを潰してでも、掃除時間に喰い込もうが、給食センターの車が来る時間になるまで「お残しは許しません」システム】を導入していたからだ。
私がいぢでも食べなかったメニューを参考までにご紹介しよう。たぶん「郷土料理」だと思う。
だご汁・冷や汁・焼きなば・にがごい・むかご飯、それから何てメニューか名前は知らないが、ピーナツにピーナツバターとミソをからめたような、おかずともおやつとも言えないアレも苦手だ。給食には出ないがそのほかにも、ゆべし・ねりくり・おびき・すなずり(酢のほう)・ずし(鮎の)あたりも未だに苦手だ。
こんなに郷土料理を避けてきた私が、故郷を離れたこの地で求めるソウルフードが先出の「チキン南蛮」である。「あくまき」も求めるが、さすがに関西で「あくまき」は無理だろう。私は一年に1~2度、関西在住の宮崎出身のかたから「あくまき」をもらうが、それ以外で「あくまき」を求めようという気持ちは無い。大好きだけれど求めたところで、手に入る代物ではないと思う。それほど宮崎の人間でさえ「あくまき」を作るひとは限られているのである。関西に来てまで「あくまき」を作ろうという奇特な宮崎出身者は少ないだろう。だいたい「おばーちゃん」世代が作る。「おかーさん」世代になると作り方は知っているがめんどっちくてやらない。「娘」世代は完全に食べるだけ。「孫」世代になると食べ方を知らない。我が子らは食べ方を知らない「孫」世代にあたるが「あくまき」を温めて食べている。教えたことなかったっけ「あくまき」は常温の食べ物だ。きな粉で食べるが安倍川もちとは違うのだ。冷やすとおいしくいただけるという人もいるほど、温かみとは無縁の食べ物である。それから参考までに「あくまき」は包丁では切らないよ。包んであるタケノコの皮を縛るのに使っている「竹皮の紐」をほどいた時に捨てずにとっておいて、水に濡らしてそれで切るんだよ。皿も箸も使わずに食べられるのにフォークを使っているし、その溜め方の知らなさ加減、堂々たる「孫」世代っぷりである。私もかつては純粋な「孫」だった。記念すべき「あくまきデビュー」はそうとは知らずプレーンで味わったものだ。ほぼ無味無臭、アクがあるだけの食べ物だった。ほんでなんでかなァって思うんは、孫があくまき食べるのを傍観してんのよね、最初って。アレなんで周りの大人って食べ方を教えてあげへんねやろ?教えられないと「なにこれ?」って代物やのに、食べ物やという情報しか大人はくれへんねん。
「知ってる?あくまき」
「え?何これ?」
「おいしいよ。」
「食べられるの?」
「食べられる食べられる~おいしいよ、食べてごらん。」
最初は絶対に教えへんよね?開けさすトコロからもう孫をおちょくるアイテムにしてるもん。「うわっなにこれっ?」ていう顔を孫がするのを楽しんでるし、一口食べて吐き出すのを面白がってやらすのよ。何もゆわんと食べるのをただ見てる。
不思議なコトにこの「あくまきの儀」は世襲制で、順繰り順繰りその役割が繰り上がってゆくのである。「おかーさん」が「おばーちゃん」になる頃どうゆうわけか「あくまき」を作ってみるのだ、作れって言われたわけでもないのに。最初はあまりうまく出来ないが、喰える。「あくまき」って意外と難しいのね~と感じた途端「あくまきを完璧に作ること」が「おばーちゃんのステータス」になるのである。もうアイデンティティと言ってもよいだろう。そうなると食べる専門だった「娘」がそろそろ「おかーさん」くらいになっていて「孫」を預かってもらおうと里帰りをした折に「あくまき作り」に挑む母の姿を見たりなんかする。そして作り方を知ってまずはびっくりするのだ。
「えぇっ?!あくまきって灰で煮てるの?!」
一気に興味が湧き、煮る手順の一部始終を見学してしまうのである。おばーちゃんは「あくまき」を半日も煮る。いいか孫よ覚えておくがよい「あくまき」は常温保存で一週間くらいはモつはずだから、冷蔵庫に入れようとせぬように。冷やすとカタくなって「あくまき」のプルンプリンした最高の食感が損なわれるのだ。冷蔵保存をするな。おばーちゃんたちはたいがい「あくまき」をみずやに置いている。たいがい湯呑の横にボンと置いている。「あくまき」はお茶受けだからね。
嗚呼、私の求める郷土料理よ。こんなにも焦がれているのにココ関西では手に入るようで入らない。
『宮崎のチキン南蛮』と言えば、もうソレしかないくらい有名なのに、売っている『チキン南蛮』は宮崎仕様ではないのだ。

チキンはもも肉を使用せよ
衣は天ぷらの衣でもなくカツの衣でもないもちろんカラアゲの衣でもないと心得よ
揚げたてのチキンをシャバシャバの南蛮酢にくぐらせよ
タルタルはソースではない具のひとつである疎かにするな


この4点だけ
せめてこの4点だけは
基本のこの4点の条件だけは満たしてほしい
そしたらタマネギがみじん切りぢゃなくて千切りでも我慢するから~

「うわぁ~ハズレだった…」
「また騙された?」
「まんまと…。見本と全然違うぢゃんけっ!あのサンプルと同じに作ったら近いモンが出来てるはずやのにっ!」
「今回のはどんな食べ物?」
「コレはねぇ…鶏の天ぷらに甘酢あんをかけて市販のタルタルをあしらった食べ物やな。」
「残念やったな?」
この気持ちをシェフに伝えたいほど、残念や。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2011-02-13 21:55 | +in the sky?+ | Comments(0)

カルミンマスター

お気に入り廃番現象という個人的見地からみてとても悲しい現象が、ある。

それを好物だと言う人間がひとりでも居れば製造中止にしないでおくれ!

ま・ひとりの声って大勢の声に掻き消されるわけだが。

「お気に入り廃番現象」とは、好きになった商品があれよあれよと店頭から姿を消す現象の事をいう。
廃番決定が先か気に入るのが先か因果関係ははっきりしないが、好きになった途端、入手困難に陥る商品もあるので「廃番決定の最終処分値で投げ売りされている商品を手に取って気に入った」可能性もあろうかと思う。しかし人間とは不運が続くと考え方が卑屈になるもんなのか、あまりに自分が気に入った商品がバッタバッタと消え去るとそのうちに「ごめんよ…私が好きになったばっかりに…」という気になってくるから不思議である。好きになった物っつったって全部が全部、製造中止になっているわけでもないのにね。

しかし、私のお気に入りは幼い頃から続々と姿を消し、たまに復活してはまた消え、たま~にマイナーなスーパーで見かけたりもするが、おおかた姿を潜めてそのまま消えてしまう。

メロンホワイトというあったかい飲み物が姿を消し、シソ茶も消えた。
コーヒービートやコーヒーガムも一時期完全に市場から行方をくらませていた。
キシリトールタブレットグレープフルーツ味なんてホンマに商品として存在してたんかと思うほどのスピードで店頭から姿を消した。あまりの早さにこの商品を知らないというひとまでいる。メントスと同じようなパッケージ方法をとったラムネ状のキシリトールタブレット。食べ過ぎると下痢になってしまうが、ついつい食べ過ぎてしまうほどの妙味だったので私は甘んじて下痢を受け入れ、食べていた。おそらく「食べない」ことが選ばれた結果あれだけのハイスピードで廃れたのだと思う。
食べ物だけに止まらず、クレンジングオイル・シャンプー・ローション・クリーム・UV…コスメの研究を何十年としている私が気に入り、方々でこれがイチオシのコスメだとフいてきた商品の7割は廃れているかモデルチェンジをしている有様。一番最近の廃れコスメは、某通販会社が発売している漢方系下地で、これはよいかもと思って注文したが過去2回とも商品が手元に届かないという自体が発生している。商品の製造が中止になったためである。同じ商品を2度買おうとして、2度も製造中止により届かない、という経験をするとさすがに「いいなぁ~と思ったダケで製造中止に出来るパワー」をとうとう手に入れたんぢゃないかとさえ思うようになる。
怨み深い誰かが私を雇って憎い相手を懲らしめようと企むというビジネスが成立しそうではないか。依頼だから仕方なく私は、雇い主が嫌うようなおひとを心底好きにならなくてはならぬ。最初のうちはそう簡単に好きなれず、苦労とか挫折とかすんのかな。でも元来惚れっぽい性格が功を奏してコツをツカむ。私が好きになったばっかりにそのおひとは、姿を消すのだ。忽然と姿を消す。これまでのお気に入り商品同様、私の預かり知らないルートで行方不明になるので、アシはつかない。しかし私だけはわかっている「私が好きになったばっかりに」効果。でもこの仕事って、守秘義務があるから。…なかなか辛い職業である。着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んぢゃう私、職業病かしら。
雇い主は自分の手を汚すことなく憎い相手が姿を消してくれるし、私は想い焦がれるダケで任務完了なので、契約はスムーズなことと思う。時給換算でやるのか日給月給かってトコで意見は割れるかもしれないが、私は時給換算で構わない。がしかしメンタルメンテナンス料は別途請求する。

この「お気に入り廃番現象」に心を痛めている私が大好きなのにもかかわらず、廃れずにロングヒット商品として君臨しているカルミン。電車に乗っている時に食べようとしたら、ヒー坊がたかりつつこう呟いた。
「カルミンってさぁ…開けたら全部食べちゃわないとアカンってトコがなぁ…とっとかれへんってトコがなぁ…ケース入りとかで売ったらええと思わへん?」
「ええと思わへん。ケース入りにしたら高くなるぢゃん。駄菓子は安くてナンボやからな。スタイリッシュになって値上げしたなんか愚の骨頂ってカンジ、駄菓子界では。」
「ココさぁ…紙の筒じゃなくって…ガムのヤツみたいなのにしたらええのに…」
「必要ないな。カルミンマスターの技を教えてやろか?」
「なんやねんカルミンマスターて?」
「そやなぁ…カルミンを思うままに操れる人間『カルミンマスター』どう?カルミンを何十年くぅてるとおもっとんや?そんじょそこらのカルミン好きとは年季がちゃうねん年季が。好きの度合いがちゃうねん。」
私は、カルミン一族のいちごカルミンを出した。余談だが、カルミンはブルーのフツーのミント味のカルミンが一番おいしい。というより、それしかおいしくない。
「カルミンが携帯に向かないっておもてるみたいやけど、こんなにピッタリで携帯出来るおやつは他に無いやろなぁ…それもこれもこの紙の筒がポイントやねんから。」
「え~…」
「ひとに差し上げるのにも衛生的かつ効率的かつ紳士的。相手に確実にカルミン1コだけを渡す。しかもゴミになる物は一切、渡さずにね。やって差し上げましょうか?」
d0137326_014571.jpg

まずはこうゆう風に、1粒分の嵩、下から押し上げる。
d0137326_02032.jpg

銀紙部分をツツーとめくる。
d0137326_021410.jpg
d0137326_023092.jpg

このまま「どうぞ」と差し出すと…
d0137326_025670.jpg

相手はつまんで持って行く、と。
d0137326_031663.jpg



さて、4粒ほど食べましたらもう一旦しまおうか、という気分。
d0137326_034571.jpg

では、逆から下向きに押し込みましょうか。
d0137326_04471.jpg
d0137326_04144.jpg

こうなりますね。
d0137326_045366.jpg
d0137326_05816.jpg

紙の外装を折り込みます。
d0137326_052439.jpg

ほうらコンパクティ。

再び食べ始めようという時に、折り込んだ箇所がぐちゃっとなっていましても気にすることはございません。
伸ばして下から押し上げてごらんさい、ちゃ~んと銀紙部分はツツーとめくれるんでね。
押し上げる時の力加減をあやまると、銀紙部分がダブったり中身だけが押し出されたりとヘタをこく結果となりますので、回数を重ねて押し上げる力加減を手に覚えさせましょうね。カルミンマスターになるためには場数をこなさねばならんのです。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2011-02-07 00:08 | +mender!+ | Comments(0)

esoラック

カットインesoraへのサポート販促グッズとして提供している、ゑずトリア研究所プロデュースのフリーペーパー『有料』のテイクフリー専用ラック、名付けて【esoラック】ご自由にお持ち帰りくださいと書きましたのでご自由に持ってかれちゃったみたいで、何よりですね。

ゑずトリア研究所(略してゑず研)は週休5日制でやってますんで、仕事が遅いのがウリなんですが、ファミレスで1時50分まで粘って上梓しました。営業時間2時までなんで、オーダーストップからのロスタイムで有料の半分は出来ています。あとの半分は優しさで出来ているので成分的にはバファリンと一緒だと思っていただいて結構です。

昭和っ子の心をくすぐったゆぅたら【まんがにっぽん昔話】ですが、平成っ子はジブリでしょうか。昭和と平成をうまく融合させましょうね。

ほら、特別付録がジブリ風。
d0137326_013213.jpg

トトロのアレ。

その実態は、金太郎前掛です。
d0137326_015540.jpg

ザ・昭和。本来は◆←このような形をしているわけですが、素材が紙で出来ておりますので鋭利な刃物とならぬよう配慮した結果、丸みをもたせたフォルムになりました。
d0137326_021827.jpg

はぢまり・はじまり~
d0137326_024535.jpg

だいたいどの物語も
d0137326_03434.jpg

たいがいこんなカンジですね。
d0137326_032774.jpg

かぐや姫も浦島さんも基本的にルー口調です。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2011-02-02 00:05 | +in the sky?+ | Comments(2)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク