カテゴリ:+in much guy+( 109 )

 

絶好調ドモラルチョ

「かか、か、か、か、かか、か…」
「どんだけ『か』ゆぅねん。絶好調でドモるな」
「そやねーん」
「そやねん、ちゃうわっ。かか・か・か・か・か~何やねん、何が言いたいねん」
「くっくっく…」
だから『く』で笑うのおかしいって。
「太鼓の達人ちゃうねからな」
「うまいな。しかも『ドン』のほうちゃうで『カ』のほうやで。フチ」
うまいこと言えるのに発音がうまいこといかないドモリーチョ・ヒー坊ケセラセラです。
ドモり漫才という新ジャンルを立ち上げたらどうだろうか。
ドモりを治すために落語家になったハナシは聞くけど、ドモりを活かして漫才してるってハナシはまだ聞かないと思うんだけど。
ドモりを即興で笑いに出来る理解の深い相方が必要だけど見つかるかどうかがポイント。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2015-02-10 17:41 | +in much guy+ | Comments(0)  

ドモリーチョ

「あ・明日・あし・明日の…」
「何回、明日ゆぅねん」
「くっくっく~」
だからそのくっくっく~て笑うの、おかしい。
『は』の発音が出来ないからだろうけど『く』はミスチョイスじゃないか。
かっかっか~でどうだろうかジジむさいけど。

「言いにくないやろ『あ』やったら。『あ』はどもらんやろ~『あした』はすんなり言える単語やんか」
「言える単語とかじゃないねん。同じ単語でもどもる時とどもらへん時とあるねん」
「どもってる自覚あんの?」
「あるよ」
「え?あんの?」
ヒー坊は、ドモリーチョ。『どもる人』をフザけた感じで言うと『ドモリーチョ』もちろん勝手に言っている。ここで会話文として表記するヒー坊との会話ではドモラルチョの部分のみ削っているので、親子の普通の会話のようになっているけれど、実際は高い確率でどもっている。発音の苦手な『サ行』『タ行』『ラ行』が入ると、発言の20%くらいしか聞き取れないくらいどもる。ヒー坊の寡黙症のひとつの原因がこの言葉の遅れで、この遅れはしゃべることで上達するわけだから、悲しいかな負の連鎖。

「自分で気付かずにどもってるんじゃないん?」
「気付いてるよ」
「いつ?」
「いつ…て…いつもよ」
「ちゃうちゃうちゃう、話し始める前に『あ~どもるパティーンやな~』て前もってわかるとか」
「あ~…うん…わかる時もある」
「じゃぁその時は言うのやめたらいいやん」
「それはなぁ…やめれへんねん」
「やめれへんの?なんで?」
「ん~…勝手にすすむってゆーか…」
「どもるつもりで話し始めたんじゃないけど言い始めたらどもってて『あ~どもり始まってた~』てこと?」
「うん、そうゆう時もある」
「じゃぁさ、その『どもりが始まったな』の時点で止めたら?」
「それもね、出来ない」
「出来ないの?なんで?」
「ん~…口が言ってるのに負けるってゆーかー…勢いに任せて…」
「自分の意志では止められない、てこと?」
「そうやねん。なかなか大変やろ?」
「大変やな」
「しかもな、どもってる間って息出来ひんねんやんか」
「息出来ひんの?」
「そう。息はずっと吐いてんねん、どもってる時って。だからすごく苦しくなってくるから早く言わなきゃって思うねんけど、そしたらそのプレッシャーでさらにどもってどんどん苦しくなる」
「完全に負のスパイラルやないか」
「そうやねん…けっこう苦労してんねん…」
「それさぁ…普通の人ってどもらへんからどもることの内情がわかってないねんやんか~本当のところは。だいたいこんな傾向があるんやろな、くらいには理解してるけど」
「普通はどもらへんの?」
「どもらへんやないか。アンタ私がこれまで一回でもどもってんの聞いたことある?」
「ないな」
「友達同士が会話しててどもってんの聞いたことあるん?」
「ないよ。でもみんなもどもることはあって、ボクだけが極端にどもりの回数が多いんやと思ってるんやけど…」
「いいえ。どもらない人は一回もどもりません。」
みんな裏でこっそりどもってると思っていたのか…そんなコントロールが出来るんだったらオマエが堂々と表立ってどもってるわけがないだろう。

「自覚なくどもってんのやと思ってた」
「自覚あんで。あるけど、止められない」
「自覚あるんならそのクセみたいなの言って欲しいねんな~。どもりって個人個人で程度の差も違うしさ、同じ人でも日によってちゃうやん?こうゆう時にどもりやすい、とかさ、自覚があるってことはそうゆうクセもつかんでるんやろ?」
「あぁ…ちょっとはな」
「その『ちょっと』を出して欲しいねん。じゃないと理解がされへんねんやんか。理解出来たらどもり回避のサポートがいろいろ考えられるのに。本人もどもりたくてどもってるわけちゃう、て思うからな『今!この今、今!まさに今のそのどもりはアナタの中のどのパターンのどもりですか?』とかゆぅて根掘り葉掘り聞いたらイヤやろな~ちゅうのがあんねん。私は我が子やから聞くけども、他人やったら遠慮して聞かんと思うで?やからアンタのほうがそやって聞くことを遠慮しないような雰囲気を出しといたら?」

ま・それが出来たら高校で友達ゼロって事態には陥ってないねんけどな。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2015-01-23 22:43 | +in much guy+ | Comments(0)  

メチルシクロヘキサンください

「探してるモンあってさー、あっこ寄っていい?」
「アカン。何やねん探してるモンて?」
「うーん…ちょっと名前がなー…長いからな…なんやったっけ…メタル、チクロ、ヘキサン。何かちゃうなぁ…メタロチクドヘキサン…もっと違うなぁ…ヘキサンは合ってるんやけどなぁ」
「メタル、て何やねん。メチルシクロヘキサン、やろ」
「あ~~~~それそれ。何でアンタが知ってんの?」
「学校で聞き覚えがあるからやないか」
「メタルチクロヘキサン出てくんの?アンタの学校メタルチクドヘキサンで何してんの?」
「だからメタルて何やねん、メチルシクロヘキサンや。知識として知ってんねや」
「知識ねぇ…アンタの年齢でメーチールーシークーローヘキサンはあんま使わんはずやけどなぁ」
「何なん?何に使うん、メチルシクロヘキサンて?」
「要はシンナーみたいなモンやな。溶液。ボトルの修正液が固まるとそれを修正液うすめ液ていう液体で溶かして使うわけなんだけども、ここ数年でボトルの修正液が廃れたみたいで、ドコにも修正液うすめ液が売ってないから、こうなったら原液を探すか、ということで探しております。修正液うすめ液にメタルチクロヘキサンて書いてたから」
「だからメタルて何やねん、メチルシクロヘキサンやゆぅてるやろ」
「それね。しかも、うすーいメチルーシクローヘキサンてのが欲しいの。うすめ液には含有量何%て書いてるからね、原液そのものじゃないみたいやねん」
修正液うすめ液うすめ液みたいなんあるんかいな。含有量50%のうすめ液を作りたいわけなんだけども。うすめ液けっこう薄める。

大型ホームセンターに行き、置いてある溶液は一通り見たが、どこにもメチルシクロヘキサンの文字はない。
「溶液なんてどれも一緒や」
「ホンマやろな?信じるで?」
我が家で一番のカシコがどんな溶液でも固まった修正液が溶かせると言っている。
「もし液体の種類が違って修正液が分離してワヤになった、とかなったらイヤやで?そうなったら弁償してや?アンタ大丈夫てゆぅてんから」
「弁償したるがな」
「テープじゃイヤやで。ボトルタイプやからな?」
「わかったわかった」
「お金で払ったってダメやで?サラこーてや?」
「こーたるこーたる」
「やった~んじゃ買おうっと~」

これがチョモが「どれも一緒」と豪語する溶剤『ペイントうすめ液』石油系シンナーと書いてある。
d0137326_23592810.jpg

ボトル修正液を愛する同志たちよ『修正液うすめ液』が店頭から姿を消してさぞかし不便な思いをしておいでのことでしょうとも。
d0137326_23592466.jpg

石油系シンナーで溶かせるものかどうか、私が試してみたいと思います。

だたね、2年ほど先になるとは思います。
実は私ね、あと2回分くらいね、『修正液うすめ液』が残っているの。
ソレがなくなってしまって、修正液が固まるのに、あと2年はかかると思いますのでね。
だいぶお待ちください。

ちなみにですけど『修正液うすめ液』で検索するとネットショップとかで売ってますよ。
私は『修正液うすめ液』1コをわざわざ送料払ってまでネット注文するまでもないと思ったので買いませんでしたが。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2015-01-13 00:04 | +in much guy+ | Comments(0)  

バイバイサヨナラ

バス通りから我が家への路地に渡るための横断歩道で車が途切れるのを待っていたら、私の目の前で小学生(推定6年生)の男児2人がこう言った。

「じゃ~明日な~」
「うんわかった~。バイナラ~」
「バイ、ナラ。」

言わんなぁ…言わんぞ、バイナラ。
久しぶりに聞いた。
そのことを、17歳のヒー坊に報告した。

「アンタの世代でも言わんやろ?」
「言わんなぁ…」
「だって私らの世代でもホンマに別れ際の挨拶として使ってはないもん。私の親たちがおやぢギャグとして言ってる、ていうカンジ」
「僕たちも使わんなぁ…意味は知ってるけど」
「意味あんの?」
「あるやん、バイバイサヨナラやんか。バイナラ」
「あ・そなの?んじゃ意味すら知らんわ、私。でもあの小学生たちギャグで言ってるって風じゃなかったんよなぁ…ギャグで言ってるとしたら『バイナラ』て言われたら『ナラ・イバ』て返すはずやねんけど…」

バイナラ小学生のことなんてすっかり忘れていた先日のことである、ヒー坊が19時に帰宅して曰く、帰りしなに見かけた小学生が『バイナラ』と言っていた由。
「普通に?ギャグとして?『ナラ・イバ』てゆった?」
「だから何やねん『ナラ・イバ』って」
「バイナラって言われた時の返事やってば」
「バイナラしかゆぅてへん」
「今の小学生のおじーちゃんらが教えて流行ってんのかなぁ…『ナラ・イバ』もセットで教えたらよかったのに」
「何なん、ナライバ」
「おやぢがギャグで言うねんやん、逆再生みたいにな、バイバイの手を逆に振りながらな『バイ・ナラ。ナラ・イバ』ちゅーて。そうゆうギャグ。おやぢがよく言うようなヤツよ、夏が暑いをアツがナツいとか言うアレよ」
「あぁ~…胸がギトギトしてきたとか言うアレな」
「聞きかじりのうろ覚え感がえらいこじれとんな。ドキがムネムネしてきたや」
「それそれ。だいたい胸がドキドキなんて言わへんし」
「言うやん」
「言わん」
「緊張して胸がドキドキしてきた~て言うやんか」
「言わん」
「何て言うん?」
「心臓がドキドキする、や」
中の内臓を指すのね。
じゃぁちゃんと表現しなさいんか。胸やから『ドキドキする~』でええねん。心臓を出してくるんやったら『心臓の拍動が自分で感じられる状態になってる~』て言いなさいんか。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2015-01-11 01:38 | +in much guy+ | Comments(0)  

冷やして食べごろ!

「わ~~~~~っ!冷蔵庫で冷やすと浮き出てくるシールの絵が室内で浮き出てる~~~~っ!!!」
「ちゅうことは、この部屋に冷蔵庫のモン持って来ても腐らんっちゅうことやな」
「なんで?なんで冷蔵庫のモンをこっちに持って来ようとすんの?なんで冷蔵庫にあるもんを出そうとすんの?そっちの発想じゃないよ?こっちが入るんやで?人間が冷蔵庫に入ってるのと一緒、ちゅうことや。だからどうりで寒い、ちゅうことや」
「あ・そっちな~」
痛いイタイ。
こんだけ寒いといろいろと痛いわ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-12-18 23:22 | +in much guy+ | Comments(0)  

ぴよぴよ

「ヒヨコって言ったら何やと思う?」
「黄色。」
「いーや、そうやけども…それもあるけども…」
「黄色。」
「そうやけど、黄色やけども…」

○○と言えば?の答えはいつだって直感やないか。
ヒヨコと言えば黄色やないか。
誰だって黄色やないか。

「何よ?正解は」
「正解とかそうゆうのはないけど…例えばヒナとか、卵から生まれるとかさー」
「うーん…ヒヨコと言えば…♪ヒヨコのひよこっこはひよこのこ~♪冠婚葬祭ベルコやな。」
「あ。まぅに聞いたのが間違いでした。」

ごめんごめん、間違えた。
♪ひよこのひよこっこはひよこのこ~♪は、布亀のきゅ~きゅ~ばこ~、やったわ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-12-06 23:37 | +in much guy+ | Comments(0)  

最近の商品名に便乗して

「見て見て、このパン。おもしろくておいしいからお気に入りだけど高いからたまにしか買わないの」
d0137326_22315877.jpg

「剥がれんねん」

おいしい牛乳

とろけるプリン

さけるチーズ

剥がれるパン
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-11-30 22:31 | +in much guy+ | Comments(0)  

歌い出すのさ

♪しみじみのめば~しみじみと~ぉおぉぉお~~~~~♪

「なんで?」
「なんや?アカンのか?」
「いぃや?アカンことはないで?」

18歳の朝の鼻歌のレパートリーに八代亜紀の舟唄が入っているとは思わなかったもんでおかーさんちょっと確認しちゃいました。何の手違いもなかったみたいでスイマセン。ダンチョネー
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-11-21 10:54 | +in much guy+ | Comments(0)  

でっかく そしてなが~~~~~~く

いえ~~~~~~~~~~~い じゃないんだよね

d0137326_17174155.jpg


いえい~~~~~~~~~
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-11-12 17:18 | +in much guy+ | Comments(0)  

1111

「11日はポッキー&プリッツの日やねんで」
数日前からヒー坊が、11月11日のポッキー&プリッツの日を告知して来る。
「ポッキーかプリッツかで言ったらどっち派?」
「どっちでもないけど」
「え~~~じゃぁポッキーかプリッツかトッポなら?」
「トッポ」
ココで答えとかないと長細いお菓子の選択肢がバンバン増えそうだからな。

「とうとう明日はポッキー&プリッツの日やで~」
「我が家の11月11日と言えばおばーちゃんの誕生日というイベントがあるやないか。ポッキーやプリッツを祝うよりもよっぽど祝わなアカン行事や」
「そ…それはそうやな…。じゃぁおばーちゃんにポッキーを買って贈ったら?」
「誕生日プレゼントはもう買ってあります」
「じゃポッキー『も』あげたら?」
「どうしてもポッキーを絡まさなアカンのか?」
「いや…そうゆうわけじゃぁないけど…」

11月11日は我が家ではおばーちゃんの誕生日です。
グリコではポッキーとプリッツの日かもしれませんが、我が家ではおばーちゃんの72歳の誕生日でございます。
すいませんけど、我が家ではそうゆうことですんで。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-11-10 21:24 | +in much guy+ | Comments(0)