カテゴリ:+ミルニング+( 124 )   

おつかれさま   

2016年 07月 25日

阪急電車に乗ったら、乗り換えの塚口駅で私たちを待ち構えるカメラに出くわした。
「あぁダメダメ写真は事務所を通してくださいよ、組事務所。」
という25年前のギャグでもかまそうと思ったら、なかなかの年齢幅の撮り鉄たちがカメラを構えるわ、女性までスマホをかざすわ、ファミリーが見るわ見るわ。

「見てヒー坊、なんやろう?子供から大人まで。この電車何か特別なことあったっけ?」
伊丹から乗って来た時には気付かなかった何かが、途中で搭載されたとか?それはそれでビックリするけど。
「むっちゃ撮ってるやん、何やろな?」
降車してもわからない。
「わからへんな。何があるんやろ?」
いつも通りのあずき色に見えるし、ラッピング車両でもないし。

「あのコに聞こうかな」
前の方でカメラを構えている推定中学生男子に近寄ってみると、理由がわかった。

d0137326_21592656.jpg

「あぁ…有終の美を撮ってたんかぁ」

d0137326_21592852.jpg
おつかれさまという文字の持つイメージってすごいね。
伊丹で乗る時はバリバリの現役感があって30半ばくらいやってんけど、塚口で急に65歳に見えるんやもんな。

乗車時間6分、軽く時空を超えたよね。





[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-07-25 22:00 | +ミルニング+ | Comments(0)

深い闇   

2016年 07月 10日

深い闇を感じる貼り紙やポスターがある。
わざわざこうやってポスターにする、貼り紙にする、その必要性があるというところに。

女子トイレの個室にDV被害を気付かせる貼り紙は随分と前からあった。
それはわからんでもないと思う。
パートナーからDVを受けている自覚が女性のほうに無い場合が多いからだ。
直接的な暴力を振るわれているケースでも「私が出来ないから怒られている」「私が暴力を振るわせてしまっている」とその原因が自分にあると思わされているパターンで発覚しにくい。
夫婦間の問題であるために第三者が関与しにくいという難点もある。

しかし公共の場での明らかな暴力は、すぐに発覚するものだ。
少なくとも私はすぐに発覚するものだと思っている。
そうゆう世の中だと思っているのは私だけなのだろうか。

滅多に乗らない電車の、構内で、こんなポスターを見かけた。

d0137326_12590558.jpg

暴力撲滅ポスター

d0137326_13000692.jpg
暴力は犯罪です。
わかっている、当然だ。

d0137326_12593500.jpg

他人のネクタイを引っ張って暴力にならないシチュエーションがあるなら教えて欲しい。

d0137326_12595058.jpg

他人に頭突きをして暴力にならないと思っている大人がいるなら教えて欲しい。

d0137326_12595205.jpg
他人にビールをかけて暴力にならないシチュエーションは優勝した野球チーム以外にはないと思うが、あるのなら教えて欲しい。
d0137326_13005115.jpg

お気付きだろうか。
これらの暴力を受けているのが、すべて駅員さんであったことに。

全国の酔っ払いよ、酒を呑んでいるからといって暴力が許されるわけでないことを肝に銘じよ。






[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-07-10 13:02 | +ミルニング+ | Comments(0)

今は痛んでも大丈夫   

2016年 04月 19日

平常心って大事やなぁ、と思う。
どんな局面でも平常心を保っていられるひとって、精神的に強い。
それが見た目に「落ち着いている」ということではなくて。
いつも通りのその人らしさでいられるという意味で。

熊本の地震があってすぐに、安否確認をした宮崎の親族や友人たちはみな無事なようだけど、叔母が数日間ぐんぐん心を痛めていた。自分がすごくお世話になった熊本の友人が避難生活という状態なのに、自分は何も出来なくてつらいって。すごく友人に助けてもらったのにこうゆう時に何もしてあげられない、と。

天災に遭うと人間の無力さを痛感する。
人間のちっぽけさを知るのが自然災害だと思う。
感じ方はひとそれぞれで、ちっぽけさを感じないひともいるとは思うけど、多くのひとの落ち込むきっかけになる。

出来ることはマメに連絡を取って話を聞いてあげることだよね、それしかないよね、と言い合った。被災地で入ってくる情報に、目にする情報に、良い報告はあまりない。気が滅入るのも時間の問題だ。そんな時、いつもの友達がいつもの場所からいつものように接してくれたら、不安な心に「大丈夫だ」という小さな小さな核が落ちるのだ。真珠貝の中の核のようにね、ゆっくりゆっくり「大丈夫」が層を作って塊になる。大丈夫の層を作るのは自分でも、その核を苦境の中で自ら作るのは難しい。誰かがポトンと自分の中に落としてくれるなら、どれだけありがたいことか。
「核を落としますよー」とわざわざ本人に気付かせる必要はない。
いつものように接することで、本人が気付くようになっている。

弟の子供が突然亡くなった時、家族の心は痛みに痛んだ。関西に帰る飛行機に乗り宮崎上空に離陸した時、精神的によっぽどボロボロだったのだろう、私は鼻水が垂れ流れるほど泣いた。自分自身、しばらくダメだなこりゃ、と思った。
約1時間後、大阪空港に着くと、1週間前に乗った時とまるで変わらない世界がその場にあったのだ。
この1週間で、私は考え方まで変わった。1週間前の私ではなくなっている。それほど甥っ子の死が痛い。それなのに、大阪空港が何も変わっていない。人間がひとり死んでいるというのに、それがどんなに大切な家族であっても、世の中はこんなに変わらないものなのか、と感じた。

迎えに来ていた夫が私を見て「ヒドい顔やな」と言う。そう弟とも言い合ったな「ヒドい顔してるね」「アンタもね」

私はこんなに悲しいけど、関西でこの悲しさは私以上には続かないのだ。なんと世の中の公平なことよ、私の悲しさもだんだん癒えていくのだな、この日常が私にも戻るのだな、あのコたちにも戻るのだな、そうか、大丈夫なんだな。

必要以上に心配したり無駄に不安になるのを、私たちはジョークにしてきたから、不謹慎だと言われようが笑って過ごすことにしよう。
それが私の平常心だと思うし、それが誰かに落とす核になるはずだから、私はいつも通りにフザけていようと思う。

阿蘇で大学生が亡くなったニュースを知って、同じ大学生のチョモが真っ先に浮かんだと言うひーね。
とんでもなく不安が押し寄せている模様。
同じく大学近くで独り暮らし中のチョモにメッセージ。

阪神淡路大震災もあったし、なにがなんでも生き抜いて!

…大阪、ですけど。
チョモから「オマエも頑張れよ」というメッセージが来てウケたと言う。
阪神大震災出してきても、あのコ、震災後に産まれてるよ。

いつもより優しく突っ込んであげる。
震源地は九州ですよ、九州から「生き抜いて!」て言われたら「オマエや!」て、なるよね。

この突っ込みに「言われてみれば…」とひーね大爆笑。
ここ数日の憂鬱が吹っ飛んだと言っていた。

ほらね、相変わらずのひーねだし、相変わらずの私。
私たちはこうやって日常に戻るんだよ、大丈夫。
今は心を痛めても大丈夫。
目と耳だけちょっと塞いで過ごそう。
心まで塞がなくてもいいようにね。





[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-04-19 02:49 | +ミルニング+ | Comments(0)

それが親族   

2016年 02月 28日

「ほーら!アンタたち!外から帰ったら手洗い・うがい!」
「は~い」
「それが風邪のモトよ!」
「じゃ~やらなーい」
「ちがう違うちがーう!手洗いとうがいが風邪にならないためのアレよ!」
「アレってナニ~」
「アレよね…モトよ。」
ひーねってこうゆうのしょっちゅうあるんだよね、言いまつがい。
言いたいことはわかるから日常に支障はないんだけどね。
「アンタ、ひーねにシンパシー感じるやろ?」
「シンパシーって?」
「同じモノを感じるやろ?」
「あ~ぁ…」
感じてないのか?
本人ではない私がこんなにもデジャヴかと思うくらいに感じているというのに。

「ちょっとーダウンの袖口が濡れてるんだけど」
「ンフフフフ~」
「笑ってごまかそうとしてるやろ?」
「そうよ。」
「言い切ったな」
「ンフフフフ~」
だんだんサザエさんみたくなってんな、ひーね。
祖父母宅である小林市連泊中、家事の全てを担ってくれていたひーねが、なんせ盆地で激寒なもんだから、茶碗を洗うのに私のダウンを着た模様。
そして袖口を折ってまくっていたはずなのに何故か袖口を濡らすというミラクルが起こる。豪快すぎるんじゃないか、ゆすぎが。
「私が着るより似合ってるよね、ひーね」
「そうよ。もともと似合うのよ、パーカー」
ダウンだけど。
フードだけをとって似合ってると言ってるわけでもないし。
「ねぇ、かえことしようや。そのダウン、私ぜんぜん似合ってないからさ」
高級品を長く着るタイプのひーね。
さて、どれ出してくるかな。
「う~~~ん、コレは?」
「いいねぇ。あのさ、最初に私に似合わないからいらないって言った白ってあれドコの?」
「ワールド」
「それもいるいる、売ろ売ろ」

d0137326_18231722.jpg
2着(6万円相当)と交換した私のもらいモノのダウン。
わらしべの元手ナシだからね。

「こうして、こう・こう。」

d0137326_18231941.jpg
何に使われるかわからないまま、借金ポーズをさせられるタカボ。
言いなりになる、それが親族。

このあとですけどね現在、仕事中の巻き込み事故により、親指切断の憂き目に遭っております。

d0137326_18232181.jpg

こんな写真をLINEに貼ってくるのに状況説明なんて一切しない弟。
そして指がちぎれかかってんのに仕事をしていて電話に出ないタカボ。
どうなってんのかな~、指、まだちぎれてないのかな~。

この災難を、ちょうど「ひとのためになる座談会をしよう」キャス配信中だったくっちゃんに言うと、ためにはならなかったようで、くっちゃんの名言が勃発。
「俺以上に俺のこと好きなひとが現れたら俺結婚するわ」
だからか、くっちゃんが結婚出来ないの。
そんなひとがくっちゃんの前に現れた暁には「最大のライバルは俺だからねぇ」という名言2まで飛び出す。それを標準語で言い放つところが絶妙に名言に彩りを添える。東京弁マジック。ドラマのセリフみたい。
工作中だったくっちゃんは、何かええことを閃いて叫ぶ!
「さすが俺!やっぱ俺、オレのこと好きだわ~!」
自分好きが止まんないね!
ココだけを切り取って文章にすると、あたかもくっちゃんが病的ナルシストのようですが、くっちゃんは正常なんですよ。
「自分を頑張ってここまで成長させてきてるんだぜぇ?俺、年々素敵になっていくに決まってんじゃ~ん!」(名言3)
ね?自分に何も学ばせず成長させんといてからに自分のことだけが好きなひととは違うでしょう?

「こうして、こう・こう。」

d0137326_18232338.jpg
何に使われるかわからないまま、借金ポーズをさせられる、言いなりになる、それが親族。

ココロの借金はみんなで背負いましょうね。
それが親族です。





[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-02-28 18:31 | +ミルニング+ | Comments(0)

キャピタルのベネズエラ   

2016年 01月 15日

ベネズエラの首都カラカス。
普通に歩いているだけで銃を突き付けられ金を出せと脅される恐れのある治安の悪さ、カラカス。
平和ボケした日本人にとってそんなデンジャラスな街カラカスの中でも、ひときわ立ち寄ってはいけない場所、それがバスの停留所。
世界の危険な国の住人たちがクチを揃えて「あそこにだけは行かない」と言うスポット、カラカスのバス停留所。
に、立ち寄らざるを得なくなってしまったキャピタル。
なぜか。
それはキャピタルの旅がかいつまみプランだから。
ノープランではないんだけど、ハーフプランくらい。
ベネズエラにある世界最大落差の滝エンジェルフォールに行こうという予定はあるものの飛行機がドコから何時に飛ぶという下調べはしない、という行き当たりバッチリ旅。運任せ。危険な国に行くことがわかっているのにほんのり無計画で飛行機に乗るワイルドなキャピタルは、腕の一本もがれることや、胸に一発の弾丸を喰らうことくらいは覚悟の上で行ったらしい。
そんな無責任な…年明けアナタの授業を我が息子は心待ちにしているというのに。
ん?逆かな?責任感が強いのだろうかキャピタル。
命は助かる予定で行ったみたいだからな。腕は失うが命だけは助けてもらう、胸の弾丸は急所を外れる、一命は取り留める覚悟。…そんなことキャピタル側が決めてどうにかなるもんなのだろうか。
しかしなんとかかんとかどうにかなったみたいで、無事に授業してるんだけどね。腕も2本あり、胸に穴も空いていなかったとの息子の証言があるから、覚悟したような惨事は起こらなかったようである。

エンジェルフォールに向かう飛行機がもうカラカス空港からは出ていないと言われ、違う空港へ向かうのにカラカスで最も治安の悪い立ち寄ってはならないマフィアも避けるバスの停留所に行くことになったキャピタル。デンジャラスオブデンジャラス。もうデンジャラスな匂いしかしない。

バスの停留所に群がる人だかりからスリに遭うと予想したキャピタルはタクシーを使い空港へ向かった。向かおうと考えたことが、足を向けたことが、不思議でならない。寸前での危険回避能力に長けたキャピタルだが、すでにカラカス空港で日本円にして約7000円を強奪されている。

カラカス空港に到着したら銃を持った軍人に基地まで連れ去られ、荷物を出せと言われて荷物の中身をぶちまけられたそうな。ベネズエラの通貨ボリバルはその価値が第二のジンバブエドル。今はまだ最大の単位が100ボリバルだけど、国の政策に問題があって経済破綻、バンバンお金を刷りまくっているのでインフレ紙幣になる日も近いとの声が濃厚なボリバル。

ちなみにこちらが紙幣としての価値がないも同然の超インフレ紙幣ジンバブエドル。

d0137326_01374293.jpg

たまに日本の観光地などで記念写真を撮った時に、その額縁が1億円札になっていて仕方なく買わされるという羽目になることがあるけど、その2倍の額面となっております。これでもまだゼロの数は少ないほうで、上の額面があるんですよジンバブエドルには。ゼロの数を14コもあしらった100兆ジンバブエドルが最高額です。日本円に換算して0円。1円の価値もありません、それがジンバブエドル。2400円で買ったけどこの紙切れ。

ジンバブエドル同様ボリバルにも既に価値は無く、狙われるのは観光客が持ち歩く米ドル。もはや警察は何かにつけてお金を要求してくるみんなの敵。そんな中、軍人だけがまともなワケはありませんね。武力で私腹を肥やしておりますお察しの通り。

そんな私腹軍人に狙われたキャピタルは、荷物の中の財布の米ドルに目をつけられました。しかーし海外旅行経験豊富なキャピタルは、米ドルが狙われることなど想定内。ズボンの内側に縫い付けた隠しポケットや、お菓子の中に隠し持って米ドルを分散所持。その結果、財布に入れていた7000円相当の米ドルをスられただけで済んだわけです。

米ドルの枚数は数えていたので、軍人に7000円スられたことには直ちに気付きましたが、それを指摘して口を封じられては日本に帰ってくることは出来ません。空港では、観光客役の男が手錠をかけられて「オギャーーーーウンギャーーー」と明らかにウソ泣きをかまし、基地から空港まで後を付けて来た軍人がその様子をキャピタルに見せつけ「オマエもこうなりたいか?」と囁きました。とさ。

確実に米ドルを強奪するためここまでする軍人の在りように、心の貧しさが見て取れる。この国は、国民を幸せにするつもりはあるのだろうか。国民の幸せの本質とは何かを優先した国の施策があれば、国民は国を愛することでそれに応えるものだ。民はそれぞれの方法で国のチカラとなる。技術がある者は技術で、頭脳がある者は頭脳で、良心がある者は良心で。国が腐ると国民も腐る。国はいかなる状況下でも国民に学ばせる責任があるのだ。

7000円で命が助かるならと指摘をせずに無事に五体満足で帰国を果たし、その体験を語って生徒に人間の心理の多くを学ばせたキャピタル先生のように、かくあれかしベネズエラ。





[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-01-15 01:59 | +ミルニング+ | Comments(0)

2016年は平成28年です   

2016年 01月 10日

初詣、行かれましたか。

ここ数年、中山寺から清荒神までの間に売布を挟んだ三社参りをしておりますが、去年は雪まで降ってきて極寒の中の初詣でしたが、今年は暖冬も暖冬で途中でアイス食べようかと思いました。思ったダケですけどね。

中山寺のお食事処で「こちらの番号札でお呼びします」とポテトひとつに番号札を渡されました。

d0137326_02322008.jpg

札の範疇を超えてるなァ…
コンパクト化が大好きなニッポンで、番号札と図書館の活字は大きくなっていっていますのでご注意くださいね。

「これさぁ…犬やんな?」
「イヌやんか」

d0137326_02322294.jpg
「犬か?犬かな?なんかおかしいやんか…」
「ん?確かに。イヌっぽい何かやな」
「やろ?なんかヘンやんな?ドコがどうおかしいかは言えへんけど…」
「見れば見るほどイヌじゃなくなってくるなぁ…このへんではコレがイヌとしてまかり通ってるってことか…」
d0137326_02322360.jpg
「何がおかしい?耳かな?耳だけ色が違う犬はおらんのかな?」
「耳の色だけ違うイヌがいたとしようや。耳の位置がおかしんじゃない?」
イヤーマフみたいなぴったりフィットの耳がおかしいような気がする。
頭のテッペンがザキヤマなみに割れてるのがおかしいのかな。
腕だけ毛の質が違うのもおかしいな。
「言い出すとキリがないくらい、ちょっとずつの積み重ねで全体的におかしいんだけど、チラと見たらイヌってことでいいと思う」
「総合的に見てヘンな犬やな」
「そやな」

今年も私はたいしたことしない一年のような気がしてきました。





[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-01-10 02:35 | +ミルニング+ | Comments(0)

秋…それは藝術   

2015年 11月 05日

芸術の秋ですか、急に寒くなりましたけど。

小学生の『ずこうてん』が見たいのだけど、最近ではセキュリティが強化されまして誰でも小学校に入れるわけではありません。
それなので随分と『ずこうてん』を見ておらず、あの素晴らしい子供ならではの着眼点を発見出来ない昨今でございましたが、まァ私の目は濁ってございましたですね、高校生や大学生の中にもね、素晴らしい着眼点は存在致しました。オトナに近づくにつれ、失くすもんだと思っていましたが、くすぶっていたんでしょうね。それがこう…何かのキッカケでメラメラと燃えるんでしょうね。
そんなカンジがしました。

高校生最後のヒー坊の文化祭。
見に行くのはこれが最後になる予感のする大学1回生のチョモの学園祭。
どちらからも素晴らしき着眼点を学びました。

まずは高校から。

d0137326_15430137.jpg

ゆるキャラの人気投票。

d0137326_15432004.jpg

ノミネート数なかなか多い。
絞ってこれだけの粒ぞろい。
上位3種類とかから選ぶ感覚だったので、多すぎて迷いそう…。

d0137326_15435102.jpg
と、思いきや、私は即決でした。

d0137326_15441162.jpg
なんなんだ、このジッセンジャーのマッチョぶり。
お色気担当であるピンク不在。
ムキムキ一本でいくみたい。

d0137326_15443468.jpg
投票箱はなぜだか魚。
クチに入れるのね。
d0137326_15445196.jpg
こうゆう時に使用する新聞紙は、たいがいオシャレ度を演出するのに英字新聞を用いて工作するもんだけど、日本の新聞紙。

しかも、株価欄。

シブい、シブすぎる。

d0137326_15445396.jpg
新聞を購読しなくなって久しいけど、新聞でこんなにくだけた言葉を使うようになってるんだ…。

d0137326_15453039.jpg
ステンドグラスはトンボでちょっとグロテスク。

d0137326_15453312.jpg
でも、床はキレイ。


プリザーブドフラワーの展示。

d0137326_15455742.jpg
おわかりだろうか。

d0137326_15461231.jpg
ほら。

d0137326_15461457.jpg
ね?
d0137326_15461733.jpg

周りが鏡になっているから、写り込む。

d0137326_15461932.jpg
だから何だと言われたら…まァそれだけなんだけど。


d0137326_15471802.jpg
日本人ならやっぱ蕎麦だよね。

d0137326_15472044.jpg
中華でした。
まぎらわしいな、オイ。


d0137326_15473127.jpg
本格は本格でも何が本格って。

d0137326_15482834.jpg
ニワトリっぽさが本格的。

d0137326_15473423.jpg

浮世絵に描かれているひとに喋らせる、斬新なポスター。

d0137326_15473652.jpg
授業中は寝ない…当たり前のことだけれども。

浮世絵に混じって急にセーラームーン。
折檻よ!ゆぅてるから、火星にわかって御仕置きをするセーラーマーズですね。
百歩譲って、月から御仕置きされるのはよしとしようや。
地球人の月面着陸を機に月にかわって御仕置きされても仕方ないと思う。
でも火星にかわって折檻される覚えはないからね。
ま、しゃべらなきゃいいだけではあるけど。

日常の書

d0137326_15492824.jpg

伊丹市は清酒発祥の地です。

d0137326_15493033.jpg
筆にもとうとう横書き。

d0137326_15493268.jpg
とんこつらあめん人気におかずラー油、食生活の偏りを感じる配置。
d0137326_15493587.jpg

直火ってこんなにメラメラした字体で書けるんだね。

d0137326_15493321.jpg
注文したくなる。
もうお品書きだよね。

1階にありまーす。

d0137326_15502842.jpg

保健室。

d0137326_15502940.jpg

入口にお知らせがぶら下がってるよ。

d0137326_15503196.jpg

えー…
保健室に来るくらい体調悪いのにぃ…
職員室に行けたらたぶん保健室には用事ないかもね。


では次に大学。

チョモの大学は春にも学園祭をやっています。
年2回。
ボーナスか。

d0137326_15513664.jpg

文芸サークルかな。

文字や言葉で表現をするサークルだろうから、誰よりも正しく言葉をチョイスしないとねぇ。

d0137326_15521033.jpg

クソだそうで。

d0137326_15524110.jpg

五言律詩のようで三句足らない、確かにクソだな。

d0137326_15524618.jpg

明日から本気出さないと言ってるような今日に本気を出しているわけがない。

d0137326_15514184.jpg
d0137326_15513947.jpg

思った以上にクソだ…。


心理テスト。

d0137326_15514642.jpg
青い鳥だって。
d0137326_15514423.jpg

ツイッターだな、なぜか。

秋の学園祭の文芸テーマはモヤモヤ感なのかな。
壁面には、意味がわかると怖い小咄が貼ってあって、上の紙をめくるとオチの部分が読める仕組み。
うーん…どの作品も、わかることはわかるし怖いっちゃー怖い感じだけど、どうもスカッとしないんだよなァ。
怖い話だからスカッとしなくてもいいのかもしんないけど、スカッと怖いと、なお良いと思う。

「おほぉほほぉ~コレはうまい。これが一番うまい」
「え…これ…?ボクなんか意味がわからん…」
「オマエは本を読め、本を。」

ハッキリと覚えてるわけじゃないから一言一句正確な表現は出来ないけれど、秀逸作品の内容はこんなカンジ。

私は仕事で電車に乗る。
そしてその電車では見たくないものが見えてしまう。
今日も目の前に女性が現れた。
まただ、気が滅入る。

ほら、怖いでしょ?

「私」が乗客とは限らない。





[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2015-11-05 16:02 | +ミルニング+ | Comments(0)

ゆとりモンスター   

2015年 07月 02日

大学生のチョモが朝「俺、今日泊まってくるから」と言うので寝ぼけ眼にハイヨ~という気のない返事をした。
昼に一人暮らしのマンションの契約をするのに保護者の所得や勤務先を訊くから答えられるようにしといてや、とも言うので半分眠りながらヘイヨ~という返事もした。
だってその日、私は仕事が休みだったのだからゆっくりと眠っていたくて。
生返事ではあったけれど、ちゃんと聞いていたから心配するでない。

すると昼に宣言通り勤務先や所得を聞き出すメールが入ったので、若干多めに所得を申告。社会的信用が必要かと思って。するとすかさず「盛った?」と返事が来た。息子が信用しないとは心外やな。おまえの計算のほうが正しいことを認めよう、残念なお知らせでした。

早ければ夕食の準備を始めようかと思う18時過ぎ、もともとのんびりと夕食を作るつもりでいたのでこの時間でも夕食の準備は何もしていなかったのだが、チョモからメールが届く。

今日ご飯いらんわ!


「チョモが今日ご飯いらんわゆぅてんで。朝に泊まって来るって言ってなかった?」
「言ってたな」
「その時点でご飯いらんことぐらいわかってるよな?アホちゃうか」
「泊まるねんけど、一旦、ご飯食べに帰って来るつもりやったんちゃう?」
「そうなるとだいぶアホやけどな」
1時間半かけてご飯を食べるために帰り、また1時間半かけて泊まりに行く。何がしたいんや。泊まって来るんやろ?と教えてやると思い出したようだ。

今まさに私はゆとり世代と仕事をしているが、2日連続の当日欠勤をして挙げ句に会社に電話一本よこさずまた寝坊遅刻。いつまでも来ないので電話をすると、まだ寝てたという非常識さである。
自分の欠勤のために代わりに出勤をしたスタッフに対して感謝の言葉もなければ、連絡もせず遅刻や欠勤を繰り返すことに対する謝罪の言葉ひとつもない。
ええかげんにせぇよ、ひととして、だいぶおかしいやろ。

ゆとり世代のすべてがモンスターではないだろうけれど、身近にこんなモンスターがいるので、ガッツリゆとりである我が子たちを思うと、言ってやらねばと思う。

おまえら、社会に出た時に仕事上の連絡をLINEやメールで取ろうとするなよ。
言われているウチが華やぞ、言われなくなったら終わりと思え。
ダメな人間になって欲しくない、言えばちゃんと理解するチカラがある、聞く耳を持っている、と思うからこそ言うのである。
育てる価値のある人間だと思うからこそ、育てるのである。
言う価値もなし、と思われたらおしまいということだ、肝に銘じろ。





[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2015-07-02 08:57 | +ミルニング+ | Comments(0)

TO YOU   

2015年 06月 04日

ねぇ奥さん、梅雨入りですってよ。
まぁ大変、洗濯モノが乾かなくって困っちゃう。
コインランドリーが遅くまでやってるじゃないの。
あらヤだウチのドラム式洗濯機ったら乾燥機能付いてたわ、アハハハハ。
そんな主婦たちのざわめきが聞こえてきそうな梅雨入りが発表された今日をいかがお過ごしでしょうか。

「結局さ、ゆうべ何が食べたいか言わへんかったやん。買い物とかあるからギリギリじゃダメだっつったろ?」
「あぁ…そう言えば忘れてたなァ…」
「で?何すんの?どれリクエスト?」
「んん~…ん~…」
末子ヒー坊の18歳の誕生日。
満18歳。とうとう結婚出来る年齢になったのだ。
明日にでも結婚していいぞ、同意書なら書く書く。
ヒー坊はもう児童福祉法の定める児童ではなくなったので、今後の手帳の更新やその他のサポートの窓口が変更されることだろう。
児童ではないが未成年なので親の管理下にありまだまだ私のやることはありそうだが、ひとまずは自立の一歩が始まったというところだろうか。

「あれかな。コーンを卵で巻いた、みたいなヤツ」
「…何それ?」
「えー?アレやんか。卵とコーンの。マヨネーズの。」
「そんな料理、作ったことないけど?マヨネーズがかかってるん?」
「卵ひいてーそこにコーン乗せてマヨネーズやって、パタン、て」
「へ?!マヨネーズ、中なん?!出来上がってマヨネーズかけるんじゃないん?!」
なんなんだ、その私の記憶にないメニュー。
作ったとしても1回しか作ってないな、ソレ。
どうしてそんな馴染みのないヤツをリクエストするのだろう。

「ベーコン入ってた?」
「いやぁ…入ってなかったと思うけど…」
「えー…何か塩っ気のあるモンが入ってないと味しひんと思うねんけど…」
「塩入れたらええやん」
「塩そのものを入れるのとベーコンの塩っ気では味が違ってきますけど」
「ええー…じゃぁ…入れる?」
新メニューちゃうねん、食べたいモノのリクエストや。
ないんか、日頃私が作っててコレおいしいなァ~ていう、そうゆう逸品はよ、ないんか?あ?

ないみたいで、どんな食べ物だったのかを聞きながら『コーン卵巻き巻き』を作ろうと試みたが、ヒー坊本人が思い出せず「バターコーンでいいや」とメニューを変えた。よかったよ、お前の希望を無視してビビンバとミネストローネを作っておいて。急にサイドメニューに変更になるとは思わなかったけど。

去年から同じケーキ屋さんで同じ誕生日ケーキを買っているのだけど、4月のチョモの誕生日にはそんなこと訊かれなかったのに、今回はお店の女性が「おたんじょうびおめでとう」をひらがなにしますか漢字にしますか、と言う。漢字なんて書けるのか?15画だけど『誕』いけるのか?と思って、漢字でお願いする。

d0137326_00180835.jpg

私の腕をもってすれば40本でも50本でも4号(12㎝)のケーキに挿せるで、ロウソク。

d0137326_00181109.jpg

漢字だけど、お誕生日と読めるように脳内変換するタイプ。
読めるけど書けない漢字ってのがあるけど、新ジャンル『雰囲気で読む漢字』






[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2015-06-04 00:22 | +ミルニング+ | Comments(0)

兼ねまして   

2015年 02月 02日
朝ごはんと昼ごはんを兼ねて11時くらいに食べる食事のことをブランチと言う。

それならば昼ごはんとティータイムを兼ねて2時くらいに食べるのをランティーと呼ぼうではないか。

ブランチは、どっちもの間をとった食べ物と考えたとしても、朝か昼かの別があるだけでどっちもごはんなわけだし、何を食べても正解という感じがする。
問題はランティーのほうだ。
これは正解を導き出し難いぞ。
昼ごはんとおやつをシェアするわけだから、正解ゾーンが狭まっていることが予想される。漠然と「軽食」であることはわかるが、ここにピラフは持ってこれないだろう、それではおやつ感が完全に負ける。だからといってうまい棒だと昼ごはん感は皆無だ。
そう考えると、ランティーにぴったりなのはハニートーストだと思う。
うん、ハニートストでいこう。別に店を開くわけでもないけど。

それでは、おやつと夕ごはんを兼ねて5時半くらいに食べるのを夕間食と呼んだ場合はどうだろう。ブランチ・ランティーときて急に夕間食ってのがネーミング的に和風限定の印象を与えかねないので、ティータイムとディナーで「ティナー」にしてもいいよ。でもそれだと「ディナーでしょ」て訂正される確率が上がると思うよ。オカンがハーゲンダーツやタイムメリットと覚えてるくらいのカンジになってしまうので、あえての夕間食でいこう。

夕間食となるとガッツリとしたおやつ感が求められるが、そんなおやつはあるのか。夕食という重量感とおやつという手軽さを兼ね備えたそんな食べ物はあるのだろうか。

そろそろ諸賢はお気付きであろうことと思う。
そう、ブランチランティー夕間食を食べた場合、それはもう三食である。
時間がズレた朝食と昼食と夕食なのだ。
兼ねてない。
新たなる問題である。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2015-02-02 08:43 | +ミルニング+ | Comments(0)