どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

カテゴリ:+難℃ set key+( 17 )

ギリ女の深津絵里とギリ男の菅田将暉、の目。

菅田将暉が深津絵里に見える。
深津絵里が菅田将暉に見えてるのかな。
まァどっちゃでも言いたいことは同じことのような気がするけど。

深津絵里が雄々しいのか、菅田将暉が女々しいのか。
深津ラインと菅田ラインがあって、このふたりには確かに境界線があるんだけども、ふとしたことでその境界線が交叉する。その交わる点でふたりはじっとしているのだ、騒がす焦らず歩を進めもしない。どちらかがどちらかに似ていても、それがどっち寄りなのかはハッキリしなくて、深津絵里が菅田将暉に似てるでも正解だし、菅田将暉が深津絵里に似てるでも正解だし、丁度中間のどっちでもなくどっちでもある位置に寄っていっているのだ、ふと似ている瞬間のふたりというのが。

目鼻立ちが似ているのは基本的にそうなのだろうが、このどちらでもなくどちらでもある似の決め手は、目。落ち着きっぷりが初老と言おうか、肝の据わりっぷりが老年期に突入していると言おうか、精神性の成熟度が高いのだろうそういう、目。

目線の使い方が、ふたりはもの凄く似ているのだ。
奥底に流れる静寂さが感じ取れる目線。
動か静かで言えば完全に『静』なんだけど、躍動感のためにある静である。
存在感のある無なのである、このふたりは。
台風の目。その、目。

場面場面に応じての表情の使い方が台風の目を中心に周りをかき乱して仕方のないふたり。

d0137326_18165842.jpg

性別が違うのにもかかわらず髪形が似ているだけでこうも雰囲気が似てしまうのは、目線の使い方が似ているからなのだ。
d0137326_18165472.jpg

d0137326_18184402.jpg
目のそばに手を持って来た時の目のチカラの抜きかげん。
d0137326_18184168.jpg
d0137326_18232834.jpg
遠くを見る場合
d0137326_18231274.jpg
d0137326_18241198.jpg
二次元に入る場合
d0137326_18240787.jpg
d0137326_18243340.jpg
正面を見ているようで見ていない視線
d0137326_18243013.jpg
d0137326_18251850.jpg
視点が定まっているのに、なぜかそれを通り越す目をする。
d0137326_18251451.jpg
d0137326_18252469.jpg
若干、視線が上の場合。
d0137326_18252121.jpg

d0137326_18253178.jpg
ガッツリ上目使い
d0137326_18252856.jpg
いかがだろうか。
目線に注目するとふたりが同一人物にさえ見えてくる。
d0137326_18315295.jpg
このふたりはもう性別を超えた人間なんじゃないだろうかと思い、深津絵里の男装と菅田将暉の女装を画像検索で探してみた。
d0137326_18320050.jpg
深津絵里の男装(15歳)

d0137326_18315610.jpg
菅田将暉の女装(21歳)

・・・とくに性別は超えていなかったようである。







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2017-11-17 18:40 | +難℃ set key+ | Comments(0)

1年ぶりの船旅でゆらゆら行って帰るまでの期間はきっとベッキーもゆらゆらさ

とうとうPCがご臨終かとお察しいただいた皆様、予想に反して案外、息が長いです。PCの調子も私の調子も悪くなく、絶賛、遊び呆けておりました。一足先に春なもんで。

1年ぶりにおふねに乗ってゆ~らゆら、宮崎帰郷です。
もうね、大時化でね、翌日まで船酔いが止まらない。
おふねの上ではフザける気力が出せないほどでした。

去年おふねに乗って神戸港を出る時に、フェリー乗り場ってなんて辺鄙なところにひっそりとあって物哀しいんやと思いましたが、今年は違います。なんせ去年の教訓があるからね。

「去年さァ神戸港が辺鄙で何もないとか思ってたけど、都会の港やったよな。あの寂し過ぎる宮崎港から比べたら辺鄙やと思ってゴメンくらいの。視野が狭いって損してるよな」
「それな」
無知による視野の狭さにはご用心。


都会の神戸港を出発。

d0137326_00364812.jpg
これを都会と感じないアナタは、どうかしてらっしゃいますわ。
d0137326_00364601.jpg
視野がお狭いみたいですのでお気を付けあそばせ。
宮崎港の景色を後程アップしますので必ずや御目通しあそばせ、開眼必至ですことよ。(最近マイブームの牡丹と薔薇口調。観たことないけど想像で)

行きのフェリーは2等の雑魚寝スペース自由席。
ネット早割での予約でそもそも格安予約だし、あと2000円プラスするだけで寝台になるからそうしてもええと思ったけど、宮崎でお金使うためにその2000円を節約しよう、とヒー坊が言う。帰りのフェリーが満席で2等寝台になっているから行きは節約、その2000円あれば結構なモノが買えるで、と。
女だったら主婦が天職だな、ヒー坊。
残念ながら男だからみみっちいていう悪評になるけど。

性別による評価基準の掌返しってあるよね。

不倫や浮気は男なら甲斐性のひとつで、女なら人間のクズ。
いま旬も旬のベッキーがいい例で、明らかに同罪かそれ以上のゲス川谷は仕事にはさほど影響が無く、ベッキーは叩かれまくって降板の嵐の末に休業。
同じ不貞なのに社会的制裁が男女で違うのは、不貞認識に関して男はアホだけど女は正常だからだよね。正常なほうが馬鹿な行動を取ると「何してんねん」の感情が煽られる。性的欲求や恋愛感情に関しては、男よりも女のほうに「賢明な判断」というのが求められる。

ベッキーだけが叩かれることに擁護の声もあがってるみたいだけど、事実は叩かれる原因を作った人間は2名いる、てことだ。誰がより悪いということは当事者が決めたらよいわけで、周りがとやかく言おうが言うまいが原因を作った人間は2名。

“何に関して”どちらがより賢明な判断を出来る能力があるかという評価基準で道徳観念を問うてくるのが世間である。男と女には役割分担的な意味合いで問われる能力の質に違いがあるわけ。ジェンダーフリーなんて言っていてもジェンダーがある以上フリーになんてならないのが現実なんである。男の失敗・女の失敗にしてもその質には違いがある。

しかし失敗した後の言動で人間性が問われることに、性差別はない。
男にも女にも同じように人間性が問われる。
その点で、私はベッキーの会見から人間性の良さを感じなかった。
31歳の女が判断を誤ったことに対しての会見として潔いとも思わなかった。
なにより感情の本気度が感じ取れなかった。
この場をおさめるためだけの言葉というカンジ。

何かしらの「自分の思い」を以って会見に臨むべき局面だと思うけど、ゲス川谷でなければという強い恋愛感情があるとも、謝罪の気持ちが溢れているとも取れなかったし、後悔や反省の色も見えなかった。事の重大さを理解している様子でもなかった。
ベッキーて賢いと思っていたのに、そうでもなかったのだろうか。
とても無意味な会見だったように思えたけど。

私が宮崎行きのフェリーに乗ってゆらゆら揺られている間に、会見を開いた後のベッキーを取り巻く環境は大いに揺れた。
事務所がベッキーの休業を発表したが、まだまだ揺れる予感がする。
私が帰宅するのにフェリーで揺られる頃に、ベッキーもまた揺れそうだ。

たとえ間違っていても「自分の揺れない思い」をガッシリと掴んでいるひとの言葉は胸に刺さる。
私には、ベッキーの会見の言葉はひとつも刺さらなかった。
今後の身の振り方を、頭でいくのか心でいくのか、しっかりと絞ってから発言したほうがよろしおすえ、ベッキー。
自分が納得出来ない言葉では他人を納得させることは不可能っつーもんである。

後悔は先に立たずと言いますでしょう?(マイブームのアレ口調)
航海は先に叩くんですの。

叩かれても叩かれても、幸いなことにベッキーにも平等に明日は来る。

d0137326_00415720.jpg
雲が分厚くでも日は昇る。
d0137326_00413390.jpg

この自然の公平さをありがたく感じるのなら、我を偽って生きるべからず。

集合場所に

d0137326_00472304.jpg

勝手に

d0137326_00472707.jpg
集合してみました。
d0137326_00480157.jpg
孤立することを覚悟の上で信頼を取り戻せる言葉を言わなきゃいけないんじゃないだろうか、ベッキー。
信じてくれているひとたちに向けて。

当然ですが風当たりは強いでしょう。

d0137326_00473577.jpg
でも大丈夫。
港に着くまで。
いずれおふねは必ず港に着くのよね。
おふねが山に登ることはないのよね。
おふねは川を下らないし谷も走らない。
そうゆうことなのよね。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-02-06 00:48 | +難℃ set key+ | Comments(0)

生意気ソウル航洋

最近18時台の参加型データ放送に夢中だ。

小学生向けデータ放送に参加するために、夕食の時間を早めたりなんかしている。ごはんも食べないといけないし、ゲームウォッチちっくなレトロ仕様のゲームにも参加しなきゃなんないし大忙しである。

お茶の間戦士と呼んでテレビの前のみんなをゲームの世界へと誘う大野拓朗が異様にアツい。私の中の大野拓朗のイメージは“なんかちょっとズレてる”だが『Let's天才てれびくん』という子供番組でも私のイメージを崩すことなくなんかちょっとズレている。
大野拓朗のこのズレはいったい何のズレなんだろう、と『世界の村で発見!こんなところに日本人』を観て研究しているのだが、あの番組は大野拓朗よりも世界の村に行き着いた日本人のほうが興味深くてそっちに気持ちを持ってかれてしまう。
天てれの大野拓朗もなんかちょっとズレてるにはズレているのだが、課長を演じているのでそのアツさがズレに味付けをしてるというか、下味をつけてしまっているというか…ズレがナチュラルテイストでないのでどうもいけない。

「あ。蝶野出てきた、ゲーム始まるな。チャンネル君取って」
「はい。」
「これ、どやってやんの?」
「決定ボタンで参加やで」
我が家ではテレビのリモコンのことをチャンネル君と呼んでいるが、他の家庭ではどうなのだろうか。クンと呼んでるくらいだから、性別は男、しかも未成年という設定の可能性が高い。家庭によってはチャンネルちゃんだったりチャンネルさんだったりして性別が女かもしれない。

「あれ?今日は蝶野は?」
「今日は木曜日やから蝶野教官は出てこーへん日や」
「教官なんや…蝶野って呼び捨てにしてゴメンやな。アンタよぉ知ってるな?」
「まぅがなかなか覚えへんだけやろ。月曜から木曜が天てれ。ほんで木曜日は茶の間戦士が茶の間から出て行く日やんか、生放送で」
「あぁ…あれか…集うか、茶の間戦士。出て行ったらただの戦士やけどな」
「で、金曜日がビットワールド」
「何それ?」
「まぅお待ちかねの番組やろ?ムカつくー!とか言って夢中やんか」
「え?あれ金曜しかやってへん?」
「そやで」
「すごいな…あのムカつきっぷりって長持ちするんやな…毎日見てるような気になってたけど一週間に1回しかやってへんねや」
「そうやで」
「そう考えるとスゴいよな。あのコのあのムカつきっぷりがそれだけキョーレツやねん」

データ放送のゲームよりも大野拓朗よりもいま夢中になっている少年がいる。それがEテレ金曜日ビットワールドの出演者の中にいる。

「なにこのコ。なんや、このコ。誰?名前が知りたい、何てゆぅの?」
「さぁ?」
ヒー坊にきーてみたけど、知らないようだ。
「ねぇ、このコ。この溢れ出る劇団臭が止まらないこのコ、何て名前?」
私は最初の視聴からこのハーフっぽい少年に夢中だ。
化粧と衣装が濃くてハーフの雰囲気になってるだけかもしんないけど、いぃや、でも純日本人のソウルでこの表情が出来る少年がいたら、私いまからでも遅くないから人生立て直したい。日本人の私にもあのソウルが宿っているのだとしたら、私もアピールしてみたい。どこに向かってアピールしていいかはわからんがなんとなくグローバルにやれそうな気がする。

「ビットワールド、で検索したら出てくるんちゃう?」
出て来た。
ソーズビーキャメロン航洋、ハーフだ。
2000年生まれの15歳。
子役あがりかァ…それで劇団臭がしていたんだな。

このキャメロン演じるゾースというナルシストの塊から目が離せない。
プロフィールによると身長が162㎝この成長過程の身長の丁度良さ。
高飛車なキャラらしくずっと高飛車に振る舞っているキャメロンは、頭のテッペンからつま先まで、本当に完璧にいちいちムカつく。表情・仕草・立ち居振る舞い、全てが完璧である。ただ立っているだけでも心からムカつく。片方の膝をちょっと曲げて立っていたりするのだ。なによりもキャメロンは日本人では使いこなせない肩を上手に使う。

「きゃはっはっはっは~見て見てゾース…あの顔…完璧にムカつくあっはっはっはっはムカつくーーーーー!」
成長途中でまだ小さめだということが生意気さを増幅させている。ハーフの顔立ちだけどハッキリとした二重目ではないところ、流し目をしながら肩を上下に揺らす様、ミュージカル調の演技やジェスチャー。全てが完璧である。いまはカッコイイとカワイイの狭間にいるキャメロン。
その狭間の彼が、私が思う自分をカッコイイと思って疑わないナルシストの言動を完璧にマスターしている、15歳で。
これはもう、理由がどうあれ目が離せない。
もし演技として研究しつくしてこのキャラを作り上げたのだとしたら役者として目が離せない。そうゆう演出を演出家が考えて演技を付けた、とかだったりしても、ココまで要求通りに表現できる15歳っているだろうか。
これが演技ではなく素だったとしても、それはそれで目が離せない。
芸能界で身に付くポーズがあって、複数台のカメラに囲まれた時の写真撮影で女優がやってるアレなんだけど、その芸能界ポーズに毒されてゆく過程をリアルタイムのお芝居仕立てで観てるカンジ。

キャメロンはスゴい。
こんなに隙が無くいちいちムカつくのに、なぜか笑えて明日への活力にさえなるキャメロン。

そう、今日は金曜日。
皆さん、乞うご期待!





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-12-04 15:48 | +難℃ set key+ | Comments(0)

田中家学級新聞

KAT-TUNの田口淳之介が脱退してしかもジャニーズまで辞めちゃうということで、ネットニュースがザワザワしています。
私は田口淳之介というひとをあんまり知らないので、…ちょっと今思い余ってエエかっこしました。もとい、田口淳之介というひとをまったく知らないので、ジャニーズ辞めるのも大変やのぅ~私なんてジャニーズ以外11回も辞めたのに誰にも報告したり詫びたりしたことない、と思っているだけでした。
しかし、急に興味が湧きましたね。
勝手に私の中で衝撃がハシったので模造紙一枚分に相当する学級新聞らいくにまとめていきたいと思います。


田口がジャニーズを辞めるにあたって、たぶんKAT-TUNを先に脱退しおそらくジャニーズを先に解雇になった田中聖という男がコメントをしました「僕自身は応援してるんで」と。
まずは田口と田中の認識調査をしたいと思います。(※当てはまる番号を答えましょう)

【アンケート】
1田口淳之介を知っている
2田中聖を知っている
3どちらも知っている
4どちらも知らない

知っているとはどのくらい知っていたら知っていると言い切っていいのか…と迷っているひとのために、田口のことはまったく知らないんだけど田中のことなら知っている私の基準で知っているの度合いを決めたいと思います。私の田中は素行が悪いジャニーズという認識。その程度でもう知ってると言い切っても構いません。(※このブログ版学級新聞上では知っているのレベルをめっきり下げています)

田口はきっと優等生寄りなんだなァだから私の網にかかってこないのです。一方田中は網の目の粗い私の網から腕も足も出ちゃうくらいに突っ込んでキちゃうのです。勢いがあるということはクセが強い、てことなんだけど。

では、注目の田中をもっと知っていきましょう。
きっかけは田口なんですけど、注目は田中のほうでお願いします。
文字でみると大変にややこしいですが、脱退が話題になっているのが田口でこの記事の話題は田中です。

田中聖はタナカコウキと読む、ということまで知っていたアナタは田中職人レベルです。もう田中と友達だと言いふらかしてもよいでしょう。田中に訴えられても知りませんが。けれども安心してください、田中の姓は多いのでどの田中かは特定出来ないでしょうから胸を張って田中とは友達と言ってください。

さて、田中が5人兄弟だということまで知っていたアナタは田中一族レベルです。もう自分が田中だと言いふらかしてもよいでしょう。友人は「結婚したのかな?」くらいに思ってくれるかもしれませんね。

d0137326_11262681.jpg

5人兄弟はこうなっております。
長男・三男・四男が同系、二男と五男が同系の顔立ちのようですね。
兄弟の中で長男だけが唯一、読もうと思えば頑張って読める名前になっています。
そんなことまで知っていたアナタは田中マイスター
田中兄弟のことはすべてアナタに任せてもよいレベルです。

今後も田中から目が離せませんね!







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-29 11:31 | +難℃ set key+ | Comments(0)

しつこいぞ、井上公造。

久々に芸能ニュースを観た。
おは朝の『井上公造の芸能DX』というコーナーで。
…ひどかった、井上公造が。
話し始めを溜めすぎて司会の岩本計介アナウンサーにキューを出される始末である。
ちょっと観ない間に随分とハイスピードで芸能ニュースはここまでお粗末になったんだな、と実感した。

芸能リポーターの“思わせぶりな溜め”は昔からあったけど、それにしても公造の溜めは見るたびに長くなっている。そして溜めたわりにはたいしたことを言わない。何よりひどいのは「僕はそうとは思っていませんでした」という私感を伝えている点である。そんな情報いったい誰が欲しいんだ。芸能リポーターだからこそ掴めた『芸能人の裏事情』に聞こえることが大事なんじゃないのか。それが真実でなくても、事実でなくても。裏を取ったと宣言していてそれがウソでもそんなコトは一向に構わないのである視聴者は。それっぽく聞こえさえすれば。当の本人はあることないことフかれたらイヤだろうけれど、あることないことフかれるくらいのスター性っていいことなんじゃないかな、芸能人という職業をするからにはカリスマ度が高くないとね。

以前から公造はツイッターやメール、電話といったまったく足で稼がない情報を堂々と披露していたが、ここ半年ほど私が芸能ニュースから離れている間にますますこじれたようである。
番組で共演した田中みな実が収録後に寄ってきて順調な交際をアピールしたと言うのだ。共演した出演者に芸能ニュースのネタになりそうなターゲットがいても、もう自分から取材をしに行かない、ということなのか公造は。待ってりゃ向こうから来る。芸能人から避けられない芸能リポーター。

公造の芸能人なかよしこよしリポートで親交の深い相手をかばう内容には辟易していたが、もはやかばうなんて生易しいもんじゃない。自分から攻撃しないのだ。芸能リポーターが芸能人を直撃していないのに、芸能デラックスなんて言って視聴者は納得しているのか。私は一視聴者としてまったく納得しなかったけど。

公造がその日お伝えしたのは、オリエンタルラジオ藤森とみんなのみな実の破局。
風邪のせいなのか公造は声もリポートもボロボロであった。
風邪は万病の元であるが風邪ごときで自分が行った取材・まとめたリポート・書いた原稿が把握出来なくなるとは思えない。30歳の時に梨元勝にスカウトされて芸能リポーターになっていることを考えると、29年の芸能リポーター歴である。原稿なんかなくても破局報道の真相をでっち上げられるほどのスキルはあるだろう。

しかし公造はひどいもんだった。
置かれた原稿を何度も見、どの行を読んでいるのか目で追えておらず、画面に表示されてある破局までの流れを読み上げるも、去年という文字を翌年と読んで京大卒の岩本計介アナウンサーに冷静に訂正される。
楽屋で田中みな実に寄ってこられた共演番組の収録日とオンエア日がごっちゃになり、オンエアが先で収録が後になるミラクルが発生する。オンエア日から収録日までの何日間かに破局のきっかけがあった、と公造は力説。ここでも京大卒の岩本計介アナウンサーに冷静に訂正される。
京大卒の岩本計介アナウンサーでなければ訂正できぬほど巧みに間違えていたわけではない。学力的には小学2年1学期程度の私でさえ原稿の行が追えてない時点で「何やっとんねん公造」と思っていた。

20歳も年上のひとを公造と呼び捨てにして恐縮だが、梨元勝にスカウトされたのなら芸能リポーターの芸能リポーターたる精神をみせて欲しい。
梨元勝が恐縮です!と言いながら、どんだけ嫌がる芸能人にしつこくマイクを向け質問を浴びせてきたことか。
わざとらしくたって何だって、梨元勝は子供の目から見ても、とにかくしつこかった。このひとは芸能人全員から嫌われてるんじゃないかと心配になるほどで、でもこんなことしてたら嫌われてもしゃーないよな、と思えるほどだった。

金曜日の公造はしつこさのかけらも無かったな。
自分のモノではないリポートを読み上げただけ、という感じで。
芸能人から嫌われていない芸能リポーターの芸能ニュースは面白みに欠ける。
それはちっともしつこくないから。
あっさりした食事が腹にたまらないのと一緒で、満足感がないと面白みも味わえない。
芸能スクープで腹いっぱいにならそおもたら、反吐が出るほどしつこくして芸能人全員に嫌われてたらいいと思う。
そうゆう芸能リポーターが伝えるスクープって間違いなく面白いと思うし。
嫌がる芸能人にマイクを向け、立ち去る背中に質問を浴びせろ、公造!
金曜日の公造は間違いがしつこかったぞ!





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-01 00:21 | +難℃ set key+ | Comments(0)

かぶる男ジョージロイヤル高橋

女が離婚を決めた場合、考え直すことは殆どない。
考え直す余地があるうちは、女は離婚を決めないからである。
だから残念だけど高橋ジョージにとって『あとはどれだけ男を上げられるか』しか、三船美佳に対して出来る愛情表現はないと思う。

離婚を決めたけれども踏み止まる女がいるとしたら、私は三船美佳以外にいないと予想しているがそれには条件があって、三船美佳が直接高橋ジョージに会う必要があると思う。ところが今の三船美佳にはもう直接会う意思はないみたいだし、だったら三船美佳の望みを全て聞き入れる包容力で、未来の彼女にプロポーズしといたらどうだろうか。
10歳の娘が思春期になりやがて親離れをした時くらいに、ふと家族というものを懐かしむ瞬間がやってきて、その時に三船美佳が復縁を考えないとも限らないではないか。

悪者になってもどう言われようとも、それが三船美佳の望むことなら喜んで悪者になり口を閉ざしなはれ、高橋ジョージ。世間は夫婦間のことは何も知らないから、出た記事やネットニュースの内容の通りだと思うだろう。しかし、三船美佳は真実を知っている。誰よりも知って欲しい相手が高橋ジョージの包容力を知るところとなるわけである、十分じゃないか。この包容力が本当の愛情に裏付けされたものだと三船美佳がわかるのは、高橋ジョージ以外の男とその目で見比べたおした40歳になるくらいの頃だと思うから、それまで高橋ジョージよ、包容力だよ包容力。16年前に使わなかった包容力を今こそ使いなはれ。

14歳の三船美佳と出会い15歳の三船美佳に「結婚する気がしない?」と言い、16歳になって結婚するなんて何考えてんだ高橋ジョージ!と当時思った人は少なくないに違いない。分別のある40歳のすることではないと、私も思った。当時23歳であった私でさえ思ったのだ。たとえ運命的な愛がそこにあったとしても、40の離婚歴のある男が15歳の恋に恋するような年齢の少女に向かって「結婚する気がしない?」とたきつけるとは何事か。三船美佳からの猛アタックがあったとしても、君くらいの年齢の時には年上の男が魅力的に見えるもので、君は年相応の恋愛をしなきゃいけない、十代の感覚で同じ年頃の男の子たちとデートもし恋愛もし失恋もして成人した時に、それでもまだ俺のことを変わらずに好きでいてくれるなら、その時に結婚しても遅くはないんだから。と諭すのが40の役割というものだ。愛しているのならなおさらそう言わねばならない。
それを16になるのを待っていたかのように結婚しやがって、と、私の中での高橋ジョージは一発で男を下げた。それまでも別に男としての魅力が高かったわけでもないが、とにかく男を下げに下げた。16年間ずっと下げっぱなしである。

それが一転、別々の会見で高橋ジョージは私の中で底辺にまで下げ切った男っぷりを、16年ぶりに上げに上げた一気に上げた。あまりの振れ幅に私自身が困惑するほど。どうしてくれるんだ、高橋ジョージ。

高橋ジョージの言い分だけを鵜呑みにするわけではないけれど、高橋ジョージの語った事が本当ならばという前提はいるものの、私は三船美佳の会見より高橋ジョージの会見のほうが、好印象だった。本心を言っているという感じがしたし、ウソは言ってないと思うけどな。
高橋ジョージは二人きりで会いたくないなら第三者を同席させていいから話し合いたいと言ってたけど、このひと納得出来さえすれば100%三船美佳の要求をのむと思う。
もともとこうゆう男だったのかなぁ…実はイイ男だったんだなぁ…16年前には私が若くて高橋ジョージの男っぷりの良さに気が付かなかったのかなぁ…。

三船美佳は具体的な事は何も語らず、当たり障りのない対応をしてただただ笑顔。いつでも笑顔なのが彼女の特徴なんだろうけれど、私はその笑顔に本当に笑っている感じを受けない。明るくて気さくなんだとは思う。だけど三船美佳から受ける印象は、16歳での衝撃の結婚会見の時からずっと変わらずに「このコは本心を見せないんだなぁ」というもの。いつだって『明るくて気さくな三船美佳』であろうとする努力を24時間してると言ったらいいだろうか…キャラとかそうゆうのではなくて、そうでなきゃいけないんだって自分で思い込んでるような。
必要以上に大人ぶっていなければならない環境に自分を置くような生活をしてきたのかもしれない。結婚してからではなく、その前からね。
どんな場面でも常に『若くて浮く状況』を笑顔で乗り切ってきたのかもしんないなぁ。誰だって表面上の笑顔でやり過ごす付き合いってものをいくつか経験するけど、三船美佳は常にそうなのか?と思える。このひとの本心は一体どこにあるんだろう、と思えるのだ。それともあれかなインタナショナルスクール育ちだとああいう笑顔になるのだろうか。

高橋ジョージは会見で本心未練タラタラだった。
離婚原因の決め手らしき外出禁止令なるものに対し、そんなお触れなんて出していないと否定しつつ、エピソードを出してきた高橋ジョージ。
まとめるとこう。

三船美佳がママ友とカラオケに行く。
オールナイトで。
だったら迎えは俺が行くと言った。
それを(三船美佳が)束縛と感じた可能性はある。

ひとつ、本当に束縛している夫はカラオケに行かせない。
ひとつ、オールナイトでカラオケに行くってどんなママ友やねん。
ひとつ、迎えは俺が行くってオールナイトを許可したんかい。
まとめ、束縛と自由の意味合いが一般の感覚とズレてるな。

育児や家事、そのうえ代わりがキかず時間的にも不規則であろう芸能の仕事まで。そりゃ息抜きも必要だしママ友同士での愚痴の言い合いで発散もしたかろう。しかし普通の主婦感覚、ママ友感覚なら、それはランチである。子供を幼稚園に預けている間にママ同士で少し贅沢なランチを食べて『さて時間ね子供をお迎えに行きましょう』という感覚。子供が小学校に行っている間にお茶しておしゃべり『あらヤだこんな時間、夕食の買い物に行かなきゃ』という感覚。オールナイトのカラオケって何だ。いろいろとおかしい。おかしいが、それが芸能人夫婦の感覚なのだと思おう、この件に関しては。

16の少女と結婚して世間知らずのまま家庭優先に順応させた責任を高橋ジョージはちゃんと取っていたんだなぁと思ったのは、歳の差があるからどこか親子のような感じで年上の自分が育てている意識があった、それが16や17では通用したんだろうけど、大人になればそうはいかなくなり「いつまでも子供じゃないんだから」と思うようになったのだろう、というようなことを言ったから。三船美佳の心の変化にちゃんと目を向けていたということである。

それをどの段階で高橋ジョージが気付いたのかはわからないが、遅かった結果が今なのだろう。ソコだと思う、高橋ジョージの非は。三船美佳の心の変化に気付くのが遅かった。そして三船美佳はひとりで歩いてみたい、と願っているようだ。その気持ちを察するのまで遅れるな、高橋ジョージ。高橋ジョージが人格を否定するようなことを言ったとは思えないけど、こうなったらそれもかぶりなはれ。なんの励みにもならんでしょうが、私は高橋ジョージが暴言を吐いたとは思ってないから。

しっかし高橋ジョージの男っぷりの良さに16歳で気付けた三船美佳ってすすんでる。私16年も誤解しててその良さに39歳でやっと気付いた。てことは今の三船美佳もすすんでんのかな?やっぱダメなの?高橋ジョージ?何が??そっか…それに気付くのに16年かかるんだ…じゃぁ16年前に男を底辺まで下げたままでよかったじゃんかよ~今さら上げないでよ~16年後にまた下げるわけでしょ~?やめてよ私55歳だよ…そんなトシになってまで高橋ジョージのダメさを知りたくなんかないよ~。あ、でも復縁してたら問題ないんだ…よし!頼むぞ、高橋ジョージ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-01-20 23:49 | +難℃ set key+ | Comments(0)

女はピンクで男はブルーな日本式を捨てた安藤美姫

「まぅはこっちやろ、ピンク。僕が青やろ」
ブルーの湯飲みとピンクの湯飲み、誰がどれだと決まっているわけでもないのに、私がブルーの湯飲みでお茶を飲んでいたら、ヒー坊がピンクの湯飲みと交換してきた。
「飲んだけどな、青のほう。足したから量は一緒やけども」
「まァ…ええねんけどな、ピンクは女の子。」
「このグローバルやなんやゆぅてる時代に色で男女の区別してんのなんて日本だけやで」
「ええやん、日本やねんから」
「そやな、日本から出ること一生無いやろうしな」
狭い、狭いぞ視野が。

ところで、これでもかと叩かれていますねぇ安藤美姫。
未婚の母だからか、言動に一貫性がないからか、いちいちネットにあがってくる安藤美姫バッシングのあれやこれやをついついクリックしちゃう私は、嫌なら見なきゃいいのにどうして見るのかと言われたら、そりゃぁイヤじゃないからです。面白がっている、ということになります。すごく性格が悪いんでしょうね、でも幸せです。私の人生は私のもの。…と、パクってみましたがいかがでしょうか。

安藤美姫は正しい。
叩く人たちは安藤美姫というひとにカタチはどうあれ興味があるからで、関心がないならバッシングすらしない。そのとぉ~り!

ただね、安藤美姫だけがこの正論を言っているのではない。
人は皆同じことを言っている。
最終的にソコに行き着くみたいよね、人間って。
イヤなら関わらなきゃいいのになんで見るの?ってトコにね。
結局は誰もが同じように感じ同じように考えるんだってことの何よりの証拠だよね。だってみんな、同じ人間なんだもの。

洗練された持論を表現しているのだろう安藤美姫はもういいオトナだ。
世界という広い視野で経験を積んだのだから、いまいちど日本語で物事を考えたらどうだろうか。
どうも安藤美姫は英語で考えてるくさいのだ。

交換留学生が3年ほどの留学ですっかり日本語を忘れてしまうという現象が起こることがある。感化されやすい高校生という年齢で日本以外の文化や言語に触発されて『自分発信最先端モード』に突入してしまうのだ。高校生になるまでの16年もの間、日本語で物事を考え日本語で伝えてきたのにも関わらずそのベースをたった3年の交換留学で捨ててしまう。英語=最先端!そんな事が起こるとはにわかに信じ難いが、16歳ゆえにあり得る。そうなってしまう年齢なのだ、それが若さというものであり経験の浅さである。
その浅さと同じニオイが27歳の安藤美姫から感じられる。
果たしてこのひとは自分を客観視することが出来ているのだろうか。

人間のスタートはとても狭い狭い視野から始まる。
母親との世界が全てという視野から始まり、自我が芽生え次々と外に向かって自分で手を伸ばして成長してゆく。
自分の住んでいる場所から一歩や二歩出ただけではわからなかった習慣の違いでさえ、飛行機で1時間も飛べば同じ日本なのに「こんなにも違う」と感じることが出来る。
そうやって視野が広がる瞬間を丁寧に感じてこそ、自分の視野が狭かった事実に気が付くのである。
それをないがしろにしているといつまでたっても大人にはなれない。

活字や他人の言葉からごもっともな意見や正論を引っ張ってくることならいくらでも出来るだろう。誰だって偉人の名言や哲学書などに膝を打つことがあるし、感動した言葉には影響を受けて考え方も変化するものだ。
しかし自分を客観視して自分の至らなさに気付いていないと、そのひとの言葉が他人に響くということはないように思う。

自分を客観視している人間は、かつての自分の視野が狭かった時の基礎をちゃんと忘れずにいて、必要な時にいつでも思い出すことが出来る。
これを「初心忘るるべからず」と言うが、お忘れだろうか安藤美姫は。
忘れてはならない初心とは、謙虚な気持ちや志ではない。
世阿弥が言ってる本当の意味「初心者の未熟さ」のほう。
批判的なコメントに対する安藤美姫のメッセージ、まるで自分は未熟ではないと言いたげだったなぁ…。
注目され期待もされ世界も見、挫折も味わい批判も受け、決断もし主張もし、わずか27歳でこれだけの経験を積んだのにもったいない。

過去のみっともない自分があってこそ今の自分がステキなのである。
みっともない自分を都合よく捨ててキレイさっぱりとなかったことにするようなひとは魅力的じゃないし、ステキでもないと思う。

世阿弥も示しているではないか、芸の未熟のみっともなさ、あのみじめな頃に戻りたくないと思うことで精進し今の芸が磨かれてゆくのだと。
国際化社会から取り残されるかのごとく独自の文化に邁進するニッポン。
初心のみっともなさをニッポンは決して忘れてはいないぞ。
ピンクが女性用トイレでブルーが男性用トイレ。
この日本式があればこそ、黒一色の「WOMEN」がオシャレに見えるってもんよ。
なにも色識別が通用するということがみっともないと言ってるんじゃないぞ。
常に過去とはみっともないものなんだよ、安藤美姫。
みっともないを繰り返して成長していることがステキなんだからそれでいいじゃないか。

まぁでも未熟だったりみっともなかったりしたらアカンねやろぉなぁこのひとは…そんなカンジがするメッセージだった。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-01-20 23:32 | +難℃ set key+ | Comments(0)

再就職だョ!原因集合~♪

ずっと女の職場にばかり就いていたので、ここらで男社会を垣間見たいと思っているが、むーがどうも男の職場に行くことをすすめない。

「オマエ3mて知ってる?一緒に観たっけテレビ?」
「何が?」
「知らんの?人との距離よ、3m。それ以上近づいたら好きになるねんて~~」

きいて驚け男の職場をすすめない理由が、私の不倫だ。
私は結婚する前もした後も宣言している通り、何があっても不倫だけはしない。なぜなら、それが夫婦間の信頼関係を修復不可能なまでに崩す行為であることを知っているからである。
高価な化粧品を売りつけられ (→詳細)たり、クオリティの薄いポエムを売りつけられ (→詳細) たり、噴飯価格の下着を売りつけられ (→詳細) たりして、魔がさして買ってしまい借金をこさえる事態は招くかもしれないが、私が不倫をすることは断じて無い。

「あんなぁ…もぅなぁ…誰かを好きになるとかなぁ…そうゆうトシちゃうねん。それに今まで3m以内に近づいた人なんてアホほどおったけど、誰のことも好きになってないし」
「オマエになくても、向こうが!」
「そうかー…中年でも恋愛するひとはするかー…じゃぁ会社にいる男全員が既婚者で定年間近のおっちゃん、ちゅうトコにするわ」
でもワタシ、おっちゃんにこそモテるんやでー。

19歳で結婚したのでむーの中で私は19歳の世間知らずなんである。
たしかに家庭に入りのんびりと守られて20年を過ごしていれば、たまに働いたとて社会の荒波に揉まれたとまでは言えないことだろう。
しかし私も39歳で、たくさんの人とそれなりに関わって生きてきた。
当然だが自分の好む人だけではなくやりにくい人物とも接して仕事をしてきた次第である。
働く中では辛いことも納得のいかないこともあり、ストレスも勿論あった。
しかし私のストレスは、難病発症の原因になりこそすれ、不倫をしようと思う動機にはならない。

矢口っちゃんが軽率だったために『妻が不倫する』というイメージがどんな妻にもついたらしいむーは、矢口っちゃんの動向に大変ご注目であるようだ。
「矢口出てんで~」
とわざわざ、ミヤネ屋に矢口っちゃんが出ているのを観るよう促したくらいである。私はとくに矢口真里というひとの動向に注目はしていなかったが、むーが見て欲しいみたいなので観てみた。
その結果わかったことは「夫以外の人を好きになったのに離婚せずにいた」ということだ。

矢口真里と私の考え方は最終判断が違う。
心変わりがすることもあろう、それを責めることは誰にも出来ない。結婚をしてからの生活で好きだったひとのアラも目につくようになる。愛想を尽かすような場面なんていくらでもあるし、夫婦喧嘩もすることだろう。結婚生活とは忍耐の連続でもあるのだ、別々の暮らしをしていた他人が一つ屋根の下で暮らすということは互いに許し合うことが肝心である。
結婚生活に疲れきったまさにその時に優しくされたら魅かれることもあるだろう。だったら何も事が起こっていない時に、正直に夫に話して離婚し、それぞれの人生の再スタートを切るべきで、それが夫に対する礼儀だと思う。不倫現場を目撃されてバレたから別れましょう、というのは順序が間違っているんじゃないか矢口っちゃん。私が同じ状況であれば、夫に正直に話したい。心変わりは致し方ないのだ。好きになる気持ちは本人にも止められやしない。しかし、ちゃんとした大人なら理性というもがあるし、最低限の『ひととしての在り方』だけは間違ってはならんと思わんか。卑怯な選択をしないというのがひととしての基本だとは思わんか。

結婚していて夫がいる以上、私は不倫をしない。
なのに、私とはまったく関係ない矢口っちゃんが、私の宣言の信憑性をなぜか欠いているようだ。
ミヤネはんは関係者等々には迷惑をかけたかもしれないけど、世間様には何も迷惑をかけてない、と言っていた。
おは朝のミヤネはんやったのにフリーにならはってちょっと痩せたんちゃいますの、ミヤネはん。体重しぼりはったん?贅肉とかいろんなモン落としはってんやね。

間接的にこんなカタチで世間の中に居るひとりは御免被っております。
矢口っちゃんが世間に対して真摯に向き合い信頼回復をしてくれないと、就職活動にすら疑惑の目を向けられるキビシイ状況に置かれてるんですよ。

ひとつよろしく頼みますよ、私ホンマは何にも関係ないねけど。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-10-28 16:19 | +難℃ set key+ | Comments(0)

高岡早紀、瞬間を生きる。

女にはわからないフェロモンが溢れている魔性の女、高岡早紀。
ラブロマンスが嘘くさく見える女優、高岡早紀。
自由奔放な女、高岡早紀。
を、高岡早紀は演じているのではないか。
本人すらも演じているとはわからないほど、本能がそれを演じているってカンジでね。

d0137326_15382674.jpg


この人、何をやっても女から反感を買うと同時に憧れにも似た溜息を漏れさせはしないか。「あぁ高岡早紀のように自分の気持ちだけを優先してみたい」でも犠牲にするものがあまりにも多すぎる。
妻であり母である女たちは大なり小なり、自分の感情を殺して生活しているものだ。家庭の平和を守るため、ある女は更年期障害の夫の感情の起伏をうまくなだめ、ある女は連日飲み歩く夫が食べもしない夕食を毎日作るという不毛の日々を過ごす。反抗期の子供に腹を立てながらも家事をこなす母あれば、兄弟3人の塾や習い事の分刻み送迎に追われる母もある。パートをいくつか掛け持ちしママ友とのランチを断り続ける母もいる。「あぁもぅや~~~~めたっ」そう言ってやめたらどうなるのかしら、ワタシ。そんな事をチラと考えても実際問題は何もやめはしない。それが妻であり母であるということである。

しかし、妻であっても母であっても高岡早紀はあっさりとやめ、あっさりと始め、あっさりと飽き、あっさりと次へゆく。終始、自分の気持ちに正直だ。自分の気持ちにだけ素直。妻が尊重すべき夫の気持ちや母親が守るべき子供の気持ちは二の次。高岡早紀本人はそんなことはないと思っているだろうが『そう見える女』としてはダントツそう見える。
だから、保険のCMで走っている高岡早紀が、家庭を捨てて男の元へ走っているように見えてしょうがない。まるでそんなドラマのはまり役。
海老フライか何かを揚げていて悪い癖が出ちゃう高岡早紀。
だってワタシあのひとのコトが好きなんだもーん♪
夫を愛していることも子供を愛していることもその時ばかりは忘れてしまう癖があるんだよね、瞬間を生きる女、高岡早紀。思ったら即行動である高岡早紀は、海老フライを揚げるのを即座にやめ、まだ衣さえ付いていない海老が腐るのもおかまいなしに、トチ狂った一途な思いを瞬時に抱きエプロンをしたまま男の元へ全力疾走。どうでもいいことだけど、ツッカケを履いて早く走ろうとすると肩が上がるが、高岡早紀の履物はツッカケだろうか。それとも単にこの人は走ると肩が上がるのだろうか。

瞬間を大切にするあまり取り返しのつかないことを繰り返し多くを失っても、その評価もろとも全く意に介さない女、高岡早紀。
グラビアフェロモン全開の高岡早紀かもしれないが、実に男っぽい性格をしておいでだ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-08-06 15:42 | +難℃ set key+ | Comments(0)

佐藤健よ、中性を保て。

佐藤健が、兵役を終えたように見える。

『男前を自覚している男』を観察するのがクセになっている私が同時期に注目した自覚ある男前、向井理と佐藤健。共通点は氏名のリズムね。「ムカイ・オサム」に「サトウ・タケル」だ。ウツイ・ケンも同じリズム。そして宇津井健も男前。

佐藤健は華奢だった。
それがある日CMでたまたま見たらマッチョなカンジになっていた。
う~んこの感覚、何かに似てる、と思ったね。
それは、韓国の若い俳優の兵役ビフォー・アフターだね。
ボウズにこそなってないけど「徴兵されたんかい」つーカンジの鍛えよう。

『センの細さが女性的であることが魅力の俳優』というジャンルがある。
そのひとたちが別にマッチョだったらいけないってワケではないんだけど、イメージに違和感があるとは思わんか。
俳優だからね、役柄とかも関係あったんだろうけど、佐藤健は間違いなく華奢だった、イメージね。本当の体格がどうかじゃなくて、華奢なラインなのだ。
ナヨっとしている女性性ではなくて、男なのに女性的な色気をチラっと感じさせることが出来るのが佐藤健なんである。これはもう、本人のセンス。ナルシストが混入してる所作がそうなっているっていうセンス。
男前の自覚がある男前なんだけども、佐藤健は残念ながら女顔なのだ。
女としてもちゃんとキレイな美人顔をしているのが、佐藤健なんである。

その中性さを保つのが佐藤健の使命。
女性誌に佐藤健のゴシップを載せると売り上げが延びるらしいが、佐藤健の恋愛の行方に興味を持っているのが読者だと思ったら大間違いである。
佐藤健の中性さの再確認に記事を読んでいる女が確実にいるはずだ。
「付き合ってる感のない佐藤健」をチェックして「ないな」と思う。
佐藤健はそれでイイ。
中性さを保ってこその佐藤健。
女装をさせずとも女性的なセンの細さを匂わせることが出来る男、佐藤健。
カラダが分厚いということを、脱いで見せてはいけないぞ。
クチの端をキュっと結び、アゴを引け。
佐藤健という男が、女たちに無意識に中性さという魅力を植えつけることの出来るポーズは、ソレしかない。
女性的なセンを持つ、女装をしない男であることで魅せてゆけ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-06-30 17:01 | +難℃ set key+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク