カテゴリ:+朝臣寺+( 173 )

 

弾丸ツアーin三重:違いがわかるアナタの

違いがわかる男がいくら違いがわかるからといってネスカフェゴールドブレンドしか飲まないと言ってきたら、アナタはどう思うだろうか。

このままでも十分に具体的ではあるけどもっと具体的に言おう「オレはネスカフェゴールドブレンドしか飲まない、違いがわかる男だから」と言ってきたら、アナタはどう思うだろうか。

たぶん、多くの女性はその男との価値観の違いを認識すると思う。

ネスカフェゴールドブレンドが悪いんじゃない。
違いがわかる男だということも悪くはない。
それを言ってしまうことに男の価値がつかないのである、女性にとっては。
だから男性諸君よ、違いがわかることは胸にしまっておいてほしい。
違いがわかるゆえのその審美眼は、披露せずに墓場まで持って行ったほうがいいだろう。
未亡人になった妻が数年後、生活に困ってアナタのコレクションをひとつ、質に入れる日がやって来る。その時、アナタの価値に妻は気付くはずである。こうしてアナタの株は上がる。ま、アナタは生きちゃいませんが。


そんな違いがわかるアナタに、この記事を捧げます。


イルカ島に渡る船は絢爛豪華!

d0137326_23051937.jpg
あ、もう違いがわかっていただけました?

そうなんです。
上の「龍宮城」はわかるんですけどね、浦島太郎だろうから。

d0137326_23052421.jpg
でも下の「登龍門」はなんだろう、関係ないように思えるんだけど。

これから行くイルカ島には、象はいないんだけど、何故か象の像。

d0137326_23052662.jpg

これも、違いがわかるアナタになら、意味がみえているのかもしれませんね。


そして違いのわかるアナタならきっと

d0137326_23052968.jpg
この画像の意味もわかることでしょう。

さて勉強がさっぱりわからない私でも、墓場まで持っていくべきわかっちゃう違いがあるんです、それがコレ。

d0137326_23053351.jpg

カモメです。

カモメは冬にしか日本にいません。
関西だと11月くらいから3月くらいまででしょうかね。
夏の海にカモメがいるイメージがあるでしょうが、夏に海で見かけるカモメっぽい鳥は、カモメの仲間のウミネコです。

では飛んでいる写真から、カモメとウミネコを見分けたいと思います。

d0137326_23053651.jpg

この違いがわかるおかげで私の生活が上質になったことは、まだないです。






[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-05-06 23:13 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

弾丸ツアーin三重:ディープインパクト

築古年マニアにオススメの鳥羽。
d0137326_02075255.jpg

漂泊の詩人伊良子清白の家には無料でご自由に入れます。

d0137326_02075448.jpg
が、鍵が閉まっています。
開錠をどうやってするのかは、わかりません。

江戸川乱歩館も築古年。

d0137326_02090321.jpg

このようなうらさびれたスナック街といった雰囲気の場所に江戸川乱歩館は紛れています。

d0137326_02080046.jpg
それよりも気になったのが、江戸川乱歩館の向かいの遊郭跡。
d0137326_02080205.jpg
廃墟と化しているこの異様な雰囲気。

d0137326_02112288.jpg
とばナビというQRコードで飛んでもエラー。
でもQRコードがあるということは、ちょっとばかし観光としての手が加えられた、という意味ですね。
江戸時代末期建築の待合津の國は鳥羽商工会議所が外観修復を行いましたが、内部の改装をするほどの資金はない模様です。
こんなに古い建物ですし、文化財として保存出来ればいいんですけどね。
遊郭説明書のような和綴本パンフレットを作り、改装補修工事をした遊郭では花魁コスプレが出来るようにしてはいかがでしょうか。
どこか資金力のある民間企業が名乗り出てくれないかなぁ。

待合のドアに手をかけて写真を撮っていたら、どこからともなくおばさんが現れて「ア~カンあかんアカン…そ~んなトコあかん…」と言う。
とんでもなくラフな格好のおばさんで結わえた髪の後れ毛がちょっと遊女的。独り言をブツクサ言っているようなトーンで、でも私の一挙手一投足を見張るかのようにブツブツ唱える。

「なに?なんて?」
寝起きの遊女(※あくまでも私個人のイメージです)に話しかける。
「アカンあかん、そんな薄汚いトコ見たら」
「ココのこと?」
「そこそこ、そんな薄汚いトコ入るもんじゃない」
「開けたらダメなわけ?」
「いや…開けてもいいけど…見たって薄汚いだけよアカン…」
とにかく寝起きの遊女はいちいち薄汚いを主張。
なんか久々に聞いたな、薄汚いっていう表現。
もうこうなると、どうゆう状態が薄汚いなのかが気になってしょうがない。
「開けてもいいのね?」
「開けてもいいけど、そんな薄汚いトコ開けたいゆぅなんかアンタくらいのもんやわ…」
寝起きの遊女、初対面の私をアンタ呼ばわり。
「開けよ~っと」
「開けるのなんかアンタくらいのもんやわ」
「中入るのは?ダメ?」
「中入るのなんかアンタくらいのもんやわ」
「ダメなの?」
「いや…入ってもいいけど…そんな薄汚いトコ…。入りたいなんかアンタくらいのもんやわ」
寝起きの遊女、アカンと言う割にはこっちが強く「ダメなの?」と出るとすぐ「いいけど…」に変わる。案外、いいんだな。
「写真は?ダメなの?」
「いや…いいけど…そんなのアンタくらいのもんやわ」

d0137326_02134886.jpg

寝起きの遊女はアンタくらいのもんと言ってたけど、廃墟と化した遊郭跡に自己責任で中にまで入って写真を撮っているひともあり。身の危険を感じるほど朽ちていても、進入して写真を撮ろうというひとがいるのだから、それなりの興味は湧く建物なのである。遊郭ということは格子見世がある。わざわざ造らずともすでにショーウィンドーがある状態なのだ。外観補修したのも2009年のことだし、保存するなら早く何とかしないと。鳥羽商工会議所よ、まずはクラウドファンディング!

d0137326_02143155.jpg

すんなり開いた津の國。

d0137326_02143439.jpg

ちょっとしたホラーな荒れよう。

d0137326_02143911.jpg
実際は照明器具ないのでこんな暗さです。


江戸川乱歩館には、鳥羽の奇才岩田準一の書斎、てのがございます。

d0137326_02150741.jpg
d0137326_02150574.jpg
男色文献や志摩の民俗や風俗を研究したディープな御仁です。


乱歩館にはトリックが隠されています。

d0137326_02153604.jpg
d0137326_02153739.jpg
怪人二十面相はアナタの目でお確かめください。

d0137326_02155139.jpg

鳥羽一番街では、安全上問題のない絶叫マシーン少し衝撃のある業務用エレベーターに無料で乗れます。


d0137326_02155544.jpg
これでもかと伊勢茶ばかり売っているのですが、ココで伊勢茶を買う人はいるのでしょうか。
d0137326_02220963.jpg

だってすぐ横に、伊勢茶が無料でふるまわれているのに。


d0137326_02221128.jpg
JR・近鉄連絡口の方向とは真逆に歩いてるよね?


d0137326_02221387.jpg
西日で残念な影が差す顔ハメ看板、水森かおり。

しかも顔をハメるのは水森かおりではなく脇役司会者。
ま、わかるけどさ。
水森かおりに顔をハメたら、もう水森かおりじゃないもんね。

d0137326_02225849.jpg

「お。噴水でも見よっか~」

d0137326_02230030.jpg
「…だけかな?」
どうやら、コレでMAXみたいです。
季節の関係かな?寒いから?
イルカの躍動感がなんか虚しくなるけど。

d0137326_02235076.jpg

鳥羽港の注意事項に頭を抱えます。

d0137326_02235321.jpg
港ってどう修復したらいいんだろう…何業者を呼んだらいいんだろう…どこに相談したらいいんだろう…なにをどう動いていいやら全くわからない…施設を傷つけるつもりはこれっぽっちもないけど、こう書かれたら何かあった時に修復する自信がないから「近寄らない」という選択をするよりほかないですね。
トラブルが先か注意書きが先か。
トラブルを避けるために書かれてあることを読むと時々あまりに禁止事項が多すぎて「関係者以外立入禁止」でいんじゃないと思うことありますもんね。





[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-05-02 02:30 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

弾丸ツアーin三重:心の声が漏れちゃいました

宿泊を伴う弾丸ツアーは、お金をかけられないのでお得なプラン『湯快リゾート』です。宿泊施設のアンケートでも書いたけど、宿泊料金が安いから何を我慢するかという選択になっているんだね激安プランの旅というのは。
壁紙が剥がれてるとか、ペンキ塗りたくりました風のドアとか、無料卓球場の壁がボロボロ崩れ始めてるとか、随所に安いってことはこうゆうことなのかな?と気付かせる工夫がたくさん。でもよくよく見ないと見過ごしてしまうのでうかうかしてらんない。

私の個人的な意見としては、たとえ1万円以下であっても宿泊料金を支払うからには、築古年の我が家よりも落ち着いた空間であること。それならば支払う価値があると思える。我が家には温泉なんて湧いていないしね。
ただ、一泊に支払う8000円と考えた時に、我が家よりも落ち着いた空間であるための必須条件として、行き届いた清掃は必要不可欠な条件になってくる。我が家はろくすっぽ掃除はしていないけれども落ち着く、しかし宿泊するのに汚いってのはダメ。古くてボロいのはええけど、不衛生なのはダメなのだ。病院ほどの徹底した衛生管理は望まないけど、気持ちよくお迎えしようというおもてなしの心が清掃にあらわれていないのはダメ。壁はボロボロ崩れてはじめててもいいけど、そのボロボロが床に落ちていてはダメ、そうゆうことだ。

d0137326_15093556.jpg
d0137326_15094368.jpg

「う~~~ん、海を眺めながらの足湯ってコトね~~~~」

d0137326_15094588.jpg
「ま、足湯につかった目線の海って手すり越しやけどな」

「見て。アイスクリームを好きなものから入れていったら、一番食べたいヤツが一番下になってすごく食べにくいことになる」

d0137326_15101253.jpg
「上のヤツから食べたらええやん」
「イヤだ。アイスで一番食べたいと思ったのはコレなの。あとの2つはにぎやかしやねんから、コレを食べる。お腹いっぱいになってコレを残すのはイヤや」
「なんでつぐ時にどれくらい食べられるか考えてつがへんの?」
「あんた食べる前にどのくらいの量を自分が食べられるか正確にわかるん?」
「当たり前や」
「へ?みんなそうなの?」
どんな種類の食べ物でもそうなの?
ごはんでお腹は満たされている最後のデザートで、食べ切るアイスの量がわかってその分量を正確に盛れる、てことか?食べ放題スタイルでそれが出来るのか?いやいやいや、少なく見積もってまた取りに行くのが人間だろう?だいたい3個くらいはいけるかな~あら意外といけるな…おかわり。て、なるやん。もしくは盛り過ぎて、あぁ…もうくるしい…コレも食べたかったのに…。て、なるやん。
ザ・食べ放題の怪だね。
ま、宿泊先がたまたまビュッフェスタイルだったからこうゆう疑問も生まれたけど、普段は食べ放題は行かないからえっか。

年齢150年のオオシャコガイ長老様

d0137326_15110177.jpg
d0137326_15110320.jpg

が、どんな場所におられるかと言いますと。

d0137326_15110449.jpg
ココ。
完全に日陰の身。
d0137326_15110631.jpg

角度によっては見えません。
150歳の大先輩なのにね。

d0137326_15120198.jpg

カエルの石像から漂う媚び感。

d0137326_15120490.jpg
「ん~…なんか…へつらってんなァ」
d0137326_15120600.jpg

生簀かな

d0137326_15120835.jpg

「まずはこの水槽に入れた人間に言え、いわし。」

ちょいちょい、心の声が漏れちゃいましたね。

私は、疑問に思った心の声がクチから漏れるタイプの人間です。
だからトラブルの引き金になることが非常に多い。
悪気はないけれど、心で感じた率直な感想がどうゆうわけかクチから出てしまうの。
ほんと、悪気はないんだけど。





[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-04-29 15:14 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

弾丸ツアーin三重:いろいろご留意

「ぅわぁ~~~~~っ!新しくなってるっっっ!!!」

d0137326_10281268.jpg
お伊勢さん詣りをしている間に、とまれのステッカーが新品になっていた。

「こんな短時間でサラになると知ってたら写真撮っておいたのに…」
行きしにとまれのステッカーが劣化しすぎていて何のこっちゃわからんと会話していたものの、写真に撮ったところで何の写真であるのかすらわかる状態にはなかったので、あえて撮らなかったんである。

「あっこも…ここも…全部サラになってるやん」
「このヘン一帯を今日はサラにする日やったんちゃう?」
「それならそうと言っといてくれたらええのになぁ。そしたら行きしに撮ってたのに」
単なる観光客に事前にゆぅとかなアカン義理は、一切ないけど。

のちのちに新しいステッカーは、こうなり

d0137326_10292424.jpg

いずれこうなって、新品になる模様です。

d0137326_10292883.jpg

宮崎シリーズがやっと終わって油断していましたね?
今度は三重シリーズの始まり・始まり。
どのくらい続くかと言いますと、ちょっと間続きますよ。


伊勢では、路地のことを世古と言うらしい。

d0137326_10302670.jpg
世古は生活空間で観光名所とかではないから、本当は写真とか撮ってはいけなかったかもしれないけど、あまりに私好みの空間だったもんだから撮ってしまいました…許してたもれ。

小さい時から定期的に見る夢というのが誰にでもいくつかあると思うんだけど、私はそのうちのひとつに『古民家に入る』という夢がある。

土間があってその土間には自転車ごと入って行け、土間には数台の自転車がとめてあるの。ちょっと薄暗くて広い二階建ての家で、小さい時には夢の中で二階にはなぜだかあがれない。ずっと二階を見たいと思っていたけど、自転車を見て、一番突き当りの土間にかまどがあるのを見て、その手前の囲炉裏の板間、その三箇所しか見れなかった。板間の横の一段高くなっているスペースにある掘りごたつにはおばあさんが座っていて、見た事のないおばあさんだけど、私に「そうかそうか、また来たか」と言う。
私は登場人物として夢に姿は出てこないけど、どうも等身大の年齢で訪ねているらしい。

やっと二階の一部屋だけを見れたのが中学の時。それまでコツコツと一階を一部屋ずつじっくり見ていたので、二階の部屋に続く階段を夢の中で上がった時には感動した。階段を上っただけで終わる時もあったし、骨董品がたくさん積まれた部屋を見ることもあった。二階の部屋数は10部屋くらいあり、屋根裏部屋もあるのだから、一階の部屋数もそれに相当するわけで、それを認識した時には見ていない部屋のほうが多いことに気付き、なるべく夢の中で効率よく部屋を見て回りたいと意識するけど、この夢ではいつも同じ部屋ばかりを見てなかなか次に行かないのが常だった。

それでも地道に二階へと上がって骨董の品々を物色してきたのだが、出産して育児をし始めるとこの夢をとんと見なくなってしまっていた。見ることは見るのだけど、小さい時の繰り返しで新しい部屋になかなか行かない。

そのうちこの夢自体を見なくなっていたのが先日、数年ぶりに夢に出てきたのである。ところが数年ぶりに出て来たこの古民家は、民宿になっていた。離れを改造してコテージにし、古民家の時には小さい部屋がいくつもあったのをリフォームでくっつけて部屋数を縮小、一部屋の広さを確保して宿泊施設にしてしまっていたのだ。

全ての部屋を見るために、私は小さい時から足繁く通いコツコツと探索してきたというのに…勝手に民宿になんかしやがって…。
しかし夢をただ見ていただけの私は、この古民家の住人でもなんでもない。どんな関係性かすらもよくわかっていないし。そんな私に断りを入れる義理などもちろんなくて、そもそも夢の中だから断りを入れられたとしてもどうしようもないんだけど、この世古のようにあの古民家に続きそうな雰囲気の路地を見たりなんかすると、ちょっと切なくなるんだよね。私の夢は時代の波に負けるのか、と思ってね。

d0137326_10302812.jpg
おばあさんの定位置だった掘りごたつもなくなってたよ…トホホ。

「おぉ…私のための神社みたいなモンやな…詣っとこう」

d0137326_10325229.jpg
d0137326_10325408.jpg

私の持病サルコイドーシルはサルと略す。

d0137326_10325638.jpg
サルの女でサル女神社。

「おみくじ買うか~」

d0137326_10333663.jpg

「ん?」

d0137326_10333906.jpg
おみくじの箱に御自由にお取り下さいと書いているけど、無料ではございません。横にちゃんとお金入れるトコロあったしな…なんで御自由にお取り下さいなんだろう。ちゃんとお代は払ってくださいね、御自由には取れませんよ、ご留意ください。
d0137326_10345002.jpg

「この飛龍頭ていうの食べてみる」

これが、ひりょうず。

d0137326_10345116.jpg
爆弾揚げ、と命名。
中にゴロゴロ具が入ってる。
いろいろ食べ歩きをしようとしてたのに、コレのみで腹八分ですよ、ご留意ください。

コレ、どういうことかおわかりですか。

d0137326_10352576.jpg

手鏡の形をした鏡面に浮世絵調の日本髪を結った女性が描かれている絵。の、顔の部分がくり貫かれていてソコが鏡になっている、という仕掛け。男性バージョンもあり。
ハイ、そうですね。
鏡に己の顔を写し、現代人の顔を以って浮世絵の完成、という新感覚顔ハメですね。
顔ハメの被写体を豪語している私ですから、やらないわけにはいきませんね。

d0137326_10352796.jpg

ま、こうなりますわな。

おだんご屋さんの瓦には

d0137326_10362711.jpg

だんご。

d0137326_10362865.jpg

ではこの瓦だと何屋さんなのか。

d0137326_10365665.jpg
それは、アナタの目で確かめてみてください。






[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-04-25 10:41 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

弾丸ツアーin三重:つままれお伊勢さん

2016年、我が家の弾丸ツアー、むーツーリストのサプライズ日帰り弾丸ツアーがとうとうレベルアップして宿泊を伴うようになりましたよ、レベルアップするもんですねぇ。それでも、弾丸なのは変わりません。むー添乗員のクチ癖は「ココでそんな悠長にしてるヒマないで」となっております。あとは見えない時限爆弾のカウントダウンとかするかな。ハイ、ココ滞在時間10分…とかね。修学旅行のような詰め込みよう。

私は無目的の旅で目に入って来たものを見、それで気になった場所へ向かい、流れる景色の端から「あ、ココに寄ろ」となるけど、無計画を好まないむーはプランをカッツカツに組むんだよね。そうなると時間にアソビがないの。

だから私が行きたい気分になって途中でプランにない寄り道を加えると、ますますセカセカの旅になってしまう。

「あっこの建物、忍者って書いてなかった?寄ってみぃひん?」
この一言が命取り。

d0137326_01333419.jpg

どんどん後半がハードになってゆきます、不用意な一言ほど旅をセカセカさせるものはございません。

この駐車場に、中年にとってとっても懐かしい物が写っておりますが、おわかりになりますか。

d0137326_01333727.jpg

側溝付近です。

d0137326_01334513.jpg

ほら。
もうおわかりですね?

d0137326_01342458.jpg

プルトップでした。


「見て~~~金の牛!でかっ!」

d0137326_01361960.jpg
「どこ?」
「アンタ、あのデカいのが見えへん?」
「え~?ドコよ?」
「ほら、目の前やんか」
「どれ?」
「これが見えへえんか~…オリオン座現象やな」

冬の夜空を見た者にだけわかる、オリオン座現象
オリオン座はデカい。非常にデカい。夜空いっぱいに星座があると思っていいくらいにデカい。そんな視野で見ないと見えないくらいデカいので、見えた時には自分の視野がいかに狭かったということに気付くことになる。
でもそれは、最初からオリオン座が見えてしまったら意味が無くて、最初は見えなくてこれでもかこれでもかと視野を広げ「デカいオリオン座」を見ようとしてるのに見えなくて、それで突然はたと夜空にくっきりはっきりオリオン座を認めることで自覚する自分の視野の狭さなんである。

それを我が家ではオリオン座現象と呼んでいる。
だから実際の経験を踏まえての「そりゃオリオン座現象やな」の表現でこそ、視野をどれほど広げてみないとダメかという切り替えが出来るわけである。
ただ視野を広げてピントを合わせようとしてもダメ。
見えているはずの、視界に入っているはずのものが見えない自分の視野の狭さスイッチを思考回路から切り替えなくてはならない。

d0137326_01362115.jpg

「あぁ…アレか…確かにデカいな」

d0137326_01362471.jpg
見ているはずのものが見えていなかった時の、視野の狭さを自覚するオリオン座現象で気付く、自分の視野の狭さのバカバカしさ。


三重の目的のメイン、お伊勢さん。

お伊勢さんに限らずなんだけど、神社仏閣のね、この階段の幅はいったい何の意味があってこの幅になっているのだろう。

d0137326_01414674.jpg
二歩で登るには足らず、一歩で登るには余る、すごく頑張る一歩か小刻みの二歩か…という選択で階段を登るリズムが乱れる乱れる。

お伊勢さんには、結界がいっぱい。

d0137326_01414891.jpg

近づくことを躊躇するような、結界がいっぱい。

d0137326_01415000.jpg
女性グループのひとたちが手をかざしていたので

d0137326_01415213.jpg
d0137326_01415545.jpg
かざしてみたけど、とくに何も…でした。
d0137326_01425581.jpg

ココも結界ムンムン。


お伊勢さんの鳥居は木製で朱色じゃなくて木の色。

d0137326_01425802.jpg

さて、これは何と読み、どうゆう意味でしょうか。

d0137326_01430109.jpg

ゲジョウです。
ワレのアシで境内に入りなさいという意味。
馬から降りなさいという立札です。
豆知識でした。

鳥居はどれも木製お伊勢さん。

d0137326_01430386.jpg

ちなみに、私の手は指文字の「き」


お伊勢さんは、木が不思議

二本の樹木がくっつく不思議

d0137326_01453368.jpg

木の中で木が朽ちる不思議

d0137326_01465721.jpg
枝がグネグネのびる不思議
d0137326_01453808.jpg

枝が直角に曲がる不思議

d0137326_01454027.jpg

枝が何度も直角に曲がる不思議

d0137326_01490365.jpg
直角
d0137326_01473219.jpg
直角

d0137326_01473421.jpg
斜め・下・上・グネグネ・直角…もぅ忙しいったらないね
d0137326_01504438.jpg

直角ねじれ

d0137326_01510278.jpg

ここからは入れない結界の先に、見張り小屋。

d0137326_01533003.jpg
そしてその見張り小屋に見張り番。
d0137326_01542574.jpg

見張り番の、位置、微妙。

「なぁ…アレ…ひとちゃうやんな?」
「うーん…微妙な高さに帽子が…」

d0137326_01533786.jpg
「な?騙そうと思ったら騙せるけど、でも違う、やんな?」
「うん。そうゆう微妙な位置に微妙な傾きやな」
「でも人じゃないよな」
「ヒトでは、ないな」
d0137326_01534207.jpg

お伊勢さん結界でのつままれっぷりはアナタの目で確かめてみてください。






[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-04-24 01:57 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

イマジン ~神秘と不思議のトリック~

「こないだ18億7500万円くれるってメールがきてたやんか」
「きてたね。随分くれるねぇつって」
ヒー坊が、うわ~!めっちゃくれる~!と喜んでいた迷惑メール。
「そのあとで68億円もくれるって。…えらい上がりましたね。」
「ずっと無視しといたら兆まですぐいくんちゃう?国家予算なみにくれるやん。最初いくらからスタート?」
「そんなん覚えてないよ…同じアドレスからきてるわけちゃうねんから同じ所からきてないしスタートとかない」
「同じ所からきてるに決まってるやろ。いろんなアドレス使ってあっちゃこっちゃからメールしてる風を装ってんねん、おおもとは一緒や。だからこんな短期間で資産が跳ね上がんねやろ、みんな無視するから。いい加減気付いてもええのにな、訂正するのは額じゃないってトコに」
「最初は何百万とかのレベルやったのになぁ」
「68億までイっちゃってるから、もう100万円がケチくさいもんな。ホンマにくれるんやったら相当な金額やのに68億を出されてるもんやから100万ごときではとか思っちゃうもんな。かすむかすむこんなにかすむ100万円知らんわ」
振込口座登録も完全無料!やって」
「ただし、口座登録の際の事務手数料29500円(税別)は別途かかります。」
「もらえる68億からその事務手数料を差し引いて振り込んでくれたらええねんけどな」
「そう返信してよ。迷惑メールが毎朝200件くらいくんで。毎朝それを削除することから一日が始まんねん。日課が出来てええやんけ」

間違いメールを装って私とコンタクトを取ることに成功した迷惑メールの主、東京の女優のタマゴ千絵ちゃんはどうしたのでしょう。あんなに「これも何かの縁」をアピールしてきたのにすっかり疎遠になっているではありませんか。もう3ヶ月も音沙汰が無いじゃないの。私の調べによるとオーディションに受かったというメールがくることになっているのだけど。我が事のように喜んであげる心の準備はもう整っているのに。私の千絵はオーディションに受からず、違うひとの千絵がどんどん私を追い抜いている模様です。

ん?アヤシイぞ…という己の勘を信じた者が検索という特殊能力を使った結果、辿り着く情報が、私の笹本千絵日記となっております。


かように世の中には、不思議がいっぱい。

やっと宮崎シリーズが終わったかと思った皆さん残念でした、これも宮崎シリーズのひとつなんですよ。しかしご安心ください、最後のひとつですから。

さて、陸の孤島みやざきは神秘と不思議のパワースポット県です。
コレはスゴい!という人工建造物としてシーガイアっつーのが宮崎にはあったんですけど、ま、今もあるんですけどね、フェニックス・シーガイア・リゾートとして。
開業当初には大規模に宣伝しまくったオーシャンドーム。
果てしないオーシャンビューが無料でご覧いただけサーフィンを楽しめる海が目と鼻の先にあるのに、人工ビーチでサーフィンが出来るほどの高波を起こすオーシャンドームは赤字が続いて2007年に閉鎖されました。2007年まで閉鎖されなかったことのほうが宮崎県民として驚きではございますが、宮崎の巨大プロジェクトで負の第三セクターは今やゴルフと温泉に落ち着きました。

宮崎の正解な在り方やなァと思いますねぇ、つくづく。
富裕層が年に1回くらい長期滞在するとええとこなんですよ、宮崎。
あっこも行きたいここも行きたいなんて場所がちっともないから、他の観光地と違って疲れません。ホテルでゆっくりして、ゴルフして、温泉入って、ゆったりして、ゴルフ。ほんで温泉。その繰り返し。

第三セクターでちょっと観光事業に迷走しましたが、宮崎は昔から観光には神秘という目に見えないチカラを使ってきました。クルスや鬼の洗濯板といった大自然の不思議を「こうやって見ます」と教えるだけ。ただそれだけ。「ほらここに来て、こうやってみて。ほら、ひんやりするでしょう?」「ホンマや~なにこれ~不思議~」目に見えないチカラをカタチにする、それが宮崎の観光事業です。宮崎は「どう神秘か」「どう不思議か」を教えられその知識で巡る旅なのです。

ではそんな、知ったからこそ不思議が増す神秘のトリックをひとつ、ご紹介しましょう。

d0137326_15361519.jpg

日向市、大御神社です。

d0137326_15372338.jpg
弟の嫁が初詣はすんごい人・すんごい行列と言っていました。
「え?大御よ?」と聞き返したましたが「うん、大御。」と言い切るので「大御で人の行列なんて見たことないけど」と訴えたら、正月の初詣だけはスゴいらしいです。そっか…私、正月に大御神社に行ったことないな。
大御神社は伊勢ヶ浜に行ったついでに寄る場所で、授業をサボっていることがパトロールの先生にバレないように身を隠す場所だからな。
d0137326_15362259.jpg
ありがとう、大御神社。ごめんなさい、大御神社。
d0137326_15362478.jpg

救世主、大御神社は海辺の神社です。

d0137326_15362905.jpg
こんなに海を望める神社で景色がいいのに、写真を撮った日がたまたま曇天だったので、このようなホラー画像となってしまい、とても残念です。
d0137326_15363176.jpg

神社から海へと降りて行くことも可能です。

d0137326_15392110.jpg

境内から神秘スポットへも直結。

d0137326_15394222.jpg
直結はしてますが、距離はそこそこあります。
d0137326_15400417.jpg

途中に出てくる亀の岩。
よくあるでしょう?〇〇の形に見える岩。亀っぽいのよ、岩が。亀と言われて見れば亀というおなじみのカンジ、てな視点で見ていただいたら結構なんですが、

d0137326_15400767.jpg

スケールは予想以上です。
もうね、海込みの亀だからね。
海に向かって泳いで行っちゃうと思うな。

d0137326_15400905.jpg

さて本題の神秘『龍宮』への道です。

d0137326_15401312.jpg
アップダウンが激しいですよ。
d0137326_15415172.jpg

膝にキます。

d0137326_15411837.jpg
d0137326_15430546.jpg
画像では傾斜がわからないので、ヒー坊が登っているさまを撮ってみました。
d0137326_15430783.jpg
d0137326_15441342.jpg

このような傾斜角度です。

心臓破りの階段を降り切ると、岩場の洞窟があります。

d0137326_15451769.jpg
鳥居が目印。

向かいは岩場の海。

天井が低い建物や高さの無い門などで、「人柱しとこうかな…」と言い出して写真機を渡した時のひとの反応は2パターン。知らないまま写真を撮るか、「なんなん?それ?」と聞くか。

d0137326_15444171.jpg
長柄の人柱伝説でご検索のほどを。
d0137326_15465289.jpg

岩窟の突き当りにある祠の前には「振り返って下さい」という立札がありますが、実際にここから振り返った景色は、こう。

d0137326_15472189.jpg

私の視線が下ですからね、だって。

龍を見るためには位置関係が大事なんです。
ただ振り返るだけでは、とても龍は拝めませんよ。

単なる岩窟の入口として見えるだけです。

d0137326_15474791.jpg

ココというポイントが示してありますのでまずはソコへ移動。

d0137326_15474927.jpg

そこからの景色がこんなカンジ。

d0137326_15490924.jpg

微調整を自分でやって、龍を出現させる必要がございます。

d0137326_15494432.jpg

このあたりですね。
でも、これでは天然光量がありすぎて龍の輪郭がぼやけてしまいます。
そこでカメラのほうのモード設定を駆使しましょう。

d0137326_15475735.jpg

ハイ、昇り龍。

これが神秘と不思議のトリック。
宮崎の観光は知識と技術が必要ですが、想像力と感受性でカバー出来ますのでご安心ください。





[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-04-11 15:58 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

伏線だらけのサスペンス

サスペンス業界で伏線祭りが流行っているのだろうか。

リアルタイムでドラマを観なくなってからというもの10年ほどでしょうかね、ネットの動画で映画を観たりドラマを一気観したりしているんだけど、このところサスペンスを2本観たの。
ひとつは2時間のサスペンス、もうひとつは20話からなるサスペンス。
この2本でサスペンスを語るとは横暴の極み、と思っておいででしょう。
数年前からちょいちょい観てるサスペンスとか刑事モノでもやっぱりそうなの、数年前からサスペンス付近で伏線祭りが開催されていることをキャッチしました、やっと昨日。


伏線だらけだとこんなに視聴が疲れるんだなァ、と思ってね。
私が「伏線か…あぁこれも伏線か…もしかしてこれも伏線か?…おっとここにも伏線らしき…」とひっかかりすぎかもしんない。
それが狙いってカンジもするけど、とにかくサスペンスが違う意味で疲れるのよ、もうサスペンスはいいや、簡単で疲れないコメディとかにしよう、と思いました昨日。


ネット社会になって情報が溢れ、ちょっとやそっとのことじゃ『コレは知的だ巧妙だ!』とならないのは解るけど、伏線を張り巡らしたばっかりにストーリから興味が逸れてしまって仕方がないのよね。
私が注意散漫なのか…いいや…私は集中力はある女、集中力しかないと言ってもいいオンナ。目の錯覚を利用した幾何学模様の真ん中の点に集中すると周りの点が消える!みたいな図を見せられた時に「なに言ってんだ!私はそんな小細工を施した一点に集中しなくったって、ひとつのことに集中するだけで常に周りは見えちゃおらん!」と思ったくらい、一点集中型のオンナなの。

巧妙さとか知的さとかがよく出来てるな~という感想よりも、サスペンスであっても登場人物の心の変化とか意表を突いた判断とか思ってなかった行動とかね、ストーリー上の展開や背景の濃さからなる人間の機微に感想を持つほうが観ていて楽しいと思うんだけど、斬新な手口とかのほうが人気なのかなァ。


そんなわけなので、私は昔っぽさをふんだんに取り入れて懐かしい新感覚を大事にしていきたいと思います。

さて、帰りのフェリー、宮崎港。

おぼえておいでですか、出発時点の内容で宮崎港の辺鄙さを見たら神戸港を辺鄙と思ってゴメンと謝りたくなると言ったのを。
お忘れのみなさんのために、今一度、神戸港をごらんいただきましょう。

d0137326_16503568.jpg

うら寂しいですか?

d0137326_16503844.jpg
停泊しているフェリーからの眺めが『遠のく街並み』といった雰囲気ですか?

実に、ちゃんちゃらおかしくってよ。


これが、うら寂しいです。

d0137326_16512140.jpg

停泊しているフェリーから眺める『遠のく街並み』とは

d0137326_16512486.jpg


こうです。

d0137326_16512679.jpg

辺鄙とは、こうゆうことなのです。

d0137326_16512883.jpg

陸の孤島、宮崎からお送りしました。

なぜ宮崎に帰るのにフェリーなの?安いから?
それもありますでもそれは一番の理由ではありません。

フェリーで帰る最大の理由がコレです。

d0137326_16541160.jpg
d0137326_16541375.jpg

車ごと帰らなければ宮崎の公共交通機関は麻痺しているからなのです。
バス一本、電車一本、乗り遅れると大変なことになるから、車がアシとして必要なのです。


これが、帰りのフェリー。

d0137326_16571085.jpg
d0137326_16571231.jpg

「ハイ、おみやげ」
とか言ってやっすい合成写真のような画像を添付してメールをするとどう撮ってるのかと聞くひとがたまにありますが、いまのひとたちはデジカメの良い時代になったというのにやらないんですか?合成写真遊び。

昔はネガだったので、この遊びのつもりで撮った写真が現像すると失敗だったということがよくありました。しかし世の中は便利になりましたなぁ、撮った写真の確認をすぐに出来るので失敗をその場でリカバー出来るので合成が何度もやり直せます。
しかし私はインスタントカメラで合成写真遊びをしていた時に培った技術をカラダが覚えているので、自分で撮る分に関してはあまり失敗はしません。


それでは遠近法のコツをつかんで、合成写真(やっすいほう)遊びをしてみましょう。

まずは手を、手前に用意します。

d0137326_16571546.jpg

位置がポイント。
合成したい奥のフェリーを「つかみたい」ので、4指がちょうどフェリーの高さになるような位置に手を持ってきましょう。

d0137326_16571887.jpg

それではつかんでいきますが、いきなりつかんではいけません。
まずは「つかもうとするカタチ」をつくります。

d0137326_16585546.jpg

フェリーに沿わせるようにして指の幅を狭めていくわけですが、この時、問題になるのは何だと思いますか?ひっかけ問題ですよ。

d0137326_16585755.jpg

正解は、木でした。
人は動いていることが多いのでさほどの問題ではありませんがこのようにフェリーと手の間に木が入ることでつかめていない写真になります。

かように、合成写真(やっすいほう)は、位置がポイントになってきます。
そのままちょっと右に手をズラすだけで、やっすい合成写真の出来上がりです。


d0137326_17022369.jpg
フェリー船内の壁にはあの頃の宮崎が埋め込まれています。

d0137326_17022585.jpg
昭和40年代の宮崎新婚旅行ブーム。
平成28年に再び新婚旅行でアてるにはなかなか厳しい交通事情ですが、新幹線も高速道路も宮崎を見捨てているのに、新婚さんが宮崎を熱望するとも思えません。
d0137326_17022973.jpg

どこまでも広がる青い海と空、フェニックスの葉陰を散策するカップル。
そこはアベックにして欲しかった。 ※個人の希望です

d0137326_17023283.jpg
新しい時代を受け入れるんだ、宮崎。
過去の栄光にすがるな、宮崎。
メッカだったことをかかげるな、宮崎。
宮崎ブームは『陸の孤島』を推すんだ、宮崎。
孤島から出て行かない、なんじゃこら大福・なんじゃこらシュー・はせがわだんごがあるじゃないか!

観光ガイドにはあまり載っていないかと思いますがね、宮崎にお起こしの際ははせがわだんごしょうゆだんごを食べてください。みたらしも売っていますし、いろんなサイドメニューの饅頭が置いてありますが、はせがわだんごの看板はしょうゆだんごなので、しょうゆでなければはせだんを食べたとは言えません。本店は、日向市です。しょうゆです。

行きは雑魚寝の2等でしたが、帰りは2等寝台なのでベッドです。
通路を挟んで向こうとこっち。
「だんごちょーだい」
「はいよー」
「お茶ちょーだーい」
「へーい」
と貿易が行われます。

d0137326_17053850.jpg
スリッパを履いて行くほどの距離ではないので、ベッドの中から手を伸ばして売買成立。
d0137326_17054132.jpg
落とした場合は共同海損です。

「だんごちょーだい」
「はいよー」

d0137326_17054417.jpg

「だんごちょーだーい」
「はいよー」

d0137326_17054721.jpg

「ねぇ。なんでそやっていっかい自分の掌にのせて渡すん?なにか特別な意味でも?のちのち考えてることがあるとか?」
「えーだって…棒をまぅが握ったほうがいいやろ?」
「棒をこっちに向けるのにわざわざ掌の上に寝かせんでもええやんか、私ならこう渡す」

d0137326_17055092.jpg

「そうか~!なんやそーやって渡たせばいいんか~!そうゆう頭はなかったわ!」
何かの伏線かと思ったら単純に何も考えず、箱に入っていたままの姿を再現してみせただけでした。






[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-04-10 17:13 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

春だから

私は今日、これから夜桜お花見に行きまーす。

その前に、ブログを更新して行きまーす。


宮崎県庁前メルヘン。

d0137326_17144256.jpg
ほらメルヘン。

d0137326_17144496.jpg
ほらメルヘン。

d0137326_17144694.jpg
いつまで宮崎シリーズが続くんだ、とお思いでしょう。
あとちょっと続きますよ、残念ながら。


ほらメルヘン。

d0137326_17153238.jpg

ほらメルヘン。

d0137326_17153446.jpg
ほらメルヘン。

d0137326_17153665.jpg
こんな更新してたら私メンヘルを疑われそうですが、大丈夫です。
普段とさほど変わりません、ちょっと春で朝から花見花見と浮かれてるだけ。
起きたの昼だけど。

なんせ花見に浮かれてるからいつもの長文なんて簡単に捨てるわ。
時短更新。

春の陽気でコレを今さら出してくんのもアレですけど

d0137326_17162101.jpg
2月こんなに分厚い氷が宮崎で張ってるなんて、何十年ぶりかの大寒波なのよ、てことが言いたかった写真だと思う。
いま花見に浮かれてて感情移入がちっとも出来ないけど。


海の幸が食べたい!と言ったら、無職なのにひーねぇがちょっと高級なほうのお寿司屋さんに連れて行ってくれました。ぜんっっっぜん私らはスーパーで売ってるレベルでもおいしいって感じてるけど「えぇ~~~~いいのぉ~~~?」とか言いつつ、甘える。稼いで帰って、次はおごらなきゃ。
「なんでも好きなものを頼みなさい、ほら」
「えええええ~~~~いいいいいいのぉぉおお~~~~????」

d0137326_17162495.jpg

ありがとう、ひーねぇ。
ごちそうさま、ひーねぇ。



こんなコ洒落たパクっと一口程度のスィーツでも、私は食べられない。

d0137326_17162603.jpg
男諸君よ、女だからってみんながみんなスィーツを好きだと思うなよ。

「はぁ…たったこれだけをパクっと食べられない『苦手やねんケーキ』と言った時の地球外生命体を見るような周りの反応よねぇ…」
「あ。んじゃ私もらうもらーう、やった~」
「アンタ…ほんと変わったよねぇ…ひーねぇだって生クリーム苦手だったじゃん!プッチンプリンを数年に1回、それが私たちのデザートの全てだったじゃん!」
「自分でも驚き。まさかケーキをおいしいと思って食べられる日が来るなんて」
「私も中年になったら食べられるようになるんかな…」
「そうなんじゃない?なるかもよ?」
今年41歳。
もうそこそこ中年だけど。



「あのーこの日向夏の味ってのはもうないんですかね?」
「すいませーん、売り切れてしまって」
「こっちの平兵衛酢も?」
「はい…そちらももう売り切れで…」
「あぁ…じゃぁココに見えてるだけってことですかね?」
「そうなんです、すいません…。そっちの前にある平兵衛酢アイスならあるんですけどねぇ…」
「前?どこ?」
「コレです」
「あぁ…こっちか…」
「安くておいしいですよ」
そもそもあんまり食べたいと思う事もないアイスだから、ちょっと贅沢してワンランク上のディッシャータイプって思ったのに、売り切れてるからって市販のモナカをおすすめされる。

「ほんじゃ、こっちのモナカとこっちの何か残ってる味のヤツ買って、シェアして食べようか」
「そやな」
「アンタ味選んだら?」
「じゃぁ、ゆずで。」
「んじゃ、あっち座っとくからアンタ受け取ってきて」

「あのおばちゃんが、シェアするからっておまけしてくれたで。多めに盛っとくね、て。得したな?」

d0137326_17162863.jpg

いらんことせんでええねーーーーーーーん!
そのままの量でええねーーーーーーん!
市販のモナカを買った時点で私の中のスィーツ容量を超えとんねーーーーーーーーん!
「ありがた迷惑やねんけど…私もう食べられへんのに…」
「大丈夫やで、ボクが食べれるから」
育てといてよかった。
私の足りない部分を補ってくれる存在に育てることが出来て、本当によかった。

ありがた迷惑だなんてゆぅてすんません。
せっかくのご厚意なのに、生意気なことをほざきまして、本当に申しわけございません。


そんなわけで、夜桜夕食お花見へ行ってきまーす。
毎年恒例のスィーツタイムでは、生クリームが入っていないカスタードのエクレアを探す、というお時間に苦労します。
年々、エクレアのダブルシュー化がすすんでいて大変です。






[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-04-05 17:20 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

レトロモダンファンタジー縣廰

私は宮崎県民の人生よりも、関西人になってからの人生のほうが3年ほど長いので、関西の暮らしの中で宮崎弁をしゃべるようなことはないけれど、言葉の下地が宮崎弁なので、慌てたり急いだりビックリしたり怒った時などの言葉がつい方言になってしまう、ということがある。

先日も、沸騰しているお湯の中からくっついてしまったパスタをはがすという作業の説明をヒー坊にしていて、無意識に方言を使っていた。
そもそもかたまってしまったのはパスタをバラさずに投入したヒー坊の技術不足にもかかわらずヤツは「じゃぁ箸で混ぜながらくっついた部分を次々にすぐにはがしていく!今なら間に合うから!」とのアドバイス内容を汲み取れなかったのだ。
時間との戦いなのに悠長に「どうやってぇ?」と聞くので、イラっとして答えた。
「箸でまぜながらくっついた部分が出てきたらいちいち剥がす!こやってこやってやんねん!出て来たら出て来たひこ!!」
するとまた悠長にヒー坊が聞くのだ。
「ひこ、てなに?」
「ひこ、て?」
「今まぅがゆぅたやん、出て来たら出て来たひこ、のひこ」
「あぁ…出て来たら出て来ただけやって全部」
「全部のことをひこって言うんや~」
「違うよ。」
ひこ、は『だけ』の部分。あったらあっただけ、見たら見ただけ、持って持てるだけ。のだけの部分がひこに当るが、ひこは『該当する分量』という意味合いなので、例えば「電話だけしといて」という時の「だけ」にひこは使わない。言葉だけではなく意味合いをわかって使わなくてはいけない方言があるかと思えば、意味なんか知ったこっちゃなく使っている方言もある。

宮崎出身の俳優、堺雅人が宮崎県のある特定の地域のみ、水がカラダにかかった時に「いり」と発すとトーク番組で話していて短いなァと思った。
私は「いひちゃ」である。これは関西人になった今でも、水が身体のドコにかかっても言う。だってそれ以外に水がカラダにかかった時に出ないんだから。発音的には「いひちゃ」と「いしちゃ」の中間くらいの発音。反射的に出る言葉で早口だから聞いてる人は「いちゃ」くらいかもしれないが、書くと「いひちゃっっ!」が一番近い。
しかしこの方言に意味など無い。
ないが、水がカラダにかかれば「いひちゃっっっ」と言っている。

ソウルランゲッジ方言、摩訶不思議。

摩訶不思議な空気感と言えば宮崎。

一度も来たことがないのに懐かしい、宮崎。

なんだか記憶の片隅にあるような、ファンタジーの世界。

その感覚がないまぜになっている宮崎をご紹介しましょう。

d0137326_18182330.jpg

九州で唯一、戦前から残る宮崎県庁。

全国で4番目くらいに古い、昭和7年に建設された近世ゴシック様式の県庁舎です。
門柱の表札の「宮崎縣廰」がでなくなのは広く県民の声を聴くという意味が込められています。

d0137326_18183160.jpg

サボテン・はにわ・フェニックス・はまゆう。
詰められる宮崎は全て県庁にあると言っても過言ではございません。

d0137326_18190232.jpg
d0137326_18191759.jpg
d0137326_18190760.jpg
d0137326_18191233.jpg

石材がふんだんに使われたひんやり空間。

d0137326_18201556.jpg

県庁に普段どんな用事があるかを考えたら、パスポートくらいしか思い当たりません。

d0137326_18205066.jpg
d0137326_18202060.jpg
県庁マニアとかいるのかな。
d0137326_18205346.jpg
d0137326_18205678.jpg
宮崎はなかなかのレトロ県庁だからマニア受けするかも。

ジブリ感もそこそこあります。

d0137326_18215001.jpg

ちょっと木登りでもして

d0137326_18222938.jpg
d0137326_18232783.jpg

深呼吸でもしてみたらいんじゃないでしょうか。

d0137326_18223260.jpg
d0137326_18223524.jpg
県庁の中で。





[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-04-01 18:28 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

ジジババ遊び

「最近、全然ブログの更新してへんやん」
「そうやねん絶不調やからな。ヒゾ~~~~~に痛いのよ」
非常に脾臓か…ウマいな。」

ブログを更新出来ないほどの不調て、まだないけどね。
入院して麻薬中毒になっていてもブログを更新したんだから、意識を失わない限りは何かしら書いているんだろう、私は。
絶不調なのは本当だけど、不調のせいで更新していないのではなく、他の事をしているから更新していないのです。

その他の事が、こちら↓

d0137326_00052214.jpg

ごったんです!
ごっちゃんです!ではなくて、ごったんです。
南九州地方の民族楽器。
箱三味線とも呼ばれる、全部木で出来た三味線みたいな弦楽器。
ばーさんはまだ生きてるんだけど早々に形見分けでもらってきて、弾き方がわかんないから三線として弾いてるの。
三線って簡単なイメージあったけど、独学でやるとなかなか難しいのね。
指にはめるタイプのピックを使ってなんとなくの雰囲気で弾いている、斬新な三線。

ただいま駄洒落が大流行中である我が家では、それを包み隠さず情報発信している。
そのヘンの親父よりも隙あらばすぐ駄洒落ている。

つい先日もヒー坊がカウンセリングのスタッフに「三重に行くんですよ~」と言ったら三重に何しに行くのかと聞かれ「見栄を張りに。」と駄洒落て大爆笑をとってきたそうだ。あの冷静そうで笑わなさそうなグームさんがアハハハハと笑ったそうだから、大爆笑の沸点が低い私に換算すると片腹よじれてるね。あ・ウソがみえみえですよね。…まァこんな風にダジャレるわけですけどね。



祖父母たちがキーワードのように出してくる「生駒の土地」という場所がある。墓参りと並んで訪れる頻度の高い場所なんであるが、この田舎で表現するところの「土地」や「山」というのはクセモノである。
個人が所有する自宅から離れた場所にある「土地」や「山」というのは手入れが要るのだ。
この「生駒の土地」もかつては農作物を作ったりなんかしていたが、祖父母もトシをとるにつれてバイクに乗れなくなり、今ではふたりともそれぞれに失明したり半身不随になったりと立派な障害者である。
それでも離れた場所にあるこの土地が荒れ果てるのは忍びないようで、他者に手入れを頼み、こうして娘や孫が集うと連れだって様子を見に行く元気をみせる。

「うわっ!ふきのとうがそがらしっ!こぃやうえちゃっとね?」

d0137326_00085230.jpg

「んじゃねど。時期がくいやればわがではゆっとよ」

d0137326_00084906.jpg
解説しよう。
祖父母がしゃべっているのは、モロカタ弁(標準語表記では西諸弁)
日本人がしゃべっている日本語だけども、諸県(モロカタ)育ちでなければ同じ宮崎県民であってもヒヤリングでさえ難しい方言なんである。→参考動画

上記の会話の内容は、「うわっ!ふきのとうがいっぱい!これって植えてるの?」と聞いた私への祖母の返事が「違うよ。季節になれば勝手に出てくるんだよ」である。

じゃけんど諸県弁なあんたがたなつうぜんどが。いっき通訳がいっでね。こけけちゃればよかっちゃろどん、ゆえばげんねかこいですったいけ忘れっしもてひんだれてのさんが。あん人どんのしゃべいかたがおいもおいでねあんどすいが、もへ標準語でよっみゃん、でしたが。

(上記標準語意訳:以降の祖父母との会話ももちろん諸県弁なんですが、通じやしないので通訳が不可欠となってまいります。ここに訳を書けばいいだけのことですが、実は白状しますと、普段使う相手がいない方言なもので大半を忘れております。会話というのは相手があってのものですね、ひとりきりで書く作業をする場合の方言は、ただただ疲れるばかりです。そんなワケでね、諸県弁に変換することが面倒臭くて飽きております。最初から標準語でお読みください。)

「生駒の土地」をぼちぼち歩く、ばーさんと、ひ孫。

d0137326_00121536.jpg

「まァ…ほら。いい光景だねぇ」
「ほんと。まるで昔からの友達みたいな距離感やな。数回しか会ったことないくせに」
「それが、血よ。」
血を分けた肉親の距離感が、コレです。

d0137326_00121880.jpg

じーさん、去年も教えたけどね、目を隠す借金ポーズは、ギャル風ピースじゃないで。

d0137326_00125924.jpg

じーさんが被っている中折れ帽は、私の。

荷物を車から家にせっせと運んでいると、じーさんがえらく私をずーーーーーと見ていて視線が熱すぎるので、なんぞ私によからんモンが憑いてるのが見えてるかとおもて「何よ?」てきーたら、私の頭を指差してじーさんの曰く。
「まぅ…オマエは…その…」
ひたい?
あぁ、この、数ヶ月前からおでこが真っ赤になっているこの症状のことか?
「その帽子は…いい帽子だねぇ、とてもイイ。いくらした?」
「帽子?!ずっと帽子見てたの?私じゃなくて?」
ねーねー1年ぶりに会った孫の顔をじーーーーと見てさァ、そんなに会いたかったのか可愛いやっちゃのぅ~て思ってたら、帽子やて、私じゃなくて。と言うと、娘のひーね大爆笑。
「その帽子はどこに売ってたんだ?いいねぇ、いくらした?」
まだ帽子の情報欲しがってるよ、私の情報はいらんのか?難病中だけど体の心配とかしたほうがいいんじゃないのー?と言うと、娘のひーね天を仰いで大爆笑。
「大阪で買ったのよ、1000円」
「ほぉ~…それはイイ買い物をした。」
「でしょ?買い物上手でしょ?」
「う~ん、買い物上手だ。その帽子は置いていけ。」
そんなワケですぐに奪われました

私の帽子を被って家の中を徘徊し、隠し持っていた2000円を手に「これでまたイイ帽子を買え」と、倍返しするじーさん。
「お金はいいから、あげるよあげる帽子。欲しい帽子があるなら私が大阪で探してプレゼントするよ、何かある?」
「お~そうか~それなら暗い色の鳥打帽がねぇ、白いのはいらんから黒いのを。」
スゴイな、帽子愛好家てすぐに希望が言えるカンジなんだ。
「なに?トリウチボウて?どんな帽子よ?」
「そこの…玄関にある白いヤツが…それが鳥打帽じゃ~」
「へ?どれ?」
玄関には、売り物かと思うくらいの帽子が積み上がっておりましたとさ。
「それ、よ。」
「それ、に該当する帽子がたくさんあるんだけど?」
一番上か二番目かそこらへんにある白いヤツ。
…白っぽいのもひとつじゃないけどな。

「なァ、じーさん?こんなに帽子が要るか?じーさん今日は頭ひとつしかないけど、明日には増えるの?」
「いいや、増えん。増えんが大事な大事な頭じゃ」
隠して出し惜しみするための帽子が必要だそうです。
「ハンチングね。鳥打帽って言うんだ…じゃぁ大阪で見つけて早速送るから、長生きしてずっと使ってよ?黒い鳥打帽ね」
「う~ん使う使う、150まで使う」
じーさん達者やな、あと59年生きる予定。

私が子供の頃によく遊んだチューれぇ塔

d0137326_00182534.jpg

そう、私の発音ではチューれぇ塔
子供ってのは、聞こえたままを発音します。

d0137326_00182761.jpg
しかし、本当は忠霊塔

忠義や忠誠をもって戦争に出兵し戦死した者の霊に対して、顕彰または称え続けることを象徴として表す塔で、全国各地にあります忠霊塔

子供の頃に乗って遊んだデゴイチは

d0137326_00183039.jpg
いまや見るだけになっておりました。
d0137326_00183232.jpg
これデゴイチじゃないと思うんだけど、D51でなくても蒸気機関車のことを総称してデゴイチと呼び、公園名がちゃんとあるんだけども蒸気機関車があれば通称デゴイチ公園ってことになってると思うんだよね、全国的に。
それでこれから先ね、いつか「ココがなんでデゴイチ公園なのかわかんない」て子供が言い出す時代が来ると思うな。乗って遊ぶことが出来たデゴイチに乗れなくなって見るだけになってそのうち撤去されてね。でも住民の通称デゴイチ公園の呼び名だけは継承されて。
昔おばーちゃんが子供の時にはココに蒸気機関車があってねてハナシに耳を傾ける孫がどのくらいいるかな。
塾や習い事に毎日忙しくて、夏休みや冬休みにまでも特別講習とか行ってたら、おばーちゃんと散歩したりする時間はないよね。
おじーちゃんやおばーちゃんと遊んでみるといろいろ学ぶんもんだけども、その中でも一番の学びって「なんでもないことで笑う」てことだと思う。

今は箸が転がってもおかしいトシやちゅうて、中学生くらいの時にじーさんがテーブルに箸を転がして私をいとも簡単に笑わせてたけど、つまようじでいけるな年寄りのゲラは。こういうトシのとりかたってええなァ、と思える自分かどうか、ていう再確認も出来るしね。年寄りとは遊んどいたほうがええよ。

「ほら。霧島連山が見えるよ~」

d0137326_00213366.jpg

「どれ?」
「あれよ」
「どれよ?」
「あれよあれ、あそこの。」
「どっち?こっち?あっち?」
ひーね、ホヤ~ンとしか場所を言わない。
遠くの山なのに、目印らしいもんもないのに。
「全部よ」
「全部かいっ」
「あそこの、あれよ。女の人のカタチしてるのよ霧島連山」
「どこが?女の人ってなんでわかるのよ?」
ディープなアピールしかしていない小林市の一点推し大自然のエロアート陰陽石ならいざ知らず、山にまで勝手に女を投影してくるなんてやりすぎじゃないか。

「こう…顔があって…胸があって…まァ寝てるのよ」
「なんか…よくわからんな。」
朝食を喰わせてやったヒー坊が、こんなことを申しておりますが。

見る角度の問題なのかな。
つまり女は仰向けに寝ているそうだ。
予想だが一晩中寝返りは打たない寝相の良い女だ。

まァ聞かんこともないけどね、連峰の「美しい女性の寝姿」てヤツ。
でも「美しい女性」かどうかなんて何で判断してるんだろう。
山なんだし、顔があるわけでもないから、ソコはやっぱ胸が大きいとかクビレてるとかの身体のラインで美しい女性だって判定してるってことになりませんか。
多くの女性が寝てる時って美しくはないと思うけど、個性的な女性の寝姿じゃサマにならないもんね。

d0137326_00224407.jpg

小林市近辺で度々見かけたレトロなハイテク機器。

d0137326_00224610.jpg

ストレスチェックをする機械で『元気くん』

d0137326_00224996.jpg
この機械でストレスチェックするひと、元気から遠ざかってると思うけど。

d0137326_00225102.jpg
脈拍でストレスチェック。
東洋医学だね。
d0137326_00234219.jpg

この機械に100円を投入することが私にはストレスだが、このシンプル判断の表によると、心拍数が100以上の頻脈で脈が速すぎる時、ストレス指数は80以上でハイストレス、という認識でいいのだろうか。ハイストレスだと書いておきながら「お疲れですね」と酔っ払いをあしらう一言が添えられている。100円だからか?
逆に脈拍50以下の脈が遅すぎる状態だと、苦しくてこれはこれでハイストレスかと思いきや、リラックスのベストコンディションとまで言い切る。
あれかなそしたら…座禅とか組んでみたらベストかも。

耳が聞こえず目も半分見えてないじーさんが、孫の私のためにハチミツ湯を作ってくれると言う。
前日、マイハニーの瓶のフチに付いているハチミツを指に取って何度も何度もねぶる姿からプ~さんと命名されたじーさんがまたねぶる姿を動画に残しておこうと企むも、今日はとうとうねぶらんかったさ。

d0137326_00234504.jpg
う~ん…ナショナルジオグラフィックよ…こんな苦労をして映像を撮っているのか…動物相手ってなかなか思うような映像が撮れないもんなんだなァ。


「さ~花札やろか~」
我が家の祖父母との遊びと言えば、代表格はやっぱ花札だね。
日本人の花札離れはえらく深刻みたいで、花札で遊んだことがない日本人の多いこと多いこと。私と同じ40歳で何の説明もなく「花札やろか」で花札やったひとはまだいません。

我が子に教えて我が子と花札をしていたら、関西生まれ関西育ちの父親のむーもその母のおばーちゃんも同じことを言いました。
「ひーちゃん!アンタそんな悪い遊びしてんのか?!」
任侠映画や賭博のイメージで汚れましたな、花札。
まァ確かに小銭は賭けるけど、子供相手の時にはおやつになったりマッチ棒になったりするのが家庭版花札でございますよ。

長らくやっていないからなァとか言いながら、記憶を呼び起こしつつ花札を始める。
「ええっと…場札なんぼの手札なんぼ…てあるよね?なんだっけ?」
「場…8…手…6…なんか違う…」
「バハチテロク…テシチ…」
「バロクテシチ!!!」
「お~~~~~それやそれやバロクテシチ!」
場6手7ね、場札6枚に手札7枚のスタートです。
やり方が曖昧なヒー坊が、わからんわからんと言いながら参加。
「なー…これボクやりかたわからへんで?」
「そんなモンやねん。それが花札。ルールわからへん子供がわからんまま入って、ねぇこれ取れる?何かええヤツ?これ出したほうがええ?とかゆぅてジジババに教えてもらって覚えるんが花札やから、それで正解やねん。ゆーとくけど、ジジババは花札は本気やからね。子供相手やからって手加減は一切せん」
「えー…」
ええカモになって2~3回ほど泣いたりわめいたりするのが、花札です。


「ハイ、おザブ。」

d0137326_00235015.jpg

「これさぁ…なんで?花札の時っていっつもおザブ敷くよね?」
「さぁ?理由は知らんけど、花札の時はもう自動的におザブやから…」
「ねぇばーさん?このおザブって何か敷く理由あるの?」
「花札を打つのに要る!」
「あ、要るねんて。」
「あ、そう。」
そうも強く要る!とばーさんが言うんならもう理由はともかく要るんだろう。
韓国のドラマとかで花札やってるシーンとかあるんだけど、その時も、下におザブではないけども毛布的なモンを敷いてるんだよね。花札と敷物ってセットなのかな?誰か理由がわかるひとがいれば教えてください。

d0137326_00234729.jpg
私の予想では、まァ賭博の要素が高いから秘密の賭場みたいなトコで花札をやってる時にガサ入れが来ても、パッとおザブを裏返して一発で花札を隠せる、と。でもそんなコトで摘発されないとしたら、おザブってすごい役割だよね。

「ねぇ、これ…何と何は午後から何やと思う?」

d0137326_00235257.jpg

「うぅん…そうやなぁ…」

d0137326_00235699.jpg
聞く話によるとゲートボールの人間関係ってややこしいみたいやで。
飛び入りなんてとんでもないことでございますわよきっと。






[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-03-29 01:02 | +朝臣寺+ | Comments(0)