カテゴリ:+朝臣寺+( 171 )

劳力士、お高いってよ。

「ロレックスのカタログいる?」
「いらんよ、なんでよ?」
「いや、ロレックスの店の前にカタログあったから。」
「ほならせっかくやから、見るだけ見てみるか~」

d0137326_01530357.jpg

高級感溢れるてこうゆうことを言うねやろうか。よくわからんけど」
「これを人間に置き換えるとパリコレのモデルが油田の前でポーズ決めてるみたいなコトになるんかな」
「なかなかダサいけどな、それ」
お金の匂いをプンプンさせるとダサくなるみたいですよ、みなさん。

d0137326_01524400.jpg

劳力士て何やろ?」
「ロレックスやろ」
「ロレックスてこう書くんや」
「ロレックスカタログの上に劳力士目录てルビあんねんから、そうやろ。目录が『目録』的な意味の漢字っぽいからココがカタログで…残された劳力士は自動的にロレックスにならへんか?」
「そうやなぁ…なんかロレックスって感じしーひんな」
劳力士…苦労に苦労を重ね徐々に上り詰めて地位を築いた恰幅の良い選ばれし男というイメージ。髪型は大銀杏。

「ほならせっかくやからアレやるか」
アレ、て?」
「この中やったらドレが欲しいか『せ~の』ハイこれ~!て指差すヤツ。」
「あぁ…あれね。ぜんぜん買う気とかはないけどあえてこの中から選べって言われればコレかなァ…ていう上から目線のヤツな」
「それそれ。興味なんてサラサラ無いし買うつもりも一切無いけど選ぶだけ選ぶ、不毛なオアソビ
ロレックスのカタログでやったらかなり何様的な上から目線を演出でき、オアソビの不毛さがハンパないと思うぞ☆

「んじゃこのページね~」

d0137326_01570433.jpg
「ハイ、せ~の!」
d0137326_01575261.jpg
うわーーーーお目がたけぇぇえええぇぇえぇぇえぇええぇぇぇぇええぇぇ!!400万超えとんで。こんなん買う人いてんねやろか?時間見るだけやのに」
d0137326_01575549.jpg
おたけぇーーーー!ボクのんでも150万してるで」
「すっかりもうオーナー気取りやな。アンタのんちゃうわ、こーてもへんのに」
「オーナーって…」
「きっと買った人のことオーナー様とか言うで。400万も払うねんから会員制ホテルのオーナー相当やで、立派に。ロレックス買う人は上得意様とかじゃない、オーナー様。メンテナンスに行ったら金粉が浮いてるエスプレッソが出て来る」
「マズそう、エスプレッソ。」
「おじーちゃんもそう言えば正月にお酒買って行くけど、どうゆうのがいい?て聞いたら『金粉入ってるのだけは買ってくるなよ』て言ってた。金粉ってマズいのかな?叶姉妹とかが体中に塗ってそうやけどなァ~美のお供」
「美しくなったり健康になったりするための食べ物って、あんまりおいしいって聞かんよな」
d0137326_02001948.jpg

保証の12年コースってうっかり忘れそうやな」

「お!100万切ってるで!」

d0137326_02005183.jpg
「ほとんど1000円やねんけど990円にして安いと思わせる価格設定の100万バージョンやな、999,900円!」
「十分、高いけどな。」
d0137326_02011558.jpg

「おおお!839,900円!3年保証やったら818,000円までお安くなったで!」
ロレックスプライスだと価格破壊やろけど、お口の恋人ロッテのグッドプライスバーなら1本60円まで価格破壊が進んでるんですよ、みなさん。あ、でもそろそろ値上がりしたかも。

d0137326_02024762.jpg

「不思議やなァ…150万!とか300万!!とか1600万?!て値段を見た後やと479,900円が安く感じるもんな。もう買いやな!とか思うもんな」
「買っておいでや、479,900円12年保証キャッシュで。」
「ないけどな」

あるならこんな会話なんかしんと、とっとと買いに行っとるわな。
つーかカタログなんて持って帰ってきてへんやろしな、そもそも。
だから、そうゆう不毛なオアソビなんだってば、これが。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2017-01-29 02:08 | +朝臣寺+ | Comments(0)

年越しNew Year 2017

新年明けまして十日ちょいが経ちましたが、正月気分はそろそろ抜けましたでしょうか。
私はまだまだ今月いっぱいは抜きませんのでそのおつもりで本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

私が子供の頃の正月と言ったら、叔母のイネさんがいろんな場所へ初日の出を見に連れて行ってくれました。山や海といった最高のロケーションと買い食い。子供にとって正月の特別感は寝不足と共にあって、感動と疲労がない交ぜになった正月独特の高揚の儀といったところ。今になって思うけどイネさん、体力あったよなァ。いくら20代30代の若さだったとは言え、車の中で眠っている私とは違いオールナイトで散財までするんだから体力的にも金銭的にもダメージは大きいはずなんだけど、子供たちよりもはしゃいでたしな。

高校生の時に小学生の弟ターとイネさんと3人で初詣に行った先で、ターがあれも買ってこれも買ってと駄々を捏ねくりやがり、しつこく欲しがったおもちゃのひとつを買ってあげた挙げ句に自分で持ちもせずに私に持たせ、次を欲しがったのをイネさんが怒って「ターいいかげんにしなさいよ!本当に欲しいものしか買ってあげない!さっきのもまぅちゃんに持たせてるでしょ!まぅちゃんはなんにも欲しいなんて言ってないよ!今日のまぅちゃんは偉いよ!どれかひとつにしなさい!もうあとひとつしか買わないからね!」と言い放ったんだけど、今日のまぅちゃんは偉いよという言い方をしたら普段は偉くないみたいじゃないか…まァおおかた偉くはないけど…と思いつつ、ビービー泣いてるターをほっといてドライブインの中をイネさんと物色していたら、イネさんが食べ物や飲み物の前でいちいち立ち止まって「イカ焼き食べようか?」「寒いけどソフトクリームおいしそうね、半分コしようか?」「たい焼きは?」と言ってくるので、私はこう言い放ちました。

「イネさんいいかげんにしなさいよ!本当に欲しいものしか買わないよ!どうせ全部食べられなくなってターに残飯処理させるでしょ!まぅはなんにも食べたいなんて言ってないよ!今日のまぅは小食よ!どれかひとつにしなさい!ひとつしか買わないからね!」

イネさんはビービー泣かずに豪快にのけ反って笑い、ターは結局なにもいらないということに気付き3人で、正月の雰囲気ってひとを奔放にさせるよねと言い言い静々と参拝は終了。正月ってじつは一番に気持ちを引き締めないといけない日かもしれないけど、真っ先に奔放になってしまう…いけませんねぇ。

そんな想い出をひっさげて今年は【阪急阪神ニューイヤーチケットを使いお得に年越し京都~神戸2017!】を敢行して参りました。もうね、40代のオールナイトはしんどいよ!37時間ほどで約40キロを歩きに歩きヘトヘトになって帰宅後は3年ぶりにぐっすり眠ったので、はからずも結果オーライとなりましたが。健康な状態でも40代の寝ずの年越しは堪えるのに、ここ3年ほど軽快な難病を患ってるカラダでしたもんでね、その無理が祟ったのか、3連休前から地獄の痛みと戦い続けて寝られないことこの上なし。もうね、病院に最終手段のブロック注射を打ちに行っちゃう覚悟も決めましたが、私に施せる鎮痛方法は何もないらしく、現在も痛みと闘っている現状です。年に1回あるかないかの大寒波の影響ですかねぇ…寒いと患者が死にかけますね。

年越し&新年の気温は底冷えのする京都で5度ありました。これは京都にしてはあったかいんじゃないでしょうか。運だけで生きてきたオンナの本領発揮ですね、今年も運だけですかねぇ私ったら。

エクセルでタイムテーブル年越し計画書を作成し、電車での移動時間も含めこれでもかと年越しから初詣までの無駄のない動きを詰め込む詰め込む。詰め込みはするんだけど行った先でのいろんな気まぐれや誘惑にも柔軟に対応する行き当たりバッチリな計画書。

出発の中山寺はライトアップが幻想的。

d0137326_02483449.jpg

でも、まだやってない。
それはそうですね、大晦日の18時ですもんね。
ニューイヤーチケットてのは阪急阪神全線と神戸高速が一日乗り放題の初詣特典が付いたお得なチケットなんですが、これを一番お得に乗れるのが、1月1日なんです。1日利用分に限り前日の「ぼちぼち初詣に出掛けようか~」スタートからのカウントを始めてくれる。つまり大晦日の18時から乗れるのです。そのお得システムで中山寺スタートだったもんで、大晦日の18時は初詣準備にすらまだ着手しておりませんでした。

仕方がないので西宮ガーデンズで夕食を…と移動しますと、大晦日の営業時間が短いのなんのって。致し方なくお惣菜を買ってエスカレーター前のテーブルで食べる…こんなハズではなかったが。

d0137326_02551116.jpg

どうでもいいことですが、この写真を中学同窓生のグループLINEに貼ったら、平野ノラのスタンプだと思われました。OKバブリー。

ふるまい年越しそば目的の神泉苑には2時間ほど前に到着し、だ~れも並んでいなかったので無料でふるまわれるのに不人気なのかと思いながら、コンビニまでクーポンコーヒーを飲みに行っていた隙に、長蛇の列になっていました…こんなハズではなかったが。
「余裕こいて遊ばんかったらよかったなぁ」
「ちょうど私たちの前で終わり、てなったら悲しいから早く人数かぞえて欲しいよなァ…そしたら並ばんとあの方違え式見たいし」

神泉苑には歳徳神という恵方社があって、その年の恵方を向いてお社を拝めるそうな。

d0137326_02592284.jpg
それで大晦日には恵方廻しが行われるらしい。
d0137326_02592552.jpg

d0137326_03004707.jpg
それも見てみたいけど、そばにも並ばないと。それに除夜の鐘をつくのに予約が要らないシステムなので除夜の鐘もついときたい。だから神泉苑での年越しは大忙し。清水寺のような豪快さこそないけれど、こじんまりとしていて風情があって活気がある。地元の商店街が福引で盛り上がってる、みたいなソウルフルな活気。私は今年が初めての新参者だけど。

方違え式は見られなかったけど、ふるまい年越しそばは食べられました。

d0137326_03020726.jpg

食べている途中で写真を撮ったからちょっと汚いけど。

d0137326_03021097.jpg
こんなカンジで大根おろしが乗っている年越しそばなんですけどね、これも食べさしやからちょっと汚いけど。

満腹になったら次は除夜の鐘。煩悩の数だけ鐘をつくので百八つ。108名しかつけませんがココも長蛇の列です。私たちの前にいた若いカップルが、これって何並んでるんですか?て聞いてきましたがね、何かはわからんけど行列あるから並んでみるというそのカンジ、なかなかです。でも、私が除夜の鐘やでと教えたら静かに列から去っていきました。そのお陰でさらにビミョーな位置になりましたよ、と。順番が。

d0137326_03021647.jpg

「このくらいで10人やから…20…30…40… …100…ココらへんが100前後やんか。ビミョーやな、109人目かもよ」
「さっきの年越しそばもビミョーでギリギリ入ってたから、今回もビミョーにギリギリ入ってるやろ」
今年はビミョーだけどギリギリ入ってる、そんな年ですかね。

「わっ!見て~、ココの除夜の鐘って三人でつくらしいわ」

d0137326_03174936.jpg
「ヨユーやん」
「確実やな」
二人で来てるから確実に知らない誰かとつけるで。
順番によっては自分ひとりだけが知らないひととして後ろのカップルとつくことになるで。

d0137326_11395312.jpg
これが三人でつく除夜の鐘。

私たち親子+前のおばちゃんの三人でつくことになり、おばちゃんとアイコンタクトで『せ~のっ』とタイミングを合わせたつもりだけど、なんせたったいま一緒に綱を持っただけの関係だから、息がちっとも合いませんでした。そりゃそうですよね。

d0137326_11395545.jpg

除夜の鐘をついたら厄除守護がもらえます。


そしてこれが夜の清水寺。

d0137326_11395753.jpg

計画書ではマクドであったまりながら休むハズだったんだけど、24時間営業と書いているマクドがまさかの清掃閉店。

24時間営業ちゃうやん!と突っ込んで清水寺へと移動して彷徨いまくり。

d0137326_11405297.jpg

これが夜の音羽の滝。

d0137326_11405566.jpg

暗くて何も見えないけど。
清水寺の敷地は広いので、見える景色もさまざま。

d0137326_11405894.jpg

舞台の下をのぞけばうっそうとした景色。

d0137326_11410221.jpg

夜の舞台はこうなっています。

d0137326_11410476.jpg

道端に軍用手袋(略して軍手)が落ちているように、清水寺にも軍手が落ちているにはいるんですが、清水寺の場合は照明に被せてありました。

d0137326_11424563.jpg

おーい…おいでよぉ…

d0137326_11424893.jpg


寒さ対策のために貼るカイロを持って来たんだけど

d0137326_11425161.jpg
切り口が切れてなくて
d0137326_11425577.jpg

開かNIGHT!


空也上人立像で有名な六波羅蜜寺。

d0137326_11440789.jpg

無病息災を願う皇服茶を飲むのが目的。

d0137326_11440901.jpg

おいしくてたまんないほどのお茶ではないけれど、無病息災なので飲む。

d0137326_11441232.jpg
「無病息災やねんけどなァ…すでに無病じゃない状態で飲んでるねん私。こうゆう場合はどうなんねんやろな」
「これ以上悪くならんのんちゃう?」
現状維持が精一杯のようだな…

帰りしの三社参り売布神社では恒例の無料でもらえる金太郎飴。

d0137326_11441536.jpg

年々ブッサイクになっていってるので、ブサイク中のブサイクを選ぶ。

裏側なんてもう福笑い状態。

d0137326_11441781.jpg

今年もコレにて正月からニタニタしました。
そしてこの一年なにかとニタニタして過ごしていたいものです。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2017-01-12 12:15 | +朝臣寺+ | Comments(0)

お読みもの

ノンフィクションのノンジャンルにしてよく出来た掌小説よりも訴えるチカラの強い、それでいて字数は短歌ほどしかない、絵馬。
ひとつひとつじっくり読みたい、といつも思うけどなんとな~くあっさりとやり過ごすことのほうが多いもの。
だって私に宛てて書かれたものじゃないんですもの。
でもサラっと見ても十分、面白いんですよ、絵馬って。

d0137326_01075588.jpg

「みんなに好かれるのって難しいやんな?」
「八方美人なら可能かもね」
みんなに好かれるよりも、ひとりの理解者を得るほうが君のためだぞ。

d0137326_01075804.jpg

「大好きな人ってひとりじゃないんやな」
「いや、ひとりやな。そのひとりとできるだけたくさん会う機会が欲しい、ちゅう意味ちゃうか」
「なんや紛らわしいな」
「絵馬の書き込めるスペースを考えるとなかなか高度な要約技術が必要みたいやな」

d0137326_01080188.jpg

「国際化社会やのぅ…」
「何て書いてるんやろ?」
「わからん」
「神様って読めるん?」
「神様は読まない」
神様は読むんじゃない、感じるタイプ。

d0137326_01090221.jpg

「スゴイ願いを目撃したな。イグかな?イグじゃないほうかな?」
「イグって?」
「イグノーベル賞」
「イグノーベル賞って?」
「ノーベル賞に匹敵する、才能の無駄使いかな。イグノーベル賞」
ノーベル賞なみに取るとなると難しいんだけどね。

d0137326_01090540.jpg

真実の愛を受け取り自分で自分に幸せになる許可を出す覚悟がない女性は、暗く不誠実で器の小さいゲスの極みのような男性と出遭わないようにご注意ください!!

d0137326_01090888.jpg

パイナポーとアポーはなかよしこよしできて世界中で話題になっていますが、そのへんの畑のぶろっこりーはまだ出番がないようですので、古坂大魔王に伝えておきますね。
連絡先は知りませんが。



d0137326_01095477.jpg
最後のよっしゃ!と言わんばかりのハリガネ人間が絶妙。

d0137326_01095736.jpg

さとしさーん!!

d0137326_01100011.jpg

一生フラフラしている人間は、生涯不安定です。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-11-07 01:13 | +朝臣寺+ | Comments(0)

古都京都のおもてなし

「よしっ!行こっか、こんぶ京都」
「やっとやな」

春に行った京都市役所前での郡上踊りに参加した時に早く着いて時間があったから錦市場でおしゃぶりこんぶを買ったんだけど、クチに含んだ瞬間に溢れ出す出汁っぷりに「京都のおしゃぶりこんぶはこんなにおいしいのかっ!」と開眼しちゃったの。
しかし、行こう行こうとはクチばかりで夏になり、ボンブーハイシーズンに突入したら盆踊り一色となり、季節は初秋をとっくに過ぎてしまってました。

自転車の定期を新規で申し込むのに申請する期間というのがあって、その日がたまたま土曜日になったから、申請するついでに京都錦市場食べ歩き、満を持しての決行です。主目的は、こんぶ。

d0137326_19290288.jpg
京都に行って食べるモノはね、生八つ橋でも湯葉でもわらび餅でもありません。
d0137326_19290507.jpg
おしゃぶりこんぶです。

世の中には待ち合わせ専用スペースというものが存在します。
渋谷ハチ公前、梅田ビッグマン前、名古屋ナナちゃんの下。

d0137326_19290940.jpg
京都駅には「時の灯(待ち合わせ場所)」と指定されている場所が存在する模様です。
その時の灯を見つけるのにさまよった有様ですが、トキノアカリというスペースがこちら。
d0137326_19300032.jpg

ちなみに私がしているポーズは手話の「待つ」

d0137326_19302600.jpg

こちらは「期待して待つ」という手話です。

遠すぎて違いがわからないと思うけど、単語で単なる「待つ」であっても、じつに人間の待つ感情は様々なもんですね。


主目的のこんぶを買ってこれから錦市場の先の先まで歩こうとしていた矢先、まだ何も買い食いしてないんだけど、ちょっと市場をそれたところにあったお土産屋さんに出来心で入ったら、ゴボウのキンピラのカリントウという手間と暇がかかっているおやつの試食をすすめられました。
ゴボウのカリントウではダメやったんかな…キンピラにしてからカリントウにせなアカンかったんか…しっかし極太のカリントウやな…これなら素のゴボウのカリントウでいってもそれはそれで素材感が出てよかったかも…私ゴボウ好きだし…そんなコトを思いながら、試食したらコレが存外おいしいの。それでゴボウのキンピラのカリントウを買ったら「もしお時間があるのでしたら…」と、ゴボウ茶の試飲まですすめられました。
とくに目的もこれといってないし、時間の縛りもないので「それじゃぁ…」と寄ったらもうゴボウ茶どころか試食試食の嵐・アラシ・ARASHI!!「せっかくやから…」と食べる・タベル・TABERU!!二杯目のゴボウ茶も飲む・ノム・NOMU!!雑穀ごはんも出る・デル・DERU!!

d0137326_19305879.jpg

「なんか…ココで一食済んだんやけど…」
「ま…そやな」

大層なおもてなしで腰据えて一食をまかなったので、その後の散歩はどっぷりと日が暮れちゃいました。

「写真撮って~」
「デカすぎて全部はいらへんで?」
「そんなに?」
「そんなに。」

d0137326_19312652.jpg
肉眼ってスゴいですね。
この大きさをちゃんとフレームにおさめてるんだから。
しかも3Dでね。

「写真撮って~」
「暗くて何もわからへんで?」
「そんなに?」
「そんなに。」

d0137326_19313057.jpg
肉眼ってスゴいですね。
この暗さでも見えてんだから。
ひとの顔を認識も出来てちょっと微笑んだり出来るんだから。

私が京都タワーをピーンと立たせている最中、アジア系外人とおぼしき観光客の女性が私のさまを見て「こうやるのかしら?」とジェスチャーしていたけど、こうやるためには、カメラを構えている人間の並々ならぬ誘導力が必要なのです。

「んじゃ誘導してね~そっち側の誘導のチカラがカギやねんから、殆どアンタしか頑張らへんで~」
「えええ~…」
ヒー坊、がんばる。

d0137326_19313395.jpg

京都タワーは私が支えております。

路上パフォーマー、固まる。

d0137326_19313653.jpg
「うわ~何あれ~」
「さっきからずっとおるやん。人だかりそれやで」
「あの髪の毛なに塗ってるんやろ~どうやって落とすんやろ~ガッピガピや~ん」
「へ?…そこ?」

どうなの。
どうやって落とすのさ。
ペンキか?

先斗町は夜のマチやね。

d0137326_19340297.jpg
d0137326_19341759.jpg
夜のほうが風情があるもんね。
d0137326_19341435.jpg

d0137326_19342001.jpg
路地の狭さとかも、風情・風情。

d0137326_19361689.jpg

納涼床の風情を感じるのもおつじゃござーせんか、つーことで鴨川のほうへ降りてゆきましょう。

ココに床が張り出すと思うとなんて風情があるんでせう。

d0137326_19361992.jpg

…と、思ったアナタにお送りする、画像加工の魅惑の世界。
この画像はただ単に暗がりに浮かぶ納涼床のお店を撮影しただけの状態。

d0137326_19362791.jpg

ホンマはこんな場所、こんな見え方、こんな画像、こんなアングル。

d0137326_19363199.jpg

それが画像編集でこんなにも風情を盛れちゃうの。
しかもWin7ユーザーがなんとな~く使ったり使わなかったりしている、ゆーほどあんまり活用出来てない画像管理編集ソフト『ウィンドウズフォトギャラリー』のみですよ。やっているのは露出の調整と色の調整だけ。画像加工機能ってスゴいよね。

あ。結局、京都がどうのこうのってハナシじゃなくて、画像編集機能ってスゴいよね、てハナシだなコレ。







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-10-30 19:41 | +朝臣寺+ | Comments(0)

古き良き

最近、古箏の演奏をBGMにして文章を綴っているせいかちっとも量産出来ない。
大量に書きゃぁええってワケでもないけど、書くコト自体はたくさん溜っていってるのに、私が書くのをサボってしまう古筝のおかげで。
ピアノの演奏とか洋楽とかで手が止まることはないんだけど、古筝は止まる。
弦楽器の演奏ってつい見ちゃうよね。
目も手も止まるのがイヤでテレビ観るのをやめて十数年…youtubeにも打ち勝たねばならんのか私は。

そんなわけでね、古き良きアナタのおそばに、グランシャトー。

d0137326_17532683.jpg

が、おまっせ。

d0137326_17533003.jpg
700円で至福みたいやでグランシャトー、行ったことないけど。
グランシャトーとカプセルホテルは行ってみたいよね、どんだけワクワクするんだろう。
d0137326_17540463.jpg

パチンコしてゲーセン行って麻雀してキャバレー行ってカラオケして最後はサウナか、グランシャトー。

エンジョイしてエキサイトできるラインナップじゃないけどな、私にとっては。ひょっとしてグランシャトーと相性が悪いのかな。かろうじてカラオケしゃーなしのサウナで私の娯楽が終わってしまうんだけど。

おっちゃんたちの楽園グランシャトーはおっちゃんしか楽しめないカンジなのかな。おっちゃんに特化してるってことなのか。

d0137326_17545916.jpg
だからパチンコで2店舗も必要なのか。
おっちゃんパチンコ店のハシゴとかしてるもんな。


古き良き純和風の「線だけで描きました」というようなうすーい顔立ちの私は古き良き日本感を満喫するために、デジタルカメラのことを写真機と呼んで久しいのだけど、まだまだ若輩者でしたねぇ…。

いやはや、これには勝てません。

d0137326_17540886.jpg

テニスコートですよ。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-10-20 17:57 | +朝臣寺+ | Comments(0)

園児が壁にお絵描き。

d0137326_10305683.jpg


豪快な日の丸だね。

d0137326_10314436.jpg


個性的な日の丸だね。

d0137326_10322175.jpg


…ん?…あれ?


ほら~自分のお顔をお絵描きしようね!

先生のお見本。

d0137326_10325372.jpg


ニコニコ

d0137326_10341617.jpg


ニコニコ~…

は…ハートのおめめが…可愛らしいね…


d0137326_10352446.jpg


ニコニコ~…くりくりおめめが…

d0137326_10354197.jpg


んー…っとー…

d0137326_10354421.jpg


えっとー…

d0137326_10354815.jpg


ぎゃぁああぁああぁああぁぁぁあ!!!

ホラーお絵描きですよ。







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-10-18 10:45 | +朝臣寺+ | Comments(0)

エキスポシティふたたび

「あぁ…そうゆうことな。写真撮ったるわ」
赤いアーチ状の何かの向こう側に走って行ってヒー坊が、アーチの手前にいる私に言う。
「ちょっと…まぶしいねんけど…何やこの赤いの…」
私のテンションは低い。
だって、とくに乗りたくもない観覧車に乗らなきゃいけないから。
それも日本一の高さを誇る観覧車に。
何が楽しいんだか、全然わかんない。
「ハイ撮ったで~うーん…いまいちパッとせんな」
コレ親子だからまだ私は許すけど、こんなことされたら友達はイヤだと思う。オマエに友達がいないのはそのせいだと思え。
入口に向かって歩いて来てたのね。

d0137326_11261674.jpg

エキスポシティに行ってきました。二度目。最初に行った時に「もうええわ」て言ってたんだけど、昨日、京都に行けなかった腹いせに行くことを思いつきました。
そしたらヒー坊が、日本一の観覧車だからせっかくなら乗ろうと言うのよ。ヒー坊…なんか小さい時から観覧車は乗りたがるんだよなァ…私イヤなのに。
「観覧車のおもしろみがわかんない。乗り物キライだっつってんじゃん。お金払ってわざわざ気分悪なって何がええの、アレ」
「もしかすると『おもしろいっ!』て思うようになってるかもしらんやん、そろそろ。大人になったらキライだった食べ物を好きになってるみたいに」
「大人になってからも観覧車乗ってるってば、アンタが乗りたがるから。そん時も好きじゃなかった」
「最後に乗ったのいつよ?」
「アンタが小学生の時」
「だいぶ前やんか。今はもうおもしろくなってるかもよ」
「そう?…いや、そんな気はせん」
若い時ですらまったく好きじゃない乗り物を、中年になって「乗りたーい♪楽しーい♪」てなってたら、逆にその成長が怖いわ。

「お~ぅ…ミストって涼しいよなァ」

d0137326_11261844.jpg
思ってるより濡れるけど。
「観覧車…あちぃーど。」
「いや?冷暖房完備やで?最新やねんから」
「なんなんだその整った室内環境」
高い場所で自然の風を感じるとか、そうゆう体験はなしか。
「タブレットも完備」
「景色を見ろ景色を」
いらんのちゃう?タブレット。
機器依存が過ぎるで、そこまでくまなくWi-Fi飛ばすか。
d0137326_11262001.jpg

「うわー…イヤやなぁコレに当たったら…」
そのロシアンルーレットに当たれ、この際。

d0137326_11262230.jpg

残念ながら

d0137326_11280199.jpg

ハズレました。

「見えてる景色の解説とかかと思ったら、宣伝やんな。正直いらんわ、あのタブレット」
機器依存に脳がヤラれている19歳が、いらんそうですタブレット。
ただただ景色を妨げる固定の機器と化してますので、維持費も大変でしょうし、視聴できなくなったヤツから取り外すっていうのはいかがでしょうか。飛ばしたWi-FiはフリーWi-Fiとしてご提供すると観覧車に乗ってるそばからSNSにアップしたりなんかして、ほぼリアルタイムな観覧車宣伝が可能かもしれません。時代ですなァ~。


床、シースルー。

d0137326_11280257.jpg
いらん。怖い。

スカートをお召しの女性は、観覧車乗り始めと降り際は立たないようにご注意くださいね、ゴンドラは通路から見上げられる位置を通りますから、おパンツ丸見えですよ。

「あちぃー…冷房がきかんほどの西日やな」

d0137326_11291094.jpg

文明より太陽の勝ち。


「なんか揺れてない?」
「高くなってきたから風で揺れてんのかなァ…もぅ気分悪い…二度とええわ…」
ユラユラ~・ユラユラ~
「わ~~~!ちゃうやん、前のゴンドラや!」
前のゴンドラの学生3人が、ジャンプ・ジャンプ・ジャンプ。
ジャンプするティーン、ジャンティーン。
「やめろ~~~!君たちのように好きで乗ってるわけじゃない人間もいるんだ~!皆が楽しんでると思うなよぉ~~~~!あ。こっち向いた。聞こえたんかな?」

d0137326_11291251.jpg
ジャンティーンたち、私に気付く。
手を振ってくるので、振り返してあげる。
「なんで手ぇ振ったんやろ?」
「私たちがケーブルカーに手を振るのと同じ心理やろな」
カメラを向けたらポーズをキめるジャンティーンたち。
「写真撮ってどーすんの?連絡先も知らんのに」
ブログのネタにするんだよ。
d0137326_11291469.jpg
見知らぬコたちだから当然許可は得ていないので、キラキラ加工を施しておきます。加工前のデータが欲しいなら差し上げますのでご一報ください、ココに辿り着くとは思えないけど。

「そろそろ頂上ちゃう~」

d0137326_11302119.jpg
「あのコたちが目の前からおらんくなったら、頂上やな」

ジャンティーンたちは頂上でもジャンプ。

d0137326_11302847.jpg
ま・やるとは思ったけど。

d0137326_11302977.jpg
揺らすな、揺らすな。

頂上からの景色はこんなカンジ。

d0137326_11312238.jpg
d0137326_11312568.jpg

肉眼に勝るカメラ無し。

d0137326_11312738.jpg
エキスポシティの屋根です、吹き抜けあるね。
d0137326_11315192.jpg

駐車場ガラガラやけど経営は大丈夫だろうか。
私が心配することでもないけど。

観覧車に乗る前には強制で、観覧車の写真のパネルの前で写真を撮られますよ。

d0137326_11315378.jpg
そして、ハガキ状のヤツは無料でもらえます大きな写真は販売しています、ていう説明をスタッフの兄ちゃんが早口でするんだけど、この兄ちゃんが全く目を合わせないの。お客様を決して見てはいけません、ていうマニュアルがあるのかな。お化け屋敷で触っちゃダメみたいなね。
d0137326_11315534.jpg

ほんでこの真ん中の帯部分にこう折れ曲がるほどのミシン目が入れてあるんだけど、コレ何か意味があんのかな。

検索して何でも知ってしまって、結果おもしろみがなくなることも多々あるので、説明兄ちゃんが目を合わせないのも、帯のミシン目も、知りたいひとだけが検索してください。
検索途中でココに辿り着いても一切の責任は持ちませんよ。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-07-20 11:37 | +朝臣寺+ | Comments(0)

「イルカ島に行くのに遊覧船に乗るねんて」
「遊覧船に乗る?!そんなことゆ~らんてぇ~!すぃんじら~れらいわ~!」
「もう駄洒落でも何でもなくなってきてんな」
「おやじギャクよりイタいカンジになってるな」
駄洒落の大会ってのがあって、優勝者が小学校の先生というのを数年前にテレビで見たけど、出されたお題で瞬時に駄洒落を作っていてなかなかレベルが高いんだよね。
でも、ヒー坊も日々の駄洒落自主トレが功を奏してなかなかのレベルだからイイ勝負だと思う。全国大会に勝ち進んで、兵庫県ではないどこかに行って、私はそれを口実にその県の盆踊りに行きたい。大会は子供も参加するから夏休みにしてたと思うんだよね。とにかく違う県の盆踊りに行って知る人ぞ知る地域限定の曲とか踊ってみたい。

イルカのショーがむちゃむちゃ狭いプールで、やる。

d0137326_23591730.jpg

ホンマは海に作ったステージで海の中でやってるけど、3月の水温が低くてイルカが弱ってしまうので、温水プールでショー。

d0137326_23592061.jpg
こんなに近くでイルカのショーを見ることはないから「距離の近さを楽しむ」ということみたい。

ここで意外なイルカ情報をひとつ。

イルカって、クジラなの。

d0137326_23592371.jpg
でっかいのをクジラって呼んで、ちっちゃいのをイルカって呼んでるだけなんだって。

「クジラってさ、体にフジツボがついてるのがスゴイと思わない?」
と、誰に言っても同感だという意見を聞かないんだけど、スゴイと思わないのかな?クジラって広い海を動き回っているのに、そんなクジラの体に付着して、フジツボには共存できる環境適応能力が備わっているのだろうか、水温とかエサとかいろいろ変わるだろうに。クジラにしたって自分の体にフジツボが寄生してるって知っているのだろうか。知った時にはすでに手遅れなのだろうか。人間の私には、どっちの目線で見てもこの共存はハイリスクに思える。
自然界ってシンプルで賢くまわってる感じがするけど、クジラとフジツボの関係だけは間違ってるような気がするんだよね。
気のせいだとイイんだけど。

イルカ島

d0137326_00002610.jpg

かもめ劇場

d0137326_00002342.jpg
アシカショー
d0137326_00003164.jpg
ややこしいな、もぅ。

遊泳は禁止ですよ!

d0137326_00013100.jpg

でもスタンプは随分と泳ぐ気マンマンやけどね。

d0137326_00013488.jpg
いろんなややこしさや間違いがあるもんですなァ。







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-05-15 00:03 | +朝臣寺+ | Comments(0)

違いがわかる男がいくら違いがわかるからといってネスカフェゴールドブレンドしか飲まないと言ってきたら、アナタはどう思うだろうか。

このままでも十分に具体的ではあるけどもっと具体的に言おう「オレはネスカフェゴールドブレンドしか飲まない、違いがわかる男だから」と言ってきたら、アナタはどう思うだろうか。

たぶん、多くの女性はその男との価値観の違いを認識すると思う。

ネスカフェゴールドブレンドが悪いんじゃない。
違いがわかる男だということも悪くはない。
それを言ってしまうことに男の価値がつかないのである、女性にとっては。
だから男性諸君よ、違いがわかることは胸にしまっておいてほしい。
違いがわかるゆえのその審美眼は、披露せずに墓場まで持って行ったほうがいいだろう。
未亡人になった妻が数年後、生活に困ってアナタのコレクションをひとつ、質に入れる日がやって来る。その時、アナタの価値に妻は気付くはずである。こうしてアナタの株は上がる。ま、アナタは生きちゃいませんが。


そんな違いがわかるアナタに、この記事を捧げます。


イルカ島に渡る船は絢爛豪華!

d0137326_23051937.jpg
あ、もう違いがわかっていただけました?

そうなんです。
上の「龍宮城」はわかるんですけどね、浦島太郎だろうから。

d0137326_23052421.jpg
でも下の「登龍門」はなんだろう、関係ないように思えるんだけど。

これから行くイルカ島には、象はいないんだけど、何故か象の像。

d0137326_23052662.jpg

これも、違いがわかるアナタになら、意味がみえているのかもしれませんね。


そして違いのわかるアナタならきっと

d0137326_23052968.jpg
この画像の意味もわかることでしょう。

さて勉強がさっぱりわからない私でも、墓場まで持っていくべきわかっちゃう違いがあるんです、それがコレ。

d0137326_23053351.jpg

カモメです。

カモメは冬にしか日本にいません。
関西だと11月くらいから3月くらいまででしょうかね。
夏の海にカモメがいるイメージがあるでしょうが、夏に海で見かけるカモメっぽい鳥は、カモメの仲間のウミネコです。

では飛んでいる写真から、カモメとウミネコを見分けたいと思います。

d0137326_23053651.jpg

この違いがわかるおかげで私の生活が上質になったことは、まだないです。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-05-06 23:13 | +朝臣寺+ | Comments(0)

築古年マニアにオススメの鳥羽。
d0137326_02075255.jpg

漂泊の詩人伊良子清白の家には無料でご自由に入れます。

d0137326_02075448.jpg
が、鍵が閉まっています。
開錠をどうやってするのかは、わかりません。

江戸川乱歩館も築古年。

d0137326_02090321.jpg

このようなうらさびれたスナック街といった雰囲気の場所に江戸川乱歩館は紛れています。

d0137326_02080046.jpg
それよりも気になったのが、江戸川乱歩館の向かいの遊郭跡。
d0137326_02080205.jpg
廃墟と化しているこの異様な雰囲気。

d0137326_02112288.jpg
とばナビというQRコードで飛んでもエラー。
でもQRコードがあるということは、ちょっとばかし観光としての手が加えられた、という意味ですね。
江戸時代末期建築の待合津の國は鳥羽商工会議所が外観修復を行いましたが、内部の改装をするほどの資金はない模様です。
こんなに古い建物ですし、文化財として保存出来ればいいんですけどね。
遊郭説明書のような和綴本パンフレットを作り、改装補修工事をした遊郭では花魁コスプレが出来るようにしてはいかがでしょうか。
どこか資金力のある民間企業が名乗り出てくれないかなぁ。

待合のドアに手をかけて写真を撮っていたら、どこからともなくおばさんが現れて「ア~カンあかんアカン…そ~んなトコあかん…」と言う。
とんでもなくラフな格好のおばさんで結わえた髪の後れ毛がちょっと遊女的。独り言をブツクサ言っているようなトーンで、でも私の一挙手一投足を見張るかのようにブツブツ唱える。

「なに?なんて?」
寝起きの遊女(※あくまでも私個人のイメージです)に話しかける。
「アカンあかん、そんな薄汚いトコ見たら」
「ココのこと?」
「そこそこ、そんな薄汚いトコ入るもんじゃない」
「開けたらダメなわけ?」
「いや…開けてもいいけど…見たって薄汚いだけよアカン…」
とにかく寝起きの遊女はいちいち薄汚いを主張。
なんか久々に聞いたな、薄汚いっていう表現。
もうこうなると、どうゆう状態が薄汚いなのかが気になってしょうがない。
「開けてもいいのね?」
「開けてもいいけど、そんな薄汚いトコ開けたいゆぅなんかアンタくらいのもんやわ…」
寝起きの遊女、初対面の私をアンタ呼ばわり。
「開けよ~っと」
「開けるのなんかアンタくらいのもんやわ」
「中入るのは?ダメ?」
「中入るのなんかアンタくらいのもんやわ」
「ダメなの?」
「いや…入ってもいいけど…そんな薄汚いトコ…。入りたいなんかアンタくらいのもんやわ」
寝起きの遊女、アカンと言う割にはこっちが強く「ダメなの?」と出るとすぐ「いいけど…」に変わる。案外、いいんだな。
「写真は?ダメなの?」
「いや…いいけど…そんなのアンタくらいのもんやわ」

d0137326_02134886.jpg

寝起きの遊女はアンタくらいのもんと言ってたけど、廃墟と化した遊郭跡に自己責任で中にまで入って写真を撮っているひともあり。身の危険を感じるほど朽ちていても、進入して写真を撮ろうというひとがいるのだから、それなりの興味は湧く建物なのである。遊郭ということは格子見世がある。わざわざ造らずともすでにショーウィンドーがある状態なのだ。外観補修したのも2009年のことだし、保存するなら早く何とかしないと。鳥羽商工会議所よ、まずはクラウドファンディング!

d0137326_02143155.jpg

すんなり開いた津の國。

d0137326_02143439.jpg

ちょっとしたホラーな荒れよう。

d0137326_02143911.jpg
実際は照明器具ないのでこんな暗さです。


江戸川乱歩館には、鳥羽の奇才岩田準一の書斎、てのがございます。

d0137326_02150741.jpg
d0137326_02150574.jpg
男色文献や志摩の民俗や風俗を研究したディープな御仁です。


乱歩館にはトリックが隠されています。

d0137326_02153604.jpg
d0137326_02153739.jpg
怪人二十面相はアナタの目でお確かめください。

d0137326_02155139.jpg

鳥羽一番街では、安全上問題のない絶叫マシーン少し衝撃のある業務用エレベーターに無料で乗れます。


d0137326_02155544.jpg
これでもかと伊勢茶ばかり売っているのですが、ココで伊勢茶を買う人はいるのでしょうか。
d0137326_02220963.jpg

だってすぐ横に、伊勢茶が無料でふるまわれているのに。


d0137326_02221128.jpg
JR・近鉄連絡口の方向とは真逆に歩いてるよね?


d0137326_02221387.jpg
西日で残念な影が差す顔ハメ看板、水森かおり。

しかも顔をハメるのは水森かおりではなく脇役司会者。
ま、わかるけどさ。
水森かおりに顔をハメたら、もう水森かおりじゃないもんね。

d0137326_02225849.jpg

「お。噴水でも見よっか~」

d0137326_02230030.jpg
「…だけかな?」
どうやら、コレでMAXみたいです。
季節の関係かな?寒いから?
イルカの躍動感がなんか虚しくなるけど。

d0137326_02235076.jpg

鳥羽港の注意事項に頭を抱えます。

d0137326_02235321.jpg
港ってどう修復したらいいんだろう…何業者を呼んだらいいんだろう…どこに相談したらいいんだろう…なにをどう動いていいやら全くわからない…施設を傷つけるつもりはこれっぽっちもないけど、こう書かれたら何かあった時に修復する自信がないから「近寄らない」という選択をするよりほかないですね。
トラブルが先か注意書きが先か。
トラブルを避けるために書かれてあることを読むと時々あまりに禁止事項が多すぎて「関係者以外立入禁止」でいんじゃないと思うことありますもんね。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-05-02 02:30 | +朝臣寺+ | Comments(0)