カテゴリ:+knowing+( 69 )

引き籠っちゃって

こんな話を聞いたことがある。
中学生になって数日で自宅に引き籠った男子学生が居た。
二階の自室に閉じ籠りご飯を食べに食卓に降りてくることもない。
母親は来る日も来る日も息子の部屋に食事を届ける、朝・昼・晩。
しかしノックをしても息子が出て来ることはない。
ドアの下の隙間から母親はメモを入れる日々。
ごはん置いておくね、と声を掛けて立ち去ると、息子はドアを開けて食事を受け取る。
ドアの下から部屋に入れるメモに母親はいろんなメッセージを書いた。

心配しています
悩んでいるのなら言って
気持ちを話してほしい
先生も友達も心配してるのよ
部屋から出てきて
こんなことをしても何の解決にもならないよ
一緒に病院に行ってみよう
味方はたくさんいるからね

息子を心配するメッセージ、励ますメッセージ、叱るメッセージ。
それでもドアを開けない息子。
ある日とうとう精も根も尽き果てて母親はこう書いたメモを入れた。

お母さん限界です

階段を降りようと母親がドアに背を向けた瞬間、息子はドアを開けたそうである。

自分ではない誰かを思いやる母親の息子もまた、自分ではない誰かを思いやるのだなァと思った。
来る日も来る日もドアの下から差し出される言葉を息子は待っていた。
そして自分でなく母親の限界をどうにかせねばと動いたのである。

ココという開きドコロを逃さない人の、思い切りの良い心の開き方にはハッとする。開くべきタイミングまで心を許さない人のほうが、芯が強いんじゃないかって。



来る日も来る日も、ウチの門扉の下からキュウリが入れられている。
裏のおばちゃんからのメッセージは「よかったら食べてね」
おすそわけ、なわけですが。

私はこのキュウリに心を開いて門扉を開けたのではない。
勤務時間になったから家を出たまでである。
私の日常に悩みがないわけではないけども、ながら悩みでやるタイプ。
高確率で耳掻きながら出した答えが最終決定。

夏の盛りにはこんなに極太だったキュウリも

d0137326_15550783.jpg

いまではスリムなバディ

d0137326_15551029.jpg


時季が過ぎてちょっと小振りになったキュウリはおつまみに→病みつき中華キュウリ






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-08-07 15:58 | +knowing+ | Comments(0)

御縁は梨元です

「朝早くからお仕事してたの?」
「ええ。今日は朝一から仕事してました」
「まぁ…じゃぁお仕事に出られた後だったのね」
裏のおばちゃんが毎日くれていたキュウリにこのところトンとお目にかかれないなァと思っていたら、畑のキュウリの時季はもう終わりだそうで。
「もう終わりやからキュウリを差し上げようと思ってね、でもおられなかったから」
「それは残念でしたわ。新鮮でおいしいキュウリですのに」
ハウス栽培技術の向上によりスーパーには季節に関係なく野菜が並ぶけど、やはり夏の野菜は夏がおいしくて安い。
しかし、夏のスーパーよりも裏のおばちゃんの野菜のほうがさらにおいしくて安い。なんせタダ。しかしおばちゃんはこの猛暑の炎天下の中で野菜作りをしているわけで、それを思うとお茶のひとつでも…と思うのが人情である。それがご近所付き合いというものだ。

「こないだはありがとうございます」
「いえいえ、こちらこそいつも新鮮な野菜を。おいしくいただいております」
「かえって高くついたわね」
「何をおっしゃいますやら、激安のお茶ですもの。」
本当に激安なのだ、恐縮するほど。
しかしおばちゃんはどうぞ今後はお気遣いなくと、恐縮する。

恐縮です。
いえいえ、こちらこそ恐縮です。

若いひとはご近所つきあいを疎ましく思うことだろう。
確かに難しい付き合い方になることだってある。
しかしそれは、双方の思いが一方的になるからである。
『お互い様』の思いが欠けるからである。

「恐縮です!」と言いながら食い下がる芸能リポーター梨元勝方式は、人間の本質を突いていたと思う。恐縮な思いには恐縮になって応えるのである。
恐縮は人間関係の円滑油。

いただいたキュウリで料理嫌いの私がいろいろとメニューを考えるようになるなんて、恐縮です。

もちろんレシピは恐縮のクックパッド。


サッパリゆかり漬け薄い味→所縁キュウリ

キュウリ脇役で食べたいそんな時に→白和えキュウリ

どれもこれもサル料理でほんと恐縮です。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-08-04 13:39 | +knowing+ | Comments(0)

「キュウリ、もらったでー」
二階で動画の編集をしていたら、大学へ行こうと家を出たチョモがキュウリをゲットする。
「はいよー」
裏の畑のおばちゃんが新鮮なキュウリをくれるのだ。
「台所置いとくでー」
「はいよー」
春夏秋冬その時々の旬の野菜を毎年くれるので、こないだ激安のお茶を1ケースお返ししたら、二日に1回の程よいペースだったキュウリが毎日届くようになった。
いくらキュウリ好きとは言えど、さすがにキュウリを生で毎日4~5本は消費出来ない。これは保存の利くキュウリを作らねばなるまい。

「デカっっっ!!」

d0137326_21412011.jpg
適切な収穫タイミングを超えたのか、ズッキーニ以上のキュウリが置いてあるではないか。まだ昨日までにもらったキュウリが6本も野菜室にストックしてあるのに、この2本だけで鶏肉よりもキュウリのほうが多いバンバンジー4人前相当である。
d0137326_21412420.jpg
お弁当用ピック(4㎝程度)が負けるよね。

ご存知のように私は料理が嫌いである。
出来るだけ手の込んだことをしたくない。
保存の利くキュウリといえば漬物であるが、漬物を漬けるのは案外と手間がかかる。
そこで「おいおいそんなんでキムチなんかつくれんのか」と思うほど手間をかけないオイキムチを作ることにした。

もちろんレシピはクックパッドで→おいおいキムチ






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-07-16 21:47 | +knowing+ | Comments(0)

なんて破廉恥な

さっちゃんが鹿に餌をやるためにわざわざ奈良に行くという朝、私はいただきものの宮崎産完熟マンゴーを食べました。

さっちゃんとは、ここ10年くらい年々栄養状態が良くなる一方の盆踊り仲間で、31歳だから本気でダイエットを考えないと踊れないカラダになると40歳難病の私が密かに心配をしている人物です。
踊れるデブを目指したらいいと励ますと、パパイヤ鈴木ではなく芋洗坂係長を選ぶ、そんな心優しいふくよかなひと、それがさっちゃんです。


鹿餌付の朝、シックスパック腹筋の話題になり、さっちゃんが食べる前のマンゴーみたいにねと表現するので、今朝食べたマンゴーを6つ以上に割ったったと技術の高さを自慢したら、鹿を育てる気マンマンのさっちゃんがこう言いました。

「オシャレな朝食やな」

そう。
ブルジョアジーな我が家の朝食は、もらった完熟マンゴーとハレンチトースト。
ハレンチトーストは一人前29.5円。
サンドイッチをした時に捨てられる運命にあるパンの耳は食パン一袋分2円で計算いたしました。

では、作り方です。
↓もちろん最近お気に入りのクックパッドですよ。

ハレンチトーストができるまで


恥を恥とも思わない、こっちが見ていて恥ずかしい、そんな破廉恥な御仁に是非とも食べていただきたい逸品です。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-06-25 14:04 | +knowing+ | Comments(0)
「お。なんやこの高級そうなチョコレートは」
「もろてん。食べてええで誰も食べへんから」
「なんで誰も食べへんねや?」
「ミントやからや」
「ううむ…そうか…」

自分が買った覚えもない食べ物を何の遠慮もなく食べくさるチョモと、おばーちゃんが買ったおばーちゃんちにあるプリンを勝手に食べおばーちゃんが買ったジュースを堂々と自分のバッグへ入れくさるヒー坊をもってしても、一口も食されなかった海外製ミントチョコレート。
「うわっ…ガムやなコレは」
ものの試しに食べてみた、むー。
そうだろうとも。ガムか歯磨き粉かそのあたりのフレーバーだから。
食えたモンじゃないから食われずに残ってる、そういう理由です。
私もひとつだけ興味本位に食べてみてそれ以降は近寄りもしなかったが、捨ててしまうのも忍びなく常温保存していた。
それがここ最近の気温上昇に伴い生意気にも溶け始めたのである。
「そうか…溶けるかァ…」
研究心が頭をもたげた。
脳炎長、復活。
人生の8割くすぶってるんだけど脳炎長ね、ごくたま~に復活するね。
脳炎長ね、自分のコト脳炎長て言うの。
自分のことなのにまるで他人みたいな言いぶり。
クセが強いってカンジが出ていいかな~と思ってね。

もらいものの海外製ミントチョコレートをチョコミントアイスに昇格させる手順→まだましチョコミントアイス

これまではサルレシピを+knowing+のカテゴリで書いてきましたが、脳炎長このオノマトペのレシピを本気のレシピの中に紛れ込ませようと思いつきましてクックパッドへアップすることにしました。
そうするとますます+knowing+の記事が減る一方ですが、レシピの体裁を整えられないような記事をココで書くからなんとかなります。
もしなんとかならなくても、とくに支障もないんですけどね。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-06-22 11:28 | +knowing+ | Comments(0)

サルレシピ *カスカス汁*

正月気分が抜け切らないまま日常が始まった皆さん、お変わりございませんか。私は採血の結果がお変わりなく、本年度も良くも悪くもなっていない現状維持の脾臓とともに生きてゆく所存でございます。
この度、誰もすすめていないのに鎮痛剤をやめてゆく方針を勝手に打ち出しました。ペイン先生もそれは大賛成だって。私は自分自身の痛みに見切りをつけることにしたのです。2年も痛み続けるということは今後も痛む可能性が高いと判断しました。それなら痛みを鎮痛剤でどうにかすることよりも痛みに負けないカラダを作るべき。しかるべきタイミングでバスッと見切ること、これが肝心です。

さて、正月のご馳走に毒されてなかなか質素なごはんを受け入れにくくなっている胃を七草粥でリセットしたなら、次はバスッと見切ったカスカス汁です。
ウチの粕汁はゆぅてすまんが『粕汁苦手やねーん』という人たちを改心させるうまさです。

粕汁の材料は豚汁と一緒。それに酒粕を加えたもの、と考えて結構ですが、粕汁は順番とちょっとした手間を惜しまないだけでいとも簡単においしくなりますので、しっかり覚えましょう。

正月明けのカスカス汁は、具に正月のカスばっかり入れます。
d0137326_10171223.jpg

正月のおでんに足そうと思って買ったけど余ったゴボ天、飽きて食べなかった厚揚げ、切るのが面倒で足さなかった大根。野菜は捨てる部分も入れておきましょう、白ネギの青い部分とか白菜の外側3枚とかね。

酒粕は安いので十分。
d0137326_10171657.jpg

コレは198円でした。シート状になっているものとモロモロ状のものとあったらモロモロ状にしておきましょう。そのほうがラクでおいしいから。

大根を一口大に切ったらさっそく水から茹でていきます。
d0137326_10171995.jpg

ダシの素を入れていますがなけりゃぁないで構いません。
ダシがない家なんて知りませんが「あと一握りのダシの素で今月は終りだわアナタ」ていうタイミングの時に決死の覚悟でわざわざ入れんでもよろしいですよ。具のたまねぎと豚肉からちゃんとダシは出ますのでね。今回入れたのはダシの素を買っているのを忘れてある上に更に買ったためにアホほどのダシの素があるからです。やぁね、トシはとりなくないわ。

ゴボウは酢水につけてアクを取り、他の野菜を切り刻んでいる間に鍋が沸騰しますので切れた野菜をガサッと入れます。
d0137326_10172329.jpg

蓋をして再沸騰を待つ間に揚げ物類の油抜きをしましょう。
d0137326_10202784.jpg

これもガサッと入れます。
さて、我が家は男所帯なのでココで『足し具』となる分の具を別に取り出しておきます。
d0137326_10205649.jpg

この工程は通常はいりません。我が家では食べ盛りを支えるのに『おかずを一品増やす』ではなく『おかわりあるよ』で凌いでいます。鍋の具が減ったら足すというプラス思考の我が家と同じ方式を採用しているご家庭はこの工程を踏みましょう。

次は豚肉をフライパンで焼きます。
d0137326_10212074.jpg

「お。アンタちょうどええトコで帰ってきたな、手ぇキレイ?」
「俺、手ぇ汚い」
「そうか、キレイか」
「俺、忙しい。」
「見るからにヒマそうや」
「見たらわかるやろっ息抜きに忙しいねんっ!」
「息抜きばっかりやないかっ!」
という一悶着があった末にチョモと豚肉に焼き入れます。

「あ。肉チラとも見えてへん、アンタの手で」
d0137326_10212641.jpg

「なんで写真?」
「ブログに必要やから」
この言葉が起爆剤となりチョモが写真の邪魔をし始めます。
本当にヒマでヒマでしょうがないみたいですね。

「おりゃぁ~」
d0137326_10213183.jpg

「何してんねんやめてよ」

「うりゃうりゃうりゃ~~」
d0137326_1021346.jpg

「はいはい」
というかもて写真が連続静止画のコマ送り画像で300枚ほど撮れましたがギュっと2枚に凝縮してお送りしました。
d0137326_10213844.jpg

チョモが肉に下味をつけている間に、あく抜き不要のしらたきを塩でもみ水洗いしてキッチンバサミで切ります。
d0137326_10244054.jpg


「んじゃソレ、肉から出た脂をなるべく入れないようにして、鍋に。」
d0137326_10244983.jpg

まるでスプーンでカレーを食べているかのごときこのターナー捌きを見よ。
d0137326_10245324.jpg

これが小学生の時から中華鍋を振ってきたチョモの実力です。

「…なんや…このベルト…?」
d0137326_10374184.jpg

狭い住宅事情の関係上チョモの部屋の押し入れにある私のコートを取ると、その押し入れからカーテンレールに張られたベルトを発見。
d0137326_10383352.jpg

「…なんか意味があってか?」
その答えは夜にピンと来た。
そうか…こうゆうことか。
d0137326_10385459.jpg

冬は乾燥防止のために夜に洗濯をして室内に洗濯物を干しているが、エアコンの温風を活かした洗濯物干し場を勉強机の上にこさえたのか…なんて高い主婦感覚。
主婦の鑑(18歳男子受験生)よ、奥さん。

では、酒粕を溶かしましょう。
味噌漉しに酒粕を入れてグツグツと沸騰させます。
シート状の酒粕だとこの工程に『ちぎって入れる』という面倒が生じますが、モロモロ状の酒粕だと入れるだけ。
d0137326_1040579.jpg

粕汁が苦手な人たちの多くは酒粕独特のエグっぽさがイヤなんだと思いますが、そのエグっぽさを旨味に変えるのがこの工程ですのでココはきちんとなめらか~にしましょう。グツグツと沸騰させながらやることでちゃんとエグっぽさは飛んでいきます。
d0137326_10412046.jpg

このくらいのなめらかさになれば、ガサッと鍋にあけちゃいます。
d0137326_10413085.jpg

結局、入れるんかーい!て思ったでしょう?
モロモロのまま入れるのと、ペースト状にして入れるのと、味が違うから試してみてください。この手間を惜しむとカスカス汁はただのカス。

最後の味付けは味噌。
d0137326_10415485.jpg

酒粕の4分の1ほどの味噌ですが、これはその時の気分でお好みの加減にしてください。
d0137326_10421514.jpg

正月のカスで作ったからカスカス汁だけど、通常は粕汁と呼びましょう。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-01-08 10:52 | +knowing+ | Comments(0)
「うぉおおお~~今日のホワイトソースは劇的においしいっ!とてもレンジ7分チンで作ったとは思えないねぇ」

そのレンジでチンして7分で作ったホワイトソースに、冷凍ハッシュドポテト・冷凍ほうれんそう・冷凍コーン・冷凍ベーコンと、これでもかと冷凍食品の恩恵に与った具材を足し算して18分で作ったとてもカロリーの高いポテトグラタンがこちらになります。

d0137326_21173724.jpg


ホワイトソースのレシピを知りたいかたは、電話をかけてきてくださいね。
早口2分で説明しますので。



本日のサルコイドーシス豆知識

無症状のサルコイドーシスは2~5年で自然寛解します。
この「しぜんかんかい」という状態は、完治じゃないんですよ。
病気による症状が好転するか、ほぼ消失している状態が続いていて、永続的であっても一時的であってもその期間に関係なく臨床的にコントロールされた状態を指すんです。
症状が出でしまった場合は、10年ほど明るい闘病を!
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-10-17 21:38 | +knowing+ | Comments(0)
お菓子作りは、計りを使って材料を計り、分量をキチンと計ることがポイントだと教わった。間違いのない材料を揃えることが基本だと教わった。

が、私はこれまでクッキーを焼き、プリンを固め、キャラメルを練り、だんごを丸め、と作ったほうが安いと思うおやつはおおかた作ってきたが、一度も計りでキチンと計ったことなど、ない。
3gオーバーしようが2g足りなかろうが、ま・いっか~、と気にしなかった。
強力粉と書かれてあっても薄力粉しかなければ薄力粉を使い、小麦粉100gとあってもその時にアーモンドプードルがたまたまあれば、それを小麦粉に差し替えて50gほど混入させたりすることを、勝手にしている。
それでも、出来上がったお菓子が我慢できないほどマズくなったことは一度もない。こんなもんだと思えばこんなもんだというおやつになってきた。

ホワイトデーにチョモが買ったほうが安いのにわざわざ高額の材料をキチンと揃えて夜な夜なお菓子作りをしているのを見、作ったほうが安いからお菓子作りをしてきた私はその価値観の違いに、なんでわざわざそんな事をするのかと聞いた。
そしたら、小学生の頃からお菓子作りをしてきたチョモはこう言った。
「ハッシーに勝つには腕の差や、腕の差。最高の材料で最高の腕を振るうねやがな~!」
優劣の差を排除する教育を受けてきて何故か勝ちにこだわる男に成長したチョモは、ホワイトデーでショコラなんとかかんとかというえらく手の込んだチョコケーキを作ると豪語している男ハッシーに勝つため、匠の技を駆使して基礎の違いをアピールする作戦に出ると言う。

「ご苦労なことやなぁ…」
それも夜中の1時に。
「洗い物ちゃんとしてなかったら許さんからな」

こんなキッカケから「ちゃんとした」お菓子作りというものがどのような工程を経てどうキッチリと作られているか、調べてみることにした。

お菓子の材料を扱っているネット専門店の基本のクッキーの作り方。

d0137326_00462846.jpg
で切る。
d0137326_00463387.jpg
とにかく焼きに焼く。



まぁ、今後の私のクッキーですがね、
今まで通りのテキトーさで作ります。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-04-07 00:53 | +knowing+ | Comments(0)

サルレシピ*甘サラダ*

我が家のフルーツ摂取の90%は、いただいた時。
基本的に買ってまで食べない物、それがフルーツという食べ物。
痛風予備軍の皆様、食餌予防法としてまずはフルーツを食べないよう促されるでしょう?
そう、フルーツは糖分そのものなのです。

南国の気候はとてもよくモノが腐ります。
鍋のカレーのアシが早い、それが南国の気候です。
だから我が故郷南国宮崎の食べ物は、煮詰める物や漬け込むものが非常に多い。
日常的に何かが漬かっていたり、四六時中どこかでクツグツゆぅてます。
そうして出来上がった食べ物は、とにかく甘い。

宮崎の食は酢味噌文化でありまして、何でもかんでもとにかく試しに酢味噌をぶっかけてしまいますが、その酢味噌でさえも甘かったのだという事に、私は関西で気が付きました。
ここ関西では酢味噌は探さなければ見つからないソースですが、同郷の民よ、居酒屋で『酢味噌和え』て書いてるメニューを食べてごらんさい。どえりゃぁ酸っぺぇから。
宮崎の酢味噌は、宮崎人が好む焼酎のアテとして、絶妙な砂糖加減で甘さを出し、いつまでも芋焼酎が呑んでいられるようにと調合された味だったのでございます。…呑む以外に何かないのか…だから「宮崎出身です」て言うと勝手に焼酎が呑めることにされちゃうんだよ…いい迷惑だよ…焼酎なんて呑んだら記憶が飛んぢゃうよ…気分悪くなっちゃうよ。

さて。
南国の甘いサラダはいかがですか。
デザート感覚で食べるサラダです。

甘サラダに必要不可欠な具は2つ。
「さつまいも」もしくは「かぼちゃ」
あるならば「どちらも」で甘さ倍増です。
残るひとつは「ツナ缶」です。
マヨネーズで和えるので、マヨネーズに合いそうな具であればあとは何を加えても構いません。

輪切りにしたさつまいもはレンジでチンしたら
d0137326_16303598.jpg

一口大に切っていきましょう
d0137326_16303354.jpg

ボイルした冷凍ブロッコリーと
いただきものの黒豆があったので
これらでサラダの嵩増しを狙います
d0137326_16303015.jpg

冷凍ホウレンソウでもいいし
冷凍むき枝豆や冷凍コーンでもかまいません
なぜに「冷凍」がいちいち付くかと申しますと
冷凍のほうが安くて手間がかからず
かといってナマと比較して
味が劣るということもないからです

ツナ缶はユル~く油切りをします
油分を残すカンジにするのがポイント
d0137326_16302737.jpg

大きさはハーフ缶で十分
d0137326_16302317.jpg

この程度の分量でOKです

マヨネーズで和えれば甘サラダの完成
d0137326_1630188.jpg

下味の塩コショウはお好みで。

甘いです。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-02-12 16:35 | +knowing+ | Comments(0)

サルレシピ *甘酒ラテ*

これから私が長らく患うことになるであろう耳馴染みのない『サルコイドーシス』という病名の認識を広げるために『サルコイドーシス・まぅ』としてサル料理のサルレシピと共にサルコイドーシス豆知識を疲労していきたいと思います。

さて初回のサルレシピは、この時期が旬の酒粕を使った、レンジdeチンする簡単おひとりさま甘酒ラテ。

まずはどっかの店の粗品でもらったカップに酒粕をチョチョと入れましょう
d0137326_1018660.jpg

酒粕の量はお好みで

酒粕を溶かすのに必要最低限の熱湯をジョボと入れます
d0137326_1018949.jpg

これを100%割り箸でかき混ぜます
d0137326_10181239.jpg

絶対に割り箸でグチョグチョかき混ぜます

宮崎出身である我が家には黒糖が常備されておりますが
d0137326_10181570.jpg

アナタのおうちはどうでしょうか
d0137326_10181766.jpg

なければ三温糖でもかまいません
それもなければ上白糖で
d0137326_1018215.jpg

甘いのが嫌いなら砂糖なしでもかまいません
砂糖もろとも酒粕を溶かすようにシャカシャカ混ぜたら
レンジで40秒チン

完全に溶かすとこんな色になり
d0137326_10182532.jpg

コクがあるような気がします

そこへ牛乳そそぐのよ
d0137326_10183117.jpg

真っ白よりうっすら茶色いほうが
なんか美味しそうに見えるのよ
だから黒糖を入れるのよ

ではかき混ぜたらこのままレンジで1分ちょいチン
d0137326_10183373.jpg

熱さはお好みで

わかるかな
割り箸は入れたままチン
d0137326_1018365.jpg

吹きこぼれないからね
割り箸ごとチンすること

今回の↓サル情報↓

新たにサルコイドーシスにかかる患者さんは、日本では年間人口10万人に対し約0.7人と多いとは言えませんが、最近はとくに女性に増加傾向にあります。
年齢別では、男性の20歳代、女性の20歳代と50歳代に多くみられます。
地域でみると、北に患者さんが多く南には少ないことがわかっています。

どっちかな~30代のワタシどっちなのかな~サルにかかるにしては早いんかな~それともサルとしては20代の若いカラダなのかな~
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2013-12-06 10:24 | +knowing+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA