どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

カテゴリ:+knowing+( 70 )

幻のソース

子供達が小学生の時分に【中利】という喫茶店でお昼のランチ時だけのバイトを3年間していた。

オーナーは『家庭を優先にするひとはココの仕事もちゃんと出来る』という考えをお持ちの女性で、当時、ヒー坊が原因不明の病状で起き上がることが出来ず完全介護状態となってさまざまな病院を渡り歩いていた状況の時も、ギリギリのスタッフ数でまわしている喫茶店にもかかわらず「お店のことは心配せんでええから」と1ヶ月近い私の欠勤を許してくれた。
今でこそ企業のママ需要は増え、働くママをサポートする体制が組まれて女性のチカラが事業にも発揮されているが、10年前に既にオーナーのサポートのチカラは今の企業を超えていたのである。

その中利で、私はさまざまな門外不出のオリジナルレシピを教えてもらった。「一緒に働いているひとには全部教えるよ」と言ってオーナーはコレが作れたらコレが作れるようになる、というスキルを積んだタイミングで様々な喫茶店レシピを教えてくれた。
手作りにこだわっていた中利はソースも手作り。

最初は皿洗いから始め長らくレジ係だった私も日々のまかないでスキルを積んで、ソース作りとパン系メニューを担当するようになった。多い時にはランチ時の2時間半で200人くらいのメニューを提供するので、ソースも毎日大量に作る。

決まった業者の原材料で、決まったグラム数を守り、違わぬ味を作るのに、最初はグラムを量るのも小分けに小分けに足しながら量る時間もかかっていたが、毎日しているとえらいもんで手がグラム数を覚え1回でピタと量れるようになる。職人ってこうやってつくられていくんだなァと思ったね。しかし、職人というものはつくづく感覚で仕事をする生き物なんである。
中利を去り職を変え今では事務員となった私は、たった3名分しか消費しない我が家でたまにしかソースを作らなくなってしまったので、ピタと量れずにいつも「あ。しまった」と言ってはしまったソースを作っている。
中利ではソースもドレッシングも特大マヨネーズボトル1本分で約1キロを3本作っていたが、さすがに家庭でそれを作っても消費できないので比率を研究して家庭用サイズとして再現させた。

中利は店をたたんだので、もうこのソースを使ったバーガーもこのドレッシングを使った豚しゃぶランチもおまかせサラダも食べられない。
だからソース担当だった私が家庭サイズにしたソースをネットで公開するにあたりオーナーに許可を取ったら、ずっと私がソースを作っていることを喜んでくれ「まぅちゃんのレシピとして載せたらいいよ」と言ってくだすった。

中利に足繁く通っていただいた皆様におかれましては、あの味が再現できるソースとなっておりますので、ぜひ懐かしんでご賞味くださいませ。

我が家のなんちゃってチキン南蛮を作る時に大変活躍するソース→【しまった版】中利ソース&中利ドレッシング





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-22 22:22 | +knowing+ | Comments(0)

スィーツは夜中に作るのがこだわり♡

お弁当作りから解放された今、我が家には大量のアルミカップが余っている。

まだ高校生のヒー坊がいるからお弁当を作りそうなもんだけど、ソコはヒー坊の通っている高校が単位制の多部制定時制高校であることと、ヒー坊が何が楽しいのかグレもせず真面目に2年間学校に通ったことの結果で、3年目には午前中の授業の曜日と午後からの授業の曜日にわけて単位を取ればめでたく卒業確定となるんである。

本当は午後の授業で単位は取りたくなかったらしく、時間割作成の時に午前中にある授業だけを選択していこうと考え『国語入門』なる授業を取る申告をしたら、先生に簡単すぎるからやめたほうがいいと言われ致し方なく週に2回午後から授業に出ることになる時間割作成となった。

勉強に関する教育者のアドバイスを参考にする機会というのは、受験の時がピークかと思うが、学校でも塾でも『難しいからやめろ』と言われて志望校を考え直した生徒は多かろう。合格率をあげたい教育者はとにかく釘を刺す。それなのに我が子は先生から『簡単すぎるからやめたほうがいい』と言われて考え直した。やめたほうがいい理由が素晴らしいではないか。教育者たちがレベルを下げろ下げろとアドバイスするこのご時世に、レベルを上げろと要求されたのだ。しかしそのおかげで登校時間が昼からになったので規則正しい生活のレベルは下がってしまった。

週2回の午後登校の曜日をどうも覚えられない私にヒー坊が「火曜日と金曜日や!何回ゆぅたら覚えるん?」と言うので「カーカキンキンカーキンキンか…」と覚えていたら、午後登校ではない曜日のことを「午前の曜日はゲッスイモクモクゲッスイモクや」と言ってきた。

「なんでそんな事になったの?」
「何が?」
「ゲッスイモクモクゲッスイモク」
「まぅ午後からの曜日のことカーカキンキンカーキンキンてゆってたやんか」
「カーカキンキンカーキンキンはそうゆうのがあるの。火火金金火金金はあるけど、月水木木月水木はない」
カーキン音頭は河内家菊水丸やないか。
火曜日と金曜日の週2回、バイト探しはフロムエーや。

大学生のチョモが独り暮らしを始めたら、急に我が家のマーガリンの減りが途絶えた。同じペースでマーガリンを買っていたらマガーリンだけで一番上の棚が埋まってしまった。アイツ…夜中にスィーツ作るクセがあったからな。知らない間にマーガリンが消費されてたから買っても買ってもいつの間にか無いってインプットされてたみたいだ。

d0137326_23572654.jpg

そんなわけで、減らないアルミカップと減らないマーガリンを減らすスィーツを作ってみた→【本格派こだわり風】三角アハタルト





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-15 00:01 | +knowing+ | Comments(0)

トマト克服のためのスープ

「お。ミネストローネあるやん、食べよっか」
「食べよっか」

チョモの学園際で売っていた、ミネストローネ1杯150円。


「で?どう?私が作るのとどっちがおいしい?」
「ん~…まァ…まぅかな。」
「ふぉ~っふぉっふぉっふぉ~。だろうともそうだろうとも。どんだけ極めたミネストローネだと思ってんだ、そんじょそこらの学生になんか、ま~~~けるわきゃねぇ!ひぃ~ひっひっひ~つーわけで私のミネストローネは一杯150円以上ということやな。それが無料で飲めてるんやからアンタ得やなァ」


私は原価15円でこれを作れるので、50円で売ってイタリアン原価率目安の30%なわけだ。150円で売った場合だと原価率は10%なんで、スーパー玉出よりも派手なネオン輝く店内でお召し上がりいただいても赤字になんないと思う。LEDて電気代安いからな、ドコの店よりも煌びやかに出来るよ、落ち着かないとは思うけどね。

「アレ、結構大事よなァ…マカロニ」
「極小パスタな、アレ専用やから」
「専用なん?」
「そうや。ミネストローネのためだけにわざわざ買ってる。ミネストローネにしか使わない」
「専用やったんや…」
「ウチではな。他のひとは違う料理にも使ってるかもしれんけど、ウチは専用。昔はあのパスタが普及してなくて400円くらいしててんけど、昨今のパスタブームで今じゃ業務スーパーで88円で売ってる」
「むちゃ安くなってるやん」
「だから最近のミネストローネにはケチらずガバガバ入ってるやろ?」
「確かにな」
ミネストローネのための極小パスタではなく、極小パスタのためのミネストローネ作りになってきたカンジだ。

私のミネストローネは、トマト嫌いの私がケチャップの苦手な私がウマイと思って食べられるように研究し尽くしたミネストローネなので、同士よ、トマト克服にさぁおたべ。→トマジュー・ミネストローネ






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-14 18:14 | +knowing+ | Comments(0)

だってそれがサイコパスなんだもの

「問題出していい?」
「どうぞ」
昼ご飯を食べている最中にヒー坊が急に問題を出すと言う。

「エーコさんがいました~」
「そのエーコさんて…栄子さん?漢字かな?それともA子かな?アルファベット?」
「まぁソコ重要じゃないけど、ABCのA子さん」
「そっちかァ」
「A子さんの彼氏がDV男だったから別れました~」
「よかったね、別れられて。」
DV男っつーのはなかなか虐げてる女を手放さないモンやで。
ハネムーン期っつーのがあってやなァ暴力のあとに優しくされるもんやから“このひとは本当は暴力を振るうようなひとじゃないんだわ、本当は優しいひとなのね”と許してしまう。許しては殴られ、許しては蹴られ、許しては叩かれ…とね、女のほうも冷静な判断を欠くような精神状態が続き負のスパイラルに陥りやすいもんなんや。

「A子にはお友達のB子がいました~そしてそのB子がDV彼氏と付き合っていることがわかりました~そしてA子はC子を殺しました~なんででしょう?」
「さっぱりわからん。なぜ何の関係もないC子が現れて脈略もなく殺される羽目になったかまったくわからん」
「あ~~~ちがうちがうちがう、B子B子。A子が殺したのB子~」
すいぶんとカジュアルに言うのねぇ、殺人事件なのに。
オマエの登場人物はどないなっとんねや、オマエの匙加減で無事やったり殺されたりしとんのやぞ。
「B子が殺されました、なんででしょう」
「包丁で?絞殺?銃殺?」
「いや…殺し方とかはどうでもいいねん。殺した理由」
「あぁ…ひっかけ問題ってわけじゃないのね。うぅむ…嫉妬か?」
「て、考えるのが普通のひとやねん」
「て、どうゆう意味?」
「これな、サイコパステストってゆってな?これが酒鬼薔薇とか元少年Aやと答えが違うねん」
「異常犯罪者2名みたいにゆぅたけど、その2名は同一人物やからサイコパス1名やな」
「サイコパスはな、B子を守るために殺したて答えるねん」
「うわー…異常…」
「やろ?」
「同じ殺すんならDV男のほうを殺したらええのに」
「て、考えるのも普通のひとやねん。サイコパスはB子を守るためにB子を殺す」
「どうりで異常やわ」

それからもサイコパステストは、続く。

「ひとんちに強盗に入って、その家の主人に見つかりました」
「マヌケやな」
「ま、テストやから」
「見つかったから殺すんだけど~」
「なんだその軽々しい殺人の流れは」
「ま、テストやから」
「殺すのは前提やねんけどな、家の主人が押し入れに逃げてん、襖しめてるんやけど、どうする?」
「どうする、て言われても…」
「どうやって殺すか~てことなんやけど~」
「やめてぇ…そんな軽々しく言うのやめてぇ…ウチで楽しい殺人計画がなされてるみたいで人様に誤解されたら大変…」
「まぁ、襖開けて殺すとか?呼ぶとかさ」
「でもそれだとサイコパスじゃないから不正解やろ?」
「正解とかないからな、それがサイコパスの答え方、ていうだけで」
「どうやったらサイコパスかってことを考えないと…」
「…て、思って考えるやんか~?」
「…て、どうゆう意味?」

「開けないんじゃないの?襖もろともなが~い日本刀みたいなヤツで貫通するまでブスーーーーーーーーと刺すんじゃないの?無残に。」
「まァ普通のひとやな」
「普通か…ひとつピンときたサイコパスあんねん。自分の手ぇを直接使ってじゃなくてな、家ごと燃やすねん。どう?異常じゃない?」
「まァ…まだ普通のひと」
「普通?これが普通か?何?普通ってナニ?家に火ぃつけるねんで?押し入れの中に生きた人間おんの知ってて燃やして普通って何よ?…サイコパスって相当のバカモノやな…そら誰にも相手にされんわな…」
「サイコパスはな、待つて答えるねん」
「何を?何を待つの?」
押し入れの中の主人が出て来るのを待つ
「ぃやぁあぁああぁあ~怖い…狂ってる…狂ってるで…」
「やろぉ?サイコパスが考えそうな異常な答えを考えても、サイコパスの答えのほうがはるかに異常やから、そんなモンじゃないねん」
「サイコパステストの中でコレが一番怖いわ、ホンマに異常」
「だから酒鬼薔薇とか元少年Aは異常やねん」
「うん、ひとりだね。精神病質者1名」

昼ごはん中のサイコパステストは、夕食になっても鳴り止まない。
ナムルを作りながら、サイコパスに寄せた回答を考えまくる。

「男の子がクリスマスにプレゼントをもらいました。サッカーボールと自転車でした。でも男の子は嬉しくありません。なぜでしょう」
「ふたつももろといて…」
「普通のひとだと、既に持っていたからとか、欲しいモノと違ったとかやねん」
「そうだろうとも。でも私はサイコパスになりきってるからな、答えはわかってるで」
「なに?」
男の子に足がないねん
「そう!それがサイコパス」
サイコパスのコツつかんだ。

「友人を殺しました~」
「いきなりやな」
「テストやからな」
「殺したところをバイクに乗った宅配のひとに見られました。宅配のひとを殺しましたがなぜでしょうか」
「見られたからやろ?」
「て、答えるのがフツーのひと」
「口封じ」
「そもそも殺した理由が違うねん」
「えー…もぅ…ヤだそんなの…人間としての根本が違うとよけいに怖い…」
「それがサイコパスやから」
「サイコパスは何てゆぅてんの?」
そのバイクで逃げるために殺したて答えるねん」
「ぃやぁあああ~…人間じゃない…人間じゃないよ…」
悲鳴と恐怖が止まらない。


「連続殺人犯がいます。今日ちょうど5人目を殺しに行ったら、殺したひとの部屋が散らかっていたから、殺したあとで片づけました。なぜでしょう」
ぼくがキレイに片付けてあげたから感謝するんだよぉうひひひひー…
「うん、違う。」
死後の世界で部屋に戻った時のためにキレイにしといてあげるからねぇひーひひひひ…
「違う。」
「なんでよ、異常やんか」
「サイコパスはもっと異常やねん」
「はっ…わかってしまった…!記念すべき5人目の殺人やのに部屋が散らかってるのはふさわしくないからやっ!!」
「うぁ~…そう!まさにそう!本当にその通りに答えるねん!記念すべき5人目に散らかってるのがふさわしくないて言うねん!」
「ぃやぁあぁああ!!!どうしよう…サイコパスの素質がある…」
「いやいやいや、この答えを最初に『ペ』て答えるからサイコパスやねん。違う・違う、ゆぅて『ん~…サイコパスだったら~…』て考えて答えたらサイコパスじゃないねん」
「あぁ…よかった…凡人で。普通、サイコー!」

そんなこんなでフツーすぎる凡人がサイコパスに寄せてる片手間に作ったナムル→サイコパス・ナムル





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-05 23:34 | +knowing+ | Comments(0)

それを私はルーティンと呼ぶ

「なんかさぁ…こんなに写真撮ってちゃんとしたレシピやのに、テキトーにしか書かへんのもったいないわ」
「たしかにな。テキトーに書くにしては割に合わんほどの手間がかかってるからな」
「ちゃんと書けば?」
「テキトーにしか書かかへんで。それがクックパッドのコンセプトやねんから」

バカまじめな女なのさ、私は。
コンセプトに忠実なのさ、私らしく。
料理を楽しく それがクックパッドのコンセプト。
何が楽しいかはひとそれぞれだからね。
私の「楽しい」のカタチがコレだったという結果なだけで。

ただねぇ。

すんごく手間がかかるから量産出来ないんだよね。

それにほら、私ね、料理キライなんだよね。

それってクックパッドのコンセプトがドーノコーノの前に、レシピ投稿する上では致命的だよね。

でも大丈夫。
料理がキライでも主婦歴20年だから。
もはや経験値が私の感情を凌駕したよね。
経験値は裏切らないね。
知恵がつくもんね。

3日くらい同じメニューが続いて文句が出ようものなら「ルーティンやから」て言っときゃええからね。

ね。


ルーティン必至→質素丼&高菜パスタ







[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-05 19:38 | +knowing+ | Comments(0)

肉を喰らえ

中高生男子はとにかく肉を食べたがる。
いっぽう、男子中高生を育てている年齢のオカンは肉からは遠ざかり野菜をメインに食べるような胃袋事情である。
よって、肉・ニク・にく・nikuうるさい中高生男子を一発で黙らせるハンバーグを作りよし。

どれだけ野菜が肉を引き立てる脇役かということを知らしめるのに十分な肉の塊フリカデレ→肉々しいハンバーグ


[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-10-21 10:15 | +knowing+ | Comments(0)

【アレンジ自在】高菜チャーハン

ヘルシーメニューの食べ放題のランチに行ってアイスばかりおかわりしていたら「アイス好きやなぁ」と言われた。

ん~…アイスが好きって言うか、ごはんが好きじゃないです。
せっかく食べ放題なんだから、ごはん食べるくらいならアイスがよかった。
そういう選択です。
でも、そうは言えない。
だって日本人だから。

この日本で一生三食の主食がパンで許されるなら、そうしたいくらい40年間日本から出たことがない純日本人の私は、ごはんが好きではない。
でもパンは高い。
1個130円のパンが2個は欲しいので、主食が260円になってしまう。
圧倒的に米のほうが安い。
もちろん、ごはんが嫌いとまではいかない。
おいしくもいただいている。
おにぎりだけの昼食ということもある。
でもそれは、ごはんに味がついているから。
でも、そうは言えない。
だって日本人だから。


要するに白飯が好きではないのである。
私はおかずが何であっても白飯は1杯しか食べない。
不測の事態でもなければ白飯はおかわりしないのだ。
おかわりをする時は年に何回もはないけれど、すんごくおいしいふりかけをもらったとかお土産の昆布の佃煮におかわりがとまらない、とかそんなところ。
白飯の味を直接的に変える何かによって白飯がすすむ。
でも、そうは言えない。
だって日本人だから。


そうは言えない日本人が作るアレンジ自在の味ついてる白飯→高菜チャーハン





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-09-23 00:31 | +knowing+ | Comments(0)

一人前から作れます

「梅吸いしよか。飲む?」
「梅吸いってなんやった?」
「またか。」
「どんなヤツやったっけ?」
「梅干しを潰してお湯入れるうっすいお吸い物みたいなヤツや」
「ああ、あれな。飲む」

飲むくせに、根付かねぇなネーミングが。

梅吸い
あ・梅吸い

あ、梅吸いで、ございます。

一人前から作れる即席椀→あ・梅吸い





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-09-15 09:40 | +knowing+ | Comments(0)

食材は残さない主義

以前、スタッフの9割が主婦という女の園で働いていた時によく職場内で『今日の夕食は何にするか』という話題になっていた。
たいだい皆が金曜日にはメニューが出尽くして「何にしよっかなぁ…」と黙るパターンで、そんな時には惰性で私にも同じ質問が回ってくる。
おおかた「ナベです」か「揚げ物です」としか返事をしないので早くから誰も聞いてくれなくなっていたが、実は金曜日のメニューは密かにひと味違っているのである。

「まぅさんち何すんの?」
処分丼ですね」
「なにそれ?」
「冷蔵庫に余ってるモノを処分するための丼です」
「なんかまぅさんちの金曜日ってそうゆうの多いよね」
「ウチ土日祝は炊事やらないんで食材を買い足しませんから金曜日はだいたいこんな感じです」
「こないだも、なんかそうゆう丼じゃなかった?なんだっけ?」
質素丼
「何か違うん?」
「具と味付けが違いますよ」
「他にも何かヘンなのなかったっけ?」
「聞き捨てならんですな、表現が。ヘンなのは出してないけどダケ焼きのことですかね」
「それも、なによ?」
「冷蔵庫にあるものダケを焼いたおかずになります」
「どんなヤツ?」
「味のことですか?具の内容ですか?」
「何ひとつわかってることがないんやけど」
「ん~…統一性の無い具で作った野菜炒めみたいなモンですかね。咀嚼が必要なネコマンマ的な」
「おいしいん?」
「まずくはないんじゃないですか?残らないから」
“食べ盛り”が極上のソースです。

主婦は24時間営業なので、適宜、自らを休めるようはからいましょう。

炊事しないと決めた前日のレシピ→処分丼





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-09-05 13:57 | +knowing+ | Comments(0)

唐辛子は焼きびたすべし!

盆踊りが、盆にだけやっていると思ったら大間違いだ!
ココ関西では1月の伊丹の踊り初めに始まり、八尾のカウントダウン盆踊りまで、年がら年中やっている。盆の頃のハイシーズンほどではないが隙あらばどこかでこっそりやっているのだ。知られていないだけで。

伊丹の盆踊りのハイシーズンは7月・8月、最後が9月の摂津音頭保存会の盆踊り。それまで伊丹の夏は終わらない。

しかーし、スーパーでは着々と夏が終わりを迎えようとしている。
夏野菜であるししとうや甘長や万願寺が投げ売り価格になってきているのだ。
そろそろ出回らなくなる旬の野菜だから、投げ売り価格の今のうちに、オトナつまみとして食すべし!→焼きびたししとう








[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-08-31 23:57 | +knowing+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク