どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

カテゴリ:+開楽館+( 103 )

ギリギリ中村佑介展

d0137326_00521887.jpg
親子(ボンブーが雨で中止になって行き場を失ったサチコとチェキもついでの同行)で天王寺まで来たのはほかでもありません。
9月18日まであべのハルカス大阪芸術大学スカイキャンパスで開催されていた中村祐介展に行くためです。この日は16日、中村祐介ギリギリセーフ。


「まぅ、何階?」
「さぁ?」
「まぅが行きたいって言ってた個展やで?」
「そうやで。でもあべのハルカスでやってる、とだけしか知らんで来てるねんもん。そもそも中村祐介がどうゆう人かもわからんまま来てるねん」
「なんで?」
「えっと~こどもの日の民謡のヤツで行った時に手ぇ振ってて『誰?』てゆった人おるやん?」
「あ~いたいた」
「あのコがファンやねん、中村祐介の。個展とかしーひん人らしいねんけど、芸大出身やからする、みたいなコトらしいわ。やから代理で行って中村祐介グッズ何か買うねんお引越ししちゃうから渡そうと思って」
「あ。24階やで芸大スカイキャンパス」
「んじゃソコで。」

d0137326_00522142.jpg

こうして辿り着いた、中村祐介展はなかなかの賑わい。

d0137326_00522477.jpg

イラストレーター中村祐介のイラストとはこんなカンジです。

d0137326_00522707.jpg
色がくっきりハッキリしてるんだね。

d0137326_00522909.jpg
d0137326_00523369.jpg
髪の毛が紫で水玉で蛾がとまってて、ほんで和服着てて耳からクモぶら下がってる、て独特の感覚。

あ~花札のイノシシの不細工さが完璧だな・・・色がはみ出ているところも。

d0137326_00554401.jpg

色がはみ出してたりズレてたりするんだよ、花札って。

額縁に入っているとどうしてこんなに『作品』ってカンジが高められるのだろう。

d0137326_00554751.jpg

そしてそれがイーゼルに置かれている時の『描いた』感の高められようね。

d0137326_00554979.jpg
あ~昔のドラえもん。
d0137326_00555328.jpg

おきゃん。

d0137326_00555756.jpg
d0137326_00560126.jpg
この傘の状態はおちょこ。
d0137326_00581841.jpg

このマフラーは一目ゴム編み。

d0137326_00582139.jpg
真剣にフザけてるな、ユースケ。

中村祐介という人がイラストレータとしてどんなことをしているのかを知るお仕事の数々がこちらです。

d0137326_00582471.jpg
d0137326_00582604.jpg

d0137326_00582929.jpg
私はこれまで中村祐介というひとを知らなかったからもちろんこれまでの中村祐介というひとも知らなくて、でも中村祐介ファンのナナンから聞くユースケ語録の中に「人間の本質部分をついてくるひとなのねぇ」と思う部分があって、これまたナナン情報で日曜日にユースケキャスがやっていることを聞きつけ、もぐって耳をそば立ててみたりもしたんだけど、なんとなくつかみ切れなかった。

だからその謎解きは、中村祐介展の中で。

d0137326_01001464.jpg
この耳にコードぶっ刺さってる女の人。
d0137326_01001701.jpg

パンダおしろいに鼻血。

d0137326_01001917.jpg
これが完成のカタチなんだろうけれど、
d0137326_01002269.jpg

色、ないほうが好き。

d0137326_01002532.jpg
漫画本がアニメーションになった時みたいなカンジと似てる。
色がなかったら自分の色彩感覚で勝手に色を乗せちゃってる。
漫画本の登場人物に自分で声を与えているのと一緒。
それでアニメーションになっていざ声優が声を乗せると、自分が与えた主人公の声と違って驚く。
イラストのタッチにユースケの世界も見えてるけど、より色のほうに見えるような気がするな。

d0137326_01002914.jpg


d0137326_01033216.jpg
それでも、色、ないほうが好き。
d0137326_01033506.jpg

ごくごくわずかな色があるほうが、好き。

d0137326_01033712.jpg

中村祐介、てこうゆう人みたいです。


d0137326_01034144.jpg

アリ。

d0137326_01034686.jpg
d0137326_01072366.jpg

足、2本も千切れてるしケツも欠けてる。

d0137326_01072681.jpg
「これ・・・中村祐介ファンじゃないと、これのポーズの取り方がわからんなァ・・・」
d0137326_01075423.jpg
ちなみに、正解はこちら。
d0137326_01080608.jpg
d0137326_01082221.jpg
d0137326_01080973.jpg
d0137326_01083094.jpg

デカい傘は歩道橋に引っ掛ける。

ユースケ本人がぼったくり価格と表現した1回300円の缶バッジガチャ。

d0137326_01083461.jpg
「上を回して出てきたのが私のんで~下を回して出てきたのんがナナンの。」
d0137326_01083643.jpg

「ぅおおぉおぉぉぉぉぉぉぉ!15種類も絵柄あんのに同じの出てきてお揃いってコトになったぞ!!」
「・・・となると、その絵柄しか入ってないんじゃないか疑惑が出てくるな」
「あ。そういうことなの?15種類もあって?」

ユースケファンのナナンに、クリアファイルと缶バッジと買い物をした時に入っていたユースケ特集バックナンバーみたいな雑誌をお届け。

d0137326_01083949.jpg

動物いっぱい切手。

d0137326_01084215.jpg
中村祐介withハッピーハネムーン&ウエディングキャンペーンadd私








[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2017-09-25 01:30 | +開楽館+ | Comments(0)

原住民

「あったかい部屋から屋外に出た時とかさ、しゃっくりが1回出るやん?」
「出るね」
「アレって我が家の民しか出らんて知ってた?」
「えーーーーーーっ?!」
「やろぉ?人々は温度変化でしゃっくりが1回出ることはないらしいよ」
「うそやろーーーーーー出てるやろぉ?」
「じゃぁ、他の人たちがしゃっくりしてるのを実際に見た覚えある?」
「えー…言われてみれば…見たことないかな…どうだっけ?じゃぁ他のひとたちはしゃっくりが止まらないてこと?」
「違うのよ。そもそもしゃっくりが1回も出ないのよ」
「えーーーーー、そうかな?出てないかな、みんな?」
「て、思うやろ?1回だけだし見逃してきたんじゃないかて。温度変化でしゃっくりが1回出るなんてきーたこともないらしいわ」
温度変化の激しくなるタイミングで人々のしゃっくりに耳を傾けたりはしてないから聞き洩らしてるだけだよね、1回くらいなら出てんじゃないのみんな?シャックリがさ。
「最近さ、そのしゃっくりが2回出る時があってさ。中年になったら2回に増えて、老人になったら3回とかになんのかな、と思って。ひーねぇ出らん?2回?どうよ?」
「うそー…みんな出ないのー…えー…」
聞いてねぇな、回数が2回に増えてるていう部分。
「えー…タカシも出るよね?」
「出るね。遺伝のせいなら私が出るってことはタカシも出るよね、姉弟だからね。ばーちゃんも出るよね?」
「出るよ~」
「てことは遺伝上は三世代までは出るんだ。ウチのコたちは出らん。ココでしゃっくり1回が途絶えるんやな。血族三親等で治るんだね」
病気じゃないけど、べつに。
隔世遺伝とかあるかもしんないから、我が子の子供を要経過観察ってところか。だから病気じゃないけどな。

「あのさぁ…伊丹ってぜんぜん片田舎で都会でも何でもないんだけど、それでもねぇ、やっぱ生活的に便利なんやろうね。そうゆう場所で暮らすとねぇ本能って薄れるよ」
ワレワレハ原住民ダみたいなコトなんだと思うの。アボリジニのひとたちがテレパシーを使って会話するのと同じで。宮崎はあんまり文明が発達してないので、本能を使わないと生きていけないのねきっと。そんな宮崎県民の中でもひときわ不便な生活してたんだね、ワレワレは。だからいつまでも本能が抜け切らず、温度変化でしゃっくりが1回出るんだよ。そのしゃっくり1回が体調管理とかなんじゃないの、薬っていう文明の結晶があることを知らない私たちはしゃっくり1回で風邪とか予防してんだよ本能的にね。天を仰いでなんかブツくさ言ってたら、雨とか降らせることが出来るんじゃないかな、そろそろ。宮崎で文明から隔離された生活をしてたらひょっとして可能かもね。

あんまり役に立ったことはないけど、テレビや電気がついているかどうかが家の外からわかる、という私の原住民能力も伊丹暮らしの文明開化ですっかり鳴りを潜めたよ。電話が鳴る前にわかる能力なんて文明に慣れすぎたせいで今や鳴っているのに気付かないからね。もうね、かるくボケが始まってると思う。


文明が滞るマチ宮崎県。
もちろん、いい意味でね。
そんな神秘の滞りっぷりをご覧いただきましょう。


なぜに石像に服を着せる必要があるのかはわからないけど、衣替えもちゃんとするらしい。

d0137326_22312208.jpg

2月はとてもファンキーなファッション。

d0137326_22312588.jpg
d0137326_22312873.jpg
ファンキーがこじれてとてもシュール。

空き地に突如出てくる作品。

d0137326_22321112.jpg

かかしとは趣を異にする集団。

基本的に足は折れてる。

宮崎交通のバス停は背が低いのと停留所名が特徴的。

d0137326_22321765.jpg
すぐそばを流れているこの透明度の高い河川に一度や二度はながされたのかな。

d0137326_22322693.jpg
伝えたいことはネイティブ発音。
d0137326_22323103.jpg
d0137326_22335130.jpg

模型にすらバカの一つ覚えかのごとくフェニックス。

d0137326_22323436.jpg

そびえ立つフェニックス。

d0137326_22323760.jpg
南国と言えばフェニックスをこれでもか。
d0137326_22343105.jpg

まァ、実際これでもかとフェニックスが植わってるわけだけど。

スーパーで買ったものをセルフで袋詰め。
そんな全国共通のことまで、なんとなく履き違える宮崎。

d0137326_22343430.jpg

なんだこの個室感。

d0137326_22343778.jpg
なんだろうな…セルフっていうよりはジョブってカンジ。
ラインの一工程みたい。

この広さを歩道じゃないと勘違いする、ということなのだろうか。

d0137326_22343936.jpg
私は100%歩道だと感じるけれど、もしかして宮崎県民は歩道というスペースがあることを知らない恐れがあるのか。

宮崎県のみなさん、歩道っつーのはひとが歩きますよ。
ね?便利でしょ?





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-03-15 22:42 | +開楽館+ | Comments(0)

ベネズエラ

「キャピタル、今ごろベネズエラやな」
「ベネズエラに何の用事があんの?キャピタル」
「だから~!キャピタルは毎年、年末年始は海外旅行に行くって決めてるの!」
「年末年始の海外旅行を1年でも我慢したらエアコン買えるのにな」
「それな」
ヒー坊の高校の数学教師キャピタルは32歳。
ヒー坊が1年生の時から何かと注目の先生で、とにかくおもしろい。

授業をしていて生徒からの反応が薄い時などに「みんな~!わからないところはバン・バンきーてね!」と言って、手で拳銃を作り『バン・バン』で手拳銃を発砲するのであるが、凡人とキャピタルが違うトコロは『バン・バン』のタイミングなのだ。
凡人なら、『バン・バン』は2パターンだろう。
人差し指と親指をL字型に伸ばした拳銃の、人差し指の銃口を上に向けておいて『バン・バン』に合わせて2丁の拳銃の銃口を次々にひとに向けて発砲。
もしくはグーにしておいた手からいきなり手拳銃を出現させ『バン・バン』と不意撃ち。

キャピタルの場合は2丁の手拳銃の銃口は最初からひとに向けている。
そして『バン・バン』に合わせて順次、銃口が上を向くのである。
殺し屋か。
発砲の際の反動のほうなのだ、表現するのが。
「みんな~!わからないところはバン・バンきーてね!」
とフレンドリーに言っている割には、撃ってる拳銃の殺傷能力が高い。

キャピタルの家にはテレビがない。
そしてエアコンが壊れている。
夏の冷房は温風を吹き出し、冬の暖房は寒風が吹きすさぶ。
まったくその恩恵を受けていないにもかかわらずエアコン代はちゃっかり取られるので、使っていないんだと生徒たちに説く。

毎年の年末年始の海外旅行の1回を国内旅行にしておけば、テレビもエアコンも買えるのに、今年はベネズエラにいるらしい。
ワイルドな先生だなァ。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-12-30 00:01 | +開楽館+ | Comments(0)

平均19.3歳の家系でして

「イネさんて、俺の何よ?」
「大叔母よ」
「てことは、まぅの何なん?」
「叔母よ」
「叔母ってことは?」
「私の母親の妹や。アンタの祖母の姉妹ちゅうポジションやないか」
「てことはやっぱ大叔母よなぁ」
「最初からそうゆぅとるやないか」
「それがさぁ、奨学金の人から電話があってやぁ」

チョモは現在、奨学金制度を利用しているが、これには両親の他に四親等以内の親族で65歳以下の人物を保証人にしなければならない。
しかし、現在43歳であるむぅがトシがいってから出来た三男であるため、その両親でチョモにとっては二親等である祖父母は70歳を超えている。ということは親戚もそれに準ず年齢なわけである。親戚付き合いもさほど密ではないために、私のほうの親族で密な付き合いの65歳以下の四親等に当たる大叔母を立てたのである。しかしこれが、大叔母にしては若すぎると年齢詐称の疑惑の目を持たれてしまい、調査の電話が入ったらしい。

「生年月日のところ、何年て書いてる?」
「33年、57歳」
「そんなモンやろ。合ってると思うけどなぁ…ちょっと確認してみるわ」
イネさんに確認すると、31年59歳だった。

「でもさ、2歳しか違わへんで?たった2歳のことで若いて言うかな?年齢詐称て騒ぐかな2歳ぽっちで?」
もっと大きくサバ読んでるひとたちだっているのに。
「普通、大学生の祖父母ゆぅたら70歳とかそんなもんやからやろ」
「ウチにはウチの結婚の事情ちゅーもんがあるんや。母親の年齢みたらわかるやろ、なんでそれを言わへんの?母親が19で結婚して、その母親も19で結婚して、そのまた母親が20で結婚してる、て説明して。そしたらいい具合に59歳の大叔母が産まれるから」
祖母と大叔母は5つ離れていて祖母が結婚した時にはまだ中学生でした、て補足しといてもいいけどね。ちょっと記憶違いで2歳若く申告しましたが詐称だなんて濡れ衣ですよ、三世代に渡りちょっとばかし早婚のケがあるだけですのに。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-05-31 14:51 | +開楽館+ | Comments(0)

2190日

6年間の長きに渡り作って来た弁当。
それが、今日をもって終了した。
実に晴れ晴れとした朝だった。
今日のヒー坊のお弁当はもぅこの6年間の全ての力を出し切った。
冷凍食品をこれでもかと並べ、お馴染みのホウレン草とベーコンのマヨネーズ炒めをたっぷり詰め、誰が買ったのかわからないふりかけまでふった。フィナーレにふさわしい弁当である。
購入者不明のふりかけは豚骨ラーメンふりかけみたいなことが書いてあったけど、豚骨ラーメンのふりかけをごはんにかけるとラーメンぽいのだろうかごはんぽいのだろうか。ラーメンとごはんとではどっちが勝つのだろう。

長男のチョモが中学生になった途端、我が家では弁当作りがスタートした。
本来ならば年子であるチョモとヒー坊が順調に高校に合格してからの4年間で済んだはずである。
しかし伊丹市はどうゆうわけだか義務教育である中学に給食という制度がない。我が子が在籍していた小・中の9年間、毎年、給食の実施と30人クラスの実現は署名を集めて訴えているけれど、市が動く気配はちっともない。なので伊丹市のオカンたちは子供が中学生になり朝練に行くとなると5時に起きて弁当を作り、やれ試合じゃ合宿じゃと言えば4時に起きておむすびを握るのである。

とは言え試合のない土日祝やテスト期間中には作っていないので、2190日もみっちり作って来たわけじゃないんだけど、弁当による朝の束縛感は2190日に及んだと言ってもいいだろう。
それほどオカンたちは弁当のことで頭と冷凍庫をいっぱいにしてきた。

通常の高校であればヒー坊の弁当があと1年残っているはずだが、ヒー坊は多部制の定時制高校のⅠ部に通っていて、全日制の高校のように朝から午後までの授業を取っている。単位制なので、これを2年間真面目に通い続けると、3年になった時には午前中の授業と午後からの授業の組み合わせで卒業できる単位が取れることになる。
なのでヒー坊は3年になったら、卒業後の独り暮らしに向けて昼食で自炊の練習に励む。

明日からの朝の解放感を思うと、もぅなんか何でも出来るような気がしてきたな。
すでに老後の第二の人生の始まりの序章のプロローグである。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-02-12 23:27 | +開楽館+ | Comments(2)

本年も細々とよろしくお願いいたします

2015をお迎えの皆様 お変わりございませんか?

本年も細々と続けるこのブログをどうぞよろしくお願いいたします。
去年の夏くらいにブログパーツとしてアバターを貼るつもりで始めた『ニコっとタウン』略してニコタの戦略にまんまとハマって、イベントやらゲームやらにせっせと時間を費やしてしまいブログの更新を怠った2014年後半でした。
いや、仕事もしてたんですけどね。
12月のド短期バイトが長期採用申請中につき、今はまだお休みですが採用が決まりますと盆も正月もない企業で働くこととなります。
恐ろしいですね、働き者になるんじゃないかと、それだけが心配です。

さて今年の初詣も中山寺~清荒神の徒歩コースです。
中山さんは妊婦が腹帯を購入し安産祈願をすることで有名ですが、なにも安産だけの神様というわけではございません。水子供養もすれば商売繁盛、心願成就、学業成就といろいろ。もうさすがに縁がなくなった子宝の寺へ初詣に行くのには目的があって、ココで初詣の時にしか買えないお守りがあるから。

それがこの馬蹄のお守り。
d0137326_2355547.jpg

交通安全にとくに気を付けているというわけでなく、私の屋号が『千徒馬丁』だから。バテイのよしみでね。

学業成就の地蔵さんに変化が…
d0137326_23563524.jpg

あれ?
d0137326_23563830.jpg

ほら。
d0137326_23564198.jpg

カチューシャしてるよね?
d0137326_23565129.jpg

かさこ地蔵のパロディで
d0137326_23565551.jpg

カチューシャ地蔵という物語でも紡がないと。

スピリチュアルな場所として一部の人間に知られている売布神社では、和紙に書かれたおみくじを引く。
d0137326_2358511.jpg

まさかの凶です、何もうまくいかないってさ~。
でも信仰深く正しく生きてれば明日への望みがある、みたいな言葉で最後にフォローがしてありました。
よくよく考えてみればこれまでの人生が全て自分の思い通りになっているひとなんていないと思うので、私のこの一年も人並みだな、と思うことにします。

売布神社ではあめちゃんが1個もらえます。
セルフだけどね、ひとりおひとつずつ取るの。
d0137326_2359127.jpg

毎年同じデザイン同じ色同じ味。
金太郎飴なの、この顔。
その中でも一番ブサイクなのを選ぶ。
今年は去年より髪がフサフサだった。
女性だろうか?男性だろうか?
おたふくの女性かな?

売布神社は縁結びの神様として女子に人気かと思いますが、知る人ぞ知る国公立受験の神様です。京大に合格したのでそのお礼参りに来ました、というカシコたちが集う売布神社。
どうしても勝負受験がしたいゆえ京大受験をすると決めたチョモは、この国公立受験の神頼みで大吉だったので、合格する気マンマンです。

売布神社から清荒神に行くまでに、雪が降り始めました。
寒さで脾臓が痛い、痛い。
「はぁ…よかった正絹の着物で」
化学繊維と正絹ではあたたかさが違います。
ポリエステルの袴、ポリエステルの羽織だけども、中の着物だけ正絹にしていたおかげで芯まで冷えることは免れました。
着物が立派な質草になること、納得ですね。
今では着る人がいなくなって着物の価値も下がっていますが、日本人の民族衣装なわけですからハレの日くらいお召しになってはいかがでしょうか。
価値が下がっている今こそお買い得なので、おひとつどうぞ。
着付けが難しいと思っている皆さん、着物は慣れです。着るほどに着付けの時間が短くなります。慣れればデートに着ていく洋服を選ぶ時間相当で着れますよ。30分くらいで決まりますでしょうか、勝負服が?…じゃぁ着物の着付けのほうが時間かかりません、15分です。

d0137326_00742.jpg

禁止が危ない
d0137326_00972.jpg

怖いコワい怖いっ


スタートの中山さんではこんなに晴れていたのに
d0137326_004782.jpg

最後の清荒神ではこの有様です
d0137326_004964.jpg

棒で掻き出し掻き出しやっとこ5円玉を手に入れました
d0137326_00573.jpg

よいご縁がありますように
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-01-04 00:09 | +開楽館+ | Comments(0)

ご参考までにアナタの状況をお知らせしますけどね

「オレの参考書きてへん?」
「きてた。」

「オレの参考書、届いてへん?」
「届いてる。」

「なぁ、オレの参考…」
「なんぼほど買ったんや、参考書」
「たくさんや」
「どれほど届くねん、参考書」
「続々届くんや」

その全部をホンマに参考にするんやろな?
毎晩毎晩煌々と明かりをつけて目ぇ閉じて寝てるけど?
一晩につき100円の電気代が着々とお小遣いから差し引かれていますよ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-12-06 23:47 | +開楽館+ | Comments(0)

京都紅葉弾丸ツアー①

紅葉弾丸ツアーin京都に行って参りましたが、もぅね、画像が多すぎて加工が大変です。画像サイズを変えたりなんかの加工をしていると1時間が忙しい朝の10分くらいの感覚で過ぎていきます。時間がなんぼあっても足りませんね。
クロームを使えば画像のアップがとても簡単なのでクロームをもちろん使うわけですが、これねぇ上限があるんですよね。
つーわけで、画像アップが簡単なのを利用するがために分割更新することにしました。文章力さえあれば画像をアップしなくてもいいのでしょうが、文章力に関係なく画像があったほうが楽しいという意見もありましたので、バンバン画像をアップしていきたいと思います。
そうなんです。このブログ、全然コメントがないので、皆さんが『誰が読んでんねんこのブログ?それは私だが…』とひとりしみじみと孤独を感じていらっしゃるかと思いますが、ひとりじゃないですよ!しっかりしてください!
d0137326_04553.jpg

ほらひとりじゃないよ。伏見稲荷の駅にはこんなにたくさんひとがいます。伏見稲荷ほどではございませんが、ココにだってひとは集います。どうゆうわけだかこのブログを読んでいる皆さんが読んでいることをひた隠しにされるもんで、とても寂れたブログなのに私が何年間もトチ狂って更新しているようにお感じになられるかと思いますけど、少数派が若干名、ちゃんと読んでおくれですので安心してください。そんな少数派の中に自分が入っているのかと思うと不安でしょうがまったくもって無害ですのでね。
…あ?そろそろ気づきました?無駄に長くしようと思って行稼ぎしてるの?
さすが。長年読んではるだけありますねー。

京阪乗るひと、おけいはん。
d0137326_0443322.jpg

京阪八幡駅前の竹のモニュメント。
d0137326_0441510.jpg

竹の中…ということは、三寸ばかりなる人いとうつくしゅうていたりのかぐやちゃんということになりましょうか。三寸どころか何尺あんねん、という大きさです。

この時季には紅葉指数をも教えてくれるんですね。
d0137326_0421273.jpg

天気予報が洗濯指数や花粉の飛散状況、さらにはビール指数まで教えてくれるようになりましたが、自分の喉の渇きに関係なく「今日は朝の天気予報でビール指数が高かったからビール飲もう」というひとがいるのでしょうか。自分が飲みたいか飲みたくないかではないのか。それしかないんじゃないか、と思うのは私がビール嫌いだからなのか。もしかしてビールって自分の意思に関係なくすすめられたら飲むものなのだろうか。ビールってお茶の一種か?
d0137326_0421717.jpg

見頃過ぎというシールを京阪電車はどういう気持ちで貼るのだろうか。
この情報で「見頃が過ぎてんねて~じゃぁ鞍馬寺までは行かんとこか~」となった場合には市原~鞍馬間の京阪電車利用客は減るわけで、しかしながら紅葉の美しさはなくとも鞍馬寺には鞍馬寺の魅力がございますですのに紅葉にのみ情報を絞ってお届けしてもいいものか…見頃を過ぎているなんて…
d0137326_0422131.jpg

見頃過ぎなんてちゃんちゃら甘かったですね。
落葉というシールを京阪電車はどんな気持ちで貼るのでしょう。
このシールを貼る時季にまだ紅葉だよりが貼り出されているのかどうか。

航空ファン必見!
d0137326_0404454.jpg

飛行神社いろいろ面白いですよ。
d0137326_0403916.jpg

これね、航空機のエンジンです。

たぶん航空ファンだと興奮して面白いんだと思います。
残念ながら私は飛行機という乗り物が好きではないので、エンジンも同じようにそう好きではありませんでした。

神飛行機おみくじは読んだら紙飛行機を折って飛ばすという、なんとも罰当たりなカンジがするおみくじです。
d0137326_0403521.jpg

d0137326_0403126.jpg

この輪っかめがけて飛ばして奉納します、面白いですね。
d0137326_0402761.jpg

どこから位置からでも構いません。


子らく園という公園名の響きがなんだか由緒正しいカンジがしますね。
d0137326_0395918.jpg

京都の子供たちは「めいめい」を使うのか?

ハイ、ではもうねー、弾丸ツアーなんで次からガンガン行きますよー、画像の説明とか丁寧にはやらないのでねー、めいめいでグっとくるポイントを探ってめいめいに読み解いてくださいねー、もうええオトナやしー、義務教育じゃないんやからめいめいの責任でねー、わかったねー。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-11-26 00:54 | +開楽館+ | Comments(0)

ファイト!一発

キッチンで茶碗を洗っていたら右の引き戸が開き、居間からむーが出て来て冷蔵庫を開けコップに麦茶を注ぎ調理台の上にポン、と置いた。
そして何かを思い出したように居間へ戻って行った。
その隙に真後ろの扉が開き、風呂上りのチョモが近付いてきて調理台の麦茶を飲み干し二階へ去って行った。
居間からゆっくりとした足取りでキッチンへやって来たむーがカラのコップを持ち上げて言う。

「わ~~~麦茶がない~~~!オマエ飲んだ?」
「私じゃありません。」

この家ではうっかりしていられないな、と思った。
ここは静かなる戦場じゃないか。
ウチには長男という名の泥棒がいる。
うっかりしていると食べようと思っていま焼いたトーストが齧られていたりするのだ。
私が就職活動を頑張るために用意した栄養ドリンクも気付けばもう、ない。
おかーさんね、アナタの学費捻出のために、痛いの我慢して働くんですよー。

はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢつと手を見る

じーーーーーーーーと手を見る。
うぅむ…ビンタをお見舞いしてやろうかしら。
愛を入魂しないとわっかんねぇんだなバカだから。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-10-14 09:30 | +開楽館+ | Comments(0)

京都de近畿大会

病人が遠出をするのは勇気のいる行動である。
さすがに怖くてひとりで遠出はまだ出来ないのだが、これも訓練と思い京都西京極で行われるチョモの近畿大会の応援へ、夫むーの付き添いのもと行ってきた。

こんな風に日常を取り戻している最中である私は、病気発覚からこの1年間のうちでこれが一番の遠出。電車がそもそも乗るのが久々。2日連続で応援には行ったのだけど、金曜日は平日ということもあり自家用車で行ったので道中は眠っていられた。しか~し翌土曜日は駐車場も空いていないだろうし、むーが運転はしんどいぞと言うので電車。電車…そうか電車かぁ。かなり不安。
座れなかったらどうしよう、出先で激痛に見舞われたらどうしよう、吐き気やめまいが続いたら、実際に吐いちゃったら、オキノームが効かなかったら、たら、たら、たら、と不安は募る。

近畿大会前に、チョモが私にこう訊いた。
「オレ、全国大会、行っていいん?」
なんでそんなコトを私に訊くのかと問うと、全国大会に行くとなると受験生のチョモの勉強時間は部活に費やすことになるので行くかどうかは親と話し合え、というようなことを顧問に言われたらしいのだ。そんなもんね、高校生にもなってんねんからもはや自己責任やがな。私が行かないでって言ったら行かないつもりなのだろうか。そんなことないくせに。

「そんなんアンタ次第やがな。アンタがどうか、てことやろ?その後のアンタの頑張り次第やねんから、アンタが行ける、やれると思うなら行ったらええがな」
「じゃ、オレ行くで?」
「決まってんねやんか」

チョモはどうしていつもこんな訊き方をするのだろうか?
自分の心は決まっているのに「いいん?」とお伺いを立ててくることをよくする。
全国大会に行くのを迷っているという風でもなかったし、何なら行きたいオーラぷんぷんだった。顧問に行っていいかどうかを親に訊いて来い、と強く言われていたとしても、私に対する相談というニュアンスは殆どなく、私がどう答えるかはわかっていて「一応きけと言われたからききましたよー」の体。
だったらさ、「顧問が全国大会に行くかどうかを親と話し合えって言ってたけど、オレ行くわ」でいいんじゃなかろうか。行ける、とフんで狙っているんだったら、それは行きたいのだろう?なぜその強い思いのほうをぶつけてこないのだろうか。親はソコに子の情熱やヤル気を汲み取り、ソコを応援しているというのに、それがチョモにはどうも伝わっていないらしい。

炎天下のギャラリー席にずっと居ると身体に障るので、時々、日陰で休憩。
案の定、痛みが出てダウン。
d0137326_21165520.jpg

人目も憚らず横になる。

「なんか京都まで来たっていう証拠撮ろうかな~」
d0137326_21172189.jpg

証拠。確実に西京極。西京極の競技場のみ。

「なんやろこれ~」
d0137326_21173459.jpg

「くっさっっっ!!」
あまりの臭さにビックリして一瞬、痛いのどっか行ったで。
西京極では親切なコトに犬のフンを取るためのビニールがあって、フンそのものを捨てて帰れるシステム。
d0137326_21181344.jpg
d0137326_21182794.jpg

飼い主が持ち帰らなくていいのね。



6位までだと全国大会へ行ける。
d0137326_2119175.jpg
d0137326_21192591.jpg


近畿大会からもう一週間ばかし経っているが、未だ荷物がそのまま広げられているチョモの部屋を突っ切ってベランダまで洗濯物を干しにゆくと、広げた荷物の中に朝日新聞が。
d0137326_21194518.jpg

天声人語か?受験対策だろうか。受験生という自覚がやっとこ芽生えたのだろうか。

なんしか受験を時短でどうにかしたいようだ。
d0137326_2120529.jpg

図書館でこんな本を借りて読む時間があるなら、その時間を受験勉強に充てたらいいのにね。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-06-28 21:24 | +開楽館+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク