どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

カテゴリ:+丁猫犬堂+( 30 )

待った甲斐がありました

ビリッ
「あ~~~~~~っ!!!ちょっとぉ…コレ大事な資料やのに…」
「あ…ゴメン。資料?…て…なにこれ…?ダイエットの広告??…またネタ?」
それはまだイノッキが朝、ちょいと早めに到着して我が家でしばしの休憩を取っていた半年くらいは前の出来事である。中学生になって8カ月、11月まではもうイノッキに靴を脱いで我が家にあがり「登校前のひと休み」をする気力も時間も無かった。ほぼ毎日のように朝練があるから。フルハウスに引っ越した最近では「チョモんちから学校まで」の通学時間が50%OFFになったので「登校前のひと休み」が復活。時々アメちゃんのサービス付き。未だ住みながらにしてリフォームをしているフルハウスはついこないだまでアメリカンスタイルだった。
d0137326_2220502.jpg

このように靴を履いたまま居間の前まで入って来るという具合であったが、日に日に完成していて「ぉお~ついに玄関で靴を脱ぐようになったんやな~っ!」と「登校前のひと感激」が最大3ヵ月ほど無料。フルハウス、どこよりもキャンペーン真っ最中。

今だけ!
d0137326_22213732.jpg

インターホンの線が見れる!!

期間限定!
d0137326_22215848.jpg

ソフトスイッチ。

今なら先着1名さまに!!
d0137326_22221589.jpg


「昨日、ドア付いてん。」
「ぉおっ!ついに?!」
フルハウスを壊し始めた頃から見ているイノッキは「だんだん家らしくなってきたなぁ~…」とその変化をつぶさに観察することが出来た唯一の人物と言ってもよいだろう。朝の通学も一緒で部活も一緒のカイAは、行きしに帰りしにフルハウスの様子は見ているが、典型的なオスグットに罹った彼には「観察眼」という重要なベースが無いため日々微妙に変化している我が家の出来上がりに気付かないことが多い。オスグットが両足にキていて右足がより悪化しているカイAは「みてみて、ここ~。昨日、出来てん。」とチョモが説明するまで気付かない。フルハウスは確実に年内いっぱいチョコチョコとどっかしらが完成してんだぞ、オスグットよ。棟梁、職人気質なものだから、あぁココも・うわぁアソコも・はぁ…コッチも…と家の傾きからなおしてくれ、優先順位を付けた結果、建具とかドアの枠とかそうゆう後回しでも何とかなるようなものが残ってしまったフルハウス。仮の建具や壁が入っている現状で「朝の休憩」は「完成した所を答えよ早押し・ドン!」という時間になっている。

前の住居である文化では「おはようさ~ん」と玄関を開けたら「チョモー…まだぁ??」と3回ぐらい室内のチョモに声を掛けて犬走りで雑談をしながらスタンバイしていた「朝のひと休み」ナシの彼ら。チョモが靴を履いたら即「歩き出せる」体勢で朝の時間を過ごすようになっていた。そんなイノッキが、「朝練がまだまちまち」であった「入学当初」くらいにウチにあがり、私の大切な資料の上に乗って破いた。
「要るからわざわざ避けといたのに…なんてことしてくれんねん。」
「ゴメンてー。…でもなんでコレ?なんかネタにするようなコトが書いとん?」
「今すぐぢゃないけどな。今後コレは活かせる予感がするから。ココ見てみ?本当に、今回の「1ヶ月分無料贈呈」企画は、本年最初で最後、1回限りです。2度とありません。〆切日があります。急いで下さい。って書いてあるやろ?あんで、もっかい。本年中に絶対またあるで。そン時にネタになるからそれまでとっとかなアカンねん、ま・年末くらいかな~。『あまりの大反響に急遽セット数を増やす』事になるねん。『皆様の声にお答え』するかなんかで企画復活とかやろうから、長期戦になるとみたね。やからなるべくイイ状態で保管しときたかったのに…もう破きやがって…早速かいってカンジ。」
「ほん~ま、ゴメンやわ…。」
「ほん~ま、まぢでな。」
「そら悪かったわ。」
「最悪や。…ま・読めたらええねんけどな、破けても。私がこっそり楽しむダケなら読めたらええだけやねんけど、100%ミルニングのネタにするわなぁ…写真アップすんのに見栄えが悪いやんけぇ~。カンペキ主義者なんやから、ワタシったら。」
完璧、ぢゃないよ「簡癖」主義者ね。カンタンな感じでとりあえず楽しんぢゃうっていうヘキが出ちゃうことを「ペキる」て言うんだけど知ってるかな?「カンペキ」の「ペキ」ね。私の前後左右でよくみられる病状なんだけど、自覚症状だけがあるの。害も痛みもまったくナイんだけどね、感染率が高いのよ。空気感染より防ぎようがナイよ、便乗感染。ノってキたらウツルんです。
「そんなコトかよ…気にすんな、やな。破れてるくらい。」
「てめぇ…破いといて態度デカいな。」
「だからゴメンてゆぅてるやんか…」
「ゆぅてたか。ま・ええけど。」
「ええんやったらゴチャゴチャゆぅな、やな。」
「…ぅあ?その態度がちょぉ~ム~カ~つ~くぅ~・み~た~い~な~・的な??ビミョーに~ギャクに~」
「ハイハイええから、若者ぶらんでも。」
「ちっ…」

キーワード検索でたいていの情報が詳細に知れるようになったネット・ネットな昨今に於いて、新たなひっかけ事業が模索されているようであるが、雑誌の後ろのページや新聞の折り込みなんかで相も変わらずネット社会以前から息づいているジャンルというものがある。それが「開運」と「ダイエット」。世の中の人々はまだこんなにも、運と体重を「何かで」どうにかしたいと思っているのだろうか。思っているのだとしたら、運と体重に関しては「自分」に頼るのが一番だと思う。運は考え方に左右される。「財布を落とした」としよう、これを「運」で処理する考え方を、運がない場合と運がある場合で比べてみよう。「今日に限って3万円入れてたのに落とした…運がねぇ…」うん、運がねぇ。「よかった♪落としたのが命ぢゃなくて財布で♪運がよかったかも~♪」うん、よかったね運。ポジティブに考えたらどんな出来事も運がイイのである。それほどに「運」というものには実態が無いのだ。ゆえに、いくら開運グッズを身に付けてもポジティブシンキングを身につけなればたいした運はやってこない。よしんばその開運グッズを身に付けた瞬間から運が向いてきたとしよう。それは「開運グッズのおかげ」と思うあなたが、普段にも起こりうることに対していちいち「おかげだわ~」と思うからにほかならない。そして「おかげ」だと感じるというその「思い込む力」とは、あなただけの力でありそもそも最初からあなたが持っていた。9980円!!(送料別途)の開運グッズを買わなくてもあなたは「思い込む」だけでよかったのだ。あなたの今はあなたのとらえ方の「おかげ」でどうにでもなる。
「ダイエット」もそう。自分に頼るのが成功の秘訣である。あなたは「寝て起きたら体重が30キロ増えていた」という太り方をしたことがあるだろうか。あったとしたら何かがおかしい。絶対に診てもらったほうがいいに決まってる。皆、ジワジワと太ってゆき何年か経って「…あれ?」となってダイエットを試みるんである。そう、あなたはダイエットを試みたくなるまで体重管理・体型維持を怠った結果、ダイエットに手を出すのである。何年もかけて徐々に増やしていった体重を減らすには「最低でも同じ年数だけかかる」と見積もったほうがよいだろう。何年もかけて大きくしてしまった胃を小さくすることを先ずはすべきではないか。それは「満腹感」のコントロールに尽きる。腹八分・腹八分で3ヶ月→腹七分・腹七分でさらに3ヶ月→腹六分・腹六分で我慢3ヵ月、というふうにしていくのがベストでかつ無理がない。ダイエット食品やなんかで一気に体重は落とせても、結局リバウンドしていたら「何のために?」と思うではないか。とにかくダイエット成功の秘訣は一にも二にも「継続」であるような気がする。目標体重まで減らし「続ける」ことをせねばならない、そしてその体重をキープし「続け」るのだ。それが「ダイエットに成功した」という状態である。正確には「ダイエットに成功し続けている」という状態。油断をしてちょいと体重が増え、そのことに気付いていながら食べてしまい誘惑に勝てなかった時、そのダイエットは失敗したことになるのだ。
ちょっと前にニュースが「麻薬特集」みたいなことになっていた時に得た情報で、膝を打った表現があった。それは麻薬の再犯率が高いことを指し「いかに麻薬の精神依存性が高いか」「いかに麻薬から手を切るのが難しいか」という事実を数字にしてつきつけていたもので、わずか数パーセントだけが、再犯なし。「再び捕まってはいない」ということでこのパーセンテージを出しているのなら、この中には「また手を出してしまったが捕まらなかった」ということも含まれる。本当に手を出さなかった人というのはもっと少ない数になるだろう。しかし、その更生したかのように見える元麻薬中毒者、その人たちは「今現在も麻薬をやめ続けている」という表現であった。「麻薬から手を切った」という表現はないのだ。一度手を出してしまったら、切れることがない。忍びよる麻薬からの誘惑の手を、振り払い続けるしかないのである。かつての麻薬中毒者は言った「やめて何十年経ってもまだ、未だに麻薬をやった時の気持ちの良い感覚がハッキリと記憶にある」それは一生、鮮明に残るものなのだ、と。その快楽を求める自分の欲求を抑えることが、死ぬほどに苦しい地獄の日々だと。「やめ続ける」ということを一生、せねばならんのだ。結局は、自分の強い意志に頼るしかない。麻薬に手を出してしまう弱い意志を「再び麻薬に手を出さない」という強い意志へと、どのように変えそれに耐えねばならぬのか、と考えれば「廃人になってゆく」という意味も理解出来るような気がする。強い自分を持てなかったために麻薬に手を出した「最初」がある人間にとって、強い自分になることは容易ではないだろう。そんなに強くいられるなら、最初から手を出してしまわないはずだから。誘惑に負けるのが、人間は得意だ。
ダイエットにも通ずるモノを感じる。「過剰に食べる」という欲求を抑える強い意志を持ち続けること、それがダイエットである。幸いなことに麻薬は通常の食卓に並ぶ事がない。オカンが「タイムセールで安かったから~」と大量に買ってストローに詰めて並べ、アルミホイルをちぎりながら「夕食は覚せい剤のアブリよ~」と準備することはないので、「誘惑に負けて食べちゃった」という危険性はない。しかしダイエットの場合は三食が毎回、誘惑である。打ち勝たなければならない。「勝ち続け」ねばならんのだ。そんなわけで、ダイエットに必要なものも結局は「自分の強い意志」である。
そんな「強い意志」無しで「簡単に体重が落ちる」と誘ってクる誘惑もまた、ダイエットには三度の食事より頻繁に目の前に並んでいる。その誘惑に打ち勝つような根性の持ち主なら、とっくにダイエットには成功しているだろう。むしろ、ダイエットが必要な体重になるような食生活にすら事前に打ち勝っていて当然である、その「誘惑への負けなさ」の強さ。

「なぁ…?覚えてるイノッキ?アンタが入学したての頃に、ウチにあがって私の大事な資料を破いたの。」
学校からの帰りしな、フルハウスの後片付けに寄ることに皆勤賞ペースであるイノッキに、私は素晴らしいご報告を用意した。
「…資料?破いたっけ?」
「覚えてねぇのかよ…ダイエットの広告で今すぐじゃないけどゆくゆく要るっていうヤツを破いたんや。最初で最後のキャンペーンみたいなことが書いててサ。でも、それウソやで絶対もう一回クるで~!みたいなコト言ってたん、覚えてへん?」
「あ~…なんかゆぅてたなぁ…そうゆうこと。」
「アレな、目出度くこないだ、キました。」
「キたん?待った甲斐があったやん。」
「あったでぇ…。年末にクるとおもたけど、意外に早かったわ。11月ってのは私の中では無かったんやけどなぁ~。キたのはええけど…今はホンマ忙しいからなぁ…かといって12月もヒマぢゃぁ、ナイけどな。」
でも考えてみれば年の瀬にダイエットを叫ばれてもそんなことに興味持ってる場合ぢゃないしね。おせちが待ってるっておもたらやっても無駄なのはわかり切ってるし「じゃぁ年が明けてからゆっくりダイエットでも~」てのを新年の豊富に掲げるってのもありがちなハナシ。啓発せいでも自然とダイエット意識、高まるのが1月中旬である。
「早かったな?」
「11月なぁ…まぁ『余裕をもたせた年末で』と思えば年末にキてるってコトかな。『もうすぐクリスマス!痩せましょう!!』みたいなフレーズで誘ってた。」
一年に「そろそろ痩せよう」と思うきっかけは二度あるようだ。夏とクリスマス。クリスマスに痩せなきゃなんないのはサンタさんと見間違われる恐れがあるからだろうか。幼い子供ほどサンタコスチュームのイメージは確固たるものであろう。よっぽどサンタの正体を突き止めたくって、血眼でサンタへの糸口を捜している子供でもいなければ「私服サンタにまで目を光らせている子供によって見間違われる」といった惨事はないように思う。念のために「赤色×白色」というチョイスで服を着なきゃいんぢゃないかな。用心のため白い袋を肩から担ぐような仕事を避ければ見間違われて困ることもなかろう。
「どやった??」
「まぁ…一緒やな。『夏仕様』『冬仕様』みたいな変化がついてるダケ。『もうすぐ夏!』が『もうすぐ冬!』になった、てことやな。ま・ダイエットの広告に季節を教えてもらわんでも肌で感じてんねけどな、冬はクリスマスやて。クリスマス!!ダイエット!!クリスマスってダイエットの理由になんねんな。」
「じゃ、1月は正月?ダイエット?」
「そんなんやってったら日本はしつこいでぇ~?何でも取り入れよるからな。」
節分!ダイエット!
バレンタイン!ダイエット!
桃の節句!エイプリルフール!5月病!梅雨!盆!十五夜!ハロウィン!ボジョレヌーボー!クリスマス!!
…何キッカケで痩せようとしてんねん。8月だけがこれといってキッカケがナイんよな。シャディにもーたカレンダーでは8月11日が『ガンバレの日』てなってるけどむりくりやな…この日キッカケでダイエットをカンバレ。

「うーーーーん…ネタ元…ネタ元…」
昨日の夕方、私はこのダイエット広告を探しに探した。何個もの段ボールを開け閉めしては「いや…コレぢゃない…」と言いながら。
「ネタ帳?探してんの?それなら知ってるで?きんずらノートやろ?」
「いや…きんずらちゃう、いるんはネタ帳ちゃう、ネタ『モト』のほう。」
ヘイポーは私のネタ帳『きんずら』なら知っていると言う。まだ今よりも段ボールが積み上がっていたフルハウスで、サラのまま使わなかった『さんすうノート』が出てき、誰もいらないと言うので私は朝のリフレッシュにこれに落書きをして自分のネタ帳へとランクアップさせた。
d0137326_2225199.jpg

今まで見向きもしなかった「さんすうノート」を「きんずらノート」に蘇らせてからというもの、ヘイポーはムツゴロウさんが裏表紙に書いている「ひょうしのおはなし」を私にパロってくれとせがんだ。ネコはよく眠るコだからネコ、という表紙のネコちゃんの解説を、ネコを働き者に仕立てて「寝ないコだからネコ」というふうに文章を変えると私は宣言したが、どうもやることが多くて、「今発生したネタ元」をもとに「今」一から作るのに気力が続かない。たしかに私は、こんなことをやってるばやいぢゃない時にこんなことをやっちゃう人間ではあるが、ヘイポーが感じているほどに頭を使っていないわけではない。とくに今は「ここに何の家具を持って来てどう収納しようか」ということを常に考えている状況である。加えて今後の出費のシュミレーションで計算に次ぐ計算をして頭が錯乱したのか、空き家になっている文化へと帰宅するところだった。ま・手前の信号で気付いたからセーフ。
何か他のことでリセットせねばと、息抜きに本でも読もうかと思っているが、図書館へ行く時間が惜しくてヘイポーが学校で借りてきた本を読んでいるくらいである、今は時間とアタマを使ってまでの息抜きなんていらん。しかしそうは言っても何かしらの息抜きで「楽しむ」ということはしたい。そうなると、ずっと前の「ネタ元」で文章を無駄に書くことが易いのである。なぜなら、ネタ元をチョイスしてからのその後は、実際にネタにするまで限りなく妄想が広がっているからである。11月のネタ元は12月には焼き上げるダケになっている。記憶の片隅で練られ捏ねられ、十分に発酵しているのだ。キッチン関係の荷物を一階へ運びながら「コレとコレのヤツを入れてコッチにまとめて…たしか『スーパー液体』って書いてたよなぁ…液体なのか…ストック食材は上かなぁ…足元でもイイか…ま・とくに画期的ではないけどもなぁ液体だからっつって…」と、現実的な思考とネタ元へのツッコミを同時進行でススめるのが、私の日常である。これって…履歴書の特技の欄に書けっかな。書いたら落とされるかな。

「ネタ元って?」
部活から帰宅しておやつを食べているチョモが訊くので、イノッキが破いたダイエットの広告と引っ越しに紛れたダイエットの広告だ、と説明。
「それって『液体』って書いてる??」
心当たりがあるのかヘイポーが横槍。
「書いてる・書いてる。あるとこ知ってる??」
「ボクが最後に見たのは、文化の押し入れ。」
「そう!それ!最後の最後まで荷物に入れへんかってん。すぐに手元にあってほしかったから。まぁ…最後の最後で厄介なカンジに紛れたみたいやけどな。」
「最後までとってた意味がないね。」
大安の午前中に全員揃って家に入らないといけないと棟梁に言われて、それが平日だったから「揃って」ということになるとむーちんの出勤前しかないのである。今までは賃貸の暮らしだったので縁起の儀式みたいなものをさほど気にはしてこなかったが、今回は棟梁直伝の「儀式」を全てクリアすべく努めた。引越しの前の大安には「おもと」と「梅干し」と同時に、何でもいいから荷物をひとつ家に入れるんだって。最初のお風呂はその家の主が入る。「まぁ、まぢないみたいなもんやな。」と棟梁が言う。その棟梁が大安の午前中に、と言う。なので5時半に起きて移動。その際に、冴えない頭で入れたダイエット広告はどこへやら。
「バタバタしてたからなぁ…あの日の朝…」
午前中にチクリンの設定を終え、中学校の三者懇談を終え、クリーニング屋へ行き、ヘイポーの部屋の家具配置を行い、ホットカーペットを敷いていたら急に「あ・今だな…」とあの広告に対するガッツが湧いてしまったのだ。それはその広告でダイエット啓発運動をしているのが、ガッツ石松の長女であるということが起爆剤なのだろう。しかしあくまでも「ガッツ石松が父である」ということだけを、探し出した広告は教えてくれた。実際に目でみると、正確な情報というのを知ることが出来るもんだなぁ…と私は再確認した次第である。
d0137326_223522.jpg

モンターニュ式は、メーカー研究陣と鈴木佑季氏が協力して推進しているものであり、父であるガッツ石松氏自身は、一切関与しておりません。
短い言葉で言うなら「長女が勝手にやってる」ということだと思う。娘は父が現役プロボクサーだった時の過酷な減量を見てきてこのスーパー液体を誕生させたというのに。辛い思いをさせずに健康的にダイエット出来て、理想とする体重を無理なく維持させたいと決意し、ずっと研究を続けたというのに。ただ、1週間で10キロ減らすくらいの過酷な減量をする根性が無いと、減らしたからといってWBC世界ライト級チャンピオンにはなれないとは思うけどね。チャンピオンの言動をチラとみる限りでは、たいがいのコトを「オ~ケ~牧場~」なんつって許すタイプの感じがするんだけど、「ガッツ石松氏自身は一切関与しておりません」と入れなきゃなんないほど、無関係を決め込みたいってことかなぁ…娘なのに。まァ親としては「しょーもないことをしなさんな」くらいゆぅたと思う。けど子供やないんやし、娘には娘の考えもあろう。「やってみて失敗する」という経験を踏むということを見守る、という方法も親にはあるやろけど…研究するにしてもいろんなジャンルがあるで。娘よ、親の名を出すならば親が関与したいと思うような分野の研究をすべきである。頑張っている我が子に親は、無条件でバックアップをするものだ。親が「勝手にやれ」と見放すような事柄は、親が子の頑張りを評価していない証である。
チャンピオン…目を覚まさせなはれ、長女の。TKO牧場~!有効打で試合続行不可能にしなアカンな。

さて、『夏仕様』と『冬仕様』の違いから検討してゆこう。
d0137326_22363375.jpg


『Neoモンターニュ式』がこの無料贈呈の夏名称。
d0137326_2237746.jpg

『モンターニュ・セット緊急型』がこの無料贈呈の冬名称。
d0137326_22372550.jpg

冬の『緊急型』は「やっと完成させた」そうである。

夏の本体一式がこちら。
d0137326_22381394.jpg

冬の本体一式がこちら。
d0137326_223833100.jpg
d0137326_22384481.jpg

緑の箱から黒の箱にやっと変えたてか。

広告内容とは関係ナイけど「クリスマス」を縦にしたらアカンやろ縦にしたら。
d0137326_22391291.jpg

ほんでこの略し方であるが、アポストロフィを入れての英語表記にした場合「クリスクリスマス」となってしまうらしい。「かしこかしこまりましたかしこ~」てなカンジか。言われたら腹立つカンジやね。

夏バージョンで散々「2度とありません」をアピール。
d0137326_22394212.jpg

d0137326_22402974.jpg

とにかく、
d0137326_22404891.jpg
d0137326_2241734.jpg

2度とない。
d0137326_22411988.jpg

最後のプレゼント。
d0137326_22423910.jpg

と言っておきながら、冬バージョンではず~っと無料で何回でも贈呈するんだって。

d0137326_22425340.jpg

私が今ざっと自分の人生34年間を振り返ってみて「うすい」のがよかったと思うモノを考えてみた。
…紙オムツくらいか。
全てのひとが同じ感想を持ったのではないだろうか。
悪いことは言わん「ほのかなレモン味」にしときなはれ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2009-12-11 23:05 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)

貢ぎモノ

本を読んでいたらハッとした。そこには猫の習性が書かれてあったのだ。猫には恩を感じる気持ちがあって、何か獲物を捕らえたら普段お世話になっている大切なひとにそれをプレゼントする習性があるという。猫をペットにしている人たちの間では知れ渡っている事実らしく、春になると愛猫が貢ぐ季節になったことに覚悟するそうである。枕元にミミズをプレゼントされたり、スリッパの中に野ネズミが入っていたり、クッションにカエルが置いてあったりするらしい。在宅ならば捕れたての蛾を足元にポトリと落とされたり、目の前に息絶えたスズメが運ばれてくるそうだ。そして文中の一文に私はハッとした。

いずれの場合も、獲物の遺体にはそれほど損傷はなく、きれい。どれも一撃で仕止めて、一口も齧りもせず、そのまま差し出してくれたものと思われた。

ぁあ、なんてこと。私は猫に貢がれたんぢゃないのか。

何年前のことだろう、我が家の玄関前で朝、野生の鳥が死んでいた。スズメよりも大きくカラスよりは小さい茶色の見たこともないような鳥だった。出勤するむーちんが発見し、私が確認したその屍は本当にキレイで死んでいないかもしれないと思うほどだったが、ピクリともしない。死んでいるとは思うが、念のためにとチョモが触って確認した。チョモの見解では死後硬直がだいぶ進んでいるので30分以上は前に死んでいるだろう、とのことだった。110番に電話、「はい110番です、事件ですか?事故ですか?」「相談なんですが…」「どのような事でしょう?」。我が家の前に鳥の死骸があってどうしたらいいか思って…と相談を持ちかけると警察は、鳥の首がないとかで近所で騒ぎが起こっていないか、と訊いた。死骸は全身あって騒ぎはないことを伝えると、市役所に電話することをすすめられた。しかし朝の早い時間なので市役所はまだやっていない、だからってこのまま意外と大きさのある鳥の死骸を玄関前に2時間も放置しとくのか?30分もすれば6戸あるこの文化住宅の住人が次々に出勤、登校するだろう。新聞紙で目隠しでもしておいて…いや逆に目を引くって…ヘタに人間の手が加わっている的な処置を施してしまったら、なんしか我が家の前である、どう見たってウチがアヤシイぢゃないか…どうしたらいいんだ…。困りながらも私は、とにかく今よりも人目につかない場所へと死骸を移動させる方法を考えねばならんだろうと、外へ出た。すると、警察に電話して困った困ったと思っていたものの10分くらいの間に、玄関前から鳥の死骸が忽然と姿を消していたのである。…生きていたのか?…いいや、絶対に死んでたって。「死骸が消えてる…これは…事件のニオイがしないか??」と私は我が子に訴えた。私が、すごく誰かに恨みを買っているんぢゃないだろうか?それでこれは嫌がらせなんぢゃないだろうか?明日から毎朝、何かしらの死骸が置かれるのではないか?それは日に日にデカくなるんぢゃないだろうか?最初は鳥、そしてネズミ、それから猫、いずれ犬、とうとうクマ…。ゾウになる頃まで私は正気を保っていられるだろうか。
妄想がぶっ飛ぶ私を諭すように、チョモは冷静に言った。みんな朝は忙しんだからそんなことしてるヒマはない、早起きしてわざわざ死骸を届けに行くか?嫌いなヤツのために時間なんて使いたくないやろ。…ごもっともー。

死骸が玄関前にお供えされたのは一度きりだった。よかった恨みを買ってなくて…と安堵してこの出来事は終わったが、あの死骸が猫からの貢物だったとしたらハナシは別である。終わっていないではないか。心当たりがあるのだ、猫に感謝されるかもしれない可能性が、私にはある。
私だって子供の頃のペットとして猫は飼った。おばーちゃんちのペットは猫である。しかし、この猫たちに感謝されるようなことはないし、あったとしても宮崎ぐんだりからはるばる貢ぎになど来ないだろう。
カン違いで感謝してくれるかもしれない猫は、我が近所に3匹いる。我が家のイッパチ農園を勝手にトイレとして使用し、イチゴのためのイッパチハウスにサウナ感覚で出入りし、農園グッズを入れるための収納BOXの上をひなたぼっこスペースに使っている、飼い猫・野良猫の3匹である。この猫たちに、作物は荒されるわ土はワヤにされるわで困り果てているのだが、猫のほうはカン違いしているかもしれないのだ。
「すまないねぇ…いつもトイレの土を耕してくれてて、とってもかぶせやすいよありがとう」
「悪いねぇ…こんなに雨風凌げるハウスまで用意してもらっちゃって、おかげで冷えもよくなったよありがとう」
「おっと今日はナニかい収納BOXの上に何も乗っていないね、広々としててひなたぼっこがのんびりやれるじゃないか、明日は8丁目のブチも誘うことにしようかなどうもありがとね」
…違う、断じて違うぞ。
オマエらが勝手に…思い込んでるだけなんだよ…。引っ越しを控えているから秋の作物を植えるのを今年はやめただけなんだ、オマエらのトイレとして開放しているわけぢゃない。雑草を抜いたのは虫の住処にさせないためだ。何も植えてないから農園グッズを収納BOXにしまいこんだまでだ、ひなたぼっこバリアフリーにリフォームしたつもりはねぇよ。目を覚ませ、目を覚ますんだオマエら…ひなたぼっこをしてる時、勝手にハウスでまどろんでいる時、私に見つかったオマエらは威嚇され「こらぁああぁああ!!」と追い出されているぢゃないか、忘れたのか?バケツに水を張っているのは、バラにあげるための水。オマエらの飲み水ぢゃねぇよ。

「…てサ、私がイッパチ農園のためにやってることを猫が都合よく解釈しちゃってさぁ…それで日頃のご愛顧に感謝して貢いでたりしたら、もうかなりカン違いなんだけど。」
私が「貢ぎモノ」である可能性がなきにしもあらずだと説明すると、ヘイポーは言った。
「猫…カン違いもいいとこやな。」
昨日だって食事中、裏のブロック塀に黒猫の前足が見えるや否や、「んっ!!!!」とおコタの天板に平手打ちをかましたかと思った瞬間には立ち上がり5歩で網戸まで駆けて行き、暖簾をバッ!網戸をシャッ!!
「おぅらぁ~っ!いら~んっ!!」
と、威嚇。尻尾を立てて悠長に歩いて来た黒猫は、私の迫力にブロック塀から足を踏み外して逃げて行った。
「…チョモ、見たか?今のが瞬発力や。」
チョモの専属コーチむーちんが、瞬発力とは何かを私で説明。チョモよ「感謝されたくない」という気持ち、それが瞬発力だ。しかし、この瞬発力が陸上の短距離に使えるとするなら、コースの中央あたりに黒猫を置いておく必要がある。はっきり言って邪魔だ。陸上競技場で黒猫なんか見たくねぇし。
お願いだ…絶対に感謝しないでくれ。
恩を感じるな、貢いでいらん。
私が玄関前を掃除して雑草を抜いているのは「ココにお供えしてね」というアピールぢゃねぇからな。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2009-10-13 16:12 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)

魅惑の迷惑

コロリンチョン、とすっかり忘れとったわ、迷惑メール。
ほら迷惑メールって、迷惑フォルダに勝手に入ってるから新着には反映されへんやんか~。
迷惑フォルダに入ったのはそのままダイレクトに削除されるシステムみたいなことになっとったので、受け取った迷惑なメールがちゃんと蓄積されるようにわざわざそうゆう設定でアドレス作ったのを、思い出したのよ。ちょっと前にね、迷惑メールっておもろいぢゃ~ん、て喰いつていたのだけど、どれもこれもデートのお誘いやったからもう飽きちゃってね。最近はど~なったかな~と思って、迷惑世界を覗き見る気だったの。それがアドレスこさえたら、ミズオがウチに来て「今めっちゃモテモテやね~ん♪いろんなひとから付き合ってって言われてるね~ん♪見るぅう~??」なんてゆ~もんだから、代わり映えせんのやな、おもて開きもせへんかったわ、迷惑フォルダ。もっとはよぉに開いとったらヨカッタ。そしたら271通も溜まらんですんだのに。

朝刊読んだら一面に、放火殺人容疑で41歳の男が逮捕されたと出ていた。仕事も金も無く人生に嫌気がさし、誰でもいいから殺したくてパチンコ店に火をつけた、と供述していると言う。41にもなってフザけたことぬかしてんぢゃねぇっっ!誰でもよかったなら自分を犠牲にせんかいっっ!!と、朝っぱらから血圧が高くなった。低血圧だからこれで正常値までイっただろう。
仕事も金も無く人生に嫌気がさした放火犯の出頭してきた時の所持金は6万円。我が家の3ヶ月分の食費に相当する。毎日のように「オマエが働けば…」と嘆かれ、働き者の実弟からも「は~た~ら~け~よぉ~っ」と言われ、おかーたまから「家のローンはまぅちゃんが頑張って助けたるやんなっ?」と精神的圧迫先付小切手まで切られ、それでも「えぇ…それは…ゆくゆくは…」と働く意思を見せない今の私の日々がどんだけ嫌気のさす環境か、わかんのか~っ?!世の中、金・カネ・KANE・money言いやがって~っ!そないに金が好きなら、カネと心中しろ~っ!!よぉく考えてみろ~人生に嫌気がさした原因はなんや?金か?人間関係か?本質を見やがれ~っ自分の身の振り方を誤ったからちゃうんか~っ自分に嫌気がさしとんのに他人を巻き込むんぢゃねぇ~っ!!ゼーハー…ゼーハー…ゼーニー…ゼーニー……

世の中、銭みたいやね。
迷惑メールはこぞって銭をくれる、と言っている。そんなに銭が余ってんのんか?おかしいなぁ…余ってんのにみんな私に働けって言うのよ、ヤんなっちゃう。

ではー、どのくらいの銭をくれるって言っているのかをご紹介。悪態ついてウップンを晴らすよ、悪いけど。
まずは、一応の理由があるパターン。

連絡費用としてポイントを2万円分購入しました。そろそろ到着してますか?

資産50億さんからのメールです。
資産がそんなにあんのにたった2万かよ、ちぃせぇヤツだ。しかも2万円分のポイントだゼ、オマエはメンバーズカードでも眺めてろ。

生きていけないから500万円を貴女に

その500万使ってウンと遠くへ行きな。そこが墓場になると思うよ。

契約金800万月給120万でオレの個人秘書やりませんか

返事をすれば正式雇用だってサ。
完全にヤバい仕事だな。私「給料現金支給」のトコでしか働かない主義なの。個人秘書を雇うおかたには意味がわからないかな~あのね~「給与を振り込みにするまでもない金額しか稼がない仕事っぷり」ていう意味なのよ、わかっちゃったぁ??

一家離散を防ぐ為に2億渡したい 勝手な事情ですが…受け取ってください…

宝クジ3億さんからのメール。
1億は持ってても一家離散は免れるわけだ。家族会議を開きたまえ。1億がどのように骨肉相食むのかを目の当たりにしたほうがいいな、あぶく銭の一家離散危機をコッチにまで及ぼすんぢゃねぇよあぶねぇなぁ…。

あと、腫瘍が見つかってもう必要がないから口座残高の3億50万をくれるってのもあった。どんだけタチの悪い腫瘍かしんないけど、3億50万は、最新医療を受けるという「必要性」をまさに今、獲得してるよ。メールしてるヒマがあるから、末期じゃないとは思うけど~。

次は、まったく理由がないパターン。

もう…帰っても良いですか?800万は置き去りにしたら受け取ってくれますか?

誰にゆぅてますか?
どっかそのヘンのひとが受け取るんじゃない?もう、帰ってええで。

早く6000万うけとって下さい

たった今、ウケとるっちゅ~ねん。

朝一に貴女専用の振込システムを立ち上げてます。先に番号札をとりました今「211番」が呼ばれました。私の札は「215番」です。

銀行役員さんからのメール。
銀行役員やったら振込システムの立ち上げかた、わかってるだろ?勝手に立ち上げたかったら立ち上げてたらええけど、私ね、私名義の口座も、カードも、クレジットカードも、IDカードも、電子証明書も、何も持ってないの。メンバーズカードもポイントカードすらも、無いのよ。身分証もねぇ、写真入りじゃなかったら二点確認になっとるでしょー。保険証しかないからアウトなんだよねー。しかし運転免許証という写真入りの身分証あんねん。これ一点のみで私の身分は証明されてんねん。言いかえれば、これしか、ないわけね。だからよぉ~ぉ~この私の身分を証明する唯一の運転免許証をどんだけ大事にしてる思うぅ~~?それはそれは大事に大事に、家の奥の奥のそのまた奥にしまって大事にしてんねでぇ~。もう大事にしすぎてドコにあるんだかね。やから私はこの身分証が見つかるまで、立ち上がれへんから。銀行口座でも作ろうかって立ち上がろうにもねぇ、免許証探すのにひと苦労。探してる間に215番が呼ばれちゃうね。残念だなぁ、振込口座が作れたら2000万もらえるのにぃ。

1700万深夜でも入金可能 私の税金調整にご協力頂けませんか 見返りは求めません

なんで私がアンタの税金調整に協力して深夜に入金の確認せなアカンねや。見返りよりヒドい注文やないか。

貴女を優先して1700万入金します♪どうしても貴女に、お渡ししたかったので他の方は【後日】へ回しました(笑)

ん、わろてるけど、そのツボはどこや。

3億の梱包が終わりました

へい御苦労さん。ほんじゃ梱包解いて、また梱包して。結構いいヒマ潰しになると思う。

最後に、理由をほのめかすパターン。

なぜ、6000万をあなたに渡すのか…理由を話しますね。このメールで受け取るかどうか決めてください。3日がタイムリミット。

このメール開くのに6日かかってる。うっかりしてたゴメンゴメン。

「4200万」郵送する訳も話すから、明日までに手続きできませんか?今ならまだ間に合いますけど…3分じゃ手続き無理?

このメール開くのに7200分かかってる。つい忘れててゴメンゴメン。いまさらだけど自分なりに、その「理由」ってヤツを考えてみたの。「このメールに反応してくるカモを釣るため」正解?大正解??キャ~何が一年分もらえるんやろ~???ウソ発見器かなぁ?一台でええで、一年以上モつやろから。

ほんまにもぉ、金や銭やと、てにゃわんのぉ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2009-07-07 23:01 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)

コンパクトスリム

d0137326_013573.jpg
あーーーー!
綿菓子が消えてるーーーーー!!
d0137326_022165.jpg

こともない。
…ちっちゃ。
d0137326_02388.jpg

綿菓子やけど、
d0137326_03952.jpg

パリ、てゆぅた。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2009-02-10 00:03 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)

をぐら百人wish

冬休みのしくだいに『百人一首を覚えよう』というチャレンジ系のしくだいがある。必須課目の課題ではなく、伊丹市内の小学校で試みられている「ことば科」からのしくだいであるため強制力はないようだ。夏休みの「交通安全ポスターを描きましょう」というような自由学習の色合いが濃い。5年生は50首、6年生は60首、覚えることを目標としていて、覚えてもいいし覚えなくてもいい。覚えて始業式に忘れてきても咎められはしないだろう。
私は正月に、したことはないがカルタをして遊ぼうかといったシチュエーションがあったとしたら、それは『をぐら百人一首』ではなく『牧水カルタ』でなくてナニがあるんじゃい、といったカルタ環境であった。尾上柴舟門下旅と酒を愛した歌人若山牧水、の生地の学校に通った飛び飛びの5年間、カルタと言えば「牧水カルタ」。よその学校へ転校したからといって百人一首を覚えた記憶はなく、よって『をぐら百人一首』を本格的に知ったのは、高校生になってからである。選択授業を古文にして古語辞典を後ろから開かなきゃ、オマケでついていることすら知らなかっただろうて。
ゆうても牧水サンは最近のひとである、昭和3年まで生きてらした。詠まれている歌の情景も浮かびやすい現代語である。
いっぽう百人一首、その原型が鎌倉時代であるからして、情景が浮かばない。頑張って浮かばそうとしても、一休さん(もちろんアニメのほう)が出て来てしまう。古今集や新古今集から選ばれたのよ、と言われても「そういやウチ新古今集ならどっかにあった」ような気はしてこない。広く庶民に楽しまれるようになったのが江戸時代ってんだから「流行ったよね~歌かるた~」といった回顧も昭和生まれの私には土台無理なハナシである。なーのーでー、百人一首というのは、どうも覚えにくい。意味がわからんのでその歌が心に沁み入ってこないのである。昭和50年生まれの親の私ですらこんななのだから、平成になってから生まれた我が子の頭にどうして百人一首が沁みてこようか。私は言った。
「あんなぁ、機械的に五七調のリズムで覚えようとしても、下の句が摩り替わるダケや思うで?覚えようとするなら、意味を知るんが一番や。」
アドバイスしたものの、私は百人一首を意味なんてもたして覚えたことなどない。まして歌の意味を調べたこともない。だいいち覚えようとしたことが、無い。

百人一首のキーワードは「女々しい」の一言に尽きる。男性79人女性21人の歌で百人であるが、うち63首の意味が女々しい。取りようによっちゃぁもぅ殆どが女々しい。一見、季節の移り変わりを詠んだ風に思えるような歌であっても、その実、遠まわしに「人恋しくなってまんねん」と言っちゃってんぢゃね~の~ぉ?と、裏の意味を持ってるかのように思わせる手法がかえって女々しい。とにかく、本心をズバリ言ってのけるんじゃなく、遠まわしに遠まわしに含ませ含ませ表現しているトコロこそが、女々しいのである。それが昔の美であろうか、艶であろうか。どうも現代の恋愛事情に慣れてしまったためか、むず痒いったらありゃしない。

あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな
ああかわいそうだ、と同情してくれそうな人はだれも思い浮かんでこないので、この悲恋のままわが身はきっと、むなしく死んでしまうことでしょうよ。

わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ
このように思い苦しんでいるからには、今はもう身をほろぼしたのも同じことだ。あの難波にある澪標(みおつくし)ということばのように身をほろぼしてもあなたに逢おうと思う。

まわりくどいっちゅ~ねんっ。男なら、思い苦しんで恋に焦がれてないで、同情される前に行動せんかい行動を。

こうして私は『百人一首を楽しくよむ』と題された本で、楽しく読むはずの歌の意味を知るだに「め~め~しぃ~っ!!」と、臍をかんでいる。…知るんじゃ…なかった…。知らなきゃよかった…意味なんて。そんな私のココロを百人一首風に詠んでみよう。

夜もすがら 頭(ず)に来にけらし 白妙の 和歌ながむれば 末はゆるさじ
毎夜のごとく百人一首の意味を紐解いてみるたびに、空が白んで来る頃にはすっかり頭にキますね。あなたにおかれましては興ざめするこの感覚がわかりますまい。遠まわしに言い過ぎているあなたの想いを受け取る女性の気持ちを思うと、わたしゃしまいにゃ堪忍袋の緒が切れてしまうことでしょうよ。

遠まわしに遠まわしに。
含ませ含ませ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2008-12-30 00:19 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)

ダイジョーブ

私、来週から連休でしばらく旅行へ行って来ますので、今日。明日で連絡してもらう事は出来ますか?
ほんとに完全無料で使えるところだってことはわかったと思うけど、セレブ紹介連絡は今後もずっとお金かかる事はないですからね!私そうじゃなかったら紹介したりしません!
紹介ページhttp://(以下削除)にも書きましたけどwebメールアカウントを作る時から削除するまで一切お金かかったりはしないですから大丈夫です!

どうしても心配だったら余り使わないサブアドレスで試してみても良いと思いますよ
私はただ紹介中の女性に素敵な思い出をプレゼントしたいだけだから連絡方法とかはなんでも良いんです。彼女も茂樹さん(夫です)に見つからない時間帯なら連絡方法は電話でもメールでも良いって言ってましたよ!彼女はだいたい13時~20時くらいが安全に電話できるって言ってました。

日によってその時間もちょっと変わってくるみたいなので、まずはメールで連絡してあげても平気ですよ!


親切だね。お金の心配までしてくれて。心配ならサブアドレスでアクセスを試みるという逃げ道まで教えてくれるんだね。そうだね、フリーアドレスで試してみると、入力してる情報は全部真っ赤なウソだから、今後の心配がないね。いつでも捨てられるアドレスだしね。でも、フリーメールいくつも持ってるような人は、もうステキな思い出、作るために具体的に動いてるかな。それで痛い目に遭ってるから、もうそのテのコトは知り尽くしてるんじゃないかな。アカウント取得から削除まで一切お金はかからなかったけど、3回目のメールで電話くれくれゆぅからその気になって電話したら重低音ダミ声のガラ悪いニーチャン出てきて、手切れ金要求されたりなんかしてね。それが夫の茂樹さん。商社マンの「茂樹さん」じゃなくて、最後の一円までもカツアゲる伝説の男「シゲ」。一度狙った獲物は確実に仕留める、音も無く背後から襲うことから「フクロウのシゲ」と呼ばれた男。13時まで眠ってる、20時くらいからカツアゲ開始、フクロウのシゲ、完全夜行性。
日によってその時間もちょっと変わってくるみたい。気分屋なんだよ、シゲ、てにゃわんの~。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2008-06-01 23:37 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)

急いては事を仕損ずる

お二人の写真なんですが、何枚か追加してプロフィールに載せて貰いました
http://(以下削除)ここからメールを送って貰えれば返信で帰ってくるはずですから確認してくださいね!

個人的な紹介ですから、もう少しずつ期間が少なくなって来てるので早めにメールしてくださいね。
美鈴さんは電話で話したがってるみたいですし、貴方さえよければ番号交換して掛けてあげてくださいね
紹介の期限がせまってます。。出来るだけ急いでくださいね。


補足、このメールの件名 写真を追加して頂ましたよ Fromのトコロが "会お?"

うぅ~ん、まっっっったくなん~~~~~にも、みえてこない。

「お二人の写真」の中の二人の中に、私は入っているのか、いないのか?私は写真提供をどこにもした覚えはないからなぁ…まぁでもブログなんかでチラチラ貼ったりもしてるからなぁ…勝手に使おうおもたら使えるんかもわからんけどぉ…その写真なんですがー…何枚追加しても出会い系の雰囲気醸し出すのは至難の業やと思うけどなぁ…。

う~む…なんだろなぁ…この…違和感。最初から最後まで違和感違和感。要所要所に「ん?」と思う違和感。ひっかからずに読める文ではないのだ。それに「ひっかけたろ」という計算がちょっとばかし桁が外れて入っている感じ。足し算を割っちゃった、みたいな。第三者を入れたところに誤算が発生。私を男と仮定し美鈴さんと男の私を当事者として、このメールを送信した第三者、どっちでいきたいのかなぁ、丁寧でいきたいのか、フレンドリーでいきたいのか。それをまずはハッキリささんと、もうごっちゃごちゃ。

ほんで要するにやね、その美鈴さんとやらは【会お?】という気持なんかいなぁ、【もう少しずつ期間が少なくなって来てるので早めにメール】してほしんかいなぁ、【電話で話したがってるみたい】なんかいのぉ。

紹介の期限がせまってます。。出来るだけ急いでくださいね。

とにかくアナタ、落ち着きなはれや。いろいろ、チョイチョイうまくつながってなかったり、句点がね、ズレてたりすっからてにゃわんのぉ~。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2008-03-26 20:57 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)

今回は「密会メール」のご紹介です

☆ 密会システムのご案内です ☆

(ワタシのIDなので表示削除)さん。普段からのご利用まことにありがとうございます。
今後のご愛顧を願いまして今回【BBS 密会型コミュニティ】を紹介させて頂きます!

こちらのコミュニティではBBS形式で異性との交流を築くことができますので、従来より希望の関係を作りやすくなっております。
全く新しいタイプの密会システムをどうぞご賞味下さいませ。

(ID)さんに関しましてはお試し版としてサンプル参加できますのでこちらhttp://(以下削除)より覗いて見てください。

今までとはまた違った一面でお送りする【密会型コミュニティ】
最近では人妻さんの密会が増えておりますがそういった関係限定と言うわけではございませんのでお気軽にお試し下さいませ。

 ☆ BBS 密会型コミュニティ
  ☆ 担当:宮坂よりお送りいたしました


BBSで密会。ん~ん、既に密会じゃないような気がする。密会が公開されてるような気がする。パス付きBBSとかそんなかな。密会の内容は非公開かもしんないけど密会すること自体についてはかなりオープンな状況にある気がする。

「こちらのコミュニティ」で「異性との交流」を築けるんだって。コミュニティ…一覧あるんちゃうんか、一覧。ご内密に出来るんかのぅ。「従来より希望の関係」が作りやすいねんて。従来作りにくかった「希望の関係」てどんな関係やね~ん。誰がどんな「関係」を「希望」しとんや、内密に教えてくれ、どうなんや、どうなんや。希望したわけでもないのに、このメールの内容とこのような関係しか築けない私を、どうしてくれんねん、どうしてくれんねん。「全く新しいタイプの密会システムをどうぞご賞味下さいませ。」から、アキバ系キャラクターが憑依したドランクドラゴンつかっちゃん風「ボクの経験から言わせてもらうとキミとボクはツンデレ的な関係を築けると思うな。以後、お見知り置きを。」といったイロが感ぜらるるのは、アホをこぢらせた私だけだろうか。

私に「関しましては」お試し版として「サンプル参加」出来るみたい。覗いて見るだけ、みたい。
今までとは「また違った一面」なんですってよ、奥さん。今までのA面を知らん~ゆぅねん。「人妻さんの密会が増えて」るんですってよ、奥さん。あら、いやだわ。私の実母コケさん、人妻だったけど離婚してかれこれ7年8年いや…5年?いや…9年?「独身」かしら。離婚せなんだら「56歳人妻」なのよ。だけど離婚したから「独り身の元妻」なの。略して「ヒトヅマ」。
「そういった関係限定」と言うわけではござらん、どういった関係が築けるのかそこんトコがどうも曖昧な「BBS密会型コミュニティ」。
手広いなぁ、ヤフー。私がサンプル参加した日にゃぁ、担当宮坂さんにバレるんちゃうんけ、もう~てにゃわんなぁ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2008-03-02 11:46 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)

どこかにいる君よ

今から外出しますので外で会えませんか?お茶をする時間はありませんでしょうか
このまま自宅に帰る予定でしたので明日の9時に待ち合わせということでいかがですか?
もう直ぐでますのでhttp://(以下は表示削除)こちらからメールしてください
スケジュールの中で伝言板に書き込めます、ここからでもいいので連絡してくださいね
それかあなたのアドレスを伝えてもらえれば私の携帯に届きますので外にいても大丈夫です。
もう出ますので連絡お待ちしていますね

=~ 不倫スケジャー転送 ~=

このメールは転送メールです。ご返信はhttp://(以下削除)
内メールサービス(完全無料)より可能ですのでご利用下さいませ。


衝撃的な事実が判明した。
おい、知らないのか「あなたのアドレス」。

私がこのメールを開いたのには「もしや」と思う心当たりがあったからである。
送信者の名が、我が勤務先のオーナーと同名で、件名が「Re:今どちらにいますか?」となっていたからである。
自動的に「迷惑メール」というフォルダに入るメールはそのまま放っておくに限るのだが、どうゆうわけかひとりだけ、ちゃんとした知り合いなのに「迷惑メール」へと振り分けられるひとがいる。何を隠さん勤務先のオーナー(女性)である。
オーナーから連絡があるくらいだから、その用件は緊急を要する場合が殆どである。そして私がオーナーと連絡を取ろうとする場合もまた、緊急を要している。だからしてその連絡方法にPCという媒体をチョイスすることはあまりない。起動が手軽でないからである。携帯のメールのやりとり若しくは携帯での通話で連絡をつけようとするのが常であるが、たま~にどうやっても連絡がつかない時があり、そういう時は、携帯に三度メールを送り、携帯に二度電話をかけ、オーナーの御自宅に電話を入れ、それでもあかなんだらPCにてメールを送るという手順を踏む。
オーナーの名で「今どちらにいますか?」に対する返信が、PCに入ったのだ。もしや私は早急にオーナーと連絡を取る必要があり、なかなか返信が得られずPCまで使ったことがあったのではないか。ましてやオーナーの居場所を今すぐ知りたい旨の件名で送ったその返信である。今更で遅いが、このオーナーの返信に無反応というのは失礼なハナシである。
そのような「心当たり」から、先出のメールを開くに至ったんである。

そして私は自分が「今どちらにいますか?」なんてなことを、誰にも質問していなかった事実を知った。さも私が所在を問い、それに返信してきたかのような件名で転送という体を成して新規作成されたバッリチ迷惑なメールの差出人、ヤスヨ(仮名)よ。明日の9時だね?オレは行くさ。お茶でもしようか。えぇっと…一ヶ月ばかし過ぎてるけどまだ待ってるかな?腹、減ってねぇか?おぢさま、丼飯、おごっちゃうぞ。そうかそうかそんなに腹が減ってたか、味噌汁も付けちゃろか、てにゃわんのぉ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2008-02-26 08:47 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)

本日の解説はタ~教授にいただきます。

みなさ~ん♪楽しんでますかぁ~??
と、ハイテンションなイベントコンパニオンのような問いかけで何を楽しんでいるかと問うたかと申しますと

迷惑メール♪たっのしんでるかなぁ~??

です。

『迷惑メール』と呼ぶくらいだからそれはそれは迷惑な内容のメールだということは承知の上ですが、この迷惑極まりないヤカラをネタにもてあそんぢゃおう、というのがここ『丁猫犬堂』の目的です。
毎日のように届く、アダルトサイト誘導の迷惑メール。不愉快ですね~♪では、愉快に愉快におちょくってみましょう。なんて楽しい暇つぶし。『迷惑メール』というフォルダが、とても素敵な小部屋になりますよ。
さぁ、イってみよぉ~っ!

『丁猫犬堂』は『てい・ニャン・ワン・どう』と読みます。
これを略して『てにゃわんど~』と読んでください。
これは、現在話題を掻き集めている東国原氏が、知事をなすっている宮崎県全域で使われる方言でございまして、その意味するところは宮崎県在住歴26年目をお迎えになられたタ~氏にご説明願いましょう。

では、ネイティブな発音と共に、ご解説賜りたいと思います。
んじゃよろしく、タ~。てにゃわんどが?
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2008-02-24 23:47 | +丁猫犬堂+ | Comments(3)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク