カテゴリ:+丁猫犬堂+( 31 )

 

間違いですよ

電話がかかってきたので出た、いつもは出ないけど。
ナンバーディスプレイを確認したら市内の番号だったので、ヒー坊の高校かカウンセリングか図書館からかと思ってそれで出たら、年配の女性が「ミヨさん?」と言う。

「はい?」
「もしもし?ミヨさんね、私、前の時に」
「もしもーし、違いますよー」
「もしもし?ミヨさん?あのね、私ね」

どうも聴こえに難があるらしい女性は、私の「違いますよ」がミヨさんの発言に聴こえるようで、そのまま会話を始めてしまう。いぃや私はミヨではない、マゥ。かすってもいないし惜しくもないけど。
知らない人を相手に電話で名乗ることはしないほうだが、仕方がないので名乗ったら「アラどーも失礼しました」と言って女性は間違い電話に気付いてくれた。

するとすぐに、この女性がまたも間違い電話をかけてきた。
そして言う。

「アラ…さっきの所やねぇ…アナタさっきの人?」
「そうですね、間違ってますよ」
「私、美容院にかけたいんやけど…」
「あ・ウチやってないですー」

と、言って切ってもよかったが、年配のこの女性に『悪人のかほり』は漂っておらずお困りのようなので、協力することにした。

「どちらにおかけか、番号をゆーてみてください」
「へぇ?ここはさっきの人やねぇ?え?」
「うん、間違ってるみたい。番号がウチの番号ならまたかけ直してもウチにかかるし、かけたい番号が何番なのかゆーてみて?そしたら何が間違ってるのかがわかるから」

何回かかけてそう説明すると女性は番号を読み上げたのだが、市外局番を『0727』と言うのである。
これが世に言うジェネレーションギャップというヤツだろうか。
私が伊丹に越してきてからもう12年になるが、その間ずっと伊丹市の市外局番は『072』である。伊丹って昔は市外局番が四ケタだったんだ~と思っていると、女性の告げた電話番号の下一桁だけがウチとは違っていた。

「一番最後の数字が違いますね、かけたいのは2でしょ?ウチは違いますよ」
「へぇ?あなたの所にかかるねぇ?この番号やけどねぇ」
「うん、間違って最後に3を押してると思うで?かけたい番号は2やねんけど、かかってるウチの番号は3やから押し間違ってるねんね、最後に2を押したら美容院にかかるはずやで」

これも何回か説明をして女性にわかってもらい、女性からの3回目のコールは鳴らず無事に間違い電話問題は解決した。

この一部始終を横で聞いていたヒー坊が「間違い電話の相手と会話するって…」と言う。

いいか、同一人物が2回目の間違い電話をかけてきた場合「間違いですよ」とだけ言って切ったら、3回目の間違い電話がかかってくる確率は非常に高い。だったら2回目でさっさと会話しといたほうが、お互いのためってもんやで。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-07-17 23:29 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)  

恐怖へのカウントダウン

「オマエ今週、入院やで」
「そうやねん」

「まぅとうとう入院が近づいて来たな?」
「そうやで」

どうして私の検査入院のカウントダウンはするんだ。
普段、私の病状の心配はしないのに。

たった一泊の検査入院に、家族2名はワクワクしている。
残りの1名は無関心。
脾臓が痛んでも涼しい顔をしている私が、どんだけ悲壮な面持ちで帰宅するかが楽しみなんだと思うが、私はシラ~と帰って来るつもりだ。
職場の偉いさんの無理難題なシフトのおかげで、退院の翌日にフルタイム勤務、一日休んで、翌日は大阪まで研修に行く。
この身体にはハードなスケジュールだが、シラ~とこなしてみせる。
倒れた時は、仕方がないなと思うことにするさ。

入院とその後の日常が過酷なので、入院までに『今この瞬間の自由』を満喫するつもりでいた。
古着屋さんを回り、なんかちょっとヘンな服でも買って、クレープを食べカフェオレを飲み、西に新しい古着屋があれば行ってひやかしてやり、東に小さな100円ショップがあれば行ってひととり見て回り、干渉もされず、採血もされず、管が差し込まれることもない、そうゆう時間をわたしは、持ち、たい。

そう思っていたのだが、三が日にあんなにいい日和であった気候が一気に寒気を帯び、冷ややかな風が吹きすさぶ悪天候。
私は寒いと楽しめないと思い、出歩くのをやめた。
病院内で着る部屋着の毛玉を取ったりしてみたが、一泊だし前日の夜に準備すればイイやと思い直す。
そこで、やることがなくなったので、画像の整理をしていった。
こないだも画像整理をしようとしたのだがさっそく動画を作って遊んでしまい、それに満足していっこも整理をしなかった。
何百枚もの画像を見てみると、この写真のドコが自分の心をグッと掴んだのかがサッパリな画像も出て来る。
心惹かれたものを写真に残しているはずなのだが、30枚に1枚くらいはサッパリ写真が紛れている。
けっこうな無駄を重ねているもんだが、無駄を排除した人生って充実感が減ると思う。気付かずに積み上げた無駄こそが、『達成感』をサポートしているのだ!そう思って生きることにしよう、私のやっていることはひとからみたら80%くらいの無駄で出来ているだろうから。
こうしてまた、無駄の多い私は画像整理がまだなのに、遊びにハシる。
d0137326_938482.jpg


2013年6月15日撮影の、イオンお客様ご意見うけたまわりカードである。

イオンの敷地内入口のベンチで、宗教の勧誘(朝起き会)をしていた。
しつこくつきまとってめいわくでした。


注目すべきは5月3日金曜日の夜9時頃のしつこい勧誘であるということ。
『朝起き会』と名乗るくらいだから、朝の早起きをしているんだと思うが、金曜日の夜9時にしつこく勧誘活動をしていて、朝早く起きれるのか?
勧誘を「しつこい」と感じるには1分2分の勧誘ではないと思う。
入口のベンチで勧誘してきたということは、がっつりベンチで休憩している相手をターゲットにしているのである。
座っているところをロックオンされれば立っている時と比べて逃げ場が減る。
しつこいと思われるまで勧誘は10分~15分くらいは続き、なんやかやでいろいろゴソゴソしとってイオンを出るのは早くても9時半くらい、と見積もろう。交通手段は自転車。勧誘しているのはたいがい女性である。うら若き娘が「人生につまづいていませんか?」という投げかけをしたところで勧誘には成功しそうもないので、たいがい子育てが終わった主婦が勧誘の主流。
最近では「よりよい子育て」というテーマで幼子を連れたママの勧誘要員も増えてきた。よりよい子育てのまずはの一歩に、幼子を引きずり回して勧誘に没頭してないで、家に帰って手作りのおやつを食べさせてやり子供のすることを見て一緒に感動してやんなさい。
イオンからほど近い場所にこの朝起き会勧誘婦人が住んでいるのであれば、こんなに頻繁にイオンに行っている私が勧誘されていても不思議ではないと思う。
昼間も夜もまんべんなくイオンをご贔屓にしているのに、見かけたことすらないのだから、勧誘はたまに行う程度だと思われる。なぜならば、勧誘婦人はイオン近辺にお住まいではないから。と、仮定して自転車で帰宅するのに要する時間を20分としよう。これでイオンでの勧誘が済んだ勧誘婦人が帰宅したのは夜の9時50分ということになる。
子供も社会人となり独立して夫と二人暮らしの主婦だとしても、9時50分という帰宅時間はさすがに夫の帰宅のほうが先であろう。
帰ってきた妻に夫は、どこに行っていたのかと聞きはしないのか。
盆踊りに行っているとわかっているむーちんでも、少し私の帰宅時間が遅いとドコに寄り道していたんだとカンカンである。コンビニに寄ってアイス食べてとってんテヘペロ、と言うとさらにカンカンカーンである。
こういった夫婦間の悶着があり、10時10分頃にシンクの洗い物を片付けるなどの家事を行う勧誘婦人。
早朝に毎朝お寺さんへ拝みに行っているウチの祖父母ならもう眠っている時間である。ウチの祖父母の早朝とは4時5時のハナシであるが、朝起き会は早朝ではないのだろうか?普通の時間に起きていては単なる起床である。わざわざ「朝起き会」なんて言い放つくらいだから、人より早い時間に起きてなければ許されないぞ。
勧誘婦人は10時半頃にようやくお風呂、気になる小ジワや目元のたるみに化粧水や乳液や美容液をこれでもかと塗りまくって床につくのが11時過ぎ…朝起きさえすれば就寝時間はそう問題ではないのだろうが、『早寝早起き』という言葉もあるくらいだから、早起きと早寝はセットである。
朝起き会、土日は昼まで寝てたりして。

こんなコトしてないでとっとと画像整理をしたいのだが、魔が差しているので『朝起き会』なるものを調べてみた。
昭和26年に創立した社団法人実践倫理宏正会というのが正式名称であるらしい。う~ん、政治の匂いがする。通称『朝起会』てコトみたい。
ご注目の内容であるが、毎日午前5時から6時まで日本各地にある会場で開かれている『朝起会』と呼ばれる集会は年中無休だそうだ。「朝の誓」というのを全員で唱和するそうだ。この「朝の誓」というのがまぁもぅどうゆぅていいのか、ソウネーという内容である。宗教団体が言いそうなことをギュっと箇条書きにした「朝の誓」を唱和するが、宗教団体ではないらしい。社会教育団体だそうだ。サークルやボランティアではないので、ソコは間違えないでいただきたい。

皆さんが一番知りたい情報をひとつ、載せておきましょう。
入会金が600円、会費は月額200円です。
安いと思われますか、高いと感じられますか。
それでは、これではどうでしょう。
月刊誌『倫風』という300円の冊子があります。
コレ、私どっかで見たことあるなぁと思うんですがね。
ちゅうことは、私が見たことあるくらい配られているんですねぇ。
この『倫風』というのが勧誘婦人たちが勧誘をする時のアイテムとして配る冊子となっていて、これは個人負担で社団法人実践倫理宏正会から彼女たちが買っているものらしいのです。つまり、一般に向けて売られてはおりません。
さぁ、カンのいいひとはもう見えてきましたね?
彼女たちは徳を積むという口車に乗せられて『倫風』を買います、それを勧誘先で配る時に、最初は無料で差し上げるでしょうね。
この冊子、本人の寄稿によるものなのか引用や転記によるものなのか、直木賞作家などの文章が載せられているようです。この作家たちの文章が一度に読めて300円なら買いだけどな。それほどの冊子ですから、内容が面白くて読み応えがあるのは間違いないでしょう。
勧誘婦人たちは、あとは自分がされたようにすればいいだけ。

社団法人実践倫理宏正会のサイトを見て、いろいろと書きたいのは山々だが画像の整理も半分くらいしておきたいので、これだけ、言っておく。

実践倫理では「幸せ」を「仕合わせ」と表記します。

と社団法人実践倫理宏正会は言っている。
辞書を引いたことがおありだろうか。
d0137326_939169.jpg

私の辞書はそもそも「仕合わせ」としか表記していない。
幸運の意では「幸せ」とも書く。と、そっちのほうが別表記である。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-01-07 09:43 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)  

カントリーばぁや

主婦の皆さんマアムの皆さん、アナタの休みはどんなですか。
私の休みは『土日祝に料理をしない』という休みです。
でも洗濯はします、じゃないと洗濯物が溜まる一方だから。
かように主婦とは、カスタマイズ度の高い年中無休なのです。

料理休日の本日、私は18時くらいから夕食を求めて市内をさまよっておりました。
各スーパーで無料でもらえるカルキを抜いた飲料水をもらうつもりもあるし~、惣菜を買うつもりもあるし~、なんなら弁当買うし~、でも家にご飯だけ余ってるからそのご飯が減るようなアレンジは要るし~、と雑念に雑念を抱えてコヤモに着いたのが18時半頃。
チョモは遊びに行ってまだ帰宅していないし「お腹ペコリナ~イ♪ペ・ペ・ペ・ペコリナ~イだからつるさくでイイけど~♪」と言ってみたら、むーちん別行動のひー坊と私がフードコートで夕食を済ませる、ということで話がつきました。
つるさくとは言ってみたものの、私はラーメンのクチだったので、リンガーよりはマシという理由で神座。
チャチャっと食べてピピっと歩いて「ココに座って待っといてよー」という意味で、ひー坊に向かってトイレの前のベンチを指差し、私は花摘みへと参りました。
するとその間、ひー坊のベンチでは、謎の事件が勃発。

トイレから出てきたおばあさん。
ひー坊の隣に腰を降ろするか降ろさんかのタイミングでカントリーマアムを2個取り出し、何の躊躇もなくひー坊に「食べる?」と聞き、「へっ?!えっ?!いや、いりません…」と仰天しながら拒否したひー坊を「ハッハハ」と笑い飛ばしながらひー坊が要ると言えば渡していたはずのカントリーマアムはカバンに戻し、自分用のマアムを口に含み、ゴミをゴミ箱に入れてモグモグしながら去って行った。

一連の流れわずか6秒。
赤い個包装だったのでココア味だった、とはひー坊の言。
ソコ、たいして注目するポイントちゃうけど。

唐突にカントリーマアムをスムーズにくれようとするおばあさん(命名カントリーばぁや)の早業を聞けば、カントリーばぁやはベンチに座った時すでにひー坊を捉えていたようである。マアムを出して迷って知らない子に「食べるか?」という余裕はなかったと言う。歩いて来て座って出して「食べる?」までがリズミカルすぎて早すぎた。
トイレから出てきて視界にひー坊が入った時点でロックオンされていたに違いない。
カントリーばぁやはカントリーマアムを2個出すと心に決めていた、ベンチに座る前に。
関西のおばちゃんがカバンに常備している飴ちゃんならまだしも、カントリーマアムなのだ。外はサックリ中はしっとりの二層の生地の中にチョコチップが入った、好きな人は好きだろうが万人受けするとは言い切れない不二家のカントリーマアムココア味。ショコラ好きにはたまらんだろうが、私の周りでマアムは『残るお菓子』の筆頭である。
思わず知らない人にまですすめたくなるほど斬新なお菓子でもないし、見ず知らずのひとに突発的に食べさせたくなるほど衝撃的なお菓子でもないマアムを、取り出すや否や迷いもなく面識のないひー坊に「どうぞ」じゃなくて「食べる?」と、今まさにココで食べることをすすめ自らもその場で食むわけである。
外見で察すのは難しかっただろうが神座ごちそうさま後のひー坊は満腹であり、カントリーばぁやのマアムを物欲しそうにヨダレ垂らして凝視したという事実もない。
そもそもカントリーばぁやがマアムを出すのが素早かったために、マアムであるかどうかの認識をするヒマさえなかった。
マアムを確認して丁重にお断りするのに、2秒弱を要した。
カントリーばぁやの素早さは実質4秒ほどである。

アナタは4秒の間に、カントリーマアムを他人にあげようという意思表示をすることが出来るだろうか。
私は出来ない。
見ず知らずの他人にあげようという決意を持つのに5秒はかかる。
カントリーマアムだから5秒だが、しかしそれがチェルシーであっても決意するのに3秒は必要だ。1秒でバッグから取り出し食んで去るまでは到底やり遂げられそうにない。
ひー坊は実年齢よりもずっと下に見えるので、ひとりぼっちでぽつねんとベンチに座る姿を見て、お菓子でも与えようと思われてもおかしくはない。食べているのに痩せ細ったカラダだし糖分をあげたくなるのもわかる。
しかし、判断が早すぎるし行動力がありすぎるのだ、カントリーばぁや。

ドッキリか?ドッキリなのか??カントリーばぁやだけが楽しめるドッキリなのだろうか。結果は大成功だが、ドッキリだと教えてくれるというフォローは一切なかったな。

ひー坊は他人とのコミュニケーションの取り方に難があって毎週カウンセリングを受けているのに、見知らぬ人とのミラクルな出会いがたまにある。
全く友達でも何でもないどう見ても年下のコがまるで友達のように話しかけてきて、どうも同級生と思っている会話をしてくるので同級生のフリをしてその場を凌いだり、歩いていたら足元に虫が飛んで来てそれを見た幼子を連れたオカンに「踏んで~!」と叫ばれ、踏むのはイヤだと思ったんだけどもオカンは虫に飛ばれるのがイヤだってことはわかったので、自分の足に踏み潰した感触が残らない力加減でしかもオカンが納得はするような飛ばなさ加減の半殺しで凌いだり、とにかくなんとかこれまでを凌いできた。
そして今夜のカントリーばぁやも、一応は凌いだ。
凌いだが、謎は残る。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-12-08 01:51 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)  

サトラレ救出作戦DEしっぺ返しだっ!

d0137326_16473621.jpg

博報堂ブランドデザイン若者生活研究所リーダーの原田曜平氏は、著書『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』(角川oneテーマ21)の中でこう記している。

「彼ら本当はさとっちゃないのに、さとることなんてできるはずもないのに、とにかく自分たちだけは落ち着こうと、何だかさとったようなクールな態度をとり、平静を装って生活してきたのである。<中略> 日本が沈みゆく『失われた20年』に、彼らは人生の大半を過ごしてきた。だから彼らは消費には極めて慎重な体質になっている。常にコスパを意識し(ブランド物でさえコスパの良い物を選ぶ)、かつての若者のように、消費意欲が旺盛で新商品にビビッドに反応を示したり、見栄を張るために豪快な消費をしたりはしない。」

●ムダな消費もムダな努力も拒否! 「さとり世代」の特徴5

さとり世代は、モノより思い出
さとり世代は、コスパが何より大切
さとり世代は、「デフレ商品」の申し子
さとり世代は、「面倒臭い」が最上位概念
さとり世代は、「イタイやつ」と思われたくない

※著書『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』(角川oneテーマ21))から引用

どちらかというと「ゆとり世代」は、ゆとり教育を受けて育った若者たちを大人が見下げて使う言葉だった。逆に「さとり世代」は、若者から生まれてきた開き直りとも言える言葉。「いつまでもバブル時代を忘れられない大人のほうがおかしい!」。そんな若者たちのクールなツッコミが聞こえてきそうだ。



↑だ、そうだ。
mixiのKNIGHT師のつぶやきから後追いをしてみたら、「ゆとり」もヒドいが「さとり」もヒドいことが判明した。こりゃ「つめこみ」世代がなんとかしてやらにゃ、ならん。人生とは助け合いなんである。私は若年層からはトウが立った若者育成世代であるからして、サポートせねばな。

ちなみにKNIGHT師とは私の太鼓の大師匠である太鼓同好会会長のご子息で、私が勝手に太鼓の師匠と仰いているひとであるが、私が踊りキチガイなために大師匠の家に太鼓を二度ほど打ちに行ったきり今日までサボっている体たらくでも、夏になって櫓で会えば太鼓打ちと踊り子という関係で良好なフザけ合いが出来る師である。
前々から誰かに似てるなァと思っていたけど、このほどハッキリした。
歌舞伎役者の片岡愛之助に似ている。だから師を遠くから呼び止める時には「松嶋や!」と呼ぼうと思う。気付いてはくれないだろうけど。

師は呼び止めなくても何の問題もないが、呼び止めて誘き寄せるべきは『さとり世代』の御仁である。
若者よ、その若さで何を悟る必要があろう。
若いという事は即ち無謀ということである。


盗んだバイクで走り出さない『さとり世代』の皆様へ

“サトラレ救出作戦DEしっぺ返しだっ!”と題しました[ゑずトリア研究所]イベントを、宮崎県日向市鶴町本店の美容室『private salon esora』にて11月3日(日)より開催致します。
さとり世代の皆様はどうぞガメってくださいネ♪

[ゑずトリア研究所]企画*エソラック11月号*【詳細説明】

フォトアルバム冊子に格納致しております『ためになるような気がするポストカード』は非売品ですが、これを今だけ盗むことが出来ます! 
d0137326_1635939.jpg

『private salon esora』にカットのご予約をいただき来店されましたら「エソラックどれですか?」とオーナーに言いましょう。
リリーフランキーによく似たオーナーは快くエソラックを手渡してくれます。
カットをされている間に50枚ほどあるポストカードの中から、ご自分の直感でためになるような気がする1枚をお選びいただき、オーナーの目を盗んで抜き取りましょう。
こっそりと盗んだことがバレますと、リリーフランキーに似た男がアナタを追ってまいりますが、その男のタッパは見せかけだけで足はさほど速くありませんので逃げ切れます。

走れ!

振り返ることなく!


※『private salon esora』と[ゑずトリア研究所]は地域のオトナとして、サトられた皆さまの意識改革と行動力の起爆剤となるべく、健全な若者の育成とサポートに取り組んでいます。協賛企業は随時募集中ですので我こそはとお思いの企業様はご一報ください。なお[ゑずトリア研究所]は週休5日制を導入しておりますのでなかなか連絡がつきかねます。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-11-01 16:41 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)  

メンタル強化訓練 For DaiGo

メンタリストDaiGoがメンタルパフォーマンスをやりたくないらしいね。
メンタリズムは十分に認知されたので、パフォーマンスとして魅せる必要性はなくなったということかな。
メンタリズム普及ということでパフォーマンスをしていたのなら、十分に成功ではないだろうか。
だってあまりテレビの電源を入れない私が知っているくらいだから。

他人の心理をコントロールすることが、自分の心理をコントロール不可にさす影響力を持つと痛感したのなら、よりご自身のメンタル面を強化し、パフォーマーではなくカウンセラーとして、それを活用することが出来るメンタリストになっていただきたいと思う。
『摩訶不思議なパワー』みたくもっていくんぢゃなくて『ちゃんと根拠があって計画的に誘導している』と示して超能力的なコトをしてみせたところが、メンタリストDaiGoの最大の魅力。
『すべての超常現象は科学的に再現できる』ってんだから頼もしい限りである。
摩訶不思議っぽいことを今からやります、と言って摩訶不思議にやってみせるなんて、よっぽどの目的意識でもなきゃやれないと思う。
その目的をより向けるべき目的に向けて、是非とも根拠あるココロのサポートをするカウンセラーになっていただきたい。
根拠や理由がはっきりしている暗示は、洗脳と違って患者に優しいだろうから。
精神的なダメージから自力回復出来ない現代人が増えているらしいので、科学的観点から冷静にカウンセリングをして癒しの実績を積んで欲しい。
怪しげなカウンセラーにしか出会ったことがないので、怪しくないカウンセラーとして成功して欲しい。がんばれ!DaiGo!

しかし私は、応援しておいてナンなんだけど、科学的になんでも再現できるとは思っていない。
かと言って、摩訶不思議なパワーを信じているということもない。
ただ、科学的根拠はあるだろうが偶然の一致が見事に重なり、あらゆる条件が揃わなければ起こらない、という事があると思っている。
それは、どんなに人間がコントロールしようと思っても無駄で、なるようにしかならないと思っている。
その起こった偶然を前にして自分が無力だと理解した時に、次にどうすべきかを考えられるか否かが、自身のメンタル面が強いかどうかだと思う。
諦めずに最後まで気力を振り絞れるか、そしてそれを保てるか。
もういいや…と一度は思っても“でもやっぱり”と思い直すことが出来るか。思い直してからちゃんと具体的に動けるか。
真価が問われるのは『何をやったか』という部分だと思う。
キレイな言葉はどんな口からでも言えるからね。

言う事だけが立派で行動が伴わないひとの言葉に翻弄されることなく、憎まれ口ばかり叩いているひとの行動が本当に卑怯なのかどうかを見極め、
表面的なことだけで判断をせず、自分の目で見、自分の胸に手を当てて考えることをする、そんなカウンセラーを世の中は求めているぞ、DaiGo!

迷いながら選択肢だけを増やすようなことは、決してするな。
摩訶不思議の結末はいつもそうなりよるから、それだけはせんがええで。
夏の風物詩になることだけは、しなや。

健闘を、祈る。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-01-05 01:43 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)  

ブリティッシュスタイル

春の終わりや秋の始まりというとっても短い期間にブリティッシュスタイルで過ごすことがあるが、1週間も着るか着ないかのためにスクール系ニットを買うかといえば、私は買わない。
そこまでの需要が自分自身にないから。
しかし幸いにも我が家にはスクール系男子が2名おり、この2名が黒や紺といったスクール色のニットを着る。
そしてこれまたラッキーな事に3年ほど前からこの男子たちが私と同じようなサイズになり、長いこと伸び悩んでいて今もって私と同じサイズなんである。

「雨上がりから急に寒くなったから借りてたニット返すわな。明日は着て行ったほうがええよ、ごっつぃ寒いから」
「確かにむっちゃ寒いよなぁ?今日も寒いし」
少し前から夜に乾いた咳をしているヒー坊から借りているニットは紺の綿ニットで、暖房がキいている室内でラフに過ごすには1枚で着れるなかなか使い勝手の良いニットである。
土曜日の室内でまだまだ着ていたいアイテムだが、ヒー坊にまた肺炎になられても困るので返却。

するとヒー坊がこう言う。
「カーデガンとかセーターを着ていいのは12月1日からやねん…やからカイロにする…」
「学校もアホならオマエもアホかっ!私が学生の時からな~~~~んも変わらんな学校の校則は。そんなに日にちが大事か?あ?学校は日にちが大事やろうけど、私はヒー坊が大事。着て行きなさい。12月1日からじゃないと校則違反やと先生が言うなら母親を呼び出すように言いなさい」
ルールを守ることしか頭にないヒー坊は、臨機応変な対応というのが苦手なので、ニットを着るのは12月1日になってからでないとダメだと学校が決めていると訴える。
「オマエはイエスマンか。ヒー坊、おかしいと思わんか?デブとガリ、寒さの感じ方は同じか?体感温度は人それぞれやし、季節の変化は一定ぢゃない。11月だろうが寒い日は寒いねん」
「でもぉー…学校が12月1日…」
詰襟を脱がなければ下にニットを着ていることなんてバレないから着て行けと、夜中にコンコンコーンと咳をしていたヒー坊を説得したが、体育があって脱ぐからバレると言って結局ニットを着ずに登校した。

学校よ。
12月1日から皆が一斉に寒さを感じると思っているのか?
ウチは9月の終わりからコタツが出ているが、数日前にはコヤモで半袖で闊歩しているおっさんとすれ違った。
衣服で体温調節をして各自で自身の健康管理をすることと、セーターを着る日を守ることと、どちらが学ぶべき教えかを学校は考えたほうがえんちゃうか。
こんなバカげたルールでやってんの日本くらいのモンやで。
先進国がきーてあきれるっちゅーのね。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2012-11-16 11:21 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)  

だからゆぅたのにぃ

小学校6年間ずっと背の順がダントツのチビだったヒー坊は、中学生になって自分よりも小さな男子を初めて目にして、しばらくチュアブルのことを可愛い・可愛いと言っていた。
しかしまだまだチビのほうである。

背の低いヒー坊は声も低い。
あまりしゃべらないから気が付かなかったが、いつの間にやら声変わりをしてとっても低くなった。
相も変わらず学校寡黙であるヒー坊はやっぱり学校ではしゃべらないようで、小ぶりな外見からはその低さが想像しにくいようである。しかしヒー坊本人には低い自覚がある。

「音楽でな?声で分かれて歌うやろぉ?それの分かれるのって自分で選ぶねんな?」
ソプラノ・アルト・テナー・バス。
アレ中の音楽の先生はプロ志向が高いので、校歌も国歌もハモっちゃう。
それぞれの声の高さに合わせて自分でパートに分かれよとの命に、ヒー坊は迷わずバスに属した。
そしたら音楽教師Mr.Xがヒー坊に異議を申し立てたらしい。
「君はバスかなぁ…?その体格でバスでいけるかぁ…?」
ヒー坊は自分が声を出さない引け目があって、Mr.Xの疑惑の目を受け入れ致し方なくテナーに属した。
そしてパートごとの音合わせ。

「ひとりずつな?先生が声を聞いていくんやんかぁ…そしたらテナーのひとはほとんど先生に『もっと低く!』てゆわれてんのに、ボクだけ『もっと高く!まだ高く!もうちょっと高く!』やねん。…キツいねん。だからバスにいったのに。先生…ボクが小さいからってテナーにするから…」

大人は見た目で判断する悪いクセがあるのサ、それはおおかた子供が覆すということは出来ない。
このことを必ず覚えておいてヒー坊は、そうじゃない大人になることで変えていきな。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2011-03-30 23:11 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)  

天然のみなさん、お元気ですか。

大変です、ブログ更新を怠ったため、一所懸命育ててきたグリムスの木が、また弱っています。
成長してきたなぁ~と感じていた矢先のこの枯れかぶり。
私は、森に一本の木を植えることを目標にこのブログパーツを貼っているのに、てんやわんやの現状に、花壇で挿し木して増やしているバラまで枯らしてしまいそうです。

いやね、書くネタは山ほど溜まってまんねやで~。
けどさぁ、書く時間とモチベーションがとれへんねんよ~。
最近の私は二言目には「ネタ増やすんぢゃねぇよ、書く時間ねんだからっ」と言っている。
ウチに集う天然の皆さん、思わず書きたくなるような言動にはくれぐれも注意してください。
書いてるヒマねぇから。

今日、来週月曜日から稼働する「携帯版ウェブサイトの検索でアげちゃうよババ~ンとトップ表示ガツンとヒット!」計画のため(あくまでもこのキャッチコピーは私個人の計画名であり、会社とは一切関係ありません)我が社のウェブサイトのプログラム等々を任せている管理会社と、携帯版のトップページをわかりやすくするための打ち合わせ。
PC版トップページと携帯版が連動するように見直しをしたり、携帯からのショッピングに不具合が出ないようチェックしたり、という基本的な操作の面からデザイン的なこと、各カテゴリの表示の仕方、そういうことを伝えるのにメールでやりとりしていると埒が明かないので、管理会社に直接電話で伝えよ、との社長の指示。ところが手広く事業を展開しているらしい管理会社は忙しくて、電話をしてもメールにしてくれ、ワードにまとめてくれ、といつもの要求である。オンタイムでの打ち合わせが何の意味もなさないカンジ。とにかく月曜日から稼働してしまうので金曜日、つまり明日までには私はこの件をしっかりと完了の形にし、管理会社には確認作業や変更作業に取りかかってほしいわけである。

別件もあって今日は朝から管理会社にはしつこく電話をしまくっていた。
そしてお昼前、管理会社へ電話すると私は第一声こう言った。
「たくさんのことを今からお願いしますので、メモのご用意を。」
横でゆきちゃんが「わ~ホンマにゆぅてる…」とつぶやく。
いつもいつも電話で用件を伝えても「それではその内容をメールしてください」と二度手間を要求されるので、これは苦肉の策であった。
「メールでその内容を…のセリフを言われる前にこっちからメモを取ってくださいって言ってみようかなぁ~…」
とつぶやきながら電話をかけ、そして本当にそう言ってみた次第である。ゆきちゃん、思いっきりジョーダンだと思ってたんだ…私も…本音としたらジョーダンで言ってたんだけど、コールをしてる短い間に急にアリだと思えてきて。
メモを取れとのこちらの要求に、管理会社はこう返事。
「今…ちょっと出先なので…」
う~そ~こ~けぇ~~~~!
管理会社の固定電話にかけとんね~~~~~んっ!!
転送の切り替え音なんぞぢゃなかったぞぉ~~~~~~!!!
めちゃめちゃクリアな通話やっちゅぅの~~~~!!!!

だ~か~ら~
思わず書きたくなるようなこと言ったりしないでってゆってんぢゃ~ん…もぉ…
忙しいってばぁ~…もぉ…
明日の打ち合わせも、たぶんこんなカンジで埒が明かないと思う。
結局、メールを送った…トホホ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2010-11-12 00:48 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)  

実験的に


タグをテストするためのお遊び





今回は

『動体視力版お知らせ」

を設置





読んで、みやがれ。

[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2010-10-18 23:01 | +丁猫犬堂+ | Comments(12)  

サービスの一環です

各スーパーマーケットがお客様へのサービスとして利用料無料で提供している、カルキを抜いた水。「電子イオン水」とか「アルカリイオン水」とか「麦飯石水」とか書いているけど、要は水道水からカルキを抜いてるんだよね?と思ってこのサービスを利用している者ですこんにちは~♪ウガっちゃってるかな?私のモノの見方がうがってるかな。水道水を飲むよりかはマシなんじゃないかということでこの水を利用しているが、まぁおいしいと感じたことはない。無味無臭とは言い難い味をしている。説明や伝聞より私は経験から得たもののほうが確実だと思う。この水を飲み続けたら体調がよくなったという感想が説明文に載っていたが、この水を飲み続けて7年のむぅは年を追うごとに健康診断の結果が悪化していってる。老いるスピードがイオン水に勝ってるんだな。そう都会でもないのに、水道水の質が悪くてとても生で飲もうという考えには至らない伊丹市。市内の多くの公園は生水を飲ませようという仕様の水道を備えておらず、また備えていたとしても親が生水を飲ませないだろうとも思う。だって伊丹市の飲み水となっている貯水池には「ここで釣りをしないでください」という看板があるのだから。貯水池に外来種がはなたれている模様やね。伊丹市全体ちょいっとモラルが低いのかな。
スーパーの飲み水無料サービスは、専用のボトルを1本200円~500円くらいで買うことで汲むことが出来るシステム。このシステムの飲み水調達場を私は3つのスーパーで確保していてそのひとつ、加熱用の水としてサービスを提供しているKスーパーへ、久々に自ら水汲みに行った。
Tスーパーへの水汲みがお手伝いとしてヒー坊の日課になっているのだが、この暑さで麦茶がバンバン無くなるのとザルラーメンやソーメンとどうしてもノドごしのよいメニューにするため水を大量に使用、一日6リットルの調達では間に合わなくなり私も飲料水調達の任務を背負う事にした。これから3リットル…ついでに買い物までするので前カゴが重くなりおそらく5回に1回は電柱スレスレサイクリング。いつかぶつかるついにぶつかると思いながらこの夏が過ぎることだろう。
Kスーパーの一角にテナントとして入っているたいやき屋さんではミズオがバイトしているので、行くと必ず覗くのだけど、ミズオが居たためしがない。あいつホンマに働いてんのか??あ・そうそう「まぅちゃん一緒にバイトしようやぁ~」ゆぅてたパスタ屋さんね、もう面接に行ったかな?私は行ったで。「土日は働けますか?」と訊かれたので「確実に働けません」とハッキリと申し上げたところスッパリと落とされたみたい。

なかなか働いているミズオにお目にかかれないKスーパーでお気に入りのパンを買って、水を汲むため機械の前に立ちボトルの蓋をはずしていたら、男性にナンパされた。
「何してるの~?」
「水汲み」
「水汲み?」
「そう」
男性は私の右斜め後方にいて、その距離1.4メートルってトコかな。薄手のビニール袋にパックのジュースを入れて持っているその男性、推定年齢5才。
「これ、買ってもらってん」
「よかったなぁ、ジュース?」
「うん、ジュース」
しかし、袋詰めスペースに無料で置いてある巻き巻きのあのビニールって、ハッキリクッキリ見えるほどの透明度はない。見えないってこともないが、1.4メートル離れた所から5才男児が「これ~」ゆぅてユサユサ揺らして持っていて、ジュースの商品名がわかるほどの透明度はないよね。パックタイプのジュースが入っていることはわかるがジュースの種類まではわからなかったので、私は男児にこう訊きた。
「それ、何のジュース?」
すると男児は近寄って来て現物を私に見せた。それは、野菜ジュース。
「一日で必要な野菜がこれ一本でとれるらしいで?」
「うん、そうやで?」
「飲むん?」
「うん、飲む」
「…健康になりたいの?」
「うん♪」
そうか…おばちゃんなんかよりよっぽど健康体に見えるが、そのトシで健康に気を遣ってるんだな。健康のためを考えてちょっとはマシかとおばちゃんね、水道水よりはアルカリイオン水を~おもて汲みに来ただけじゃぁ~、生ぬるい健康意識やったみたいやのぉ…ヨコヤマよぉ…それを言うなよぉ~…笑えよぉ~…くぅぅ~っ

さてもうお気づきかとは思いますがヨコヤマさん、7月から本文末に2本のテキスト広告が挿入されております。これはな~んと、さらなる機能の充実をはじめご満足いただけるサービスを展開できるよう、エキサイトブログを無料で利用しているひと対象に強制的に有無を言わさず挿入されるテキスト広告だということで~す。びっくりしました、広告枠が別に出現したわけでなく本文に添えられちゃってるもんだから、私ったらとうとう念力で広告を挿入する力を得たかと思って。だとしたらバレないうちにはやく悪い事に使わなきゃと焦りました。機能面が充実しているわけでなくあまりにシンプルなエキサイト。「広告が挿入されない」ということが魅力でエキサイトブロクを選択したひとが多かったでしょうから、写真系ブログのユーザーにはとくにこの「広告強制挿入」が不評のようですね。「広告が入るんやったらべつにエキサイトじゃなくても…」と感じる無料利用者はブログを閉鎖したりよそに移したりと、離れていっている印象です。それだけ、たとえテキストでも企業広告がうっとうしいと思われているわけですね。
広告収入というくらいですから、広告には「金儲けが絡んでいる」イメージがあってそれが「利用されてる感」を伴い、うとましく感じられるのではないでしょうか。
しかしド素人考えで思うに、広告収入なんてナンボもないんやと思いません?
だって、エキサイトはブログ記事面以外での広告収益、他社とのアフィリエイト提携による収益などで運営していたにも関わらず、無料ブログサービスがままならんくなってきたってことでしょう?広告を入れるのは無料利用者のみ。広告がうっとうしかったら課金コースの有料利用者になればよいということ、月額250円。ココが本来の目的やと思うんですね。無料利用者全員にテキスト広告を挿入したところでその広告収益なんて運営が潤うほど入るとは思えへんやんか~。私という無料利用者ひとりに限っては広告収益ゼロを保証できるもの。だってこのブログを見ているひとは必ず私の息がかかっている人物なわけで、彼らが広告をクリックするとは考えにくい。なぜなら彼らはまず私という人間を心底疑ってますから、その私のブログに貼られた広告なんてもっと疑うに決まってますやんか。もし検索とかで間違って開いちゃったひとがいたとしても、広告の掲載位置は「最新の日付の記事末尾」だから、そこに辿り着くまで記事をスクロールするとは思えないもの。検索ワードでひっかかってきてたとしても、最初の2行で「あ・なんかココ違う~」と思っていただける自信ならありますねん、ゆぅてすまんけど。集客の見込みがなくても広告を載せる目的は2つしかないだろう。「数撃ちゃ当たる」と思ってのダメモトか「別の目的で」という海老で鯛を釣る、二択。

挿入された広告の説明によるとこうゆうシステム↓

インタレストマッチなら、Yahoo! JAPANや「モバゲータウン」をはじめとする、数多くの有力な大手サイトに広告を掲載できます。広告料金は1クリック1円から。
しかも料金は「クリックされた分だけ」。広告がクリックされた時だけお支払いが発生するため、とても経済的です。


クリックさせんことにゃぁ、ドコにも得は発生しないみたいやで?これで広告収益があるのだと見込んでいるとしたら、無料利用者の各ブログが交代で炎上せなアカンのんちゃうか。当番制にする?アカ~ン炎上するだけの人数が集められへんねけど、先に懺悔しといたほうがいいスか?エキサイトの無料ブログが爆発的な人気だとは未だ噂も流れてけ~へんねけど、どっかでそんなことになっているのかな?
広告が入ることでそれが収益になっているとは考えにくいんだけどなぁ…だからエキサイトの説明にある「今後、更なる機能の充実をはじめ、ご満足いただけるサービスを展開できるよう」なことはないと思うんだけどなぁ。考えられるのは思いのほか課金コースに移行しようという無料ユーザーがいなかったため、無料のブログサービス自体が終了するのじゃなかろうか。その前兆かもしんないマイエキサイトのサービス終了が決定したみたいだし。

さて、いろいろな憶測でモノをゆーてみましたがここはひとつ「サービスの一環」というテーマに則しまして、この大ブーイングである「広告強制挿入」を、おチャラおチャラにする試みを実行したいと思います。
私は記事に広告が入ろうが、夕食にヨネスケが入ろうが、ブログの閉鎖も移転もいたしません。ブログサービスの提供が終了するその日まで(←終了することに一応しておきます)何も変わらず更新し続け、更新した記事の下にはテキスト広告を2本、きっちりミミ揃えて挿入していただきますよ、エキサイト御中。
この「広告強制挿入」のうっとうしさを「広告には金儲けが絡んでいるイメージがあってそれが利用されてる感を伴いうとましく感じられる」のだということを前提に、「金儲けを絡ませない」イメージで「利用してしまう」ことで、プラスマイナスゼロのおチャラかホイホイにしたいと思います。興奮を抑えて広告を掲載してみてくださいね、エキサイト御中。excite want you!!一緒に遊びましょう♪Let's do together now.今がその時です!

まずこの広告がニクいのが、閲覧中のサイトの内容や過去の閲覧履歴、直近の検索キーワードに応じて、最適な広告を掲載する興味関心連動型広告であるという点ですね。つまり、ブログ内容に関係性の高いキーワードで迷い込んだ人がより誘われそうな話題の広告が挿入される、ということでしょう。同時に書いたネタに関わりの深い広告が載ることでもありましょうか。その判断材料となるのが広告挿入のひとつ前のネタなんでしょうな。私は篆刻について長々と書きましたからそれがフルイにかけられた時、「999円で手彫り印鑑?」という広告挿入となったのでしょう。たけぇよ。手ぇだけじゃなく足もつこて彫って印材400円しか費用かかってないねからね、私の今回の篆刻は。キーワードだけかいつまむからもぉ…ちゃんと内容を把握してくれてんねやったら「20円で手彫り印鑑?!」くらいフいてないとココを見ているカワイコちゃんたちからのクリックは見込めへんねでっ!あ・カワイコちゃんたちに今更やけど告ぐ。この広告の掲載に私は一切の関与をしておりませんのでね。999円出して手彫りの印鑑作ろうとおもてんねやったら、500円で私が足で彫ったんで。広告をクリックせんとウチの玄関をノックしてね。ノックなしで勝手に入って来てもいいけど、挨拶と靴を揃えるのだけはお忘れなく。それ忘れたらお尻をダブルクリップではさんぢゃうぞ。
最初の2本の広告の下ひとつは、幼児のための知育教材か何かの広告だったのに、開く毎に変わるんやね。極上のコーヒーに変わり、ネット楽宅便にもなった。
ちょっとちょっとちょっと~っ!!
失礼やんか失礼やんか失礼やんか~っ!!
ココは幼児のための知育教材に興味を示すひとの見込みが無いゆぅことぉ???
印鑑の時にはキーワードでピックアップしたくせに、今度は内容で判断か?
私の友人・知人は次々と出産して、今ちょーーーーーど「幼児」の頃合いになってんねんからなぁっ!子ども手当ての支払通知書を手にした親は三つ子の魂百までと知育に力を注ぐのにぃ~。…惜しい事をしましたな。

このように、今後は挿入されたテキスト広告の見出しをネタの糸口にして更新に活かしてまいりたいと思いますので、皆さんは広告をクリックすることなく「テキスト広告の見出し」をしっかりとチェックしておいてくださいませ。とくに2本のうちの下の1本は次々と変わるみたいですから、見逃してはもったいないですよ。いつ突っ込める広告が出現するかわからないんですから気を抜いてはいけません。これぞと思う広告の見出しを発見次第、コメント欄を使っての突っ込みならどうぞご自由に。突っ込むだけ突っ込んだのに広告が別のものに変わってしまっていた、といった残念な現象が起きても御安心ください。その突っ込みが適切かどうかなど、このブログで気にするひとはひとりもいませんから。しっかりとした「独り言」やで、しかも書くタイプ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2010-07-03 00:09 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)