将来的には

先週むーちんの実家で法事があり、一泊で帰った。中学生になって部活漬けのチョモはしばらくぶりのおじーちゃんちである。法事が12時半なので、土曜日の午前中にある部活を早引けし日曜日の部活は休むことにした。

お寺さんがお帰りになり親族一同ひと息ついて、「大きくなったね~」なんて言われながらくつろいでいたら、おじーちゃんが親戚のおねぇちゃんに「いる?」ゆぅて100万の束を渡すのを目撃した。おねぇちゃんは「ほらおかーさん、大金もらったで。」とオカンに見せ、おばちゃんは「あら~よかったやないの~♪」と喜んでいた。
そして、次にその100万の束は「いる?」と私に回ってきた。
d0137326_23225785.jpg

おじいちゃんのメモ帳である。最初の2~3枚が使用済みであとは白紙。
d0137326_23231029.jpg

昔のドラマで大金の受け渡しがある時のヤクザが、アタッシュケースに入れた札束の「上一枚だけが本物」という姑息なマネをしていたが、おじーちゃんの100万は、一番上から間違いなく偽物である。超インフレ紙幣だもんね。100万リラ札と同じゼロの数。しかし世界は広いのだ。インフレ紙幣には「100京パングー札」というのがあるらしいから、覚えておこう。「ケイ」て単位、きーたことないな。億の一億倍だってサ、もうゼロの数わからねぇ。「ひゃくけい」とタイプして変換してみたけど出てこなかった。100000000←これ一億。1000000000000←これ一兆。京は兆の一万倍らしいよ。

100万メモの最初を繰ってみたら、チョモの落書きを発見。
d0137326_23232315.jpg

小学生の時に書いたのだろうか。
d0137326_23234066.jpg

とにかく嫁と、部屋は別にしてほしいみたいだ。
未来の嫁よ、こうゆう扱いをされることを承知した上で嫁いでおいで。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2009-07-16 23:27 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA