おにぎり半額

閉店間際にスーパーへ行ったことがおありか。

30%引きだったら買わないけれど半額なら買う、という査定がある。

それが、おにぎりだ。

自分でにぎれんこともないのでわざわざ定価で買うつもりはない。

しかし夜中に小腹が空いた時など、わざわざにぎろうかという気にはならない。

だから半額なら買わんこともない、おにぎり。

そういう基準で買う商品のおにぎりであるが、割引シールを貼り付けるスタッフは商品のおにぎりを喰うたことがないのだろうか。

売っているおにぎりがどういったスタイルでオープンするものなのかを知らぬのだろうか。
d0137326_11311198.jpg

レジスタッフに50%の値引ボタンを押させるのには好都合だろうが、もっと購入者のその後に目を向けるべきである。

家ではこんなことに、なってるよ。
d0137326_11312513.jpg

1のツツー、30%割引シールの上に重ねられた半額シールの上部にさしかかりました~
d0137326_11314030.jpg

1のツツー、ヅヅヅーと二重シールの中ほどまでグググー
d0137326_11315598.jpg

1のグググー、グブ、ブブグーと商品シールもろとも三重の負荷に耐えて貫通。

指先二本で済むコトを四本の指先つこてんねやで。
お年寄りには酷やで、シール貼る位置、考えてくれてもえんちゃうの。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2009-04-30 11:32 | +in the sky?+ | Comments(0)  

<< VOWの棺に片足を突っ込む決心... アフターよりも味わい深い >>