あれから壱年

関西に住んでいるからには一度は見ときたいよね造幣局の桜。
そう言い続けてこんなに近いのにやっとこ見に行ったのが、関西に住み始めてから数えて14年目の去年のハナシ。…おせぇな、行動が。
桜の季節になったので、今年も行こうかとむーちんが言う。もう息子のひとりは中学生になってしまい友人と遊ぶ約束なんぞしておじぃちゃんちにも行かなくなってしまったのだよ、むーちん。友人と遊ぶのに親の許可などあらかじめとったりはしないのである。「友達と遊ぶ約束とかしてるかもしんないから帰って来たら訊いてみとくよ」とメールの返信をすると「どやった?」と頃合いを見計らってチョモの返事を催促するむーちん。「ヘイポーのチャリキ練習してるから、チョモにおーてない。」「そうか」。私が土曜日ランチをしたいがため、遊ぶ約束しないでね、一緒に行くならいいけど、私の約束のほうが先やから後からの約束で裏切るなよ、とチョモの時間の束縛をするのを「いつまでゆ~とんねんっ子離れせぇよっ!」とタシナメルむーちんだが、自分との約束は例外のようだ。

「土曜日の午後から造幣局の夜桜、行くってさ、むーちんが。アンタ、部活もう始まるん?」
「いや?今週の土日はまだないみたい。他の部はやるとこもあるみたいやけど。」
「んじゃ、午後から行くから遊ぶ約束なら午前中に。」
「いや…とくにせへんわ。…そうか…んじゃテキ屋でごはん?」
「そのつもり。」
「じゃ、さとうきび食べるやんな?」
「そのつもり、半分ずっこしような?あ、あのハジくやつもしよう・しよう。」

昼までで仕事を終えてきたむーちんが、じゃぁ行こか~と言って財布からお金を出す。
「はい。」
1000円。
「なに?」
「今日の、遊び代。」
「へ?!」
「まぅは食べる量、少ないから800円やな。」
「はぁっ?!」
「しかし夕食は別に出る。夕食は後で買って帰るからそれまでの腹の足しはそのお金で。テキ屋で遊ぶなり、食べるなり、1000円以内で好きにやりや。何もせんとそのまま1000円をこづかいにしたかったらそれでもええし。ま、そのへんは、自分でどうなっとして~。」
「ええー…」
何よ、ナニよ、このルール。

「おぉっ?なに、その不満そうな顔。テンション、ひっくいなぁ~!かっかっかっ!!」
車の中で押し黙るチョモと私。
「あ…?…いや?JR?チケ得で三人分の切符、買っとくわ。」
「んじゃオレ、会社に車とめてくるから~後で合流な~っ」
駅付近で車を降りた私たち三人は、むーちんと行動を共にしてどうせ全部むーちんに払わせる一名を除いて、かなりダークなオーラに包まれた。楽しんでいるのは夫ばかりなり。
「…来年はもうええわ、造幣局。こうゆう制限付きの遊びって楽しさ半減やねん…むっちゃヤカラやなむー…アイツは私らが楽しもうという気分を削ぐのが実にウマいな…」
「…1000円やで…めっちゃ考えるよな…」
「考えながら遊ばなアカンってそれって遊びとちゃうゆぅねんっ」
「ケバブ食べたくない?アレ600円やで。もう半分以上使っちゃうやん、ひとつで。」
「チョコレートタワー、どうするよ?あれ300円とか400円とかやで?二本買ったらもうナイぢゃん、お金。」
「さとうきびは半分にして出し合うとして…ええわ、僕、自分の1000円、使うわ。」
平日、ケチりとして名高い私であるが、遊ぶ時はたいして考えもせずお金を使う。遊ぶ時にパ~っと遊べるように、平日の節約なるものを顰蹙を買う程に徹底してやっているのである。私のこの5日間の綿密な計算による食材の使い回しはナンだったんだ。そう訴えてもみたが「知るか」のひとことで片付ける男、むー。筋金入りブタちゃん野郎め。てめぇ…遊ぶ時に遊ばさんかったら後で痛い目に遭わせてやる。介抱はしてやんねぇぞ。私の「遊びの恨み」は、戦時中の「食べ物の恨み」よりも恐ろしいことを、思い知らせてくれるわ、けっ。

むーちんは、真面目な男である。そして世間体を重んずる男である。彼は、私がフザけるのを好まない男だ。新婚当初はそんな私を多少は理解しようとしたのか、雪だるまを頭に乗せてみたり大量の金魚をバケツで飼ってみたりもしていたが「アイツが楽しんでいるほどの喜びをオレは感じねぇな」ということがわかってからは、私のやることを冷やかに見つめケチをつけるという役職に就いた。だから、フザけるのが嫌いなむーちんと出来ればフザけたくないヘイポーが行動を共にし、思い存分フザけたいチョモと私が行動を共にする。真面目組と非真面目組は、別行動を取ることが多い。

数メートル前や後に風紀委員が居る間は、非真面目な私たちもエセ的に真面目である。
d0137326_22302364.jpg

「これが最近、注目されている御衣黄か~」
d0137326_22304190.jpg

なんつって。

d0137326_22311177.jpg

「造幣局の桜は、モコモコしとるな~」
d0137326_2231243.jpg
d0137326_22313270.jpg

なんつって。

d0137326_22315279.jpg

「幸福やって~」
d0137326_2232716.jpg

「…幸福ゆぅてるわりに無残な姿やな…来るのが遅かったな…」
d0137326_22322564.jpg

「…時期によっちゃまァ…幸福も散るわな…」
なんつって。

「この夜桜の…ライトアップされてぼや~んとしてるカンジって、肉眼で見てる印象のままに写真に撮ることって出来んねやろか?どうも撮ってみるとちゃうんよなぁ…」
d0137326_2232514.jpg

「…シトミさんみたいな一眼レフとかじゃないとアカンのんちゃん?」
「性能じゃぁないやろ~…腕ちゃうの~…カメラが趣味のひと誰か居てたなぁ…きーてみよっかな。」
「何にでも他人を頼るなぁ…」
d0137326_22331895.jpg

この世で最も頼りにならない人間、それは自分だ。
しかし私は、頼りにはならないだろうが支えることが出来る。
支えることなら、出来るのだ。
d0137326_22334482.jpg

苦労はするが、支えるのだよ。
d0137326_22335821.jpg

苦労をするがな。
d0137326_22341377.jpg

なんつって。
d0137326_22343244.jpg

てな具合で、便所休憩、どうぞ。

食の好みが合わないので、テキ屋めぐりからは互いの居場所すらわからないほどの別行動である。
「ほら。」
テキ屋ゾーンへと入る坂を下り切った時、私は腰にくつけていたチョークバッグの中身を、チョモに魅せた。
「テレレレッテテ~♪隠し財産~!…4000円は入ってると思う。」
「おぉ~~~~~っ!!まぅううぅううぅう~~~~~っ!!」
ふぉっふぉっふぉ、ひれ伏せ・ひれ伏せ、我がシモベよ。
こんなこともあろうかと、気付かれずに持ち出せる財産を私はチョークバッグに潜ませているのだ。…て、言いたいのは山マウンテンだけど、現金振り込みだと思ってたお金が口座引き落としだったのを、そのまんまにしてたダケのコトなんやけど。
「早速、喰おうぜ~~~~~~っ!!」
チョークバッグをジーンズによくぞ引っかけた、偉いぞ、私。

「あ~~~あったっ!チョコレートタワーっ!!」
「あれ…?ホワイトは??」
「ないなぁ…」
「ホワイトがなきゃ…」
「どうする…?」
「うぅむ…黒でもいいか…。」
ホワイトのチョコレートタワーが目的だったのに。それなりの魅力がある黒いチョコレートタワーでもよいにはよいのだが…。いや、まてよ?フルーツ買って、タワーにズボンと刺すのさフルーツの串を。私たちはそうやって毎回、チョコレートタワーに長居するのだ。いつまでやっとんねん、てくらいにブスブス刺す。
「やめとく…見つかったらヤバい…他に行こう…」
チョコレートタワーに夢中になっている所を、もし別行動のむーちんに見られたらどうする。そんな危険を冒してまで妥協の必要がある黒いチョコレートタワーに手を出すよりも、ココは逃げの先手を取るのが望ましい。買ったらすぐにその場を立ち去れるようなモノを食べねばならん。私たちは、合算して1800円しか持っていないことになっているのだから。敵はこうゆう不正が何よりも嫌いだ。偶然出くわした時に我々は絶対に口をモグモグさしてたらなんねぇし、手に何も持っていてはならぬのだ。いいな?とにかく喰うモノも我慢してひもじぃ思いをしている、そうゆう哀れさを演出をしてこそ隠し財産が生き金となってくるのだ。

私たちは食べた。
ケバブを、じゃがコロを、なんとか焼きを、アレやコレやを。
はじくタイプのパチンコを楽しんでいたら、背後にはむーちんとヘイポーが立っていた。
はっ…パチンコの玉っていくらで買ったっけ…ええっと…100円…セーフ。
もう一回パチンコをやりたかったけれど、ソコはぐっと我慢。
「ええっと…さとうきび、探しに行こっかな。」
さとうきびの200円を残しておきましたアピール。

去年、しゃぶりながら歩いていたさとうきびが今年は何故か見当たらず「残念やなぁ…」と呟いた私のポケットで、どうゆうわけだか500円玉1枚と100円玉8枚が、茶利茶利と鳴っているのであった。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2009-04-25 22:44 | +朝臣寺+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA