どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

しやわせ~って・ナンダ~っけ・ナンダ~っけ・正直モノがみるバカよ♪ハイ・ハイ・っと~

もうお手元に資料がございます頃合いでござーますでしょ~か~。
大手新聞社の新聞を定期購読されている皆様におかれましては~、ちょーーーーど記憶に二回ほどあるのではないかとお察し致します~。
この、折込広告でござーますのよ。
d0137326_23204487.jpg

いや~待ちに待ちました。
一回目にこの広告が入った時、絶対に二回目があると踏んでましてん。
だから第二版、待ってましてん。
絶対に出る、おもて。
待った甲斐がありまして、このように寸分違わぬダメ押し、入りました。
楽しいね~♪

訪問販売や勧誘電話で結構な暇つぶしをしてきた私は最近、誰も訪ねて来ないし電話も鳴らないので淋しかったッス。だって誰もかまってくれないんだもの。ウチにやって来ていた平次のともらちも、ちっとも私と遊んでくんないし。おやつだけ食べてさっさと出てくんだ、アイツら。ウチはおやつカンパニーかっ。
「ウチのコが言ってたで?まぅちゃん『最近だーれもウチに来ぉへん!』て怒ってんねて?」
派遣業者のボスが、握った情報を私に流す。ベツに私が派遣切りしたわけじゃねぇよ?ソチラのおこちゃまが無断欠勤してるのサ。
「ホンマやでっ!だーれも来ぉへんねんでっ!『ウチのコ』は昨日きたけどさっさと帰って行ったで?え?どうしてくれまんねや?」
すまんが私は正直モノでやんす。『いいえ~ベ~ツにお~こってなんかおりませんのよぉ~』とは、言わない口が裂けに裂けても。
もてなしてんのにっ喰い逃げかっ!と、薄情なヤツらの文句を言っていたら平次が言うのよ。
「…そうゆうところが…大人気(オトナゲ)ないねん…」
「…ダイニンキて読まへんか、ソレ。あんなに『まぅちゃ~ん♪まぅちゃ~ん♪』ゆぅて大人気やったのに…急に一緒に遊んでくれなくなったのね…大人になったなぁみんな…」
「…過去の栄光にすがるな…まぅは結構モったほうや…」
そうだな…早いコなんて3年生で親に参観日に来ないで欲しいって言ってるらしいからな。平次が私に「参観日に来ないで欲しい」なんて言ったらどうしよう… …メッタメタのギッタギタのボッコボコにしよう…。二度と口がキけんようにしたんねん。

ヘンな・アヤシげ・胡散臭い。
そんな第一印象を抱く押し売りのヒトタチが鳴りを潜めてから随分と月日が経ちますね。
昭和を生きてきた皆さん、どうでしょう。
あの『こんなモノでこんなコトで本気で儲けられるとおもてんのんか』な押し売りの数々。
思い出してみませう。

印鑑・壺・絵。
得体のしれない液体。
ぜんぜん原理がわからない機械。
手をかざすだけのヘンなおっさん。
「あなたは幸せですか?」という飛んで行きそうな質問。
人類を出してくる宇宙規模の壮大な勧誘。
「悲しいニュースばかりしか聞かない世の中じゃないですか~」というマクラ。
あんたが「悲しいニュースばかり」ピックアップするから、んな世の中が出来上がってんのんちゃうんけ。
昨日ジュース1本買うためにレジに並んでいると、カゴいっぱいの買い物をしていた前のおばちゃんが「お先にどうぞ」ゆぅて順番を譲ってくれはりました。ご近所規模のすんばらしいニュースでした。世の中、こんなモンです。

私、悪人を二人、知ってまんねん。そのひとのやってきたことを誰かに話したらまぁ100人中102人は悪人やと言うやろね。計算が、合わんね。その悪人Aサンと悪人Bクン。それぞれに3~5年は交流がありましたでしょうか、その間、私は友人知人親族から何度となく「あのひととは係わらないほうがいい」と言われ続けてまいりました。しかし係わるのをやめらんないのね「そのひとを知りたいから」という好奇心の前には、愛おしい人々の忠告をもひれ伏す場合というのが、時にはござーます。そして私は結果的にバカを見ましたが、じゃぁバカを見ただけかと言ったらそうでもなくてね。なんかすんごく深いモンを学んだような気がするよーな気もするの。
悪人Aサンは悪行を繰り返す度に、なぜやるのかと問う私にこう言いました。「これが悪いことだって誰も教えてくれなかった。」悪名高いBクンは悪行とわかって悪事をやっていて、善悪の判断がついているのになぜにと意見する私にこう言いました。「いまさらまっとうな人間になれる気がしない。」私は、AサンとBクンの言葉を聞いて、シチュエーションもやってる悪行の内容も性別も年齢も、何もかも違うのに同じ感想を持ったもんです。
あぁ根っからの悪人って本当に居ないんだなぁ。
曰く、そう思ってるトコが既にバカ見てるらしいよ。結局、私が友人知人親族の忠告を聞かなかったように、彼らもまた私の言葉を聞くことはなく、時間が私たちを割いて終わり、チャン・チャン。そりゃぁ途中でチラとは思ったもんサ、もーやめたほーがいんじゃないだろうか~って。でも次に思うのは必ず「あたしゃひとの意見に左右されてやめんのか?」。自分の目でみなければ。圧倒的多数の意見というのには圧倒的な根拠がある、でもそれを学ぶ頃には既に痛い目に遭っちゃってる、でもやめらんないと思ううちはやめらんない。それを理性でやめるのが大人なのね、しかし大人は理性で抑えた感情をウジウジ後悔しちゃったりするじゃない。痛い目に遭わない代わりに後悔するか、後悔はしないケド痛い目に遭うか、天秤にかけたら後者だったってダケでね。しかし後者になるヤツって根本的にアホやからね。痛い目に遭ってはぢめてわかって後悔すんのね、泣きっ面にハチやね。一回死んだくらいじゃ、治りそうもないね。
その時々の自分の気持ちに正直にやっていくということは多くの場合すんげぇバカを見るもんですが、大丈夫です。「自分の気持ち」への判断が正しいひとは、きっとバカは見ません。バカを見る正直モノには、バカを見るだけの理由が存在するのです。だから私はあえて言っちゃう。バカを見るほどの正直モノは有り余るほどのバカを見る、バカってね死ななきゃ治らない。しかし良いことがひとつだけ。バカを見ている間、不思議と楽しい。この上なく楽しい。ほんでここが重要なんだけど~、そうゆうヤツって人生の殆どバカ見てっから、生きてるダケで幸せなんだよね、なんだか。それをよしとするかしないかは、本人が決めることなのでそっとしといてあげてください。

んじゃ折角なんで、私はこの二人から学んだことをフルに活用してこの折込をいぢりたおしていこっかな。なるたけ「根っからの悪人は居ない」体で喰いついてみたいと思います。この広告だけですねん昭和の香りをプンプンさしてるの。ちょっと前は風水も取り入れた黄色い財布てのもあって~ええっとその前は数珠だったかな~おばあちゃんの写真か絵画みたいなのもあったかな~あっ塩か粉かってのも記憶にあるぞ~。売ってる会社は違ったかもしんないけど、紙の質も同じだしパターンも一緒だし、宣伝文句も似たり寄ったりだったので、これらの折り込み広告を私はいっしょくたにして全てを販売代理店ジオユニバースで処理しているの。案外、ビル4階の一室に3つくらいの社名でヤっちゃってんぢゃないの?月水金はジオユニバース、みたいな。そんなことだから第二版が遅れたのかなぁ…二枚目の折り込みを早く入れて欲しかったのに。あたしぃってぇ~5分も待たないひとぢゃなぃですかぁ~??1ヶ月くらい待ったぜ、ジオ(ワイルドな男のニックネームみたいだからこう呼ぼうっと)、罪深いヤツだダーリンは。

皆さん、お手元の資料一面ドカンと吐いてるセリフにご注目ください。
ヘンですね。
ありませんか、資料。
そうすか、んじゃぁ私の手元に二枚もあるから一枚貸して差し上げましょう、特別やで~。今回だけやで~。
悪い気せぇへんやろ?「特別」とか「特殊」とか「今だけ」とか「限定」とかそうゆう単語を使われると。
そやね~ん何も悪いことなんかないね~ん。な?楽しくなってきたやろ?な?っんな??
d0137326_23233222.jpg

「あのね、美紀ちゃんね、石さんとお話できるの」
美紀ちゃんは何をほざいているのかな?そうか…裏の石坂のおっちゃん(通称:石さん)と日がな一日お話できるの、て言ってるのかな。定年退職してすることのーなってんねん、石さん。ガーデニングもうまいこといけへんしな、石さん。
それにしても美紀ちゃん、可もなく不可もない顔立ちしてるなぁ。ついモデル事務所に入れたくなっちゃうような。そうだね美紀ちゃん、美紀ちゃんは何も悪くないんだよ、周りの大人が悪いだけ。周りの大人だって根っからの悪い人じゃぁないの。無数にいるモデルにちゃんと見合った仕事を割り振らなきゃなんないんだから。おかぁさんだってね、今頃きっと後悔してるわ、こんなことさすためにモデル事務所に登録料はろたんちゃうわい、て。
周りの大人たちは根っからの悪人ではないのよ、美紀ちゃん。ただ、後には引けなくなっているだけ。後戻り出来ないとこまでキちゃってるってダケだから。根はいい人なの。
あ、そうそう美紀ちゃん「根腐れ」って聞いたことあるかな?水を与え過ぎたのが原因で根が腐っちゃうことを言うんだけどね、それってもうどうすることも出来ないんだよね。与え過ぎるのはかえってよくないことを、覚えておくといいね。
気が付けば、いつも小石と楽しそうに話していた…
…気が付くのがちょっと遅い…そうなる前に何らかのサインがあっただろうておかーさん。「最初はただのお人形遊びだと思っていたんです。」おかーさん、石ですよー。

説明しよう。
幼児とは、そんなもんだ。異様なまでに小石を拾う。ウチのコなんていまだに拾う。「ここに敷いてる石って買ってる石やと思う?自然の石やと思う?」と確認してから拾う。敷石はかなりの確率で私有物だから、拾うな。
子供は「ごっご遊び」から空想と現実を区別するもんだ。私は「おままごと」で本物の肉を焼いた。そして肉はちゃんと焼かないと臭い、ということを学んだ。肉に見立ててありもしないガスコンロで焼いた葉っぱだから臭わなかったおままごと「空想」。本物の肉をガスコンロで中途半端に焼いたからえれぇ臭ぇ「現実」。喰ってたらアタるぞ。実際に焼いたレアな肉を試食にまでもってかなかったのは「おままごと」と「悪ふざけ」の区別が出来たからだ。子供でもそれくらいの区別は自然とやる。そしてこの悪ふざけのサインを、周りの大人は決して見逃さなかったね。私は店までひとりで肉を買いに行くよう、命じられた。幼児期の記憶というものはキョーレツな出来事しか残らないものだが、覚えているくらいなのだからずいぶんとキョーレツだったのに違いない。「おままごと」をするような年令にして私は、自分のやったことの責任を取らされたのである。持ったことのない紙幣を握らされ、買ったこともない肉を、トボトボ歩いて買いに行った。今風にゆぅたらこれが私の「はぢめてのおつかい」だよ、強烈だな。どんだけ心細かったことか。しかし親の立場になった今の私だから思うがウチの親、根性あ~る~。見守るスタッフも監視のカメラも無いのに幼児におつかいなんて行かせらんないよ、怖くて。
d0137326_23274850.jpg

全国で話題騒然インターネットのクチコミで、問い合わせも殺到!なんです、しやわせの石
d0137326_2331112.jpg

※美紀ちゃんは《しあわせ》のつもりで言っている
(笑)…
入れないんだ、「(笑)」。そうか…入れんか…。当然ツッコミを前もって入れてクると思ったけど、コないんだ(笑)。
今頃もうネットで話題騒然となってるかなぁ…みんなが突っ込んぢゃって。

6才の少女がいちいち石と対話し、ひとつひとつ紡いで手作りするという重労働をさせる大変希少な品なんですって。
今回特別に本紙限定にて先着200名様へご提供させていただくんですって。
急がないとね。
問い合わせ殺到してるほど売ってんのにそれでも足らんのか、ジオ。
たった200個限定にこんな広告費までつこて、ジオ。
私のジオ…その耳元で囁きたい…「ジオ…ちょくちょく写真に不自然な箇所がある…」。ウチのコらがパソコンクラブで偽造ってきた画像と…同じような現象が…。

「先着200名様限りがどうも捌けなかったみたいやな…ジオ…」
先日、二枚目の折込を見て私は呟いた。
一枚目で先着200名、二枚目で先着200名…結局、先着400名か?いや…一枚目の在庫が余ってるからダメ押しの二枚目か…まるまる余っとるやないか。
何週間も大切に大切にしてとっておいた私のジオを(正確にはジオが作った折り込み広告を)、平次が勝手に熟読して言う。
d0137326_23304354.jpg

「まぅ…12,600円…高いけど…買ってみひん…?」
なぬっ?!いいカモを誘い出そうとしてるんだろうけど…うまくいくかなぁ…昭和じゃあるまいし…とジオを心配していた私は、めっさ身近で「いいカモ」を発見したようである。ジオ…平次にツバつけないで…人生…早くもお先真っ暗だな…。
「…そうか…買って…みたいか…。」
「なぁ、まぅがお金出してよ。ボクもちょっとは出してもええけど、まぅだって興味あるやろ?買ってみひん?ハナシの種にや。どんなんがくんねやろ~僕アレや思うわ、ペットボトルのジュースに期間限定でパワーストーンのストラップとかって付いてんやん?アレをごっそり買ってんねん、ソレ紡ぐねん、美紀ちゃんていう名前のヨンジュウ6才のオカマのおっさんが。う~け~りゅ~!…買ってみひん?って言うには高すぎるか…。」
そっちか~いっ。
「…買ってみるには高価すぎるなぁ…800円なら買ってみてるけど。私だって、何度フリーダイアルに問い合わせを殺到さそうと思ったことか…しかもたった一人で。」
「してみれば?電話代いらんやん。」
「…アンタより喰いついた経験の多い先輩として、コツをお教えしとくわ、スミズミまで読んでわかるジオの特徴を。ジオはな、話術は期待できんぞな、もし。私がめっさ不幸のドン底にいる借金まみれの主婦を装って泣きの相談を持ちかけたトコロで、ジオは『まとめ買い』にしか話しをもってイかん。話術を期待してハズれるより、広告で想像に耽ってるほうが楽しいで。」
「そんなもんか…ふぅん…あー…おかーさんゆぅてはんで?『美紀は、人の笑顔が大好きなんです。だから、幸せを呼ぶ石を、いろんな人に渡したいだけ。笑っていてほしいんです。』やって。…じゃぁ、くれ。」
「同感やな平次…美紀ちゃんに限らず誰でも人の笑顔が大好きやろな。ちゅーか、人の眉間の皺が大好きなひとがいるか?…ま、いたらいたでそれは『フェチ』てゆーんやろぉな。…実は今まで隠してたけど…私…すんげぇ力持ってんねん…その力…アンタにも遺伝としてあると思うねん…『自力』ってゆぅねけど…しやわせの石がなくても自力で笑えるから心配すんな、力を磨こう。」
「まぅ…すんげぇ力持ってんなぁっ!やるなぁっ!!」
「…まぁな。」

ジオ、ありがとう。私たちの親子の絆を遺伝子レベルで再確認させてくれて。
新商品に期待してるよジオ。私をこんなにも楽しい気分にさしてくれて、ありがとう。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2009-03-24 23:30 | +in the sky?+ | Comments(8)
Commented by みず at 2009-03-26 02:41 x
まぅちゃん…
みずが今度行くやん
最近高校行ったり
なんやかんや
あって忙しいんだよ
分かってくれよ
ステファニ―
え?お前俺に
言わすのか?
…分かったよ
……
愛してるよ〃・〃
ッてな訳でまた
行くね★
ゆうても結構
予定つまってんだよね
また高校行かなならんし
課題やらなアカンし
誕生日あるしね
誕生日うん誕生日
30日ね30日☆笑ウザッ
ぢゃあまあ頑張って
絶対遊びに行くから★
Commented by MA at 2009-03-26 10:16 x
何日か前、散歩に行くのに誘いに家まで行ったけど、オカンがどっか行ってるゆぅてたで?
ジョニー、私を置いて、遊び行ってけつかったな?
ジョニー…私の散歩の付き添いをしないってことが、どうゆうことだかわかるわよね??
そうゆうことヨ。
30日、誕生日おめでとー。
その日私たち、36人くらいでラウンド1でバウバウバウリングしてるから挨拶に来な、ジョニー、わかったね?
「マイ・ファニー(ハート)」
と抱きしめてくれたら、アッパーカットをお見舞いするわ(ハート)。

追伸:いかなご要るなら、取りにおいで。
Commented by ポバヤシ家 at 2009-03-26 22:16 x
無気力

視力

抑止力
Commented by MA at 2009-03-26 22:57 x
結構、おモチね。
Commented by エアマックス 2012 at 2013-07-28 12:43 x
今日は~^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。
Commented by yoyo4697ru980gw at 2013-07-30 11:27
こんにちは(笑)えらい時空を超えてよぉお越しいただきました。
トコロで、誰ですか。
私の知っているマックスはひとりしかいないけど、同一人物ということでよろしいか。
Commented by マックス at 2013-07-30 13:13 x
エアマックスさんと俺は別人ですね、はい。笑
Commented by MA at 2013-07-30 17:42 x
ややこいなァもぅ(笑)
じゃぁ「はじめまして」エアマックスさん
「久しぶり」マックス

ちなみに[MA]と[yoyo4697ru980gw]は同一人物でよろしいよ。
ログインしてるかしてないかの違いだから。
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク