卒業間近の一番登校

6年3組で~、男子で~、一番に登校しているのは~、シュークリンだそうで~す。
シュークリン、家6丁目、40分に家、出てるー。
平次、家2丁目、8時過ぎてから家、出てるー。
学校~、2丁目~。
恵まれてる~、平次~。
私なんて通った学校によっては、1時間近く歩いて行かなきゃなんない時もあったからな。朝のこども劇場アルプスの少女ハイジを最後まで観ていたら完全に遅刻するような条件。ま、最後まで観たけどね。道中の殆どを走って学校へ行っても遅刻したからな。だってハイジが終わったとおもたらフローネがはぢまったりなんかすんのね。子供心をくすぐるのも、たいがいにせなアカンよテレビ宮崎、のさんがよぉ~(イントネーション的同音異句語:2×2=4・ににんがし~)。私の脚力は、TV観たさに自然と一年で強化された。いつまでもいつまでもTVを観てる子供に、おかーさま、言っておあげなさい。
「全速力で走ったら遅刻しなくなるよ。そのうち間に合うようになるよ。最後まで観てから行きなさいな、続きが気になるじゃろうて。」
中学生になったら陸上部に入ると思うよ。短距離と中距離のどっちでもイけると思うよ。毎朝、走り込みしてるよなモンだから。毎日が、合宿だよ。

8時を過ぎてから家を出ている2丁目の平次が2丁目の学校に着いて、家から学校に行くよりも、学校に着いてから4階の教室に行くまでが時間のかかる3組へ到着すると、既にシュークリンは来ているそうだ。
「でもなぁ…シュークリン、必ずランドセルが出てんねん、毎朝。僕が2番目やねんけどな~雲泥の差やねんなぁ…」
「思いっきり負けとる2番目やないか雲泥の差やったら…2番目って言えへんくらいの差やないか。差は『タッチ』なんやろ?タッチの差ぁ、や。」
「あっは~っそれ・それ。だからな、何分かの差やねん。差は何分かのハズやねん、いつもな。…それがっ!!昨日、早く出たやん??勝って~んっ!!しかもダントツで勝った~っ!!ふぉっふぉっふぉっ。シュークリン、教室のドア開けた時『うわぁああぁああぁあっ!!』てゆぅたからなっ。今日も勝ったろっ、もう行こっ、行ってきま~っすっ!」
「シュークリンも勝ったろ、おもて早く出てたりしてな。」
シュークリン、昨日の悔しさをバネに今朝、6時に家を出る。校門が開いていなくて1時間40分待つ。門を開けに来た元気いっぱいの教頭先生に、まめらん口でごあいさつ。
「おはろうごらいまーつ…」
そして、一番登校。
あと二日、5時起きだぞシュークリン。
頑張れ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2009-03-17 09:48 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)  

<< おかしいやろ 学習 >>