どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

コース120<ラウンド1>8時だョ!全員集合!!

新たな世界を垣間見る。
そのような行動を取る場合、
案内人がいるとスムーズだ。
サポートしてくれるだけでいいのだが私は「おんぶにだっこ」を求める。

「なぁ、デンタク?朝7時にこの家を出て夕方に帰って来る、ていう時間で電車でどこまで行ける?一番安くて。」
デンタクは電車オタクで電車のことは任せんかいオラオラ~なので、プランを考えてもらう。
そして出来たプラン『一区間料金で和歌山まで行っちゃ~うよ~っ』でも改札は出られないコース。でも120円。でも、ナントカ特例ド~ヤラコ~ヤラで、ま、なんかそんなちょっと込み入ったコースなんで内容はよくわからん。新大阪から始めて大阪に帰って来なくてはならない特別コース。5分あれば行けるトコをグルリと大回り9時間かけて行く、名付けて『コース120』すぐに入れる保険のようなプラン、デンタクがご用意。

最初は千徒家3人とデンタクの4人メンバーで行くプランだったのであるが、プランを学校で練っていたためにデンタクとちょくちょく行動を共にしているメンバーらしいイノッキとタニケイが興味を持って2名増え、もうひとりの電車オタクであるシュークリンも興味を持って1名増え、とうとう総勢7名の『コース120』。民族大移動か。
それぞれの帰宅時間や出発時間の希望がさすがに7名もいるとバラバラでプランが組み立てらんないデンタク。
「デンタク、あんたのプラン力にかかってるからなっ。」
とだけ言う受け身の私に、前日デンタクオカンから電話があった。
「デンタクの母ですー。ごめんな~今ウチで話し合いをしてんねけどなぁ…なんか…話がすれ違ってる??どうなってんねやろ??」
どうやらモメているらしい。「一番最後に加わったシュークリンが私らに合わせんかいっ(怒)と、まぅが大変ご立腹(怒)…て、シュークリンに圧力かけといてね♪」と伝えて平次をデンタクんちに向かわせたのであるが、千徒家基準でそれは思いっきりジョークであった。「私たちは何の希望も無いから出発さえ早くならなければ誰に合わせたプランでも構わない、た・だ、朝早くには起きられないだけのハナシで。」というこちらのテキトーな希望を踏まえた上でプランが組まれたのちに平次はそのまま、まぢめなデンタク家とシュークリン家を相手に「ジョークやで~」ということを言わず「まぅにガミガミ言われるんはシュークリンやから、それでえんちゃうぅ?」とかナントカ言ってしまい、シュークリンをかばったデンタクに、
「監禁されて~ん♪わっはっは~」
と、帰宅してからプラン立ての経緯を聞いた私。「…てゆ~のはジョーダンでぇ~」て言えば済むものを、そのまま流しちゃって。ほんでそれを何ともおもてないのは、平次だけみたいで。
「はぁ…デンタクとシュークリンに『まぅが怒ってるってのはジョークやで』ってちゃんと言っとかな…。とくにシュークリンは私のこと知らんねんから…ええわ…私からデンタクオカンにメールするわ…」
親指でメールを打っているとデンタクオカンから、何度もゴメンなぁ~と電話がかかって来、いやいやこっちこそ平次が冗談やで~て言わんかったばっかりに…怒ってるなんてジョークやねん、ほんまやで。と、誤解を解く。
結局、帰宅したらちゃんと夕食のあるデンタク組と、帰宅しても夕食が何もない千徒組とで、伊丹集合伊丹解散、というゆる~いプランの『コース120』が出来上がった。デンタクオカンが「ゆる~い計画にしときや~、てゆぅてんねん。いつもそんなもんやねん、時間通りには行かへんねん。」って言ってたし。

7月には青春18切符を使って四国を満喫するプランを実行に移すので、その練習のための『コース120』である。今回は「手応え」的なモンを感じるためのはぢめの一歩。前もってデンタクからは「ハードなスケジュールなんで無理なら言ってください」と敬語はええで~とゆぅてんのに敬語のメールが届いたが「大丈夫よ私たちはタフだから」と大口を叩いていた。だって普通の日にだって小一時間散歩しちゃったりするくらい、足腰は強いほうなんである、たかが乗り継ぎの多い電車旅だろぉ??ヨユーだっせ♪と…そんな心構えであった。

甘かったね。
あたしゃ、電車オタクのマニア行動を甘く見とったよ。
デンタクのプランは「乗り継ぐ電車に乗りましょう」なんて幼稚なプランではなかったんである。
向こうのホームに着く電車の先頭車両を見るために猛ダッシュなんて当たり前、チンタラやってたら置いてかれんのよ。デカイ駅ほど、置いてかれる。

エスカレーターに乗っている人の合間を縫うように駆け上がるマニアダッシュ。
「え…は…走るのっ?」
ダダダダダーッ
…き…聞いちゃいねぇ…。
何番ホームに行くかだけでも、言ってくれんと…。
はっ…い…いない…。
ど…ドコに行ったの…。
大阪でJRの電車に乗ったことなんてナイってあれほど言ったのに…。
見失った…。
おぃーい、わたしー、ここー。

そして私は前方に、小さな小さな光を見た。
…イノッキ…ボンバーイエー…。
メンバーの中で飛び抜けて小さなイノッキが、もう歩いてしまっている私を誘導する。
オ・オマエ…ええヤツやないか・あんだコノヤロ~(しゃくれ)・元気ですか~っ!
「こっち。走って。」
あ・やっぱそうなっちゃいます?
走っちゃいます??
「デンタク…思いっきり置いて行ったな…私を…」
「いつもこんなんやで?ハードやろぉ?」
ハードって…こういう意味かよっ…ほっとかれて、超ハード。
「ここで財布失くしてんっ」
「何回きてんねんっ」
「何回も来てるっ」
何回…走ってんねん…体力…あんなぁ…。

d0137326_1654559.jpg

コース120、出発は新大阪。
d0137326_1655711.jpg

8時集合の伊丹駅は、大雨でこんなにも暗かった。
d0137326_16552196.jpg

マニア達は乗っている電車から見える電車に夢中になるのだよ。

何番ホームに入ってくるナントカ線を流し撮りしたら、向こうのナントカ電車が出発してから、ドコドコ行きに乗る、そんなカンジ。そうゆうスケジュールのハードさだ。
d0137326_16554677.jpg
d0137326_1656247.jpg

撮った写真の品評会がその場で開かれるのであるが、それが一瞬なので間に合わない。
d0137326_16561246.jpg
d0137326_165614100.jpg

「平次…品評会の模様が撮りたいんやけどさぁ…」
「そんなん一瞬やで。次の電車も撮らなアカンのに。」
「…ちっ。品評会はぢまったら、呼んで~。電車でも撮っとくか…」
d0137326_16581125.jpg
d0137326_16582643.jpg

「あ・品評会!あ…終わった…」
「はやっ…」
何度も何度も、品評会激写のチャンスを失う私。
d0137326_165967.jpg

ラクじゃねぇなぁ…マニアを追うのも。

d0137326_16592991.jpg

ナニ・ナニ?今度は何があるわけ??
「今から切り離し。」
なにぃ??
切り離すだとぉ?
電車をか??
切って離すわけか???

プシュー…
d0137326_171141.jpg

え…ここだけ??あ…そう…切って離すのココの部分だったんだ…。

私がイメージする「旅」はそこになく「過酷な旅路」があるのだった。
…そうゆう意味だったのか。
コレはコレで楽しいけどね。
別の意味でね。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2009-03-15 17:07 | +朝臣寺+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク