ヘイポー内宮のスパルタ教育

我が校は、1・2・3年生を低学年、4・5・6年生を高学年、という。高学年は低学年を斎き傳く。「いつきかしづく」…そう、大切に世話をするのです。その仕えっぷりはまるで侍従のごとし。6年生の侍従長は1年生の太子に仕え、5年生の尚宮は3年生の親王に仕えるのが、法度でございます。

6年である平次侍従長は、1年太子から「ブン」と呼ばれかわいがってもらっているご様子。
「ブン~♪ブーン。ブンッ!ブンってばっ!!」
「あ?!ボクのコト?!」
「ブンっ!もぅっ!!さっきからずっとよんでるのにっ!!!」
「あー…ごめん・ごめん。」
太子たちはまだ幼くあられ「だっこアピール」すさまじき年齢でございますから、成長痛が膝にキている侍従長は「たかいたか~い」に「ひくいひく~い」をプラスしては、手加減をしらぬ太子の容赦ないストレートパンチを顔面に受けなどし、流血の日々を全うするのでございます。

一方、5年であるヘイポー内宮は、3年親王に心構えをお教えします。3年間の宮(学校)での行事や学習をご経験になり、法度に慣れてこられた親王は、わりかし自由の身であられるその立場を謳歌しておられますが、これからの4年生という即位に際しましては、それなりの教育を受けることが必要となります。そうですね、4年生に即位しますと2年大君の忠臣となるのが、法度でございますね。

もうおわかりですね。
可否宮(小学校)での序列は。
太子として大君として護衛が付くのも2年目までなんですよ。3年目の親王は4年目には忠臣として忠誠を誓い、5年目に内宮として教育に力を注いだら、最終的に侍従長として皆から一目置かれるほどの総責任者とならねばなりません。位が下がり切った所で今度は従者トップとしての人格をつけねばならぬ、厳しい世界です。
それが可否宮の法度ですから。

では今夜は、スパルタと名高いヘイポー内宮の親王教育をご紹介しましょう。
d0137326_21321154.jpg

「親王様、今夜のお勉強は『牛乳パックのたたみ方』でございます。」
d0137326_21322996.jpg

「ご覧になっていただけたらわかるとおもいますので、よく覚えてください。」

「なぬ?!わからないですって?!何回書いてると思ってるんですかっ?!もう最後までは書きませんよ?ヒントしか書きませんよ?」
d0137326_2133037.jpg

「こうして、こうでございましょう?」
d0137326_21331323.jpg
d0137326_21333372.jpg

「もしくは、こうで、こうでしたでしょう?思い出されましたか?」
d0137326_21335277.jpg
d0137326_21341660.jpg

「親王様…これでもうおわかりですね?」
d0137326_21343888.jpg


ヘイポー内宮…廃位されずよくぞご無事にここまできなすった…。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2009-02-26 21:40 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)  

<< ベツモノ 妊婦三 >>