オンドレたいがいにせぇへんなんだらピンキーやぞ

私は30才を過ぎてから「ピンク」という色をかいらしいと感じるようになった。それまで暖色系のかいらしい色と言ったら「オレンジ」であった。20代前半まで「青」を本気でかいらしい色だと思っていた。「青みがかった紫」なんて私が手をだしてもいいのかしら、と思えるほどめっぽうかいらしかったんである。ズレてたな…感覚。思うに「青みがかった紫」は玉石混淆な色だと思う。決して「かいらしい」と形容できる色ではないと、気付いたのは数年前。私の目…フシアナ。ネクタイが青紫だったらシブいけど、レギンスが青紫だったらエグい。何が「青紫」かってコトで渋みとエグみが入り混じるそんな色だった「青みがかった紫」。

だから、30過ぎて買った持ち物は「ピンク」が圧倒的に多い。かいらしい、非常にかいらしい。かいらしいが、私はわかっている。ピンクが似合わない。身に付けて似合う色ではないという自覚がある。だからデジカメがピンクだったり、タンブラーがピンクだったり、PCがピンクだったり、イザとなったら手放せる距離を置いてピンクに手を出して来た。それなのに何を血迷ったのか数年前に、ショッキングピンクとまでは言わないがクスミのない明るめピンクのインナーを買ってしまったんである。着心地が大変によろしく、まぁこれがハイネックの部分がクシュクシュとしていて実にかいらしいインナーなのである。インナー単体で見たらすこぶるかいらしいおべべでごぢゃるのでごじゃる。だけど私が着ると「身ぐるみ剥がされてもう着るものはコレとパンツしかないの」くらいの悲惨さで似合わない。着心地がいいので2~3回着てみたけれど、着れば見た目心地が不快でたまんない。服って…人を選ぶねな。
けれども捨ててしまうのも勿体無いので、ずっと箪笥の肥やしにしてきた。そしてついこないだウチに栄養を摂りに来たミズオに「アンタさぁ、ピンクが似合う友達、いてへん?ピンクのカットソーがさぁ…あんねんけどさぁ…めっちゃ着心地ええのにさぁ…似合わんねん…。知り合いに、似合う人も思い浮かばへんねん…。」と、相談した。ミズオに現物を見せると「あぁ、確かに。まぅちゃん似合わなさそーーーーーーっ。」と、失敬にもホドがある反応。正直者は首絞めたろかー…。

ミズオもピンクが似合うような友人を持たないと言う。
私たちは「ピンクが似合う」という人の条件をいろいろと挙げた。
まず、最低条件として髪が長くなくてはならない。…最低条件がもうアウトだ、あたしゃ。
色白であること。
普段着としてスカートを着用している。
どちらかといえば「フリフリ~」て感じの服を好む。
趣味、ピアノ。
習い事、バレエ。
あぐら、かかない。
おとなしい。
大きい声、出さない。
おしゃべりをしていても「ん~」という相槌を多用。
髪にリボンついてる。
顔が優しい。
絶対、二重目。
「~せぇやぁっ!」とか言わない。
「はよっ!」とか言わない。
「うーざいっちゅうねんっ!」とか言わない。
「うわ~やめて~足臭いからやめて~っ!」とか言わない。
下痢で学校休まない。

そんなヤツ…知らない。

「ミズオもなぁ…ピンクってカンジじゃぁ…ナイもんなぁ…」
「ミズもまぅちゃんもな?ピンクを着るにしては、活発すぎんねん。」
「そうか…活発かぁ…」
私のこの激しさが…!
この溢れだす情熱が…!!
ピンクを青紫へと変色させてしまったと言うのか!!!
お~マンマミ~ヤ~っ!!!!

「紫とかさ、カラシ色とかさ、そうゆうババくさい色やったらめっさ似合ってるけどなぁ、まぅちゃん。」
はぁ…そら「なにわ的」ゆぅことでよろしいかー?
ほな考えときまっさ。
どれでさしてもらいまひょ?
目ぇグリグリがええのん?
手ぇボキボキがええのん?
歯ぁバキバキがええのん?
血ぃダラダラがオススメやけどじぶーん、どれでいてこましたろかー。
[PR]
Commented by みず at 2009-01-20 22:04 x
あははッ∀∀
by yoyo4697ru980gw | 2009-01-19 14:43 | +開楽館+ | Comments(1)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA