節約研究

…とうとう、私の水とも言えるインスタントコーヒーの粉と植物性クリーミーパウダーが、2商品一気に100円も値上がりした。…痛ぇ。もともと質よりも量を重視して買っているとゆーのに。これ以上落とせないトコまで落としてるとゆーのに。粉の質が最低だから、量を落とすしかないねなー。一日3リットルから2リットルに減らした。ざっと見積もって一ヶ月で178円の節約になるだろう。5か月続けると粉がタダで買える計算であるが、おそらく私のほうが2ヶ月モたんと思う。
麻生サン、低所得者として提案するんですがー、景気回復のポイントはいかに各世帯にレジャー費を使わせるかというトコロや思いますわー。喰うことに精一杯では遊ぶことなんて考えまへん、誰も。「レジャー」…ええ言葉ですね。ついつい羽目を外し、これくらいはええやんと金を使ってしまうのが「レジャー」の力ですわ。ほんでそのレジャー費をどう使わせるかゆぅたら、ちょっとの金で十分喰えるという感覚を持たせるんが一番とちゃいますかー。粉糠三合の財産さえあれば喰える生活というのが保障されてたら、私は間違いなく遊ぶことに金をつぎ込む。だって白米10キロあるもん、今。

私は最近の土曜日、手料理をこさえている。炊事をしているわけではない。炊事は休みと決まっているのでやらない。金曜日のナベの残りを活用したおじやで一食くらいなら賄うが、私が土曜日にやっているのは、手料理の節約の研究である。いかに食材を分離して使い、いかに火力を統一出来るか、ということを土曜日にコツコツと研究しているのである。と、言うのも我が家は金曜日にはすべての食材を使い切ることを前提に平日の消費を調整しているので、土曜日の朝は「目に見えて何もない」というこれ以上にない食材の乏しさである。この状況下でいかにアイデアが出せるかというのが、我が家の台所事情を好転させるか否かの分かれ道であるだろう。

まず卵は白身と黄身に分離。黄身のほうでデザートの焼きプリンを作る。
d0137326_15574723.jpg

デザートは買ってはいけない。手作りすればプリンは1個14円の材料費で出来る。生クリームを加えて濃厚さの贅沢を求めても、底値で買えば22円で出来る。

白身は唐揚げの衣に嵩増しとして加える。
d0137326_1558099.jpg

最近値上げの幅が大きい小麦粉の半分量が節約出来る。

プリンをグリルで焼く20分間の立ち上がる熱風で、焼き肉のタレをコトコト煮て作ろうではないか。
d0137326_15581459.jpg

焼肉のタレの隠し味としていただきもののリンゴを入れるのがポイントである。このタレは20分間で6倍濃縮タレに匹敵するくらいのドロっとした濃さにまで煮詰まる。よって野菜炒めなどをしたら、4人分が大匙1程度で足り、夜中にノドかわく。
d0137326_1558304.jpg

あまりの喉の渇きに耐えきれず、がばがばコーヒー飲んぢゃった。
努力って、報われないことが多いね。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2008-12-03 16:15 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA