手相をみてしんぜましょう

「まぅ~手ぇ出して~。」
「なんで?」
「手相みるから~」
「じゃ、ヘイポーから先にみして。」
「はい。」
d0137326_23424225.jpg

「あなたの人生のなにひとつみえん。」
私、よぉ考えたら、手相、知らんねん。

「じゃ、次まぅな~」
「はい。」
「右手ちゃうで、左手やで。」
「なんで?」
「だってテレビで左手出しとったもん。」
結局、オマエも手相みれへんのとちゃうんけ。
d0137326_23431082.jpg

「はい、なんかええこと出とる?」
「お~~~~っ!!」
「あ、この黒いのはホクロじゃなくて、小学校の時に鉛筆が刺さってん。だから鉛筆の芯。」
「えっ!!ずっと入ってんの?!」
んなわけねーだろ。
「芯はすぐさま取り出したに決まってるやろっ。色がついてるだけ。鉛筆の色って残るねで~ほら、足にも。」
「…なんでそんなに鉛筆が刺さるん?」
いらんことしとったからに決まってあるやろーが。
d0137326_23432827.jpg

「まぅっ!!二重生命線やでっ!!」
「どれが?」
「これ、これ。」
「なんか、ええの?」
「すんごい強運の持ち主やねんて~!」
また、運かよ。
私は、姓名判断や性格判断や占いとかが好きな、友人やバイト仲間からの情報では、ことごとく「運だけで生きてきた」みたいな結果が言い渡されてきた。あたしだってなァちったァ努力もしてきたサ、たまたま生きてるみたいなこと言わんとってくれるか~っと反論してきたが、また運だとさ。これから運良くボケていくゼ、んで運良くポックリ逝く。

「どぉれ、チョモの手相もみてしんぜよう」
読書中のチョモにマクロモードのデジカメを近づける。
手を差し出したチョモは、赤い光があってのちシャッターが切れるのを知っているので絶妙のタイミングでウニと手のひらを曲げて、写真を撮らせまいと図る。
d0137326_23434748.jpg

「てっめぇこら。」
「うっひひひひ、ジョーダンジョーダン、はいはいはい。」

「は~いて~そうっ」カシャ。
d0137326_2344269.jpg

「うっひっひっひっひ、ジョークジョークジョークやがな~」

「てっめぇこら、うりゃーこりゃ、どりゃおんどりゃ~」
d0137326_23441479.jpg

「あたたたた、血ぃとまる血ぃとまるっ。はいはい、わ~かったからっ」
d0137326_23442517.jpg

生命線、みぢかっ!

「アンタ…気づいてないだけで実はもう生きてないんちゃう?」
「いやまだあと2年くらいはモつやろ。」
にしては長いわい。
寿命90やったら生命線手首まで伸びるゆぅねん。
[PR]
Commented by s_h_i_g_e_y_a_n at 2008-09-06 22:18
  ァ   ∧_∧ ァ,、
 ,、'` 。゚( ゚^∀^゚)゚。,、'` チョモ
  '`   ( ⊃ ⊂)     もう死んでるって!

ああ、かわいそ^^;

…どれどれ~対して俺はどれほど長生きかな~







○| ̄|_殆ど同じじゃないけ…↓
http://shigeyan10.exblog.jp/9001630/#9001630_1
Commented by MA at 2008-09-06 23:21 x
オマエも既に



死んでいる…




燃え尽きたぜ…
by yoyo4697ru980gw | 2008-09-05 23:47 | +開楽館+ | Comments(2)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA