寝バド

誰であってもそうだろうが人間は、空腹時には正しい判断が出来ない。
もともと満腹時でも間違った判断をしがちな私は、空腹時には血迷ってしまう。

本日、健康診断のため絶食を強いられた。
5分前からは水も飲めないうえに、健診は1時間もかかる。朝食・間食・間食・昼食・間食・間食・夕食・間食・夜食・間食、という一日の食事回数で生きている私には辛かったっちゅ~ねん。
んで、帰宅して真っ先に昼食とおやつを同時に食べて、それでもお腹は空いていてけれども消化のために20分仮眠。「バド行こうや」というチョモの誘いに乗ったのが空腹時だったので、その約束を守るため、

「じゃ、20分後に行くから20分後起こして。おやすみ~…。チョモ…ざるソバ茹でて冷蔵庫に…米…タイマー…19時…」

「まぅっ!!まう、20分経ったで?!」
と、ヘイポーが起こした時には、きっかり20分経っていた。すんごい爆睡ね。ここが雪山だったらもう命無い。
「あれ??もう??チョモ、ざるソバと米研ぎは??タイマーは??」
「…終わったよ。やったがな、全部。」
「あ、そう。んじゃ、バド行こか~。ただ、問題はこの折れてる骨をどうするか…だ。…固定すっか…。」

私は3日ほど前に、番台と呼んでいる重たい文机の角に小指を小走りついでに打ちつけ、どうも骨折したらしいのである。病院に行って治したほうがいいとススメられたが、独自の計算で完治までの費用を算出してみたら、7000円前後の出費になるので、痛みに耐えて歪に骨を固めてしまうといった自然治癒力による回復を決意した。この一週間が痛みのピークであるだろう。じっとしてても、痛い。でも、考えてみたら、痛いだけのハナシである。歩けるし、動ける。ただ、痛いだけなのだ。そのうち骨も、真っ直ぐとはいかないがくっつく。日常生活以上の動きをする時には固定しとけば、なんとかなるだろう、足の指の骨だし。
d0137326_0182276.jpg

そんなわけで固定してバドをやっていると、動きが激しいし軽量シューズだしで、テーピングが剥がれてしまう。
テーピング巻きなおしタイムを取り、持参したテーピングで固定しなおす。すると、チョモが親指のバンドエイドが剥がれたと言う。左親指の腹の皮が6層目くらいまで剥がれるという一種の靴擦れを起こしているのだ。ま、下駄擦れだけど。軽量シューズだとこの下駄擦れが痛いらしいので、ティシューをクッションにテーピング。
冷静に考えてみて、私たちは今、とてもバドミントンをやるようなコンディションにないと思う。
しかし空腹だったために、血迷った。
d0137326_0184083.jpg

そこで、妥協策『寝バド』の特訓をすることにした。
私たちはまだ『寝バド』を極めていない。
d0137326_019026.jpg

サーブとレシーブは上々だが、どうもラリーがそれ以上に続かない。
d0137326_0191789.jpg

d0137326_0194843.jpg
どうも寝バド基本体勢ってのは、死角が多いみたいだな。
d0137326_0201910.jpg
d0137326_0203177.jpg

私たちは負傷した足をかばいながら『寝バド』をしているので、シャトルを拾うのにも時間がかかる。
d0137326_0205243.jpg

「シャトル、早く拾ってくれるか~。なんか動きが止まるとやぁ…骨がズキズキ痛むねなぁ…」
d0137326_0211263.jpg
d0137326_0213288.jpg

ゴロ・ゴロ・ゴロのリズムでサクっと拾うシャトルかな
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2008-08-21 00:25 | +朝臣寺+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA