テキトーマンゴー

あれは夏の初めかその前くらいのことでした。
宮崎県在住の友人が電話してきて曰く、
「今日、たぶん、荷物が届くと思うんだけど~、送るって言ってたモンと全然違うコトになったんだわ~。で~、今日が賞味期限のパンが入ってるから~、夕方くらいに着くだろうからサ、おなか、空かしといて。」
「わかった~夕食作らない。」
どうでしょうか、この人たち。
関わりたくないと、思いませんか。

彼女の送ってくれた荷物には、ズボラ補助食品が入っており、その中には私たちが「わ~いっ!!」と一番喜んだ、南国宮崎のマンゴーが入っておりました。
「わ~いっわ~いっ!!マンゴーっ!!!!今日のデザート、マンゴー!!アレしよ、アレ。カクカクでグリンってなってるやつ~っ!!」
マンゴーの切り方っちゅ~たら、アレだろ、アレ。
そんなわけで、濃厚なマンゴーをマンゴー切りしていただいたわけです。
んで、そのマンゴーの種を見て脳炎長はスタッフたちに言いました。

「発芽、さしてみないか?」

とりあえず栽培方法も何もわからないので、ネットで検索。
種の中に核があるというマンゴーの、核を取り出します。
これを「うめぼし式採種法」と命名しましょう。
d0137326_21431984.jpg

核には渋皮がついているので、これを剝がすと書いてあったのでそうしましょう。
外皮があって中身には渋皮がついている…まるで甘栗みたいですね。
マンゴーむいちゃいました。

渋皮を、剥こうとはしましたが、残りました。
一昔前の超音波映像で見る、赤ちゃんみたい。
d0137326_21471676.jpg

親は無くとも子は育つ。
知識が無くとも芽よ育て。
ガンバレ、人魚。
d0137326_21484337.jpg


どうせダメだとゆう予感があったもので、ボロボロになってフチが割れ始めたプラスチック鉢に、栽培法でヒットした通り、半分だけ土に埋めてみたところ、翌日には鳥についばまれ、ボッコリと穴が空いておりました。
「あ。喰われてる。…隠しとくか。」
土を被せない、とあったのに、喰われてしまったもんだから思いっきり土に埋めました。
d0137326_2151562.jpg

翌日には脳炎長、テキトーに保護。「もえないゴミ」の日に出すの忘れちゃってたザルかぶせてみました。このザルの上から、チョロっと水も2~3回与えてみましたが、なんしか南国のフルーツだし灼熱が好きかな~と思ってここんとこの水やりは夕立まかせにしておりました。

しかし、今日の夕立はダダ降りでしたからね~。
さすがに水はけが悪いんじゃないかと思って、ちょっとザルを外して土の濡れ具合を確認してみました。

「うぉ~~~~っ!!いつの間にっ?!」
d0137326_21564129.jpg

芽みたいなモノが。
しかし、マンゴーの芽を見たことがないので、どうなのでしょう。
d0137326_21573238.jpg

ううむ。何かの芽が出ているが、これがマンゴーかどうかはわからない。が、確かにここにマンゴーの核は植えたので、マンゴーの芽ということにしときましょう。

あんなに手塩にかけた青シソが枯れ、あんなに害虫退治しまくった甘長が枯れ、袋まで被せたミニトマトが気が付いたら腐ってたのに、今日の夕立が止むまでほっといたマンゴーが、なぜに勝手にすくすく育っているのだろう。

脳炎長が動けば動くほど朽ち、怠れば怠るほど生命が育まれるイッパチ農園。
私が裏に顔を出すと、植物たちはウワサしているに違いありません。

「ヤツが来た…」
「…何もするなよ…」

私がトマトミ秀吉に、よかれと思って袋をかぶせているのを見て、野放しにして勝手に成り続けたキューリ夫人はこう呟いたことでございましょう。

「あぁ…トマトミ秀吉さんにとうとう魔の手が…」

勝手に育ちやがれ、マンゴー。
実が成る木になるまで5年かかるらしいな。
何もしないから3年で成ってみらんか。
自立したまえ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2008-07-31 22:17 | +knowing+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA