どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

逆境がアナタを強くする

一か八かのイッパチ農園では、只今26種類の食べられる作物が、順次食べられるようになっています。
文化住宅の裏の洗濯物干しスペースでは、これ以上の開拓は出来ないと思いながらも、出来心で4種類、増やしてしまってその数30種類。た~のすぃ~♪絶対に無理があると確信して、とうもろこしまで植えてみた次第です。

d0137326_85784.jpg

こんなんだった「バナナまくわ」も
d0137326_8574996.jpg

とうとう花まで咲きました。親ヅルと子ズルを摘心しますと、勝手に孫ヅルが出来、勝手に花が咲くことがわかりました。

d0137326_8595280.jpg

こんなんだった「サトイモ」も
d0137326_901536.jpg

勝手にここまでなりました。葉がデカくて邪魔なので時々、切ってます。

d0137326_93407.jpg
d0137326_935095.jpg

こんなんだった「トマト」と「オクラ」も日当たりのええとこに移動さした今では
d0137326_944871.jpg

こんな状態です。
d0137326_95731.jpg

茎が奇形しても、ちゃぁんと結実するんです、イッパチ農園では。
トマトは日照時間と雨よけと泥はねと、とても気を遣う野菜だと聞いたことがあったけど、だからよく菜園区画のトマトがハウスみたいく囲まれているのを見るのだけど、イッパチ農園では、ご覧の通り雨よけもしていませんし、泥はねにはワラをちょっと敷いたくらい、日照時間はせいぜい昼間の3時間程度でしょう。

播種の時に土に混ぜたものは、自家製の栄養価の低い有機肥料みたいな感じのモノ、追肥、今まで一切、していません。ご覧のように雑草も、抜きません。だって手放し農園だから。
コツはですね、野菜のハングリー精神を引き出すことですね。

ああ、栄養が足りない…
ああ、そろそろ水が欲しい…
草…抜いて欲しいなぁ…
受粉…うまくいくかなぁ…
でもこんなに不安だらけのオレだって…
…決してあきらめない!
…生き抜いてやる!!
…不可能を可能にする野菜、さすが、オレ。

BY トマトミ秀吉(ミニトマト)
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2008-06-17 09:19 | +knowing+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク