おあそびひろば

先日、イッサンが新人歓迎会へ行って帰りが「ごっつー遅くなる」なんて言った日、私たちはごっつーヒマだった。

外食をしてもいいし、でもおやつ食べ過ぎて腹減ってないし、しかもイッサンが干からびるまで温泉に入るみたいだし、とりあえずブラブラしようかと私たちは「ガチャ天」を目指したのであった。

その「ガチャ天」があるショッピングモールで、ヒマつぶしに入ったジーンズショップ。
最強の「おあそびひろば」を発見した。

よくあるじゃない。
ファミリー向け衣料の取り揃えすんばらしいショップでね。
ママがじっくり見て長居できるようにね、「テーブルとらくがきちょう、ご自由にどうぞ。」という「おあそびひろば」。
コムサなんて、自社パッケージアメちゃんまで「ご自由にどうぞ」。

そうゆう「おあそびひろば」界に、新風を巻き起こしてると思うな、ライト・オン。

ブロック、少なすぎるっ。

d0137326_18243280.jpg

いやいやいや、これでは、その少なさ加減はおわかりにならないだろう。
だから、引いてみようじゃないか。
d0137326_18245144.jpg

8人掛けテーブルに対し、この量のブロック。
満員御礼の時、一人当たりブロック2.8個。
7人までは3個、最後のひとりが2個で計算してみたら、予想だけど5人が泣くね。

この個数で、何か作品を作ろうとする子供がいたら迷うことなく美術家のレールを引いてあげよう。
類稀なる創造力があることは言える。
もう、妄想力と言ってもいいだろう。

もしその子の作品が出来上がったら、それを「匠の技」と呼ぼう。
誰も文句は言えまい。

それでは、「匠の技」お見せしましょう。
一体、匠は、どのように変化(へんげ)させることが出来たのか。

d0137326_18241217.jpg
配色にこだわる匠の技により、数の少なかったブロックが如意棒に大変身。
しかもこの如意棒は、残りのブロックと繋ぎ合わせることで、あと7段階も伸ばすことが出来るのです。

[PR]
Commented by s_h_i_g_e_y_a_n at 2008-05-13 21:04
おうよ~伝説のブロック使いと言わしめた
わたしにまかせんしゃ~~い

これこうするとな、カベになるだろ…
あとは…ないか、もうないか…

じゃあ、こうするとどうだ。
まずはビルが出来るだろ。
あとは…ないか、もうないか…






なんじゃこりゃヽ(`Д´)ノぶちきれ~~

Commented by MA at 2008-05-13 23:36 x
そうだね、しげやんクン。
ハタチを過ぎれば、タダのひと。
先人の言葉だよ。
by yoyo4697ru980gw | 2008-05-13 18:27 | +朝臣寺+ | Comments(2)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA