クイニク~イ

私の主食は米でなく小麦であるが、パンは嵩む。費用が嵩むのだ。だから夕食は米にしている。しかし、夕食前のおやつまではパンである。しっかし、嵩むわけだよ食費が。だからこれを、とっても廉なパンにしている。「スーパーの一角のパン屋さん」という、単独のパン屋さんよりも庶民的なパン屋さんを贔屓にしているのだ。味・値段ともに合格点である店を見つけたからにほかならない。しかし次々と新商品が登場するたび、私好みの商品から順に姿を消してゆく。仕方なく定番商品である「ミルクパン(1個18円)」の購入で凌いでいる次第だ。難アリと思うのが、ここのパン、タイムリミットが12時間なんである。翌日まで持ち越したら腐るというわけではないのだが、恐ろしく味が落ちる。それなので、食べようと思ったその時に買いに行くのがベストである。つまり、毎日だ。休日であれば午前と午後。おばぁちゃんが暇つぶしに内科に通うよりよっぽど率が高い。

そしてこの度、新商品のパンがお目見え。新商品なのに懐かしく感ぜらるるその商品名は「クイニーアマン(65円)」。あったよねぇ~クイニーアマン。シロップ漬けのフルーツなんて混入してたもんだから、偏食の私は完食することが出来なかった…甘くて。何度思ったことだろう「フルーツいらんから、砂糖も半分量でええから、値段半分で売ってくれんかえ?」。その、希望通りのクイニーアマンが件のクイニーアマンなんである。なんせ65円の売価であるため、フルーツなんて入れらんない。グラニュー糖かなんかでの表面カリカリコーティングも、なんしか65円なもんで雰囲気だけ。甘さとコストを控えた、なんとも私に理想的なクイニーアマン65円。シンプルっていいよね。コストダウンって、いいよね。

そのクイニーアマンを、この2週間ちょいほぼ毎日、食している。それを、我が子らはヨダレを垂らして見ていた。何故ならば、彼らは我が家の「おやつの自由」を自ら放棄し、月極お小遣い制度を導入したから。【お小遣いナシのおやつ食べ放題】から【おやつを自分で賄う現金支給】へと切り替えたわけである(本人たちによる希望)。去年の暮れからヒーヒー言っているのだ。

「あ~それ、おいしそやな~っ」
「おいしいで。」
「めっちゃ、おいしそ~っ」
「買ってくれば?65円やで。小遣いで買えるやん。」
「うわっ、たかっ!」
かっかっか。そうだろ・そうだろ。一ヶ月500円ぽっちの小遣いじゃぁな。どうだ、今までの自由が恋しかろ。自分のハラが痛まねば、65円のクイニーアマンを2個も3個も喰ってるくせに。
「これ、私のだから。約束守って小遣い、渡してるからな?私は。」
「…わかっとるわ…」
どうだ・どうだ、大変だろう?やりくりって。やめといたほうがええで、と言ったのに、学年×100円で算出した「月極小遣」でやれるぜ、と大見得を切った二人。ほんならやってみたんさい、と彼らのお望み通りとなった4ヶ月間。そろそろ身に沁みて感じている頃合かと思い私は、優しさを100%出して訊いてやった。「一口、いる?」

いるぅ~っ!!
二人とも、即答であった。

「言っとくけど、一口、やから。一口だけやからな、どんなにおいしくても。」
と釘を刺してクイニーアマンを差し出すと、まぁ二人とも、一口で半分はイきよった。だいぶあるね、奥行き。

うんめぇ~っ!!

二人とも、大満足の65円。いや、30円分くらいか。

「やろ?うんまい、ねんて。新しいパンやねん。新発売です。」
「カンスの?」
「そう。」
「なんてゆぅ名前やったっけ?」
「クイニーアマン。65円な。」
「65円もすんの?喰いにくいアンマン。」

クイニーアマン、65円だ。

吐け、こんにゃろ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2008-03-23 22:05 | +in much guy+ | Comments(2)  

Commented by s_h_i_g_e_y_a_n at 2008-03-24 08:41
65円か…
5円きざみなとこが、シビアさをかもし出すブルースヤネ~
月500円の月俸を細かく刻んで、65円のパンを13日分買うか
一個500円の特大肉まんで、派手に使うかは、

自由だ~~~っ


Commented by yoyo4697ru980gw at 2008-03-24 09:43
何口で喰いやがるかは、



自由だ~っ

<< あっけらかん キャンDAY >>