どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

友情チケット

夏を境に、イチャの交友関係が一変したのには気付いていた。今までの友達からは離れてゆき、今年初めて同じクラスになった女子としょっちゅう遊んでいるのだ。その中でもとくに気の合うノロとはほぼ毎日遊んでいる。そこへ、唯一今でも交流を持っている前からの友達レンコン(男子)が入ることもあるが、レンコンは習い事が多いので週に二日程しか体が空いていないらしい。ノロとばかりツルんでいるので、「彼女?」と訊いたら「なんでやねんっ」とイチャは言った。
「イチャ…あんたももう5年。じき12才。好きなコのひとりやふたり、いてもなんら不思議はないで。ふたりいるのは、ちといかがか。」
「ひとりもおらんて。ノロが好きなん、キューやで?」
「あ、そうなん?んじゃ、アンタが取り持ってんのん?」
「いいや?何も?」
「やったれよ、気ぃきかして。」
「ノロは自分でやるって。僕になんとかしてもらおーとか考えるようなひとちゃう。」
「キューが、ヤくぞ。」
「キューも、そんなひとちゃう。」
そうか…、いい三角関係なんだな。たいがい三角関係って、ムズカシイんだけどな。
イチャは学校でも放課後も、しょっちゅうノロといるので学校でからかわれているという。そのからかわれた現場を担任おせきはんが目撃してしまって、真面目一徹おせきはん主催「これまたこのクラスでいらんことおこっとぅで話し合わなアカンな~朝の自由時間つぶして討論会~」が始まったという。
「好きになることは悪いことじゃないやろっ!それをからかうことが悪いことなんやっ!…て、おせきはん怒っとたで…。…ちゃうやろぉ…。」
「うー…ん、間違ってないような気がするけどぉ…?おせきはんが言ってること。」
「ちゃうやろっ!そりゃ、好きになることは悪くないで?それをからかうんが悪いんやで?…僕とノロが好き同士やって決定しとるやんかっおせきはんっ!好きなこと前提やないかっ!ノロが好きなんキューやのにっ!でもそんなん言えるかっ?!違いますぅ~ノロが好きなんはキューですぅ~っ!ぁあ?言えるんか?ぉあ?」
「…辛い立場やのぉ…しかも色恋沙汰に無縁のイチャが…」
「…いいねん…言いたきゃ言わしといたら…無視こくだけやしな…」
「…で?そんなんなって、ノロはなんて?」
「べつに?今まで通り。ウケてたで、ノロ。ウチがイチャを好きなんかありえ~ん!ゆぅて。今日も遊び来るって。」
「ええやっちゃの、ノロ。」
「ノロは、すごいで。今まで出会った5年生の中で、一番しっかりしとる。」
おまえは、ご隠居か。
「…私…小学校やぁ…転校いっぱいしたゆぅたやん?転校生が友達作るのってやぁ…5年とかになってくるともうグループ出来てて大変なん、わかるやろ?」
「あぁ…。そうやな。ツルむ相手が決まってるもんな、もう。」
「そいでさぁ…また転校して、違うトコで中学生になったらすっごく気の合う男子と出会ってなぁ…フツーにフザけたりしとった仲やったのに、周りの男子がひやかしよってんやん。私は気にしてなくて次の日も同じように話しかけたんやけど「話しかけんな寄ってくんな」て言われたんだよ…。…イヤなことをよくも…思い出させてくれたな…このやろう…。男子って、そうゆうトコあんねん。ひやかされたから冷たくなる、みたいな。イチャがそうゆうこと言う男子だったら、わしゃおめぇを生かしちゃおかねぇ…イヤなこと思い出させてくれてありがとう。覚悟しろよてめぇ。言われてもいいが言うな、それが男だっ!男の中のちょっとした男だ~っ!」
「…なんや…ちょっとした男なだけやねや…。大丈夫、ノロには言わんて。ノロもそんなん言わんと思う。ノロ、考えてることがレベル高いひとやで。委員やったりするひとやから。」
「委員?委員てなんぞや?」
「学年委員。」
「学年委員、てなんぞや?」
「運営委員って…知らんの?生徒の組織みたいなやつ。」
「演説して~清き一票お願いします~、の?」
「それ。その中のひとりが、ノロ。今は放送委員やから運営じゃないけど、前は学年の委員やっててん。」
「はっ?ノロ…て…トップか?!エリートか?!成績よくないとあかんのんちゃうんけ、あれ。」
「いや…別にテストの点数とか関係ないけど…。けど、やっぱ信頼されてるひとが選ばれるから、そうゆうひとが勉強できひんってことは、ないよな。」
「…イチャ…。あんた…そんなトップとどうやってお近づきになったんや…そんな上層部と気が合うわけないやないか…いくら包んだんや…ジョリーのたこせんで買収したんか…あぁ…とうとうそんなことまで…」
「ちょっと…イきすぎやで、まぅ~。」
「あ、すまんすまん。ちょっとイきました。想像でけっこうイきましたコリャコリャ。」

お近づきには、急になったそうな。夏休み前、給食がなくなり4限授業だった期間、私は昼ごはんを半分作り、半分はイチャに作らせるというシステムで用意し、仕事に出掛けていた。夏休みに入ったら『竹取物語』(卓上回しそうめん機)しような~と約束しており、イチャとナキヒーはそれを楽しみにしていた。その4限の時に、イチャは隣の席がノロだったそうだ。帰る準備をしながらノロと雑談をしていたら彼女が「今日、ウチ、そうめんやねん…」とランチメニューを発表したらしい。

「え~っ!!ええなぁ~!!」
とイチャが羨ましがると、
「ええ…か?」
とノロが疑問を投げ掛けてきたという。
「ええやんっ!流しそうめんやろ?!僕も誘ってよ!!」
「流れんし。家のそうめんが流れるわけ、ないやろっ!!」
「あ、あ、あ、そりゃな、そりゃ流れるとはちゃうな、回るやな。回しそうめんやろ?」
「は?回らんし。イチャ、何ゆぅてんの?ただのそうめんやで?」
竹取物語を楽しみにしていたイチャにとって、既に「そうめん」は、家庭でも卓上で当然回っているメニューであったのだ。ノロのそうめんが回らないことに危機を感じ、こう申し出たと言う。
「回しぃな。楽しいで。弟と妹、喜ぶで~。回す機械あるから、ウチに取りに来る?」
「あんの?!」
「あるよ。水が9リットルくらい、いるけど。ウチに6リットルなら、水ある。足らずは水道水でええやん?カルキたっぷりカルキたっぷり。」
「は?なんであんの?!なんでそんな機械があるん?」
「まぅが持ってるから。知り合いの人にもらってんて。」
「だれ、まぅって?」
「オカンやないか。しっかりしろよ、ノロ。話し、聞いてたんか?」
…イチャんち…何なん…?とノロは根掘り葉掘り我が家の情報を聞き出そうとしていたらしいがそれには一切答えず、イチャんちのイチャは、ノロんちのソーメンを回すことだけをススめた。
「とにかく取りに来てみ?一回やったらハマるって!おもろいから!」
「…ウチ、イチャんち知らんし…」
「地図かいたろか?」
ちゃちゃちゃ、とイチャは「ここ学校、ここプール、ここ、ウチ。で、ここ公園な?」というアバウトな地図を描いて渡したそうな。その超アバウトな地図でノロは、我が家を探し当てたらしい。

「よくあの地図で、ここがわかったな?」
とイチャが出迎えると、
「アンタが来いってゆぅたんやっ!」
ノロは怒ったらしい。怒るだろうな、そりゃ。私はアホやから、イチャみたいなクラスメイトがいたらちょっとは関わってみたいと思うけど、ノロは賢いから距離を置こうと考えたようだ。
ボトルに入った6リットルの水と、卓上8割を占領する竹取物語を見てノロは、自転車で持ち帰るのは無理と判断した。判断するだろうな、そりゃ。イチャがやるとき誘ってよ、と言い残しノロは手ぶらで去っていったそうだ。その時以来ノロとの仲は深まらなかった…と、思いきやノロはよくウチに来るようになり、私も名前で呼び合うほどの仲となった。イチャの言う通り、ノロはとってもしっかりしている。ノロが帰ったあとで私たちはノロのしっかりぶりに感動し合うのである。

「今日も、きっかり5時に帰ったな、ノロ。」
「保育園のバスが着くからな。」
「もう、当たり前って感じやんな、ノロ。『ハムの人』みたいな感じで『5時に帰る人』それは、ノロ。」
「責任感、てやつやな。」
ノロには幼い弟がいる。両親共働きなので、弟を送ってきた保育園バスを出迎える役割があって、それを毎日守っているらしい。
「しっかし、しっかりしとるもええとこやで、ノロ。子供らしいとこ、いっこもないでな?」
…。
イチャの言う「子供らしいとこ」ってどんなトコだろう。イチャはクラスでもじじむさい存在である。当然のことだ、おじぃちゃんっ子だから。そのイチャが子供らしくないと言い張るノロって、もう仙人みたいな存在なのではなかろうか。…たぶん、あんなにススめた回しそうめん機「竹取物語」を喜び勇んで持って帰らなかったトコロに「子供らしい」印象が抱けなかったのだろう。しかし、ノロとの縁はハッキリ言うが「竹取物語」が結んだ縁である。

この文章を以て、取ってつけて挨拶に代えさせていただきました(竹取物語プレゼントしてくれた はうはず様)。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2008-03-02 12:07 | +談合料亭『千徒馬亭』+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク